スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母なる大地!

Evo Morales Speech
エボ モラレスのスピーチ


http://www.socialtextjournal.org/live_blog_april_2010/2010/04/evo-morales-speech.html

By Ashley Dawson on April 20, 2010 6:14 PM
アシュリードーソン2010年4月20日

For the planet or for death! I salute the social movements, unions, government representatives, and many people who have come to Bolivia, the heart of the Americas, to participate in this conference in the defense of pache mama.
地球の為か死か!私は母なる地球防衛のコンファレンスに参加する為にアメリカの中心ボリビアに来られた社会運動、組合、政府代表、そして多くの人々に敬意を表します。

Copenhagen wasn't a fiasco; it's a victory for the people and a failure of the powerful nations of the world. It's the so-called underdeveloped countries protect who respect Kyoto. Copenhagen Accord will lead to warming of more than 4 Celsius. That's why we've called this meeting. We're facing mass extinction and other terrible effects. We need to establish a limit of 350ppm in the atmosphere.
コペンハーゲンは大失敗ではなく、人民にとっての勝利で大国にとっての失敗であった。所謂、発展途上国と呼ばれる国々は京都プロトコルと尊重する人を擁護する。コペンハーゲン合意は摂氏4℃以上の温暖化に向かわせる。だから私達は此の会議を招集した。私達は大量絶滅と他の酷い結果に直面している。私達は大気中の350ppmを上限とする事を確立しなければならない。

But underdeveloped countries are only responsible for 5% of GHGs. Developed counties ar blocking any kind of progress on this front. COP15 agreement eliminates the Kyoto Protocol, and responsibilities of developed countries to cut their emissions.
然し、発展途上緒国はGHGs(地球温暖化ガス)の僅か5%の原因でしかない。先進諸国は此の面でのありとあらゆる進歩の妨害をしている。COP15は京都合意と先進諸国の排気ガス削減についての責任を排除した。

COP15 was the fifteenth 'Conference of the Parties' (thus, COP) under the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC). The conference began on December 7 and ran through to December 18, 2009 in Copenhagen, Denmark.[2] The COP is the highest body of the UNFCCC and consists of environment ministers who meet once a year to discuss the convention’s developments(SourceWatchより)

COP15は国連気候変動枠組み条約(UNFCCC).下の15回目の'Conference of the Parties' (thus, COP)集団会議(だからCOP)。コンファレンスはデンマークのコペンハーゲンで2009年12月7日から12月18日まで続いた。COPはUNFCCCの最上層部で各国の環境相達によって構成されていて条約の発展について協議する為念に1回会議を開く。(SourceWatchより)


Capitalism is the major element responsible for the destruction of the Earth. Capitalism depends on the greatest profit possible. Yet globalization is manifestly creating poverty. For capitalism, we're only consumers or workers. There is no other aspect to our identities. Capitalism commodifies everything. We must choose either corporations and death or life. We cannot live in harmony with Earth when a few people are controlling the vast majority of the planet. Our new system of collectivist socialism will solve these problems. We are again unlimited development.
資本主義は地球破壊の原因の主要な要因である。資本主義は存在しうる最大限の利益に依存している。然しグローバリゼイションは明白に貧困を生んでいる。資本主義にとっては我々は単に消費者か労働者でしかなく、我々の属性に其の他の要素は存在しない。資本主義はありとあらゆる物を商品化する。我々は企業と死か其れとも生きる事のどちらかを選択しなければならない。少数の人間が殆どの地球の広大な地域を支配している惑星では我々は調和して生きる事はできない。我々の新しい集産的社会主義システムはこれ等の問題を解決する。我々は再び無限に発展する。

We are united here to celebrate the role of indigenous peoples a stewards of the Earth and as an alternative to unsustainable development. Mother Earth belongs to all of us and cannot be sold. Capitalism is synonomous with the destruction of the planet.
我々は地球の管理人としての原住民族の役割と維持出来ない開発に代わる代替手段を祝福する為此処に団結している。母なる地球(大地)は我々全てに所属し売る事は出来ない。資本主義は“地球の破壊”と同義語である。

For example, capitalism persecutes indigenous people for raising coca, a product we used for centuries before European conquistadores arrived. But today our indigenous communities know that tea made from coca is one of the best medicines available.
例えば、資本主義は西欧の征服者到来以前の何世紀も前から使用していたコカ(欧米でコケインと言う刺激剤になる)を栽培している原住民族を迫害している。然し、我々原住民族はコカから作られるお茶は存在する最高の薬の一つだと言う事を知っている。

We have to reverse the illegality imposed on use through the 'War on Drugs." What if we decided that another traditional indigenous food, quinoa, was illegal and went around persecuting health food proponets in the US for eating it?
我々は“麻薬に対する戦い”によって我々に課された犯罪性を覆させなければならない。若し我々が他の伝統的原住民族の食物であるキノアを違法と決定し米合衆国まで行って健康食品支持者達を其れを食べていると言って迫害するとしたらどうなるのだろうか?

GMOs are another example of how the West's values are wrong. We know that eating GMO chicken makes men effeminate (!). GMOs also create baldness, so if we all eat them soon the entire planet will be bald.
GMOは又別の西欧の価値観が間違っていると言う例である。我々はGMOチキンを食べる事は男性を女性化すると言う事を知っている(!)。GMOは又剥げ頭を作り出す。だから若し我々皆がGMOチキンを食べると地球全体が直ぐに剥げ頭になってしまうだろう。(此処は冗談だと思います)

We also need to embargo Coca-Cola. This drink only makes us sick. I know certain plumbers who use it to unclog toilets.
我々は又コカコーラを輸入出禁止しなければならない。此の飲み物は我々を病気にするだけだ。私は下水管の詰まりを取り除く為にコカコーラを使っている或る配管工を知っている。

Another example is the difference between traditional clay plates and plastic plate. Evo tells UN representative that when he went there for dinner, they gave him food on plastic plates.
他の例は伝統的な粘土から作られる皿とプラスチックの皿の違いである。

Evo then took a (wool?) poncho, the type worn by indigenous people in Bolivia, and demonstrated how waterproof it is by pouring water all over it. He was flanked on both sides by generals, and the water went dangerously close to them as it swirled off the poncho.
エヴォモラレスは(羊毛の?)ボリヴィアの原住民族が着用するタイプのポンチョを取り出し水をポンチョ全体に注ぎ掛けて耐水性をデモンストレイションして見せた。エボモラレスの両側には将軍が居てポンチョから水が渦巻きながら流れ落ちた時将軍達に危うくかかるところだった。

