スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)の効用。

Baking Soda Found To Help People with Chronic Kidney Disease
ベーキングソーダは慢性の腎臓病患者を助ける事が発見された。


Wednesday, August 26, 2009 by: S. L. Baker, features writer

http://www.naturalnews.com/026920_soda_disease_baking_soda.html

(NaturalNews) Chronic kidney disease (CKD) is a serious condition marked by the permanent loss of kidney function. When the kidneys are damaged, the organs can't remove wastes and extra water from the blood as well as they should and the result can be a host of serious and even deadly health consequences. But now researchers in the United Kingdom have made a breakthrough in the treatment of advanced CKD -- and it doesn't involve a new drug or high tech surgery. Instead, it's simply a daily dose of sodium bicarbonate or, as it is more commonly called, baking soda.
慢性腎臓病(CKD)は不治の腎臓機能喪失で特徴付けられる重大な疾患です。腎臓が傷ついた時、血液から汚物や余分の水分を取り除く事が普通に出来ない為傷ついた腎臓の持ち主の重大なそして致死的にもなる健康問題を引き起こす事になる。然し今英国の研究者が症状の重くなった慢性腎臓疾患の治療について突破口を切り開いた。-----------そして其れは新しい薬やハイテックな手術を必要としている訳ではない。その代わりに(此の新しい治療法は)毎日のソディウムバイカーボネイト(重曹、重炭酸ナトリウム)、若しくは、其れがもっと一般的に呼ばれている“ベイキングソーダ”なのです。

Used for everything from baking cookies and non-toxic cleaning to relieving indigestion and sunburn, now baking soda has been shown to slow the decline of kidney function in CKD, according to a study set for publication in the Journal of the American Society of Nephrology (JASN). "This cheap and simple strategy also improves patients' nutritional status, and has the potential of translating into significant economic, quality of life, and clinical outcome benefits," researcher Magdi Yaqoob, MD, of the Royal London Hospital, said in a statement to the media.
クッキーを焼く事や無毒のクリーニング(台所や洗濯の為)から消化不良や日焼けの治療まで全てに使われているベーキングソーダは今、米腎臓病学会誌(JASN)に掲載の為の研究によると、慢性腎臓疾患での腎機能の低下を遅らせるが観察されているとの事である。『此の安価で単純な戦略は又患者の栄養状態を向上させ、結果として著しく経済的、生活の質、医療的、利益になる可能性がある。』とロイヤルロンドン病院の研究員マグディヤクーブ医学博士はメディアに向けての声明で語っている。

This is an enormously important finding because CKD is a growing health problem, both in the UK and the US. According to the National Institutes of Health (NIH), between1990 and 2000, the number of people with kidney failure requiring dialysis or transplantation in the US virtually doubled to 380,000. If this trend continues, around 700,000 people will have serious kidney failure by 2010.
此れは非常に重要な発見である。何故ならCDKは英国と合衆国で増大している健康問題だからである。国立衛生研究所によると1990年~2000年の間に合衆国では腎臓透析若しくは腎臓移植の必要な腎臓疾患の患者は事実上二倍の38万人になった。若し此の傾向が続くと2010年までには重症の腎臓病に罹っている人は70万人となる。

Dr. Yaqoob studied 134 patients with advanced CKD and low bicarbonate levels, a condition known as metabolic acidosis. One group of these patients was treated with a small daily dose of sodium bicarbonate in tablet form, in addition to their usual care. The results? The rate of decline in kidney function was dramatically reduced in these patients. Overall, the decline was about two-thirds slower than in patients not given sodium bicarbonate. "In fact, in patients taking sodium bicarbonate, the rate of decline in kidney function was similar to the normal age-related decline," Dr. Yaqoob stated.
ヤクーブ医師は134人の進行したCKD患者と代謝性酸血症(代謝性アシドーシス)と言うコンディションで知られているバイカーボネイト値の低さについて研究した。これ等の患者達の一つのグループは通常の治療に加えタブレット型の重炭酸ナトリウムによって治療された。結果は?これ等の患者の腎臓機能低下率は劇的に改善されたのである。全般的に腎臓機能低下率は重炭酸ナトリウムを与えられない患者と比べて2/3の速さなのである。『実の所重炭酸ナトリウムを服用している患者の腎臓機能低下は普通の年齢による低下と似通っている。』とヤクーブ医師は述べている。

The patients taking sodium bicarbonate were also less likely to develop end-stage renal disease (ESRD) which causes people with CKD to undergo regular dialysis. In addition, those taking sodium bicarbonate also had improvement in several measures of nutrition. And, even though their levels of sodium went up, they did not experience increased blood pressure.

又、重炭酸ナトリウムを服用している患者は慢性腎臓病(CKD)の患者を定期的に腎臓透析をしなければならない状態に追い遣る重症腎臓疾患(ESRD)を引き起こす可能性が少ない。其れに加えて、重炭酸ナトリウムを服用している人はある種類の栄養値の改善が見られる。又、ナトリウムレヴェルは増加した物の彼等は血圧の上昇を経験しなかった。

Low bicarbonate levels are common in patients with CKD and can lead to a wide range of other problems. "This is the first controlled study of its kind," says Yaqoob. "A simple remedy like sodium bicarbonate (baking soda), when used appropriately, can be very effective."
低レヴェルの重炭酸塩は慢性腎臓病患者の間では良く見られ、其れは広い範囲の他の問題に繋がる。『此れはこの様な種類の初めての無作為に選ばれた比較対照研究である。』とヤクーブ医師は述べた。『重炭酸ナトリウム(ベーキングソーダ)の様な簡単な治療法は適切に使用されると非常に有効な事がある。』

The NIH estimates that 20 million Americans have significantly reduced kidney function, and even a small decline in kidney function can double a person's risk of developing cardiovascular disease. Many people will experience heart attacks or strokes before they are even aware they have kidney disease. Fortunately, there are many natural strategies that can help prevent, fight and heal kidney disease
国立衛生研究所は2千万のアメリカ人が非常に低下した腎臓機能を持っていると見積もっていて、極僅かな腎臓機能低下でも循環器疾患を引き起こす危険性が2倍になる可能性がある。多くの人が彼等が腎臓疾患を患っている事に気が付かないまま心臓発作や脳卒中を経験する。幸運な事に、予防の助けになり病気と闘いそして腎臓病を癒す自然な治療法が多く存在している。

(http://www.healingfoodreference.com...). For example, avoiding soda pop can lower the odds of developing CKD in the first place
例えば、そもそも炭酸飲料を控える事で慢性腎臓病発病の確立を低くする事が出来る。
(http://www.naturalnews.com/025582_s...). And, as reported earlier in NaturalNews, eating fish a couple of times a week has been shown to help prevent kidney disease in
diabetics(http://www.naturalnews.com/News_000...).
そして、ナチュラルニュースで以前報告した様に週に数回魚を食べる事は糖尿病患者の間で腎臓病予防に役立つ事が示されている。

For more information:他の情報
http://jasn.asnjournals.org/
http://kidney.niddk.nih.gov/Kudisea...

