スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリゾナ州知事新移民法の為にデッチアゲを主張する。

ejnews:今日はアリゾナ州政府による人種差別で紹介したApartheid Hits Arizona(アパルトヘイト、アリゾナを襲う)と言う以前の記事に関係した記事の翻訳です。

Brewer Falsely Claimed Immigrants Beheaded
People In Arizona (VIDEO)
アリゾナ州知事はアリゾナで移民が人の首を切り落としていると偽りの主張をした。

Brewer Falsely Claimed Immigrants Beheaded People In Arizona

Rachel Slajda | July 1, 2010, 6:43PM

When defending her highly criticized immigration law, Gov. Jan Brewer (R) often lists the myriad problems she says undocumented immigrants bring to her state. In an interview on Fox News last week, for example, she claimed: "We cannot afford all this illegal immigration and everything that comes with it, everything from the crime and to the drugs and the kidnappings and the extortion and the beheadings ..."
大々的に批判されている彼女の移民法を弁護する時にアリゾナ州ジャン ブル―ワー知事は多くの場合彼女が説明している違法移民が彼女の州に持ち込んで来る多種多様の問題を数え上げている。先週彼女はフォックスニュースのインタヴューで-----例えば-----彼女は『我々は此の全ての違法移民問題と其れに付随している全ての犯罪から麻薬、強請、誘拐そして断頭等、全ての問題の面倒を見る余裕は無い。』と主張した。

There's no better way, it seems, to make the case for strict anti-immigration laws than to claim that undocumented immigrants are pouring into the country to decapitate innocent Americans.
厳格な反移民法について論証する為には不法移民が国内に流れ込みアメリカ人の頭を切り落としていると言う主張以外には他に良い手段は無いかのように見受けられる。

Brewer nonetheless stuck by the claim that undocumented immigrants are murdering Arizonans when asked about it last weekend on a local Arizona political show.
それでもなおブルーワー知事は先週末アリゾナの地方政治番組で其の事について聞かれた時違法移民がアリゾナ住民を殺害していると言う主張を変えなかった。

"Our law enforcement agencies have found bodies in the desert, either buried or just lying out there, that have been beheaded," she said.
『我々の捜査当局は砂漠で埋葬されたか若しくは其処に横たわっている斬首死体を発見した。』と彼女は語った。

The anchor notes that he couldn't find "any beheadings in any kind of news search."
此の地方番組のアンカー(ニュース番組の司会者アナウンサー)はニュースでの捜査ではどの様な形の斬首死体(行為)を見つける事は出来なかったと指摘した。

Watch: Brewer claims illegal immigrants are beheading-------
どうぞ御覧下さい:アリゾナ州知事ブルーワーは違法移民が斬首していると主張する



The Arizona Guardian followed up, asking the state's county coroners -- who would examine any body connected with a crime -- if they'd seen the headless bodies from the desert .
アリゾナガーディアン紙はアリゾナ州検死官-----犯罪に関連する全ての死体を検査する-----に砂漠で頭の無い死体を見たかどうか質問し追跡した。

They hadn't.
彼等は頭の無い死体は見なかった。

(Although one coroner, gruesomely, told the paper they did sometimes get human skulls-- but not as a result of a fatal beheading. Such skulls are found after people die in the desert and "the animals ... get a hold of them and start moving their body parts around," the coroner said.)
(一人の検死官はゾットする様な話だが、アリゾナガーディアン紙に------死傷犯罪による斬首ではないが-------時々頭蓋骨を見ると語った。疎の様な頭蓋骨は砂漠で人間が死亡した後、動物が見つけ死体をバラバラした後見つかった物だと其の検死官は語った。

Asked for comment, a spokesman for Brewer told the Guardian said the governor had never said anyone was beheaded inside Arizona. "I'm not aware of any statements where the governor specifies where any crimes were committed," he said. On the contrary, he claimed that Brewer was talking about the fear that crimes that occur in Mexico could spread to Arizona.
疎の事について聞かれたアリゾナ州知事のスポークスマンはアリゾナガーディアン紙にアリゾナ州知事は誰かがアリゾナ州内で斬首されたとは言った事は無いと答えた。『アリゾナ州知事が犯罪発生地についての詳細を述べた如何なる発言にも私は気が付かなかった。(つまり州知事は斬首が起こって場所について発言した事は無いと言う言い訳)』とアリゾナ州知事のスポークスマンは語った。話は反対でアリゾナ州知事はメキシコ領内で怒っている犯罪がアリゾナ州にまで広がる恐れについて語っていたのだとアリゾナ州知事のスポークスマンは主張した。

