スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーズヴェルトに対するクーデター未遂。

Business Plot ビジネス プロット

http://www.nationmaster.com/encyclopedia/Business-Plot
ネイションマスターと言うwikipediaの様なサイトより。

http://search.nationmaster.com/cgi-bin/search.cgi?query=Business+Plot&submit=+Search+%C2%BB+

The Business Plot, the Plot Against FDR, or the White House Putsch, was an uncovered conspiracy involving several wealthy businessmen to
overthrow the presidency of Franklin D. Roosevelt in 1933.
ザ ビジネス プロット、FDRに対する企み、若しくは、ザ ホワイト ハウス プッチ、は1933年に発覚したフランクリンDルーズヴェルトを大統領の座から放り出そうとした数人の裕福なビジネスマンを巻き込んだ陰謀。

Purported details of the matter came to light when retired Marine Corps Major General Smedley Butler testified before a Congressional committee that a group of men had attempted to recruit him to serve as the leader of a plot and to assume and wield power once the coup was successful. Butler testified before the McCormack-Dickstein Committee in 1934。In his testimony, Butler claimed that a group of several men had approached
him as part of a plot to overthrow Roosevelt in a military coup. One of
the alleged plotters, Gerald MacGuire, vehemently denied any such plot.
In their final report, the Congressional committee supported Butler's allegations on the existence of the plot,[2] but no prosecutions or further investigations followed, and the matter was mostly forgotten.
General Butler claimed that the American Liberty League was the primary means of funding the plot. The main backers were the Du Pont family, as well as leaders of U.S. Steel, General Motors, Standard Oil, Chase
National Bank, and Goodyear Tire and Rubber Company. A BBC documentary claims Prescott Bush, father and grandfather to the 41st and 43rd US Presidents respectively, was also connected.[3]Smedley Darlington Butler (July 30, 1881 – June 21, 1940),

主張されている事件の詳細は、退役海兵隊の将軍スメドレイバトラーがクーデターの成功の後権力を奪取し用いる計画の指揮者として、ある男達のグループが彼をリクルートし様としていたと議会の委員会で証言した事によって明るみに出た。バトラーは1934年マコーマックディックスタイン委員会の前で証言した。彼の証言で数人の男達のグループが軍事クーデターでルーズヴェルトを放り出す計画為の一部として彼に接近して来たとバトラーは主張している。其の中の陰謀者の一人ジェラルドマクガイアーは疎の様な計画を激しく否定した。彼等の最終的な報告は計画の存在についてのバトラーの非難を議会委員会は支持した。然し犯罪者の検挙や其の後の調査は行われずこの事は殆ど忘れ去られてしまった。

バトラー将軍はアメリカンリバティーリーグが計画に資金を出す手段として使われたと主張している。主だった支持者はデュポン家と共にUSスチール、ジェナラル モーターズ、スタンダード オイル、チェイス ナショナル バンク、そしてグッドイヤー タイヤ&ラバー カンパニーの指導者達だった。英国のBBCのドキュメンタリーは41代と43代大統領の父親と祖父だったプレスコット ブッシュも関係していたと主張している。

Smedley Darlington Butler (July 30, 1881 – June 21, 1940),
スメドレイ ダーリントン バトラー:生存中最も功績のあった海兵隊員。彼のWar Is a Racket(戦争は恐喝だ!or戦争はゆすりだ!)と言うスピーチと著書はビジネスがアメリカの軍事行動によって利益を得ている事を告発していて有名でA military-industrial complex (MIC)軍事産業複合体を始めて取り扱った著書の一つとしても有名。

the American Liberty Leagueザ アメリカン リバティー リーグ
1934~1940民主党の保守グループ。


Background 背景

On July 17, 1932, thousands of World War I veterans converged on
Washington, D.C., set up tent camps, and demanded immediate payment of bonuses due them according to the Adjusted Service Certificate Law
of 1924. Called the Bonus Army, they were led by Walter W. Waters, a
former Army sergeant, and encouraged by an appearance from retired
Marine Corps Major General Smedley Butler, who had considerable
influence over the veterans, being one of the most popular military
figures of the time. A few days after Butler's appearance, President
Herbert Hoover ordered the marchers removed, and their camps were
destroyed by US Army cavalry troops under the command of General
Douglas MacArthur.
Butler, although a prominent Republican, responded by supporting
Roosevelt in that year's election.
1932年7月17日、1924年のアジャステド サーヴィス サテフィケイト条例で約束され支払期限の来ている従軍兵への即座の支払いを求め、何千人もの第一次大戦のヴェテランがワシントンDCに集合しテント村を設置した。其れはボーナスアーミーと呼ばれ、彼等は退役陸軍軍曹ウオルターWウオーターに率いられ、ヴェテラン達の間に大きな影響力を持ち、当時軍人として最も人気のあった一人の退役海兵隊将軍スメドレイバトラーの訪問で元気付けられた。バトラーの訪問の数日後ハーバートフーヴァー大統領は(ヴェテラン)のデモ行進の排除を命令し、彼等のテント村はダグラスマッカーサー将軍の指揮下の陸軍騎兵隊によって破壊された。
有名な共和党員でありながらもバトラーは、其の年の選挙でルーズヴェルトに投票する事によって(フーバーのヴェテランに対する行為に)反応した。

Adjusted Service Certificate Law of 1924.第一次大戦に従軍したヴェテランで国内で従軍した兵士は従軍期間一日1ドル、国外で従軍した兵士は一日1ドル25セントで計算されたボーナスを支給されると言う連邦法。

Clayton Cramer, in a 1995 History Today article, argued that the
devastation of the Great Depression had caused many Americans to
question the foundations of liberal democracy. "Many traditionalists, here and in Europe, toyed with the ideas of Fascism and National Socialism;
many liberals dallied with Socialism and Communism." Cramer argues that this explains why some American business leaders viewed fascism as a
viable system to both preserve their interests and end the economic
woes of the Depression.

クレイトン クラマーは1995年の“ヒストリーツディ”(今日の歴史)の記事でこう論じている。『世界大恐慌の破壊的影響が多くのアメリカ人が“自由民主主義”の基礎を疑う原因となった。多くの伝統主義者が此処とヨーロッパでファシズムと国家社会主義と言うアイデアを玩具の様に弄ぶ様になり、多くのリベラルは社会主義と共産主義を弄ぶ様になった。』クラマーは、この事が如何して或るアメリカのビジネスリーダー達がファシズムを彼等の利権を保護し恐慌の苦しみに終止符を打つ実行可能ななシステムとして捉える様になった原因だと議論している。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews:今日は1933年のビジネスプロットと言うフランクリンDルーズヴェルトに対するクーデター計画の話でした。この話は多くの有名な資本家達が民主党のアメリカン リバティー リーグと言うグループと共に共謀していたので、発覚後『都合の悪い話は絨毯の下に掃きこんで忘れた振りをしましょう!』と言う事になり歴史の表面から押やられてしまった様で、アメリカ人でも知っている人は少ないようです。
 如何してこの様な話題を選んだのかと言う理由は、1929年の株の暴落から始まったとされる世界大恐慌は株暴落の前に住宅価格の暴落があり、現在の金融危機と非常に似通っているからです。..............と言う事は各国で政治情勢が不安定になりアメリカでもオバマ政権に対するクーデターも可能性があるのではないかと思うからです。(勿論無ければよいのですが)実際、インターネットのニュースを見てみると、陸軍が主要都市の治安維持作戦を準備しているとか、陸軍軍事大学で学生が2012年の軍事クーデターについて論文を書いていたとかいないとか言うキナ臭い記事が時々目に付くのです。世界的にもパキスタン、メキシコ、ウクライナ、ロシア、そして中国まで不安定になり酷い場合は内戦になる可能性も在ると言う様なニュースもあるのです。
 日本もドサクサに紛れて憲法改正とか国防の為自衛隊法を改悪しようとする輩が徘徊している様ですから是非気をつけて下さい。


スポンサーサイト

マリワナ?パルプ,麻,資本家、銀行、政治家、企業???

