スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由民主党と米中央情報局の歴史

C.I.A. Spent Millions to Support
Japanese Right in 50's and 60's
米中央情報局は1950年~1960年代に何百万ドルも日本の右翼を支援する為に費やした。


http://www.nytimes.com/1994/10/09/world/cia-spent-millions-to-support-japanese-right-in-50-s-and-60-s.html?pagewanted=1
By TIM WEINER,

Published: October 9, 1994
ニューヨークタイムズ1994年10月9日


WASHINGTON, Oct. 8— In a major covert operation of the cold war, the Central Intelligence Agency spent millions of dollars to support the conservative party that dominated Japan's politics for a generation.
ワシントン、1994年10月9日-----冷戦時代の大規模な隠密作戦により日本の政治を何世代にも亘って支配した保守政党を支持する為米中央情報局は何百万ドルもの資金を費やした。

The C.I.A. gave money to the Liberal Democratic Party and its members in the 1950's and the 1960's, to gather intelligence on Japan, make the country a bulwark against Communism in Asia and undermine the Japanese left, said retired intelligence officials and former diplomats. Since then, the C.I.A. has dropped its covert financial aid and focused instead on gathering inside information on Japan's party politics and positions in trade and treaty talks, retired intelligence officers said.
『1950~1960年代に米中央情報局は日本の情報を収集する為、日本をアジアでの共産主義に対する防波堤にする為、そして日本の左翼をサボタージュする為自民党と其の党員に資金を支払った。』と元諜報員だった引退した外交官は語った。『其の後の米情報局は隠密の資金援助を中断し替わりに日本の政党政治情報と貿易政策そして条約協定についての情報収集に集中した。』と引退した諜報員は語った。

The Liberal Democrats' 38 years of one-party governance ended last year when they fell from power after a series of corruption cases -- many involving secret cash contributions. Still the largest party in Japan's parliament, they formed an awkward coalition in June with their old cold war enemies, the Socialists -- the party that the C.I.A.'s aid aimed in part to undermine.
自由民主党の38年間に亘る一党政権支配は連続する汚職事件----多くの場合秘密の現金寄付が絡んでいた------の後権力の座から転落した昨年終焉した。現在でも日本議会最大の政党で、米中央情報局の資金援助が一つの目的として弱体化させようと狙っていた日本社会党と6月にぎこちない同盟を結んだ。

Though the C.I.A.'s financial role in Japanese politics has long been suspected by historians and journalists, the Liberal Democrats have always denied it existed, and the breadth and depth of the support has never been detailed publicly. Disclosure of the covert aid could open old wounds and harm the Liberal Democrats' credibility as an independent voice for Japanese interests. The subject of spying between allies has always been sensitive.
日本の政治に米中央情報局の資金的が果たした役割は歴史家達やジャーナリスト達によって存在すると考えられていたものの自由民主党は常に其の存在を否定していた。そして、其の支援の幅の広さと深さは克明に公表された事がなかった。隠密の支援の公表は古傷を切り開き日本の利益の為の独立した声と言う自由民主党の信用性を傷付ける可能性があった。同盟国間のスパイ行為と言う主題は常に繊細な問題であった。

The C.I.A. did not respond to an inquiry. In Tokyo, Katsuya Muraguchi, director of the Liberal Democratic Party's management bureau, said he had never heard of any payments.
米中央情報局は問い合わせには答えなかった。Muraguchi Katsuya(村口かつや?此の人は特定できませんでした)、自民党の党管理部長は支払いについて聞いた事は全く無かったと語っている。

"This story reveals the intimate role that Americans at official and private levels played in promoting structured corruption and one-party conservative democracy in post-war Japan, and that's new," said John Dower, a leading Japan scholar at the Massachusetts Institute of Technology. "We look at the L.D.P. and say it's corrupt and it's unfortunate to have a one-party democracy. But we have played a role in creating that misshapen structure."
『此の話はアメリカ人が公的そして私的に組織化された汚職と戦後の日本の保守的な単一政党民主主義を促進する密接な役割を果たした事を示している。そして、其れは新しい出来事であった。』とMIT(マサチューセッツ工科大)の日本学の権威は語っている。『我々は日本自由民主党を見て堕落していて単一政党民主主義でなければならない状態は不運な事だと言う。然し我々(米国)が此の間違った機構の創造に役割を演じたのだ。』

Bits and pieces of the story are revealed in United States Government records slowly being declassified. A State Department document in the National Archives describes a secret meeting in a Tokyo hotel at which Eisaku Sato, a former Prime Minister of Japan, sought under-the-table contributions from the United States for the 1958 parliamentary election. A newly declassified C.I.A. history also discusses covert support sent that year.
徐々に発表される米合衆国の記録によって少しずつ(米中央情報局の日本での活動の)此の話は明らかにされている。国家記録の或る政府機関ドキュメントは元首相の佐藤栄作が1958年の国会議員選挙の為に米政府からの内密の資金援助を要請した東京のホテルでの隠密会合の事が説明されている。新しく機密解除された米中央情報局の歴史もまた其の年(1958年)に秘密の支援が送られた事を書き残している。

But the full story remains hidden. It was pieced together through interviews with surviving participants, many well past 80 years old, and Government officials who described still-classified State Department documents explicitly confirming the Kennedy Administration's secret aid to the Liberal Democrats in the early 1960's.
然し全体の話は未だに隠されている。其れは多くは80歳をとっくにこしているはいるが生き残っている(日本での隠密活動)参加者に、そして明確にケネディー政権による1960年代初期の自由民主党への秘密支援について確認している未だに機密である政府機関ドキュメントを説明した政府役員等による個々の情報を繋げて解かるようになった。

The law requires the Government to publish, after 30 years, "all records needed to provide a comprehensive documentation of major foreign policy decisions and actions." Some State Department and C.I.A. officials say the Kennedy-era documents should stay secret forever, for fear they might disrupt Japan's coalition government or embarrass the United States. Other State Department officials say the law demands that the documents be unsealed.
“重要な外交政策決定と其の実施について理解する事が出来る全ての記録”の公表を30年後にする様に政府に義務付けている。或る政府役員と米中央情報局員達は日本の連立政府を揺るがす恐れや米政府に恥をかかす恐れがあるとしてケネディー時代の記録は永遠に秘密とされるべきだと語っている。又他の政府役員は法律は記録が公開されることを要求していると語っている。

A Secret Operation That Succeeded
成功した隠密作戦。


The C.I.A.'s help for Japanese conservatives resembled other cold war operations, like secret support for Italy's Christian Democrats. But it remained secret -- in part, because it succeeded. The Liberal Democrats thwarted their Socialist opponents, maintained their one-party rule, forged close ties with Washington and fought off public opposition to the United States' maintaining military bases throughout Japan.
米中央情報局の日本の保守派への支援はイタリアのキリスト教民主党への秘密の支援等の他の冷戦時代の作戦行動に似通っている。然し其れは秘密として留められている----------一つの理由は其れは成功したからだ。自由民主党は敵対していた社会主義者を挫折させ、単一政党ルールを維持し、ワシントンとの絆を強め米国が維持している日本中に存在する米軍基地に対する日本民衆の反対意見を寄せ付けなかったからだ。

One retired C.I.A. official involved in the payments said, "That is the heart of darkness and I'm not comfortable talking about it, because it worked." Others confirmed the covert support.
『其れが闇に隠されている理由の最大の理由で私は其れについて語る事については不安を感じる。何故なら其れは成功したからだ。』と日本自由民主党への資金援助に関わった或る元米中央情報局員は語っている。他の元米中央情報局員は秘密の資金援助が存在していた事を認めている。

"We financed them," said Alfred C. Ulmer Jr., who ran the C.I.A.'s Far East operations from 1955 to 1958. "We depended on the L.D.P. for information." He said the C.I.A. had used the payments both to support the party and to recruit informers within it from its earliest days.
1955年~1958年間の米中央情報局極東作戦を指揮したアルフレッドC.ウルマーJr氏 は『我々は自由民主党に資金的援助した。(自民党に資金を与えた。)我々は情報を自由民主党に頼っていた。』と語った。米中央情報局は自由民主党の創成期から自由民主党支援と自由民主党内での情報提供者をリクルートする為に使用したと彼は語った。

By the early 1960's, the payments to the party and its politicians were "so established and so routine" that they were a fundamental, if highly secret, part of American foreign policy toward Japan, said Roger Hilsman, head of the State Department's intelligence bureau in the Kennedy Administration.
『1960年代初期になった頃は自由民主党と其の政治家への資金援助は完全に確立されていて又常に行われていた。其れは最も重要で非常に隠密で日本に対する米国の対外政策の一部であった。』とケネディー政権の政府情報部の部長だったロジャー ヒルズマン氏は語った。

"The principle was certainly acceptable to me," said U. Alexis Johnson, United States Ambassador to Japan from 1966 to 1969. "We were financing a party on our side." He said the payments continued after he left Japan in 1969 to become a senior State Department official.
『自由民主党への秘密資金援助と言う基本政策は勿論私にとっては受け入れられる。』と1966年~1969年間の駐日米大使だったU.アレクシス ジョーンズ氏は語った。『我々は政党を我々の側につく様に資金援助していた。』彼が連邦政府要員になる為日本を離れた1969年以降も自由民主党への資金援助は続いていたと彼は語った。

The C.I.A. supported the party and established relations with many promising young men in the Japanese Government in the 1950's and 1960's. Some are today among the elder statesmen of Japanese politics.
1950年代から1960年代にかけて米中央情報局は自由民主党を支援し日本政府内での将来が見込まれる自由民主党の若い政治家達との関係を確立した。其の中の或る人々は今日日本の政治界の重鎮(長老達)である。

Masaru Gotoda, a respected Liberal Democratic Party leader who entered parliament in the 1970's and who recently served as Justice Minister, acknowledged these contacts.
1970年代に国会議員となり又最近法務大臣となった尊敬されている自由民主党の指導者Masaru Gotouda(時代的に見て後藤田正晴だと思います)はこれ等の米中央情報局との接触を認めている。

"I had a deep relationship with the C.I.A.," he said in an interview, referring to his years as a senior official in intelligence activities in the 1950's and 1960's. "I went to their headquarters. But there was nobody in an authentic Government organization who received financial aid." He would not be more explicit.
『私は米中央情報局と深い繋がりを持っていた。』と彼は1950年代~1960年代の情報活動について彼が指導的地位にいた当時の事に関して語った。『私は米中央情報局の本部に行った。然し其処には本物の政府機関に所属し資金援助を受けた人物はいなかった。』彼はこれ以上の詳細については説明しなかった。

"Those C.I.A. people who were stationed in the embassy with legitimate status were fine," he said. "But there were also covert people. We did not really know all the activities they were conducting. Because they were from a friendly nation, we did not investigate deeply." Recruitment Was 'Sophisticated'
『大使館に駐在していた正規のポジションに就いていた米中央情報局員は質が良かった。然し同時に秘密工作員もいた。彼等の行っていた活動については我々は良く知識が無かった。何故なら彼等は同盟国から来ていて我々は彼等を深く調査しなかった。』と彼は語った。(彼等の)リクルート活動は洗練されていた。

The recruitment of Japanese conservatives in the 1950's and 1960's was "a pretty sophisticated business," said one C.I.A. officer. "Quite a number of our officers were in touch with the L.D.P. This was done on a seat-by-seat basis" in the Japanese parliament. A second C.I.A. officer said the agency's contacts had included members of the Japanese cabinet.
『1950年代と1960年代の日本の保守派に対するリクルートは非常に洗練されたやり方であった。』と或る米中央情報局員は語った。かなり多くの米中央情報局員達が日本自由民主党と接触を持っていて、其れは国会議員一人一人個別に行われていた。米中央情報局の接触は日本政府の閣僚も含みめていたと他の米中央情報局員は語った。

As the C.I.A. supported the Liberal Democrats, it undermined their opponents. It infiltrated the Japan Socialist Party, which it suspected was receiving secret financial support from Moscow, and placed agents in youth groups, student groups and labor groups, former C.I.A. officers said.
米中央情報局による自由民主党支援は自由民主党の政敵を妨害した。米中央情報局はモスクワから支援されていると疑われていた日本社会党に潜入し、青年によって構成されている団体、学生団体、労働団体等に諜報員を潜入させたと元米中央情報局員は語った。

Obstructing the Japanese opposition "was the most important thing we could do," one said.
日本の反体制派を妨害する事は我々に可能な事の中で“最も重要な事であった”と或る人物は語った。

The covert aid apparently ended in the early 1970's, when growing frictions over trade began to strain relations between the United States and Japan, and the growing wealth of Japan made the agency question the point of supporting politicians.
貿易問題が日米関係に軋轢を起こし始め、日本の増加する富が米中央情報局に日本の政治家援助の利益について疑問を抱かせた1970年代に秘密裏の支援は終わったとされている。

