スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の若さの泉はクラゲから。

Immortal' jellyfish swarming across the world
不死身のクラゲが世界中を泳ぎまわっている。


 London Telegraph ロンドンテレグラフより。
http://www.telegraph.co.uk/earth/wildlife/4357829/Immortal-jellyfish-swarming-across-the-world.html
Published on 01-30-2009
ロンドンテレグラフの記事の部分的な翻訳です。

An 'immortal' jellyfish is swarming through the world's oceans, according to scientists.
科学者によると不死身のクラゲが世界中の海で大繁殖していると言う事だ。
The Turritopsis Nutricula is able to revert back to a juvenile form once it mates after becoming sexually mature.
ツリトプシスヌツリクラと言うクラゲは生殖が可能な成体に達し生殖行為の後、再び若返る事が出来る。
Marine biologists say the jellyfish numbers are rocketing because they need not die.
このクラゲの個体数はロケットの打ち上げの様に増えている。なぜなら死ぬ必要が無いからだ。と科学者たちは言っている。
Dr Maria Miglietta of the Smithsonian Tropical Marine Institute said: "We are looking at a worldwide silent invasion."
我々は世界規模の沈黙の侵略を目撃している。とスミソニアン熱帯海洋研究所のマリアミグリエッタ博士は述べた。
The jellyfish are originally from the Caribbean but have spread all over the world.
このクラゲは元々カリブ海から来ているのだが世界中に広がっている。
Turritopsis Nutricula is technically known as a hydrozoan and is the only known animal that is capable of reverting completely to its younger self.
ツリトプシスヌツリクラは専門的にはヒドロ虫類として知られていて、完全に若返りの出来る唯一つの動物として知られている。

While most members of the jellyfish family usually die after propagating, the Turritopsis nutricula has developed the unique ability to return to a polyp state.
殆どのクラゲ類は繁殖行為の後普通は死んでしまう中で、このツリトプシスはポリプ形態(幼態)に戻る特別な能力を発達させたのだった。
Having stumbled upon the font of eternal youth, this tiny creature which is just 5mm long is the focus of many intricate studies by marine biologists and geneticists to see exactly how it manages to literally reverse its aging process.
永遠の若さの泉に遭遇した僅か5ミリの大きさのこの生物は老化現象を文字通りどの様に逆行させるのか正確に確認する為、海洋生物学者と遺伝学者の複雑な研究の対象となっている。

ejnews:若返りの秘密が解き明かされると人間は死ななくなるのでしょうね。何時までも若くいたいと言う欲望は人類の普遍的な欲望ですが、若しそうなると人口問題も在りますが、何百年も生き続ける事によって人間の進化も止まると言う事になり問題だと思いませんか?女性の若くいたいと言う欲望も理解できますが、運が悪いと嫁姑の問題も永遠に続くのですねえ!欲望と言えば仏教の重要な主題ですがリンクにあるブログ“住職のひとりごと”は親切に質問にも答えてくれます。興味があれば是非ヴィジットしてみて下さい。
 アメリカのニュースでは
46 Of 50 States Could File Bankruptcy In 2009-2010
50州の内46州が2009年~2010年に破産申告をする。とニュースがありました。其の他にも銀行支援には2~4兆ドルが必要だとかのニュースもあり暗いニュースが多いですねえ。

YouTubeではジミーカーター9/11の新しい調査をするアイデアについて『私には何もする事は出来ないが新しい9/11の新しい調査は良い事だと思う。』と言う様な事を言っているシーンが見えます。

Former President Jimmy Carter supports a New 9/11 Investigation
元大統領ジミーカーターは新しい9/11調査をサポートする。

http://www.youtube.com/watch?v=gO2UGVp--ak&eurl=http://www.prisonplanet.com/former-president-jimmy-carter-supports-call-for-new-911-investigation.html


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


スポンサーサイト

イスタンブールのホテル爆弾テロと北極海低のメタンガス。全然関係ない話。

What Was Mysterious Activity Going on in the Marriott Hotel Islamabad by United States Marines
米海兵隊によるミステリアスな活動がイスタンブールのマリオットホテルで行われていた。