DuPont, William Randolph Hearst, and hemp
デュポン、ウイリアム ランドルフ ハースト、とヘンプ(麻)

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディアより。

a.org/wiki/Legal_history_of_marijuana_in_the_United_States

The decision of the United States Congress to pass the Marihuana Tax Act of 1937 was based on hearings,[2] reports[22] and in part on testimony derived from articles in newspapers owned by William Randolph Hearst, who had significant financial interests in the timber industry, which manufactured his newsprint.[23]
米議会での1937年のマリワナ税条例可決は公聴会と報告、部分的に新聞紙を製造する木材業界にかなりの投資をしていた、ウイリアム ランドルフ ハーストの経営する新聞の記事を基にして決定された。

Cannabis activist Jack Herer has researched DuPont and in his 1985 book The Emperor Wears No Clothes, Herer concluded DuPont played a large role in the criminalization of cannabis. In 1938, DuPont patented the processes for creating plastics from coal and oil and a new process for creating paper from wood pulp. If hemp would have been largely exploited, Herer believes it would have likely been used to make paper and plastic (nylon), and may have hurt DuPont’s profits. Andrew Mellon of the Mellon Bank was DuPont's chief financial backer and was also the Secretary of Treasury under the Hoover administration. Mellon appointed Harry J. Anslinger, who later became his nephew-in-law, as the head of the Bureau of Narcotics and Dangerous Drugs (FBNDD) and the Federal Bureau of Narcotics (FBN), where Anslinger stayed until 1962.[24]
カナビス アクティヴィスト(麻類活動家)ジャック ハレアーはデュポンを調べそして1985年の彼の著書The Emperor Wears No Clothes,“皇帝は服を着ていない(裸の皇帝)”でハレアーはデュポンはカナビス(麻類)の違法化に大きな役割を果たしたと結論付けた。1938年デュポンは石炭と石油からプラスチックを製造する方法と木材パルプからの製紙法の特許権を得ていた。若し麻が大々的に活用されていたら製紙やプラスチック(ナイロン)の製造に使われていてデュポンの利益を損ねる事になっていただろうとハレアーは信じている。メロン銀行のアンドリュー メロンはデュポンの主要な経済的な後ろ盾でフーヴァー政権の財務長官でもあった。メロンは後に義理の甥になるハリー J アンスリンガーを彼が1962まで留まった麻薬劇薬局と連邦麻薬局の局長に任命した。

In 1916, United States Department of Agriculture (USDA) chief scientists Jason L. Merrill and Lyster H. Dewe created paper made from hemp pulp, which they concluded was "favorable in comparison with those used with pulp wood in USDA Bulletin No. 404." In his book Herer summarized the findings of Bulletin No. 404
Herer wrote:
1916年米合衆国農務省(USAD)の科学者主任ジェイソン L メリルとリスター H ディユは麻から紙を作り出し、彼等は木材パルプから作られた紙と比べて質が良いとUSDAの報告書No404で結論付けている。ハレアーは報告書No404の発見を手短に述べている。

USDA Bulletin No. 404, reported that one acre of hemp, in annual rotation over a 20-year period, would produce as much pulp for paper as 4.1 acres (17,000 m2) of trees being cut down over the same 20-year period. This process would use only 1/4 to 1/7 as much polluting sulfur-based acid chemicals to break down the glue-like lignin that binds the fibers of the pulp, or even none at all using soda ash. The problem of dioxin contamination of rivers is avoided in the hemp paper making process, which does not need to use chlorine bleach (as the wood pulp paper making process requires) but instead safely substitutes hydrogen peroxide in the bleaching process. ... If the new (1916) hemp pulp paper process were legal today, it would soon replace about 70% of all wood pulp paper, including computer printout paper, corrugated boxes and paper bags.
USDA報告書No404,毎年栽培される1エーカー(で収穫される)麻は20年間で同期間に4,1エーカー(17,000㎡)で伐採される木材から取れるパルプと同じ量である。この方法はパルプの繊維を結び合わせている糊の様なリグニンと言われる物質を分解する為の硫黄を基本にした酸の使用量を1/4ないし1/7までに引き下げる事が出来る。ソーダアッシに至っては全く使う必要がない。河川のダイオキシンによる汚染は漂白過程で塩素漂白剤を使わない、変わりに安全な過酸化水素で代用する麻製紙によって避ける事が出来る。---------若し新しい(1916年当時の)麻製紙が現在合法なら、直ぐに約70%の木材パルプに取って代る事が可能で、其れはコンピュータープリントペーパー、ダンボール箱、紙袋も含めていている。

Hemp was a relatively easy target because factories already had made large investments in equipment to handle cotton, wool, and linen, but there were relatively small investments in hemp production. Big technological improvements in the wood pulp industry were invented in the 1930s, for example the recovery boiler, and other improvements came later. So, there is a niche market for hemp paper, but the cost of hemp pulp is approximately six times that of wood pulp.[27] There was also a misconception hemp had an intoxicating effect because it has the same active substance, THC, which is in potent cannabis strains; however, hemp only has minimal amount of THC when compared to recreational cannabis strains.
工場が既に木綿、ウール、リネン、等を取り扱う為の設備に大きな投資をしていたので麻は比較的容易な素材であったが、麻に対しては投資額は比較的に少なかった。例えば、リカヴァリーボイラーの様な、木材パルプ業界の大きな技術革新には1930年代に投資が行われ、その他の技術革新も後に続いた。と言う事で麻で作られた紙には特殊な市場(niche marketニッシ マーケト)があるのではあるが、麻のパルプは木材パルプの約6倍の費用が必要なのである。其れに加えて、 強力な種類の麻(大麻)に含まれているTHC、と言う同じ物質が麻に含まれていて、麻には酔わせる様な効果と言う一つの誤解がある。然し、娯楽用の麻類(大麻、マリワナ)と比較すると麻には最小限のTHCしか含まれていないのです。

An alternative explanation for Anslinger's opinion's about hemp is that he believed that a tax on cannabis could be easier to supervise if it included hemp and that he had reports from experiments with mechanical harvesting of hemp reporting that the machines was no success and reports about cannabis farms.
それに対してアンスリンガーの麻について(反対の)代わりの意見は、麻をカナビス税に含めると管理が容易になると言う事だった。其れに彼は麻農園での麻の収穫機械は不成功だと言う収穫機械実験の報告を加えていた。

"The existence of the old 1934-1935 crop of harvested hemp on the fields of southern Minnesota is a menace to society in that it is being used by traffickers in marihuana as a source of supply."
『南ミネソタの畑での1934~1935年に収穫された麻の存在はマリワナ密売業者よってマリワナの原料として使われるので社会に対する脅威である。』

"they were able to cut only a part of the Tribune Farm crop by machine, two thirds of it they did by hand with a sharp hand cuttertuff".
『彼等はトリビューン農園の極僅かの麻を機械で切る事しか出来なかった、2分の3の麻は鋭いカッタータフを使い手で切らなければならなかった。』

An argument for the alternative theory is that hemp was not an alternative as material in the new commercial products from DuPont using oil or coal as raw material, the nylon-bristled toothbrush (1938) followed more famously by women's “nylons” stockings (1940). Nylon was intended to be a synthetic replacement for silk not hemp.
上記の説に対する議論は“麻は、石炭と石油が原料のデュポンのナイロンが使われている歯ブラシ(1938年)、もっと有名な女性のナイロン ストッキング(1940年)の様な、新しい商業製品代替原料ではなかった。ナイロンは絹の代わりになる人工の代替品と意図された。それは麻ではなかった。”と言う事である。

Andrew Mellon, Banker and Congressman.
アンドリュー メロン、銀行家そして議員。

Andrew William Mellon (March 24, 1855 — August 27, 1937) was an American banker, industrialist, philanthropist, art collector and Secretary of the Treasury from March 4, 1921 until February 12, 1932.

http://www.inya-face.com/hemp/Hemp_dirctry.htm
Hemp Downunderと言うオーストラリアのサイトの一部の翻訳です。


Andrew Mellon was, in his time, one of the richest men in America. He was owner of the Mellon Bank and was financial backer for petro-chemical giant DuPont Chemicals. He was also a Congressman and Secretary of the Treasury under President Hoover. This was power.
アンドリュー メロンは彼の生きた時代アメリカで最も裕福な人の一人であった。彼はメロン バンクの所有者で石油化学業界の巨人デュポン ケミカルの経済的支援者であった。そして彼は下院議員でフーヴァー大統領の財務長官であった。此れは権力だ!

Part of his portfolio of political responsibilities was the Federal Bureau of Narcotics, to which he appointed his nephew-in-law, Harry Anslinger, as head. This was nepotism.
彼の政治的義務のポトフォリオの一部は連邦麻薬捜査局で、其処に彼は局長としてハリー アンスリンガー、義理の甥を指名したのだった。此れはネポティズムだ!