"That report, which is based on other news reports, suggests that the drug cartels who operate on both sides of the U.S./Mexico border, have not beheaded their victims," the spokesman, Paul Senseman, told Politico. "Even a cursory check of news stories on the internet suggests otherwise." Perhaps his boss should have done one before appearing on news programs to make such a claim.
『他のニュースによる報道ではアメリカメキシコ国境の両側で犯罪活動をする麻薬犯罪カルテル組織はどの彼等の被害者も斬首した事が無いと示唆している。』と此のスポークスマン、ポール センセマン氏はポリティコ(此の記事を報道しているインターネット政治ニュースサイト)に語った。

『インターネットニュースを好い加減にチェックしただけでも話は反対である事が示唆されている。』恐らく此のスポークスマンのボスもニュース番組に現れて変な主張をする前に疎の様なチェックをするべきだったのだろう。


New FBI Crime Stats Contradict Anti-Immigrant Hype in Arizona
新しい連邦警察の犯罪統計はアリゾナ州の反移民過剰反応と矛盾している。

New FBI Crime Stats Contradict Anti-Immigrant Hype in Arizona
By Daniel Griswold

FBI crime figures reported in today’s The Wall Street Journal challenge the perception that illegal immigrants have unleashed a crime wave in Arizona.
ウォールストリートジャーナルで今日報道された連邦警察の犯罪件数はアリゾナ州で違法移民が犯罪の波を起こしていると言う認識に対し異を唱えている。

One of the clinching arguments for Arizona’s tough new law aimed at illegal immigration has been the perception in that state that crime has been rising, and that undocumented workers are largely to blame. Yet the Journal reports that the incidence of violent crime in Phoenix last year plunged 16.6 percent compared to 2008, a rate of decline that was three times the national average.
アリゾナ州の違法移民を狙った新しい厳しい法律に付いて熱烈に受け入れられている議論の一つはアリゾナ州での犯罪件数は増加していて不法就労者達が主に疎の原因であると言う事である。然しウォールストリートジャーナルは昨年のアリゾナ州都フェニックス市での暴力的犯罪は2008年と比較し16.6%激減し減少率は全国平均の3倍である。

According to the Phoenix Police Department, the downward trend in crime has continued into 2010 even as the “illegal immigrant crime wave” story reverberates on cable TV and talk radio. As the Journal story reports:
アリゾナ州都のフェニックス市警察局によると、ケーブルテレビニュース番組やトークラジオ番組で“違法移民による犯罪の波”が反響している2010年に入っても此の犯罪の現象と言う傾向は続いていた。其れはウォールストリートジャーナルで報道された様に:

In Phoenix, police spokesman Trent Crump said, “Despite all the hype, in every single reportable crime category, we’re significantly down.” Mr. Crump said Phoenix’s most recent data for 2010 indicated still lower crime. For the first quarter of 2010, violent crime was down 17% overall in the city, while homicides were down 38% and robberies 27%, compared with the same period in 2009.
フェニックス市警察のスポークスマン、トレント クランプ氏は『全ての過剰反応にも拘らず全ての報道に値する個々のカテゴリーの犯罪は大幅に減少している。』と語った。クランプ氏は2010年の最も新しいデータは未だに減少した犯罪率を示している。』と語っている。2010年の第一四半期では2009年の同時期と比較してフェニックス市全体で暴力的犯罪は17%減少、殺人事件は38%減少そして窃盗犯罪は27%減少。

Arizona’s major cities all registered declines. A perceived rise in crime is one reason often cited by proponents of a new law intended to crack down on illegal immigration. The number of kidnappings reported in Phoenix, which hit 368 in 2008, was also down, though police officials didn’t have exact figures.
アリゾナ州の主要都市の犯罪は現象を示している。犯罪が増加していると言う認識は違法移民を取り締る目的の新しいアリゾナ州の法律の支持者達によって頻繁に引用されている理由の一つである。警察当局者は正確な統計を持っていないながらも、2008年に368件に達したと報告されているフェニックス市の誘拐犯罪も減少している。