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ

Ejnews:-----------と言う話でした。アメリカでは肉食や麦等の穀物が多い食生活やジャンクフードと呼ばれる御菓子やスナック、ソーダ等によって体が酸性化し種々の疾患の原因になっていると言う説明があり、健康を取り戻すには菜食を多くしベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)を毎日少量服用する事が効果的だと説いている医師や専門家の話を良く耳にします。
若し此の話に興味のある方は絶対医師に相談して下さい。個々の健康状態によっては害になる事もあるかと思いますので。
 病気と言えば------------------
アメリカでは健康保険について議会での議論が続いていますが、議論に影響を与えている議員の殆どが健康保険会社、薬品会社から多額の政治献金を受けていると言う新しい事実がサンライトファウンデーションと言う団体によって新しく発表されました。此の調査報告を見るとアメリカの政治は完全に企業に買収されていて米国民による圧倒的な意思表示(デモンストレイション等)以外は正常な医療保険改革は不可能な様に思えます。
 話は変わり--------------
アメリカにはThe Family(ザ ファミリー)と呼ばれている種々のグループが緩く連結したキリスト教原理主義団体が存在し(1930年代から存在するそうです)ワシントンには此のグループに所属する政治家がワシントン滞在中アパートメントとして利用しているC-Street(Cストリート)と言う建物があり、其処を利用している数名の政治家のセックススキャンダルが表沙汰となっています。此のザファミリーと言う団体は秘密をモットーとしウエッブサイト等はモッテノホカと言う人々の集まりなのですが、此のグループに潜入していたジャーナリストが最近本を出版し話題になっています。この本はアメリカの政治がキリスト教原理主義派(キリストの名を使う金と権力の亡者)によって如何にコントロールされて来たかと言う本だそうです。此れはまるで現実に存在する秘密結社みたいですね!興味のある方は
“The Family: The Secret Fundamentalism at the Heart of American Power” Jeff Sharlet著です。
 
では又!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

食品の中にアルツハイマー症、パーキンソン等の原因がある。

Nitrates from food additives, fertilisers linked to Alzheimer's
食品添加物と肥料に含まれる硝酸塩はアルツハイマー症に関連付けられている。


Queensland Country Lifeより。

MATT CAWOOD
11/09/2009 4:00:00 AM
http://qcl.farmonline.com.au/news/nationalrural/agribusiness-and-general/general/nitrates-from-food-additives-fertilisers-linked-to-alzheimers/1619823.aspx


SURGING levels of nitrates from nitrogen fertilisers and food additives have been strongly linked to a “pandemic” of diseases related to insulin resistance, including Alzheimers and Parkinsons.

窒素肥料と食品添加物に含まれる硝酸塩レベルの急増はインシュリン抵抗症と関連付けられているアルツハイマー症やパーキンソン症を含む“パンデミック”になっている病気と強く関連付けされている。

pandemic パンデミックは病気が流行(エピデミックepidemic)より広範に流行する事。例えば世界的な流行。

United States statistics show that the risk of an 85-year-old American dying from Alzheimers Disease has increased nearly 200-fold since 1960, with similar devastating trends across the rest of the developed world showing no signs of plateauing.
米合衆国の統計では85歳のアメリカ人がアルツハイマー症で死亡する危険性は1960年から200倍となっていて、同様の破壊的な傾向は他の先進諸国でも沈静化の様相を見せていない。

plateauingはplateau(台地、高原、停滞期等々)の動詞的な使い方で上昇気運にあった物が絶頂期を過ぎ成長が停滞する様な意味に使われる。

“It’s ridiculous,” said Dr Suzanne de la Monte of Rhode Island Hospital in the United States, who with a team of researchers investigated whether the rapid rise in certain diseases could be explained by environmental exposure.
『全くトンでもない話だわ!』と特定の病気の急速な増加は環境が原因と言う説明が出来るかどうか調査した研究員のチームと共に研究しているアメリカのロードアイランド病院のスザンヌ デ ラ モンテ医師は言った。

exposureエクスポージャー、写真の露出と言う意味で使われる単語ですが、何かに曝すと言う意味でよく使われます。此処ではenvironmental exposure“環境の中に何か原因があり、其れが原因”と言う意味。

“It beats all the charts. What could have possibly changed?”
『此れは全ての統計図(グラフ)より優れている。何が一体変化したと言うのでしょう?』

beat 打ち負かす

Dr de la Monte, a regular visitor to China, said prior to about 1980 the brains of deceased Chinese aged 50-100 showed no signs of degeneration. Now the Chinese are also beginning to show the classic signs of damage associated with Alzheimers.
中国を頻繁に訪問しているデ ラ モンテ医師は1980年頃以前の中国の病人は脳の機能喪失の兆候を見せていなかった。然し今、中国人もアルツハイマー症に付き物の古典的な兆候を見せ始めている。

a regular visitor 常連客、定期的にやって来る訪問者。prior to ~より前のdegeneration退化、悪化、機能が悪化し悪変する事。

After statistically ruling out genetics and age-related factors, Dr de la Monte and her team began considering environmental exposure.
遺伝的そして年齢的な要素を統計的に排除した後で、デラモンテ医師と彼女のチームは環境的原因を考慮し始めた。

ruling out ~を可能性の無い物として対象から排除する。

Agriculture’s swift uptake of yield-boosting synthetic nitrogenous fertilisers immediately after WWII has been one of the most significant changes to the food chain within current lifetimes.
第二次世界大戦直後からの農業による収穫量を押し上げる人工窒素肥料の急速な適用は近年の食物連鎖での最も大きな変化の一つである。

swift uptake この場合“素早く~を取り入れる事”此処では農業が人工窒素肥料synthetic nitrogenous fertilisersを素早く取り入れた事。
yield-boosting 収穫量を増やす   current lifetimes  lifetimeは一生とか生涯ですが、此処では最近の我々の生活で、詰まり“近年” 


In the US, use of nitrogenous fertilisers increased by 230 percent between 1955 and 2005. Usage doubled between 1960 and 1980—the decades immediately before what the researchers describe as “insulin-resistant epidemics” began to affect mortality statistics.
米合衆国では窒素系肥料の使用は1955年から2005年迄230%増加している。1960年から、死亡統計に影響を与え始めた“インシュリン抵抗症流行”と研究者が表現している数十年間の直前の1980年の間に使用量は2倍になっている。

Dr de la Monte’s work links neuro-degenerative disease to fertiliser via compounds called nitrosamines.
デ ラ モンテ医師の研究は神経系機能喪失症と肥料の関係をnitrosaminesナイトローサミンと言う化合物を媒して関連付けている。

Of the 300-odd nitrosamines studied, more than 90 per cent have been found to be carcinogenic. The compounds cause cellular DNA damage that leads to cancer.
研究されている300種前後のナイトローサミンの中で90%以上が発癌物質と認識されている。これ等の化合物は細胞に遺伝子レベルの被害を与え癌の原因となっている。

cinogenic 発癌性のある

Dr de la Monte’s research suggests that a similar “unbuilding” of nature’s building blocks by nitrosamines may be at work in degenerative diseases like Alzheimers, Parkinsons and diabetes mellitus.
デ ラ モンテ医師の研究は、自然の構成要素の同様の“解体”がナイトローサミン類によってアルツハイマー症やパーキンソン症、そして真性糖尿病の様な機能喪失症で進行している可能性があると示唆している。

degenerative diseases 身体の機能低下や異常機能による病気

Nitrosamines are formed in a chemical reaction between nitrates and proteins called amines.
ナイトローサミン類は硝酸塩とaminesアミンと呼ばれる蛋白質の化学作用によって発生する。

Nitrates are present in high levels in many modern foods, particularly root vegetables, because of overuse of nitrogen fertilisers. They are also added as sodium nitrite, a preservative and food colouring, to products like bacon and manufactured meats.
硝酸塩は現代の食品には多く含まれていて、窒素肥料の使用過多により硝酸塩は特に根菜類に多い。それらは(硝酸塩は)亜硝酸ナトリウムの形を取り保存料や食品着色料としてベーコンや加工食肉製品に添加されている。

Amines are in many foods, but are particularly high in meat and seafood.
アミンは多くの食品に含まれるが、然し食肉と魚介類に特に多く含まれている。

The reaction that combines these molecules into destructive nitrosamines can be triggered by digestive juices in the mouth and stomach, or high-temperature cooking like frying and flame-grilling.
これ等の種々の分子を有害なナイトローサミン類に混ぜ合わせて起こる反応は口内と胃の消化液か若しくは油での揚げ料理や直火焼きの様な高温の調理によって誘発される可能性がある。