Nepotism 親戚や知人を官職に就ける等の優遇する行為。親族優遇。

The appointment of Ainslinger was to have important historical consequences for U.S. agriculture and Big Business, and indirectly have a huge impact on the global environment.
アインスリンガーの指名は重要なアメリカの農業と大企業に歴史的影響を与え、間接的に世界環境に大きな影響を与えたのだった。

In the late '30s hemp was shaping up to be 'the crop of the future' - and Mellon stood to lose millions because of his petro-chemical investments. With his powerful political and family connections he was in a strategic position to "look after" his business associates and frustrate their competitors.
1930年代後半“未来の農作物”として麻は成りつつあった。そしてメロンは石油化学業界への投資で何百万ドルも失う筈だった。政治的そして家族のコネクションで彼のビジネス アソシエイトの面倒を見競争相手の邪魔をする重要な地位に居たのだった。

Dupont : the Nylon King
デュポン:ナイロン王

Dupont Chemicals was, and still is, one of the largest petro-chemical manufacturers in America. It's multi-national tentacles stretch far. You can see advertisements for their products on government buses here in Australia.
デュポン ケミカルはアメリカで一番大きい石油化学製造会社の一つだッた。そして今もそうだ。其の多国籍企業としての触手は遠くまで延びている。此処オーストラリアでは、この企業の製品の広告は政府のバスでも見る事が出来る。

Around 1935 Dupont had patented a new synthetic fibre called Nylon, and a great deal of money was invested in an extensive campaign to market Nylon to the public. Hemp at this stage was still a legal crop, and though its natural attributes were many, it's labour intensive production process made it very expensive in comparison with cotton and the new, chemically-produced Nylon.
1935年頃デュポンはナイロンと言う人工繊維の特許を得ていた。そして多額の資金がナイロンを一般に売り込む為に投資されていた。ヘンプ(麻)は其の頃は未だ合法な農作物であった。麻の自然の素質は種々だが、製造過程で手間隙が掛かったため木綿や新しい化学的に製造されたナイロンと比べると非常に高価だった。

However, a machine which had been invented in the early 1900's and perfected around 1937 was set to revolutionize the Hemp industry. The decorticator would separate the herds from the stalks, leaving the long fibers ready to be put into bails. What the "cotton gin" did for the cotton industry, the decorticator was about to do for the manufacturing of a wide variety of hemp products, especially paper-making, rope-making and as a raw material for clothing manufacture. Dupont stood to lose millions.
然し、1900年代に発明され1937年ごろ完璧となった機械がヘンプ(麻)業界を革命的に変化させるはずであった。デコルティケイターは軸から(繊維の)束?を離し長い繊維を桶に入れる様に準備する。コットンジンが木綿工業にした(貢献)事をディコルティケイターは広範な種類の麻製品に、特に製紙、ロープ製造、布地を作る原料等に関してする筈だった。デュポンは何百万ドルをも失う事になる筈であった。

A cotton gin (short for cotton engine) is a machine that quickly and easily separates the cotton fibers from the seedpods and the sometimes sticky seeds, a job previously done by hand.
コットンジン(コットンエンジンの省略)はコットン繊維を種の殻と時々べたつく種から別ける、其れまで手作業だった仕事を素早く簡単にする機械。


Banker to the Dupont empire at this time was a certain Andrew Mellon, who also happened to be a Congressman and Secretary to the Treasury. Included in Mellon's portfolio was responsiblity for the Federal Bureau of Narcotics. Mellon appointed his nephew-in-law, Harry Anslinger to head the Bureau. Collusion cannot be proved, but Anslingers activities in this role had a huge indirect impact on American agricultural and manufacturing processes, and of course Mellon's business interests.
当時のデュポン帝国の銀行はアンドリューメロンでそして偶然にも彼は下院議員、又財務長官度もあった。彼のポトフォリオは連邦麻薬局についての責任も含んでいた。メロンは甥のハリー アンスリンガーを局長に任命した。共謀していたかどうかは証明できないが、然し、アンスリンガーのこの役割(連邦麻薬局長)での活動は間接的にアメリカ農業と其の製造過程に、そして勿論メロンのビジネスの利害に大きな影響を与えた。

In December 1937 Anslinger introduced the Marijuana Tax Bill, an event which proved to be the beginning of the era of Prohibition of Cannabis.
1937年12月アンスリンガーはマリワナ税条例を制定し、此れはカナビス(麻類)の使用販売禁止の始まりと後に理解される様になった。

Simultaneously, a fear campaign of anti-Marijuana propaganda was run as front page "news" stories by one of America's most powerful newspaper proprietors, Randolf Hearst. By coincidence Hearst had begun using wood-pulp for paper and invested heavily in its production. The chemicals used to make the wood-pulp suitable for news-print were supplied by Dupont Chemicals. Hemp's fate was sealed.
と同時に、ランドルフハーストによって所有されるアメリカで最も勢力のある新聞の第一面の記事で、市民を恐れさせる事が目的の反マリワナプロパガンダが行われた。偶然にもハーストは彼の新聞の為に木材パルプを使い始め、其れの生産に多大な投資をしていた。木材パルプを新聞紙として使える様にする為に使われた化学薬品はデュポンによって提供された。麻に最後の止めが刺された。

Few of the congressmen who voted in favour of this Bill realised that they were in effect making all strains of Hemp illegal, subsequently wiping out the industrial hemp industry. In an age when environmental awareness was still dismally limited, fewer of these law-makers could have imagined the future ramifications in terms of environmental degradation which would result from this conspiracy to remove hemp, the strongest, most ecologically sustainable and least pollutant of fibres, from the available range of raw materials suitable for manufacture of paper, rope and cloth fabric.
この条例の賛成票を投票した議員の中で事実上全ての麻類を違法にし結果的に麻工業を全滅させている事に気づいた議員は少なく、其の中でも、環境についての認識が情けないほど限られていた時代に、製紙、ロープ、布の為入手出来る原料の中で最も強く生態環境を支える事が出来、そして汚染が最も少ない繊維である麻を抹殺する陰謀が将来の環境劣化に及ぼす影響を想像出来た議員の数はもっと少なかった。


William Randolph Hearst,
ウイリアム ランドルフ ハースト

Newspaper & printmill baron
新聞&印刷業王


(baronバロンは男爵と言う意味ですが、軽蔑的な意味で~王、と言う場合アメリカ英語ではバロンが使われます。例えば、19世紀後半~20世紀初頭のアメリカの企業家、資本家達、カーネギー、ロックフェラー、メロン、モーガン、ヴァンダービルト、等はRobber baron泥棒男爵と呼ばれています。)

Randolph Hearst was, during his lifetime, proprietor of one of the largest and most powerful newspaper empires in the U.S.A.
ランドルフハーストは彼の生きた時代合衆国最大で最強の新聞帝国の所有者であった。

Through editorial sway over his print-media outlets, Hearst introduced to America and the rest of the world the Mexican slang term Marihuana. Anti-Marihuana proganda in headlines and front-page stories from Hearst Newspapers were used by Harry Anslinger, head of the Federal Bureau of Narcotics, for his famous Gore File and later as the main body of evidence to support and push through the Marihuana Tax Bill of 1937, the beginning of prohibition as we know it today. By subtly linking the Marihuana menace with racial overtones, Hearst and Anslinger cleverly played on American pre-war xenophobia and isolationism.
彼の出版物への編集上の影響力を利用してハーストはメキシコのスラングである“マリワナ”をアメリカやその他の諸国に紹介した。ハーストの新聞の反マリワナプロパガンダの見出しや第一面の記事は連邦麻薬局長のハリーアンスリンガーによって1937年のマリワナ税条例を議会で承認させる為、後に主な証拠となった彼の有名な“ゴア ファイル”として利用された。巧妙にマリワナの脅威を人種差別に絡め、ハーストとアンスリンガーは戦前のアメリカ人の外国嫌いや孤立主義を巧妙に利用していった。

This was beginning of the "smoke-screen" which uses the confusion between industrial hemp and "illicit psycho-stimulants" as a lever for eliminating the traditional use of hemp fibre from the Capitalist equation. This is still the problem to this day in gaining research funding for industrial use of the hemp.
これは工業用ヘンプ(麻)と違法精神刺激薬(マリワナカナビス)の混乱を利用して伝統的な麻繊維を資本家の領域から排除する手段としての“煙幕”の始まりであった。これは現在でも麻の工業的利用の研究費を獲得する為に障害になっている。

Was it coincidence that around the time of this wave of media hysteria, Hearst had tooled up his paper mills to use wood-pulp as the raw material for the large scale manufacture of paper, no doubt a substantial commitment and investment? It was clearly not in Hearst's interest to see the strongest traditional challenger as an alternative raw material for paper, hemp, suddenly become much cheaper. The chemicals, such as deadly chlorine bleaches, essential to the process of turning wood-pulp into acceptable paper (a use for which timber is not particularly well-suited) were developed and supplied by Dupont, who by co-incidence (?) also held the patent on hemp's new artificial rival, Nylon.
此れは偶然だったのだろうか?このメディアでのヒステリーの波が押し寄せている時期と同じ頃に、ハーストは彼の製糸工場を木材パルプを新しい原料として大規模な紙生産の為に使う様に設備の交換をしていたのだった。真剣な取り組みとかなりの額の投資があったのは疑い無いだろう。当然、麻と言う伝統的な強敵が紙の代替原料として突然もっと安価になるのはハーストにとっては利益になる事ではなっかった。木材パルプを使用可能な紙にする工程に必要な劇薬である塩酸漂白剤の様な化学物質(材木はこの使用には適していない)はデュポンによって開発され補給されていた。そして偶然?デュポンは又麻の新しいライヴァルであるナイロンの特許権を所有していた。