The new crime figures confirm what I wrote in a column in today’s Washington Times under the headline, “Unfounded fear of immigrant crime grips Arizona,” and what I explored in a longer think piece, “Higher Immigration, Lower Crime,” in Commentary magazine a few months ago.
新しい犯罪件数のデータは今日私が書いたワシントンタイムズの見出し“事実無根の移民による犯罪に対する恐怖がアリゾナを支配する”とコメンタリーマガジンで私が長編で調べた“大量の移民、減少する犯罪”で書いた事を裏付ける。

The president and Congress need to fix our immigration system, but we need to do it in the right way and for the right reasons.
大統領と議会は移民システムを改善しなければならないが正しい方法と正しい理由で為さなければならない。

ejnews:アリゾナ州知事の嘘吐き癖は『私の父はナチスドイツと戦ってドイツで死んだ!』などの発言でアメリカで有名になってしまいましたが(彼女の父親は当時アメリカの弾薬工場で働いていて戦争には参加していなかった。彼の死は戦後10年経ってからであった。)、問題のアリゾナ州の新移民法の理由として挙げられている『メキシコ人がアメリカ人の首を切り落としている!』とか『メキシコ人によって犯罪が増えているから厳しく移民を取り締らなければならない!』等は全くの嘘だと言う事は上記の記事の様に明らかにされているのですが、人種差別をする人々は全くの嘘とデッチアゲによって支えられているアリゾナ州の新移民法(移民法は連邦政府の担当なのでアリゾナ州が勝手に移民法を作成する事は異常と言うよりも違法行為なのだと言う事の様ですが-------)を未だに支持しているようです。(-------日本人も長い間アメリカでは差別され第二次大戦中は日系アメリカ人は強制収容所に入れられた歴史もあるのですが--------“歴史は繰り返さない!”と言う人も入る様ですから困った物です)
アメリカ西部諸州は元々メキシコ領ですから白人系アメリカ人よりも歴史の長いメキシコ系の人々が住んでいるのですが、歴史を振り返るとラティーノと呼ばれる彼等に対する人種差別が激しくなる度に正真正銘のアメリカ人で然も後に移民して来た白人よりも以前にアメリカ西部諸州の住人だった彼等の中には違法移民として異国のメキシコに国外退去になった人々が多いのです。2007年にも知能障害のあるアメリカ生まれのメキシコ系アメリカ人の若者が違法にメキシコの国外退去にされ無一文で89日間メキシコをさ迷い、間違いが発覚してからも米政府は彼の発見救助に何の努力もせず、結局家族がメキシコに行き全ての貯金を叩いて彼を探し出したと言う事件がありました。
 ナチスドイツの歴史で最も有名な様に、不景気になるとどの国でも保守派の人々は右翼になり、右翼は極右翼になる様で人種差別や少数者(人種的にも思想的にも)と呼ばれる人々がスケイプゴートscapgoatとなる事が多いので気をつけましょう。

 と言う事で、今日のミュージックはジャズギターのJoe Passジョー パスによるAll the Things You Are(オール ザ シングス ユー アー“貴女である事の全て”)です。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

Racism  レイシズム (人種差別)

Racism
レイシズム(人種差別)


ejnews: 母の日は如何でしたか?Anna Marie Jarvisアナ マリー ジャーヴィスの運動によって始められた母の日はウッドロー ウイルソン大統領により祭日とされ国際的な祝日となりましたが、アナ マリー ジャーヴィスは後に商業的になり過ぎた母の日に反対する事に努力する一生を送ったと言う皮肉な結果になったと言う話は有名です。..............が、今日は人種差別についてお話します。最初の記事は昨年ペンシルヴァニア州の田舎町で殺害されたメキシコ系アメリカ人の話です………………….

