スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国の終焉とGracias a la vidaグラシアス ア ラ ビダ (人生にありがとう)

U.S. Suffering Permanent
Destruction of Jobs
合衆国は永続的な雇用喪失に悩んでいる。


Monday, October 5, 2009
washingtonsblog.comより。
http://www.washingtonsblog.com/2009/10/us-suffering-permanent-destruction-of.html

America is suffering a permanent destruction of jobs.
合衆国は永続的な雇用喪失に悩んでいる。


JPMorgan Chase’s Chief Economist Bruce Kasman told Bloomberg:
JPモーガン チェイスの主席経済担当者ブルース カスマンはブルームバーグにこう語った:

[We've had a] permanent destruction of hundreds of thousands of jobs in industries from housing to finance.
(我々は)住宅業界から金融業界まで何千にも及ぶ永続的な雇用喪失を被っている。

The chief economists for Wells Fargo Securities, John Silvia, says:
ウエルス ファーゴ セキュリティーの主席経済担当者ジョン シルヴィアはこう語っている:

Companies “really have diminished their willingness to hire labor for any production level,” Silvia said. “It’s really a strategic change,” where companies will be keeping fewer employees for any particular level of sales, in good times and bad, he said.
企業は“全ての製造段階で本当に労働者雇用の意欲を減少させている”とシルヴィアは語った。“実は此れは戦略の変更だ。”(其の新しい戦略では)企業は景気の良い時も悪い時も全ての個々の販売レベルで現在よりも少ない従業員を雇用する

And David Rosenberg writes:
そしてデイヴィッド ローゼンバーグはこう書いている:

The number of people not on temporary layoff surged 220,000 in August and the level continues to reach new highs, now at 8.1 million. This accounts for 53.9% of the unemployed — again a record high — and this is a proxy for permanent job loss, in other words, these jobs are not coming back. Against that backdrop, the number of people who have been looking for a job for at least six months with no success rose a further half-percent in August, to stand at 5 million — the long-term unemployed now represent a record 33% of the total pool of joblessness.

一時解雇ではなく職を失った人口は8月に22万人に急増し、其のレヴェルは記録を更新しようとし、現在8百10万人となっている。これは非雇用人口の53.9%で又記録的に高い数字であり、永遠に雇用が消え去ってしまうと言う代用の表現であり、別の言い方をすればこれ等の職はもう戻って来ないと言う事なのである。此の事実を背景に、最近の6ヶ月間に求職をしながらも職を見つけられない人口は8月に0.5%増加し5百万人となり長期の失職人口は今失業人口全体の33%と言う事を意味する。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ

ejnews: ------------と言う御話でした。1930年代の恐慌時にはアメリカは世界第一の工業国で、第二次大戦後は暫くの間日本とヨーロッパの工場地帯の破壊で競争相手が存在せず世界の市場を支配していたのですが、其の後、特に1980年代から米資本支配層が競争力と言う理由で工場を発展途上国に移し(中国、インドネシア、ヴェトナム等から輸入したほうが国内で労働力を確保し生産するよりも安価で利益率が高い)現在失われている職はもうアメリカ国内に戻って来ないと言う様な状態になっています。帝国の終焉の始まりでしょうか?『海外侵略で領土を広げたりする強国や帝国は既に内部で解決できない問題を抱えている。その事が理由で武力で海外侵略を引き起こし国内の問題を解決しようとする事が有る。だから侵略を始める事は終焉の始まりである。』と言う様な事をアーノルド トインビーは彼の有名な“歴史の研究”と言う著書で書いていたと思います。(不確か)ブッシュ親子政権のイラン、アフガン軍事侵略は帝国の“最後の悪あがき”なのでしょうか?????
 処でアルゼンチンの反体制運動家ミュージッシャン、又ユニセフへの大使でもあったMercedes Sosaメルセデス ソサが74歳で他界されたそうです。彼女はニックネームで彼女の黒髪からLa Negraラ ネグラ(スペイン語で黒と言う意味の名詞の女性形)と親しまれていて、又voice of the voiceless ones(声無き者達の声)として知られていました。共産党員だった彼女はアルゼンチンが軍事独裁政権に支配されていた1979年から1982年まで海外追放となりましたが海外で音楽活動を続け、後にラテングラミー賞をMisa Criollaで2000年Acústicoで2003Corazón Libreで年2006年に受賞した他、多くの国際的な賞を受賞しています。彼女はチリの音楽家ビオレタ パラの詩を歌い、ブラジルのミルトン ナシメントやキューバのパブロ ミラネスの歌を有名にし中南米で最も尊敬されるミュージッシャンの一人でした。以下はAPの彼女の死についての記事です。


Thousands bid farewell to Argentine singer Sosa
何千人もの人々がアルゼンチンの歌手ソサに別れを告げる。


http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jlvVXzCU006t3qt6XA_tIr3TTJ5QD9B54MUG0


By VANESSA HAND ORELLANA (AP) – 7 hours ago

BUENOS AIRES, Argentina — Argentines bid farewell to folk singer and human rights activist Mercedes Sosa with flowers and cheers Monday as her body was taken from Congress to the capital's Chacarita cemetery.
ブエノスアイレス、アルゼンチン -----------月曜日、アルゼンチンの国民はフォークシンガーで人権運動の活動家メルセデスソサの遺骸が議会から首都のチャカリタ墓地に運ばれる中、アルゼンチンの国民は花と喝采で彼女に別れを告げた。

The ashes of the singer, who died Sunday at 74, will be scattered in Argentina's capital as well as the provinces of Mendoza and her birthplace Tucuman in accordance with her wishes.
日曜日に74歳で他界した歌手の灰は彼女の遺言に従いアルゼンチンの首都とメンドサ州と彼女の出身地ツクマンに振りまかれる予定である。

Argentina's president accompanied Sosa's family in paying homage to the singer as she lay in state at Congress. Singer Argentino Luna played her songs as weeping fans sang along and left flowers on her coffin.
議会で弔問客の為横たわっている歌手に敬意を捧げる為アルゼンチンの大統領はソサの家族に同行した。歌手アルヘンティノルナは彼女の歌を歌い、ファンは泣きながら彼と歌い花を彼女の御棺に捧げていった。

Other celebrities sent their eulogies from afar — like Colombia's Shakira, who sings on Sosa's last, Grammy-nominated album. "We are all better for having known her — she showed us that a song can teach us so much," Shakira said.
ソサの最後のグラミー賞にノミネートされたアルバムで歌ったコロンビアのシャキーラの様に、他の有名人は遠方より追悼の言葉を送った。『私達は彼女を知った事によって皆前よりも向上しました------彼女は歌が私達の心に本当に深く触れる物だと言う事を見せてくれました。』とシャキーラは述べている。

The leftist Sosa was forced into exile by Argentina's military dictatorship of the 1970s but never backed down, lending her voice to inspire many who suffered. In the years since democracy returned to her country, she continued singing at political rallies and taking up causes even when they were unpopular.
70年代のアルゼンチンの軍事独裁政権によって強制国外退去になった左翼のソサは立場を翻す事は無く、彼女の声を苦しんでいる人々を鼓舞する為に使った。民主主義が彼女の故国に取り戻されてからも彼女は政治集会で歌い続け、そして少数派であっても政治的主張の為に活動した。

"I could never afford to see her in concert, but I met her today and said goodbye," said Dora Mabel Parra, one of many weeping fans.
『私は経済的に彼女をコンサートで見る事が出来なかった。でも今日彼女に会いさよならを言った。』と多くの泣いているファンの一人、マベルパラは語った。

A large crowd also gathered at the cemetery, crying, praying, singing and dancing — and vowing to keep her memory alive.
大きな群集は墓地にも集まり、泣き、祈り、歌い、そして踊り--------彼女の記憶を守り続ける事を誓った。

Copyright © 2009 The Associated Press. All rights reserved.