The consequences of America going down this road have been felt in rainforests the world over in succeeding decades. Australia, still in a phase of political and cultural insecurity, followed blindly on "the shirt-tails" of this immoral conspiracy by the leading capitalists of the pre-war era. Little, if any, research has been carried out into these issues "down under".
アメリカがこの道を選んだ事は其の後の何十年間、世界中の雨林に影響を与えた。未だに政治的文化的に自信の無いオーストラリアは盲目的に("the shirt-tails")ザシャツテイルの様な不道徳な戦前の支配的資本家の陰謀に追随した。オーストラリア"down under".ではこの問題については殆ど研究がなされていない。

the shirt-tails 19世紀、ニューヨーク、マンハッタンのFive Pointsファイヴポインツスのスラムを拠点としたギャンググループの名前。メンバーの印として、シャツをズボン中に入れず着用した事が名前の由来。

down under オーストラリアの別名。



ejnews:今日はアメリカとオーストラリアからの翻訳でした。一寸長い翻訳でしたがアメリカではこの記事の様に麻の栽培が禁じられていたのです。ここ10年程は実験農場等で実験栽培が多く行われ始め政府等からも援助があるとの話もありますが、私には麻栽培禁止がどれだけ変わって来たのか実際には分かりません。数々の州で麻の栽培を合法にする取り組みがされているようで北ダコタ州では法案が議会の賛成を得るのを待っている様です。
 記事にもある様に麻の繊維を分離する機械は既に1937年に完成していたのです。若し麻が紙の安価な主要原料となっていたとしたら世界中のジャングル、森林は現在ほど荒らされてはいず、河川の汚染も少なかったはずです。麻は元々雑草の様な植物ですから、除草剤も殆ど必要なく農薬の環境被害も最小限に引き留める事が出来た筈ですが、デュポンは石油化学企業ですから農薬製造にも関係しているので、その辺でも麻は石油化学業界の敵なのでしょう。又、ヘンプシード(麻の実)は非常に栄養価が高く、取れる油もフラックスシードオイルよりも安定していて家庭での保存が容易だそうです。
 処で、ヘンリー フォードは元々アルコールを燃料と考えていて、ディーゼルエンジンを開発したルドルフ ディーゼルも植物オイルを燃料に想定してディーゼルエンジンを開発、1900年のワールドフェアではピーナッツオイルを燃料にエンジンを始動させたのです。フォードは植物から作られるプラスチックで車体を作る事を最初から研究し、大豆からプラスチックを製造し、麻も繊維やオイル等がプラスチック、燃料の原料とされ1941年には植物プラスチックで車体が作られた自動車を完成したのですが、どう言う訳か突然植物から自動車を作り植物燃料を使う計画を放棄したそうです。理由は不明だそうです。
 YouTubeでヘンリーフォードの麻プラスチック自動車の映像を見る事が出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=bxlj6fgQ-ZU
          と言う cannabis hemp dot info episode #2 タイトルです。

 ルドルフディーゼルは1913年に乗っていた客船から行方不明となり10日後に水死体で発見されています。当時は電気自動車、アルコールを燃料とした自動車、ディーゼルの植物オイルエンジン、等どのエンジン、燃料が並存していて、どれが自動車の主流になるか不明な時代でディーゼルは石油業界の誰かに暗殺されたのではと言う憶測も在るようです。
 然し、若し本当にナイロンや木材パルプの利益を護る為マリワナを利用して麻栽培を非合法化したとすると、彼等資本家は我々庶民と違って精神的に異常者ですね!

Ralph Nader ラルフ ネイダー曰く

Many corporate officials share a common, perverse outlook. To them, the globe is viewed primarily as a common market and capital source. Governments, laws and democracy are inconvenient factors that restrict their exploitation and limit their profit. From their perspective, the goal is to eliminate market barriers on a global scale. From any other humane perspective, such barriers are seen as valued safeguards established to protect a nation's population ...
多くの企業の重役達は1つの共通の異常なな見解を共有している。彼等にとって地球は基本的に共有される市場で資本の源泉と見られている。政府、法律、そして民主主義は彼等にとって彼等の富の搾取を制限し利益を抑制する不便な要素なのである。彼等のパースペクティヴ(見地)によると、目標は世界的に市場の障害物を排除する事にある。然し、他の全ての人間的なパースペクティヴによると、其の同じ障害物は国民を保護する為に確立された安全措置として捉えられている。

ウイキペディア より。
the United States Government does not distinguish between marijuana and non-psychoactive Cannabis used for industrial and commercial purposes.
 米合衆国はマリワナと他の精神的作用の無いカナビス(麻類)を工業用、商業用の為に区別してない。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


教科書からは習えない感謝祭の歴史。

Native Blood: The Myth of Thanksgiving
原住民の血:感謝祭の伝説

http://revcom.us/a/firstvol/883/thank.htm
Revolutionary Worker #883, November 24, 1996

Every schoolchild in the U.S. has been taught that the Pilgrims of the Plymouth Colony invited the local Indians to a major harvest feast after surviving their first bitter year in New England. But the real history of Thanksgiving is a story of the murder of indigenous people and the theft of their land by European colonialists--and of the ruthless ways of capitalism.

アメリカの全ての学校で子供達はニューイングランドでプリモス植民地のピルグリム達が最初の厳しい年を生き延びた後、近辺のインデアン達を大規模な御馳走に招待したと習ってきています。然し、感謝祭の本当の歴史は原住民の殺害やヨーロッパからの入植者による原住民の土地の奪取、そして冷酷な資本主義の物語なのです。
* * * * *
In mid-winter 1620 the English ship Mayflower landed on the North American coast, delivering 102 Puritan exiles. The original Native people of this stretch of shoreline had already been killed off. In 1614 a British expedition had landed there. When they left they took 24 Indians as slaves and left smallpox behind. Three years of plague wiped out between 90 and 96 percent of the inhabitants of the coast, destroying most villages completely.

1620年の冬の真っ只中102人のピューリタン亡命者を運んでいるイギリスの船メイフラワー号が北米海岸に着岸した。其処に広がる海岸線の元々の原住民は既に殲滅されていた。1614年にイギリスの探検隊が其処に上陸していた。彼等が其処を去った時24人のインデアンを奴隷として連れ去り天然痘を残して行った。3年間の疫病は其の海岸線の90%~96%の住民を抹殺し殆どの村完全に破壊した。

The Puritans landed and built their colony called "the Plymouth Plantation" near the deserted ruins of the Indian village of Pawtuxet. They ate from abandoned cornfields grown wild. Only one Pawtuxet named Squanto had survived--he had spent the last years as a slave to the English and Spanish in Europe. Squanto spoke the colonists' language and taught them how to plant corn and how to catch fish until the first harvest. Squanto also helped the colonists negotiate a peace treaty with the nearby Wampanoag tribe, led by the chief Massasoit.

ピューリタンは打ち捨てられたプワトセット族の村の廃墟の近くに上陸し植民地を建設し“プリモス農園”と名づけた。彼等は放棄されたトウモロコシ畑の玉蜀黍が野生化したものを食べた。唯一人セクワントと言う名のプワトセットが生き残り、彼は最後の日々を奴隷としてヨーロッパのイギリスとスペインに送られて過ごした。スクワントは植民者の言葉を喋り、玉蜀黍の栽培方法を彼等に教え次の収穫まで魚の取り方を教えた。スクワントは植民者のマサソワット酋長に率いられた近隣のワンパノワグ族との平和協定の協議を補佐した。

These were very lucky breaks for the colonists. The first Virginia settlement had been wiped out before they could establish themselves. Thanks to the good will of the Wampanoag, the Puritans not only survived their first year but had an alliance with the Wampanoags that would give them almost two decades of peace.

幸運な種類の植民者達が居た。最初のヴァージニア開拓地は彼等が成功を収める前に全滅してしまった。ワンパノワグ族の好意のお陰でピューリタン達は最初の冬を生き延びただけでなく、ワンパノワグ族と同盟を結び、其れは殆ど20年間の平和を彼等に与えたのであった。

John Winthrop, a founder of the Massahusetts Bay colony considered this wave of illness and death to be a divine miracle. He wrote to a friend in England, "But for the natives in these parts, God hath so pursued them, as for 300 miles space the greatest part of them are swept away by smallpox which still continues among them. So as God hath thereby cleared our title to this place, those who remain in these parts, being in all not 50, have put themselves under our protection."
The deadly impact of European diseases and the good will of the Wampanoag allowed the Puritans to survive their first year.
In celebration of their good fortune, the colony's governor, William Bradford, declared a three-day feast of thanksgiving after that first harvest of 1621.

How the Puritans Stole the Land
ピューリタンが土地を奪い取った方法は?


But the peace that produced the Thanksgiving Feast of 1621 meant that the Puritans would have 15 years to establish a firm foothold on the coast. Until 1629 there were no more than 300 Puritans in New England, scattered in small and isolated settlements. But their survival inspired a wave of Puritan invasion that soon established growing Massachusetts towns north of Plymouth: Boston and Salem. For 10 years, boatloads of new settlers came.
And as the number of Europeans increased, they proved not nearly so generous as the Wampanoags.

