スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米合衆国での食肉関係のヴィデオ。

Warning: disturbing footage. Undercover investigation at Chinos Hallmark/Westland slaughterhouse
注意:心の動揺を引き起こすヴィデオ。チノズホールマーク/ウエストランド食肉処理[解体]場の秘密捜査。





Video Spawns Largest Beef Recall in U.S.
合衆国最大の牛肉リコールを引き起こしたヴィデオ



Meet your Meat
貴方の(食べている)食肉への面会



Meet Your Meat [PART 2 OF 2]
貴方の(食べている)食肉への面会(パート2)



Land O Lakes cow torture
ランドOレイクスでの牛への拷問



Live Fast Die Young - the life of a meat chicken
駆け足の人生を送り若く死ぬ食肉用鶏の一生





ブログを始めた頃に翻訳した記事に関連したビデオです。

ejnews: アメリカの食肉事情は殆ど変化していず、抗生物質や狂牛病だけでなく家畜への虐待や巨大な企業工業畜産の結果として家畜の排泄物による河川、地下水の汚染、野菜へのE-コライ菌による汚染での食中毒そして新しく突然変異するインフルエンザ等の原因となっています。

 過去記事は此処
 動物工場での飼料の実態。


ミネソタ州の学校病牛飼育場からの数トンに上る牛挽肉を使用停止。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

アルカリ性食品で病気を防ぐ。

Prevent Disease by Eating More Alkaline Foods
もっとアルカリ性食品を食べる事で病気を防ぐ。

by Sheryl Walters
http://www.naturalnews.com/z024755.html


(NaturalNews) Maintaining a balanced PH is one of the most important things we can do to enjoy vibrant health and avoid disease. Unfortunately, most people are far too acidic, which creates an environment open to unwanted invaders and ill health. The incredible rise in modern day diseases is a symptom of our overly acidic diets.

(ナチュラルニュース)PHバランスを守る事は私達が力強い健康と病気を避ける為に出来る最も重要な事の一つです。残念ながら殆どの人は酸性が強く、此れは歓迎されない侵入者や病気を招く環境を作り出すのです。信じられない現代病の増加は酸性が強すぎる私達のダイエットから来る症状なのです。

In fact, many claim it is almost impossible to get cancer when our bodies are consistently alkaline. Furthermore, eating from a list of alkaline foods keep us vibrant and younger looking.

実際、私達の身体が何時もアルカリ性なら癌になる事は殆ど不可能だと多くの人々は主張しています。さらに、このリストのアルカリ食品を食べる事は私達を活発に、そして若々しく見せるのです。

Fortunately, becoming more alkaline is not as difficult or as technical as it sounds. Balancing our PH can be done simply by consuming more foods and drinks which have an alkaline effect on the body.

幸運な事に、もっとアルカリ性になる事は聞くほど難しくも技術的でもありません。私達の身体のPHをバランスさせる事は単に身体にアルカリ性の効果を与える食品や飲み物を消費する事で達成する事が出来るのです。

Here is a list of Alkaline foods for Optimum health:
此れが最高の健康の為のアルカリ食品のリストです。


* Alfalfa アルファルファ

* Barley Grass 大麦青葉

* Beets ビーツ

* Broccoli ブロッコリー

* Cabbage キャベツ

* Carrot 人参

* Cauliflower カリフラワー

* Celery セロリ

* Collard Greens カラードグリーン

* Cucumber 胡瓜

* Dulce ?

* Eggplant 茄子(エッグプラント)

* Garlic 大蒜(ガーリック)

* Green Beans グリーンビーンズ

* Green Peas グリーンピース

* Kale ケール

* Lettuce レタス

* Mushrooms 茸

* Onions 玉葱

* Parsnips パースニップ(ボウフウ)

* Peas 豆

* Pumpkin 南瓜(パンプキン)

* Radishes 大根(ラディッシュ)

* Spinach ホウレン草(スピナッチ)

* Spirulina スピルリナ

* Sprouts モヤシ(スプラウト)

* Sweet Potatoes 薩摩芋(スイートポテト)

* Tomatoes トマト

* Watercress ウォータークレス

* Almonds アーモンド

* Grapes 葡萄

* Amaranth アマランス?