Mexican Rights Group Wants Justice in Beating Death
メキシコ人人権団体は殴打死(殴り殺された同胞)の為に正義を要求する。

May. 4, 2009
By BET.com Staff

http://www.bet.com/News/NewsArticleTwoTeensClearedInBeatingDeathofImmigrant.htm?wbc_purpose=Basic&WBCMODE=PresentationUnpublished&Referrer=%7B0471DDF0-D0D8-48A8-9E30-ADD40CBE0269%7D

An immigrant-advocacy group says it will ask the Justice Department to file federal charges against two White teens acquitted Friday of beating to death a 25-year-old Mexican man in a small Pennsylvania mining town.
移民擁護団体はペンシルヴァニア州の小さな鉱山町での25歳のメキシコ人男性殴打死で金曜日に無罪となった2人のティーンエイジャーに対して連邦法での起訴を司法省に要求すると述べている。

The all-White jury of six men and six women in Shenandoah, Pa., agreed that 19-year-old Derrick Donchak and 17-year-old Brandon Piekarsky were not guilty of aggravated assault, reckless endangerment and ethnic intimidation for the death of Luis Ramirez, who had settled into the neighborhood a year earlier with his White wife and young children. Piekarsky was also acquitted of third-degree murder.
 ペンシルヴァニア州シェナンドーアの6人の男性と6人の女性の全員が白人の陪審員達は1年前に周辺地区に彼の白人の妻と幼児と共に住人となったルイス ラミレスの死に対して、19歳のデリック ドンチャックと17歳のブランドン パイカースキーを加重暴行罪、レックレス エンデンジャーメント(他人を無謀をに危険にさらす罪)、少数民族脅迫罪について無罪であると合意した。パイカースキーは第3級殺人罪についても無罪となった。

Ramirez died last summer from blunt-force injuries, just two days after Donchak and Piekarsky left him writhing in the street and foaming at the mouth. They reportedly yelled racial slurs at him as he lay there.
昨年の夏ドンチャックとパイカースキーが身悶えし口から泡を吹いているラミレスを道端に取り残して去った直後の2日後に彼は鈍的外傷で死亡した。彼等は道端に横たわっているラミレスに人種差別的中傷を叫んだと報告されている。

"The jurors here [are] sending the message that you can brutally beat a person, without regard to their life, and get away with it, continue with your life uninterrupted," Gladys Limon, a spokeswoman for the Mexican-American Legal Defense and Education Fund (MALDEF), told CNN. "In this case, the message is that a person who may not be popular in society based on their national origin or certain characteristic has less value in our society. The acts here were egregious in brutality, and it's just outrageous and very difficult to understand how any juror could have had reasonable doubt, especially as to the aggravated assault and the reckless endangerment charges."
“此処で陪審員達は、生死に関係なく人間を残酷に殴っても(若し貴方が誰かを殴り殺したとしても)罪に問われる事はなく普段の生活を妨げられる事無く続けられると言うメッセージを送っている。”グラディス リモン、メキシコ系アメリカ人法律的擁護と教育基金(MALDEF)のスポークスパーソンはCNNに“此の件でのメッセージは、どの国から来ているとか、我々の社会で価値が少ない特徴をを持っているとかの基準によって特定の個人は社会で人気が無いと言う事である。”此の行為は甚だしく獰猛で、そして全く言語道断で特に加重暴行罪とレックレス エンデンジャーメント(他人を無謀に危険にさらす罪)についての起訴で一体どの陪審員が論理的疑問を持てるか理解し難い。(陪審員が起訴されている被告の罪に対して論理的に有罪を認められないと言う事に対する驚き。別の言い方をすると、被告人は100%有罪の証拠が無いと有罪とは出来ないと言う法的理論を逆手にとって全員白人の陪審員が人種差別犯罪者を擁護している事が明白であると言う事。)“

MALDEF will press the Justice Department to file federal charges she said.
MALDEFは司法省に連邦法での起訴をする様に圧力をかけると彼女は言った。

"Luis Ramirez's family deserves vindication for his death," she said. "This incident has not only disrupted Luis Ramirez's family, but the entire community."
“ルイス ラミレスの家族は彼の死に対し公平な正義を得る資格がある。”と彼女は述べ“この事件はルイス ラミレスの家族の平穏な生活を中断しただけでなく彼等の住む居住地区全ての日常生活を中断した。”(と彼女は続けた)