1621年の感謝祭の御馳走を作り出す原因となった平和は、海岸地方でピューリタンが確かな足場を作り出すのに15年費やす事が出来る事になった。1629年までにはニューイングランドには300人程のピューリタンしかいなかった。然し彼等の生存が波の様なピューリタンの侵略を誘発し、直ぐにプリモスの北マサチューセッツ、ボストン、サーレムの発展する町々を基礎付けた。10年間船に溢れ返る開拓者達がやって来た。

On arrival, the Puritans discussed "who legally owns all this land." They had to decide this, not just because of Anglo-Saxon traditions, but because their particular way of farming was based on individual--not communal or tribal--ownership. This debate over land ownership reveals that bourgeois "rule of law" does not mean "protect the rights of the masses of people."

到着と同時にピューリタン達は『誰が一体法的に土地を所有しているのか?』と話し始めた。彼等はこの事に付き決定しなければならなかった、何故なら其れはアングロサクソンの伝統からではなく、彼等の特別の農園経営は共同分配や部族分配ではなく、個人所有に基礎を置いていたからである。この土地所有権についての議論はブルジョワジーの“法の支配”は“庶民の権利の保護”を意味する物ではない事を露わにしている。

Some Puritans argued that the land belonged to the Indians. These forces were excommunicated and expelled. Massachusetts Governor Winthrop declared the Indians had not "subdued" the land, and therefore all uncultivated lands should, according to English Common Law, be considered "public domain." This meant they belonged to the king. In short, the colonists decided they did not need to consult the Indians when they seized new lands, they only had to consult the representative of the crown (meaning the local governor).

少数のピューリタンは土地はインデアンに所属すると議論したが、この勢力は破門され追放されてしまった。マサチューセッツの知事ウインスロップはインデアンは土地を“征服”しなかった、この事は開拓されていない土地は英国習慣法に基き公有地と見なされると宣言した。此れはそれらの土地は英国王に所有される事を意味する。手短に言うと、新しい土地を押収した時彼等はインデアンに相談する必要は無く、唯彼等は王冠の代表者(地方の知事と言う事になる)に相談すれば良いと言う事に植民者達は決定した。

The Puritans embraced a line from Psalms 2:8. "Ask of me, and I shall give thee, the heathen for thine inheritance, and the uttermost parts of the earth for thy possession." Since then, European settler states have similarly declared god their real estate agent: from the Boers seizing South Africa to the Zionists seizing Palestine.

ピューリタン達は神を讃える詩2:8“願いなさい、そうすれば私は貴方に与えるでしょう、異教徒達よ!貴方の所有物として、世界の果てまで貴方の所有に”其れ以降ヨーロッパの開拓者達は同様に神様を彼等の不動産業者だと宣言した。ボーア達の南アフリカの奪取からシオニストのパレスチナ奪取まで。

Boersボーア:南アフリカに移民したオランダ人、ボーア戦争でイギリスに敗戦する。
Zionists シオニスト:オーストラリアのユダヤ人によって提唱されたパレスチナにユダヤ教徒の為の国家を築く民族運動。第二次世界大戦後イスラエルを建国した。然し、伝統的なユダヤ教徒によるとイスラエル建国以前にメシヤが出現しなかったのでイスラエルは地上でのユダヤ教徒の国家ではないと言う。


The European immigrants took land and enslaved Indians to help them farm it. By 1637 there were about 2,000 British settlers. They pushed out from the coast and decided to remove the inhabitants.

ヨーロッパ移民達は土地を取り上げ農場労働を助ける為にインデアンを奴隷とした。1637年までには約2千人のイギリス人開拓者達がいた。彼等は海岸地帯から元の住人を押し出し、移動させる事に決めた。

The Birth of"The American Way of War"
“アメリカ風戦争”の誕生


In the Connecticut Valley, the powerful Pequot tribe had not entered an alliance with the British (as had the Narragansett, the Wampanoag, and the Massachusetts peoples). At first they were far from the centers of colonization. Then, in 1633, the British stole the land where the city of Hartford now sits--land which the Pequot had recently conquered from another tribe. That same year two British slave raiders were killed. The colonists demanded that the Indians who killed the slavers be turned over. The Pequot refused.

コネチカットヴァリーでは、強力なピコワット族はイギリスとの同盟には参加していなかった(ナラガンセット、ワンパノアグ、マサチューセッツ族の人々は同盟に参加していた)初期には彼等は植民地の中心から離れていた。然し、1633年イギリス人がピコワット族が其の頃他の部族から征服した土地を盗んでしまった。(現在ハートフォード市が位置している土地)同年イギリスの奴隷狩りの侵入者が殺害された。植民者達は奴隷狩り侵入者を殺したインデアンを出頭させる様に要求した。ピコワットは拒絶した。

The Puritan preachers said, from Romans 13:2, "Whosoever therefore resisteth the power, resisteth the ordinance of God: and they that resist shall receive to themselves damnation." The colonial governments gathered an armed force of 240 under the command of John Mason. They were joined by a thousand Narragansett warriors. The historian Francis Jennings writes: "Mason proposed to avoid attacking Pequot warriors which would have overtaxed his unseasoned, unreliable troops. Battle, as such, was not his purpose. Battle is only one of the ways to destroy an enemy's will to fight. Massacre can accomplish the same end with less risk, and Mason had determined that massacre would be his objective."

ピューリタン伝道師は聖書のローマン13:2から引用して言った『権力に抵抗する者は神の法に抵抗する者、故に抵抗する者は天罰を受ける』。植民地知事は武装した240人をジョンメイソンの指揮下に集めた。彼等には何千人ものナラガンセット族の闘士達が参加した。歴史家フランシスジェニングスは『メイソンは、彼の頼りにならない、経験の足りない部隊に必要以上の負担を課す恐れがあると、ピコワット族に対する攻撃を避ける提案をした。疎の様な戦いは彼の目的ではない。戦いは敵の戦意を削ぐ為の単なる方法の一つである。虐殺は同様の結果をリスクの少ない方法で達成できる。そしてメイソンは虐殺が彼の目標だと決意した。』と書いている。

The colonist army surrounded a fortified Pequot village on the Mystic River. At sunrise, as the inhabitants slept, the Puritan soldiers set the village on fire.

植民地軍はミスティック川の畔のピコワット族の村を包囲し、未だ村の住人が寝ている日の出にピューリタン兵は村に火を放った。

William Bradford, Governor of Plymouth, wrote: "Those that escaped the fire were slain with the sword; some hewed to pieces, others run through with their rapiers, so that they were quickly dispatched and very few escaped. It was conceived they thus destroyed about 400 at this time. It was a fearful sight to see them thus frying in the fire...horrible was the stink and scent thereof, but the victory seemed a sweet sacrifice, and they gave the prayers thereof to God, who had wrought so wonderfully for them."

プリモス知事ウイリアムブラッドフォードは『被害者が短時間で処分される様に、火から逃げ出した者は刀で殺害され、ある者は滅多切りにされ、又他の者はレピアーで串刺しにされた。極少数の者しか逃げ出せなかった。今回は400人を殺害したと考えられた。彼等が火に炙られるのを見る事は恐るべき光景だった。其れが放つ臭いも酷かった。だが勝利は甘い犠牲の様だ。そして彼等は素晴らしい働きを彼らの為にした神への祈りを捧げた。』

Mason himself wrote: "It may be demanded...Should not Christians have more mercy and compassion? But...sometimes the Scripture declareth women and children must perish with their parents.... We had sufficient light from the word of God for our proceedings."

メイソン自身も『其れは要求されていた………………キリスト教信者はもっと慈悲と哀れみを持つべきではないのか?しかし……….時々聖書は女子供は両親と一緒に死ぬべきだと宣言する…………我々は我々の行為の為に神の言葉からの充分な光を受けている。』

Three hundred and fifty years later the Puritan phrase "a shining city on the hill" became a favorite quote of Ronald Reagan's speechwriters.

350年後ピューリタンの言葉『丘の上の輝く都市』はロナルドレーガン大統領の演説を書く作家の一番好きな引用となったのです。

Discovering theProfits of Slavery
奴隷制度からの利益の発見


This so-called "Pequot war" was a one-sided murder and slaving expedition. Over 180 captives were taken. After consulting the bible again, in Leviticus 24:44, the colonial authorities found justification to kill most of the Pequot men and enslave the captured women and their children. Only 500 Pequot remained alive and free. In 1975 the official number of Pequot living in Connecticut was 21.

所謂“ピコワット戦争”と呼ばれる戦いは一方的な殺人と奴隷獲得の探検行為だった。180人以上が奴隷として連れ去られた。又しても聖書のレビ記22:44に相談した後に植民地の権威者はピコワット族の男と捕らわれ奴隷にされた女達と彼女達の子供達を殺す言い訳を見つけ出した。ほんの500人のピクワット族が自由の身で生き延びた。1975年、コネチカットで住んでいるピクワット族の公式な人口は21人である。

Some of the war captives were given to the Narragansett and Massachusetts allies of the British. Even before the arrival of Europeans, Native peoples of North America had widely practiced taking war captives from other tribes as hostages and slaves.

戦争の捕虜の一部はイギリスと同盟していたナラガンセット族とマサチューセッツ族に与えられた。ヨーロッパ人の到来以前から北アメリカの原住民の間では人質や奴隷の為の戦争捕虜を他の部族から取る事が広く行われていた。

The remaining captives were sold to British plantation colonies in the West Indies to be worked to death in a new form of slavery that served the emerging capitalist world market. And with that, the merchants of Boston made a historic discovery: the profits they made from the sale of human beings virtually paid for the cost of seizing them.