* Apples 林檎

* Apricots 杏(アプリコット)

* Kiwi キウイ

* Artichokes 朝鮮アザミ(アーティチョーク)

* Leeks 韮葱(リーク)

* Asparagus アスパラガス 

* Limes ライム

* Bananas バナナ

* Mangos マンゴー

* Olive oil オリーヴオイル

* Berries ベリーズ(種々の苺)

* Onions 玉葱

* Brussels sprouts メキャベツ

* Oranges オレンジ

* Buckwheat 蕎麦

* Okra オクラ

* Pears 梨(ペア)

* Pineapple パインナップル

* Quinoa キノア(南米の穀物。ホウレン草科)

* Fennel フェネル

* swiss chard スイスチャド

* Flaxseed oil フラックスシードオイル

* Wheat grass ウイートグラス

* Grapefruit グレープフルーツ

* Watermelon ウォーターメロン(西瓜)

Some of the most acidic foods are:
幾つかの最も酸性の強い食品


* White flour 小麦粉

* sugar 砂糖

* artificial sweeteners 人口甘味料

* ready made meals 冷凍食品の様な既に作られている食品

* processed meats 加工食肉(ハム、ベーコン等々)

* alcohol アルコール

* carbonated drinks 炭酸飲料

* cakes ケーキ

* ice cream アイスクリーム

* cheese チーズ

* milk ミルク

* MSG 味の素(モノソディウムグルタメイト)

Some of the healthiest acidic foods are brown rice, oats, fish, beans and lentils.

幾つかの健康的な酸性食品は玄米、カラス麦(オーツ)、魚、豆、そしてレントル。

Most experts suggest eating four times more from the list of alkaline foods than from the acidic foods. Don't get stressed if you don't achieve this, it's an ideal to shoot for.

殆どの専門家は酸性食品の4倍のこのリストのアルカリ食品を食べる事を勧めている。其れが達成出来ないからと言ってストレスを感じない様に、其れは単にゴールとしている理想的な状態だからです。

The most important thing we can do is to ensure that the majority of foods that we eat are fruits and vegetables.

私達の出来る最も大切な事は、私達の食べる食品の大部分が果物と野菜だと言う事を守る事です。

Ejnews:この写真は上が最近凝っている中華饅頭意外と作るのは簡単。蒸し器も中国製28ドル!下の写真はCrumble coffee cakeクランブルカフィーケークです。色々な種類がありますが此れは下の部分がレーズンの入っているパウンドケークで上のクランブルは普通の黒砂糖とバター、小麦粉で作った物です。何時も健康な食事ばかりしていてもつまらないので。
new4

new6





この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

アメリカ人の考える日本人の食習慣。

The Japanese Diet Has Been Shown to Prevent Disease
日本の食事は病気を防ぐと証明された。

by Sheryl Walters
NaturalNews.com
Originally published November 6 2008
http://www.naturalnews.com/z024715.html


(NaturalNews) The Japanese diet is one of the best in the world and is a healthy diet for obese children. Life expectancy is the highest in that country, and obesity has only recently become an issue with the infiltration of western fast foods.

(ナチュラルニュース)日本食は世界で最も素晴らしい食事の一つで肥満児にとって健康的な食事です。その国では寿命は世界で一番長く、肥満は西洋のファーストフードの侵入で最近になりやっと問題になって来ただけである。

The people of Okinawa, an island and prefecture of Japan, enjoy particularly vibrant health. They have a history of slow aging with delayed and often non existent chronic diseases including dementia, cardiovascular disease (coronary heart disease and stroke) and cancer.

日本の島の県、沖縄の人々は特に力強い健康を享受している。彼等は歴史的に老化が緩やかで早発性痴呆、心臓の血管の病気(冠状動脈の病気や脳出血)等を含めた慢性病や癌は多く遅延されるか存在しない。

So what components make up this health giving diet?

それでは、この健康を与える食事法は何によって構成されているのだろう?

Cruciferous Vegetables
十字架花科の野菜。(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー等)


The Japanese consume about five times the amount of cruciferous vegetables as the average westerner.

日本人は普通の西洋人と比べて約5倍の量の十字架花科の野菜を消費する。

Cruciferous vegetables include cabbage, broccoli, Brussels sprouts, Chinese cabbage, cauliflower, kale, watercress, radishes, parsnips, and turnips.

クルシフェロス(十字架花科)野菜はキャベツ、ブロッコリー、ブラッセルスプラウト(メキャベツ)、白菜、カリフラワー、ケール、ウオータークレス、大根、パースニップ(ボウフウ)、そして蕪を含んでいる。

Shiitake Mushrooms 椎茸

This has long been a symbol of longevity in Japan due to their health-promoting properties. They are most known for invigorating the immune system and fighting against disease and illness. They also lower cholesterol and are a powerful antioxidant.

此れは健康を助長する成分の為に日本では古くから長寿のシンボルです。椎茸は人体の免疫力を活性化し病気と闘うと言う事で最も知られていて、そしてコレステロールを下げ強力な抗酸化物質でもあります。

Fish 魚

The Japanese diet abounds with fish, consumed at more than 154 pounds per person per year, almost one-half pound per day.