"By that time, they were self-financing," a former senior intelligence official said. But the agency used its longstanding relationships to establish a more traditional espionage operation in Japan.
其の頃には彼等(自由民主党)は経済的に自立していたと元米中央情報局の幹部の一人は語った。然し、米中央情報局は長期間に亘って築き上げた関係を伝統的な諜報作戦を確立する為に利用した。

"We had penetrations of all the cabinet agencies," said a C.I.A. officer based in Tokyo in the late 1970's and early 1980's. He said the agency also recruited a close aide to a prime minister and had such good contacts in the agriculture ministry that it knew beforehand what Japan would say in trade talks. "We knew the fallback positions" in talks over beef and citrus imports, he said. "We knew when the Japanese delegation would walk out."
『我々は全ての政府閣僚の関係する機関に潜入していた。』と或る1970年代~1980年代初期東京を本拠地としていた米中央情報局員は語った。『其の他にも米中央情報局は首相の私設秘書もリクルートしそして農林省にも素晴らしい接触があり貿易交渉で日本側が何を言うのか事前に察知していた。牛肉と柑橘類の交渉において我々は代替交渉作を知っていた。』と彼は語った。『そして我々は日本交渉団が交渉を中止する事を事前に知っていた。』

Useful though it may have been, the inside information rarely gave American trade negotiators the upper hand with the Japanese.
有効だったにも拘らず内部情報は米政府側貿易交渉団に日本に対し有利な立場を与えなかった。

The Reverse Course' Of American Policy
米政府政策の逆転。


The support for the Liberal Democrats had its origins in what some historians call "the reverse course" of American policy toward Japan after World War II.
自由民主党への支援は第二次大戦以降の米政府の日本ポリーシーの“政策の逆転”と歴史家が呼ぶ物に由来している。

From 1945 to 1948, the American forces who occupied Japan purged the Government of the right-wing militarists who had led Japan into war. But by 1949, things had changed. China went Communist. The Soviet Union exploded its first atomic bomb. Washington was fighting Communism, not ferreting out rightists.
1945年~1948年間に米占領軍は日本を戦争に導いた日本の右翼軍国主義者を政府から一掃した。然し1949年になった頃には情勢は変化していた。中国は共産国家となり、ソヴィエト連邦は最初の原子爆弾を炸裂させた。ワシントンは右翼狩りをしていたのではなく共産主義と戦っていた。

The American occupation forces freed accused war criminals like Nobusuke Kishi, later Japan's Prime Minister. Some of the rehabilitated politicians had close contacts with organized crime groups, known as yakuza. So did Yoshio Kodama, a political fixer and later a major C.I.A. contact in Japan who worked behind the scenes to finance the conservatives.
日本での米占領軍は後に首相になった岸信介の様な戦争犯罪人として非難された人々を釈放した。評判を回復した政治家の中にはヤクザとして知られる犯罪組織と密接な関係を持っていた。政界の黒幕で後に米中央情報局の最も信頼出来る接触となり陰で保守派に資金援助した児玉誉士夫も其の一人であった。

These politicians also drew support from a group of retired diplomats, businessmen and veterans of the Office of Strategic Services, the World War II precursor of the C.I.A. The group's leader was Eugene Dooman, an old Japan hand who quit the State Department in 1945 to promote "the reverse course."
この様な政治家達は引退した外交官、ビジネスマン、そして後に米中央情報局となる第二次大戦中の先駆団体OSSの古参諜報員からも支援を引き出した。此のグループの指導者は古参の日本対策専門家で1945年に“政策の逆転”をプロモートする為に国務省を辞職したユージーン ドゥーマンだった。

During the Korean War, the Dooman group pulled off an audacious covert operation, bankrolled by the C.I.A.
朝鮮動乱期にはドゥーマン グループは米中央情報局資金援助による大胆な秘密作戦を決行した。

Japanese conservatives needed money. The American military needed tungsten, a scarce strategic metal used for hardening missiles. "Somebody had the idea: Let's kill two birds with one stone," said John Howley, a New York lawyer and O.S.S. veteran who helped arrange the transaction but said he was unaware of the C.I.A.'s role in it.
日本の保守派は資金が必要で米軍は希少な戦略的に重要なミサイルを強化するタングステンが必要だった。『誰かが考え付いたアイデア:一石二鳥!』とジョン ハウリーは言った。彼はニューヨークの弁護士、OSSの元部員(ヴェテラン)で此の商談を御膳立てしたが米中央情報局の関与については知らなかったと言っている。

So the Dooman group smuggled tons of tungsten from Japanese military officers' caches into the United States and sold it to the Pentagon for $10 million. The smugglers included Mr. Kodama and Kay Sugahara, a Japanese-American recruited by the O.S.S. from a internment camp in California during World War II.
と言う事で、ドゥーマン グループは旧日本軍将校の武器貯蔵庫から何トンものタングステンを米国に密輸し米国防省に1千万ドルで売りつけた。此の密売人には児玉と第二次大戦中にカリフォルニア州の日本人収容所からOSSにリクルートされた日系米国人ケイ菅原が含まれていた。

The files of the late Mr. Sugahara -- researched by the late Howard Schonberger, a University of Maine professor writing a book nearly completed when he died in 1991 -- described the operation in detail. They say the C.I.A. provided $2.8 million in financing for the tungsten operation, which reaped more than $2 million in profits for the Dooman group.
メイン大学の教授ハワード ショーンバーガー氏が1991年に亡くなる前に殆ど完成させていた著書の故ケイ菅原氏の記録は其の作戦を仔細に渡って書き残している。米中央情報局は2百8十万ドル(当時の円ドル換算)をタングステン密輸作戦に注ぎ込み、此の支出は2百万ドル以上の利益をドゥーマン グループにもたらしたと彼等(ショーンバーガー教授とケイ菅原氏)は語っている。

The group pumped the proceeds into the campaigns of conservatives during Japan's first post-occupation elections in 1953, Mr. Howley said in an interview. "We had learned in O.S.S., to accomplish a purpose, you had to put the right money in the right hands."
ドゥーマン グループはタングステン密輸の利益を1953年の米占領終了直後の選挙に投入したとハウリー氏はインタヴューで語った。『我々は目的を達成する為には充分な資金を目的に適った人物や団体に渡さなければならないとO.S.S.で学んだ。』

By 1953, with the American occupation over and the reverse course well under way, the C.I.A. began working with warring conservative factions in Japan. In 1955, these factions merged to form the Liberal Democratic Party.
The fact that money was available from the United States soon was known at the highest levels of the Japanese Government.
1953年までには米政府による日本占領は終わり“政策の逆転”は確実に進められていて、米中央情報局は日本の互いにいがみ合っている保守派団体と協力をし始めていた。1955年にこれ等の保守派団体は合併し自由民主党を結成した。米合衆国からの資金が存在する事実は直ぐに日本政府の上層部に知られていた。

On July 29, 1958, Douglas MacArthur 2d, the general's nephew, who was then United States Ambassador in Tokyo, wrote to the State Department that Eisaku Sato, the Finance Minister, had asked the United States Embassy for money. Mr. Sato was Prime Minister of Japan from 1964 to 1972 and received the Nobel Peace Prize in 1974.
1958年、7月29日、ダグラス マッカーサー2世、米占領軍の将軍マッカーサーの甥で東京駐在の対日米大使は財務大臣の佐藤栄作が米大使館に資金援助を要請したと国務省宛の手紙に書き残している。佐藤栄作は1964年~1972年間日本の首相で1974年にはノーベル平和賞を受賞している。

Ambassador MacArthur wrote that such requests from the Government of Prime Minister Nobusuke Kishi were nothing new. "Eisaku Sato, Kishi's brother, has tried to put the bite on us for financial help in fighting Communism," his letter said. "This did not come as a surprise to us, since he suggested the same general idea last year."
この様な要請は岸信介首相政権からは別に珍しいものではなかったとマッカーサー大使は書き残している。佐藤栄作と岸信介兄弟は共産主義に対する戦いを支援する資金援助と言う餌を米政府に与えようと試みたと大使は手紙で書き残している。『此れは驚きではなかった。何故なら彼(栄作)は昨年同じアイデアをちらつかせていたからだ。』

Mr. Sato was worried, an accompanying memo explained, because a secret slush fund established by Japanese companies to aid the L.D.P. was drained.
佐藤栄作は自由民主党を支援する目的で日本の企業によって設立された裏金が底を尽いて来たと心配していると同封されたメモによって説明されている。

"Mr. Sato asked if it would not be possible for the United States to supply financial funds to aid the conservative forces in this constant struggle against Communism," the memo said. While it is unclear whether Mr. Sato's request was granted directly, a decision to finance the 1958 election campaign was discussed and approved by senior national security officials, according to recently declassified C.I.A. documents and former intelligence officers.
『佐藤栄作は共産主義に対する終わりの無い戦いに米合衆国が保守派陣営を支援する為経済的資金を供給出来ないかと要求していた。』と此のメモでは書かれている。最近機密解除された米中央情報局の記録と元諜報員によると、佐藤栄作の要請が直接叶えられたかどうかは不明だが1958年の選挙戦の資金援助は国家機密保全庁の高官達によって協議され認可されたとされている。

In an interview, Mr. MacArthur said the Socialists in Japan had their own secret funds from Moscow, a charge the left denied.
日本の社会主義者は、左翼は存在を否定しているモスクワからの秘密の資金を持っているとマッカーサー大使はインタヴューで述べている。

"The Socialist Party in Japan was a direct satellite of Moscow" in those years, he said. "If Japan went Communist it was difficult to see how the rest of Asia would not follow suit. Japan assumed an importance of extraordinary magnitude because there was no other place in Asia from which to project American power."
『当時の日本社会党はモスクワの直接の衛星だった。』と彼は語り『若し日本が共産化していたら、他のアジア諸国がどの様にして日本の共産化を真似ないでいられたかを想像する事は困難である。アジアで米合衆国が其の影響力を行使できる国は日本以外に存在しない事によって日本は極めて大きな重要性を担っていた。』

A Close Call In 1976
1976年の危機


In 1976, the secret payments were almost uncovered.
1976年に秘密資金援助は暴露されそうになった。

A United States Senate subcommittee discovered that Lockheed Corp., seeking lucrative aircraft contracts, had paid $12 million in bribes to Prime Minister Kakuei Tanaka and the Liberal Democrats. The conduit was Mr. Kodama -- political fixer, tungsten smuggler and C.I.A. contact.
ロッキード社が利益の高い契約を結ぶ為田中角栄首相と自由民主党に1千2百万ドルの賄賂を送った事を米合衆国上院小委員会が発見した。取次ぎ役は政界の黒幕、タングステン密輸業者そして米中央情報局の接触、児玉誉士夫だった。

Then a retired C.I.A. officer living in Hawaii phoned in a startling tip.
其処へ、ハワイで引退生活をしていた元米中央情報局員が電話で驚く様な内部情報をもたらして来た。

"It's much, much deeper than just Lockheed," Jerome Levinson, the panel's staff director, recalls the C.I.A. man saying. "If you really want to understand Japan, you have to go back to the formation of the L.D.P. and our involvement in it."
『この事件はロッキードよりもズットズット奥が深い。』と此の元米中央情報局員は語ったと、小委員会の事務員長ジェローム レヴィンソン氏は回想している。『若し本当に日本を理解したいなら自由民主党の結党とそして我々(米政府と米中央情報局)の自民党結党時の関与にまで遡ら無ければならない。』

Mr. Levinson said in an interview that his superiors rejected his request to pursue the matter.
レヴィンソン氏は彼の上司が其の件についてそれ以上の調査を拒否したとインタヴューで語っている。

"This was one of the most profound secrets of our foreign policy," he said. "This was the one aspect of our investigation that was put on hold. We got to Japan, and it really all just shut down."
『此の事実は我々米国の外交政策の中で最も重大な秘密の1つである。』と彼は語り『此れは中断された我々の捜査の一面だった。我々が日本に行った後全てが中断された。』と語った。

ejnews: 此の記事は1994年のニューヨーク タイムズに掲載されたもので、かなり古い記事で、日本でも良く知られている事実と思います。此の記事で御分かり頂けると思いますが自由民主党はこの様な過去(現在も続いている可能性も充分考えられると思いませんか?)の有る政党ですから最近の民主党議員に対する検察庁の態度等も自民党との関係を考えると何と無く怪しいと思いませんか?米中央情報局は自民党、社会党だけでなく日本社会の至る所にスパイを潜入させ、又個人や団体への資金援助によって日本政府の政策が米政府の利益に繋がるように操っていた(いる?)のでしょうね。そう言えばナンとかカンとか民営化とか言う米政府(米金融資本!?)の利益になりそうな政策を推進した何か変テコな首相もいましたねえ!?
兎に角、御金や権力の為に他国政府の為に御金と交換に秘密裏に働く事は日本語で何と言いましたっけ?売国奴?非国民?裏切り者?スパイ?あんまり良い単語は思い付きませんねえ。
では今日は此れまで。
   Ciao !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

政治家は何時の時代も嘘つきだ!