ejnews: メルセデス ソサが中南米で不滅の歌にしたVioleta Parraビオレッタ パラのGracias a la Vidaグラシア ア ラ ビダ“ありがとう人生よ”の歌詞を載せておきます。
ビオレッタ パラはチリの音楽家でNueva Canciónヌエバ カンシオン(新しい歌)と言う音楽運動を始めた人です。此の歌は恋人との別離の悲しみを書いた詩だと言う事で、此の後に彼女は自殺しています。其の後に起こった米中央情報局が協力したチリのピノチェットによるアイェンデ政権に対する軍事クーデターや、メルセデス ソサも被害者となり戦ったアルゼンチン軍事独裁政権等、南米の人民は暗く圧迫された“オペレーションコンドアー(コンドル)時代”に入っていくのです---------


Gracias a la vida
グラシアス ア ラ ビダ(人生にありがとう)


Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me dió dos luceros, que cuando los abro.
Perfecto distingo lo negro del blanco
Y en el alto cielo su fondo estrellado,
Y en las multitudes
El hombre que yo amo.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado el oìdo que en todo su ancho
Graba noche y dìa grillos y canarios
Martillos, turbinas, ladrillos, chubascos
Y la voz tan tierna de mi bien amado.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado el sonido y el abecedario.
Con él las palabras que pienso y declaro,
“Madre,” “amigo,” “hermano,” y luz alumbrando
La ruta del alma del que estoy amando.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado la marcha de mis pies cansados.
Con ellos anduve ciudades y charcos,
Valles y desiertos, montañas y llanos,
Y la casa tuya, tu calle y tu patio.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me diò el corazòn que agita su marco.
Cuando miro el fruto del cerebro humano,
Cuando miro al bueno tan lejos del malo.
Cuando miro el fondo de tus ojos claros.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado la risa, me ha dado el llanto.
Asì yo distingo dicha de quebranto,
Los dos materiales que forman mi canto,
Y el canto de ustedes que es el mismo canto
Y el canto de todos que es mi propio canto.


Thank you to life
人生にありがとう


Thank you to life, which has given me so much.
It gave me two beams of light, that when opened,
Can perfectly distinguish black from white
And in the sky above, her starry backdrop,
And from within the multitude
The one that I love.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
二つの光を与えてくれて其れが開いた時
黒と白をハッキリ見極める事が出来た。
空高く其の星空のバックドロップで
其の多くの中で
其の中で其れが私の愛する物。

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me an ear that, in all of its width
Records—night and day—crickets and canaries,
Hammers and turbines and bricks and storms,
And the tender voice of my beloved.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
私に耳を与えてくれた。其の広がりの中で
記録する-----夜と昼--------蟋蟀とカナリヤ
金槌とタービンそして煉瓦と嵐
それから私の愛する人の優しい声。

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me sounds and the alphabet.
With them the words that I think and declare:
“Mother,” “Friend,” “Brother” and the light shining.
The route of the soul from which comes love.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
私に音とアルファベットを与えてくれた
其の中で言葉。それで私は考えて宣言する
“お母さん”“友人”“兄弟”そして輝いている光
魂の道、それから生まれる愛

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me the ability to walk with my tired feet.
With them I have traversed cities and puddles
Valleys and deserts, mountains and plains
And your house, your street and your patio.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
疲れた私の足で歩く力を与えてくれた
其の足で私は市(まち)や水溜りを
谷間や砂漠、山々や草原を旅して来た
貴方の住む家、貴方の住む街、そして貴方のいる中庭

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me a heart, that causes my frame to shudder.
When I see the fruit of the human brain,
When I see good so far from bad,
When I see within the clarity of your eyes…
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
心を与えてくれた。其れは私の身体を震わせる
私が人間の脳の作り出した果物(結果)を見る時に
私が善を悪から離して見る時に
私が明白に貴方の瞳を見る時に

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me laughter and it gave me longing.
With them I distinguish happiness and pain—
The two materials from which my songs are formed,
And your song, as well, which is the same song.
And everyone’s song, which is my very song.
ありがとう人生に。私にこんなに多くの物を与えてくれた人生に
私に笑いを与えてくれた。そして貴方を恋する心も
其の中で私は喜びと苦悩を見極める
二つの物-------(其れから)私の歌が生まれてくる
そして貴方の歌も------其れは同じ歌。
そして皆の歌、其れは私自身の歌。


英訳は下記のブログからです。

MUSIC IN THE UNCONSCIOUS STATE

http://tracycharles.blogspot.com/2007/01/violeta-parra-concept-of-cultural.html


Youtubeでメルセデスソサが“人生にありがとう”をスペイン語歌っているのは下記。

http://www.youtube.com/watch?v=DPLUSH9xwzA

Youtubeでビオレッタパラの“人生にありがとう”のオリジナルは下記。

http://www.youtube.com/watch?v=UW3IgDs-NnA



他のメルセデスソサの歌も興味のある方はYoutubeでどうぞ。下記です。

http://www.youtube.com/watch?v=icrCSlBGkl0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4CAesBCjk20

http://www.youtube.com/watch?v=g8VqIFSrFUU&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=-18W35iHaqE

では又!Adios ! Hasta pronto!

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

最近金融業界の人間は皆詐欺師に見えてきた。

Fed Refuses to Disclose Recipients of $2 Trillion
連邦準備銀行はどの金融機関が2兆ドルの受領者か発表を拒否。

Published on 12-12-2008
http://www.blacklistednews.com/news-2605-0-13-13--.html
Source: Bloomberg

The Federal Reserve refused a request by Bloomberg News to disclose the recipients of more than $2 trillion of emergency loans from U.S. taxpayers and the assets the central bank is accepting as collateral.
ブルーンバーグニュースによって公表を要求されている合衆国納税者からの2兆ドル以上に上る緊急ローンの受領者と、担保として中央銀行が受け取っている資産について、連邦準備銀行は拒否している。

Bloomberg filed suit Nov. 7 under the U.S. Freedom of Information Act requesting details about the terms of 11 Fed lending programs, most created during the deepest financial crisis since the Great Depression.
ブルーンバーグは合衆国情報の自由条令に基いた11月7日の提訴で、殆どが世界大恐慌以来最も大きい金融危機の間に作り出された11件の連邦政府の貸付プログラムの条件の詳細について要求している。

The Fed responded Dec. 8, saying it’s allowed to withhold internal memos as well as information about trade secrets and commercial information.
連邦準備銀行は12月8日其れに答えて、内部情報のメモや企業秘密、営業活動情報等を発表しない事を許可すると言った。

Ejnews:政府は金融機関には甘い態度と感じられるでしょう?処が連邦準備銀行は民間企業なのです。不思議でしょう?

Jim Rogers calls most big U.S. banks "bankrupt"
ジム ロジャーズは殆どの合衆国の大銀行は“破産”していると宣言している。

http://www.reuters.com/article/InvestmentOutlook09/idUSTRE4BA5CO20081211

Source: Reuters - Jonathan Stempel

NEW YORK - Jim Rogers, one of the world's most prominent international investors, on Thursday called most of the largest U.S. banks "totally bankrupt," and said government efforts to fix the sector are wrongheaded.
ニューヨーク:世界的に最も有名な投資家の一人であるジムロジャーズは木曜日、殆どの合衆国大銀行は“完全に破産”していると宣言し、政府の金融セクターを回復させる努力は間違った判断だと言っている。

Speaking by teleconference at the Reuters Investment Outlook 2009 Summit, the co-founder with George Soros of the Quantum Fund, said the government's $700 billion rescue package for the sector doesn't address how banks manage their balance sheets, and instead rewards weaker lenders with new capital.
ロイターズ投資アウトルック2009サミット テレコンファレンスでクオンタム ファンドの共同設立者ジョージ ソロズと共に発言した。政府の金融セクターに対する7千億ドルの援助パッケージは銀行がバランス シート(貸借対照表)をどの様に処理しているかについて注意を向けず、その代わりに脆弱な貸主を新しいキャピタルで報いている。

Dozens of banks have won infusions from the Troubled Asset Relief Program created in early October, just after the Sept 15 bankruptcy filing by Lehman Brothers Holdings Inc (LEHMQ.PK: Quote, Profile, Research, Stock Buzz). Some of the funds are being used for acquisitions.
Dozens of banks何ダースもの銀行(Dozens ofは多くの~と言う意味で良く使われる表現)
9月15日のリーマンブラザースホールディングIncの破産申告直後、10月上旬に開設されたトラブルドアセットリリーフプログラムにより多くの銀行が資金の注入を勝ち取った。其の資金のある部分は買収に使われた。

"Without giving specific names, most of the significant American banks, the larger banks, are bankrupt, totally bankrupt," said Rogers, who is now a private investor.
特定の名前は避けながら“殆どの最も重要なアメリカの銀行や大きな銀行は破産している。完全に破産している。”と現在は個人投資家であるロジャーズは語った。

"What is outrageous economically and is outrageous morally is that normally in times like this, people who are competent and who saw it coming and who kept their powder dry go and take over the assets from the incompetent," he said. "What's happening this time is that the government is taking the assets from the competent people and giving them to the incompetent people and saying, now you can compete with the competent people. It is horrible economics."
何が経済的に言語道断かそして道徳的に言語道断かと言うと、普通ならこの様な時は有能な人、問題が起こり始めている事を見抜いていた人、火薬を乾燥させていた人(慎重に行動し資金を保持していた)等が無能な人の資産を乗っ取るのだが、今何が起こっているかと言うと政府が有能な人から資産を取り上げ其れを無能な人に与えて“さあ!此れで有能な人と競争が出来るよ!”と言っているのだ。恐るべき経済!