日本の食事は魚が豊富で年間一人154ポンド以上消費し、其れは一日1/2ポンドに当たります。

Fish that is rich in essential fatty acids is generally eaten daily, especially in the Okinawa region. Essential fats are known for a range of health benefits including reduced heart disease, lowered cholesterol, and improved brain function among them.

魚は必須脂肪酸が豊富で普通毎日食べられ、特に沖縄ではよく食べられます。必須脂肪は心臓病、コレステロールの低下、中でも脳の働きを良くする事を含め幅広く健康に有益な事で知られています。

Seaweed 海草

Kombu (from cold waters) and Nori(from warm waters) seaweeds are plentiful in Japan. These contain high amounts of iodine as well as minerals and micro elements which impart robust health as well as being flavoursome.

昆布(冷たい海域から)と海苔(暖かい海域から)日本で海草はとっても豊富です。海草は多量のヨードとミネラルそして力強い健康を与え香も良い希少要素(健康に微量に必要なミネラル)を含んでいます。

Tofu 豆腐

This is a good source of protein and is packed with nutrients necessary for good health. It has been shown to lower cholesterol and improve cardiovascular function.

此れは良い蛋白源で健康に良い栄養が詰め込まれています。コレステロールを低下させる事が証明されていて冠状動脈の作用を向上させます。

It also provides energy and is rich in antioxidant minerals.

其れに加えてエネルギーを提供し抗酸化物質も豊富です。

Green Tea 緑茶

Research has linked an increased consumption of this oriental infusion with a reduced risk of conditions such as cancer and heart disease. It is a powerful antioxidant.

この東洋の煎じ出した飲み物を多く飲むことは癌や心臓病のリスクの低下と研究で関係付けられています。此れはパワフルな抗酸化物質です。

Green tea has been linked to a reduced risk of cancer in both men and women. Research has found that individuals who consume green tea tend to have lower blood levels of cholesterol. Studies have also shown a decrease in blood pressure. Green tea consumption is linked with a reduced risk of stroke and heart disease.

緑茶は男女両方の癌のリスクを減少させる事と関連付けられています.研究は緑茶を飲む人は血液中のコレステロールレヴェルが低い事を発見し、そして血圧の低下も証明しています。緑茶の消費は脳内出血や心臓病のリスクの低下と関連付けられて言います。

A varied diet 様々のダイエット

The typical Japanese will have about 100 varieties of food per week compared with just 30 in the average British diet and 45 in the average southern European diet.

典型的な日本人は普通のイギリス人のたったの30種類、そして普通の南ヨーロッパ人のダイエットの45種類と比べて約100種類の食品を毎週消費します。

Low Cholesterol 低いコレステロール


High cholesterol foods such as red meat and cow's milk are almost non existent traditionally.

赤身の肉や牛乳の様なコレステロール値の高い食品は伝統的には殆ど存在しません。

Low in Sugar 砂糖が少ない

Sugar consumption is very low compared with the rest of the world, and the consumption is far lower in Okinawa compared to the rest of Japan.

砂糖の消費は世界の他の国々と比較すると非常に低く、其の消費は他の日本と比べて沖縄では非常に低い。

80% full 80%満腹 (腹八分目)

The Japanese are said to eat until they are 80% full rather than stuffed to the max.

日本人は満腹になるまで食べるより80%満腹するまで食べると言われています。

ejnews:伝統的な和食に加えてサラダ等を取り入れた日本の食事はやはり健康的で、私もなるべく和食にしていますが、アメリカの魚は中国からの輸入も多いそうで魚は天然魚wild caughtにしています。

インターネットニュースでThe Headlines 見出し。を見てみると

Worst retail sales trend since 1974 expected
1974以来最悪の販売傾向が予想される。

http://www.marketwatch.com/news/story/Worst-retail-sales-trend-since/story.aspx?guid={3D36EF95-90C0-44B6-B72E-B82EE404D685}&dist=hplatest


Hyundai denies interest in Chrysler's assets
ヒュンダイはクライスラー社の資産についての興味を否定する。

Ejnews:韓国の自動車会社ヒュンダイはジープ部門の買収?と言う記事でした。
http://www.marketwatch.com/news/story/Hyundai-denies-interest-Chryslers-assets/story.aspx?guid={C31A1930-238B-4745-9019-B6008B321FF4}

Great October Revolution Day fades away for many Russians
偉大な10月革命は多くのロシア人にとって色褪せて行く。