残された捕虜は新しく現れた資本家の世界市場としての役目を果す新しい種類の奴隷として、西インド諸島のイギリスの植民地農園に死ぬまで働く為に売られた。其の事実によってボストンの商人達は歴史的発見をしたのだった。其れは人間を売る事によって得た利益は実質的に彼等を捕らえる為に費やした費用を贖うものであると言う事だ。

One account says that enslaving Indians quickly became a "mania with speculators." These early merchant capitalists of Massachusetts started to make genocide pay for itself. The slave trade, first in captured Indians and soon in kidnapped Africans, quickly became a backbone of New England merchant capitalism.

『奴隷となったインデアンは投機家達の熱狂の的となった』と証言は述べている。これ等のマサチューセッツの初期の商人資本家達は民族大量殺戮をそれ自身採算が取れる物とし始めて行った。捕虜となったインデアンからまり直ぐにアフリカ人を誘拐する事に到った奴隷貿易は素早くニューイングランドの商人資本主義の最も重要な商売となっていった。

Thanksgiving in theManhattan Colony
マンハッタン植民地での感謝祭。


In 1641 the Dutch governor Kieft of Manhattan offered the first "scalp bounty"--his government paid money for the scalp of each Indian brought to them. A couple years later, Kieft ordered the massacre of the Wappingers, a friendly tribe. Eighty were killed and their severed heads were kicked like soccer balls down the streets of Manhattan. One captive was castrated, skinned alive and forced to eat his own flesh while the Dutch governor watched and laughed. Then Kieft hired the notorious Underhill who had commanded in the Pequot war to carry out a similar massacre near Stamford, Connecticut. The village was set fire, and 500 Indian residents were put to the sword.

1641年にオランダの知事キーフオブマンハッタンが始めての“頭皮賞金”を提供した。彼の政府は持ち込まれた個々のインデアンの頭皮に賞金を払ったのだ。2年程後キーフ知事は友好的な部族ワピンガー族の虐殺を命令した。80人が殺害され、切り落とされた頭はサッカーボールの様にマンハッタンの通りで蹴られた。一人の捕虜はオランダ人知事が笑いなが謁見している前で、去勢され生きながら皮を剥がれ自分自身の肉を食べる事を強制された。キーフはコネチカットのスタムフォードの近くで同様の虐殺をピクワット戦争で指揮をした悪評高いアンダーヒルを雇用した。其の村は放火され500人のインデアンが刀で殺害された。

A day of thanksgiving was proclaimed in the churches of Manhattan. As we will see, the European colonists declared Thanksgiving Days to celebrate mass murder more often than they did for harvest and friendship.

そして、マンハッタンの教会によって感謝祭の日が宣言された。この様にヨーロッパからの植民者達は収穫や友好を祝うよりも多くの場合虐殺を祝う為に感謝祭を宣言した。

The Conquest of New England
ニューイングランドの征服。

By the 1670s there were about 30,000 to 40,000 white inhabitants in the United New England Colonies--6,000 to 8,000 able to bear arms. With the Pequot destroyed, the Massachusetts and Plymouth colonists turned on the Wampanoag, the tribe that had saved them in 1620 and probably joined them for the original Thanksgiving Day.
1670年代迄には約3~4万人の白人がニューイングランド植民地に住むようになっていた、其の内6千~8千人が武装可能だった。ピコワット族が殲滅された事によってマサチューセッツとプリモスの植民者達は1620年植民者達を救い恐らく最初の感謝祭に参加したワンパノアグ族に狙いを定める様になった。

In 1675 a Christian Wampanoag was killed while spying for the Puritans. The Plymouth authorities arrested and executed three Wampanoag without consulting the tribal chief, King Philip.

1675年キリスト教徒のワンパノアグ族がピューリタンの為にスパイ行為をしている時に殺害された。プリモスの支配権力は部族の酋長キングフィリップに相談することなく3人のワンパノアグ族を死刑にしてしまった。

As Mao Tsetung says: "Where there is oppression there is resistance." The Wampanoag went to war.

毛沢東が『圧政のある所には反抗がある』と言った様にワンパノアグ族は戦いを始めた。

The Indians applied some military lessons they had learned: they waged a guerrilla war which overran isolated European settlements and were often able to inflict casualties on the Puritan soldiers. The colonists again attacked and massacred the main Indian populations.

インデアン達は彼等が習得した軍事教育を実戦に使用した。インデアン達はゲリラ戦を戦い辺鄙な所に在るヨーロッパ人開拓地を圧倒し多々ピューリタン兵に損害を与えることが出来た。殖民者達はインデアンの本拠地を襲撃し虐殺を繰り返した。

When this war ended, 600 European men, one-eleventh of the adult men of the New England Colonies, had been killed in battle. Hundreds of homes and 13 settlements had been wiped out. But the colonists won.

戦いが終わった時ニューイングランドの成人の11分の1に相当する600人のヨーロッパ人が戦いで命を落とし、数百の家々が失われ13の開拓地が壊滅した。然し植民者達は戦いに勝利したのだった。

In their victory, the settlers launched an all-out genocide against the remaining Native people. The Massachusetts government offered 20 shillings bounty for every Indian scalp, and 40 shillings for every prisoner who could be sold into slavery. Soldiers were allowed to enslave any Indian woman or child under 14 they could capture. The "Praying Indians" who had converted to Christianity and fought on the side of the European troops were accused of shooting into the treetops during battles with "hostiles." They were enslaved or killed. Other "peaceful" Indians of Dartmouth and Dover were invited to negotiate or seek refuge at trading posts--and were sold onto slave ships.

勝利の後、殖民者達は原住民に対して抑制を知らない大量虐殺を始めた。マサチューセッツ植民地政府はインデアンの頭皮一枚に20シリングを、奴隷として売り飛ばせる捕虜には40シリングを提供した。捕虜に出来るインデアンの女性や14歳以下の子供達を奴隷とする事が兵士達には許されていた。“祈りをするインデアン”と呼ばれたキリスト教に改宗しヨーロッパ植民地軍と共に戦ったインデアン達は戦闘の最中に木々の梢を狙って撃っていると非難され“敵対的”として奴隷にされるか殺害された。ダートマスやっドーヴァーの他の“平和的”インデアン達は協定を結ぶ為に招待されるか若しくは交易地に避難を許され後に奴隷船に売り飛ばされた。

It is not known how many Indians were sold into slavery, but in this campaign, 500 enslaved Indians were shipped from Plymouth alone. Of the 12,000 Indians in the surrounding tribes, probably about half died from battle, massacre and starvation.

奴隷として売り飛ばされたインデアンの人口は不明ではあるがこの戦いでプリモスだけでも500人の奴隷にされたインデアンが船で送り出された。この周辺の1万2千人のインデアン部族の内恐らく半数が戦闘や虐殺そして飢餓で死んでしまった。

After King Philip's War, there were almost no Indians left free in the northern British colonies. A colonist wrote from Manhattan's New York colony: "There is now but few Indians upon the island and those few no ways hurtful. It is to be admired how strangely they have decreased by the hand of God, since the English first settled in these parts."

キングフィリップス戦争の後北部のイギリス植民地では自由なインデアンは殆ど一人も居なくなってしまった。『この島ではやっとインデアンがいなくなった居たとしても極少数になってしまった。そして彼等はもう我々に危害を与える存在ではなくなった。そしてこの地域に始めてイギリス人が定住してから、不可思議にも神の手によってインデアンの人口が減少したことは驚嘆に値する。』と或る殖民者はニューヨーク植民地のマンハッタンから手紙を書いている。

In Massachusetts, the colonists declared a "day of public thanksgiving" in 1676, saying, "there now scarce remains a name or family of them [the Indians] but are either slain, captivated or fled."

1676年、マサチューセッツで『今、インデアンと言う名や種類の恐怖は殆ど残っていない、インデアンは殺されたか、捕らわれたか若しくは逃走してしまった。』と言って植民者達は公式の感謝祭を宣言した。

Fifty-five years after the original Thanksgiving Day, the Puritans had destroyed the generous Wampanoag and all other neighboring tribes. The Wampanoag chief King Philip was beheaded. His head was stuck on a pole in Plymouth, where the skull still hung on display 24 years later.

初めての感謝祭から55年後ピューリタンは気前の良いワンパノアグ族や周辺の全ての部族を殲滅してしまった。ワンパノアグ族の酋長キングフィリップの首は切り落とされ、彼の切り落とされた頭はプリモスで串刺しにされ見世物になり、其の頭蓋骨は其のまま同じ場所で24年後まで見世物にされ続けた。

The descendants of these Native peoples are found wherever the Puritan merchant capitalists found markets for slaves: the West Indies, the Azures, Algiers, Spain and England. The grandson of Massasoit, the Pilgrim's original protector, was sold into slavery in Bermuda.