The racially divisive case had been watched closely nationwide. "In my mind it was the lack of evidence to tie these kids to the serious charges that they brought," defense lawyer Frederick Fanelli told CNN.
人種を敵対させるこの事件は全国的に注目を集めた。“私の思う所によると此の子供達を彼等自身の行為である此の重大な罪で有罪にするには充分な証拠にかける。”と被告達の弁護士フレデリックファネリはCNNに述べた。

ejnews:................と言う事件でした。殺害されたラミレス氏の妻は白人で彼等の間には子供達もいます.............................................。此の裁判の被告側傍聴席には町の白人達が何百人も詰め掛け、ラミレス氏の家族の側の傍聴席には僅3人だけが傍聴したとの事です。此の町では白人失業率が高く新しく移住してきた多くが不法移民のヒスパニック移民は殆どが低賃金ながら喜んで働いていると言うコミュニティーでの人種間で異なった状況により摩擦が発生し人種差別の原因になっていると言う話です。此の町の雰囲気の中でメキシコ系の住人は裁判の傍聴には怖くて行けない状況にあったとの事です。
 次は随分前の話で私がアメリカに来る前に起こった話です。私がアメリカに流れ着いた頃にも未だ色々と話題になっていた事件で其の後どうなったのか気になっていた事件です。http://www.asianam.org/kaufman.htm の一部の翻訳です。


On June 19, 1982, Vincent Chin was beaten to death by two unemployed white auto workers who mistook him as Japanese.
1982年6月19日、ヴィンセント チンは無職の自動車工場労働者によって日本人と誤解され殴り殺された。

A 27-year-old Chinese-American, Chin was celebrating his last days of bachelorhood in a Detroit bar. An argument broke out between him and Ronald Ebens, a Chrysler Motors foreman. Ebens shouted ethnic insults, the fight moved outside, and before onlookers, Ebens bludgeoned Chin to death with a baseball bat while Michael Nitz, Ebens's stepson and a laid-off Chrysler assembly-line worker, held Chin down. Chin died on June 23, 1982.

27歳の中国人系アメリカ人、チンはデトロイトのバーで独身最後の日を祝っていた。チンとクライスラーモーターズの現場監督のロナルド エベンズの間に口論が起こった。エベンズは人種差別的中傷を叫び喧嘩はバーの外に移った。そして野次馬の見守る中クライスラーから一時解雇されたアッセンブリー労働者でエベンズの義理の息子マイケル ニッツがチンを地面に押し付けている間にエベンズが野球のバットでチンを強打し死亡させた。チンは1982年6月23日に死亡した。

In the ensuing trial, Ebens and Nitz were convicted of manslaughter, and Judge Kaufman sentenced both to three years probation and imposed a $3,780 fine. A U.S. Department of Justice civil rights prosecution was initially successful but was overturned, Ebens v. U.S., 800 F.2d 1422 (1986).
引き続く裁判でエベンズとニッツは殺人罪で有罪となったが裁判官カウフマンは両者に3年の執行猶予を宣告し3780ドルの罰金を課した。合衆国司法省の公民権での訴追は初期は成功していたが1986年のエベンズ対合衆国800F.2d1422の裁判で判決は覆された。

In 1987, a civil suit against Ebens and Nitz was settled for $1.5 million. Ebens' homeowners' policy paid about $20,000. Nitz has made regular payments. Ebens boasted that Chin's mother would never see the money. Ebens placed his assets in his wife's name and lives in Nevada. If you can assist in any way, contact
1987年エベンズとニッツに対する民事訴訟で彼等は150万ドルで示談にした。エベンズの住宅所有者保険が約2万ドル払った。ニッツは定期的に支払いをした。が然し、エベンズはチンの母親は賠償金は見ないだろうと自慢していた。エベンズは資産を彼の妻の名前に書き換えネヴァダ州に住んでいる(引っ越した)。
Lily Chin, Vincent Chin's mother, moved back to Canton Province, China, until she returned to the U.S. for medical treatment. She died on June 9, 2002, a few days before the 20th anniversary of her son's death.
ヴィンセント チンの母親リリー チンは医療の為に合衆国に帰るまで中国の広東州に戻り、其の後、彼女の息子の死の20年目の記念日の数日前の2002年6月9日に他界した。