Evo then says that these small examples show that we need to go back to indigenous ways.
そしてエヴォモラレスは我々は原住民族の習慣(生き方)に戻る必要があると一寸した例を述べた。

Capitalism constantly invents wars, he said. Wars on drugs. Wars on terror.
資本主義は常に戦争をでっち上げると彼は語った。麻薬に対する戦い。テロリズムに対する戦い。

When it can't sell its products, capitalism manufactures weapons and starts wars in order to sell those weapons.
製品が売れない時は資本主義は武器を生産し武器を売る為に戦争を始める。

If we unite all the people, he argued, we can defeat capitalism and imperialism, and save the planet. He then advanced a series of five action points:
若し我々が全ての人々を団結させると我々は資本主義を打ち負かす事が可能で、そして地球を救うう事が出来る。彼は其処で5つの活動の要点を披露した。

(1) reduce carbon dioxide levels to 350 parts per million.
(1)二酸化炭素レベルを百万に対して350パーツスに下げる。

( 2) Prod the UN to sign the Declaration of the Rights of Mother Earth
(2)母なる地球の権利宣言に署名するように国連に催促する。

(3) Open frontiers to receive the millions of climate migrants in coming years
  (3)何百万人もの気候変動難民を受け入れるように開拓されていないフロンティアを開放する。

(4) Help underdeveloped countries cope with effects of climate change
(4)気候変化を乗り切る為に発展途上国を援助する。

(5) Recognize people's rights to things like water, and recognize their right not to be exposed to things like excessive pollution.
(5)水のような物に対する人民の権利を認識し、そして人民が例えば、過剰な汚染に曝されない様な権利を認識する。


We need, Evo argued, a huge global intercontinental movement in support of the rights of Mother Earth. We need to indict the countries that don't support the Kyoto Protocol in the International Criminal Court.
我々は母なる大地の権利を支持する為の大規模な国際的大陸間の運動が必要であるとエヴォモラレスは議論している。

We are confronted with two paths: pache mama or the path of the multi-nationals. If we don't take the former, the masters of death will win, he argued. If we don't fight, we will be guilty of destroying the planet.
我々は2つの道に直面している。母なる大地、若しくは多国籍企業だ。若し我々が前者を選ばなければ死の主人が勝利を得るだろうと彼は議論している。若し我々が戦わなければ我々は地球破壊の罪で有罪になるだろう。

Two paths: pache mama o muerte.
2つの道の選択である。“母なる大地”か若しくは“死”のどちらかである。

President Evo Morales Dancing w/ the people on Earth Day at PWCCC (World People's Conference on Climate Change)

エヴォモラレス大統領、(PWCCC)気候変化についての世界の人々の集会の地球の日で人々とダンスをする。




Capitalism is the Enemy of Mother Earth
資本主義は母なる地球(大地)の敵だ。




GRITtv: Cochabamba: The People vs. Climate Destruction
GRITテレビ:民衆対気候破壊。




ejnews:アメリカではオバマ政権がようやく金融機関に対する法的規制を回復する方向に向かい出しましたが、以前御伝えした様に企業が言論の自由と言う言い訳で巨大な資金を法的に選挙キャンペーンに寄付出来る様になったアメリカですから年末の選挙を向かえ民主党政権はどれだけ効果的な法改革が可能なのか此れからが見ものです。オバマ大統領は現実を無視しない現実路線を取る大統領の様で、彼の政治能力の発揮が期待されています。
 処で今日はEarth Day(アースデイ)について南米ボリビアのモラレス大統領のニュースでした。彼はボリビアでスペイン系白人層に虐げられていた原住民族から選出された始めての大統領で原住民族の歴史、習慣、文化を否定しない自然と共存し自然に習う政治を展開している新しい中南米の政治を切り開いている政治家です。彼の欧米諸国への批判は皮肉もきつく彼のスピーチを聞いていると日本の政治家にもモラレス大統領の様に民族の誇りをもう少し持って貰い堂々と欧米諸国に対して意見を言って欲しい物だと思うのですが、日本の政治家は国際関係や外交史、歴史一般について全く理解能力に欠けている様に感じるのは私だけなのでしょうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

カトリックの神父アマゾンで環境と住民の為に多国籍企業に立ち向かう!

Cargill and the Priest: Priest Stands Up Against BigAg and Deforestation
カーギルと神父:神父が巨大農業関連企業と森林破壊に対して立ちはだかる。


http://www.commondreams.org/headline/2009/06/19-4

In the Brazilian town of Santarem, one brave priest is the only thing standing between multi-national grain
trader Cargill and the rest of the Amazon
ブラジルのサンタレムと言う町で多国籍穀物貿易企業カーギルとアマゾン全体との間に立って居るのは一人の勇敢な神父だけだ。


by Polly Cook
Published on Friday, June 19, 2009 by The Ecologist

Father Edilberto Sena arrives at Rural Radio station and takes up his position behind the microphone. He reaches into his pocket and pulls out his script for today's show. One question is scribbled on it for the daily debate: ‘Why is this happening?'
エディルベルト セナ神父は田舎のラジオ局に現れ彼の主張についてマイクロフォンの後ろから活動する。彼はポケットに手を伸ばし彼の今日の番組のスクリプトを取り出す。今日の議論の一つの疑問が其れに書かれている。“如何してこの様な事が起こっているのか?”

Edilberto is a Roman Catholic priest and a follower of liberation theology - meaning not only does he believe in teaching the word of God, but believes that he has an absolute obligation to fight poverty and bring justice to the poor. So he takes up the microphone each week not to recite afternoon prayers to his 200,000 listeners, but to tell the people of Santarem, Northern Brazil, exactly why they are finding it so hard to grow crops and why the rainforest that once surrounded their city resembles a burnt desert.
エディルベルト神父はローマンカトリック教会の神父でリバレーション セオロジー(“解放の神学”若しくは“解放の教義”)に従う人である。リバレーション セオロジーとは神の言葉を教える事を信じているだけでなく、彼等は貧困と戦う事と貧困者に正義をもたらす事に絶対的な義務感を持っている。だから彼は毎週マクロフォンを取り20万人の彼の聴衆に午後の祈りを読誦するのではなく、北部ブラジルのサンタレムの町の人々に、彼等が農作物を育てるのに如何してそんなに苦労する様になったのか、そして一度は町を取り囲んでいた熱帯雨林が如何して焼け爛れた砂漠の様相を呈しているのか説明するのである。