Obama Adviser Robert Rubin Sued For Citi Ponzi Scheme
オバマのアドヴァイザーの ロバート ルービンはシティ グループ ポンジー詐欺で訴えられる。

Published on 12-11-2008
Source: NY Post
http://www.blacklistednews.com/news-2601-0-24-24--.html

A new Citigroup scandal is engulfing Robert Rubin and his former disciple Chuck Prince for their roles in an alleged Ponzi-style scheme that's now choking world banking.
新しいシティグループのスキャンダルは、現在の銀行ビジネスを窒息させているポンジースタイルのたくらみで果した役割についてロバートルービンと彼の弟子チャックプリンスを巻き込んでいる。

Ponzi-style scheme ポンジースタイルのたくらみ。利殖性の高い投資対象をでっち上げ,其れに最初に投資した人々が後から投資した人々の投資金を配当金として得る詐欺。Charles A.Ponziチャールズポンジーに由来する。

Director Rubin and ousted CEO Prince - and their lieutenants over the past five years - are named in a federal lawsuit for an alleged complex cover-up of toxic securities that spread across the globe, wiping out trillions of dollars in their destructive paths.
ダイレクター ルービンと追い出されたCEOだったプリンス、其れと過去5年間の彼等の手下達が、世界中に広がり、其の過程で何兆ドルもの損害を出した害悪な有価証券の複雑な隠蔽工作をしたと言われている連邦裁判所の起訴状で名前を上げられている。

Investor-plaintiffs in the suit accuse Citi management of overseeing the repackaging of unmarketable collateralized debt obligations (CDOs) that no one wanted - and then reselling them to Citi and hiding the poisonous exposure off the books in shell entities.
告訴をしている投資家達はこの件でシティーグループ経営陣を買い取り先の無い市場で販売出来ないCDO(責務抵当証書担保証券?)をリパッケージし其れをシティーグループに再び販売し其の被害の露呈を避ける為幽霊会社の帳簿に隠す作業を監督したと告訴している。

The lawsuit said that when the bottom fell out of the shaky assets in the past year, Citi's stock collapsed, wiping out more than $122 billion of shareholder value.
この告訴では昨年この不確実な資産が破綻した時シティーグループの株式が崩壊し株主の1220億ドル以上を失ったと述べている。

However, Rubin and other top insiders were able to keep Citi shares afloat until they could cash out more than $150 million for themselves in "suspicious" stock sales "calculated to maximize the personal benefits from undisclosed inside information," the lawsuit said.
然しながら、ルービンと他内部の重役達はシティーグループの株を“未発表の内部情報により個人的利益を最大限にする画策”による“疑わしい”株の販売で1億5千万ドル以上の利益で売り払うまで価値を維持させる事が出来たと起訴状は述べている。

Rubin cleared $30.6 million on his stock sales, while Prince got $26.5 million, former COO Robert Druskin got nearly $32 million and former Global Wealth Management unit chief Todd Thomson got $25.7 million, the suit said.
ルービンは彼の株の売り上げで3千60万ドル、プリンスは2千6百50万ドル、元最高業務執行責任者ロバートドラスキンは殆ど3千2百万ドル、そしてグローバルウエルスマネージメントユニットの責任者トッドトムソンは2千5百70万ドルの利益を得たと告訴状は述べている。

Citi denied the allegations and said it "will defend against it vigorously."
シティーグループは“起訴に対して精力的に弁護する”と起訴状を否定している。

Former Nasdaq chairman arrested for fraud
元ナズダックの会長詐欺罪で逮捕。


Published on 12-11-2008
http://www.blacklistednews.com/news-2600-0-13-13--.html
Source: MSNBC

Bernard Madoff, a longtime fixture on Wall Street, was arrested and charged on Thursday with allegedly running a $50 billion Ponzi scheme, U.S. authorities said.
木曜日、長年ワォールスとリートの顔だったバーナード マドフは500億ドルのポンジー詐欺をしていたとして逮捕告訴されたと合衆国の関係当局は語った。

The former chairman of the Nasdaq Stock Market who remains a member of Nasdaq OMX Group Inc's nominating committee, is best known as the founder of Bernard L. Madoff Investment Securities LLC, the closely-held market-making firm he founded in 1960.
ナズダックOMXグループIncの指名委員会のメンバーとして留まっていた元ナズダック株式市場の会長で、1960年に彼が創設した内容は余公表されていないマーケットメイカー会社バーナードL.マドフインヴェスティメントセキュリティーLLCの創設者として最も良く知られている。

But the alleged fraud involved a hedge fund he ran from a separate floor of the building where his brokerage is based.
然し、訴えられている詐欺は彼の証券会社の在るビルの別の階でヘッジファンドを利用して行われていた。

Madoff told senior employees of his firm on Wednesday that "it's all just one big lie" and that it was "basically, a giant Ponzi scheme," with estimated investor losses of about $50 billion, according to a criminal complaint against him.
水曜日、マドフは彼の長年の部下に“其れは全くのイカサマだよ”そして“基本的にポンジースタイルの詐欺だよ”と語っている。彼への犯罪告訴によると投資者の損失額は約500億ドルに上ると試算されている。

A Ponzi scheme is a pyramid-type swindle in which very high returns are promised to early investors, who are paid off with money put up by later investors.
ポンジースキームは、後から参加した投資者が投資した資金を使い初期の投資者に高率の利益が約束されるピラミッド型の詐欺。

Prosecutors charged Madoff, 70, with a single count of securities fraud. They said he faces up to 5 years in prison and a fine of up to $5 million.
検事は有価証券詐欺の一件で70歳のマドフを告訴している。マドフは最高5年間の投獄と5百万ドルまでの罰金刑に直面していると言う事だ。

Ejnews:金融機関のニュースは詐欺の様な話ばかりです。本当は“詐欺”なのですが.........................。米自動車業界に資金の貸し出しをするかどうかもめていますが上院で救済案が否定されたそうです。南部の共和党議員が反対しているそうですが、理由は米3大自動車会社は労働組合の存在が強く、共和党は其の労働組合を助けたくないと言う事が一つの理由だと囁かれています。金融機関救助の為には規制も何も設けずサッサト7000億ドルも“ハイよ!”と言って出したくせに、自動車業界には何だかんだと言って支援を遅らしているのです。GMは20箇所の工場を一時的に操業停止にするとの計画を発表しています。問題は部品を収めている会社、ディーラー、等に影響するので米経済に与える影響は大きいのです。
 処で、オバマ大統領の就任式にはビックリする様な数の人々がワシントンに集まるそうですが、就任式会場には142の移動式仮設トイレが配備されるそうです。142と言うと“マアマアの数だな”と思うでしょう?処が、この配備される仮設トイレは6千人に1台と言う比率になるそうです。オバマ大統領就任式に参加し様と計画している人は数日前から断食しトイレを使わない様に準備しておいた方が良いと思いますよ。


以下はサンフランシスコの最近の写真。
フィルモア通りの日曜日ジャズグループが演奏しています。

musician_convert_20081209155723.jpg
以下はユニオンスクエアーでの写真。花嫁が通りを走っていました。
bride

union3

unionsquare

unionsquare2

uniontraffic

xmastree

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




不況。不況。不況!