Sunday, 21 September 2008 12:18 www.daily.pk
Pakistan Daily パキスタンデイリー

http://www.daily.pk/politics/politicalnews/7422-what-was-mysterious-activity-going-on-in-the-marriott-hotel-islamabad-by-united-states-marines.html
Marriott Hotel has now become a ghost house which was yesterday the most beautiful and prestigious hotels in the Islamabad. While the condemnation of the blasts and the deaths and the loss of property is going on from all the quarters, some intriguing news is also pouring in.

 イスタンブールで昨日まで最も綺麗で最高級のホテルだったマリオットホテルは今幽霊屋敷になってしまった。爆発、死、資産の消失に付いての非難は社会隅々から起こっている中で、興味深いニュースも入ってきている。

After the blast, mysteriously fire was started at the fourth and fifth floors. It was said that this fire was the result of gas pipeline burst running through the hotel. The million dollar question is that was the gas pipeline not running through the other floors? Why the fire broke out from the fourth and fifth flours? That is the question which perhaps holds the key to the mystery as why the hotel was targeted yesterday, in which more than 60 people died including many foreigners.

 爆発後、不可解な火災が4階と5階で始まった。火事はホテルを通り抜けているガスパイプラインの爆発で始まったと言われている。百万ドルの疑問はガスパイプラインは他の階を通り抜けてなかったのか?如何して4階と5階で火災が始まったのか?この疑問が、如何して多くの外国人を含む60人以上の死者を出したホテルが昨日ターゲットになったのかと言うミステリーの解決のキーの可能性がある。

Though it would never get confirmed but the fire on the fifth and fourth floor of the hotel broke out because those flours were housing the mysterious steel boxes under the heavy guard of United States marines and no one including the Pakistani security forces and the security men of the hotel were allowed to go near with the them. These boxes were shifted inside the hotel when the Admiral Mike Mullen met Prime Minister Yousuf Raza Gilani and others in Islamabad.

 この事は絶対に確認されない事なのだが、火事が起こった4階と5階は、米海兵隊の厳重な警備下にあり、パキスタンの警備隊もホテルの警備員も誰も近寄れないスチール製の箱が収められていた。この箱は海将マイクミューレンとユサフラザギラニ首相その他がイスタンブールで会見した時にホテル内で移動された。

It is said that one member of parliament Mumtaz Alam who belongs to the PPP, the ruling party was there eye witnessed the whole scene when the white truck of US embassy came to the gate of Marriot Hotel and US marines themselves unloaded the steel boxes from the trucks and shifted them to the fourth and fifth floors without passing through them the scanners at the entrance of the hotels. When the truck was there, all the entrance and the exit passage way to the hotels were closed.

 政権保持政党のPPPに所属する国会議員のムンタズアラム議員は、米大使館の白いトラックがマリオットホテルのゲートに到着した時、米海兵隊自身がスティール製の箱をトラックから運び出し4階と5階に、ホテルのスキャナーを通ることなく運び込んだ事実全てを目撃している。トラックがホテルに居た時は全ての入り口、ホテルに続く通路全てが閉鎖されていた。

And now this blast has occurred at the Marriott, while that mysterious activity was going on.

 そして、不可解な活動が続いている最中に、マリオットでの爆発が起こった。

An Arctic Sea "Foaming" with Methane: What Now?
北極海、メタンガスで“泡立っている”:一体今度は何?


Alex Steffen
September 23, 2008 6:37 PM
WorldChanging.com
http://www.worldchanging.com/archives/008702.html

This, if confirmed, is really, really, really bad news:

 此れ、若し確認されたら、本当に、本当に、本当にバッドニュース。

The first evidence that millions of tons of a greenhouse gas 20 times more potent than carbon dioxide is being released into the atmosphere from beneath the Arctic seabed has been discovered by scientists.