Edilberto isn't just referring to climate change. The Amazon rainforest is being torn down by agribusinesses which use the land to farm soya and export to European livestock farmers, feeding the growing demand for cheap meat. For ten years Father Edilberto has stood at the heart of Santarem's campaign against the world's leader in this trade, Cargill.
エディルベルト神父は単に気候変化について言及している訳ではない。アマゾンの雨林は農業関連企業によって安価な食肉の需要拡大の飼料として欧州の家畜農家に輸出する大豆栽培の土地に使う為切り倒されている。10年間エディルベルト神父は此の業界の世界的な主導企業カーギルに対してサンタレムキャンペーンの中心に立ち続けている。

‘In Santarem people started to say, "why is it so much hotter?". I tell people this is not God's doing; this is happening because of the destruction of the rainforest.'
サンタレムの人々は『如何して(昔よりも)酷く暑くなったのだろう?』と言う言う様になった。私は人々に此れは神の仕業ではないと言った。この様な事は雨林の破壊によって起こっているのだ。

Cargill has US revenues of over $63 billion each year and is thought to be the largest privately owned firm in the world. It arrived in Santarem in 1999 with plans to expand the town's port to make it big enough to take advantage of the fast, cheap route from Northern Brazil to Europe. The company claimed it wanted to bring development and prosperity to the state of Para, but Edilberto and his fellow campaigners remained unconvinced.
カーギルは毎年米合衆国の利益の6百30億ドルを占め個人によって所有されている世界で最大の企業と考えられている。1999年カーギルは速くて安い北部ブラジルから欧州へのルートを利用出来るだけの大きさに町の港を拡大する計画を持ってサンタレムに現れた。カーギルは発展と繁栄をパラ州にもたらしたかったと主張していたが、然しエディルベルト神父と彼の同胞キャンペイナー達は説得させられなかった。

A 2006 report by Greenpeace shows that deforestation in those parts of the Amazon surrounding Santarem leaped from 15,000 hectares in 2002 to 28,000 hectares in 2004. The arrival of Cargill also seems to have encouraged increasing numbers of locals to make a living by grabbing land illegally and growing soya.
2006年のグリーンピースの報告によるとサンタレム付近のアマゾン地域の森林破壊は2002年の15,000ヘクタールから2004年の28,000ヘクタールにジャンプした。カーギルの到来も又不法土地占拠そして大豆栽培で生計を立てる地域住民の増加を促進したように見える。

Edilberto paints a particularly bleak picture of what Santarem looks like now. ‘If you fly over Santarem you can see what a desert it has become, you can see the damage of the pesticides and the lonely Brazil nut trees. Cargill has brought devastation to us; this is why we are fighting them.'
エディベルト神父は特に荒涼とした現在のサンタレムの様子を描いてみせる。『サンタレム上空を飛行するとトンでもない砂漠になった事が見える。殺虫剤(農薬)の被害、そしてポツンと立っているブラジルナッツの木を貴方は見ることが出来る。カーギルは我々に荒廃をもたらした。だから我々は戦っているのだ。』

However, Edilberto's case against Cargill is based on more than just a moral or religious aversion to agribusiness - he is adamant that what Cargill is doing is, in fact, illegal.
然し、エディベルト神父のカーギルに対する件は単にアグリビジネスに対する倫理的、宗教的な嫌悪からだけではない。彼はカーギルの行為は実は違法なのだと断言している。

In Brazil as elsewhere, large construction projects must complete an Environmental Impact Assessment (EIA) before ground is broken. Greenpeace discovered in 1999 that Cargill had filed no such assessment, even though the site was thought to be of indigenous archaeological interest. A high profile, multi-NGO campaign ensued, ultimately landing Cargill in court.
他の何処でも同様にブラジルでも大規模な工事建設プロジェクトは工事を開始する前に環境に対する影響の評価査定(EIA)を完了させなければならない。1999年にグリーンピースは其の現場が先住民族の考古学的に重要な場所であると考えられているにも拘らずカーギルがその様な評価査定を提出した事実のない事を発見した。多数の注目を浴びるNGOグループの(カーギルに対する)キャンペーンが巻き起こり最終的にカーギルを法廷に引き出した。

In June 1999 the Ministry of Public Prosecution won a c
ivil action to stop Cargill constructing the terminal unless the report was completed. While Santarem rejoiced, Cargill and the Port Authority appealed the court's decision. In 2003, Cargill again lost its appeal, but by this point the terminal was near completion - so big it had already destroyed the beach and the twenty-five family-run businesseses that depended on it. 630 Amazonians were made redundant leaving just 70 in work.
1999年6月、公訴省(検事局?)は若しカーギルが報告書を完成させなければターミナルの建設を中止させる事を民事訴訟で勝ち取った。サンタレムが喜んでいる間にカーギル社と港湾局は裁判所の判断に控訴した。2003年カーギル社は再び告訴に破れたが、此の時点でターミナルは殆ど完成していて---------其れは25家族が経営する商売の為に依存している海岸線を既に破壊するほど巨大だった。630人のアマゾン住人が過剰労働者となりたった70人だけが仕事に残る事ができた。

Cargill was eventually forced to carry out the EIA, but insisted it had followed correct procedures. This doesn't wash with Edilberto. ‘When I saw the completed report, I realised it was pure propaganda for Cargill!' he scoffs.
カーギル社は最終的には環境評価査定(EIA)を完成する様に強制されたが合法的な手続を踏んでいると言い張っている。此れはエディルベルト神父の容認出来ることではなく『私が完成した報告書を見た時、其れはカーギル社の全くのプロパガンダだった。』と彼は一蹴した。

He describes the report as ‘vague and untrustworthy' - saying it takes into account none of the evident damage to the environment, the use of pesticides poisoning drinking water or the fact it was built on a site of archaeological interest.
農薬に汚染された飲み水等の環境破壊や考古学的に重要な場所に建設されている事実を全く考慮に入ない事を例に挙げ、彼は此の報告書は“漠然としていて真実として受け入れられない”と表現している。