Secret of the Lusitania: Arms find challenges Allied claims it was solely a passenger ship
ルシタニア号の秘密:発見された武器の存在はルシタニア号は唯の客船だったと言う連合国の主張に挑戦する。

By Sam Greenhill
Last updated at 1:16 AM on 20th December 2008
イギリスのデイリーメイルより。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1098904/Secret-Lusitania-Arms-challenges-Allied-claims-solely-passenger-ship.html?ITO=1490#

Her sinking with the loss of almost 1,200 lives caused such outrage that it propelled the U.S. into the First World War.

千2百人の犠牲者とのルシタニア号の沈没は米合衆国を第一次大戦に突入させた程の怒りを呼んだのだった。

But now divers have revealed a dark secret about the cargo carried by the Lusitania on its final journey in May 1915.

然し今、ダイヴァー達はルシタニア号の1915年5月の最後の航海の貨物についての秘められた秘密を明かしたのだった。

Munitions they found in the hold suggest that the Germans had been right all along in claiming the ship was carrying war materials and was a legitimate military target.

彼等が発見した貨物の弾薬は“ルシタニア号は戦争の為の物資を運んでいて合法な標的だった。”と主張していたドイツの言い分は初めから正しかったと言う事である。

The Cunard vessel, steaming from New York to Liverpool, was sunk eight miles off the Irish coast by a U-boat.

ニューヨークからリヴァプールへ向かって航行していた客船ルシタニはアイルランドの海岸線から8マイル沖でU-ボートによって沈没させられた。

Maintaining that the Lusitania was solely a passenger vessel, the British quickly accused the 'Pirate Hun' of slaughtering civilians.

ルシタニア号は単なる客船だと言い張って英国は即座に“フンの海賊”の非武装民間人の虐殺を非難した。

'Pirate Hun' フン族の海賊: 英国、フランス、米国などでは特に第一次大戦当時、歴史的にドイツはフン族のアッチラに征服された事から蛮行を行うフン族として形容された。敵国民を非人間化し戦争での殺人行為を正当化する手段。日本でも太平洋戦争中“鬼畜米英”と言う言葉がありましたよね!外国人の事を軽蔑非難する政治家は絶対信用しない様に!

The disaster was used to whip up anti-German anger, especially in the U.S., where 128 of the 1,198 victims came from.

この惨事は特に1198人の犠牲者の内128人が含まれていたアメリカで反ドイツ感情を掻き立たせる為に利用されたのだった。

A hundred of the dead were children, many of them under two.

100人の犠牲者は子供達で多くは2歳以下であった。

Robert Lansing, the U.S. secretary of state, later wrote that the sinking gave him the 'conviction we would ultimately become the ally of Britain'.

米国務長官ロバートランシングは、この沈没が彼に最終的に英国の同盟国となる確信を与えたと後に書き残している。

Americans were even told, falsely, that German children were given a day off school to celebrate the sinking of the Lusitania.

其の上“ドイツの子供達はルシタニアの沈没を祝う為の学校の休日が与えられた。”と嘘がアメリカ人に伝えられた。

The disaster inspired a multitude of recruitment posters demanding vengeance for the victims.

この惨事は犠牲者の為の復讐を要求する多くの徴兵用のポスターの発想の元となった。

One, famously showing a young mother slipping below the waves with her baby, carried the simple slogan 'Enlist'.

これ等の中の一つで若い母親が彼女の赤ん坊と共に波間に消えていく有名なポスターは単純なスローガン“入隊しろ!”を掲げている。

Two years later, the Americans joined the Allies as an associated power - a decision that turned the war decisively against Germany.

其れから二年後アメリカは連合国にアソシエイトパワーとして参加、この決定は戦いをドイツ不利に向かわせていった。

The diving team estimates that around four million rounds of U.S.-manufactured Remington .303 bullets lie in the Lusitania's hold at a depth of 300ft.

ダイヴァー達は、米合衆国製造の4兆発のレミントン303弾丸が水深300フィートに沈んでいるルシタニアの貨物庫に横たわっていると見積もっている。

The Germans had insisted the Lusitania - the fastest liner in the North Atlantic - was being used as a weapons ship to break the blockade Berlin had been trying to impose around Britain since the outbreak of hostilities in August 1914.

北大西洋で最も速い客船ルシタニア号は、敵対関係が始まった1914年8月からベルリン政府が英国に対して実施しを試みていた海上封鎖を破る為に、武器運搬船として利用されていたと、ドイツ政府は主張していた。

Winston Churchill, who was first Lord of the Admiralty and has long been suspected of knowing more about the circumstances of the attack than he let on in public, wrote in a confidential letter shortly before the sinking that some German submarine attacks were to be welcomed.

この攻撃について彼が一般に漏らしていた以上の事を知っていたと長い間疑われていた海軍大臣であったウインストン チャーチルは、この沈没事件直前に個人的な手紙に、ドイツの潜水艦による攻撃は歓迎できる事だと書き残していた。

He said: 'It is most important to attract neutral shipping to our shores, in the hope especially of embroiling the U.S. with Germany.

彼は“特に合衆国とドイツを敵対させる事を望むには、中立国の船舶を我々(英国)の海岸線に引き込む事が最も重要だ。”と言っていた。

'For our part we want the traffic - the more the better and if some of it gets into trouble, better still.'

我々にとって船舶の行き来が必要だ……………..多ければ多いほど良い、其の中の一つが問題に引き込まれるともっと良い。

Hampton Sides, a writer with Men's Vogue in the U.S., witnessed the divers' discovery.

メンズヴォーグ誌の記者ハンプトン サイヅスはダイヴァー達の発見を目撃した。

He said: 'They are bullets that were expressly manufactured to kill Germans in World War I - bullets that British officials in Whitehall, and American officials in Washington, have long denied were aboard the Lusitania.'

彼は“第一次大戦で特にドイツ人を殺す為に製造されていた弾丸…….ホワイトホールの英国高官達とホワイトハウスのアメリカの高官達が長い間存在を否定していたそれらの弾丸は、ルシタニア号に荷積みされていたのだった。”と述べた。

The discovery may help explain why the 787ft Lusitania sank within 18 minutes of a single German torpedo slamming into its hull.

この発見は787フィートのルシタニア号が船体に当たった唯一発のドイツの魚雷で如何して18分以内に沈没してしまったのかを説明の鍵になるのかもしれない。

Some of the 764 survivors reported a second explosion which might have been munitions going off.

764人の生存者の何人かは弾薬が発しているかも知れない第二の爆発を報告していた。

Gregg Bemis, an American businessman who owns the rights to the wreck and is funding its exploration, said: 'Those four million rounds of .303s were not just some private hunter's stash.

アメリカ人のビジネスマンでこの難破船の所有権を保有し、この探求調査の資金を出している、グレッグべミスは“これ等の4兆発のレミントン303は単なる個人的なハンターの弾薬箱じゃないだろうな!”と言っている。

'Now that we've found it, the British can't deny any more that there was ammunition on board. That raises the question of what else was on board.

“我々が其れを発見した今英国は弾薬が船積みされていた事を否定できなくなったが、この事は他に何が船積みされていたのかと言う疑問が浮かび上がってくる。”

'There were literally tons and tons of stuff stored in unrefrigerated cargo holds that were dubiously marked cheese, butter and oysters.

文字通り何トンもの何かの代物が非冷蔵貨物倉庫に納められていて、それらはチーズ、バター、そして牡蠣と胡散臭く記されていた。

'I've always felt there were some significant high explosives in the holds - shells, powder, gun cotton - that were set off by the torpedo and the inflow of water. That's what sank the ship.'

私は常にかなりの量の高性能爆発物が貨物にあると感じていた……..砲弾、火薬、ガンコットン(ニトロセルローズ)…….それらが魚雷で爆発しそして水の流入がルシタニア号を沈ませたのだった。

Mr Bemis is planning to commission further dives next year in a full-scale forensic examination of the wreck off County Cork.

べミス氏は来年引き続きコーク郡沖の沈没船の大規模な法的調査潜水依頼を計画している。

Ejnews: ルシタニア号の沈没はこの様にウインストンチャーチルによって仕組まれた罠だったようです。当時チャーチルは海軍大臣でトルコ領域のダルダネル海峡を英仏露同盟国側の安全なロシアへの補給路とする為英国でダルダネル作戦、オーストラリア、ニュージーランド、カナダではガリポリ作戦として知られているガリポリ半島上陸作戦を実施したのですが、オットマントルコ軍指揮官Mustafa Kemal Atatürkムスタファケマルアタチュルク後のトルコ共和国の建国の父の奮闘もあり4万人以上の死者、殆ど10万人に近い負傷者を出し大失敗。この責任を取りチャーチルは海軍大臣を辞任しなくてはならなくなったのですが、彼の軍歴を見ると有能な軍人としての評判は何だかアヤフヤで、1889年の現在のパキスタンのマルカンドのマムンド渓谷での部族パシツーンに対する作戦では負傷した将校を置き去りにして撤退を余儀なくされ、其の将校達はチャーチルの目前でナイフで切り刻まれ死んでしまったと言う事です。えっ?如何してそんな事知られてるんだって!?チャーチルは従軍中に種々の英国新聞雑誌に記事を書き原稿料を貰っていた様で、このパシツーン相手の戦闘もThe Story of the Malakand Field Force.と言う本に書いていて600ポンドの原稿料を貰っているのです。
 チャーチルは第二次大戦中にもドイツ陸軍降伏3ヶ月前の2万4千人~4万人の非戦闘員死者を出した、1945年2月13日~15日間のドイツの大都市ドレスデンへの無差別爆撃でも責任者として非難されています。
彼は1953年のイランのモハマッド モザデク首相に対するクーデターの最初の原因を作った張本人として非難されています。
モハマッドモザデク首相は米合衆国を手本としていた民主主義者でしたが、其れまでアングロ-イラニアン-オイル(現在の石油会社ブリティッシュ-ペトロリウム、所謂、BP)と言う英国企業に吸い取られていた石油利益をイラン国民に平等に分配する為、アングロ-イラニアン オイルを国有化する政策を決定したのです。其れまで英国はアングロ-イラニアン オイルからの石油に頼っていたのですから大慌て!然し、当時既に英国にはイランに軍隊を送るだけの力は無く、仕方なくアメリカに援助(対モザデククーデター)を頼んだのです、然しトルーマン大統領はアメリカ人の中近東情勢についての無知を理由に拒否したのですが、次の大統領アイゼンハウアーになって中央情報局のエイジャックス作戦(この作戦をイランで指揮した米中央情報局員はシオドア ルーズヴェルト大統領の孫、カーミットルーズヴェルトで、この事については又の機会で取り上げてみたいと思います)でクーデターを成功させ、リザ シャーパーレヴィ皇帝の政権を作り出すことになったのです。このリザ シャーパーレヴィ皇帝はサヴァックと言う残忍な国家秘密警察を使い圧政を布き1979年のホメイニ革命を招く原因となったのです。若しモザデク首相のクーデターが無かったら現在中近東諸国は民主化した国々になっていた可能性があり9/11テロも無かった可能性があるのです。
原因不明の船の沈没がアメリカの参戦に使われた例は、スペインアメリカ戦争の発端となった戦艦USSメインのキューバのハバナ湾での爆破沈没があります。  当時米政府はスペイン海軍の機雷によって戦艦メインは沈没したとしてスペインに宣戦布告、老いて衰弱していた老帝国スペインには勝ち目は無くキューバ,フィリピン、プエルトリコ、グアム、等をアメリカに手放すと言うことになったのですが(この話も別の機会に)最近の潜水調査では船の内部から爆発が起こっていて米政府の機雷説は如何もでっち上げの様な感じになっています。当然、戦艦メインの沈没事件は大々的に対スペイン宣戦布告に利用されました。興味深い話ですが、当時米海軍副長官シオドアルーズヴェルト(後の大統領)は『メインの沈没の原因については我々は将来も確定出来ないだろう』と言う発言をしています。如何言う意味だったでしょうね?????
兎に角、政治家と言うものはどの国でも信用してはいけません。裏で何を企んでいるのか分らないのです。政治家と比べると秘密結社なんてオママゴトなのです。特にチャーチルの様な先祖代々の貴族の家系では貧乏人の生活なんて全く理解出来ないし、する気も無い可能性が強いのです。彼も『私の目の前で大英帝国を瓦解させる訳には行かない。』述べていますが、此れは英国人民を犠牲にしても帝国の面子は守ると受け留めても良いのでは?何だか太平洋戦争前の大日本帝国軍人や右翼政治家みたいだと思いませんか?現在でも、お坊ちゃん、お嬢さん政治家がゴロゴロしている国、貴方知っていませんか?



