スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー ワールド オーダー“新世界秩序”退屈な話?本当にそう思う?

Clinton, Quigley, and the New World Order
クリントン、クイグリー、そしてニュー ワールド オーダー。


Published on 02-23-2009
ブラックリステドニュースで読んだのですが
http://www.blacklistednews.com/news-3430-0-5-5--.html

Source: The End Runソースはザエンドランと言うブログでした。
http://theendrun.wordpress.com/2009/01/27/clinton-quigley-and-the-new-world-order/


I’ve been doing a lot of research lately, and I recently came across this
little-known quote while reading through Bill Clinton’s book My Life. In
Chapter 24, he writes:
私は最近かなりの調べ物をしていて、(其の調べ物の最中)ビルクリントンの著書“マイライフ”を読んでいる内に、最近余り知られていないこの引用に出くわしたって訳なんだが。チャプター24で彼はこう書いている。

“I ended 1987 with my third speech of the decade at the Florida
Democratic convention…
I told the Florida Democrats, “We have to do nothing less than create a new world economic order and secure the place of the American people within it.” The central arguments I made were “We’ve got to pay the
price today to secure tomorrow” and “We’re all in it together.”
In retrospect, my speeches in the late eighties seem interesting to me
because of their similarity to what I would say in 1992 and what I tried
to do as President.”

『私は1987年をフロリダ民主党集会の其の10年間での3回目のスピーチで締め括った………………….。
私はフロリダ民主党に“ニューワールドエコノミックオーダー(新国際経済秩序)を創造しアメリカ市民を其の中で安泰出来る場所を確実にする以外の事は何もしてはならない。”と言った。其処での私の中心になる議論は“我々は明日の為に今日犠牲を払わなければならない。”そして“我々全員は其の中に一緒にいる。“と言う事だった。
回想してみると、私の80年代後期のスピーチは私にとっては興味深く感じられる。何故なら1992年に私が言う事との類似性とそして大統領として私が行おうと努力していた事だ。』

Recall that Clinton was a Rhodes Scholar. Recall also that one of
Clinton’s professors at Georgetown was Carroll Quigley, and that he has quoted Quigley and payed homage to him as a mentor many times in his
speeches, including his 1992 nomination acceptance speech. In My Life
he discusses the “lasting impact” that Quigleys “insights” had on him. On page ix of The Anglo-American Establishment, Quigley writes:
クリントンはロードス スコアラーだったて事を思い起こしてくれよ!そしてクリントンのジョージタウン大学での教授の一人がキャロル クイグリーだったって事もな!それで、クリントンは彼の1992年の大統領候補受諾スピーチも含めて、数々のスピーチの中で何回もクイグリーを引用し、指導者として彼に敬意を表し、“マイ ライフ”の中で彼はクイグリーの“洞察力”が彼に与えた“深い影響”について語っているんだ。アングロ-アメリカン エスタブリッシュメントの第9ページにクイグリーはこう書いている。

“The Rhodes scholarship established by the terms of Cecil Rhodes’
seventh will are known to everyone. What is not so widely known is that Rhodes, in five previous wills, left his fortune to form a secret society,
which was to devote itself to the preservation and expansion of the
British Empire. And what does not seem to be known to anyone is that
this secret society … continues to exist to this day. To be sure, [it] is
not a childish thing like the Ku Klux Klan, and it does not have any secret robes, secret handclasps, or secret passwords. It does not need any of
these, since its members know each other intimately. It probably has no oaths of secrecy nor any formal procedure of initiation. It does, however, exist and holds secret meetings…. This Group is, as I shall show, one of
the most important historical facts of the twentieth century.”
『ロードス スコアラーシップが其れによって創設されたセシル ロードスの第7番目の遺書は誰もが知る事ではあるが、何が広く知られていないかと言うと、彼が秘密社会(結社)を創設する為に残したと言う資産についての5つの其れ以前の遺書で、其れは大英帝国の保存と拡大に捧げられている。そして、何が誰にも知られてない様に見えるかと言うと……………..其の秘密社会(結社)は今日も存続していると言う事である。此処で明確にしておくことは、この秘密社会(結社)はKKK(クーク ラックス クラン)の様なお飯事ではないと言う事だ、そして秘密のローブ(ゆったりとした外着)、秘密の握手、若しくは秘密の合言葉も彼らは持ってはいない。其の会員達は御互いに親密に知り合っているので彼等にはその様な物は必要ないのである。恐らく秘密の誓いも入会の儀式も無いだろう。然しながら、この秘密結社は存在し秘密会議を開いている…………………….このグループは私が示す様に20世紀の最も重要な歴史的事実の一つである。