 二酸化炭素の20倍もの温室効果のあるメタンガスが、何百万トンも北極の海底から空気中に放出されている初めての証拠が科学者によって発見された。
...
In the past few days, the researchers have seen areas of sea foaming with gas bubbling up through "methane chimneys" rising from the sea floor. They believe that the sub-sea layer of permafrost, which has acted like a "lid" to prevent the gas from escaping, has melted away to allow methane to rise from underground deposits formed before the last ice age.

 過去数日、研究者達は海底から上がってくる“メタン煙突”を通して上がって来るガスで泡立っている海域を見ている。彼等は海底の直ぐ下のガスが逃げない様に蓋の役割をしている永久凍結層が溶け出し、最後の氷河期以前に形成された地下のメタン堆積層からメタンガスが上昇する事を可能にしていると信じている(考えている)。

They have warned that this is likely to be linked with the rapid warming that the region has experienced in recent years.


 彼等は此れはこの地域の此処数年の急激な温度の上昇と関係がある可能性が高いと警告している。

Methane is about 20 times more powerful as a greenhouse gas than carbon dioxide and many scientists fear that its release could accelerate global warming in a giant positive feedback where more atmospheric methane causes higher temperatures, leading to further permafrost melting and the release of yet more methane.

 メタンは二酸化炭素よりも20倍程強力なグリーンハウスガス(温暖化現象の原因のガス)で、多くの科学者達はメタンの放出はグローバルウォーミングを加速させ、結果として大きなフィードバックとして大気中のメタンの増加が気温の上昇の原因となり、其れがより一層の永久凍土解凍につながり、そしてもっと多くのメタン放出と続いていく事への不安を抱いている。

Some have already begun calling for a program of massive geoengineering to stave off the triggering of runaway climate change as this methane starts hitting the atmosphere.

I've talked a lot about how mega-scale geoengineering is unnecessary, defeatist and likely to fail and even make things worse. I think these are points worth making again here.

 既にある人々はメタンが大気中に放出される事によって引き起こされる、手の当てられない様な気候変化を食い止める為、巨大な規模の地理土木技術プログラムを開始する事を提唱している。
 私は巨大なスケールの地理土木技術は不必要だと何回も話して来た.敗北者で恐らく失敗するだろうし、其の上事をもっと悪化させるかもしれない。私はこれ等は又此処でもう一度念を押しておく価値があると思う。

Our first priority as a civilization ought not to be huge interventions in systems we only barely understand, but a planetary commitment to Zero, now.

 一番大切な事は、我々がホンノ少ししか理解していないシステムに文明は巨大なチョッカイとなるべきではなく、惑星への係わり合い今はゼロにするべきである。

The stakes are rising faster and faster. You often hear the line at conferences that on climate change, science is 10 years ahead of business, and business is 5 years ahead of policy and the public debate; I'm increasingly less sure that science and the public debate are even operating in the same space-time continuum anymore.

 危機は加速度的に迫っている、気候変化についてのコンファレンスで良く聞く台詞だが“科学はビジネスよりも10年進んでいる。ビジネスは政策や社会での論議より5年進んでいる。”と言うが、私は科学と社会での論議が同じ4次元の空間で行われているのか如何かについて日々確信が揺らいで来ている。

ejnews: と言う二つの全く関係ない話でした。アメリカでは破綻した金融機関救済策未だ政治家の間で討論されていますが、日本でも報道されていると思いますが共和党候補マケインが今日の(金曜日)大統領候補者討論会に出席しないとか言って騒いでいます。20数年金融規制緩和を主張し続けていたので(金融だけでは無く殆ど全てのセクターの規制緩和民営化を唱えてきた)人なので、この金融危機の真っ最中の討論はマズイと考えたのでしょうか?それにしてもマケイン陣営の嘘の多い事には呆れてしまいます。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

まだまだ続くグルジア-南オセティア紛争の波紋。

Russian naval squadron sails to Venezuela
ロシア海軍艦隊ヴェネズエラに向かって出帆。


22.09.2008, 12.14

http://www.itar-tass.com/eng/level2.html?NewsID=13096818&PageNum=0

MURMANSK, September 22 (Itar-Tass) - A squadron of warships of the Russian North Fleet, including heavy nuclear-powered missile cruiser “Pyotr Veliki”, big anti-submarine ship “Admiral Chabanenko”, and two support vessels sailed out of the fleet’s main base at 10.25 Moscow time on Monday, heading for Venezuela.