今日の格言。

Aristotle アリストテレス
"The real difference between democracy and oligarchy is poverty and wealth. Wherever men rule by reason of their wealth, whether they be few or many, that is an oligarchy, and where the poor rule, that is democracy".

民主主義と寡頭政治のハッキリした違いは貧乏と金持ちと言う事です。彼等の富と言う論理で政治を行う場合は何時も、其れが少数者によって行われるか大勢で行われるかに拘らず其れは寡頭政治なのです。そして貧乏人が政治を行うと其れは民主主義なのです。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ワルシャワゲットー。ガザゲットー。

Warsaw Ghetto
ワルシャワ ゲットー

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、無料百科事典より。


The Warsaw Ghetto was the largest of the Jewish ghettos located in the territory of General Government during the Second World War. The
Warsaw Ghetto was established by the German Governor-General
Hans Frank on October 16, 1940. At this time, the population of the
Ghetto was estimated to be 440,000 people, about 38% of the
population of Warsaw. However, the size of the Ghetto was about 4.5% of the size of Warsaw. Nazis then closed the Warsaw Ghetto from the
outside world on November 16, 1940, building a wall with armed guards.

 ワルシャワゲットーは第二次大戦中独逸のポーランド支配総轄政府内に存在した最大のユダヤ人ゲットーだった。ワルシャワゲットーは独逸の知事ハンス フランクにより1940年19月16日に設立された。当時ゲットーの人口は440000人と見積もられワルシャワの人口の約33%であった。然し、ゲットーの面積はワルシャワの面積の約4,5%であった。ナチ政権は1940年11月16日、ゲットーを外界から封鎖し壁を建設し警備兵を配置した。
During the next year and a half, thousands of the Polish Jews as well as some Romani people from smaller cities and the countryside were brought into the Ghetto, while diseases (especially typhus) and starvation kept the inhabitants at about the same number. Average food rations in 1941 for Jews in Warsaw were limited to 184 kcal, compared to 669 kcal for gentile Poles and 2,614 kcal for Germans.

 続く1年半の間に、小都市や地方から何千人にも上るポーランドのユダヤ人そしてジプシーがこのゲットーに移動させられたが、疫病や飢餓(特にチフス)がゲットーの人口をゲットー開設時と同数に抑えていた。1941年の一般的なワルシャワのユダヤ人に対しての食糧配給はポーランド人669カロリー、ドイツ人2614カロリーに対して僅か184カロリーであった。

Unemployment was a major problem in the ghetto. Illegal workshops were created to manufacture goods to be sold illegally on the outside and raw goods were smuggled in often by children. Hundreds of four to five year old Jewish children went across en masse to the "Aryan side", sometimes several times a day, smuggling food into the ghettos, returning with goods that often weighed more than they did. Smuggling was often the only source of subsistence for Ghetto inhabitants, who would otherwise have died of starvation. Despite the grave hardships, life in the Warsaw Ghetto was rich with educational and cultural activities, conducted by its underground organizations. Hospitals, public soup kitchens, orphanages, refugee centers and recreation facilities were formed, as well as a school system. Some schools were illegal and operated under the guise of a soup kitchen. There were secret libraries, classes for the children and even a symphony orchestra. The life in the ghetto was chronicled by the Oyneg Shabbos group.

非雇用率はゲットーでの最大の問題だった。不法に外部に販売する製品を製造する非合法の工場が作られ原料は子供達によって密輸入された。毎日、時には一日数回も、何百人もの4歳~5歳のユダヤ人の子供達が迷宮のような迷路を通って“アーリアン(白人)側”に渡り食料をゲットー内に密輸し、多くの場合、彼等の体重よりも多い品物を持ち帰ったのだった。密輸は多くの場合、其れ無しには餓死してしまったゲットー住人の食料を得るの唯一つの方法であった。この様な信じられない様な困難にも拘らずワルシャワゲットーの生活は地下組織に主催された教育活動、文化活動で豊かであった。学校の他にも、病院、炊き出し(パブリックスープキッチン、)孤児院、避難民センター、レクリエーション設備等が設立された。或る学校は非合法であったがスープキッチンを装って経営されていた。秘密の図書館、子供達の為の教室、そして交響楽団まで存在していた。ゲットーでの生活はOyneg Shabbosグループによって年代的に記録されている。

Over 100,000 of the Ghetto's residents died due to rampant disease or starvation, as well as random killings, even before the Nazis began massive deportations of the inhabitants from the Ghetto's Umschlagplatz to the Treblinka extermination camp during the Gross-aktion Warschau, part of the countrywide Operation Reinhard. Between Tisha B'Av (July 23) and Yom Kippur (September 21) of 1942, about 254,000 Ghetto residents (or at least 300,000 by different accounts)[1] were sent to Treblinka and murdered there.[2] In 1942 Polish resistance officer Jan Karski reported to the Western governments on the situation in the Ghetto and on the extermination camps. By the end of 1942, it was clear that the deportations were to their deaths, and many of the remaining Jews decided to fight.[1]

全国規模のライハルト作戦の一部としてのGross-aktion Warschauの期間、ナチ政権がゲットーのUmschlagplatzからトレブリンカ大量殺戮強制収容所に住人の大量移住を開始する前に、既に十万人以上のゲットー住人が意味無く起こる殺人や頻発する疫病や飢餓で死亡していた。1942年Tisha B'Avティシャバヴ (July 23)7月23日 からYom Kippur ヤムキプアー(September 21)9月21日 の間に約25万4千人のゲットー住人(他の記録では30万人)がトレブリンカ収容所に移され殺害された。1942年ポーランドレジスタンスの上層部の一員ヤンカルシキは西側の政府にゲットーの状況と大量殺戮収容所について報告している。1942年末までには(トレブリンカ等への)移住は死を意味している事が明白になり、多くのゲットーに残っている住人は戦う事を決意した。

Warsaw Ghetto Uprising and destruction of the Ghetto
ワルシャワゲットーの叛乱と破壊

On January 18, 1943, the first instance of armed resistance occurred when the Germans started the final expulsion of the remaining Jews. The Jewish fighters had some success: the expulsion stopped after four days and the ŻOB and ŻZW resistance organizations took control of the Ghetto, building shelters and fighting posts and operating against Jewish collaborators. During the next three months, all inhabitants of the Ghetto prepared for what they realized would be a final struggle.

1943年1月18日、独逸が最後のユダヤ人ゲットー住民の追放を開始し始めた時最初のレジスタンスが始まった。ユダヤ人戦闘員は幾らかの成功を収め、強制移住は4日間でストップしZOBとZZWレジスタンス組織はゲットーを支配た。避難所、砦の設置、そしてユダヤ人の裏切り者に対しての行動を起こした。続く3ヶ月の間ゲットー住人は最後の戦いになると理解した戦いに向けて準備をしたのだった。

The final battle started on the eve of Passover, April 19, 1943, when the large Nazi force entered the ghetto. After initial setbacks, the Germans under the field command of Jürgen Stroop systematically burned and blew up the ghetto buildings, block by block, rounding up or murdering anybody they could capture. Significant resistance ended on April 23, 1943, and the Nazi operation officially ended in mid-May, symbolically culminated with the demolition of the Great Synagogue of Warsaw on May 16, 1943. According to the official report, at least 56,065 people were killed on the spot or deported to German Nazi concentration and death camps, most to Treblinka.

最終戦はナチ軍の大部隊がゲットーに侵入した、1943年4月19日のパスオーヴァー(過ぎ越しの御祭り)に開始された。初期の失敗の後ドイツ軍司令官ユルゲンスツループは出来る者は全て捕虜にするか、若しくは殺害し、組織的に区域毎にゲットーの建物を焼き払い爆破して行った。大規模なレジスタンスは1943年4月23日に終了し、ナチのこの作戦は1943年5月16日のワルシャワのユダヤ教会大寺院破壊を象徴的に最後として5月中旬に正式に終了した。正式な報告によると、少なくとも5万6千65人がゲットーで殺害されるか、ドイツナチ収容所や死のキャンプ、殆どがトレブリンカに送られて死亡した。

Ejews : イスラエルとガザの問題は多くの人々がブログで意見を述べているでしょから今まで避けて来たのですが、今日は第二次大戦中のユダヤ人のワルシャワゲットーについてウキペディアから翻訳してみました。
 この叛乱は1961年のLeon Urisレオンウリスの小説“5月18日”や1986年の映画“ハイランダー”や、Aleksander Fordアレクサンダーフォードの1948年の映画“Border Streetボーダーストリート”、1955年のAndrzej Wajdaアンジェイワイダの“ A Generationジェネレーション(世代)”、2001年の“Uprisingアップライジング(叛乱)”、2002年のRoman Polanskiロマンポランスキーの“The Pianistピアニスト”で主題として取り上げられています。
 Andrzej Wajda(アンジェイ ワイダ)はポーランド人のワルシャワ叛乱を取り扱った1957年の映画“地下水道” Kanalカナル(ポーランド語で下水)等で有名で皆さんも御存知だと思います。
 ヨーロッパではカトリックキリスト教会のお墨付きの政策で、ユダヤ教徒差別は第二次大戦まで非常に強く、デンマーク等の数少ない例外を除いて(デンマークではナチによって全ユダヤ教徒はダビデの星のマークを胸につけなければならないと言う命令が出された後、多くのキリスト教デンマーク人がダビデの星を胸につけて現れ、反ナチ意思表示をしたそうです。)ヨーロッパ人の反ユダヤ感情が無ければナチ独逸のユダヤ教徒に対する残酷な政策も成功しなかったであろうと言われています。
 ワルシャワゲットーを計画し責任者であった、ドイツのポーランド支配総轄政府知事Hans Frankハンスフランクは戦後ワルシャワゲットーについて責任を問われ戦争犯罪人としてニュールンベルグ裁判で有罪となり、絞首刑になりました。........ふ~ん??????
 パレスチナ人はワルシャワゲットーのユダヤ人レジスタンスと同じ事をしているのではないでしょうか?

毛沢東曰く『圧政(弾圧)のある所には反抗がある!』 


新しくリンクさせて頂いたブログがあります。 住職のひとりごと と言うブログです。この方は私の様な趣味の暇つぶしで仏教を勉強しているのではなく、正真正銘の御坊さんです。私も読ませて頂いたのですが素晴らしいブログです。仏教の事、社会の事、人生の事、etc,是非“住職のひとりごと”をヴィジットして下さい。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ベートーベン、シラー、喜びの歌、第九シンフォニー、イルミナティ、フリーメイソン、?

Beethoven and the Illuminati
ベートーベンとイルミナティ

How the secret order influenced the great composer.
其の秘密結社はどの様に偉大な作曲家に影響を与えたか。

By Jan Swafford, Slate Magazine
http://www.informationliberation.com/?id=26277より。

In 1779, a composer, writer, teacher, and dreamer named Christian Neefe arrived in Bonn, Germany, to work for the Electoral Court. Neefe (pronounced nay-fuh) was the definition of what Germans call a Schw醇Brmer, a person swarming with rapturous enthusiasms. In particular, he was inflamed with visions of endless human potentials that the Scientific Revolution and the Enlightenment promised to unleash. Like many progressives of the time, Neefe believed that humanity was finally coming of age. So he had picked the right place to get a job. Bonn was one of the most cultured and enlightened cities in Germany; the court supported a splendid musical and theatrical establishment. Before long in his new post, Neefe found himself mentoring a genius. Meanwhile, in his spare time, he signed on with a plan to, as it were, rule the world.

1779年、作曲家、作家、教育者そして夢想家がElectoral Court(選挙公宮廷?)で働く為ドイツの都市ボンに到着した。彼の名はクリスチャン ネイファ。ネイファはドイツ人がSchw醇Brmerシャヴェルメール?と呼ぶ、はちきれんばかりの情熱で溢れている人の典型だった。特に、彼は科学的革命と啓蒙主義が解き放つ無限の人間の可能性と言うヴィジョンに興奮していた。当時の他の多くの進歩主義者と同様にネイファは人類は終に成人に達したと信じていた。と言う事で彼は仕事をする為に最適な場所を選んだのであった。ボンはドイツで最も文化的で啓蒙的な都市のひとつであった。宮廷は素晴らしいミュージカルや劇場を支援していた。其処でネイファはまもなく新しい仕事で、ある天才を指導する羽目になるのであった。其の傍ら暇な時間にある計画に志願したのである。其の計画とは世界を支配すると言う事であった。ジャジャーン!