Cecil John Rhodes DCL (5 July 1853 – 26 March 1902) セシル ジョン ローヅス
大英帝国の企業家、南アフリカの政治家、植民地主義、帝国主義の擁護者、ダイアモンドの独占で有名なDe Beers ディビアーズの創始者。後にザンビアとジンバブエとなった国ローデシアは彼の名前に因んだ物。Rhodes Scholarship ローヅス奨学金は彼の資産によって創設された。


And what were the goals of this “group”? According to Quigley (Tragedy and Hope, pg. 324):
そして何がこの“グループ”の目的だったのか?クイグリーによれば(トラジディー&ホープ悲劇と希望、ページ324)


“…nothing less than to create a world system of financial control in private hands able to dominate the political system of each country and the economy of the world as a whole. The system was to be controlled in a feudalist fashion by the central banks of the world acting in concert by secret agreements arrived at in frequent private meetings and conferences. The apex of the system was to be the Bank for International Settlements in Basil, Switzerland, a private bank owned and controlled by the world’s central banks which were themselves private corporations. Each central bank …sought to dominate its government by its ability to control Treasury loans, to manipulate foreign exchanges, to influence the level of economic activity in the country, and to influence cooperative politicians by subsequent economic rewards in the business world”
『……各国家の政治システムが民間の手によって支配可能になる経済的支配の世界的システムの創造、そして世界全体が一つの世界経済。このシステムは頻繁に開かれる秘密会合やコンファレンスによって到達した秘密の合意と同調した国際中央銀行により封建主義的に支配されなければならない。このシステムの頂点はそれ自身民間企業である世界中央銀行に所有され支配される民間銀行である銀行、ブラジルやスイスの国際的事業団の銀行である。各中央銀行は財務省公債の支配、外国為替の操作、其の国家内の経済活動水準に対する影響力、そして将来のビジネス界での経済的見返りによる協力的な政治家への影響等によって其の政府を支配する事を追及した。』

And how does he know that? Two pages later he writes:
それで如何して彼はこんな事知ってるんだろう?2ページ後に彼はこう書いている


“I know of the operation of this network because I have studied it for twenty years and was permitted for two years during the 1960’s to examine its papers and secret records. I have no aversion to it or to most of its aims and have for much of my life been close to it and to many of its instruments. In general my chief difference of opinion is that it wishes to remain unknown.”
『私はこのネットワークのオペレーションを知っている。何故なら私は其彼等を20年間調べ、1960年代に2年間其の書類や秘密の記録を調査する事が私に許可されたからだ。私は彼等について、若しくは彼等の目的について嫌悪感は持っていない。そして私は私の人生の殆どの時間彼等と彼等の機関の近くに生きていた。一般的に私と彼等との意見の相違は彼等は陰の存在でい続けたいと言う事だ。』

This is merely the tip of the iceberg. If you really want to understand the relevance of this quote by Clinton, I highly recommending reading the five part series entitled The Future Is Calling by G. Edward Griffin. All of these Quigley quotes can be found in part two, entitled Secret Societies and Hidden Agendas (though you will benefit greatly if you start with part one.)
此れは単なる氷山の一角なんだ。若し本当にクリントンのこの引用の関連を知りたかったら、私はG. Edward GriffinGエドワードグリフィンの5部からなる“The Future Is Calling未来が呼び掛けている”と題される著書を読むことを強く勧めるよ。これ等全てのクイグリーの引用は“秘密社会(結社)と隠された目的”と題された第2部に入れられている。(若し第1部から始めると非常に為になるんだけれども……..)

Also, read The Trilateral Commission: Usurping Sovereignty by Patrick Wood. Bill Clinton is a member of the Trilateral Commission, which — as you will learn if you don’t already know — was founded in 1973 by David Rockefeller and Zbigniew Brzezinski with the explicit goal of creating the “new world economic order” that Clinton is talking about. The creation of this new world order, according to the Trilateral Commission’s own writings, means “working against the best interest of the United States”[1] to accomplish an “end run around national sovereignty, eroding it piece by piece”[2], which will eventually give way to a one world collectivist government run by them from behind the scenes.