Russian communists and their followers celebrate the 91st anniversary of the Great October Revolution today with a march and a meeting on the Pushkin Square in Moscow’s center.
ロシア共産党と其の支持者達は今日91回目の10月革命記念を行進や会合でモスクワセンターのプーシキン広場で祝った。
“This day, November 7, has always been and still remains a great holiday for us. Our prime goals are sovereignty of people, labor and the revival of the Unified state,” the leader of the Communist Party of the Russian Federation, Gennady Zyuganov told Interfax.
11月7日、今日この日は今まで何時も、そして未だ偉大な祝日として我々には留まっている。我々のゴールは人民と労働の統治権と統一国家の復活だ。ロシア連邦共産党の指導者Gennady Zyuganovジェナディ ジガノフはインターファックスに述べた。

Ejnews:過ぎ去った懐かしい過去。ストリチナヤで乾杯!

AIG in talks with Fed over new bail-out
AIGは連邦準備銀行と新しい経済支援について会談している!!!!

AIG is asking the US government for a new bail-out less than two months after the Federal Reserve came to the rescue of the stricken insurer with an $85bn loan, according to people close to the situation.
状況に近い人によると、(内情に詳しい人によると)連邦準備銀行が850億ドルの救済を保険会社(AIG)に行った後、2ヶ月も経たない内にAGIは政府に対して新しい救済を求めている。
Ejnews:人をなめてんじゃないの!

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


レッドワインは肺癌になるリスクを低下させるかも知れない。

Red wine may reduce lung cancer risk
レッドワインは肺癌になるリスクを低下させるかも知れない。


Food Democracyより

http://fooddemocracy.wordpress.com/

October 13, 2008

Drinking red wine not only reduces your risk for cardiovascular disease, but it may also reduce your risk for lung cancer ? especially if you are a current or ex-smoker, Reuters reported Thursday.

レッドワインを飲む事は血液循環関係のリスクを低くするだけでなく、若しかすると肺癌のリスクを下げるかも知れないのです。若し貴方が今喫煙者か過去に喫煙者であった場合は特に。とロイターズは木曜日に報告した。

People who do or have smoked and drink at least one glass of wine each day are 60 percent less likely to develop lung cancer than those who have smoked and don’t drink red wine, said Dr. Chun Chao, of the Kaiser Permanente Southern California in Pasadena.

喫煙しているか、過去に喫煙した人で少なくともグラス1杯のワインを毎日飲む人は、喫煙する人でレッドワインを飲まない人と比べると肺癌を発症する可能性が60%少ない。と南カルフォルニア、パサディナ市のカイザー-パーマネンテ医療グループのチュン-チャオ医師は言った。

Chao said it’s the resveratrol and flavonoids in red wine that are protective ? something white wine does not have.

ホワイトワインには無く、レッドワインの中のResveratrol レズヴァラトロールとflavonoidsフラヴァノイドが保護的な(働きをする物質)です。とチャオ医師は言った。

SOURCE: Cancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention, October 2008, http://www.dailymail.co.uk/news/article-1076275/Red-wine-reduces-lung-cancer-risk-smokers-study-finds.html, http://www.webmd.com/lung-cancer/news/20081007/red-wine-may-cut-risk-of-lung-cancer?src=RSS_PUBLIC

Ejnews: 葡萄の皮に含まれる resveratrol レスヴァラトールと言う物質は種々の癌の治療に役立つ他、人体の細胞の老化も防ぐそうです。フランス人があれだけバターとかコレステロールの多い食生活をしながらアメリカ人の様に老化せず、癌等の報告が少ない理由はレッドワインが理由では無いのかと言う事です。葡萄の皮を食べるとかジュースでも良いのですが、レッドワインには特に多く含まれているそうです。理由は葡萄の皮がワイン製造過程でストレスを受ける時この resveratrol レスヴァラトールがもっと生産されるのではないのかと言う事だそうです。勿論、アルコールが飲めない人は葡萄を食べたりジュースを飲んだりする他に、ワインのエクストラクトもサプリメントとして販売されています。ホワイトワインの殆どは製造過程初期に皮が取り除かれているのでresveratrol レスヴァラトールは含まれていないので resveratrol レスヴァラトールの効果を期待してワインを飲むときはレッドワインを飲んで下さい。其れと、日本で作られているワインの中には外国がら濃縮ジュースを輸入して作られている物もあるとの事で、買う時には良く選んでください。外国のワインでも酷いワインがありますが、最近はワイン生産過剰になっているので、比較的買い易い値段で質の良い外国産ワインが日本でも手に入るのではないのかと思います?違う?

 

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

コーヒーを飲むと肝臓癌になり難い?