One of Neefe's first students was a sullen, grubby, taciturn 10-year-old keyboard player named Ludwig van Beethoven. He was the son of an alcoholic singer who had more or less beat music into him. The kid seemed more like a charity case than a budding musician, but Neefe soon discovered that his talent could put him in the league of the musical phenomenon of the age, a child of freakish gifts named Mozart.

最初のネイフの生徒の一人は無愛想で、汚らしく、非社交的なルートヴィッヒ フォン ベートーベンと言う名前の10歳のキーボード演奏家だった。(ベートーベンは)彼に音楽を教えると言うよりは叩き込むと言った方が妥当なアルコール中毒の歌手である父親の息子だった。この子は音楽家の卵と言うよりはどちらかと言うとネイファにとっては(ベートーベンに教える事は)慈善行為の様な物だった。しかしネイファは直ぐにベートーベンのタレントは当時の音楽界での神童でモーツアルトと言う名前の異様な才能の持ち主と同じリーグの仲間入りをさせる事が出来る事に気が付いたのだった。

Ludwig was named for his grandfather, who had been Kapellmeister, head of the court musical establishment. Old Ludwig's son, Johann van Beethoven, was a tenor in the choir; when his father died, he had made a bid to become Kapellmeister. Everybody but Johann understood that was ludicrous: He was a competent singer and music teacher, otherwise hopelessly mediocre and a devotee of the bottle. As often happens, the full ferocity of the father's blighted ambition landed on the son. Johann van Beethoven intended to make his oldest child into another Mozart, or else.

ルートビッヒはカペルマイスター(指揮者)で宮廷歌劇の指導者であった彼の御祖父さんにちなんで名付けられていた。ルートヴィッヒ御祖父さんの息子、ヨハン フォン ベートーベンはコーラスのテナー歌手で彼の父が他界した時カペルマイスターになる挑戦をしたのだが、ヨハン以外は彼の挑戦は馬鹿げた行為と思っていた。彼は有能な歌手で先生だったが其れ以外は凡庸でアル中だった。良く聞く話だが、父親の成し遂げれなかった野望が息子にのしかかったのである。ヨハン フォン ベートーベンは彼の長男をもう一人のモーツアルトにする積りだった。さもないと…………………………。

Neighbors used to see tiny Ludwig standing on a bench to reach the keyboard, his father standing over him shouting and threatening, the boy weeping as he played. When Ludwig was 7, his father put him on display in a concert and for good measure advertised him as age 6, the same as Mozart when he became famous. Johann was hoping for a sensation, but nothing came of it (except that Beethoven was confused about his age for the rest of his life). At 7 he had been a terrifically precocious keyboard player, but he wasn't another Mozart, at least not yet.

彼の父が圧倒する様に立ち、叫び脅している傍ら小さなルートヴィックがキーボードに手が届く様にベンチの上に立ち泣きながらキーボードを演奏しているのを隣人たちはよく目撃した物だった。ルートヴィッヒが7歳の時、彼の父は演奏会でルートヴィッヒを披露し、おまけにモーツアルトが有名になったと同じ年齢の6歳だと宣伝したのだった。ヨハンは大評判を期待していたが、ベートーベンが一生彼の年齢で混乱する以外は何も起こらなかった。7歳としては彼は既に早咲きのキーボード演奏家であったが然し彼はもう一人のモーツアルトではなかった………………….少なくとも其の時は未だ…..。

By the time Christian Neefe arrived in Bonn and started teaching Beethoven organ and composition, the 10-year-old was as good a keyboard player as anybody in town. Soon Neefe got into print some variations Ludwig had written, one of his first pieces―slight and conventional, still not Mozart but impressive for his age. In a newspaper article, Neefe cited the variations and said the magic words: With proper nurturing, this boy will "surely become a second Wolfgang Amadeus Mozart."

クリスチャン ネイファがボンに到着しベートーベンにオルガンと作曲を教え始めていた時、この10歳の子供は町のどのキーボード演奏家達と同じほど良い演奏家となっていた。直ぐにネイファはルートヴィヒの作曲した幾つかの曲を出版し始めた.其の中の最初の一つはつまらない代わり映えのしない物で、未だモーツアルトと比べられる様な物でははなかったが、彼の年齢にしては印象的なものだった。新聞の記事でネイファはベートーベンの曲について引用した中で魔法の言葉を使っている。『適切な教育によってこの少年は確実に2番目のヴォルフガング アマデウス モーツアルトになる。』と。

By his midteens, Beethoven was a court musician in various capacities and making huge strides as a composer. His father had pulled him out of school after a few years so he could concentrate on music. (Beethoven learned to add and subtract but never learned to multiply. If he had to multiply 65 by 59, he wrote 65 in a column 59 times and added it up.) Meanwhile his father was promoting him relentlessly, mounting concerts in the house and taking him on tours around the Rhineland. By that point, there was little question in Ludwig's or anybody else's mind that he was headed for big things. One day when his landlord's daughter accosted him with, "How dirty you're looking again! You ought to keep yourself properly clean," he told her, "What's the difference? When I become a gentleman, nobody will care."

10代の中頃になった頃はルートヴィッヒ ベートーベンは種々の資格で宮廷音楽家として働きそして作曲家として大きな前進をしていた。彼の父は音楽に集中できる様にルートヴィッヒを数年で学校から退学させた。(ベートーベンは足し算と引き算を習ったが掛け算は全く習わなかった。若し65と59の掛け算をしなければならない時は,彼は65を縦に59回書いて足し合わせたのだった。)同時にコンサートを家で開催したり彼をラインランド至る所ツアーにつれ回し足りして、彼の父はルートヴィッヒを容赦なく売り込んでいた。この時点ではもう彼がデッカイ何かに向かっている事にルートヴィッヒや其の他の誰の心にも疑いはなかった。ある日彼の地主の娘が『貴方又なんて汚らしくしているの!チャント奇麗にしてなきゃ駄目じゃないの!』と語り掛けて来た時『そんな事どんな違いがある?私が紳士になったらそんな事誰も気になんかするもんか!』とルートヴィッヒは彼女に言ったのだった。

Which is to say that Beethoven was a prodigy and had the classic prodigy's trouble: He knew all about music, but he didn't know how to live. He had only a hazy sense of the reality of other people. Throughout Beethoven's youth, a row of mentors would attempt to civilize and socialize him, with mixed results.

と言うことはベートーベンは天才で典型的な天才に付き纏う問題を抱えていたと言うことだ。彼は音楽については全てを知り尽くしていた、然し如何生きて良いか知らなかった。彼は他人についてほんの僅かなボンヤリした現実の感覚しか持っていなかった。ベートーベンの青年時代数々の指導者が彼を洗練し社交的にしようと試みたのだが結果はそれ程でもなかった。

In those years, his first serious mentor, Neefe the Schw醇Brmer, was in an especially perfervid phase of his spiritual life. For some time he had been a Freemason, a group then in its first century as a progressive, international, secular, semisecret order open to men of all faiths. (As such, the Masons were loathed by churches and regimes alike.) But Neefe was tired of the Masons' endless chatter of liberty and morality. He wanted a more ambitious and active kind of brotherhood―say, a new world order. That took him to one of the more bizarre sideshows of the Enlightenment: the Bavarian Illuminati. A Bonn lodge of the Illuminati formed, and Beethoven's teacher became head of it.

其の当時、彼の最初の本格的な指導者“ネイファ ザ シュヴェーマー”は特に熱狂的な精神生活の局面に差し掛かっていた。既に彼は全ての宗教を信じる人間が受け入れられる国際的で、世俗的、半分秘密的な結社、当時進歩的なグループとして最初の世紀を迎えていたフリーメイソンの一員だった。(それだけで、メイソンは教会や政権等に同様に忌み嫌われていた。)然しネイファはメイソンの終わりの無い自由と道徳についての御喋りに嫌気がさしていた。彼はもっと野望的で活動的な仲間を欲していた………言ってみればニューワールドオーダーの様な……………..。其れはネイファを啓蒙主義運動の中のもっと変てこな余興の一つに結び付けたのだった。其れは“バヴァリアンイルミナティ”ボンのイルミナティ支部が結成されベートーベンの先生が其の支部の親分になったのである。

Founded in 1776 by a Bavarian professor named Adam Weishaupt, the Illuminati joined radical politics and Jesuit-style hierarchy to fanatical secrecy. The aims of the order were ambitious, all right: They intended to change the world and had a plan to do it. The means were not to be by violent revolutions. The idea was to form a cadre of enlightened men who would steathlily infiltrate governments everywhere and slowly bring them to a kind of secular-humanist Elysium under the guidance of a secret ruling body. Said Adam Weishaupt: "Princes and nations shall disappear from the face of the earth peacefully, mankind shall become one family, and the world shall become a haven of reasonable people. Morality shall achieve this transformation, alone and imperceptibly."
1776年バヴァリアのアダムヴェイスハウプトと言う名前の教授によって設立されたイルミナティは(カトリック修道会)イエズス会的な階級組織と狂信的な秘密主義で急進的な政治運動に参加して行った。結社の目的は充分野望的で、彼等は世界を変える事を意図していて其れを実行する計画も持っていた。手段は武力的な革命ではなかった。アイデアは政府内至る所に秘密裏に潜入し、指導的集団の指揮により政府を徐々に世俗的人道主義の極楽する啓蒙された人物達を組織する事であった。“王子達と国家は地上から静かに消え去り人類は一つの家族となり、そして世界は責任感のある人々の天国となるだろう。唯一道徳が静かに誰にも気付かれずこの変化を達成するはずである。”とアダムヴェイスハウプトは語っている。

For every Illuminatus, the perfection of society started with the perfection of one's own moral character. Aspiring members were given piles of text to read, required to write a rigorous self-examination and to undergo ritualized interrogations:

全てのイルミナティのメンバーにとって完成された社会は一個人自身の道徳的性格から始まっている。大望を抱いているメンバーは山の様な書物を読む様に与えられ、厳しい自己分析を要求され儀式化された尋問を経験する。

Where have you come from?/ From the world of the first chosen.
Whither do you want to go?/ To the inmost sanctum.
What do you seek there?/ He who is, who was, and who shall always be.
What inspires you?/ The light, which lives in me and is now ablaze in me.

汝は何処から来たのか?最初に選択された世界から来たのです。
汝は何処へ行きたいのか?最も深遠な聖なる所へです。
汝は其処で何を求めるのか?彼であり、であった、そして常にあるべき者をです。
汝を何が勇気づけ刺激するのか?私の内部に存在しそして今私の中で燃え立っている光です。

For all the moony mysticism, the Illuminati had a high-Enlightenment agenda, rational, humanistic, and universal. They published a monthly magazine, Contributions to the Spread of Useful Knowledge, which was partly Enlightenment cheerleading, partly practical items relating to husbandry, housekeeping, and the like. Duty was the essence of Illuminati teaching, but it was an Enlightenment kind of duty: duty not to God or to princes but to the order and to humanity.

この様な全ての変てこりんな気違い沙汰の神秘主義にも拘らず、イルミナティは論理的人道的、普遍的な崇高な啓蒙主義的目標を抱いていた。彼等は部分的に啓蒙的応援で部分的に実用的農業、家政等の様な物に関した利用価値のある知識を広める事に寄与する為月刊雑誌を発行した。義務はイルミナティの教えのエッセンスだったが其れは啓蒙的義務であった。其の義務とは神への為でも無く王子達の為でも無く、唯、組織と人道主義の為の物であった。

In practice, the Illuminati amounted to a kind of activist left wing of the Freemasons, from whom they drew most of their members. The numbers were never large, but they included people like Goethe (briefly) and Christian Koerner, a close friend and confidant of Friedrich Schiller. Koerner's influence seems to be why some Illuminati-tinged ideas―universal brotherhood and the triumph of happiness bringing humanity to Elysium―turned up in Schiller's famous poem Ode to Joy, which was often set to music and sung in Masonic and Illuminati circles. The poem would later enter history via the finale of Beethoven's Ninth Symphony.

現実には、イルミナティはフリーメイソンの左翼活動家の様な役割を果たし、其の殆どのメンバーはフリーメイソンから得たのであった。メンバーの数は決して多くは無かったがゲーテ(短期間)やフレデリック シラーの親友クリスチャン コーナーの様な人々が含まれていた。コーナーの影響で…….普遍の同士と幸福の勝利が人類に極楽をもたらすと言うアイデアが、曲や歌としてフリーメイソンやイルミナティの仲間達の間で取り上げられたシラーの有名な詩“喜びの頌歌”に表れている様に感じられる。この詩は後にベートーベンの第九シンフォニーのフィナーレとして歴史上に残るのである。

As an Illuminatus, an important part of Christian Neefe's duty was to covertly inculcate promising young people in the ideals of the order, then to recruit them when they came of age. Beethoven was as promising as young people get. So did Neefe inculcate this student? Surely he did. Was Beethoven recruited to the order? No―the Illuminati dissolved in 1785, when he was 14. There is also a question as to how inculcatable Beethoven was by anybody. Even in his teens, he was so fixed on his own tack that he only intermittently took notice of the rest of the world.