Ouch: Harvard endowment loses $8 billion
痛い!ハーヴァード大学、寄付金で形成された基本財産から80億ドル失う。

John Byrne
Published: Thursday December 4, 2008

http://rawstory.com/news/2008/Ouch_Harvard_endowment_loses_8_billion_1204.html

If you think your 401(k) is suffering, try losing $8,000,0000,000.
若し貴方の401Kが問題になっていると思っているんだったら、80億ドル無くしてみたら如何だろう?
401K:退職後の為に職場を通して行う投資。


Harvard University's endowment plunged $8 billion, according to figures released in today's Wall Street Journal.
今日のワォールストリートジャーナルに報告された数字によるとハーヴァード大学の基本財産は80億ドル激減した。

The loss itself -- representing a decline of 22 percent of the university's $36.9 billion endowment -- is more than the entire endowments of all but six colleges in the United States.
損失自体は……..369億ドルの大学の基本財産の22%を失った事になり……….(もっとも裕福な)6大学を除くアメリカの全大学の基本財産総額より以上の額である。

Harvard told the paper the actual loss could be even higher, once real estate and private equity are factored in.
ハーヴァード大学は実際の損失は不動産や個人資産を計算に入れるともっと多いだろうとワォールストリート紙に述べた。

The sinking value of college endowments is a one-two punch for soon-to-be college students and the institutions themselves. Colleges generally rely on their endowments to meet some of their annual operating expenses, and when endowments decline at the same time they need to be tapped for annual budgets, the drop accelerates. In good times, the endowment's gain can be used to pay expenses without a loss of principal funds.
減額している基本財産はもう直ぐ学生になる生徒達と大学自体にとってワンツーパンチである。大学は通常年間経営費用の一部を基本財産に頼っている。基本財産が減少している時、同時に年間経費を基本財産から使うと、財産の減少は加速する。
以下省略。

Job losses could hit 3 million soon, index indicates
直ぐに失業者数300万に達するかもしれないとインデックスは示している。


By Rex Nutting
Last update: 10:12 a.m. EST Dec. 8, 2008

http://www.marketwatch.com/news/story/Job-losses-could-hit-3/story.aspx?guid={1D2CC32B-D1D7-4398-A980-3776F46F73EE}

WASHINGTON (MarketWatch) -- Job losses in the United States could easily reach 3 million by the middle of next year, said Gad Levanon, a senior economist for the Conference Board. The private research group said Monday that its employment trends index fell 1.6% in November and is down 13% in the past year. The index looks at eight labor market indicators to judge the path of employment. Since the recession began a year ago, the economy has lost 1.9 million jobs, including 533,000 in November alone. "The continued deterioration in the labor market will exert significant downward pressure on wages," Levanon said.
ワシントン( マーケットワッチ)コンファレンス ボードのシニア エコノミストである ガッド レヴァノン氏は来年中期までに米国失業者数は容易に300万人達するかもしれないと言った。この民間調査機関は月曜日“雇用傾向はインデックス11月に1,6%下降、過去1年13%減少した。”と発表した。このインデックスは8つの労働市場指標を調べ雇用の行方を判断している。1年前景気後退が始まってから経済は11月だけでも533,000人を含めて、160万人の雇用を失った。“労働市場の継続する悪化は賃金に対して減少的圧力として大きく影響するだろう。”とレヴァノン氏は語った。


Desperate NY Times Mortgages Building
絶体絶命のニューヨークタイムズ自社ビルを抵当に入れる。


Monday, December 8, 2008 8:46 PM Article Font Size

http://www.newsmax.com/insidecover/ny_times_mortgage/2008/12/08/159648.html
WASHINGTON ― The New York Times said Monday it will borrow as much as $225 million against its new headquarters building due to tightening credit and dwindling profits.
ワシントン-ニューヨークタイムズは月曜日“苦しいクレディットと減少する利益が原因で新しい本社ビルを抵当に最高2臆2千5百万ドルを借りると発表した。

The Times owns 58 percent of the glistening 52-story tower on Eighth Avenue in Manhattan designed by architect Renzo Piano, with the rest owned by developer Forest City Ratner. The Times' portion of the building is not presently mortgaged.
ニューヨークタイムズは建築家レンゾピアノによるデザインの8番街にある煌く階建てのビルの58%を所有している、残りは開発業者フォーレストシティーラトナーによって所有されている。タイムズの所有している部分は現在抵当されていない。

The media company has retained real estate firm Cushman & Wakefield to act as agent to secure financing, the newspaper reported, citing its chief financial officer James Follo.
このメディアカンパニー(ニューヨークタイムズ)は資金調達を確実にするため不動産企業クッシマン&ウエイクを傘下に保持している。と経理担当ジェイムズフォロを引用して新聞(タイムズ)は伝えている。
中略
Times Company stock has lost more than half its value this year.
今年タイムズ社の株は価値の半分を失った。

Ejnews:アメリカではと言う様な厭な話ばかりです。来年にはアメリカでは幾つかの新聞社が倒産する可能性があるそうです。ロスのLAタイムズも危ないとの事です。経済のニュースはもっとありますがウンザリするのでこの3つだけです。米自動車業界も経済支援を受けられる様ですが実際の費用は1千臆ドルを越すだろうとの事です。来年一体どうなるのでしょうか?

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

サブプライムだけが金融危機じゃねえんだぜ!

House of Cards: You thought the housing crisis was bad? You ain't seen nothing yet.
カードで作られた家。貴方、住宅危機は酷いと思っていた?それじゃ貴方は未だ何にも見てないよ!

Smirkingchimp.comより。
Corporate America | Economic Policy
by Danny Schechter | October 30, 2008 - 9:31am
http://www.smirkingchimp.com/thread/18309

The Mess ザ メス(手のつけられない無茶苦茶な状態)


Nationwide, two million homes sit vacant. Home sales are at a nine-year low. Former Treasury Secretary Larry Summers says that housing finance has not been this bad since the Depression. We still don't know the full extent of the colossal subprime rip-off, but a recent Bank of America study did some guesstimating on the scale of the consequences of the "credit crisis." The meltdown in the U.S. subprime real estate market, the bank said, had led to a global loss of $7.7 trillion dollars in stock market value since October.

全国的に2百万軒の家が空き家として放置されている。住宅販売は過去9年最低の状態である。財務省長官ラリーサマーズは住宅金融は世界恐慌以来これ程悪かった事は無いと述べた.我々は未だ巨大なサブプライム詐欺の全容を理解していないが、バンクオブアメリカの調査はある程度のクレディット危機の結果の大きさの憶測見積もりを出している。アメリカのサブプライム土地住宅のメルトダウンは、10月から世界的に株の価値で7兆7千億ドルの損失を出す結果に導いたとこの銀行は述べた。

While many eyes are focusing on the housing meltdown and its hugely negative effect on an economy clearly moving into recession, few are paying attention to the next bubble expected to burst: credit cards. Combined with the subprime losses, such a credit card nightmare has the potential, experts say, of bringing down the entire financial system and global economy. You and your credit card have become key players in the highly unstable financial crunch. Mortgage lender cupidity and bank credit card greed wedded to financial institution deregulation supported by both political parties, have been made manifestly worse by Bush administration support-the-rich policies. It has brought us to a brink not seen since just before the Great Depression.

多くの人々は住宅メルトダウンと明らかにリセッションに向かっている経済に対する影響に注目しているが、僅かな人々しか次の予期されているバブルの崩壊に注意していない。其れはクレディットカード。サブプライムの損失と併合したこの様なクレディットカードの悪夢は全金融機構と国際経済を崩壊させる可能性があると専門家は述べている。貴方と貴方のクレディットカードは非常に不安定な経済的危機に置いて重要な役目を果す様になったのです。両政党に助けられた住宅ローン貸付金融機関の貪欲と銀行クレディットカードの貪欲は御互いに結び付いて経済状態の悪化を招き、其れはブッシュ政権の“金持ちを支持しろ!”と言う政策によって明白に悪化した。其れは我々を大恐慌前以来見た事のない崖っぷちに押し遣ったのである。

While campaigning in Edinburg, Texas, in February, Barack Obama met with students at the University of Texas-Pan American. "Just be careful about those credit cards, all right? Don't eat out as much," he said. After the foreclosure crisis, he warned, "the credit cards are next in line."