“We have become a ‘nitrosamine generation’,” Dr de la Monte said.
『我々はナイトローサミンの世代となってしまった。』とデ ラ モンテ医師は語った。

“In essence, we have moved to a diet that is rich in amines and nitrates, which leads to increased nitrosamine production.”
『要するに、我々はアミンと硝酸塩の豊富な食習慣に移行してしまい、其れはナイトローサミン発生率拡大に繋がっている。』

“Not only do we consume them in processed foods, but they get into our food supply by leaching from the soil and contaminating water supplies used for crop irrigation, food processing and drinking.”
『(硝酸塩を)加工食品から摂取するだけではなく、硝酸塩は土壌や農業灌漑に使用され汚染された水源や食品加工、飲料水として食材に入り込んでいる。)

Dr de la Monte accepts that more than one factor may be at work, but nevertheless believes there is a strong case for banning nitrates from food processing.
デラモンテ医師は一つ以上の要因が働いている可能性を認めながらも、彼女は食品加工での硝酸塩禁止を主張するだけの十分な理由が有ると信じている。

She understands that they are not so easily removed from agriculture.
彼女は硝酸塩を農業から容易に排除する事は出来ないと理解している。

“Obviously replenishing the soil with something is necessary, but the degree to which nitrates are added could change. Root vegetables, for example, concentrate these things. I wouldn’t be surprised if one of the biggest sources of exposure was to french fries.”
『明らかに土壌を何かで補給する事は必要ではあるが硝酸塩が加えられている程度は変更出来る可能性がある。例えば、根菜は硝酸塩が集中している。この中で硝酸塩の人体汚染の最大原因の一つはフレンチフライ(日本ではフライドポテト)だったとしても私は驚かない。』

replenish 補給する、補充する、再びいっぱいにする。

“If farmers can cut back use of fertiliser to where they get good growth, but don’t contaminate people, that might be a good compromise.”
『若し農家が肥料を農作物の順調な成長を維持し然も消費者を硝酸塩で汚染しない所まで減らす事が出来るなら、其れは良い(現段階で現実的な)妥協点であるかも知れない。』

cut back 削減する contaminate 汚染する 

For those who suddenly regret a lifetime’s consumption of barbecued sausage, Dr de la Monte has some cheering words: she believes that if someone minimises their exposure to nitrates, the body might be capable of detoxifying and repairing nitrosamine damage.
バーベキューソーセージを今まで食べ続けた事に突然後悔している人に対してデ ラ モンテ医師は元気付ける言葉を持っている。其れは-----若し硝酸塩の摂取を減少させれば、人体は解毒能力が有りナイトローサミンから受けた損傷を補修出来るかも知れないと彼女は信じている。

“The body is an amazing thing. I actually think that people in their forties and fifties with a lifetime of exposure could be OK. I couldn’t be sure about that, but it’s possible.”
『人体は驚くべき物だ.実は硝酸塩を摂取し続けてきた40代50代の人でも大丈夫であると私は考えている。絶対とは言えないが可能性はある。』

Dr de la Monte’s research was published in the July 2009 Journal of Alzheimer’s Disease.
デ ラ モンテ医師の研究書は2009年7月のアルツハイマー症誌に掲載された。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews: 前回は60年代以降のハイブリッド穀物品種は微量必須栄養素含有量が低く人間の健康に悪影響を及ぼしている可能性が非常に高いと言う記事でしたが、今回はもっと気になる記事だと思いませんか?
 我々が普段マーケットで買う野菜、穀物、は殆ど化学肥料で育てられていて、然も加工食肉製品には硝酸塩が保存料として使用されている場合が多く、然も食肉の中に含まれるアミンと言う物質と硝酸塩が反応しナイトローサミンと言う有害な物質を作るとの事ですから、若し認知症やアルツハイマー症、パーキンソン症が硝酸塩が原因だとすると我々は一体何を食べれば良いのだ~!もう好い加減にしろ~!と叫びたくなりませんか?農業がビジネスに支配されてる事が一番大きな問題ですが、消費者である我々も有機農耕をしている農家を支持する努力をしなければ、何時の間にやら皆さんもブログにも書き込みの仕方を忘れてしまった!ナンテ言う事になってしまうかもしれないので。
 処で、日本では鳩山内閣のメンバーの名前が発表され、アメリカでは連邦準備制度理事会長Ben Bernankeベン バナーキがリセッションは恐らく終わっただろう。と発表したようですが、アジアタイムスオンラインの記事では、現在のアメリカ政府の経済政策はアメリカ経済を次のリセッションに向かわせていると言う事で、其れは此処4ヶ月から1年間の経済的な見せ掛けの復興の後に訪れ、見せ掛けの復興期が長ければ長い程次のリセッションの状態は酷いそうです。ドイツ、ブラジル、チリは政府の経済政策がアメリカやイギリスとは違っているので大丈夫なようですが、イギリスはもう救いようが無いと言う厳しい話でした。此の記事では日本は新しい政権が財源を公共土木事業から中流庶民救済に向ける経済政策を発表しているので良い方向に向かう可能性はあるが規模が小さ過ぎる他、日本の財政はsince Japan's fiscal position is teetering on the edge of disaster.“崩壊の縁でヨタヨタしている”状態だとの事です。
 アメリカでは景気の良い時に金融資本家達に富を吸い取られ、問題が起こると国民の税金を金融企業つぎ込み、殆どの米市民は踏んだり蹴ったりと言う経験をしているのですが、日本は銀行危機で90年代に既に日本政府が同じ事をしてますよね!?確か?米政府は日本の歴史から“国民は税金を金融機関につぎ込む事には反対しない。”と言うアイデアを得たのでしょうか?

 話し変わって、ドイツではカール マルクスの著書が飛ぶように売れているとは一寸前のニュースですが、アメリカではドキュメンタリーフィルム製作者マイケル ムーアMichael Mooreの新しい映画 Capitalism:A Love Story“キャピタリズム:ア ラヴ ストーリー”がもう直ぐ公開されます。今夜マイケル ムーアがNBC放送のジェイ レノ ショー(http://www.thejaylenoshow.com/)に出演し此の新しい映画“キャピタリズム”について話していましたが、現在アメリカでは人口の最も裕福な1%が残りの貧しい94%の人口の持つ富と同じだと言っていました。残りの5%はやはり最も裕福な人口に続く人口なのだともいます。2004年の統計では金融資本的富については上部1%が全米の42%の富を所有し、最下部に所属する米国の80%の人口は全体のたった7%しか所有していないと言う事でしたから、2009年の現時点では状況は当然もっと悪化していると思います。極一部の富裕層が国の殆どの富を独占していた中米のガテマラやエルサルバドルの様なバナナリパブリックと言うアメリカ人が馬鹿にして呼んでいた国家状況にアメリカはレーガン大統領時代から陥っていたのですが今になってやっとアメリカ人は実感し始めているのだと思います。
 日米の民主党はこれから試練が待ち受けている様です。

1960年代以降のハイブリッド穀物品種は栄養価が随分低い!

When more grain equals fewer
nutrients
穀物の増加が栄養の減少と繋がる時。


Queensland Country Life より。

MATT CAWOOD
24/07/2009 3:51:00 PM

http://qcl.farmonline.com.au/news/nationalrural/grains-and-cropping/general/when-more-grain-equals-fewer-nutrients/1574672.aspx?storypage=0

SINCE the Green Revolution of the 1960s, the world has produced a lot
more grain—but there may be a lot less in it, a unique experiment in the United Kingdom has revealed.