After years of tireless campaigning, there appeared to be a silver lining: Cargill agreed to stop buying soya from freshly deforested parts of the Amazon - but only on a short-term rolling agreement, which has recently been renewed. ‘Cargill wanted to show Europe they were concerned about the environment to improve business, so we asked them to agree to ten years. Of course, they didn't,' says Edilberto.
長年の疲れを知らないキャンペーンの後希望の兆しが出て来た様に見えてきた。カーギル社は森林が新たに破壊されたアマゾン地域からの大豆の購入停止に同意したのだったが------然し其れは最近更新された単なる短期的な継続的合意であった。『カーギル社はビジネスを拡大する為にカーギル社が環境に対して心配している事をヨーロッパに対し見せたいだけだったのである。だから我々は10年の合意期間を要求した。勿論彼等(カーギル)は合意しなかった。』とエディベルトは語った。

The Greenpeace report suggests that Cargill's intentions haven't changed despite Edilberto's efforts. In fact, that authors argue that Cargill is counting on increased deforestation in the Amazon to meet the huge export capacity of its port facility.
グリーンピースの報告はカーギル社の目的はエディベルト神父の努力に拘らず変わっていないことを示唆している。それどころか其の(報告書の)著者はカーギル社は新しい港湾施設の巨大な輸出能力に合わせるためアマゾンの拡大する森林破壊を当てにしていると論じている。

Soya can only make a profit when farmed on a large scale, so in order for Cargill to optimise production, deforestation and expansion are essential. This leads to displacement of rural farmers, particuarly locals who sell their land but lack the skills and education needed to work in Santarem. ‘Farmers used to grow mango, fruits, rice. Then they sold their land to Cargill and moved to the city but had no work, no skills and soon ran out of money,' Edilberto explains.
大豆は大規模に栽培された時だけ利益を出す事が出来る。よってカーギル社が生産を最大限にする為には森林破壊と(耕作地)拡大は必須である。此の事は農村部の農民の強制立ち退きを引き起こす。特に土地を売却する地元民でサンタレム市で働く技術も教育も持ち合わせていない人々はそうである。『農民はマンゴー、果物、米等を栽培していたが、彼等は土地をカーギルに売却し市内に移住した。然し、仕事は無く、手に職も無く、直ぐにお金も無くなってしまった。』とエディベルト神父は説明した。

Controversy surrounding this allegedly illegal use of the land in Santarem is still ongoing. Edilberto and the Community Action Group are convinced that the EIA gives an inaccurate assessment of the environmental impact of the terminal.
此のサントレム市の違法だと言われている土地使用を巡る論議は未だ継続している。エディベルト神父とコミュニティーアクショングループはEIAはターミナルの環境に与える影響について不正確な評価を出していると確信している。

Despite death threats, political pressure to leave the church and almost being forced to leave his radio station, Father Edilberto came to the UK to gather further support. ‘Your people have to join us and put pressure on these big projects that are coming to Amazonia. Help us save the world!' He says it with a smile on his face and lets out a little giggle, but it is said with conviction nonetheless. ‘We need you, we have to be more aware and confront them - because more destruction is coming.' What Cargill told us:
死の脅迫や教会からの離脱を要求する政治的圧力やラジオ局から身を引く事を殆ど強制されたにも拘らずエディベルト神父はもっと多くの支持を得る為英国を訪問した。『貴方達は私達に加わりこの様なアマゾニアにやって来る大規模なプロジェクトに圧力をかけなければならない。世界を救う為に我々を援助してください。』彼は笑顔を浮かべてこの様に語り悪戯っぽく笑ったが、然し信念を持って語ったと言われている。『我々は貴方達を必要としています。我々はもっと何が起こっているか知るべきで、そして彼等に真っ向から対抗しなければならない。----何故なら(アマゾンの環境やコミュニティーの)破壊はもっとやって来るからだ。』カーギル社が我々に言った事は---------

Cargill has complied with all the legal and environmental requirements at our grain terminal in Santarém since we were granted permission by the state government of Pará to construct it following a public tender process in 2000. This includes the completion of an environmental impact study (called a PCA) as part of the construction process and the completion of another environmental impact study (an EIA RIMA) in September 2008, which has been made available for consultation in advance of a public hearing to be scheduled by the Pará government.
-----カーギル社はサンタレムでの穀物ターミナルについては、建設の為2000年に公的な入札手続きに沿い、パラ州政府によって我々が許可を与えられてから全ての法的そして環境についての必要条件を順守している。此れは建設の一環として、環境への影響についての調査(PCAと呼ばれている)の完了と、2008年の他の環境への影響の調査(EIA RIMA)の完了が含まれていて、其れはパラ州政府の予定した公聴会に先立って協議の為に準備されていた。

Alongside other Brazilian soy processors and exporters, we have also committed not to purchase soybeans produced on land in the Amazon Biome deforested after July 2006. Since this agreement (The Soy Moratorium) we have been working with NGOs - including Greenpeace, The Nature Conservancy, Conservation International and WWF- to independently monitor soy production and sanction farmers deforesting in the Amazon Biome.
他のブラジルの大豆処理業者と輸出業者と共に、我々は2006年以降に森林破壊されたアマゾンの地域で生産された大豆の購入をしない様に尽力している。此の合意(大豆モラトリアム)以降我々はザネイチャーコンサーヴァンシー、コンサヴァイションインターナショナル、WWF、グリーンピースも含めたNGOと協力し独立的に大豆生産をモニターしアマゾン地域の森林破壊をする農家に制裁措置を取っている。

To help, you can start by getting involved in the Friends of the Earth campaign ‘Fix the food chain' by emailing your MP and adding your voice to Edilberto's.
(エディベルト神父の努力を)支援する為には、貴方のMPをE-メイルする事でエディベルトの声に貴方の声を加える行為で“地球の友達”と言う団体の“食物連鎖の改善”と言うキャンペインに参加する事によって始める事が出来ます。

The Friends of The Earth“地球の友達”のサイトは下記です。
http://www.foe.co.uk/campaigns/biodiversity/press_for_change/food_chain_19251.html