それから、Patrick Wood パトリックウッドのThe Trilateral Commission: Usurping Sovereignty“トライラタラルコミッション:主権の侵害“も読むと良いよ!ビルクリントンはトライラタラルコミッションのメンバーで…………其れは若し未だ知らなかったらこの本で解る事なのだが…………トライラタラルコミッションは1973年に“新世界経済秩序”を創造すると言う明白な目的の為デイビッドロックフェラーとジブニューブレジンスキーによって設立された。そしてこの新世界経済秩序の事をクリントンは話しているのだ。この新世界秩序の創造はトライラタラルコミッション自身の説明によると、其の意味は“米合衆国の一番の利益に反する機能をしている” [1] “国家主権を出抜く”為一つずつ侵食し[2]最終的に全てを彼等によって裏側から操られている国際集団主義者政権に売り渡すことになるのだ。

Senator Barry Goldwater tried to warn us about this thirty years ago. In his book With No Apologies (1979), he wrote:
バリーゴールドウォーター議員は30年も前にこの事に着いて我々に警告しようとしていたんだよ。彼の1979年の著書“No Apologies弁明はしない”でこの様に書いている。

“Where I differ from [then Governor Nelson Rockefeller] is in the suggestion implicit throughout his [1962 lectures at Harvard University] that… the United States must submerge its national identity and surrender substantial matters of sovereignty to a new political order. The implications in Governor Rockefeller’s presentation have become concrete proposals advanced by David Rockefeller’s newest international cabal, the Trilateral Commission. Whereas the Council on Foreign Relations is distinctly national in membership, the Trilateral Commission is international… It is intended to be the vehicle for multinational consolidation of the commercial and banking interests by seizing control of the political government of the United States. Zbigniew Brzezinski and David Rockefeller screened and selected every individual who was invited to participate in shaping and administering the proposed new world order.” (pg 293)
『私と1962年の彼のハーヴァード大学での講演全体で暗示されているネルソンロックフェラー知事との相違点は………………(ロックフェラーの示唆している)米合衆国は其れ自身の独立国家としての独自性を新しい政治秩序の下に埋没させ、独立国家としての主権の大部分を新しい政治秩序に譲り渡すと言うことだ。ロックフェラー知事による講演で暗示された内容はデイヴィッドロックフェラーによって推進され最も新しい国際的秘密結社“トライラタラルコミッション”として具体化された。其処ではコンシルオブフォーリンリレイション(外交関係委員会)はメンバーとして(特別な)国家的存在で…………..。トライラタラルコミッションは国際的な組織なのだが…………..其れは商業利権と金融利権の相互合併による合衆国の政治的独自性を奪取する手段として意図されている。ズビグネフ・ブレジンスキーとデイヴィッドロックフェラーはこの新しく提案された新国際秩序を形成し管理した全ての招待され参加した個々のメンバーを身元調査し選別した。(ページ293)

“What the Trilaterals truly intend is the creation of a worldwide economic power superior to the political governments of the national-states involved… As managers and creators of the system they will rule the future.” ” (pg. 299)
『何をトライラタラルは本当に意図していたかと言うと、其れは政治的国家政府に勝る国際的経済勢力の創造であり………………………….其のシステムの管理者そして創造者として未来を支配すると言う事なのだ。』(ページ299)

See also: http://www.youtube.com/watch?v=pSQFySxzznw
http://www.youtube.com/watch?v=pSQFySxzznw も見てください。