イルミナティとしてクリスチャンネイファの重要な義務は、将来成功が約束されていると思われる若者に密に結社のアイデアを教育する事で、其の後彼等が成人した時に結社のメンバーとしてリクルートする事であった。ベートーベンは若者がそれ以上期待できない最高の才能を持っていた。それでネイファはこの生徒を教育したのかな?勿論、彼はそうしたのだった。其れでベートーベンは結社にリクルートされたのかな?残念ながら答えはノー。イルミナティはベートーベンが14歳の時、1785年に解散したのであった。其の上、ベートーベンはいったい誰によってどの様に教育される可能性があるのかと言う疑問があった。彼が十代の年齢の時でさえ彼は自分自身の人生の目標に釘付けされていてホンの時々だけ世間の動向に気が付くと言う有様だったのだ。

Not only Neefe, but then and later most of Beethoven's other friends and mentors and patrons were ex-Illuminati or Freemasons. Did those influences have an impact on his life and art? Among many other things, certainly. By the time Beethoven left Bonn, he was already planning to set Schiller's Ode to music, and he had a good idea what that poem was about, from its humanistic surface to its Masonic and Illuminati depths. By then Bonn had helped give him ideas and ideals about being a composer that no one ever had before. He wanted to be something more than an entertainer. He wanted to be part of history.

ネイファだけではなく、当時そして其の後もベートーベンの他の友達やパトロン、指導者達はイルミナティの元メンバーやフリーメイソン達であった。彼等の影響はベートーベンの人生や芸術に大きな跡を残したのだろうか?色々起こった中で勿論彼等の影響はあった。ベートーベンがボンを去る頃には彼は既にシラーの喜びの頌歌を音楽にする計画を立てていた。そして彼はこの詩が、人道主義的見掛けからフリーメイソンやイルミナティまで深く何であるのか良く理解していた。其の頃にはボン市はベートーベンに、其れ以前に誰も持たなかった様な作曲家としてのアイデアや理想について助け与えていた。彼はエンターテイナー以上の何かになりたかったのである。彼は歴史の一部となりたかったのである。

If Beethoven had come from anywhere but Bonn he still might have been a genius, but he would not have been the same man and composer. True, he was more self-made than anything else, could see the world only through his own lens. He was a legendarily recalcitrant student and claimed to have learned nothing from any of his teachers. His most celebrated teacher, Joseph Haydn, sardonically dubbed Beethoven die grosse Mogul―in today's terms, the big shot. Yet at the same time, Beethoven was by no means aloof. He soaked up every idea around him, read voluminously in classical and modern literature, studied the music of older masters and modeled what he did on them. His art drew from myriad sources, among them the extravagant humanistic ideals floating around Bonn in his youth. One of the things it all added up to was something like this: music as an esoteric language wielded by a few enlightened men for the benefit of the world. Beethoven was all about duty to the abstraction called humanity. That was what he was taught and what he lived and wrote for, through all the miseries of going deaf and a great deal of physical pain. It was people he didn't much care about. But in taking up Schiller's Ode for the Ninth Symphony, he proposed not just to preach a sermon about the brotherhood of humanity and the dream of Elysium. He wanted the Ninth to help bring those things to pass.

若しベートーベンがボンではなく他の所からやって来たとしても、やはり彼は天才だったかも知れない。然し、彼は同じ人間で同じ作曲家ではなかっただろう。確かに彼は世界を自分自身のレンズを通してしか見れない事により、何よりも自分自身の能力で成功している。彼は伝説的なほど強情な生徒で、彼のどの先生からも何も習わなかったと宣言している。彼の最も有名な先生、ヨゼフハイドンは嘲笑的にベートーベンをdie grosse Mogul―ディーグロスモグル今日の言葉で大物(big shot.)と呼んでいる。しかしながら同時にベートーベンは冷淡で無関心と言う訳ではなかった。彼は周りの全てのアイデアを吸収し、膨大な量の古典と近代文学を読み、昔の大作曲家を勉強し手本にして真似ていた。彼の芸術は無数の源泉から成り立っていて、彼が青年時代を過ごしたボンのとっぴな人道主義的理想も其の中の一つであった。其の様に出来上がった中の一つでこの様な物がある:秘密の言語で啓蒙された少数の人間によって世界の為に使用される。ベートーベンの人生は人道主義と言う抽象的な物への義務だった。聴覚を失う悲劇や肉体的な大きな痛みを通り越し、其れが彼が教えられた物であり、その為に生き、その為に作曲した。彼がそれほど好きじゃなかった物は人間だった。然し、シラーの“喜びの頌歌”を第九に取り上げる事によって、単に人類愛や楽園の夢について説教を説くだけでなく、それらを企てたのである。彼は第九がそれらが実現する手助けとなる様に望んだのである。

As for the Illuminati, call them one more example of the Enlightenment's excesses of hope for human perfectibility. Since Beethoven's day, the secrecy and world-ordering agenda of the Illuminati have made them a natural magnet for conspiracy freaks. Awww, how cute you are! - ILThe Illuminati actually existed only some nine years, but there are still lots of folks, including many on the American religious right and the John Birch Society, who believe the Illuminati are the mother of all conspiracies, a Jewish-dominated international cabal that has more or less run the world since they incited the French Revolution. My saying they were a short-lived and a bit pathetic phenomenon makes me, of course, part of the conspiracy―along with Beethoven. I'd like finally to meet some of my fellow conspirators. They seem like interesting people.

イルミナティについては、啓蒙主義の人間の完全性についての有り余る様な希望の一つの例だとしておこう。ベートーベンが生きた時代からイルミナティの秘密主義と世界支配の目的から彼等は陰謀論狂達の自然の磁石となってきてのだが、アウー!あなた方はなんとカワイ子ちゃんなんでしょう!イルミナティは実際にはホンの9年かそこらしか存在しなかったのです。其れにも拘らずアメリカの宗教的右翼やジョンバーチ協会の様な物を含めた、イルミナティはフランス革命に火をつけてから、裏で世界を支配しているユダヤ人が支配する国際的秘密結社で、陰謀の根源だと信じる多くの人達がいるのです。イルミナティは短期間しか存在せず一寸哀れな現象だったと私が言っている事自体が、勿論、私をベートーベンも含めた陰謀の一部に加える事になるのですが……………..。私は陰謀者仲間の誰かと何時かあって見てみたい物です。彼等(イルミナティのメンバー)は興味深い人達の様に思えるのです。

ejnews:当時の秘密結社イルミナティと関係していた人物の影響によって、シラーの詩をベートーベンが有名な第九に使用したのかも知れないと言う事を知っている人は少ないと思いますが、ある特定の人々にとってイルミナティと言う古めかしい秘密結社は現在でも影響力の在る団体の様に捉えられている事も又事実の様です。
 然し皆さんこの記事でも理解して頂ける様にイルミナティは当時の啓蒙運動の一つでした。唯、古い価値観に支配された社会を自由平等人間愛の新しい価値観による革命で変革すると言う野望を抱いた為、旧勢力から凶悪な秘密結社だと捉えられた様です。フランス革命時代、あるフランスのカトリックの坊さんがイギリスに亡命しイルミナティを悪魔の様な秘密結社だと言う本を出版した為、イルミナティは其の後誤解されたようです。然し、分り易く言うと“独立宣言”に最初に署名しアメリカ独立運動を起した人々も当時の英国政府からはテロリストだと理解されていました。何時も反動的で不平等、保守的な支配勢力は人類の平等を説く人々を犯罪者扱いして来たのです。
 兎に角、社会を操っている勢力は自民党、公明党、アメリカの共和党民主党、中国共産党、等の政権と欧米日中等の資本家達で、彼等の方が我々庶民の生活には影響力が強いのです。
 アメリカでは、今回の金融危機が原因の経済危機を通して、金融銀行セクターでは生き残る企業僅かな企業が将来の市場を独占するのではないかとの不安を表明している人々がいるようです。そうなると今回の様な金融危機は、独占状態のズサンな経営の為もっと短い周期でやって来る可能性があり、それにより資本の集中はもっと強まり最終的に被害を被るのは庶民だと言う事だそうです。其れに対抗する為に、選挙で企業、経済的支配層の太鼓持ちをしている政治家達をドンドン首にしましょう!我々が主権者なので政治家は公僕と言って我々に仕えているのです。
今年は此れが最後の翻訳です。良いお年を!来年は人類の為の素晴らしい未来の始まる年であります様に!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ナザレスのヨシュア別名イエスとエジプトの神Horusホールス

エジプトの神HorusホールスとYeshua of Nazareth, a.k.a. Jesusナザレスのヨシュア別名イエスの類似点。
ejnews:今日は未だクリスマスの続きです。古代のアジアから中近東、エジプトの神々は御互いに非常に類似している場合が多く、キリスト教も、勿論キリスト自身がユダヤ教徒であった様に当然ユダヤ教の一派なのですが、それ以外にもペルシャで始まり現在のトルコで発展したといわれているミトラ教の影響も見られるそうで、キリストが実在したとするならキリストの死後当時未だ影響力が強く残っていた古代の神々の性質がキリストに付け加えられたのでしょう。と言う事で今日はエジプトの重要な神ホールス(ホールスはギリシャ語的発音で古代エジプトではヘル、ハルだそうです)とキリストの比較です。此れは“http://www.adam.com.au/bstett/BJesusandHorus74.htm”からの抜粋です。
Father:
父親

Horusホールス
Only begotten son of the God Osiris.
唯一人のオシリス神によってもうけられた息子
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus イエス
Only begotten son of Yehovah (in the form of the Holy Spirit).
唯一人のヤーウエによってもうけられた息子(聖なるスピリットと言う形)
Mother:
母親

Horusホールス
Meri
メリ
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus イエス
Miriam (a.k.a. Mary).
マリアム。別名マリー,マリア
Foster father:
義父

Horus
Seb, (Jo-Seph)
セブ(ヨーセフ)
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Joseph
ヨセフ(ジョセフ)
Foster father's ancestry:
義父の先祖

両者とも........................Of royal descent.王族の子孫
Birth location
誕生の地

Horus
In a cave
洞窟
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
In a cave or stable
洞窟か馬小屋
Annunciation
受胎告知

Horus
By an angel to Isis, his mother
天使によって母親のイシスへ
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
By an angel to Miriam, his mother
天使によって母親のマリアムへ
Birth heralded by
誕生の告知

Horus
The star Sirius, the morning star
シリウス星。明けの明星
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
An unidentified "star in the East."
確認されていない東方の星。
Birth date:
誕生日

Horus
Ancient Egyptians paraded a manger and child representing Horus through the streets at the time of the winter solstice (typically DEC-21).
古代エジプト人はまぐさ桶とホールスを表している子供を担いで冬至の時期(特に12月21日)に街をパレードした
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Celebrated on DEC-25. The date was chosen to occur on the same date as the birth of Mithra, Dionysus and the Sol Invictus (unconquerable Sun), etc.
12月25日に祝われた。日時はミトラ、ディオニソス、征服されない太陽、の祭り等と同じ日になる様に選ばれた。
Birth announcement:
誕生の報告

両者とも....................................By angels.天使によって
Birth witnesses:
誕生の目撃者

両者とも.................................Shepherds羊飼いによって
Later witnesses to birth:
次の目撃者

Horus
Three solar deities.
3人の太陽神。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Three wise men
3人の賢者。
Death threat during infancy:
幼児期の死の危険

Horus
Herut tried to have Horus murdered.
へルートはホールスが暗殺される様にした
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Herod tried to have Jesus murdered.
ユダヤ王ヘロデはイエス暗殺を試みた
Handling the threat:
どの様にこの危機に対応したか

Horus
The God That tells Horus' mother "Come, thou godess Isis, hide thyself with thy child."
神がホールスの母に『女神イシスよ来たれ!汝を汝の御子と共に隠せ!』と伝えた
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
An angel tells Jesus' father to: "Arise and take the young child and his mother and flee into Egypt."
天使がイエスの父に『起きなさい!そして貴方の子供と母親を連れてエジプトに逃げなさい!』と伝えた。
Rite of passage ritual:
成人式の儀式

Horus
Horus came of age with a special ritual, when his eye was restored.
ホーロスは彼の目が癒された時、特別の儀式で成人した。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Taken by parents to the temple for what is today called a bar mitzvah ritual.
両親によってお寺に連れられていって成人した。今日のバーミツヴァの儀式。
Age at the ritual:
儀式のあった年齢