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews: 今日はアマゾンで世界最大の多国籍穀物食品貿易商社カーギルに対し、ジャングルと貧しい住民の為に一人で立ち向かうカトリック神父のニュースでした。翻訳するには一寸長い記事でしたが、この様な人の活躍は無視出来ませんよね!
 カーギル社は元々穀物を扱う商社でしたが食肉、鶏卵も扱っていて医薬品、金融サーヴィスも扱う巨大企業となりプライベートに経営されている企業では世界一の規模で通常の会社と比べると全米第10位の規模の会社と言う事です。全米穀物輸出の4分の1、全米国内食肉販売量22%、のアメリカのマクドナルドで使う鶏卵は全てカーギルから調達されているそうです。問題は此の会社農家や消費者にとっては余り良いニュースではなく、例えば米国内で2000年から現在までカーギルの扱う2千万ポンド以上の食肉がE-コライ大腸菌、リステリア菌等の汚染でリコールされたり、労働者の待遇(児童労働、児童奴隷等も含める)や此の記事の様に環境破壊等でも非難されています。
 処で、エディベルト神父の守っている教義liberation theology(リバレーション シオロジー “解放の教義”若しくは“解放の神学”)は1950年代後半に“搾取されている民衆を解放”と言うキリストの教えとマルキシズムの影響により南米で起こったカトリック教の教義です。1980年代に保守化したヴァチカン(ジョンポール2世)からは否定されたようですが南米では抑圧された民衆の為に多くのリバレーション シオロジーを教義として掲げる神父達の活躍が未だに続いているようです。そう言えば現在のパラグアイ大統領フェルナンド ルゴもリバレーション シオロジーに影響されたカトリックの司教でしたね。

ラテンアメリカのニュース

Peru Indians hail 'historic' day
ペルーのインデアン歴史的日を賞賛する。


Story from BBC NEWS:
BBCからのストーリー

http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/2/hi/americas/8109021.stm

Published: 2009/06/19 11:37:57 GMT

© BBC MMIX

Indigenous groups in Peru have called off
protests after two land laws which led to deadly fighting were revoked.
原住民グループは死傷者を出した紛争の原因となった土地についての2項の法律が撤回された事によりプロテストを解散した。


Hailing victory, Amazonian Indian groups said it was an "historic day".
勝利を賞賛すると同時にアマゾンのインデアン達は其れは“歴史的な日”だと言った。

At least 34 people died during weeks of strikes against the legislation, which allowed foreign companies to exploit resources in the Amazon forest.
数週間の外国企業がアマゾンの森林を搾取する事を許した条例に対するストライクで、少なくとも34人が死亡した。

The violence provoked tension with Peru's neighbour, Bolivia, where President Evo Morales backed the Peruvian Indians' tribal rights.
此の紛争はエボ モラレス大統領がペルー インデアンの部族的権利支持するペルーの隣国ボリヴィアとの関係を緊張させた。

"This is a historic day for indigenous people because it shows that our demands and our battles were just," said Daysi Zapata, vice president of the Amazon Indian confederation that led the protests.
“此れは原住民にとって歴史的な日だ。何故なら其れは我々の要求と闘争が正義であると示しているからだ。”とプロテストを率いたアマゾンインデアン連盟の副大統領ダイシ サパタ女史は述べた。

She urged fellow activists to end their action by lifting blockades of jungle rivers and roads set up since April across six provinces in the Peruvian Amazon.
彼女は同胞の活動家達に4月より設置されていたペルーのアマゾンの6地域に及ぶジャングルの河と道の封鎖を解く様に勧めた。

The controversial laws, passed to implement a free trade agreement with the US, were revoked by Peru's Congress by a margin of 82-12 after a five-hour debate.
米合衆国との自由貿易の実施を通過させた問題の法律は5時間の討議の後、82対12の差でペルー議会で撤回された。

Diplomatic dispute 外交的議論(口論)

The worst of the clashes occurred on 5 June when police tried to clear roadblocks set up by the groups at Bagua, 1,000km (600 miles) north of Lima.
最悪の激突は警察がリマの北1千キロメートル(6百マイル)のバグアにグループにより設置された道路封鎖を解こうとした6月5日に起こった。

At least 30 civilians died, according to Indian groups, as well as 23 police.
インデアングループによると少なくとも30人の市民の死亡と同時に23人の警察も死亡した。

Peru's Prime Minister Yehude Simon said the reversal of policy would not put at risk Peru's free trade agreement with the US, but he has said he will step down once the dispute is settled.
ペルーの首相ヤェウデシモンは政策の転換はペルーの米合衆国との自由貿易合意を危うくする物ではないと述べたが紛争が解決されると首相を辞任すると表明した。

The dispute led to a diplomatic row between Peru and Latin American neighbours Venezuela and Bolivia.
此の争いはペルーをラテンアメリカの隣国ベネズエラ、ボリヴィアとの外交的口論に導いた。

Peru recalled its ambassador to Bolivia for consultation on Tuesday after Bolivian President Evo Morales described the deaths of the indigenous protesters as a genocide caused by free trade.
ボリヴィアの大統領エヴォモラレスが原住民プロテスターの死を自由貿易による大量虐殺だと説明した後の火曜日にペルーは協議の為に駐ボリヴィア大使を本国に呼び戻した。

Peru's Foreign Minister Jose Antonia Garcia Belaunde called Mr Morales an "enemy of Peru".
ペルーの外務大臣ホセアントニアガルシアベラウンデはモラレス氏を“自由貿易の敵”と呼んだ。



ejnews:ペルーは元フジモリ大統領の事件で日本にも馴染みの深い国だと思いますが、此の国もラテンアメリカの例に漏れず原住民が常に差別されてきた歴史があります。彼等は西洋的な国家や国境等と言う概念を持たない為、常に彼等の居住地域の天然資源開発が目的の白人政府によって虐殺されたり、住む場所を奪われたり公害の被害者となってきました。最近になってやっとベネズエラのウーゴ チャヴェス大統領、ボリビアのエボ モラレス大統領等の様な原住民や黒人の子孫が大統領になる様になり(オバマが始めての非白人国家元首ではないのです。)ラテンアメリカの政治事情も少しずつ変化して来ているようです。
 処で、ラテンアメリカで又軍事クーデターが発生しました。ホンデュラスです。ヴェネズエラのチャヴェス大統領等と関係の強いマヌエル ゼラヤ大統領がロメロ ヴァスケス将軍が指導者とされる軍部フンタ(Junta)によってコスタリカに追放されたのですが、此のヴァスケス将軍はあの悪名の高い“スクール オブ アメリカ”(現在は余りに悪名が高いので“ウエスタン へミスフィア インスティチュート フォー セキュリティー コワポレイション”と言う名前になっています)で2回教育を受けた軍人ですから此の軍事クーデターにも当然アメリカとの関係が疑われるのです。ヴェネズエラのチャヴェス大統領も一度米中央情報局が協力したと疑われている一部の軍部に誘拐され辞任を強要された歴史がありますから、今回も似た感じです。
 “スクール オブ アメリカ”は1946年に米陸軍によってカリブ海沿岸諸国とラテンアメリカ諸国の軍人を訓練する機関としてパナマで開設され、其の後1984年にジョージア州フォート ベニングに移転。2000年に閉鎖、2001年に“ウエスタン へミスフィア インスティチュート フォー セキュリティー コワポレイション”として再開されました。卒業生の中には人権犯罪、大量虐殺の首謀者、やパナマのノリエガの様な独裁者が多く常に多くの批判を浴びています。
 今回のホンデュラスの軍事クーデターではキューバの大使が軍部によって連れ去られたと伝えられていて、ヴェネズエラのチャヴェス大統領は若しヴェネズエラの大使が殺害されたりヴェネズエラ大使館にホンデュラス軍が侵入する様な事になるとホンデュラス軍事フンタ(junta)はヴェネズエラと戦争関係に入る事になると国営テレビ放送で発表したとのニュースが英テレグラフ.co.ukに載っています。
 軍部によるゼラヤ大統領追放の原因は、米レーガン政権時代の1982年に作られた保守的なホンデュラス憲法の改正をゼラヤ大統領が市民の投票により是非を問う事に決定した事によりホンデュラスエリート階級を代表する軍部と衝突した事にあると報道されています。