Higher Coffee Consumption Associated With Lower Liver Cancer Risk
コーヒーを多く飲む事と肝臓癌の危険性の低下には関連がある。


Science Daily サイエンスデイリーより。


ScienceDaily (June 27, 2008) ― A new large, prospective population-based study confirms an inverse relationship between coffee consumption and liver cancer risk. The study also found that higher levels of gamma-glutamyltransferase (GGT) in the blood were associated with an increased risk of developing the disease.

サイエンス デイリー(6月27日2008)新しく大規模な人口による検査でコーヒーの消費と肝臓癌の危険性について反比例の関係が確認された。研究は又、血中の高いレベルのガマ-グルタミルトランスファーラス(GGT)は高率の発病率と関連している事が発見された。

Researchers led by Gang Hu at the University of Helsinki set out to examine the associations between coffee consumption and serum GGT with the risk of liver cancer in a large prospective cohort. Residents of Finland drink more coffee per capita than the Japanese, Americans, Italians, and other Europeans, so Hu and colleagues studied 60,323 Finnish participants ages 25 to 74 who were cancer-free at baseline. The Finns were included in seven independent cross-sectional population surveys conducted between 1972 and 2002 and followed up through June 2006.

ヘルシンキ大学のガン フー氏に率いられた研究者達はコーヒーの消費と大勢の人々の血清GGTの関連を調査した。フィンランドの住人は日本人、アメリカ人、イタリア人や其の他のヨーロッパ人よりも1人当たり多くのコーヒーを飲む、それで、フー氏と彼の同僚は基本的に癌を発症していない25歳~74歳の60323人のフィンランド人の参加者を調査した。(参加した)フィンランド人は、1972年と2002年の間と2006年6までフォローアップされた間に行われた7つの独立した全ての年齢層を含む調査に参加しいていた。

The participants completed a mail-in questionnaire about their medical history, socioeconomic factors and dietary and lifestyle habits. For a subset of participants, clinical data was available, including serum levels of GGT. Data on subsequent cancer diagnoses was collected from the country-wide Finnish Cancer Registry.

参加者は郵送アンケートで彼等の病歴、社会的収入的な条件、食生活、生活習慣について答える事で(この調査への参加を)終らせた。後に癌の診断がされた一部の参加者の血清GGTレベルを含む医療データはフィンランド全国規模の癌登録から入手された。

Based on their answers to the question: “How many cups of coffee do you drink daily?” the participants were divided into five categories: 0-1 cup, 2-3 cups, 4-5 cups, 6-7 cups, and 8 or more cups per day. After a median follow-up period of 19.3 years, 128 participants were diagnosed with liver cancer.

“毎日何杯のコーヒーを飲みますか?”と言う質問に対する彼等の回答に基づき参加者は1日に0~1杯、2~3杯、4~5杯、6~7杯、そして、8杯以上の5つのカテゴリーに分けられた。19.3年後の中間期フォローアップ調査で128人の参加者が肝臓癌と診断された。

The researchers noted a significant inverse association between coffee drinking and the risk of primary liver cancer. They found that the multivariable hazards ratio of liver cancer dropped for each group that drank more coffee. It fell from 1.00, to .66, to .44, to .38 to .32 respectively. “The biological mechanisms behind the association of coffee consumption with the risk of liver cancer are not known,” the authors point out.

研究者達はコーヒーを飲む事と初期肝臓癌発症の間には重要な反比例した関連があると書き留めている。彼等は肝臓癌の多様性のある危険率はコーヒーを多く飲むグループ毎に低下する事を発見した。其れは1.00 から0.66へ、そして 0.44 、0.38 と(コーヒーを飲む量に)対応して低下した。“コーヒーを飲む事と肝臓癌発症リスクの関連の背後にある生物的機能は解明されていない。”と(研究の)著者は指摘している。

They also found that high levels of serum GGT were associated with an increased risk of liver cancer. The hazard ratio of liver cancer for the highest vs. lowest quartile of serum GGT was 3.13. “Nevertheless,” they report, “the inverse association between coffee consumption and the risk of liver cancer was consistent in the subjects at any level of serum GGT.”

彼等は又高いレベルの血清GGTは高率の肝臓癌リスクと関連があることも発見した。肝臓癌の発症危険率の一番高い4分の1と一番低い4分の1の人口の血清GGTは3.13だった、“然しながら”彼等は“コーヒー消費と肝臓癌発症リスクの反比例は研究対象内での如何なるレベルの血清GGTに置いては一定していて矛盾していなかった。”と報告している。

An accompanying editorial by Carlo La Vecchia of Milan says that Hu’s new study solidly confirms the inverse relationship between coffee drinking and liver cancer risk, though we still don’t know if it is causal. “Furthermore, the study by Hu et al. provides original and important quantitative evidence that the levels of GGT are related to subsequent incidence of liver cancer, with an overall relative risk of 2.3,” he says.