両者とも..........................................................12歳
Break in life history
人生で不明の時期

両者とも
No data between ages of 12 & 30.
12歳から30歳までの記録が無い
Baptism location:
バプティズムの場所

Horus..............................................................In the river Eridanusエリダヌス河
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus.............In the river Jordan.ヨルダン河
Age at baptism:
バプティズムの年齢
.....................................両者とも30歳
Baptized by:
誰によってバプティズム(洗礼)を受けたか

Horus............................................................Anup the Baptiser. 洗礼者アヌプ
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus..........John the Baptist 洗礼者ジョン
Subsequent fate of the baptiser:
洗礼者の其の後の運命.
..............................両者ともBeheaded.斬首
Temptation:
誘惑

Horus
Taken from the desert of Amenta up a high mountain by his arch-rival Sut. Sut (a.k.a. Set) was a precursor for the Hebrew Satan.
好敵手のスツによってアメンタ砂漠から山の高みに連れて行かれた。(スツの別名セツはヘブライ語のサタンの前身)
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Taken from the desert in Palestine up a high mountain by his arch-rival Satan.
好敵手のサタンによって砂漠から山の高みに連れて行かれる。
Result of temptation:
誘惑の結果

Horus
Horus resists temptation.
ホールスは誘惑に抵抗する
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Jesus resists temptation.
イエスは誘惑に抵抗する
Activities:
行動

Horus
Walked on water, cast out demons, healed the sick, restored sight to the blind. He "stilled the sea by his power."
水面を歩く。悪魔を追い払う。病人を治療する。盲目を治す。彼は彼の能力で海を静めた
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Walked on water, cast out demons, healed the sick, restored sight to the blind. He ordered the sea with a "Peace, be still" command.
水面を歩く。悪魔を追い払う。病人を治療する。盲目を治す。彼は海に『静まれ!動くな!』と命令した。
Raising of the dead:
死人を蘇らせる

Horus
Horus raised Osirus, his dead father, from the grave.
ホールスは彼の死んだ父親オシリスを墓場から蘇らせた。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Jesus raised Lazarus from the grave.
イエスはラザレスを墓場から蘇らせる。
Location where the resurrection miracle occurred:
復活の奇跡が起きた場所。

Horus
Anu, an Egyptian city where the rites of the death, burial and resurrection of Horus were enacted annually.
アヌ、エジプトの都市。其処ではホールスの死、埋葬、復活の儀式が毎年演じられていた。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Hebrews added their prefix for house ('beth") to "Anu" to produce "Beth-Anu" or the "House of Anu." Since "u" and "y" were interchangeable in antiquity, "Bethanu" became "Bethany," the location mentioned in John 11.
ヘブライ人は接頭辞を家bethをAnuに付け加えてBeth-Anu“アヌの家”とし古代uとyは入れ替えられたので"Bethanu"はジョン11(ヨハネ11)に伝えられている場所"Bethany,"となった。
Origin of Lazarus' name in the Gospel of John:
ゴスペルヨハネの福音書のラザルスの名前の起源。
Asar was an alternative name for Osirus, Horus' father, who Horus raised from the dead. He was referred to as "the Asar," as a sign of respect. Translated into Hebrew, this is "El-Asar." The Romans added the prefix "us" to indicate a male name, producing "Elasarus." Over time, the "E" was dropped and "s" became "z," producing "Lazarus."
アサルはホールスが死から復活させたの父オシルスの別名で彼は敬意を表してアサルTHE ASARと呼ばれていた。ヘブライ語に翻訳されEl-Asarとなり、ローマ人が男性名詞を示す接頭辞USを加えてElasarusとし、長い間にEが落とされ、SがZに変わりLazarusとなった。
Transfigured:
変身

Horus..............................................................On a mountain.山頂
Yeshua of Nazareth, a.k.a.Jesus..............On a high mountain.山の高み。
Key address(es):
大切な演説

Horus
Sermon on the Mount.
山での説教
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Sermon on the Mount; Sermon on the Plain.
山と平原での説教
Method of death
死に方
...........................................両者ともBy crucifixion.十字架での死
Accompanied by:
一緒に死んだのは
......................両者ともTwo thieves.二人の泥棒
Burial
埋葬
................................................両者ともIn a tomb.墓場
Fate after death:
死後の運命

Horus
Descended into Hell; resurrected after three days.
地獄に落ち3日後に復活
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Descended into Hell; resurrected after about 30 to 38 hours (Friday PM to presumably some time in Sunday AM) covering parts of three days.
地獄に落ち、30~38時間後に復活(金曜日の午後から日曜の午前中の何時か)3日間をカヴァーする。
Resurrection announced by:
復活は誰によって報告されたか
.....................両者ともWomen.女性達によって
Future:
未来
..................................両者ともReign for 1,000 years in the Millennium.千年間の支配
Common portrayal:
一般的な描写

Horus
Virgin Isis holding the infant Horus.
処女イシスが幼児のホールスを抱いている
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Virgin Mary holding the infant Jesus.
処女マリアが幼児のイエスを抱いている。
Title:肩書き
Horus
KRST, the anointed one.
KRST油を塗って清められた人
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Christ, the anointed one.
Christ油を塗って清められた人
Other names:他の名前
両者とも
The good shepherd, the lamb of God, the bread of life, the son of man, the Word, the fisher, the winnower.
良き羊飼い。神の子羊。命のパン。人の子。神の言葉。漁師。選別者。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ










メリー クリスマス。I wish you a Merry Christmas !

THE CHRIST-MASS LIE ?
クリスマスの嘘?

How Did Christmas Come to Be...
どの様にクリスマスは形成されたのか?

こに記事は下記のサイトの記事の翻訳です。
http://www.liveleak.com/view?i=22f_1229043557

Christmas has always been a holiday celebrated carelessly. For millennia, pagans, Christians, and even Jews have been swept away in the season’s festivities, and very few people ever pause to consider the celebration’s intrinsic meaning, history, or origins.

クリスマス何時も深く考えられずにお祝いされてきて、千年もの長い間、異教徒、クリスチャン、そしてユダヤ教を信じる人々まで季節の御祭りに押し流されて来ました。そして極僅かの人達しかお祝いの真実の意味、歴史、起源を深く考えませんでした。

The word "Christmas" means "Mass of Christ," or, as it came to be shortened, "Christ-Mass." It came to non-Christians and Protestants from the Roman Catholic Church. And where did they get it? NOT from the New Testament - NOT from the Bible - NOT from the original apostles who were personally instructed by Christ - but it gravitated in the fourth century into the Roman Church from paganism.

クリスマスと言う言葉の意味は“キリストのミサの儀式”若しくは、短縮されて、ローマのカトリック教会から非キリスト教信者,プロテスタントまでクリスマスと呼ぶ様になったのです。そしてクリスマスの起源は何処にあるのでしょう?新約聖書からではありません。聖書からでもなく、キリストから直接指導を受けた元のキリストの使徒達でもなくて………………..其れは4世紀のローマ帝国教会の異教信仰に基づいている様です。

Roman pagans first introduced the holiday of Saturnalia, a week long period of lawlessness celebrated between December 17-25.The ancient Greek writer poet and historian Lucian (in his dialogue entitled Saturnalia) describes the festival’s observance in his time. "In addition to human sacrifice, he mentions these customs: widespread intoxication; going from house to house while singing naked; rape and other sexual license; and consuming human-shaped biscuits" (still produced in some English and most German bakeries during the Christmas season).

未だ異教徒だったローマ人が最初にサターナリアの祝日を始めた12月17日~25日までの間の一週間無法状態がお祝いされたのです。ギリシャ人の作家詩人歴史家のルキアン(サターナリアと題されている彼の対話)は彼が生きた当時のお祝いの習慣を説明しています。“人間の生贄の他に彼はこの様な習慣を述べています。大勢の酔っ払い、裸になって家から家へと訪れる、レイプや其の他の性行動の自由、そして人間の形をしたビスケットを食べる。”(この人の形のビスケットは今でも英国やドイツのパン屋さんでクリスマスの期間に作られています。)

440 AD POPE SIXTUS III establishes Roman Pontifical Authority as state law. Perpetual Virgin Mary declared Mother of God and modern Christ-Mass takes final form as mandatory state law.POPE SIXth III Created along with the Roman Ceasar Theodosius II, a CODEX which enforced the ROMAN CHRIST – MASS as STATE LAW. Dissenters were declared “legally Insane.

紀元後440年シクスタス教皇はローマの教皇権を国家の法として設立。永遠の処女マリーが神の母として宣言され、そして現在のクリスマスが最終的に国家の強制的な法律として制定された。シクスタス3世はローマのシーザー、シオドーシス(テシオドス)2世と共に法大全を制作し、其れはローマ式のクリスマスを国家の法律として実施している。反対者は法律で狂人と宣言された。

Christianity imported the Saturnalia festival (4th century CE) hoping to take the pagan masses in with it. Christian leaders succeeded in converting to Christianity large numbers of pagans by promising them that they could continue to celebrate the Saturnalia as Christians.

キリスト教は異教徒の民衆をキリスト教に改宗する事を期待してサターナリアの御祭りを取り込んだ。(4世紀CE)キリスト教の指導者達はサターナリアをクリスマスとして続けてお祝い出来ると約束して多くの異教徒をキリスト教に改宗する事に成功した。

The problem was that there was nothing intrinsically Christian about Saturnalia. To remedy this, these Christian leaders named Saturnalia’s concluding day, December 25th, to be Jesus’ birthday.Christians had little success, however, refining the practices of Saturnalia. As Stephen Nissenbaum, professor history at the University of Massachussetts, Amherst, writes, “In return for ensuring massive observance of the anniversary of the Savior’s birth by assigning it to this resonant date, the Church for its part tacitly agreed to allow the holiday to be celebrated more or less the way it had always been.” The earliest Christmas holidays were celebrated by drinking, sexual indulgence, singing naked in the streets etc.

問題はサターナリアにはキリスト教固有の物は何も無かったのである。この問題を解決する為にキリスト教の指導者達はサターナリアの最終日12月25日をイエスキリストの誕生日とした。キリスト教徒達はサターナリアの習慣を洗練する事には殆ど成功しなかった。マサチューセッツ大学の歴史学教授、ステファンニッセンバウムは『救世主の誕生をこの似かよった日にする事によって其の記念日を祝う大きな人口を獲得する代わりに、教会はサターナリアのお祭りを大体其れまで祝われていた様な形でお祝いする事に暗黙の承認をした。』最も初期のクリスマスは飲酒、性行為に耽る事、裸で街で歌う等の行為でお祝いされた。

The Reverend Increase Mather of Boston observed in 1687 that “the early Christians who first observed the Nativity on December 25 did not do so thinking that Christ was born in that Month, but because the Heathens’ Saturnalia was at that time kept in Rome, and they were willing to have those Pagan Holidays metamorphosed into Christian ones.” Because of its known pagan origin, Christmas was banned by the Puritans and its observance was illegal in Massachusetts between 1659 and 1681. However, Christmas was and still is celebrated by most Christians.

The Reverend Increase Mather of Bostonは1687年にこう書き留めている『12月25日に救世主の誕生を祝った初期のキリスト教徒はキリストが12月に生まれたと思ってした訳ではない、然し異教徒のサターナリアが当時のローマでは残っていて、異教徒の祝日がキリスト教の祝日に変質していく事を望んでいた。』この知られているクリスマスの異教の起源の為に清教徒の間ではクリスマスは禁止され其れを祝うことはマサチューセッツでは1659年~1681年の間違法であった。然しながらクリスマスは殆どのキリスト教徒によって祝われていて、今も祝われている。

Some of the most depraved customs of the Saturnalia carnival were intentionally revived by the Catholic Church in 1466 when Pope Paul II, for the amusement of his Roman citizens, forced Jews to race naked through the streets of the city. An eyewitness account reports, “Before they were to run, the Jews were richly fed, so as to make the race more difficult for them and at the same time more amusing for spectators. They ran… amid Rome’s taunting shrieks and peals of laughter, while the Holy Father stood upon a richly ornamented balcony and laughed heartily.”

最も邪悪なサターナリア カーニヴァルの習慣の一つは1466年にカトリック教会の教皇ポール2世によって意図的に復活された。其れはローマ市民の楽しみの為ユダヤ教信者を裸で街を走らせるという物だった。目撃者の報告によると『彼等が走り出す前に彼等が走り難くなる為と、観客を楽しませる為にユダヤ教徒は沢山食事を食べさせられた。そして彼等はローマ市民の嘲り、叫び、調子を合わせた笑いの中走っていった。その間教皇は豪華に飾り付けられたバルコニーに立ち盛んに笑っていた。』

The Origins of Christmas Customs.
クリスマスの起源


(Yule) - When the sun begins its northward trek in the sky, and days began to grow longer again, pagans celebrated the Winter Solstice by burning the Yule log. Since the sun had reversed itself and was now rising in the sky, pagans believed this was a sign that the human sacrifices carried out in Samhain (Halloween) had been accepted by the gods.