Runaways and Rebels
逃亡者と反抗者


But even the destruction of Indian tribal life and the enslavement of survivors brought no peace. Indians continued to resist in every available way. Their oppressors lived in terror of a revolt. And they searched for ways to end the resistance. The historian MacLeod writes: "The first `reservations' were designed for the `wild' Irish of Ulster in 1609. And the first Indian reservation agent in America, Gookin of Massachusetts, like many other American immigrants had seen service in Ireland under Cromwell."

然し、インデアンの部族生活の破壊も生存者の奴隷化も平和をもたらさなかった。インデアンは引き続き可能な限り抵抗を続け、彼等の圧政者は叛乱の恐怖に慄きながら暮らし続けた。そして彼等は抵抗を阻止する方法を探した。歴史家マクラウドは『最初の居留地は1609年にアイルランドのアルスター地方の手におえない“ワイルド”アイルランド人の為に計画された。そして、アメリカで最初のインデアン居留地の責任者、マサチューセッツのグーキンは他のアメリカへの移民がそうであった様にアイルランドでクロムェルの下で従軍の経験があった。』と書いている。

Ejnews:クロムエルのアイルランドでのキャンペーンは其の残虐性が有名で,幾つかの都市では何千人もの英国王党派兵、アイルランド兵、市民等を何千人も殺害し、又何千人ものアイルランド人が奴隷として売られたと言う事です。

The enslaved Indians refused to work and ran away. The Massachusetts government tried to control runaways by marking enslaved Indians: brands were burnt into their skin, and symbols were tattooed into their foreheads and cheeks.

奴隷とされたインデアンは労働を拒否し逃亡した。マサチューセッツ政府はインデアンの皮膚に烙印を押したりシンボルを額や頬に刺青にしたりしてインデアンの逃亡をコントロールし様とした。

A Massachusetts law of 1695 gave colonists permission to kill Indians at will, declaring it was "lawful for any person, whether English or Indian, that shall find any Indians traveling or skulking in any of the towns or roads (within specified limits), to command them under their guard and examination, or to kill them as they may or can."

1695年のマサチューセッツの法律は“イギリス人でもインデアンでも誰にとっても合法であると宣言して植民者に自由にインデアンを殺す事を許可している。若し、旅をしているインデアンや全ての町や道路でこそこそ隠れているインデアンを見つけると、警戒を解くように命令し検査するか彼等を殺傷する事が許される。”

ejnews:数年前の話だったと思います。何時ものようにラジオをつけっ放しにしていたら、ニュースで『“2人の(兵士か)警察官の同行無しにアメリカインデアンがボストン市領域内に入る事は許可されない”とした法律は今年ボストン市議会によって無効とされた!!!!!?????』と言っているではありませんか!勿論、実際にこの法律が適用されたのは昔の事と思いますが、第二次世界大戦中に日系アメリカ人がアメリカインデアンと同じ扱いを受けていますから、意外とこの法律最近まで使われていた可能性もあるのかなあ?と疑ってしまいます。

The northern colonists enacted more and more laws for controlling the people. A law in Albany forbade any African or Indian slave from driving a cart within the city. Curfews were set up; Africans and Indians were forbidden to have evening get-togethers. On Block Island, Indians were given 10 lashes for being out after nine o'clock. In 1692 Massachusetts made it a serious crime for any white person to marry an African, an Indian or a mulatto. In 1706 they tried to stop the importation of Indian slaves from other colonies, fearing a slave revolt.

北方の植民地の住人は人民を支配する為に次から次へと法律を増やしていった。アルバニーの法律はアフリカ系住民やインデアンが市内で馬車を運転する事を禁じていた。門限が決められ、アフリカ系住民やインデアンは夕刻の集会が禁じられた。ブロックアイランドではインデアンが午後9時以降外出していると10回の鞭打ち刑が科せられた。1692年、マサチューセッツは白人のアフリカ系住民、インデアン、混血との結婚を重罪とした。叛乱を恐れて1706年、彼等はインデアン奴隷の他の植民地からの輸入を禁止した。

Celebrate?
お祝いする?


Looking at this history raises a question: Why should anyone celebrate the survival of the earliest Puritans with a Thanksgiving Day? Certainly the Native peoples of those times had no reason to celebrate.

この歴史を見ていると一つの疑問が浮かび上がってくる:一体全体誰が最初のピューリタンの生存を感謝祭で祝わなければならないのか?確かに当時の原住民にとっては祝う理由は無い。

A little known fact: Squanto, the so-called "hero" of the original Thanksgiving Day, was executed by the Indians for his treacheries.

殆ど知られていない事実:所謂最初の感謝祭の“ヒーロー”と呼ばれているスクワントは他のインデアンに裏切り者として処刑されている。

But the ruling powers of the United States organized people to celebrate Thanksgiving Day because it is in their interest. That's why they created it. The first national celebration of Thanksgiving was called for by George Washington. And the celebration was made a regular legal holiday later by Abraham Lincoln during the civil war (right as he sent troops to suppress the Sioux of Minnesota).

然し、合衆国の支配者達は彼等の利益になるので人々を組織して感謝祭を祝っている。だから彼等は感謝祭をでっち上げたのだ。最初の国家の祝日としての感謝祭はジョージワシントンによって行われ、そしてこのお祝いは後にエイブラハムリンカーンによって南北戦争の最中に正規の合法の祝日とされた。(彼が部隊をミネソタのスー族制圧に送っている時)

Washington and Lincoln were two presidents deeply involved in trying to forge a unified bourgeois nation-state out of the European settlers in the United States. And the Thanksgiving story was a useful myth in their efforts at U.S. nation-building. It celebrates the "bounty of the American way of life," while covering up the brutal nature of this society.

ワシントンとリンカーンは合衆国でヨーロッパからの開拓者の中から統一したブルジョワ国家体制をでっち上げようとした努力に深く関わった2人の大統領である。それには感謝祭の伝説は彼等の合衆国国家建設の努力に利用価値があったからである。この祝日は“気前の良いアメリカ風の社会”を祝いつつ、この社会の惨酷な性質を隠している。
________________________________________
This article is posted in English and Spanish on Revolutionary Worker Online
この記事は英語とスペイン語で“革命的労働者オンライン”にポスティングされています。
http://www.mcs.net/~rwor

ejnews:この感謝祭についての記事は“革命的労働者オンライン”と言うサイトの記事です。ejnewsの感謝祭の歴史観と上記の記事の歴史観が同一と言う事でははありません。然し.....................................“歴史は勝者が書く”と言うのは有名な言葉ですが、George Orwell ジョージオーウェルはこう言い残しています。
Who controls the past controls the future. Who controls the present controls the past.
“過去を支配する者は未来を支配し、現在を支配する者は過去を支配する。”
 日本でも第二次大戦前後で学校で教える歴史観が支配階級の主義の変化に応じて変わったと言う良い例がありますよね。





この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


Thanksgiving感謝祭........................の歴史的事実。

Ejnews:今日はアメリカ合衆国の重要な祝日の一つ感謝祭でした。最近は“サンクスギヴィング”とジャパングリッシュにもなっているんでしょうか?処で日本では感謝祭と言うとどの様な事が知られているのでしょうか?アメリカ人の間でも本当の歴史は日常生活では余話題に上らない様です。其処で、今日はインターネットから幾つかの感謝祭についての歴史的説明を翻訳してみました。以下です!

Thanksgiving Day Celebrates A Massacre
感謝祭、虐殺を祝う。


Research compiled, October 19, 1990
by Johyn Westcott and Paul Apidaca
http://www.thepeoplespaths.net/history/ThanksgivingDayMassacre.htm
Copyright © 1990 Westcott/Apidaca
All Rights Reserved
________________________________________
William B. Newell, a Penobscot Indian and former chairman of the Anthropology department at the University of Connecticut, says that the first official Thanksgiving Day celebrated the massacre of 700 Indian men, women and children during one of their religious ceremonies. "Thanksgiving Day" was first proclaimed by the Governor of the then Massachusetts Bay Colony in 1637 to commemorate the massacre of 700 men, women and children who were celebrating their annual Green Corn Dance...Thanksgiving Day to the, "in their own house", Newell stated.

ぺノブスコット インデアンで元コネチカット大学考古学部学部長のウイリアム B ニューエルは一番最初の公式の感謝祭は700人のインデアンの男女子供達を彼等の宗教儀式の日に虐殺した事を祝って行われたと言っている。感謝祭は毎年行われる感謝祭の“緑の玉蜀黍踊り”を彼等の家の中で祝っている700人の男女子供の虐殺を記念して1637年にマサチューセッツ湾植民地知事によって最初に宣言された。とニューエル氏は述べた。

"Gathered in this place of meeting, they were attacked by mercenaries and English and Dutch. The Indians were ordered from the building and as they came forth were shot down, The rest were burned alive in the building-----The very next day the governor declared a Thanksgiving Day.....For the next 100 years, every Thanksgiving Day ordained by a Governor was in honor of the bloody victory, thinking God that the battle had been won."