(junta フンタはクーデターで政権を乗っ取る軍部のグループ。スペイン語。)

 他の話では、6月16日のニュースですがシベリアで開催された上海協力機構(SCO)の会議でインド、ロシア、中国、そしてイランが協力して対米協力関係を強めているとの噂があります。アメリカの国債を各国は保持しているのは周知の事実ですが事実上、其の借金で米国は中近東で侵略戦争を続けている事になり、イラン等はイラク領内から直接米国のテロ活動に悩まされているので特にアメリカに対する他国との協力関係強化の動機が強いようです。彼等の目的の一つは新しい国際流通貨幣を米ドルに代わって造る事だと言われていますが実際は如何なのでしょうか?若しそうなると米ドルの価値は下落し、米国は本当に大恐慌に陥る可能性がありますね…………………………..。勿論、その様な事はそう簡単に出来る物ではないので私は心配はしていませんが、実際米国の行動には堪忍袋の緒が切れてしまっている国々も多いのは又確かですね。
 では又!Good Night & Seet Dreams !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

エボ モラレスとWTO

Bolivian President Evo Morales on the WTO’s Round of Negotiations
ボリビア大統領エボモラレス、WTOのラウンド協議に付いて語る。


Upside Down World
アップサイド ダウン ワールド
http://upsidedownworld.org/


Written by Evo Morales Ayma
Tuesday, 22 July 2008
ボリビア大統領エボ モラレス アイマ著。
2008年、7月22日

International trade can play a major role in the promotion of economic development and the alleviation of poverty. We recognize the need for all our peoples to benefit from the increased opportunities and welfare gains that the multilateral trading system generates. The majority of WTO members are developing countries. We seek to place their needs and interests at the heart of the Work Programme adopted in this Declaration. Doha World Trade Organization Ministerial Declaration, November 14, 2001

国際貿易は経済発展と貧困の緩和の為に大きな役割を果す。多国籍間の貿易システムが生み出す増加する機会、福祉が我々市民によって享受される必要性を我々は認識しています。大多数の世界貿易機構(WTO)のメンバーは発展途上国です。我々は宣言により取り入れられた任務計画の中心に発展途上国の要求と利益を入れる事を要求します。ドーハWTO行政宣言2001年11月14日。

With these words began the WTO round of negotiations seven years ago. In reality, are economic development, the alleviation of poverty, the needs of all our peoples, the increased opportunities for developing countries at the center of the current negotiations at the WTO?
この様な言葉でWTOの継続する協議は7年前に始まりました。現実には最近のWTOでの協議の中心で発展途上国の経済発展、貧困の緩和、市民の要求、機快の増大はどうなっているのでしょうか?

First I must say that if it was so, all 153 member countries and in particular, the wide majority of developing countries should be the main actors in the WTO negotiations. But what we are seeing is that a handful of 35 countries are invited by the Director-General to informal meetings so that they advance significantly in the negotiations and prepare the agreements of this WTO "Development Round".

先ず最初に若し(宣言の言う通りなら)そうなら、すべての153カ国のメンバーと特に幅広い大多数の発展途上国がWTO協議の主役であるべきだと私は言は無ければなりません。然し、我々が目撃している事実はホンの一握りの35カ国がWTO理事長の非公式の会談に招待され彼等は協議の上で少なからず有利な立場に立つ事が出来、又WTOの発展に付いての段階での合意の準備にも有利な立場に立っているのです。

The WTO negotiations have turned into a fight by developed countries to open markets in developing countries to favor their big companies.

WTOの協議は先進国が巨大企業の為に発展途上国を市場として開放する為の戦いの場に変わってしまいました。

The agricultural subsidies in the North, which mainly go to agricultural and food companies in the US and Europe, will not only continue but will actually increase, as demonstrated by the 2008 Farm Bill[1] in the United States. The developing countries will lower tariffs on their agricultural products while the real subsidies[2] applied by the US or the EU to their agricultural products will not decline.

北半球の米国と欧州の主に農業関連企業、食品企業に与えられる農業補助金は持続されるだけでなく2008年の合衆国の農業法案で明らかにされた様に増加されるのです。発展途上国は農産物の関税引げをしなければならない傍ら、米国とEUが国内農産品に与える実質的な農業補助金額は減らないのです。

As for industrial products in the WTO negotiations, developing countries are being asked to cut their tariffs by 40% to 60% while developed countries will, on average, cut their tariffs by 25% to 33%.

WTOの工業製品の協議に関しては、発展途上国は関税の40%~60%引き下げを要求され其の傍ら先進国は彼等の関税を平均25%~33%引き下げると言う事なのです。

For countries like Bolivia the erosion of trade preferences due to the overall lowering of tariffs will have negative effects on the competitiveness of our exports.

ボリビアの様な国にとって全般に関税を下げる事による貿易特恵の侵食は、我々の輸出競争力にとって悪影響を及ぼすのです。

The recognition of asymmetries, and the real and effective special and differential treatment in favor of developing countries is limited and obstructed when implemented by developed countries.

発展途上国のための、 不均整の認識、そして現実的で効果的、特別待遇措置は限られていて、そして、先進国によって実施された時は妨害されるのです。

In the negotiations, there is a push towards the liberalization of new services sectors by countries when we should be definitely excluding basic services in education, health, water, energy and telecommunications from the text of the WTO’s General Agreement on Trade in Services. These services are human rights that cannot be objects of private commercial relations and of liberalization rules that lead to privatization.