(ユール)-太陽が空の上で北に向かって動き始めた時、そして昼の時間が長くなり始めた時、異教徒達はユールのお祭り用の丸太に火をつけてお祝いしたのです。太陽が方向を転換して今空高く上っているので異教徒達はソーイン(ハロウィン)で行った人間の生贄が神々により受け入れられた印だと信じたのだった。

As the song: Deck the halls with boughs of holly … troll the ancient Yuletide carol … See the blazing Yule before us. Fa la la la la la la la. Song represent Pagan Traditions of the Holidays.

歌である様に、大広間をハリー(西洋ヒイラギ)の大枝で飾ろう...........古き昔のユールタイドのキャロルを輪唱し……….ユールが目の前で燃え盛っているいるのを見る。ファラララララララ。歌は異教徒の伝統的な神聖な日を描写しているのです。

Christmas Trees.クリスマスツリー
Just as early Christians recruited Roman pagans by associating Christmas with the Saturnalia, so too worshippers of the Asheira cult and its offshoots were recruited by the Church sanctioning “Christmas Trees”. Pagans had long worshipped trees in the forest, or brought them into their homes and decorated them, and this observance was adopted and painted with a Christian veneer by the Church.

丁度初期のキリスト教徒がクリスマスをサターナリアに関係させてローマの異教徒をリクルートした様に、常緑樹崇拝者達と其れから派生したグループは教会が認定する“クリスマスツリー”としてリクルートされたのです。この異教徒達は長い間森の木々を崇拝していて、若しくは彼等は木を家に持って帰り飾り付けをしていた。この習慣が教会に取り入れられ表面的にキリスト教を装う事になったのだった。

Mistletoeミスルトー(やどりぎ)
Norse mythology recounts how the god Balder was killed using a mistletoe arrow by his rival god Hoder while fighting for the female Nanna. Druid rituals use mistletoe to poison their human sacrificial victim. The Christian custom of “kissing under the mistletoe” is a later synthesis of the sexual license of Saturnalia with the Druidic sacrificial cult.

ノース伝説はナナと言う女性を巡って戦っている最中バルダー神が彼のライヴァル神ホダーにやどりぎの矢で殺された事を描写していて、ドゥルーイッド(主にアイルランドのケルトのシャーマン)の儀式ではやどりぎを人間の生贄に使う毒として使われた。クリスマスの習慣である“やどりぎの下でキスをする”事は後にローマ人のサターナリアのお祭りの自由な性行為とドゥルーイッドの生贄崇拝が結び付いた物である。

Christmas Presentsクリスマスプレゼント

In pre-Christian Rome, the emperors compelled their most despised citizens to bring offerings and gifts during the Saturnalia (in December) and Kalends (in January). Later, this ritual expanded to include gift-giving among the general populace. The Catholic Church gave this custom a Christian flavor by re-rooting it in the supposed gift-giving of Sain Nicholas

キリスト教以前のローマで皇帝達は彼等の政敵の市民に供え物や贈り物をサターナリア(12月)とカレンドゥス(1月)の期間に持って来る様に説得し、後にこの儀式は普通の市民の間での贈り物の交換に発展してていった。カトリック教会はこの習慣を聖ニコラスのプレゼントを与えたとされる行為に起源を入れ替える事によってキリスト教の香をつけたのだった。

Santa Claus サンタクロース
Nicholas was born in Parara, Turkey in 270 CE and later became Bishop of Myra. He died in 345 CE on December 6th. He was only named a saint in the 19th century.
Nicholas was among the most senior bishops who convened the Council of Nicaea in 325 CE and created the New Testament. The text they produced portrayed Jews as “the children of the devil" who sentenced Jesus to death.

ニコラスはトルコのパララで270年CEに生まれ後にマイラのビショップとなった。彼は345年CE12月6日に亡くなった。彼は19世紀にセイントになったばかりである。ニコラスは325年CEでニカエア評議会を開催したビショップの中で最も先輩格で新約聖書を作った。彼等が作ったテキストではユダヤ教徒は“悪魔の子供達”と描写されていて彼等はユダヤ教徒に死刑の宣告をした。

In 1087, a group of sailors who idolized Nicholas moved his bones from Turkey to a sanctuary in Bari, Italy. There Nicholas supplanted a female boon-giving deity called The Grandmother, or Pasqua Epiphania, who used to fill the children's stockings with her gifts. The Grandmother was ousted from her shrine at Bari, which became the center of the Nicholas cult. Members of this group gave each other gifts during a pageant they conducted annually on the anniversary of Nicholas’ death, December 6.

1089年、ニコラスに心酔する船乗りの集団が彼の骨をトルコからイタリアのバリに移した。其処でニコラスは頼み事を叶え子供達のストッキングをプレゼントでいっぱいにする、パスクア エピファニアか御祖母さんと呼ばれる女神に取って代わった。御祖母さんはバリの神社から追い出されてしまい、其処はニコラス崇拝の中心になった。この集団のメンバーは12月6日のニコラスの死んだ日を記念した年に一回のページェントの間に御互いにプレゼント交換した。

The Nicholas cult spread north until it was adopted by German and Celtic pagans. These groups worshipped a pantheon led by Woden –their chief god and the father of Thor, Balder, and Tiw. Woden had a long, white beard and rode a horse through the heavens one evening each Autumn. When Nicholas merged with Woden, he shed his Mediterranean appearance, grew a beard, mounted a flying horse, rescheduled his flight for December, and donned heavy winter clothing.

ニコラス崇拝はドイツ人やケルト人の異教徒に受け入れられるまで北方に広がった。これ等の集団はトール(ソール)、バルダー、ティウ、の父で集団の長であるワォーデンに率いられた神の集団を拝んでいた。ワォーデンは長く白い髭を持ち毎年秋一晩馬に乗って天国を駆け抜けるのだった。ニコラスがワォーデンと合体した時ニコラスは地中海の容貌を脱ぎ捨て髭を生やし空を飛ぶ馬に乗り、そして彼の飛行を12月に予定換えし分厚い冬用の服を纏い始めた。

In a bid for pagan adherents in Northern Europe, the Catholic Church adopted the Nicholas cult and taught that he did (and they should) distribute gifts on December 25th instead of December 6th.

異教に固執する北ヨーロッパの人々を改宗する為にカトリック教会はニコラス崇拝を取り入れてニコラスは12月6日ではなく、12月25日に贈り物をした、そして彼らもそうするべきだと教えた。

In 1931, the Coca Cola Corporation contracted the Swedish commercial artist Haddon Sundblom to create a coke-drinking Santa. Sundblom modeled his Santa on his friend Lou Prentice, chosen for his cheerful, chubby face. The corporation insisted that Santa’s fur-trimmed suit be bright, Coca Cola red. And Santa was born – a blend of Christian crusader, pagan god, and commercial idol.

1931年、コカ.コーラ社はスエーデンのコマーシャル アーティスト、ハドン サンドボルムと契約しコカコーラを飲んでいるサンタを作り出した。サンドボルムは彼のサンタのモデルに友達のルー プレンティスを彼の陽気でポチャポチャした顔の為に選んだ。コカコーラはサンタの刈り込まれた毛皮のコートは鮮鋭なコカ.コーラの赤にするべきだと固執した。この様にキリスト教十字軍(此処ではアグレッシヴな改宗、布教活動の意味?)、異教徒の神、そして商業活動の偶像が混じり合ってサンタは誕生したのだった。

Many of the most popular Christmas customs – including Christmas trees, mistletoe, Christmas presents, and Santa Claus – are modern incarnations of pagan rituals.
Many are excitedly preparing for their Christmas celebrations and would prefer not knowing about the holiday’s real significance. If they do know the history, they often feel that their celebration has nothing to do with the holiday’s history and meaning.. and say... “We are just having fun enjoying our pretty Ashteroth tree and the lovely presents therein.

多くの最も人気のあるクリスマスの習慣………クリスマス ツリー、ミスルトー(やどりぎ)、クリスマスプレゼント、そしてサンタクロースを含めた……….は異教の宗教儀式の現代での具現化です。多くの人々は興奮してクリスマスの御祝いを準備していて、この祝日の本当の意味を知らない事を選んでいるかも知れない。若し彼等がこの歴史を知ってしまうと彼等は多くの場合このお祝いがこの祝日の歴史や意味と何の関係も無いと感じてしまうのだ。そして『私達は唯、奇麗な常緑樹と此処にある愛らしいプレゼントを楽しんでいるだけだよ!』と言うのだ。

WikipediaウィキペディアによるとChristmasクリスマスは........

Christmas (IPA: /krɪsməs/), also referred to as Christmas Day or Christmastide, is an annual holiday celebrated on December 25 that marks and honors the birth of Jesus of Nazareth.[2][3] The birth of Jesus, which is the basis for the anno Domini system of dating, is thought to have occurred between 7 and 2 BC.[4] December 25 is not thought to be Jesus' actual date of birth, and the date may have been chosen to correspond with either a Roman festival,[5] or with the winter solstice.[6]

クリスマスはクリスマスデイ、若しくはクリスマスタイドと呼ばれている12月25日にお祝いされるナザレスのジーザスの誕生日を記念し褒め称える為の念に1回の祝日です。アノドミニ方式の日付に基いているジーザスの誕生日は紀元前7年~2年だったとされ12月25日はジーザスの本当の誕生日だとは考えられてはいなかった。12月25日はローマ帝国の御祝い若しくは冬至に対応させて決められた可能性が在る。


Modern customs of the holiday include gift-giving, church celebrations, and the display of various decorations―including the Christmas tree, lights, mistletoe, nativity scenes and holly. Santa Claus (also referred to as Father Christmas, although the two figures have different origins) is a popular mythological figure often associated with bringing gifts at Christmas. Santa is generally believed to be the result of a syncretization between St. Nicholas of Myra and elements from pagan Nordic and Christian mythology, and his modern appearance is believed to have originated in 19th century media.

現代のこの祝日の習慣は、プレゼントの交換、教会での御祝い、そしてクリスマスツリー、ライト、ミスルトー(やどりぎ)キリスト誕生の光景、ホリー(西洋ひいらぎ)等を含んだ色々な種類の飾りつけや、サンタクロース(ファーザークリスマスとも呼ばれているがこの2つの人物は違った起源が在る)が頻繁にクリスマスの日にプレゼント持って来る事と関連されている人気のある伝説的な人物などがあります。サンタは通常マイラのセイントニコラスとスカンディナヴィアの異教徒とクリスマスの伝説が融合した物だと考えられていて、サンタの現代の姿は19世紀のメディアが起源だと信じられています。

Christmas is celebrated throughout the Christian population, but is also celebrated by many non-Christians as a secular, cultural festival. The holiday is celebrated around the world. Because gift-giving and several other aspects of the holiday involve heightened economic activity among both Christians and non-Christians, Christmas has become a major event for many retailers.

クリスマスはキリスト教徒の間でお祝いされていますが、異教徒の間でも世俗的で文化的な御祝いとしてお祝いされています。この祝日は世界中で祝福され、贈り物の交換等やこの祝日が含んでいるの其の他の面がキリスト教徒、非キリスト教徒の経済活動を活発にさせる為、クリスマスは多くの小売業界で大きなイヴェントとなっているのです。

ejnews:現在日本ではクリスマスやサンタの起源は良く知られていると思いますが、私がブログを始めて初めてのクリスマスですので、やはりクリスマスについて無視は出来ませんでした。どの宗教も国家と結び付くと変てこな事を始める様ですね。日本の景気は如何ですか?アメリカが風邪を引くと日本は肺炎になる?と言われていましたが状況は変わったのでしょうか?処で、米共和党のカールローブと深い繋がりのあるマイク コネルと言うコンピューター コンサルタントが自家用機の事故で亡くなりました。彼はこの8年間ほどアメリカではコンピューター関係の票の数の操作で強く疑われていて、4年前の大統領選挙時オハイオ州でのコンピューター投票違反を指揮していた中心人物として最近法廷か議会で証言するはずでしたが、此れでブッシュ政権は選挙違反については一安心と言う所です。非常に都合の良い事故ですね!警察からも飛行機がサボタージュされる可能性があるので飛行は当分止めた方が良いとの警告が彼に出ていたそうです。このニュース日本で報道されていますか?次回はイエスキリストと他の中近東の神様との比較の記事の翻訳を計画しています。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。