2月、テキサスのエディンボーグでキャンペーン中バラックオバマはパンアメリカンテキサス大学で学生と会い『其のクレディットカードには注意するんだよ!いいかい!?外食ばかりするんじゃないよ!』と彼は言っていた。(住宅の)抵当流れ危機foreclosure crisisの後彼は『クレディットカードが次に待っている』と警告した。

next in line “何かを待つ列の中で次の番に居る”と言う意味

The coupling of home equity debt and credit card debt has gone hand in glove for years. The homeowners at risk can no longer use their homes as ATM machines, thanks to their prior re-financings and equity loans, often used in the past to pay off their credit cards. Indeed, homeowners cashed out $1.2 trillion from their home equity from 2002 to 2007 to pay down credit card debts and to cover other costs of living, according to the public policy research organization Demos.

住宅物件純価負債とクレディットカード負債のカップルは何年もの間仲良くやってきた。過去にクレディットカードの借金を返済する為に良く利用された住宅を抵当に融資を受けている事や、住宅の純価格に対するローンを既に受けている事が原因で、危機に陥っている住宅所有者は彼等の住宅をもうキャッシュマシンの様に使えない。公共調査団体“デモス”によると、確かに、2002年~2007年の間に住宅保有者はクレディットカードの借金の返済や生活コストを捻出する為に1,2兆ドルを彼等の住宅純価格を抵当に借金している。

hand in glove 仲が良い、なあなあの仲、

To compound the problem, fewer people are paying their credit card bills on time. And, to flip the old paradigm, more are using high-interest credit card cash to pay at least part of their mortgages instead of the other way around.

問題を複雑にさせる事には、クレディットカードの支払いを遅れないで払っている人口は減少している。そして、今まで常識だったパラダイムをアベコベにすることには、住宅ローンを借りてクレディトカード負債を払うのではなく反対に、高利のクレディットカードキャッシュを使って少なくとも住宅ローンの一部を払う人々が増加している。

How bad is it?其れはどれだけ悪化してる?

* Financial analysts say that in the U.S. alone more than $850 billion in unpaid credit card balances is at stake and fast approaching $1 trillion, roughly the same amount as in the subprime market.

経済アナリストはアメリカだけでも8500億ドル以上の未払いのクレディットバランスが問題で、其れは刻々と1兆ドルに近づいている。概算でサブプライム市場と同じ大きさである。

* CNN reports that worldwide, consumers have racked up more than $2.2 trillion in purchases and cash advances on major credit cards in just the last year.

CNNの報告によると、昨年だけでも世界的に消費者は有名なクレディットカード会社のクレディットとキャッシュアドヴァンスによって2,2兆ドルの購入をしたと記録されている。

* The unpaid debt portion of this is continuing to pile up, with U.S. consumers last year adding $68 billion against their credit lines, boosting credit card debt by 7.8 percent, the largest increase in seven years, just when the last recession was beginning.

この購買の未払いの部分は継続的に積み重なっていて、アメリカの消費者のクレディットラインに対して680億ドルの負担となってクレディットカードの負債を7,8%押し上げている。此れは、今このリセッションが始まろうとしている同じ時期の、この7年間で一番大きい増加である。

* Even as they spent, consumers have been going into default at a stunning rate. The percentage of people delinquent on their credit cards is soaring, and credit card companies are now writing off somewhere near 5 percent of payments.

消費者はクレディットカードを利用すると同時に驚くべき率で債務不履行に陥っている。クレディットカードの責務不履行に陥る人々の率は上昇していて,現在クレディトカード会社は5%に近い返済を諦めている。

* By last fall, the major banks were setting aside billions for loan-loss reserves while anticipating an increase of 20 percent in non-payments over the next two to four quarters.

昨年の秋までに、次の2の四半期の不履行の20%増加を予期し、大銀行は何十億ドルもの資金を債務不履行の対策に特別に準備している。

* Capital One, one of the biggest credit card banks, was forced to write off $1.9 billion in bad debt just in the last quarter of 2007.

2007年の最後の四半期だけでも、キャピタルワン、最も大きなクレディットカード銀行は19億ドルを焦げ付きとして諦めざるおえない状態になっている。

*By October, according to a survey of only the leading credit card banks by the Associated Press, the value of credit card accounts at least 30 days late was up 26% from the previous year, to $17.3 billion. Serious delinquencies among some of the biggest lenders rose by 50 percent or more in the value of accounts that were at least 90 days delinquent.

アソシエイトプレスによる主要クレディットカード会社の調査によると、10月までに、クレディットカードの支払いが30日遅れている口座は前年同時期と比較して26%増加していて173億ドルとなっている。最大のクレディット銀行の幾つかの最悪の責務不履行口座で、少なくとも90日支払いの遅れている口座の価値は50%若しくはそれ以上失われる。

Making matters worse, or more widespread throughout the economy, just as with mortgage debt, credit card debt is put into pools that are then resold to investment houses, other banks and institutional investors. About 45 percent of the nation's $900-plus billion in credit card debt has been packaged into these pools, and so many companies, not just a few, are at risk of being forced out of business by credit card debt write-offs.

状態をもっと悪くする、若しくは(悪条件を)経済にもっと広げている事は、住宅ローンと全く同じで、クレディットカード負債はプール(他の金融商品と混ぜられて)されて他の投資会社、銀行、公共投資機関等に再販売されると言う事だ。今まで全国9千億ドル以上のクレディットカード負債の約45%はこの様な金融商品としてパッケージされている。幾つかの会社だけで無く、そして本当に多くの会社はクレディットカードの貸付金が取り戻せない事が原因で事業から撤退させられる危機に立っている。
write-offs 減価見積もり。貸した金額が戻ってこないので損失とする事。

What this adds up to, and what Obama didn't say, is that we are actually face to face with the results of the most massive failure of our political and economic system since the Depression. Since Ronald Reagan, we have been living in an era in which neither the meltdown of the savings and loan banks in the 1980s nor the Enron-like scandals of the Bush years has stopped the relentless advancement and protection by both parties of the ability of financial institutions to make a buck at any cost to the social good and economic fabric. Which is what you get, of course, when both parties are so dependent on massive financial contributions to get their candidates into office and when the corporate media, heavy with advertising from the FIRE sector - Finance, Insurance and Real Estate - doesn't warn the public or investigate the egregious fudging, misrepresentation and outright fraud that underpins the subprime and looming credit card crisis.

一体此れはどうなるのか、そしてオバマが言及していない事は、其れは我々は世界恐慌以来最大の政治的経済的大失敗と向き合っていると言う事である。ロナルドレーガン時代から我々は、1980年代のセーヴィング&ローン銀行のメルトダウンやブッシュ時代のエンロンの様なスキャンダルでも、如何なる社会的機能や経済的な社会の繋がりを犠牲にしてまで、両政党からの保護による金融機関のドルを稼ぐ能力の飽くなき発展を阻止出来ない時代に暮らしている。勿論、この様な時代は、両政党が其の議員を事務所に送り込む為、巨額の経済的寄付に頼っている時、企業メディア(マスコミ)FIREセクター(ファイナンス、保険業界、不動産業界等)の広告収入で肥え太っていて、サブプライムや今起ころうとしているクレディットカード危機の原因となっている言語道断な不正、偽った宣伝や正真正銘の詐欺等について市民に警告しないし調査報道もしない時にやって来るのである。

Priceless!プライスレス!
pricelessは価値が無いが直訳ですが、金銭的価値で置き換えられない価値と言う意味です。

The credit card industry (Visa, MasterCard, American Express, etc.) and the 10 banks that dominate the industry as the primary card issuers spend an estimated $2 billion a year in endless marketing worldwide. We are all bombarded with their solicitations and sales tie-ins and gimmicks. They know that they might only have a 2-3 percent return rate, but that more than pays the enormous costs. They have thus succeeded in supplying 1.5 billion cards to 158 million U.S. card holders. That averages to 10 cards per person. In the last few years, retailers, banks, a wide range of companies, sports teams, unions and even universities have launched specialized card programs. Like the car companies that discovered that they made more money on car loans than automobiles, the benefits of what's been called "financialization" is obvious to more business sectors.