1960年代の“緑の革命”以来世界的に穀物生産量は増加した---------然し、其の増加した穀物の中身(栄養価)はズット少ないと英国の一寸変わった実験が示している。

Recent analysis of 160 years of crop samples from Rothamsted Research Station near London discovered that levels of essential micronutrients
remained consistent in wheat grain from 1844 to the late 1960s, but then began a decline that continues to this day.

ロンドン近郊のローサムステッド研究所での最近の160年間の穀物サンプルは、1844年から1960年代までの小麦の微量必須栄養素レヴェルは一貫して変化が無かったが、然し其の後減少が始まり今日まで続いている。

The nutrient decline began when traditional long-straw wheat varieties
where phased out in favour of higher-yielding semi-dwarf varieties.

栄養素の減少は伝統的な背の高い小麦の種類が収穫量の多い半矮小種に徐々に取って代られた時に始まった。

As wheat plants have grown smaller since the 1960s, grain
nutrient density has continued to decrease.

1960年代から小麦が小さくなり始めた時穀物の栄養素密度は減少を続けている。

Compared to the old long-straw varieties, Rothamsted’s modern dwarf
wheat grain carries on average 20-30 per cent less zinc, iron, copper and magnesium.

背の高い古い種類(の小麦)と比較するとローサムステッド研究農場の矮小種の実(小麦)は亜鉛、鉄、銅、マグネシウム等の含有量が平均20~30%低い。

For zinc, a critical human nutrient, the decline is even more pronounced
if the most recent five years of data are compared, with average
nutrient levels in wheat harvested from 1844-1967.

人間の必須栄養素である亜鉛の場合、最近の5年間のデータを1844年~1967年間に収穫された小麦が含有している栄養素と比較すると(栄養素の)減少はより深刻である。

The Rothamsted work supports a United States Department of Agriculture study, published in 2006, that compared nutrient levels in hard red winter wheat varieties grown from 1873 to 2000.

2006年に発表された合衆国農務省の1873年~2000年間に栽培された耐寒性冬季赤色種小麦栄養素レヴェルの比較研究をこのローサムステッドの研究は裏付けている。

The US Department of Agriculture (USDA) researchers found that compared to 130 years ago, modern varieties deliver 36 per cent less selenium, 34 per cent less zinc and 28 per cent less iron in their grain.

130年前と比較すると現代種は実の中にセレニウム36%減、亜鉛34%減、鉄28%減が含まれている事を米合衆国農務省の研究者達は発見した。

Nutrient decline in food is a driving force behind the organic farming sector, on the assumption that high-tech agricultural methods have depleted the mineral levels in soils and thus made less available for plants to take up.

食物の栄養素の減少は、ハイテックな農業手段により土壌のミネラルレヴェルを激減させ、植物が吸収出来る土壌中のミネラルを減少させると言う前提が有機農業セクターの陰の原動力となっている。

But at Rothamsted, it seems that soil is not the issue.

然し、ローサムステッドでは土壌は問題ではない様である。

The research project used the soil and grain archives of the research station’s 166-year-old Broadbalk experiment, the longest-running agricultural experiment in the world.

この研究プロジェクトはローサムステッドの世界で最も長期間継続している農業実験、166年間継続している“ブロードバルク実験”の土壌と穀物のアーカイヴを使用している。

The Broadbalk wheat plots were established in 1843, and were laid out to compare the relative performance of wheat fertilised with inorganic fertilisers, farmyard manure, and wheat given no treatment at all.

ブロードバルク小麦耕作地は小麦の栽培結果を無機肥料、農場の堆肥そして何も与えないで育った小麦の生育結果を比較する為に区画され1843年に設立された。

Nutrient declines in grain have occurred across all these treatments to a similar degree—but mineral levels in the soil have either remained stable or increased.

小麦の栄養素の減少はこの三種類全ての処置方法で同様に起こったが---------土壌のミネラルレベルは無変化か増加していた。

Concentrations of zinc in the treated Broadbalk soils have increased 40-60 per cent since 1860, and yet zinc densities in grain have declined more than any other measured nutrient.

ボードバルクの処置(無機肥料、堆肥)を受けた土壌の亜鉛の含有量は1860より40~60%増加していたにも拘らず、小麦の亜鉛の含有率旗の栄養素と比較して最も減少していた。

“We can’t put it down to soil impoverishment, so my guess is that the nutrient decline is related to plant physiology,” said Rothamsted researcher Professor Steve McGrath.

『我々は(小麦の亜鉛の減少の)原因を土壌の非栄養化の責任とすることは出来ない。だから私の想像では栄養の減少は植物の生理機能に関連していると言う事である。』とローサムステッドの研究者スティーヴマクグラス教授は語っている。

That presents three possible areas for further research.

其れは将来の研究における3種類の可能性を提示している。

One is that in selecting for dwarf plant genes, breeders have inadvertently dwarfed root mass and made the plant less capable of foraging for nutrients.

1つは、矮小種を選別する過程で種苗業者は気付かずに植物の根を矮小化し植物の栄養吸収能力を減少させてしまったと言う事。

Another possibility arises if micronutrients are relocated from vegetative material into growing grain. “If the vegetative mass is smaller, it may mean there is less ability to translocate micronutrients into the grain,” Prof. McGrath said.

若し、微量栄養素は植物を構成する物質に存在し植物の実に流れ込むとすると他の可能性が予想される。『若し植物自体が小型で有る場合、微量栄養素の植物の他の部分から実への移動能力が減少する可能性があると言う事を意味するかも知れない。』とマクグラス教授は語った。

“The third possibility is dilution. The grain is bigger, the grain yield is larger than old varieties; is it just that less mobile micronutrients are just not catching up with grain production so you get a dilution effect?”

『3番目の可能性は(栄養素の)希釈化である。小麦の粒がより大きく、収穫量は古い種類よりも多い。------と言う事は、移動が難しい微量栄養素は単に穀物の生産量に付いて行けず穀物の中で結果的に希釈効果が生まれると言う事なのだろうか?』

That answer isn’t likely to emerge anytime soon.

其の答えは近い将来そう簡単に出る様には見受けられない。

Prof. McGrath said there has been little apparent interest in the finding, and making a case for further research in a restricted funding environment is a long and complicated process with no guarantee of success.

其の答えを見つける興味は(世間には)殆ど無く、限られた財源と言う環境での研究の遂行は期間が長く複雑な過程で成功の保証は全く無いとマクグラス教授は語っている。

However, he understands that micronutrient deficiency, zinc and iron in particular, are implicated in health problems across the developed and developing worlds alike.

然しながら、特に亜鉛と鉄分の微量栄養素欠乏は発展途上国だけでなく先進国も同様に健康問題の原因になっていると彼は認識している。

“People are suffering growth, health and effects on mental development from lack of zinc and iron,” he said.

『亜鉛と鉄分の欠乏による成長、健康そして精神的発育に対する影響で人々は苦しんでいる。』と彼は語っている。

Dr Carole Hungerford, author of the Australian medical nutrition textbook “Good Health in the 21st Century”, wrote that zinc is an essential nutrient for fertility, bone and joint health and immunity.

オーストラリアの“21世紀の健康”と言う医療栄養学教科書の著者、キャロルハンガーフォード医師は『亜鉛は生殖能力、骨、関節の健康そして免疫力にとって必須栄養素である。』と書いている。

It is also essential for the structural integrity of the DNA molecule, which has led some researchers to speculate that zinc deficiency may contribute to cancer.