http://www.asianam.org/kaufman.htm

ejnews: 此の裁判の裁判官チャールズ カウフマンも名前でお分かり頂けると思いますがドイツ系の名前でやはり白人、そして26年後のラミレス氏の裁判の12人の陪審員全てが白人と言う裁判だったようです。この様なあからさまに不公平な裁判は場所によっては日常茶飯事の様で被告が有色人種の場合この裁判とは当然逆の判決が出されることが多く、特に黒人やヒスパニックと呼ばれる中南米系アメリカ人は高い確率で何十年もそして一生刑務所で暮らさなければならない状況が続いているようです。高率の黒人受刑者数の原因は彼等が経済的差別下にあると言う理由以外、警察が黒人を選んで捜査検挙の目標にしているという事実が存在する他、裁判での経済的不公平(貧困な人々は公共の弁護人によって弁護されるのですが、多くの場合公共の弁護士は忙しすぎて一つの裁判に集中できないかそもそも真面目に弁護する気が無い。裕福な被告人は有能な弁護士を雇う事が出来軽い求刑、執行猶予、無罪になる可能性が高い。)があるからなのです。当然死刑も此の中には含まれているのです。
 話は元に戻り、此の事件で理解出来る事はヨーロッパ人(白人)から見ると中国人、日本人、韓国人、フィリピン人、ヴェトナム人等々は殆ど区別が付かないと言う事で、日本人で中国人や韓国人、フィリピン、インドネシア等々だけでなく他の有色人種を差別している人々は、我々日本人もアメリカやヨーロッパでは他の東洋人と同様に差別される可能性があると言う事、其れだけでなくもっと酷い事には朝鮮併合、中国への侵略、真珠湾等でアメリカでは他のアジア人の中でも日本人はあまり良く受けとられてい無い場合も多いのです。
 1919年のパリ講和会議で過半数の賛成票を得た日本代表の提案した人種差別撤廃条項を米大統領ウイルソンが大英帝国【当時はカナダ、オーストラリア、南アフリカ等が帝国に含まれていて特に白豪主義(White Australia policyホワイト オーストラリア ポリシー1975年まで存続)で悪名の高いオーストラリアが激しい反対をした。】の反対に同意し採用の否決を決定し、此の決定による日本の対米感情の悪化が真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争の精神的下地となった事を思い起こすと人種差別が如何に馬鹿馬鹿しい事であるかと言う事が誰にでも理解出来ると思います。(勿論、ウイルソン自身も人種差別で有名で、彼の政権が発足するまでは雇用されていた黒人は彼の政権下で連邦政府から殆ど追放され、其の上、KKK クー クラックス クランの様な団体も息を吹き返し"D. W." Griffith D.W.グリフィス監督のThe Birth of a Nation 国家の誕生(別名The Clansmanザ クランズマン)と言うKKKをヒーローとして取り扱った映画等を製作させる社会の雰囲気を醸し出した事でもウイルソンは非難されています。)
 兎に角、差別は人間の最も原始的な感情“自分の所属する集団とは違う者(異邦人、身体障害者、変わり者等)を軽蔑、憎む感情”で野生の動物に見られる行為でもあり、仏陀の様な人々に代表される様に我々が精神的な高みに到達出来る為の努力とは全く逆の何らかの個人的欲求不満の捌け口を自分とは違う(多くの場合少数民族や自分よりも劣っていると思われる)人々に求める卑怯な行動なのです。又、人種差別については将来の敵を作り出す原因にもなり、現在の日本人と中国、韓国、朝鮮との居心地の悪い関係を見ても解るように過去の日本人の行為が現在に影響を与えているのです。
 或る研究で研究参加者を2つのグループに分け競争させると言う実験が行われたそうですが、其の研究に参加するまでは全く他人同士だった人々がある特定のグループに別けられると自分の所属していないグループに所属するメンバーに自然に敵愾心を起こすと言う実験結果が出たそうです。単に別のグループに別けられ何かをする以外は何の指示も受けていない実験だったそうです。

 私のブログに訪れて頂いている方々は私が人種差別について説明する必要の無い方々ばかりですが、日本人の中には未だに幻想以外の何物でもない国家政府と人々の集団を同じ者だと勘違いしている人々がいるようです。(例えば中国国家政府と中国人民、韓国国家政府と韓国人民、アメリカ合衆国政府とアメリカ市民等々。此れが如何して勘違いかと言う簡単な説明は、我々日本人が享受して来た民主主義、労働者の権利等は欧米の労働者達や思想家達の市民が国家政府と戦い勝ち取って来た権利である事を見ると国家政府と其の市民は敵対することはあっても同じ物として捉える事は大きな勘違いだと言う事なのです。)我々は此の錯誤を国家政府に利用され外国人を差別したり、特に戦争の為に利用され続けてきたのです。
支離滅裂になってきましたので今日はこの辺で…………


Good luck and sweet dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。