集会場に集まっている彼等は傭兵や英国人、オランダ人によって攻撃された。インデアン達は建物から出て来る様に命令され、出て来る所を撃ち殺された。生き残りは建物の中で焼き殺された。其の翌日知事は感謝祭の日を宣言した。其の後の100年間、知事によって定められた毎感謝祭は流血の勝利に敬意を払い、神に戦いの勝利を感謝する為に行われた。

In June 1637 John Underhill slaughtered a pequot village in just the manner described above. Narranganset Indians were used as the mercenaries. Governor John Endicott of the Massachusetts Bay Colony proclaimed the pequot war. A pequot chief of sachem named sassacus warred against the Dutch in 1633 over the death of his father. The pequot made no distinction between the Dutch and the English. The Underhill massacre was witnessed and documented by William Branford and an engraving was made illustration the massacre.

1637年6月ジョンアンダーヒルは上記で説明された様にピクワット族の村を虐殺した。ナランガンセットインデアンは傭兵として雇われた。マサチューセッツ湾植民地のジョンエンディコット知事はペクワォット戦争を宣言した。ササクスと言う名前のピクワット族の酋長は1633年に彼の父親の死についてオランダ人に警告した。ピクワット族はオランダ人とイギリス人の間に違いを見なかった。アンダーヒルの行った虐殺はウイリアムブランフォードによって目撃され記録された。そして虐殺を描いた銅版画が作られた。

The Jamestown Colony may be the source for the tradition of Indians under the leadership of Powhaton joining with early settlers for a dinner and helping those settlers through the winter. There were no pilgrims of puritans at Jamestown, however. The present Thanksgiving may therefore be a mixture of the tradition of the Jamestown dinner and the commemoration of the Pequot massacre.

ジェームスタウン植民地は、恐らくポーハントンの指揮の元インデアンが初期の移住者の夕食に参加し移住者の越冬を助けたと言う伝統の起源だろう。ジェームスタウンにはピュ-リタンがやってきた記録は無いが、今日の感謝祭はジェームスタウンの夕食とピクワットの虐殺の記念が混じりあった物のだろう。

The celebration of Thanksgiving as an official holiday possibly roots in the Pequot massacre, while the imagery is of Jamestown with pilgrims, images misused.

公式の祝日としての感謝祭のお祝いはピコワットの虐殺が起源になっている可能性があるが、ジェームスタウンのピルグリムのイメージは誤用された物である。

此処からは“http://hnn.us/articles/406.html”からです。
The Pilgrims Ate Turkey
ピルグリムは七面鳥を食べた?


What did the Pilgrims eat at their Thanksgiving festival? They didn't have corn on the cob, apples, pears, potatoes or even cranberries. No one knows if they had turkey, although they were used to eating turkey. The only food we know they had for sure was deer. 11(And they didn't eat with a fork; they didn't have forks back then.)

ピルグリムは感謝祭で何を食べたのか?彼等はカブ(玉蜀黍の軸)に付いたままの玉蜀黍、林檎、梨、ポテト、そしてクランベリーも食べなかった。彼等は当時七面鳥は食べていたが感謝祭で食べたかどうかは誰も知らない。彼等が食べた唯一つの食べ物で確実なのは鹿なのです。(そして、彼等はフォークを使って食べ無かった,当時フォークは無かったからだ。)

So how did we get the idea that you have turkey and cranberry and such on Thanksgiving? It was because the Victorians prepared Thanksgiving that way. And they're the ones who made Thanksgiving a national holiday, beginning in 1863, when Abe Lincoln issued his presidential Thanksgiving proclamations...two of them: one to celebrate Thanksgiving in August, a second one in November. Before Lincoln Americans outside New England did not usually celebrate the holiday. (The Pilgrims, incidentally, didn't become part of the holiday until late in the nineteenth century. Until then, Thanksgiving was simply a day of thanks, not a day to remember the Pilgrims.)

じゃあ如何して七面鳥とクランベリーやその様な物を感謝祭に食べるなんてアイデアを思い付いたんだろう?其れはビクトリア時代の人々が感謝祭(の食べ物)をその様に料理したからなんだ。そして(ビクトリア時代の)彼等が感謝祭を国の祝日にしたんです。其れはエイブラハム リンカーンが感謝祭大統領宣言…………..二つの………..をした1963年に始まり、一つの感謝祭を8月に、二つ目を11月にお祝いする事でした。リンカーン以前はアメリカ人はニューイングランド以外ではこの祝日を普通祝っていなかったんです。(ちなみに、ピルグリムは19世紀の後半までこの祝日の一部になりませんでした。其の時まで、感謝祭はピルグリムを記念してのお祝いではなく、単に感謝の日でした。)

The Pilgrims Landed on Plymouth Rock
ピルグリムはプリモスロックの上に上陸した?


According to historian George Willison, who devoted his life to the subject, the story about the rock is all malarkey, a public relations stunt pulled off by townsfolk to attract attention. What Willison found out is that the Plymouth Rock legend rests entirely on the dubious testimony of Thomas Faunce, a ninety-five year old man, who told the story more than a century after the Mayflower landed. Unfortunately, not too many people ever heard how we came by the story of Plymouth Rock. Willison's book came out at the end of World War II and Americans had more on their minds than Pilgrims then. So we've all just gone merrily along repeating the same old story as if it's true when it's not. And anyway, the Pilgrims didn't land in Plymouth first. They first made landfall at Provincetown. Of course, the people of Plymouth stick by hoary tradition. Tour guides insist that Plymouth Rock is THE rock.

生涯をこの主題の為に捧げた歴史家ジョージウイルソンによると、この岩についてのお話は全く嘘っぱちだそうで、町の住人が注目を引く為にでっち上げたパブリックリレーションの曲芸だったそうだ。ウイルソンの掘り起こした事実は、プリモスロックの伝説はメイフラワーが到着した1世紀以上も後、95歳の爺さんトーマスファウンスの話した当てにならない証言に全て基づいているということだ。不幸な事に、どんな過程で我々がプリモスロックの話を知るようになったのか聞いた人はそんなに多くないのです。ウイルソンの本は第二次世界大戦末期に出版され当時アメリカ人の頭にはピルグリムよりもっと別の事があったのです。だから出鱈目にも拘らず、私達は同じ古いお話があたかも本当の様に幸せいっぱいって感じでやってきたんです。其れと、兎に角ピルグリムはプリモスに最初上陸しなかったんです。彼等は最初プロヴィンスタウンに陸地を発見したんです。勿論プリモスの住人は古色蒼然たる昔話の伝統を固守していて、ツアーガイド達はプリモスロックが正に其の岩だと言い張るのです。

Pilgrims, Puritans -- Same Thing
ピルグリム、ピューリタン(清教徒)-------同じ物?


Though even presidents get this wrong -- Ronald Reagan once referred to Puritan John Winthrop as a Pilgrim -- Pilgrims and Puritans were two different groups. The Pilgrims came over on the Mayflower and lived in Plymouth. The Puritans, arriving a decade later, settled in Boston. The Pilgrims welcomed heterogeneousness. Some (so-called "strangers") came to America in search of riches, others (so-called "saints") came for religious reasons. The Puritans, in contrast, came over to America strictly in search of religious freedom. Or, to be technically correct, they came over in order to be able to practice their religion freely. They did not welcome dissent. That we confuse Pilgrims and Puritans would have horrified both. Puritans considered the Pilgrims incurable utopians. While both shared the belief that the Church of England had become corrupt, only the Pilgrims believed it was beyond redemption. They therefore chose the path of Separatism. Puritans held out the hope the church would reform.

大統領もこの事については間違うんだけれどロナルドレーガン大統領は一度ピューリタンのジョンウインスロープをピルグリムだと引用した。ピルグリムとピューリタンは二つの違ったグループなのだ。ピルグリムはメイフラワーでやって来てプリモスに住みついた。ピューリタンは10年後やって来てボストンに住み着いた。ピルグリムは種々雑多な人々を歓迎した。ある人々は富を追及する為に(所謂ピルグリムによってよそ者と呼ばれた人々)、他の人々は宗教上の理由でアメリカに来た(所謂ピルグリムによって聖人と呼ばれた)。ピューリタンは対照的に宗教的自由の為アメリカに来た。若しくは、論理的に正しく言うと、彼等は彼等の宗教を自由に信仰する為に来た。彼等(ピューリタン)は反対意見を歓迎しなかった。私達がピルグリムとピューリタンを混乱している事は(ピューリタンとピルグリム)両者をゾッとさせただろう。ピューリタンはピルグリムの事を救い様の無い程のユートピアンだとと考えていた。両者共に英国国教会は堕落したと考えていたのだがピルグリムだけが国教会はキリストの贖罪をも超えて救済不可能だと考えていたので、彼等は分離の道を選んだのです。ピューリタンは国教会は改心するとの希望を持ち続けていた。

Ejnews: と言う事でした。アメリカ合衆国の歴史、文化、彼等の内面を垣間見る機会だと思いますので次回も感謝祭についての記事を翻訳してみる予定ですがどうなります事やら...........................?


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。