そして、(亜鉛は)DNA分子の構造的完全性にとっても必須であり、其の事は又、亜鉛欠乏症は癌の原因になる可能性があると或る研究者達に憶測させている。

* Matthew Cawood visited Rothamsted Research on a travel scholarship provided by the World Conference of Science Journalists.
*マシュー カーウッドはワールド コンファレンス オブ サイエンス ジャーナリストによって提供された旅行奨学金でローサムステッド研究所を訪問しました。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ejnews: ----------と言う事でした。医者が頼りなく病気になんか罹ってられないので何時も食品、環境、化学物質等々のニュースを読む様にしているのですが、この記事には一寸驚きました。
 この記事によると有機農耕で栽培された穀物でも1960年代以降のハイブリッドの穀物の場合は栄養素がかなり低い基準にあると言う事です。
 このブログでも随分前に1960年代のロックフェラー家による世界中に影響を与えた“命緑の革命”と言う記事を翻訳したと思いますが、其の記事では“緑の革命”で使用された農業用植物品種は(正にこの記事にある)ハイブリッド品種で石油製品(化学肥料、農薬)の助け無しには栽培が出来ない様に造られていて、結局ロックフェラー家の収入源石油製品の販売拡張の手段だったのではないのか、そして“緑の革命”の次世代の革命は現在の遺伝子組み換え農作物なのだ、と言う記事でしたが、60年代のハイブリッド品種は栄養価も低くなっているとは全く驚きです。驚きと言うより怒りに近いものを感じてしまいます。
 60年代のハイブリッド品種でこの様な問題があるのですからGMO(遺伝子組み換え植物)を食べているとどんな取り返しのつかない問題を抱えてしまうか想像がつきません!このブログを訪問してくださっている方々はこの前のブラジル環境破壊で非難されている穀物商社カーギル社についての記事を覚えていられる方も多いと思いますが、カーギル社が扱っている穀物や大豆は殆どの場合GMO農作物や残留農薬の多い大規模企業農業で栽培された物が殆どだと思います。それらの食品は確かに安価なのでしょうが自身の健康、環境保護を考える場合、自分の住んでいる近くの農家の栽培した農作物を買う方が安全で、然も運搬の為の化石燃料の使用量が低く環境保護の為にもなります。又田舎暮らしの場合は自分で農業をしましょう!アメリカでもHeirloomエアルーム品種(伝統的昔の品種)と言う農作物の種をインターネットで買う事が出来、マーケットでもエアルームトマト等は人気が有るようです。このブログの2008年8月28日の“Santa Monica Farmers' Market.サンタモニカの農家の市場”の一番上の写真の中央の真っ赤なトマトと其の横にある黄色のトマトはHeirloomエアルーム品種です。
 日本でも昔ながらの品種を守っている地方があると思います。(日本の事ですから伝統品種や地方独特の品種等は人気があるのかも知れませんが)その様な農作物品種は日本人が長い歴史の中で育ててきた物ですから大切にしましょう。


処で、このブログを訪問して頂いている方々でリンクを御希望される方は是非連絡して下さい。此方からもリンクさせて頂きたいと思いますので宜しく御願いします。

イチゴ類に含まれる抗酸化物質は皺を止める。

Antioxidant in Berries Stops
Wrinkles
イチゴ類に含まれる抗酸化物質は皺を止める。


Friday, April 24, 2009 by: Sherry Baker, Health Sciences Editor
http://www.naturalnews.com/026124.html

(NaturalNews) Data is mounting that phytochemicals found in a host of berries and other fruits can enhance health from the inside. Now comes research just presented at the Experimental Biology 2009 meeting being held in New Orleans that a specific type of antioxidant phytochemical called ellagic acid holds the promise of enhancing our bodies on the outside, too. In fact, it may hold the key to successfully slowing down or even stopping skin aging.

(ナチュラルニュース)多くのイチゴ類や他の果物で見つかっているphytochemicalsファイトケミカルズは健康を体内から強化すると言うデータが増えています。ニューオーリンズで開催された実験的生物学2009年会議で発表されたばかりの研究で特定のタイプの抗酸化物質のエラジック酸と呼ばれるファイトケミカルは我々の身体を外側からも強化すると期待されている。実は肌の老化を遅くする鍵を握っているかもしれないのです。

Researchers in the laboratory of Dr. Young-Hee Kang at Hallym University in the Republic of Korea have found topical application of ellagic acid markedly prevents the two major causes of wrinkles and aged-looking skin -- the destruction of collagen and inflammation. Their findings are based on studies in human skin cells as well as on experiments with mice exposed to UV-B light that mimics the sun's skin-damaging ultraviolet radioactive rays.

韓国のホーリム(?)大学実験室研究員ヤンヒーカン教授は皺と老化した様な肌の大きな2つの原因であるコラーゲンの破壊と炎症を顕著に予防するエラジック酸の皮膚への局所塗布方法を発見した。彼等の発見は人間の皮膚細胞での研究だけでなく紫外線による日焼での皮膚の破壊を真似た紫外線-Bを照射されたネズミでの実験に基づいています。

Ellagic acid is found in many fruits, vegetables and nuts but it is especially abundant in raspberries, strawberries, cranberries and pomegranates. Previous studies have suggested it has a photoprotective effect on the skin so the Korean scientists decided to try to find out the exact mechanism. They discovered that in human skin cells, ellagic acid worked to protect against UV damage by blocking production of matrix metalloproteinase (MMP), enzymes that break down collagen in damaged skin cells. It also reduced the expression of a molecule known as ICAM that is involved in inflammatory reactions.

エラジック酸は多くの果物、野菜、ナッツに含まれていますましが特にラズベリー、ストロベリー、クランベリー、そして石榴に豊富に含まれています。過去の研究で太陽光線に対する皮膚への防御効果が示唆されていた為韓国の研究者達は其の正確なメカニズムを解き明かす事に挑戦した。彼等はエラジック酸は皮膚細胞内でダメージを受けた皮膚細胞内のコラーゲンを破壊するmatrix metalloproteinase (MMP),と言う酵素の生産を抑止する事によって紫外線によるダメージから守ると言う事を発見しました。そして炎症作用に関係しているICAMとして知られている分子の活動を抑制します。

For their animal study, the researchers used 12 hairless mice genetically bred to be used in dermatology studies because of the physiological similarities of their skin to that of human skin. For about two months, the rodents were exposed to increasing ultraviolet radiation, beginning at a level that would normally cause redness or sunburn and increasing to an amount that would have definitely caused damage to a person's skin. Half the mice were given topical applications of ellagic acid but the other half didn't receive the antioxidant skin coating.

彼等による動物実験では研究者達は人間の皮膚に形態的に似通っていると言う理由で皮膚科の研究使用される様に遺伝的に繁殖された12匹の毛の無いネズミ使用しました。約2ヶ月間ネズミ達は徐々に強められる紫外線照射に曝され、最初は普通皮膚に赤みをさす位か日焼け程度のレベルで人間の皮膚に確実にダメージを与える量まで増やされました。半数のネズミはエラジック酸の塗布を皮膚に受け他の半数は抗酸化物質の皮膚へのコーティングを受けません出した。

The results? The mice exposed to UV radiation without the ellagic treatment developed wrinkles and thickening of the skin but the group that received a topical dose of ellagic acid showed reduced wrinkle formation. What's more, the ellagic acid tamed the inflammation response, kept collagen from degrading and prevented the skin from thickening. In a statement for media, the researchers concluded these results show that ellagic acid works to prevent wrinkle formation and photo-aging caused by UV destruction of collagen and inflammation.

結果は?エラジックの処置を受けず紫外線に曝されたネズミ達は皺が出来皮膚が厚くなった。然し皮膚にエラジック酸の塗布を受けたグループは程度の少ない皺の発生があった。他にも、エラジック酸は炎症反応を抑制し、コラーゲンの劣化を抑え皮膚の厚くなる事を抑制した。メディアへの声明で研究者達はこれ等の結果はエラジック酸が皺の発生予防と紫外線によるコラーゲンの破壊と炎症予防に効果がある事を示していると結論付けています。

There's more good news about ellagic acid, too. Scientists from the University of Louisville and Fox Chase Cancer Center published research recently in the International Journal of Molecular Science which strongly suggests ellagic acid can reduce damage to DNA and, in fact, may help repair faulty DNA.