マーマンスク、9月22日(イター -タス)----原子力ミサイル巡洋艦“ピョートル ヴェリキ”大型対サブマリーン艦艇“アドミラル チャバネンコ”そして他の2隻の支援艦を含むロシア北方艦隊に所属する小艦隊が、本部基地を10時25分モスクワ時間に出帆、ヴェネズエラに向かっている。

Officials of the North Fleet Press Service told Itar-Tass that “in the course of the cruise, which is being commanded by Vice-Admiral Vladimir Korolev, the Fleet’s Deputy Commander, the squadron will perform several combat training tasks, including missile launchings and artillery exercises.

北方艦隊のるレスサーヴィスの担当者はイタータスに“艦隊の副司令官である准海将ヴラディミール コロレフによって指揮されている航海中、艦隊はミサイル発射、砲撃訓練などの訓練任務を行う”と述べた。

This is the first time that journalists are taking part in an Atlantic mission of the North Fleet squadron. On decision of the Defence Ministry and of the Chief Command of the Russian Navy that such a privilege was given to representatives of the central electronic media and of the principal printed publications, who had received special training and were subjected to strict medical selection, Chief of the Information and Public Relations Service of the Navy Captain Igor Dygalo told Itar-Tass.

ジャーナリストが北方艦隊の作戦任務に同行するのは今回が始めての事である。
以下略(この部分は報道機関が厳しい基準に沿って選ばれたと言う自慢の部分)

Russian strategic Tu-160 bombers had returned to their base at Engels after a patrolling mission over the Caribbean Sea. They flew to Venezuela on September 10. Their flights were accomplished in accordance with a plan, which was drawn up in advance and in keeping with the decision of the Supreme Commander-in-Chief. The planes had no conventional or nuclear arms on board.

ロシア戦略爆撃機Tu-160はカリブ海上空のパトロール任務からエングル基地に帰還した。最高司令官の決断と同調した、9月10日にヴェネズエラに飛行した彼等の任務は事前に計画され、計画通り完了した。この任務に参加した爆撃機は通常兵器、核兵器共に搭載していなかった。

ejnews: 最近又ボリヴィアでの米外交官国外退去や、ヴェネズエラのチャヴェス大統領の行動を含めた大多数の中南米諸国の米政府へ反応や、この記事のロシアの動きを見ていると米政府は水面下で何かやっているのでしょうね。
 アメリカではクローンされた動物の肉が既に市場に出回っている様ですが、今度は遺伝子組み換えされた魚、牛、鶏、豚などが使われた食品に表示の必要が無いと言う見解がFDAによって発表されたようです。
U.S. Food and Drug Administration (FDA) (米政府の医薬品食品庁)
 違う話で、アメリカの豚肉を処理している工場では足の痺れ、痛み、疲労感等を感じるミステリアスな病気が広がっていると言うニュースもあります。原因は豚の脳を取り出す作業に圧搾空気を使用しているそうですが、其の過程で脳が人の肺に吸い込まれて病気の原因になっているのでは?と言うことですが、何故突然今になって豚の脳が人間に害を与える様になったのかがミステリーなのだそうです。処で其の収穫された豚の脳は主に中国と韓国へ食用として輸出されているそうです。日本で黒豚と呼ばれている豚もアメリカで飼育されていてやはり日本に輸出しているそうですが------------安全かなあ?カテゴリーの“アメリカの食肉”を読んでみて下さい。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ロシア軍、南オセティアでジョージア軍に大規模反撃!