クレディットカード業界と業界を支配し有名なカードを提供している10行の銀行は終わる事を知らないマーケッティングに年間約20億ドル使っている................................................................................................

ejnews:延々とこの記事は続きますが翻訳の時間が無いのでこの辺で日本でもアメリカの金融危機は毎日報道されていて、私の出る幕でも無いのですが、余にも金融機関の行動が犯罪的、詐欺的で何か翻訳して気晴らしにしています。

What will happen when they do have to pay it back includes nonstop calls to them and their parents. Credit card collection agencies know how to harass, threaten and then sweet-talk cardholders who are late. They even have a term for people squeezed by debt: "sweatbox." They also know that the longer the debt goes unpaid, the larger the potential profit for companies, as interest builds up at rates of up to 30 percent. Credit card promoters call people who only pay minimums "revolvers." Those of us who pay our bills in full? "Deadbeats."

返済の時期になると電話が引っ切り無しに借りた学生と彼等の両親にもかかって来る。クレディットカード負債集金代行者は嫌がらせ、脅しをし、そして甘い言葉を支払いの遅れているカードの持ち主かける方法を心得ている。彼等は負債で圧迫されている人々について“スエットボックス”と言う特別の呼び名を作っている。彼等は又、利潤が30%まで上げられるので、負債の返済が遅れれば遅れる程会社の利益の可能性は大きくなると言う事を承知している。クレディットカードプロモーターはカードの返済額の最低限だけを払っている人を“回転する物”と呼んでいる。返済を真面目にする我々の様な人を彼等は“デッドビート”と呼ぶ。

ejnews:上記のSmirkingchimp.comの記事の続きの一部です。アメリカでは大学生が学費の為にスチューデントローンと言う借金をするのですが、卒業後其の返済に追われる人が多いのです。
“スエットボックス” "sweatbox."汗の箱と言う意味ですが、脅して冷や汗をかかして思い通りに扱うと言う表現なのでしょう。"revolvers."リヴォルヴァーは回転する物と言う意味ですが拳銃で回転式の弾倉がリヴォルヴァーと呼ばれています。"Deadbeats." “デッドビート”は“どうしようもない奴”と言う訳がぴったりする言葉ですが真面目に返済期限までに返済するクレディットカードの利用者からは高率の利子が取れないので彼等は“デッドビート”と呼ぶのです。此れが資本主義ですから我々はもう少し人間的なシステムを考え出す事が必要なのではないでしょうか?少なくとも市民が資本層、資本主義機構を見張る事の出来るシステムが必要です。

他の見出しに目を通してみると............................................
US May Lose Its 'AAA' Rating
米合衆国はトリプルAレイティングを失う可能性がある。

Published on 11-11-2008
http://www.cnbc.com/id/27641538
Source: CNBC
The United States may be on course to lose its 'AAA' rating due to the large amount of debt it has accumulated, according to Martin Hennecke, senior manager of private clients at Tyche.
Tycheの個人顧客のシニア マネージャー マーティン へネック氏によると
“米合衆国は大きすぎる抱えた負債が原因でトリプルAレイティングを失う方向に向かっているかもしれない”

Starbucks 4Q profit drops 97 pct on closure costs
スターボックス第四四半期の利益大規模閉店で97%減。

Monday November 10, 6:15 pm ET
By Lauren Shepherd, AP Business Writer

Starbucks 4th-quarter profit falls 97 percent on costs for closing stores, slow US sales

GM, Ford climb as bailout talk gains momentum
政府からの支援についての協議がモメンタムを得ると同時にGM,フォードの株価上昇。

By Russ Britt, MarketWatch
Last update: 4:50 p.m. EST Nov. 12, 2008
http://www.marketwatch.com/news/story/GM-Ford-climb-bailout-talk/story.aspx?guid={9BA2E077-E367-47FD-8FB9-6BB85148F270}

Morgan Stanley to cut more jobs, launch retail bank
モーガンスタンリー解雇を進め、同時にリーテルバンクを始める。

By Jessica Papini

The firm has already cut about 10% of its workforce overall this year. These cuts are in addition to those, Kelleher said.
モーガンスタンリーは今年既に約10%の社員を解雇したが、新しい解雇は其れに加えて新しい解雇である。
The bank is taking steps to improve its asset management business
モーガンスタンリーはアセットマネージメントビジネス(資産管理業)を向上する方向に向かっている。



この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


The Crushing Potential of Financial Derivatives

The Crushing Potential of Financial Derivatives
金融派生商品の潜在的急落可能性。

http://www.marketoracle.co.uk/Article6756.html

Stock-Markets / Derivatives Oct 12, 2008 - 01:12 PM
By: David_Haas

The market Oracle.co.uk

George Soros, one of the world's foremost investor-speculators, has said many times that he stays away from financial derivatives because “no one understands them”. In the world of finance, derivatives might be comparable to the theoretical study of linear particle acceleration in nuclear physics. Such theories appear to be “understood” mainly based on current assumptions accepted in academic circles, often with little provable working knowledge of how such currently-held theories might ultimately manifest themselves over the long run in the real world. The problem with assumptions is that they generally change…often sooner than we think.

ジョージ ソロス、世界で最も有名な投資家投機家は何度もデリヴァティヴ(金融派生商品)には手を出さないと言っていた。何故なら“誰も其れを理解出来ないからだ!”金融界ではデリヴァティヴは原子物理学での--素粒子の線的加速--?の研究と同じ様なものかもしれない。その様な理論は主に学会で受け入れられている現在の仮定によって理解されているように見える、其れは、長い目で見た場合、現在信じられている理論が最終的に現実の世界にどの様に現れるかの知識が無い。仮定の問題は、普通仮定は変わって行き-----------多くの場合我々が考えているよりも早く変わるのである。

Some might consider financial derivatives to be a form of “Russian Roulette” that's played for fun and extreme levels of short-run profit by a very small number of financial elites and academics. As you'll see, these high-stakes games are played at the potential risk of total destruction of all the functioning financial systems on Earth. Perhaps this is why Warren Buffett repeatedly calls them “financial weapons of mass destruction” or something similar.

ある人々は金融派生商品は、少数の経済的エリートと経済専門家によって楽しみの為と極めて短期間に利益を得るために為される“ロシアンルーレット”だと考える。直ぐ理解できるように、この危険なゲームは地球上の機能している全ての経済的システムを破壊する可能性を孕みながら行われる。恐らくこの事が理由でウォーレン バフェットは其れを“経済的多量破壊兵器”と執拗に何回も呼んだのであろう。

Ejnews: 金融危機のニュースは無視できないのでインターネットに目を通してみると上記の様な記事が目に入りました。記事のホンの冒頭の翻訳ですが、此れだけ見てもジョージ ソロスの様な投機投資の神様はやはり、デリヴァティヴはヤバイと知っていたのですね。
 次はもう一人の金融界の神様ワォーレン バフェットの記事です。記事の日付に注目して下さい2003年です。もうこの頃から彼等は金融危機について予測していたという事です。私もこの頃から金を買った方が良いと聞く様になりましたが、金を買う様な余裕が出ませんでした。残念


Buffett warns on investment 'time bomb'
バフェット氏は投資の時限爆弾を警告する。


http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/2817995.stm

Last Updated: Tuesday, 4 March, 2003, 13:32 GMT

The rapidly growing trade in derivatives poses a "mega-catastrophic risk" for the economy and most shares are still "too expensive", legendary investor Warren Buffett has warned.
急速に増加している金融派生商品の取引は大規模なカタストロフィーの様なリスクを含んでいる。と伝説的な投資家ワォーレンバフェットは警告した。
The world's second-richest man made the comments in his famous and plain-spoken "annual letter to shareholders", excerpts of which have been published by Fortune magazine.
The derivatives market has exploded in recent years, with investment banks selling billions of dollars worth of these investments to clients as a way to off-load or manage market risk.
But Mr Buffett argues that such highly complex financial instruments are time bombs and "financial weapons of mass destruction" that could harm not only their buyers and sellers, but the whole economic system.

Contracts devised by 'madmen'
狂人によって作られた契約。

Derivatives are financial instruments that allow investors to speculate on the future price of, for example, commodities or shares - without buying the underlying investment.