エラジック酸についてもっと良いニュースもあります。ルイスビル大学とフォックスチェイス癌センターの科学者達は最近分子科学国際ジャーナルにエラジック酸はDNAへのダメージを減少させ、それどころか欠陥の或るDNAを治す可能性がある事を強く示唆していると言う研究結果を発表しています。

For more information: 他の情報。
http://www.pubmedcentral.nih.gov/ar...
http://www.eurekalert.org/pub_relea...

Ejnews: 種々のイチゴ類には色々な健康に大切な物質が多く含まれている様です。エラジック酸なんて物は全く初耳でしたが、肌を若く保つ事が出来ると言う事で特に女性にとっては大切なニュースではないでしょうか?エラジック酸は胡桃とピーカンナッツにも多く含まれているとの事です。重要な事はパッケージに入っている調理済みの食品やインスタント食品は絶対に少なくとも合成保存料、酸化防止剤、等が含まれているので日常生活からなるべく排除し野菜、果物、ナッツ類、海藻類を多く食べると言う昔ながらの常識的食生活が一番健康的だと言う事の様です。特に合衆国と日本では医療に安心して頼る事が出来ないので、先ず健康な食生活で自分を守る事が此の経済的に不安定な時代を生き残る手段でもあるのです。
 経済的に不安定と言えば、話しは当然オバマ政権の経済政策の事になりますが、1929年の株の暴落で始まった世界恐慌時にルーズベルト大統領が金融業界を激しい言葉で非難した様な言動はオバマ大統領は取っていず進歩派、左翼からの非難を招いていますが、当時の1/3(3/4と書いていましたが間違いでした)の合衆国人口は農業人口で、其れに加え失業者人口が国民の25%程でルーズヴェルトは圧倒的な市民多数派の支持により安心して金融界に対するあの様な激しい非難や社会改革が可能だったそうです。
残念ながら現在の合衆国の職業人口比率は全く違っていて、オバマ大統領は政治的綱渡りを余儀なくされているとの事だそうです。其れに加えて、オバマ政権の金融政策担当者が殆ど金融業界のトップで占められていて市民の税金を湯水の様にゾンビー銀行と言われる様になった金融業界に注ぎ込む政策を重視しているのです。オバマ政権はアメリカの銀行の経営状態は健康であると言っていますが、実際には殆どの銀行は死んでしまっているのに動き回っているゾンビーの様な常態か瀕死の重傷と言った所だそうです。オバマ政権はこの様に時間稼ぎをし、その間に金融機関や銀行への投資家達による資金の流入を期待しているそうですが、此の期待は裏切られる可能性が高く今年の9月頃迄には再び政府の何十何百億ドルもの財政支援が必要になり、然も、時間稼ぎをしている間に経済状態はより悪化する可能性が高いそうです。
そうなると日本経済にも良い影響がある筈が無いので、なるべく節約し長期戦の心構えをした方がよさそうですね。


Good luck and sweet dreams !
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

オメガ-3オイルで健康に!

Omega-3 Kills Cancer Cells
オメガ-3(オイル、酸)は癌細胞を殺す。


サイエンスデイリーより。
http://www.sciencedaily.com/releases/2009/04/090401200441.htm

ScienceDaily (Apr. 5, 2009) — Docosahexanoic acid (DHA), an omega-3
fatty acid found in fish oils, has been shown to reduce the size of
tumours and enhance the positive effects of the chemotherapy drug
cisplatin, while limiting its harmful side effects. The rat experiments
provide some support for the plethora of health benefits often ascribed
to omega-3 acids.
サイエンスデイリー(4月5日、2009年)ドコサヘクサノイック酸(DHA)、魚の油の中に見出されるオメガ-3脂肪酸は腫瘍の大きさを小さくし化学薬品治療の薬シスプレイティンの悪い副作用を抑える傍ら、効果を高める事が知られてる。ネズミの実験ではオメガ3酸が原因だとされる種々の健康への効用への証拠なにる可能性が見出されている。

Professor A. M. El-Mowafy led a team of researchers from Mansoura
University, Egypt, who studied DHA's effects on solid tumours growing in mice, as well as investigating how this fatty acid interacts with cisplatin, a chemotherapy drug that is known to cause kidney damage. El-Mowafy said, "DHA elicited prominent chemopreventive effects on its own, and
appreciably augmented those of cisplatin as well. Furthermore, this study is the first to reveal that DHA can obliterate lethal cisplatin-induced
nephrotoxicity and renal tissue injury."
A.M.El-Mowafyエル-モワフィー教授はエジプトのマンソウラ大学の研究者チームを率いて、ネズミに発生する腫瘍塊に対するDHAの効果、及びこの脂肪酸がどの様に腎臓に害を与える事が知られている化学薬品治療薬シスプレイティンと反応するかを研究した。エル-モワフィー教授は『DHAは広く知られている其れ自身の科学的抑制作用を引き出し、又、認識出来るほどシスプレイティンの効果を補助増強した。更に、この研究はDHAがシスプラティンが原因の腎臓毒性と腎臓組織への被害を取り除く事が出来ると言う事を明らかにした最初の研究である。』と語った。

DHA is an omega-3 fatty acid that is commonly found in cold-water fish
oil, and some vegetable oils. It is a major component of brain gray matter and of the retina in most mammalian species and is considered essential
for normal neurological and cellular developments. According to the
authors, "While DHA has been tentatively linked with protection against
cardiovascular, neurological and neoplastic diseases, there exists a
paucity of research information, in particular regarding its interactions
with existing chemotherapy drugs". The researchers found that, at the
molecular level, DHA acts by reducing leukocytosis (white blood cell
accumulation), systemic inflammation, and oxidative stress – all
processes that have been linked with tumour growth.
El-Mowafy and his colleagues have called for greater deployment of
omega-3 in the fight against cancer. They write, "Our results suggest a
new, fruitful drug regimen in the management of solid tumors based on
combining cisplatin, and possibly other chemotherapeutics, with DHA".
DHAは一般的に冷水域に生息する魚と、ある種の植物油に見出されるオメガ-3脂肪酸であり、其れは殆どの哺乳動物種の脳の灰白質と網膜の主要な構成物質で、神経と細胞の正常な成長にとって必須であると理解されています。(研究論文の)著者によると“DHAは心臓血管疾患、神経疾患、neoplastic diseases腫瘍性の病気に対する予防に関係している可能性がある反面、研究の情報が不足していて、特にDHAと化学薬品療法の薬との相互作用について(研究情報が不足している)。”DHAは分子レベルではルーコサイトーティック(白血球の増加)、全身の炎症、酸化によるストレス---これ等全ての過程は腫瘍成長と関連している---を減少させる事を研究者達は発見した。エル-モワフィー教授と彼の同僚達は癌に対する戦いにオメガ-3のより多い配備を呼びかけている。『我々の研究の結果はシスプレイティン服用を基本とし、そして恐らく他の科学薬物治療法とHDAを服用した腫瘍塊の処置の為のより実りの多い薬剤投与処方を示唆している。』と彼等は書いている。

deploymentは普通軍隊等の“配備”と言う意味ですが、“fight against cancer癌に対する戦い”に対しての武器として使うと言う意味でdeploymentを洒落て使ったと思われます。

ejnews:皆さんオメガ-3オイル足りてますか?日本でも炎症、関節の痛み、皮膚、爪、髪の健康、糖尿病、心臓の健康、癌、脳の正常な発育、鬱症、集中力、等々オメガ-3オイルの持つ健康への効用は良く知られていると思いますが、最近は以前にも増して健康への種々の重要性が報告される様になっているようです。天然の鮭、鯖、ニシン、鰯、等に多く含まれているのですが(養殖魚にはオメガ3が殆ど含まれてない他に残留抗生物質等が含まれている可能性あるそうです。)最近の魚は水銀や農薬、薬品、化学物質等に汚染されているので、胡桃、大豆、フラックスシードオイル、キウイフルーツ(キウイフルーツの種にはオメガ-3が多く良く噛んで食べましょう)、等には非常に多く、其の他にもカリフラワー、ブロッコリー、ほうれん草、紫蘇油(Perillaと言う名前ですが紫蘇油もオメガ-3が豊富だそうです。)等の植物にも含まれていて、これ等の植物から基本的に摂取した方が安全かもしれません。
 アメリカの経済ニュースでは相変らずオバマ政権の金融危機政策は金融資本の言いなりになっていると言う批判が多く、その様な批判によると、オバマ政権の金融機関援助によって庶民から金融資本家に向かう富の再配分が起こっていて、市民の税金を使った金融機関援助は成功すれば経営者や株主等が利益を得、失敗すれば赤字の穴埋めの付けが市民に回ってくると言うどちらに転んでも市民が損をすると言うトンでもない話だそうですがこの話は又別の機会に。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ミントは古代の癒しの食べ物。