Georgia: Russia enters into 'war' in South Ossetia
ジョージア:ロシア南オセティアで戦争に突入!


Telegraph.co.uk 英国のテレグラフより

Over 1,300 people are reported dead after Russian forces responded to a Georgian attack on rebels in the breakaway province of South Ossetia by mounting a full scale invasion.

ジョージアの分離した地域、南オセティアの反乱軍に対する攻撃に対しての大規模の侵入を伴うロシア軍の反撃で1,300人以上の死者が出たと報告されている。

Columns of Russian tanks plunged the two neighbours into war as they filed into South Ossetia, marking the Kremlin's first military assault on foreign soil since the Soviet Union's Afghanistan intevention, which ended in 1989.

ロシア戦車の縦隊が南オセティアに侵入すると共に2つの近隣地域を戦火に落とし入れた。此れは1989年に終結した、ソヴィエトユニオンのアフガニスタン侵略以来、クレムリンの外国への始めての軍事的攻撃である。

上記の翻訳はテレグラフの記事の一部です。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/georgia/2525400/Georgia-Russia-enters-into-war-in-South-Ossetia.html

ejnews:処で古代ギリシャではオリンピックの時は其れまで戦争をしていても武器を置きスポーツを競うと言う話じゃなかった?ロシアとジョージアはオリンピックに参加を取りやめるべきではないのかなあ?戦争しながらオリンピックは、一寸オリンピックの精神に反すると思うのだけれども、其れに、露鵬、白露山、阿覧と黒海、栃ノ心の間に気まずい空気が漂いだすじゃないか!相撲が殺気立ち楽しめないじゃないか!露鵬なんか普段でも『ナンダ文句あんのかよ~!』っと言う顔と態度しているのに!開催国の中国のチベット問題、其の他にも中国は人権問題も多く、何だかナチスドイツのベルリンオリンピックの様な様相を呈して来たと思いませんか?
兎に角、アレックス ジョーンズのサイトによると、ロシアとジョージアの紛争は如何やら石油、ガスパイプラインを巡る紛争のようです。BBCのニュースによると、アメリカ政府は2002年に既に軍事顧問をジョージアに送っているので、チェコ共和国への米軍のミサイル配備問題を含めて随分前から何等かの計画があったと見るのが普通でしょう。(陰謀論かな?)ジョージア軍は先月1000人を下らない米軍との合同軍事訓練を行いロシアとの緊張を高めていたとのニュースでした。イスラエルの軍事顧問も付いているようです。イスラエルもこのカスピ海の石油、天然ガスパイプラインには一枚噛んでいてアゼルバイジャンの石油、タルクメニスタンの天然ガスはロシアのパイプラインを経由させない様にし、ジョージアを経由してトルコのCeyhanに到り、イスラエルのオイルターミナルAshkelonを経て紅海のEilatに到り、其処からタンカーでインド洋を横断し極東へと言う計画だそうです。
この紛争は、共和党ネオコン派のチェイニーに指示され、オリンピックの開催と同時に紛争を起こし、余アメリカ人の注意が注がれない様に仕組んだ可能性があり、しかもブッシュはオリンピックに行って不在と言う事も計画的。と元レーガン政権の高官の話としてアレックス ジョーンズは伝えています。民主党のジョンエドワードの浮気ゴシップニュースも同じ日にニュースになり、アメリカのテレビニュースはCNNに代表される様にエドワードのゴシップばかり放送しています。何だかアメリカのメインストリームメディアMainstream Mediaはこの紛争のニュースを避けているみたいです。(又陰謀論者の匂い!smells like a conspiracy theorist)
 ジョージア側には欧米、イスラエルが支持し、南オセティア側にはロシアがつくと言う構図のようです。本当に人間は何時までたっても戦争を止めないねえ!

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

イタリア、治安維持の為陸軍出動!ムッソリーニ再来?