[1] Trilateral Commission founder David Rockefeller, in his book “Memoirs”, pg. 405. He also openly says that he is part of a “secret cabal” that is “conspiring with others around the world to build a more integrated global political and economic structure—one world, if you will”
[2] Trilateral Commissioner Richard Gardner, “The Hard Road to World Order”, Foreign Affairs, April 1974, pg. 558
[1]トライラタラルコミッション創設者デイヴィッドロックフェラーの著書“記憶?懐古?回想?”のページ405.彼は又『秘密結社のメンバーで、より良く統合された国際的政治経済機構を……所謂“一つの世界”を構築する為世界中の他の人々と共謀している。』と公然と言っている。
[2]トライラタラルコミッショナー リチャードガードナー“世界秩序への険しい道”フォーリンアフェアー1974、ページ558
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ejews:この記事での“秘密結社”や“秘密社会”記事を面白くする為のこの戯言です。単にグループとか人間集団と言う言葉に置き換えて理解してください。
 トライラタラル コミッションはディヴィッド ロックフェラーによって欧州の民間組織ビルダーバーグ会議に参加できない日本を国際金融システムに引き入れるように設立された組織だそうで1973年に設立され、第一回の会合は1973年東京で開催されています。
 アメリカのトライラタラルのメンバーの内かなりの数のメンバーがオバマ政権に参加しているようです。
 兎に角、この話を信じるか信じないかは別にして、今、世界は小さくなり、世界中の資本家支配層は種々のコンファレンス、会議、カントリークラブ等々で当然意見の交換はするでしょうから“陰謀”とか“秘密結社”と言うよりも資本主義社会の進化(変化)の当然の帰結だと私は思っています。唯、私は現在の形の資本主義社会を人類が幸福に住める社会だとは考えてないだけです。そして疎の様な理論を使って人間社会を説明する事も馬鹿ばかしい事だと思っています。(資本主義といっても私は現在の資本主義の事を言っているので、将来人間に優しい資本主義が出現する可能性もあるのです。)共産主義、マルクス主義、社会主義等々、種々の政治経済思想が現在まで考え出されてきました。其の殆どが“科学”(経済学)と言う資本主義社会の迷信を用い不可解な理論で社会経済を説明してきましたが、(例えば、ノーベル経済賞は元々存在せず、後に付け加えられたのですが現在でも経済賞の授賞式は別の場所で行われているのではないでしょうか?其れが意味する事は、経済学と言うものは数学の様な物ではなく欲望に基づいた人間の行動を意味づけしようとする行為ですから宗教や心理学の分野だと私は思っています。つまり数的な計算や科学では理解出来ない分野だと言う事ではないでしょうか?)私には非常に不可解に思えるのです。資本主義者達は決して社会主義者やマルキシスト達の理論で彼等の資本主義を説明しないのに(若しすれば当然彼等の主義に矛盾が出て来るからです)、社会主義者やマルキシスト達は資本主義の理論を用い労働、賃金、市場等の計算をしていたのではないでしょうか?然もマルキシスト達に及んでは一党独裁などと言う非民主的な戯言を持ち出す始末で、此れでは誰も資本主義の人間社会支配を留める事は出来なかったのも当然ですね。
 人間は社会生活をする動物で社会から離れた機能する人間は考えられないのです。社会が機能し人間が其の中で幸福でいられる為には自由が必要ですが、自由とは其処では個人が誰からも脅されないと言うことです。(~をすれば愛国者ではないとか、非国民だとか、ジャズを聴いている?とか色々な脅しの理由、方法がありますよね。日本の戦前の社会はその様な例ですが、現在日本やアメリカがそうではないと言えるのでしょうか?))経済的、思想的、全ての社会生活で何らかの脅しで行動を左右される社会は民主的な社会とは言えず、その様な社会では残忍な政治、経済権力が社会を支配する様になるのです。(例えば、集団全体と違った意見を述べると首になる恐れがあるとか、上からの命令があり其れにい素直に従わないとやはり問題だと言う集団では自由は萎縮し集団の進歩的な創造性は失われてしまい、集団自体が静止してしまうのです。)経済力が支配の道具になるのは当然の事で、人々が安楽で幸福な生活を求めて其の資本家の社会支配の道具である貨幣経済を信用し過ぎ、投資を手段とし、皆が資本家の様になろうとする社会は、資本家たちの思う壺ではないでしょうか?一体人々は何時になると“本当の幸福な生活が(自分自身だけでなく、家族、友人、将来も)出来る様になるには投資が必要だが。然し、其の投資は人々を犠牲にし利益を貪欲に追う企業の株を購入したりする投資ではなく、自分自身の生活する環境、社会、人間関係を美しく健康に保つと言う非金融的投資なのだ。”と言う事に気が付くのでしょうか?一体我々は何回リセッション、恐慌、ディプレッション、金融破綻、国家破産等々を経験すると真実を理解出来る様になるのでしょうか?
 現在の金融危機で資本社会で淘汰され生き残った少数の金融機関、企業が今までに無い集中された権力を身につける事になり、将来、現在の形の資本主義者の理論で生きる事は我々の自由を彼等に譲り渡す事になるのではないでしょうか?少なくともアメリカでは其の事が心配されている様です。



アルバート アインシュタインは精神異常について下記の様に述べたそうです。

Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.
精神異常:同じ事を何回も何回も繰り返し違った結果を期待する事。


トライラタラル コミッションのメンバー名簿は下記。
http://www.augustreview.com/knowledge_base/getting_started_with_globalism/trilateral_commission_membership_-_2008_20081010103/