同時に記載されているミラノのカルロ ラ ベッキアの論説で彼はフー氏の新しい研究はコーヒーを飲む事と肝臓癌発症リスクの反比例の関係を確実に確認しているが、其れが原因しているかどうかは確認されていないと述べ、“さらに、フー氏と同僚の研究はGGTのレベルが、全般的に2.3のリスクで、その結果としての肝臓癌に関係している事のオリジナルで重要な量的証拠を提供している。”と述べている。

La Vecchia notes, however, that, “It remains difficult, however, to translate the inverse relation between coffee drinking and liver cancer risk observed in epidemiological studies into potential implications for prevention of liver cancer by increasing coffee consumption.”

然しながら、ラ ベッキア氏は“疫学的研究でのコーヒーを飲む事と肝臓癌の反比例の関係を、コーヒー消費を増やす事の結果としての肝臓癌の予防に結び付ける(翻訳する)事は困難な状態に留まっている。”と書いている。

http://www.sciencedaily.com/releases/2008/06/080626150926.htm

Ejnewsからの御詫び:
私はオッチョコチョイで時々普通のコメントを間違って削除してしまう事があります。若し貴方のコメントの書き込みが削除されていたらごめんなさい。懲りないでコメントして下さい。


How to drink a cup of coffee.

先ず、生の豆(グリーンビーンズと言う)を厚手の鍋に入れる。
coffee
中火で焙煎。
coffee2
パチパチと弾け色よくなると焙煎終了。
coffee3
写真の様な台所用具でコーヒー豆の薄皮を取り除く、2つの網目のある半球状の中に焙煎の終った豆をいれ、閉じ揺すると、薄皮が穴や隙間から振るい落とされる。
coffee4
コーヒー豆を自分の好きな大きさに挽く。
coffee5
ドリップの中に挽いたコーヒー豆をいれ、沸騰したお湯を注いで出来上がり。焙煎したばかりの香ばしい香が非常に新鮮で、焙煎したばかりのコーヒーには抗酸化物質が多く健康にも良いそうです。
coffee6

ejnews: 世界中は金融危機で大騒ぎですが金融危機のニュースは日本でも充分報道されていると思いますので、私の所では今日は扱いません。株の下落が始まった時に(1週間ほど前)一社だけ株の値段が上がった在ったそうで話題になっていました。其の会社は“キャンベルスープ”だったそうです。安くて長時間保管が出来、緊急の時は調理なしで食べられるので光熱費の節約にもなると言う事で、景気後退期の優等生企業?と言う事なのでしょう。アメリカでは製造業が少なくなりサーヴィス業が増えてきたのですが、この金融危機がアメリカ人の購買能力を低下させるだけでなく、サーヴィス業は一般的に賃金が低く、此処数年はアメリカへの輸出は期待出来ないのではないかと思っています。兎に角、1929に始まった恐慌の様には成らないで欲しい物ですが。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




トマトは自然の日焼け止め、皮膚老化防止剤。

Tomato Paste Found to Function as Internal Sunscreen, Blocking UV Rays and Protecting Skin Health
トマトペーストは紫外線を防ぎ皮膚の健康を護り、体内でサンスクリーンの役割をする事が解明。


NaturalNews.com
http://www.naturalnews.com/024298.html
by David Gutierrez

(NaturalNews) Foods rich in cooked tomatoes may boost your body's ability to ward off skin damage from the sun's ultraviolet (UV) rays and stave off the effects of aging, according to a study conducted by researchers from the universities of Manchester and Newcastle, England, and presented to the British Society for Investigative Dermatology.

(ナチュラルニュース)イングランドのマンチェスター大学とニューキャッスル大学の研究者によって為され、ブリティッシュ ソサイティー フォー インヴェスティゲイティヴ ダーマトロジー(英国調査的皮膚科学会)に提出された研究によると、トマトが多く含まれている食品は太陽の紫外線からの皮膚に対するダメージを押し止める能力を高め老化を押し止める可能性がある。

Researchers fed 10 volunteers a daily supplement of 10 grams of olive oil and 55 grams of standard tomato paste, while another 10 were given only the olive oil. After three months, the researchers analyzed skin samples from all 20 participants.