Italian Army Deploys to Cities; Mayor Bans Public Gatherings of Three or More People
イタリアの陸軍各都市に配置。市長は公共での3人以上の集会を禁止。

Published on 04-08-2008

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/2494053/Italian-mayor-bans-gatherings-of-three-or-more-people-as-soldiers-hit-streets.html
Source: Telegraph ニュースソースはテレグラフ

The anti-gathering laws were enacted as thousands of soldiers were due to take to the streets of Italian cities for the first time on Monday under a controversial move by Prime Minister Silvio Berlusconi to fight crime.

反集会法が制定され、シルヴィオ ベルルスコーニ首相による問題のある決断の下で、月曜日に始めて数千の兵士が犯罪と戦う為にイタリアの都市の街頭に配置されようとしています。

Massimo Giordano, a member of Italy's anti immigration Northern League party, defended the anti-gathering motion and claimed it would cut down on unruly behavior.

マッシモジョルダーノ、イタリアの反移民北方リーグの一員は反集会動議を擁護して無法行為を減少させると宣言している。

However opposition councilors said it was "reminiscent of Benito Mussolini's edict of the 1920's which banned groups of five or more people".

然し、反対派の議員は“1920年代、ベニートムッソリーニの5人以上のグループを禁止した勅令を連想させる物”だと言っている。

Around 3,000 troops are expected to begin patrolling streets of major cities - including Rome, Milan, Naples, Bari, Palermo and Venice - on Monday as part of a government clampdown on crime.

政府の犯罪排除の一部として、月曜日にローマ、ミラノ、ナポリ、バリ、パレルモ、ヴェニスを含めた大都市の街角を、約3千人の兵士がパトロールし始める事が予定されている。

ejnews: 今日はイタリアのニュース。上記はニュースの一部の訳ですが、賛成派はイタリアの犯罪を減少させる為の手段でファシズムと比較するのは一寸言い過ぎと言い、反対派はムッソリーニのファシズムみたいで気持ち悪いし必要無いと言う意見のようです。イタリアは国民性かもしれないのですが歴史的に軍隊を簡単に動員する様ですが、それにしても気持ち悪いねえ!でも観光地には軍隊は送らないそうです。ヤッパリあんまり良い評判にならないと分かっているんだ!日本で例えばブラジル人移民センターなんか閉鎖して陸上自衛隊を大阪、東京、名古屋、札幌、福岡なんかに配置すると大騒ぎになるんじゃない!?唯、シルビオ ベルルスコーニ首相はマフィアとの関係が疑われていたり、イタリアのメディアの90%を支配しているメディア実業家でニュースを殆ど支配していると言われ、私にはファシズムとそんなに違わない様に思えるのですが。フォックス チャンネルのルーパート マードックがアメリカの大統領になった様な感じですね。日本でも新聞、ラジオ、テレビ局が同じ企業の傘下に入ったり、統合されたりし始めると気をつけてください。絶対ファシズムの始まりです。
処で、一寸遅くなったけど、今年の夏の読書に御奨めは下記の本です。日米関係、アメリカの世界支配、等々が良く理解できると思います。
“コンフェッション オブ アン エコノミック ヒットマン”ジョン パーキンス著。日本では”エコノミック ヒットマン”と言う題名です。"Confessions of an Economic Hit Man "John Perkins
“オーヴァースロー”ステファン キンザー著。"Overthrow" Stephen Kinzer
“ブローバック”  “ソロウ オブ エンパイア(アメリカ帝国の悲劇)”  “ネメシス” チャーマーズ ジョンソン著。"Blowback" "The Sorrows of Empire" "Nemesis" Chalmers Johnson.
ジョン パーキンスはビジネスマンですがIMFやワールドバンクを利用した欧米の発展途上国への経済支配を彼の体験から書いています。ステファンキンザーの“ オーヴァースロー” は中央情報局が世界各国で独裁者を政権に即けるために行ったクーデターの歴史。チャーマーズジョンソンは日本史の教授で日米関係を研究 する研究機関を設立した人です。 時間があれば面白い読み物で日米関係、アメリカの真実の姿が見えてきます。 

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。