Derivates like futures, options and swaps were developed to allow investors hedge risks in financial markets - in effect buy insurance against market movements -, but have quickly become a means of investment in their own right.
Outstanding derivatives contracts - excluding those traded on exchanges such as the International Petroleum Exchange - are worth close to $85 trillion, according to the International Swaps and Derivatives Association.
Some derivatives contracts, Mr Buffett says, appear to have been devised by "madmen".
He warns that derivatives can push companies onto a "spiral that can lead to a corporate meltdown", like the demise of the notorious hedge fund Long-Term Capital Management in 1998.

Derivatives are like 'hell'
デリヴァティヴは地獄の様な物だ。

Derivatives also pose a dangerous incentive for false accounting, Mr Buffett says.
デリヴァティヴは虚偽の会計を誘発するとバフェット氏は述べている。
The profits and losses from derivates deals are booked straight away, even though no actual money changes hand. In many cases the real costs hit companies only many years later.
デリヴァティヴの利益と損失は現金が実際に動いてないにも拘らず記録としてそのまま書き込まれる。多くの場合真実の損失は何年も経た後企業に襲い掛かる。
This can result in nasty accounting errors. Some of them spring from "honest" optimism. But others are the result of "huge-scale fraud", and Mr Buffett points to the US energy market, which relied for most of its deals on derivatives trading and resulted in the collapse of Enron.
Berkshire Hathaway, the investment group led by Mr Buffett, is pulling out of the market, closing down the derivatives trading subsidiary it bought as part of a huge reinsurance company a few years ago.
In his letter Mr Buffett compares the derivatives business to "hell... easy to enter and almost impossible to exit", and predicts that it will take years to unwind the complex deals struck by its subsidiary General Re Securities.
Warren Buffett, dubbed "the sage of Omaha", from where he controls Berkshire Hathaway, is well-known for both his blunt assessments of the markets and the high returns he delivers to shareholders.
This year, he remains cool towards further share investments, despite the sharp correction in stock market values. Mr Buffett says this "dismal fact is testimony to the insanity of valuations reached during The Great Bubble".
Berkshire backyard barbecues
A good friend of Bill Gates, he famously refused to invest in technology shares during the boom years that came to a sudden end in March 2000. As a result, Berkshire was sitting pretty after the technology bubble burst.
In marked contrast to the hubris of former managers at fallen firms like Enron and WorldCom, Mr Buffett is known for his down-to-earth style, summoning shareholders not to glitzy hotels but "Berkshire backyard barbecues" and baseball games in out-of-the-way Omaha, Nebraska.
But his strategy of identifying undervalued companies with good management in unfashionable retail sectors or the insurance industry and investing in them for the long-term has produced spectacular returns.
During the past 37 years, the company has delivered an average annual return of 22.6%. Since 1965 the company's book value has gone up by 194,936%.
However in 2001, the last year for which detailed numbers are available, heavy losses in the insurance industry worldwide resulted in a $3.77bn loss at Berkshire Hathaway - the first loss in the firm's history under Warren Buffett.

Derivatives generate reported earnings that are often wildly overstated and based on estimates whose inaccuracy may not be exposed for many years
デリヴァティヴが作り出したと報告されている利益は多くの場合気違い的に多く見積もられていて、其れの基準になっている見積もりの不正確さは何年も表沙汰にならない。
Warren Buffett ワォーレン バフェット曰く。

Large amounts of risk have become concentrated in the hands of relatively few derivatives dealers ... which can trigger serious systemic problems
大きなリスクが比較的少数のデリヴァティヴディーラーの手に集中----其れは深刻な組織的な問題を引き起こす引き金になる可能性がある。
Warren Buffett ワォーレン バフェット曰。

Ejnews:この記事時間が無くて殆ど翻訳していませんが、又時間が出来たら翻訳試みます。最近は食品と健康に関しての記事の翻訳が多かったので今回は金融危機の記事でした。そう言えばCNNで数日前ジョージ ソロスのインタヴューをやっていましたが、彼は“米政府の金融危機対策は後手後手に回っていて如何も成功の可能性は少ない。”と言う様な事を言っていました。彼等金融専門家や政治評論家達は、此れからアメリカの購買力の低下は著しく、米政府の影響力は急速に低下し、今までアメリカが政治経済の中心地であった状態は急速に変化し、これからは多極化に向かうだろうと言う意見のようです。
 処で、最後のオバマ対マケインの大統領候補討論も終りオバマ優勢で選挙機関は後ホンの少しとなっていますが、カール ローヴが後ろで糸を引いているとの事で、前回2回の大統領選挙の様に共和党画種々の違法行為で選挙を盗んでしまう可能性が在りますから油断は出来ません。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

 其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

アメリカ住宅価格時限爆弾

America's house price time bomb
アメリカの住宅価格時限爆弾。


Global Research, July 29, 2008

http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=9702

By Michael Robinson
BBC World Service

With the American housing market in its worst crisis since the Great Depression of the 1930s, President Bush is expected to sign into law a massive new government intervention designed to slow the slide.

米国不動産市場が1930年代以来最悪のクライシスの中にある中で、ブッシュ大統領は市場の地滑り的悪化を抑える為の大規模な政府介入法案に署名する事が期待されている。

The intervention would come as a little known quirk of US law threatens to drive down house prices even faster.

この介入は殆ど知られていない合衆国法の変調と共に実施される可能性があり、住宅の値段下がりを促進する恐れがある。

Faced with seemingly never-ending falls in the value of their properties, some American home-owners are taking radical action; they are choosing to walk away from homes and their mortgages.

彼等の資産価値の終わりの無いような下落に直面し、一部のアメリカの住宅保有者は過激な行動取ろうとしている。彼等は彼等の家と住宅ローンを放棄する事を選択しようとしているのだ。

In May 2006, at the height of the housing boom, Karen Trainer bought a $500,000 apartment in California - with money borrowed from her bank.

2006年、5月、住宅市場のブームが最も著しかった時、カレン トレイナーは----彼女の銀行からお金を借り50万ドルでアパートメントをカリフォルニアで買った。

イギリスのBBCからのニュースですからapartment を使っていますが、アメリカではCondominiumコンドミニアム(コンドー)と言い日本のマンションです。

By this year, Karen still owed $500,000 on her mortgage, but her apartment was worth $200,000 less.

今年まではカレンは未だ50万ドルの住宅ローンの借金がありましたが、然し彼女のアパートメントは20万ドル価値が下がっていました。

So she was deep in negative equity and, to make matters worse, the interest rate on her loan was about to increase.

と 言う事で彼女はアパートの純価値はマイナスで,状況を一層悪くする事には彼女のローンの利息は大きくなる直前でした。

"I thought 'this is crazy'," Ms Trainer says. "It just does not make financial sense."
『私は“滅茶苦茶だわ!”』と思ったの。『経済的感覚では本当に馬鹿げているわ。』と トレイナー嬢は言った。

Take the hit
打撃を受ける。

As a successful professional, Karen could comfortably have managed the higher mortgage payments her bank demanded.

専門職を持ち成功しているカレンは払おうと思うと、銀行が要求している高い住宅ローンを簡単に遣り繰りして払う事が出来た。

Instead, she decided to stop her mortgage payments altogether and let her bank repossess her apartment.

替わりに、彼女は住宅ローンの支払いを止め、彼女のアパートメントを銀行に再び所有させる事にした。

Her credit record will be badly damaged by the decision, but Ms Trainer expects this to recover soon.

彼女のクレディットの記録はこの決定でかなり傷つけられるが、然しトレイナー嬢は此れは直ぐに回復すると期待している。

"Generally speaking, within 5 years you are about back where you were, so my husband and I decided we'll take the hit and live with it."

『一般的に言って、(クレディットの評価に付いては)5年間で貴方は元いた状態に戻るのよ。だから私と主人は打撃を受ける覚悟で何とかやって行く事にしたの。』

Over to the bank  
銀行へ

In California and much of the rest of America, there is a powerful incentive for homeowners such as Ms Trainer to walk away from their mortgage obligations.