Mint is an Ancient Healing Food
ミントは古代の癒しの食べ物。

Wednesday, March 11, 2009 by: Sheryl Walters, citizen journalist
http://www.naturalnews.com/025823.html
Key concepts: Mint, Foods and New York

(NaturalNews) The story of mint begins with an ancient Greek myth. When Pluto began showering a wood nymph named Minthe with his affections, Persephone, Pluto's wife, became enraged. She cast a spell on Minthe and turned her into a garden plant. Pluto could not undo the spell. The best he was able to come up with was a pleasant aroma, so that Minthe would always be noticed. A charming story that factually tells us mint has been used by humans since ancient times.
(ナチュラルニュース)ミントの話は古代ギリシャの伝説に始まります。プルートー(ハデス)がミンテーと言う名の木の妖精に愛を注ぎ始めた時、プルートーの妻ペルセポネは激怒しミンテーに呪文をかけ庭の草にしてしまいました。プルートーは呪文を解く事が出来ず一番良い思いつきはミンテーが何時も気付かれる為の良い香りでした。チャーミングなお話は実際にミントが古代から人間によって使われている事を私たちに告げているのです。

ejnews: プルートーはローマの神話でのハデスの名前。ギリシャ神話とローマ神話がよくごちゃ混ぜになる事が良くあるのです。

Mint has always been used as an aromatic. People rubbed it on their dining tables, spread it on the floor, burned it for incense, added it to their baths and served it in tea. The two primary types of mint include peppermint and spearmint, although orange, apple, water, curly, cat and Corsican also exist. All told, there are at least 25 different kinds of mint. Both peppermint and spearmint taste like a cross between pepper and chlorophyll, but spearmint is said to have a cooler, more subtle flavor.
ミントは何時も芳香剤として使われてきました。人々はミントをダイニングテーブルに擦り付けたり床に広げたり御香として焚いたりお風呂に入れたりそしてお茶に入れて提供して来ました。オレンジミント、アップルミント、ウオーターミント、カリーミント、キャッツミント、そしてコルシカンミント等の種類があるのですが、二つの主な種類のミントはペパーミントとスペアミントを含んでいます。全部で少なくとも25種類の違った種類のミントが存在しています。ペパーミントとスペアーミント両者ともペッパーとクロロフィルの混じった様な味がするのですがスペアミントの方がより清涼感がありより微妙な香りがすると言われています。

Oil of peppermint has been proven to hinder growth of the stomach ulcer bacteria, heliobacter pylori. It helps control colon spasms as well. It can stop the growth of MRSA ([gram-negative] methicillin resistant staff aureus.) In animal trials, peppermint has been shown to inhibit pancreatic cancer and may lower the risk of colon cancer. Mint is beneficial for asthmatics because it blocks production of chemicals called leukotrienes, one of the major factors in upper respiratory allergies.
ペパーミントオイルは胃潰瘍の原因となるバクテリア、ヘリオバクターピロリの繁殖を妨害する事が実証されています。動物実験でMRSA ([gram-negative] methicillin resistant staff aureus.)の繁殖を止め、胆嚢癌を抑制する事が示されていて大腸癌になる危険性を低くする可能性もあります。ミントは喘息に有効です。何故ならミントは上部呼吸器官のアレルギーの大きな要因の一つであるleukotrienesと呼ばれる化学物質の生産を抑制するからです。

Considered nutrient-dense, mint contains good amounts of fiber, iron, copper, calcium, folic acid, omega-3 concentrates, and it is low in calories. It is also known as a good source of ascorbic acid, potassium and manganese.
栄養が詰まっていると考えられていているミントは十分な量の繊維、鉄、銅、カルシウム、フォーリック酸、凝縮されたオメガ―3、を含んでいて低カロリーでもあるのです。そしてアスコルビック酸、ポタシウム(カリウム)、マンガニーズ、を多く含んでいる事でも知られています。

Choose fresh mint over dried whenever possible. Fresh mint has a much better flavor and contains all the nutrients mint can offer. Fresh mint needs to be stored in the refrigerator, loosely wrapped in a wet paper towel and placed in a plastic bag. It will keep for five to seven days. If you do buy dried mint, be sure it is organically grown. Organic mint is not irradiated.
出来れば何時でも乾燥ミントよりフレッシュミントを選んで下さい。フレッシュミントはより良い香りと全ての栄養を提供できます。フラッシュミントは湿らせたペーパータオルに緩く包んでプラスティックバッグに入れて冷蔵庫で貯蔵する事が必要でス。5~7日間貯蔵出来ます。若し乾燥されたミントを買う場合はオルガニックである事を確かめて下さい。オルガニックミントは放射線で処理されていません。

Two tablespoons of fresh mint contains about one calorie. Added to fruit salad or tomato-based soups, it provides a bright, new flavor experience. You can use peppermint oil in the bath for a calming soak. A cup of mint tea at the end of a meal is a good digestive aid. Just be sure to keep the tea covered while it steeps, to retain the oils.
テーブルスプーン2杯のミントは約カロリーの熱量を持っていて、果物やトマトを基調としたスープに入れるとパッとする様な新しい香りを提供します。落ち着かせる為の入浴の為にペパーミントオイルをお風呂に入れることが出来ます。一杯のミントティーは食後の消化の助けにもなります。ミントオイルを逃がさない為、お茶を煎じている間は必ず覆って置く様にして下さい。

Mint is easy to grow at home. In fact, it will soon take over your garden if not properly managed. It spreads by runners, so cutting three inches off a clean coffee can and planting that two inches into the earth around the plants will make it easy to keep the runners trim. Mint is delightful in the outdoor garden. Crushing a few leaves as you work in the garden will promote a pungent but pleasant fragrance for you to enjoy. Mint is a perennial, so it will return year after year. It can be grown indoors in a pot on a moderately sunny windowsill and you can enjoy its benefits year-round.
ミントは家庭で簡単に育てる事が出来ます。実際の所ミントは適切に扱われて無いと直ぐに貴方の庭を占領してしまうのです。ミントは匍匐枝で繁殖するので、清潔なコーヒー缶を3インチ切り取り、其れをミントを取り巻くように2インチ地面の中に押し込むと走出枝を切り離す事が簡単に出来ます。ミントは戸外の庭にとって楽しい物です。貴方が庭を歩いている間に何枚かの葉を磨り潰す事は刺激的な然し気持ちの良い香りを作り出します。ミントは多年生なので毎年帰って来ます。ミントは控えめに日のあたる屋内でポットでも育てる事が出来一年中ミントのもたらす利益を楽しむ事が出来ます。
ejnews:ミントを庭で育てる時は雑草の様に庭に蔓延ってしまうので気をつけて下さい。私も一度庭がミントに占領され経験があります。

Sources:
Edris AE, Farrag ES. Antifungal activity of peppermint and sweet basil essential oils and their major aroma constituents on some plant pathogenic fungi from the vapor phase. Nahrung 2003 Apr; 47(2):117-21 2003.