協議で、我々が断固としてWTOのサーヴィス部門の貿易の一般的合意の条文から、教育の基本的サーヴィス、医療、上水道、発電、そして電信電話除外しなければならない時、新しいサーヴィスセクターの自由化に向かっての押し上げがある国々からありました。これ等のサーヴィスは人間の権利であり、民営化に導く自由化のルールを当てはめる、民間の商業関係の対象として扱われるべきではないのです。

The deregulation and privatization of financial services, among others, are the cause of the current global financial crisis. Further liberalization of services will not bring about more development, but greater probabilities for a crisis and speculation on vital matters such as food.

金融サーヴィスの規制緩和と民営化は他の原因と共に、現在の世界的経済危機の原因なのです。サーヴィスのこれ以上の自由化はより多くの発展を作り出すのではなく、食料の様な重要な問題により多くの危機と投機の可能性を招くのです。

The intellectual property regime established by the WTO has most of all benefited transnational corporations that monopolize patents, thus making medicines and other vital products more expensive, promoting the privatization and commercialization of life itself, as evidenced by the various patents on plants, animals and even human genes.

WTOによって確立された知的所有権制度は特に著作権を独占している多国籍企業に恩恵を与え、民営化と植物、動物、到っては人間の遺伝子まで著作権化した証拠でも解かるように、人間の生活自体の商業化を推し進め、それによって薬などの重要な製品をもっと高価な物にしました。

The poorest countries will be the main losers. The economic projections of a potential WTO agreement, carried out even by the World Bank,[3] indicate that the cumulative costs of the loss in employment, the restrictions to national policymaking and the loss in tariff revenues will be greater than the "gains" from the "Development Round".

最も貧困な国々が主な被害者になります。ワールドバンクでさえも同様に行っている研究、WTOの期待されている合意による経済的見通しによると、職を失う事による累積的な損失、国家政策の規制、そして関税からの利益の損失等は“デベロップメントラウンド”からの利益よりも大きいのです。

After seven years, the WTO round is anchored in the past and out of date with the most important phenomena we are currently living: the food crisis, the energy crisis, climate change and the elimination of cultural diversity. The world is being led to believe that an agreement is needed to resolve the global agenda and this agreement does not correspond to that reality. Its bases are not appropriate to resist this new global agenda.

7年後、WTOラウンドは過去に錨を降ろし、食糧危機、エネルギー危機、気候変動そして文化の多様性が失われている状況等の、我々が生きている最も重要な現象から時代遅れになっている。世界は世界的な重要な課題を解決する為には合意が必要だと思う様に導かれているが、この合意は現実とは一致しないのです。其の基礎は世界的な重要課題に対抗するのには適当ではないのです。

Studies by the FAO point out that with the current forces of agricultural production it is possible to feed 12 billion human beings, in other words, almost more than double the current world population. However, there is a food crisis because production is not geared towards the well-being of humans but towards the market, speculation and profitability of the big producers and marketers of food. To deal with the food crisis, it is necessary to strengthen family, peasant and community agriculture. Developing countries have to recover the right to regulate[4] our imports and exports to guarantee our populations’ food supply. We have to end consumerism, waste and luxuries. In the poorest part of the planet, millions of human beings die of hunger every year. In the richest part of the planet, millions of dollars are spent to combat obesity. We consume in excess, waste natural resources and we produce the waste that pollutes Mother Earth.

FAOの研究は現在の農業生産力で120億人を養う事が可能だと指摘しています。と言う事は現在の世界人口の2倍以上だと言う事です。然しながら食糧危機が存在しています。何故なら(食料)生産は人間のより良い生存の為ではなく市場投機や大製造業者や食品販売業者の利益の為に調整されているからです。この食糧危機に対処する為には個人農園、小規模農家、地域農業を支援する事が必要です。発展途上各国は我々市民の食料供給を確保する為輸出入規制の権利を取り戻さなければなりません。我々は消費主義、無駄、そして贅沢に終止符を打たなければなりません。この地球の最も貧困な地域では、毎年何百万人もの人々が飢餓の為に死んでいます。そして、この地球の最も豊かな地域では何百万ドルもが肥満と戦う為に費やされています。我々は過度に消費し、自然の資源を無駄遣いし、そして無駄に生産し、母なる大地を汚染しているのです。

Countries should prioritize the consumption of what we produce locally. A product that travels half around the world to reach its destiny can be cheaper than other that is produced domestically, but, if we take into account the environmental costs of transporting that merchandise, the energy consumption and the quantity of carbon emissions that it generates, then we can reach the conclusion that it is healthier for the planet and for humanity to prioritize the consumption of what is produced locally.

各国は地域的に生産された物を消費する事を重要視しなければなりません。地球を半周して目的地に着いた製品は地域的に国内で生産された物より安価かもしれません、然しながら、商品を運ぶ事によって起こる燃料の消費、炭素排気量等の環境に対する影響を計算に入れると、我々は地域的に生産された物の消費を重要視する事が地球の為には健康だと言う結論に達する事が出来るのです。

Foreign trade must be a complement to local production. In no way can we favor foreign markets at the expense of national production.

輸出入は地域生産によって補わなければなりません。国内生産を犠牲にし、海外市場支持する事は絶対出来ません。

Capitalism wants to make us all uniform so that we turn into mere consumers. For the North there is only one development model, theirs. The uniform models of economic development are accompanied by processes of generalized acculturation to impose on us one single culture, one single fashion, one single way of thinking and of seeing things. To destroy a culture, to threaten the identity of a people, is the greatest damage that can be done to humanity.

資本主義は我々を均一にし、それにより我々を単なる消費者に変える事を望んでいます。北半球にとっては唯一つの開発モデルしかありません。其れは彼等の開発モデルです。均一な経済的発展のモデルは、我々に単一の文化、単一のファッション、単一の思考、そして単一の物の見方を強要する一般化された文化受容と言う過程と共にやって来ます。文化の破壊、民族の独自性への脅威等は人間性に対する最も大きな損失を与える行為です。

The respect and the peaceful and harmonic complementarities of the various cultures and economies is essential to save the planet, humanity and life.