研究者は10人のヴォランティアーに10gのオリーヴオイルと55gの極普通のトマトペーストのサプリメントを毎日与え、同時に他の10人はオリーヴオイルしか与えられなかった。3ヵ月後研究者は20人の参加者全員の皮膚のサンプルを分析した。

They found that volunteers who had eaten the tomatoes exhibited 33 percent more protection against sunburn than those who had taken olive oil alone. They also had higher levels of procollagen, a protein that plays a crucial role in preserving skin structure.

トマトを食べたヴォランティアーは日焼けに対する保護がオリーヴオイルだけ与えられたヴォランティアより33%高い事を彼等は発見した。彼等(トマトを与えられたヴォランティア)は高レベルの皮膚の組織を保存する役割をする蛋白質、プロコラーゲンを持っていた。

"The tomato diet boosted the level of procollagen in the skin significantly. These increasing levels suggest potential reversal of the skin aging process," researcher Lesley Rhodes said.

『トマトダイエットは皮膚中のプロコラーゲンのレベルをかなりの量押し上げ、この増えた量は皮膚の老化の過程を逆戻しにする可能性を示唆している。』と研究者レスリーロードスは述べている。

"These weren't huge amounts of tomato we were feeding the group. It was the sort of quantity you would easily manage if you were eating a lot of tomato-based meals."

『グループに与えているトマトの量は多量と言うわけではない。若し貴方が多くのトマトを主体とした食事をしているならある程度簡単に摂取出来る様な量である。』

Researchers believe that the protective benefit observed came from an antioxidant that naturally occurs in tomatoes, known as lycopene. Because lycopene in raw tomatoes is bound in a form that is difficult for the body to use, cooking dramatically increases the bioavailability of the chemical. This is why the researchers used tomato paste for the study.

研究者は観察された保護的な有益性はトマトに自然に発生するライコペンとして知られているアンティオキシダント(抗酸化物質)に由来すると考えている。ライコペンは生のトマトでは人体が吸収利用するのに難しい状態に組み込まれているので、料理することがこの化学物質の生物的有用性を劇的に高める。この理由で研究者は(生のトマトでなく)トマトペーストを研究に使ったのです。

The scientists believe that lycopene neutralizes free radicals that are formed when UV radiation strikes the skin. These free radicals have been linked to cancer and the effects of aging.
ライコペンは紫外線が皮膚に当たった時に発生するフリーラディカルを中和すると科学者達は考えている。これ等のフリーラディカルは癌と老化の現われに関係付けられている。

The researchers warned that the sun protection acquired from the tomatoes was equivalent only to that provided by a low-grade sunscreen and should be used as a "helpful addition," rather than a replacement.

トマトから得られる太陽に対するプロテクションは質の劣るサンスクリーン(日焼け止め)から得られる程度の物であり、日よけ止めの代替方法ではなく、補助的な追加しとして使用されるべきだと研究者は警告している。

Ejnews:今日は副大統領候補の討論があります。アメリカで面白いのは、キリスト教と国の歴史が短い事が理由なのと思いますが、御祭りの種類が少なく、其れが1つの大きな理由なのと私は考えていますが、選挙が御祭りの役割を果たしているのではないかと思われるほど盛り上がるのです。しかも日本とは違い政治を扱うコメディアンが多くジョン スチュアートJon Stewartのザ デイリー ショーThe Daily Show スティーヴ コルベアーStephen Colbertのザ コルベアー リポートThe Colbert Report ビルマーBill Maherのリアル タイム ウイズ ビルマーReal Time With Bill Maher等のテレビ番組が人気を集めています。実を言うとメインストリームのテレビ、ラジオのニュースよりもこれ等の風刺番組(Satirical Television Program)の方が正確な事実を説明している事が人気の1つの理由なのです。話は討論に戻りますが、共和党副大統領候補サラ ペイリンSarah Palin女史はテレビでインタヴュアーの質問に全く答えられない朝のテレビ番組が放送され、ジョー バイデンとの討論は若しかしたらテレビの諷刺番組より面白く、若しこの討論を見逃すと、又諷刺番組が楽しめないので多くの冗談の判るアメリカ人はポップコーンを用意してテレビの前で今日の討論を待っているのです。ジョージ ブッシュよりも無知で超保守的な世界観を持つサラペイリン女史ですから、キッと我々の期待に答えてくれると私は信じています。唯、問題は女史は余りにも無知で、3歳の子供が経験の豊富なジョーバイデンに対抗している様な状況ですから、言葉を話しただけで『イェーイ!喋った!凄い!なかなかやるじゃないか!』と言う評価を受け女史にとって良い評価がされるのでは無いかと言う心配があるそうです。そう言えば最近、ペイリン女史が彼女のキリスト教会での悪魔祓いの儀式に参加しているビデオが放映されていましたが、正気の人間にとっては『こんな人が若し何かの間違いで大統領になったら如何しよう!』(大統領に何か起こると副大統領が大統領を勤める訳ですから、特にマケイン氏は高齢で長年癌との闘病生活をしていると言う事実もありますから、可能性は大きいのです。)と戦慄を覚えるビデオでした。政治に宗教が混じり込むと『お前はantichistアンチクライストだ!(キリストに対立する者、と言う意味だったのねですが、現在のアメリカ人はこのアンチクライスト------------アメリカではエンタイクライストと発音する人が多いようです------------と悪魔の間に区別があるのかどうか知らない様で両者は同じ意味で使われている様です。)』等と言われて政界から追われる政治家が出て来たりする可能性があるのです。映画等でも良く見られると思いますが聖書に片手を置いて誓いを立てると言う行為が裁判等のシーンにあるでしょう、この聖書に疑問を持てない精神性は終局的には民主主義と相反する精神性なので一般のアメリカ人の民主主義は実は民主主義とは程遠い物なのだと私は感じています。勿論正気のアメリカ人も多いのですが……………………..。