Fortin, Francois, Editorial Director. The Visual Foods Encyclopedia. Macmillan, New York 1996.

Wood, Rebecca. The Whole Foods Encyclopedia. New York, NY: Prentice-Hall Press; 1988. PMID:15220.
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

moma10.jpg
Fountain by Marcel Duchamp
泉 マルセル デュシャン作

From Wikipedia, the free encyclopedia

Fountain is a 1917 work by Marcel Duchamp. It is one of the pieces which he called readymades (also known as found art), because he made use of an already existing object—in this case a urinal, which he titled Fountain and signed "R. Mutt". The art show to which Duchamp submitted the piece stated that all works would be accepted, but Fountain was not actually displayed, and the original has been lost. The work is regarded by some as a major landmark in 20th century art. [2] Replicas commissioned by Duchamp in the 1960s are now on display in museums.
ファウンテン(泉)は1917年のマルセルデュシャンの作品です。彼がレディーメイド“既製品”(若しくはファウンドアート“拾い出だされたアート(ゴミ捨て場等日常の生活で見つけられたと言う意味)”として知られている)と言うのは彼は既に存在しているオブジェクトを利用したからだ-------この場合は男性用小便器で彼は“泉”と名付け“R.Mutt”と署名した。デュシャンが作品を提出した展覧会は全ての作品が受け入れられると発表していたが、実は“泉”は展示されなかった、そしてオリジナルは失われてしまった。この作品はある人々によっては20世紀芸術の歴史的そして画期的な出来事と理解されている。1960年代にデュシャンによって委託製作された複製品は現在数々の美術館に陳列されている。
ejnews:マルセルデュシャン等が始めたダダイズムと言う芸術運動は、第一次大戦中に欧米で発生し、資本主義ブルジョアジーに対する反抗と其れまでの資本主義ブルジョアジーの社会機構のシンボルを破壊する為の芸術的反抗。この“泉”と言う作品はアートの歴史を変えた作品と言われていて今日のConceptual artコンセプチュアルアート(概念芸術)の始まりとされています。サンフランシスコ現代美術館での写真です。

柿食えば......................................?

Persimmons 柿 パーシモンズ
Fuyu Persimmons originated in China and made its way to Japan over 1,000 years ago where it is currently considered the national fruit. It looks a little bit like an orangey tomato and is sweet and delicious. One of these amazing persimmons provides 50% or the vitamin A needed in a day, which helps with cell regeneration protects against eye problems such as glaucoma, macular degeneration and cataracts. It also provides loads of vitamin C and the mineral manganese which is good for healthy ligaments. It is also a great source of B6, potassium and fiber. Fuyu Persimmons are bursting with antioxidants to ensure radiant skin and vibrant eyes.

フーユー柿中国が原産国で千年前に日本に伝わりそこで現在国の果物と受け取られています。一寸オレンジの様なトマトの様で甘く美味です。一つのこの驚くべき柿は緑内障、マキュラーディジェネレイション、白内障に対して目を保護するビタミンAの一日の必要量50%を提供します。そして豊富なビタミンCと靭帯の健康に必要なミネラルマンガニーズも提供します。ビタミンB6、ポタシウム(カリウム)と繊維の供給源でもあります。ふうゆう柿は輝くような肌と活き活きとして目を保証する抗酸化物質ではちきれそうです。

Persimmons are great in salads, sauces, smoothies, and on their own.

柿はサラダ、ソース、スムージーの様な飲み物に最適で、そのまま食べても最高です。

又ニュースの見出しを見てみると.........................................

GM failure: The shockwave
GMの破産:衝撃波 ショックウエイヴ

If General Motors declares bankruptcy, industry watchers say, the entire domestic auto industry could be badly hurt.
自動車産業の観測筋によると若しジェネラルモーターズが破産を宣告すると全国内自動車産業が大きな被害を受ける可能性がある。


http://money.cnn.com/2008/11/14/autos/auto_failure_ripple_effect/
See all CNNMoney.com
By Peter Valdes-Dapena, CNNMoney.com senior writer
Last Updated: November 14, 2008: 12:36 PM ET

NEW YORK (CNNMoney.com) -- If General Motors really does run out of money by the end of the year, as it predicted was possible, the impact would be felt far and wide - to hundreds of suppliers, rival automakers and ultimately dealers across the nation.

ニューヨーク(CNNMoney.com) --もし,本当に可能性があると心配されている様に,ジェネラルモーターズに年末までに資金が無くなると、其のインパクトは遠く幅広く数百のサプライヤー,ライヴァル自動車会社、最終的には全国のディーラーに影響を与える。

G7 Banking Systems Continue to Plunge into the Abyss
G7の銀行システム引き続き奈落にマッ逆さま。

http://www.marketoracle.co.uk/Article7315.html

Hard Times, But Big Wall Street Bonuses
ハードタイム、然しビッグワォールストリートは ボーナスをはずむ!


The Early Show: Mystery Shrouding How Much Of The Money Will Come From The $700B Gov't. Bailout
ザ アーリー ショー:ミステリーに隠れている政府の7000億ドルの支援資金の内どれだけ支払われるか。


CBS News
Nov. 12, 2008

For Wall Street workers still employed, there could be a hefty bonus in their checks next month.
ワォールスとリートで働いている人で未だ雇用されている人は、来月分厚いボーナスが給料日にあるだろう。

According to a report from financial news agency Bloomberg, Goldman Sachs, for example, has set aside $6.8 billion for bonuses, and Morgan Stanley, $6.4 billion.
ファイナンシャル エージェンシー ブルーンバーグによると、例えばゴールドマンサックスは68億ドルをボーナスの為に別に取っている。そしてモーガンスタンリーは64億ドルだと言う事だ。


What's got many on Main Street and Capitol Hill angry, David says, is the possibility that some of the $700 billion government bailout package could go into the pockets of Wall Streeters to pay their bonuses.
“何がメインストリートと議会Capitol Hillを怒らせたかと言うと、7000億ドルの政府支援資金パッケージのある部分がワォールストリートでボーナスとして使われる可能性があることだ。”とディヴィッドは言った。

Ejnews:無能で詐欺と同じ経営をし世界経済破壊し、其の上我々の税金をボーナスに盗んでいく。大学で勉強する学部は絶対、経済、ビジネスだね!犯罪者と呼ばれないで犯罪を犯す事が出来、しかも散々ぼろ儲けをした後でボーナスが貰える。この金融危機は計画された危機だと言う意見を持っている人も多い様です。処で、ロスの東と西で最近ワイルドファイヤーが発生していてかなり離れた所の火事ですが、フリーウエーが閉鎖になったり多くの住宅も火事で失われ、私の住むロスの中心地でも白い灰が降っていて煙の匂いがするのです。住宅の火災では種々のプラスチック、ビニールからの毒性の強い煙が発生し、石綿も含めた灰がサンタアナと言う内陸から吹いてくる乾燥した風に乗ってロスまで運ばれて来るのです。と言う事で昨日今日は家の中で缶詰になっています。

普通の街路樹。然し食べ残しのセロリの軸を鉢に植えて置いたところ、成長して種が収穫できたので街路樹の元にばら撒いておきました。すると......................................
new11
この通りセロリが生長し始めました。guerrilla gardenerゲリラガーデナー
new15
台所のpantryパントリーに芽が出たジャガイモを発見!前の庭の地中に埋めておいた所!この通り!皆花だと思っているみたいで誰も取り除きません。へへへ!

new9
葡萄の枝を切って挿して置くと葡萄が育ち始めました。
new16


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。