スポンサーサイト

泥棒、詐欺師、狂牛病,ビッグスリー,ディープスロート。

Goldman Sachs cuts taxes to one percent by moving profits offshore
ゴールドマン サックス利益をオフショア(海外)に移動し税金を1%にする。

Published on 12-18-2008
http://www.blacklistednews.com/news-2676-0-24-24--.html
Source: Raw Story

Bank takes $10 billion bailout, then cuts tax rate 33 percent
この銀行100億ドルの支援金を受け取り、それから税金の支払いを33%カットする。

Say you got a ten billion dollar loan to shore up your finances, and you paid your employees $10.9 billion, and you raked in $2.3 billion for the year.
自分の経済を強化する為100億ドルのローンを受け取り、そして従業員に109億ドル払い、それから23億ドルのボロ儲けをするとしたら貴方なら…………….?

What would you say you owed in taxes? One percent?
税金として貴方は幾ら払わなければならない?1%?

That’s what you’d pay if you were Goldman Sachs, Inc. The high-flying brokerage ― and former home of Bush Treasury Secretary Henry Paulson ― has announced it’s paying just $14 million in taxes this year.
貴方がゴールドマンサックスなら其れが貴方の払う税金です。ブッシュの国務長官ヘンリーポールソンが以前に働いていた野望の強い証券会社ゴールドマンサックスは,今年の税金として千4百万ドルだけ払うと発表した。

Last year, their tax bill was $6 billion, or 34.1 percent. That represents a year-over-year drop of 33.1 percent.
去年の税金は60億ドル、若しくは34,1%。此れは1年間で33,1%の減少を意味する。

省略

Tax accounting advisor Robert Willens told Bloomberg News the rate drop seems “a little extreme.”
税金会計のアドヴァイザー.ロバート ウイレンスはブルーンバーグニュースに“この減少率は一寸過激だ”と語った。

省略

Texas Democrat Rep. Lloyd Doggett, who serves on the House Ways and Means Committee, said Goldman, like other banks, shifted income to countries with lower taxes to reduce its tax burden.
House Ways and Means委員会の一員、テキサス民主党下院議員ロイドドジェットは、ゴールドマンやその様な他の銀行は税金支払い責任を少なくする為に利益を税金の少ない国に移動したと語った。

“This problem is larger than Goldman Sachs,” Doggett told Bloomberg. “With the right hand out begging for bailout money, the left is hiding it offshore.”
“この問題はゴールドマン サックスだけに止まらない。支援金を乞う為に右手を出し左手で海外に其れを隠している。”とドジェット議員はブルーンバーグニュースに語った。

Paulson was CEO of Goldman Sachs until mid-2006, and earned $35 million at the firm in 2005. He drew a $16.4 million salary in 2006 ― even though he served as chief executive for just half the year.
ヘンリー ポールソンは2006年中旬までゴールドマン サックスのCEOで、2005年に3千5百万ドルをこの会社で稼ぎ、2006年にはCEOとして半年しか働かなかったにも拘らず千6百40万ドルをサラリーとして受け取った。

Ejnews: 信じられるこんな話!金融業界は詐欺師、泥棒の集まりだね!此れじゃあ経済が崩壊するのも無理ないですね!


Doctors warn new 'mad cow' strain could kill 350 Britons
新しい型の狂牛病は350人の英国人を死亡させる可能性が在ると医師は警告する。


By Daniel Bates
Last updated at 10:57 PM on 18th December 2008
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1097105/Doctors-warn-new-mad-cow-strain-kill-350-Britons.html?ITO=1490

Scientists fear a new wave of the human form of mad cow disease could claim hundreds more lives.
人間の狂牛病の新しい波が何百人もの人を犠牲にするかもしれないと科学者達は恐れている。

A victim of variant Creutzfeldt-Jakob Disease appears to have a different gene type from previous cases.
変種クレツフェルド-ヤコブ病の犠牲者達の遺伝子は過去のケースと比べると違っている様に見える。

The Government's chief adviser on vCJD, Professor Chris Higgins, said the case, if confirmed, could mark the start of a second wave of deaths - up to 350.
政府のCJDの主任アドヴァイザー.クリス ヒギンズ教授は“このケースが確認されると350人に及ぶ新しい死の波の始まりを示すかもしれない。”と語った。

The number of Britons diagnosed so far with vCJD totals 167 since 1990. Experts believe it was transmitted from cattle infected with BSE.
1990年以降CJDと診断された英国人は167人で専門家はBSEに感染した家畜から(人間に)感染したと信じている。