副大統領候補の討論が今終わりました。

ペイリン女史は合宿の成果があったのか大失敗はしませんでした。問題のひとつには、ジョン バイデンは典型的な民主党員で、デニス クセネッジ民主党員の様な潔癖の典型が服を着て歩いているような議員では無いので、討論の主題によると余り詳細な所まで突っ込めない弱点もあると思います。デニス クセネッジ議員の様に汚点の無い過去を持っている訳ではないのです。其れと、一般のアメリカ人でまだ誰に投票するか決めて無い、選挙結果に影響を与える人々の殆どは政策の内容、知識、正直さで判断を下すことはせず、パーソナリティー、見掛けで誰に投票するか決める人が多いそうで、余り正確な政策議論を討論で展開する事はプラスにならないと言う評論家の意見もある様です。其れとマケインの過去の政治活動を説明しても理解できないアメリカ人が多い事も余りマケインの政策を非難しすぎる事は余りポジティヴにアメリカ人の目に映らないと言う恐れも考慮に入れなくてはならなかったのでしょう。昨夜のジョン スチュアートのザ デイリー ショーでスチュアートがペイレン女史の『地球温暖化の原因は如何でも良い、起こっている事は疑い無い事実だから解決策を探す事が大切だ。』と言う発言について『え~え!一寸待って~よ!原因が分らなくって解決策が~……………..!!!!!!???フーム?』と言う批判をやっていましたが、ペイレン女史今日の討論の地球温暖化で同じ発言をし、バイデンに『原因が分らないでどうやって解決策を探す事が出来るんだ?』と反論される場面がありましたが、オバマ、バイデン陣営は昨日のザ デイリー ショーを見ていたのかも……….。この様な諷刺番組(Satirical Television Program)は非常に人気があるので政治家は人気を上げる為にこの様なショーにゲストとして良く出演し、この様な番組を見て人気を上げる為の対策を立てたりするのでしょう。
後日本で政治討論の議題にはならないだろうと思われるもので、同性愛同士の結婚についての討論がありました。其れについては法律的に認めないが、資産の相続、病院への面会(重症、死に面したような場合の事だと思いますが)等は普通の結婚と同じ様に認めると言う点については同意見でした。(私は同性愛の結婚を法律的に認めない事は人権問題ではないのかと思われるのですが………….まあ、討論の議題に上るだけでもこの点では日本よりは進んでいるのかもしれません?)
其れと、ペイリン女史はロナルドレーガン大統領を引用していましたが、レーガンは現在のアメリカの問題の根源(民営化、企業に対する規制排除、Trickle-down economicsトリクルダウンエコノミー(企業、富裕階級の税率を極端に下げるか出来れば排除し、其処から少しずつ富が一般大衆に水が容器の縁を伝って少しずつ溢れ出す様に広まると言うイカサマ理論。富の集中を促進させ、税収の低下を招き、病院、学校、道路、公共放送、等の全ての健全な社会を支える為に必要な組織に壊滅的な打撃を与えた。)を作り出した人なのですが、(この事実を理解しているアメリカ人はもっと多くても良いと思うなですが)この様な幻影を未だに抱いている共和党を支持する、主に白人有権者の意見を変えることは非常に難しいのです。
と言う事が私のこの討論についての感想です。日本のテレビ、ラジオ新聞、インターネットのニュースでこの討論が如何解説されているか興味がありますね。では、今日は此れまで!又直ぐに!Hasta Pronto!





この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。