お互いを尊重し平和的で、種々の文化、経済間での調和的な相互補助は地球、人類、生命を救う上で不可欠の物なのです。

For this to be in fact, a round of negotiations about development and anchored in the present and future of humanity and the planet it should:

これ等が事実になるには、開発に付いて一巡する協議、現在にしっかりと錨を降ろしと未来の人類と地球があるべき姿として

-Guarantee the participation of developing countries in all WTO meetings, thus ending exclusive meetings in the "green room".[5]

発展途上国を全てのWTO会議に参加させる事を確約しなければなりません。詰まり排他的なグリーンルームでの会議を中止しなければならない。

-Implement true asymmetric negotiations in favor of developing countries in which the developed countries make effective concessions.

先進国が効果的な譲歩をする発展途上国に有益な交渉の実施。

-Respect the interests of developing countries without limiting their capacity to define and implement national policies in agriculture, industry and services.

発展途上国の農業、工業サーヴィスに付いて国家政策の決定、遂行能力を制限せず、発展途上国の利益を尊重する事。

-Effectively reduce the protectionist measures and subsidies of developed countries.[6]

先進国の保護主義的条令や補助金を効果的に縮小する事。

-Insure that the right of developing countries to protect their infant industries, for as long as necessary, in the same manner that industrialized countries did in the past.

先進国が過去にしたと同じ様に、発展途上国の未熟な工業を必要な期間保護する権利の保障。

-Guarantee the right of developing countries to regulate and define their policies in the services sector, explicitly excluding basic services from the General Agreement on Trade in Services of the WTO.

発展途上国のサーヴィスセクターに付いての規制や政策の決定の権利の保障と、WTOのサーヴィス産業についての一般的合意から明確に基礎的サービスを除外する。

-Limit the monopolies of large corporations on intellectual property, foster the transfer of technology and prohibit the patenting of all forms of life.

知的所有物に付いて大企業の独占を制限し、技術の移譲の育成と生物全てに付いての特許権の禁止。

-Guarantee the countries’ food sovereignty, eliminating any limitation to the ability of the States to regulate food exports and imports.

国家の食料輸出入の規制の権限に対する限界を全て取り除き、国家の食料に対する主権の保障をする。

-Adopt measures that contribute to limit consumerism, the wasting of natural resources, the elimination of greenhouse gases and the creation of waste that harms Mother Earth.

天然資源を浪費し、グリーンハウスガスを排出し、塵を作り出し、母なる大地を傷つける消費主義の制限に寄与する条令を採用する事。

In the 21st century, a "Development round" can no longer be about "free trade", but it rather has to promote a kind of trade that contributes to the equilibrium between countries, regions and mother nature, establishing indicators that allow for an evaluation and correction of trade rules in terms of sustainable development.

21世紀における“デヴェロップラウンド”もはや“自由貿易”に付いて語るべきでなく、維持継続可能な開発と言う見地からの規則の修正と評価を可能にする表示機能の設立し、国家、地域と母なる自然の間の均衡を助成す様な貿易を奨励する物でなくてはならない。

We, the governments, have an enormous responsibility with our peoples. Agreements such as the ones in the WTO have to be widely known and debated by all citizens and not only by ministers, businessmen and "experts". We, the peoples of the world, have to stop being passive victims of these negotiations and turn into main actors of our present and future.

私達、政府には市民と共に非常に大きな責任があります。WTO等での合意は一般に知られるべきで、そして大臣、企業家、や“専門家”だけでなく一般の市民によっても議論されなくてはなりません。我々世界市民はそれらの協議の受身の犠牲者である事を止め我々の現在と将来の主役になるべきです。

Evo Morales Ayma
Presidente of Bolivia
エボ モラレス アユマ
ボリビア大統領

ejnews: 上記の翻訳は“アップサイドダウンワールド”と言うウエッブサイトに載っているエボ モラレス大統領の著した記事です。最近の中南米の国々ではやっと彼等自身の政治がアメリカ中央情報局のクーデターに妨害される事無く出来る様になったようです。アメリカの中南米支配は1823年のモンロー宣言Monroe Doctrine で、簡単に言うと“ヨーロッパは中南米の政治には介入するな、中南米はアメリカの支配下にある。”から本格的になり1950年代からはガテマラのハコボ アルベンツ大統領を軍事クーデターで失脚させ、其の後の“オペレーション コンドル”の時代軍人ピノチェを使ったチリ大統領アイェンデに対するクーデターそして自殺と報じられている暗殺、レーガン時代のイランコントラ事件で頂点に達しました。現在でも中央情報局が色々な隠密行動で特にボリビアとヴェネズエラの内政混乱、暗殺、スパイ行為をしているようですが。昔ほどの成果は収められないようです。今年の春にも中央情報局がアメリカのピース コー(平和部隊)のメンバーにスパイ行為を要請したとのニュースがありました。有名な事件は2002年のヴェネズエラのウーゴチャべス大統領に対するクーデター未遂です。反チャヴェスデモに始まったチャヴェス誘拐、辞任の強要、などが連続して起こる中で、テレビ局を通して、クーデターのニュースを保守派のプロパガンダ手段に使うと言う事件が起こりましたが、偶然ドキュメンタリー映画の製作をしていたアイルランドのフィルムグループがクーデターの真実を全て記録し『THE REVOLUTION WILL NOT BE TELEVISED 』“革命はテレビ放映されない”と言うドキュメンタリーフィルムになりました。このドキュメンタリーの一部には、ライフルを持った暗殺者が、ウーゴチャヴェス支持派のデモグループが、反チャべス派のグループに向かって発砲した様にテレビで放映していた虚構は、反チャべス派の見せ掛けであると明確に撮影しています。当然このドキュメンタリーはアメリカで一度ケーブルのチャンネルで放送された以外は発表のチャンスがないようです。勿論アメリカ政府は全ての関係を否定しています。が2004年のデモクラシーナウ!によると、『少なくとも米政府はクーデターの計画を察知していた。100万ドルを反チャべス派に手渡していた。』とあります。
 ボリビアのエボモラレスも最近の中南米のキューバ、ヴェネズエラ、ニカラグア、チリ、ブラジル、アルゼンチン等の国々の政治傾向である、社会主義を導入した社会改革を進めようとするリーダーの一人で、ボリビア史上初めての原住民の大統領です。彼は貧しいコカ栽培をしている農家の生まれで、コカ栽培組合の代表者から始まりコチャバンバでの水資源の民営化に反対する運動の後、大統領になった人物です。日本訪問もしましたので彼の事に付いては日本でも良く知られていると想像します。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

テーマ : ボリビア - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。