All the victims belonged to a genetic type known as MM which is thought to be more vulnerable to the disease.
全ての犠牲者は狂牛病に感染しやすいと考えられている遺伝子タイプMMとして知られている遺伝子タイプに属している。

Roughly half of Britons have two M genes. The rest have one M and one V gene and thought to be more resistant.
約半分の英国人はM遺伝子を持っていて、残りの英国人は1つのMと1つのVを持っていて其れは狂牛病に対してもっと抵抗力があると考えられている。

However, tests suggest the new patient has an MV gene type. This has raised concerns that other MV victims may soon start to fall ill.
A new strain of the human form of 'mad cow disease' could kill more than twice as many people as its predecessor, it has been claimed.
然しながら、検査は新しい患者はMV遺伝子タイプだと暗示している。此れはMV遺伝子タイプの犠牲者が直ぐに発病し始める可能性を心配させている。
新しい型の人間型狂牛病は以前の型の狂牛病の犠牲者の2倍以上を死亡させる可能性が在る。

The government's chief advisor on variant CJD warned that up to 350 people could be affected by the strain.
政府の変種CJD主席アドヴァイザーは350人に及ぶ人々がこの型の狂牛病に感染する可能性が在ると警告している。

That would be more than double the 164 people who have already died of vCJD, which came from cows infected with BSE.
此れはBSEに感染した牛によって感染したCJDで既に死亡している164人の2倍以上になる。

Ejnews:狂牛病は過去の病気ではないのです。輸入肉、食肉製品には気をつけて下さい。ゼラチンは家畜の骨等から抽出されているので非常に危険です。ゼラチンを含んでいる食品は絶対に避けましょう


GM Is Likely to File for Bankruptcy, Report Says
報告によるとGMは恐らく破産宣言をするだろう。

By Caroline Salas
Bloomberg News
Wednesday, December 17, 2008; Page D04
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/16/AR2008121602675.html

'Deep Throat' Mark Felt Dies at 95
“ディープ スロート”マーク フェルト他界。95歳。


ejnews:ロバート レッドフォード、ダスティン ホフマン主演の映画All the President's Men (1976)にもなった話で有名です。ウオーターゲート事件当時、彼は連邦警察のアソシエイト ダイレクターで“ディープ スロート”としてワシントンポスト紙の記者ボブ ウッドワードとカール バーンスタイン記者を秘密裏に誘導し,ニクソン大統領のウオーターゲート事件への関係を示し最終的にニクソン辞任に発展させた人物です。


Paulson: 'Orderly' auto bankruptcy might be best
ポールソン:整然とした自動車業界の破産が最善策ではないのか。

By DEB RIECHMANN – 1 hour ago
WASHINGTON (AP) ― The Bush administration is convinced the ailing economy could not withstand the demise of Detroit's Big Three and is looking at "orderly" bankruptcy to keep the automakers from collapsing.
ブッシュ政権は疲弊している経済はデトロイトのビッグスリーの消滅に耐えられないと確信していて“整然とした”破産を可能性として考えている。

Ejnews:マタマタ景気の悪い話ばかりになりました。然し現実ですから仕方ないですね。ロスはこの所寒くて雨が降っています。我が家でも終に耐えられず暖房を使い始めました。午後の4時頃で7度℃位になっていますから夜はもっと寒くなるのです。この不況はプロフェッショナルスポーツにも影響しているそうですが、この前紹介した“元ナズダックの会長のポンジー詐欺”の被害はあのエンロンの被害と同じ大きさだそうです。ノンプロフィット団体等も影響を受けていて経営費用の財源が減少しているそうです。踏んだり蹴ったりと言う状態でしょうか?其の外にはラムズフェルドやチェイニーが9・11テロ時にペンタゴンに緊急避難を指示しなかったとして裁判に訴えられています。色々な罪でブッシュ政権関係者を起訴しようとする動きが活発になってきています。
日本は如何ですか?皆さん暮れで忙しくブログどころの騒ぎじゃないよ!と言うところでしょうか?

追加:  今朝ブッシュがGMとクライスラーに$13.4 billion134億ドルの緊急ローンをする事を許可したとのニュースがありました。此れは金融機関を支援する為の7千億ドルから出されるとの事で、2月には40億ドルの追加があるそうです。1週間前に上院の南部共和党議員に拒否されたのですがやはり放置して置けないのでしょう。2週間以内に議会の反対がなければ緊急ローンは決定されるとの事です。



この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。