カリフォルニアと他の多くのアメリカの地域では、トレイナー嬢の様な住宅所有者にとって住宅ローンの支払い義務を放棄する強い動機が存在する。

Though banks can repossess and sell the homes of borrowers who stop paying their mortgages, under a legal quirk originating in the Great Depression of the 1930s, banks cannot easily pursue borrowers for any balance outstanding on the main mortgage on their homes.

銀行は住宅ローンの支払いを停止した借主から住宅を回収し販売する事が出来るのだが、1930年代の大恐慌に由来している法の変な不完全さで銀行は借主の家の元の未決済住宅ローン支払いを簡単に要求できない。

Consequently, by walking away from her apartment, Ms Trainer has also walked away from the $200,000 loss on her property.

したがって、彼女のアパートメントを放棄する事でトレイナー嬢は自身の資産の20万ドルの損失からも立ち去ったのである。

Her bank gets stuck with that.

彼女の銀行が其れを抱え込まないといけない羽目になったのである。

Unthinkable option
考えられない選択。


Traditionally in America there is a social stigma attached to those who default on their debts, which should be a deterrent to walking away from your home.

伝統的にアメリカには負債不履行をした者には社会的な汚名が付いて回り、其れは住宅を放棄することに対する抑止力であった。

But according to Susan Wachter, professor of real estate and finance at Wharton School of Business, in the depth of this crisis the social attitudes to such actions are changing.  

然し、ワートン スクール オブ ビジネスの不動産と金融の教授であるスーザン ワチターによると、このクライシスの真っ最中にその様な行動に対する社会的態度が変わりつつあると言うのだ。

"This is the kind of conversation that's going on at cocktail parties, at swimming pools," Professor Wachter says. "And suddenly this option which was truly unthinkable in the past becomes thinkable."

『この様な会話がプールサイドでのカクテルパーティーで交わされているのです。そして、突然この過去には考えられなかった選択が考えられる様になったのです。』とワチター教授は言う。

Worrying development 
厄介な発展


Ms Trainer says she feels no moral obligation to go on paying a loan on a property that is going to go on losing her money. She says her friends support her decision.

彼女のお金を失い続ける資産へのローンを払い続ける事に、道徳的な義務感は抱いていない。彼女の友人も彼女の決定を支持しているとミス トレイナーは言う。

"I think people are taking a more cold-hearted look at it," she says.

『人々はもっと冷淡にこの事を見ている』と彼女は言う。

"Is the bank going to pay for my retirement because I was a good girl and paid my mortgage, even though legally I didn't have to?"

『払う必要が無いにも拘らず、私が良い子ちゃんで住宅ローンを払ったら、銀行は私の退職後の面倒を見てくれるって言うの?』

Professor Wachter believes that, to date, most people have had their homes repossessed because they could not manage the repayments.

今までは、住宅を取り返された殆どの人はローンの返済を遣り繰り出来なかったとワチター教授は信じている。

The trend of people now positively choosing to walk away because it makes financial sense to do so is a worrying new development.

そうする事によって経済的に合理的だから、積極的に放棄する事を選択すると言う傾向のある最近の人々は厄介な新しい発展である。

"The dangers are extraordinary," Professor Wachter says.

『この危険性は普通じゃない』とワチター教授は言う。

"If all that is needed is that the house value is less than the mortgage value, there is a large number of homeowners in the United States who are in that situation".

住宅の価値が住宅ローンより低い。単に其れだけの理由でこうなるのなら(住宅ローンを放棄する)、同様の状況にある多くの住宅所有者が合衆国には居る。

No renegotiation
再交渉はしない。


In the city of Stockton - the foreclosure, or repossession, capital of the US for 2007 - estate agent Kevin Morgan sells repossessed houses on behalf of the banks that now own them.

2007年、ストックトン市は差し押さえ、住宅の銀行による取り戻し等のアメリカの中心地だった。不動産仲買業者ケヴンモーガンは取り戻された住宅を所有している銀行の為に販売している。


According to him, walking away has become commonplace.

彼によれば放棄する事は一般的になってしまった。

"I would say it's probably 70% of the volume of our foreclosures right now," he says.

『そうだねえ、今の所恐らく我々のフォークロージャーの70%だろう。』と彼は言っている。

Foreclosure フォークロージャー 住宅ローンの利用者がローンの支払いを停止すると、ローンの契約金融機関が住宅を取り戻す行為。


"It's a business decision for their family that the smartest thing they can do is walk away from their home."

『彼等の家族の為を考えてのビジネス決断だね!(其の為に)出来る事で一番頭の良い事は家を放棄する事だね。』

As a sign of the changing times, some 60% of borrowers do not even bother to contact their banks to attempt a renegotiation of their loan, Mr Moran explains.

時代が変わっている象徴として、60%位のローンの利用者は銀行に連絡してローンの契約変更を試みる事もしない。とモラン氏は言っている。

"They stop paying and they stop talking," he says. "They just plain walk away."

『彼等は支払いを止めそして話す事も止めた。彼等は単に放棄している。』と彼は言っている。

Total disaster
完全な大惨禍。


It is impossible to know for sure how many of the people who are now walking away from their homes could have gone on paying their mortgages.

今住宅を放棄している人々の中で、何人が彼等の住宅ローンを払い続ける事が出来たのか、正確に知る事は不可能だ。

But Professor Nouriel Roubini of New York University, one of the first economists to warn of the dangers of the American house price boom, believes the number of people positively choosing to walk away is growing rapidly.

然し、アメリカの住宅価格ブームに付いて警告をした最初の一人であるニューヨーク大学のノリエル ルビーニ教授は、積極的に家を放棄している人の数は急速に増えていると確信している。

"This is becoming a tsunami of voluntary defaults," Professor Roubini says.

『此れは意図的な債務不履行の津波になっている。』とルビーニ教授は言っている。

"The losses for the financial system from people walking away could be of the order of one trillion dollars when the entire capital of the US banking system is only $1.3 trillion.

合衆国の銀行システム全体の資産が1兆3千億ドルに対して、人々が放棄する事によって起こる金融システムの損失は少なくとも1兆ドル程になる可能性があるのです。』

"You could have most of the US banking system wiped out, so this is a total disaster."

『合衆国銀行システムの殆どを一掃するかも知れないのです。だから此れは完全な大惨禍なのです。』

Which is why it is not just US policymakers who are hoping America's new, multi-billion dollar initiative to stabilise the housing market will succeed in its aims and thus make walking away less attractive.
Because if it fails, the economic fallout could be felt far beyond America's shores.

こう言う訳で、其れはアメリカの新しい数十億ドルの住宅市場を安定化させるイニシアティヴが狙い通り成功し、それにより放棄する事が魅力的に感じられない様に願っているのはアメリカの政治家だけでは無いのです。
何故なら、若し失敗するとこの経済的副産物はアメリカの海岸線を超えて感じられるからです。


Story from BBC NEWS:
この記事はBBCニュースからです。
http://news.bbc.co.uk/go/pr/fr/-/2/hi/business/7529277.stm

Published: 2008/07/29 08:29:55 GMT

© BBC MMVIII
© Copyright , BBC, 2008 コピーライトBBC,2008

The url address of this article is: www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=9702

© Copyright 2005-2008 GlobalResearch.ca
Web site engine by Polygraphx Multimedia © Copyright 2005-2008
http://www.globalresearch.ca/
注:このブログで翻訳されている全ての記事には著作権がありますので営利目的での使用は禁じられています。

Ejnews: 最近の2週間は色々な事が起こっています。クセネッジ民主党議員を中心に推し進められてきたブッシュ大統領のimpeachmentインピーチメント(弾劾)の努力の他に、歴史的な司法評議会の公聴会が開かれVincent Bugliosiヴィンセント ブグリオッシ氏のブッシュは殺人罪で逮捕されるべきだと言う証言が聞かれました。理由はサダム フセインが大量殺戮兵器を隠し持っていると言う理由で侵略をしたのだが現在では其の理由は全てでっち上げられた嘘だと明白になった以上は、ブッシュ政権の要人でこの陰謀に加わった人物は当然市民全体が遵わなければならない法によって裁かれなければならない。と言う当然な論理でした。
(Vincent Bugliosiヴィンセント ブグリオッシ氏は1969年Charles Mansonチャールスマンソンを起訴した検事として有名で、著書『へルター スケルターHelter Skelter』等で有名)

勿論、サブプライム問題は世界各地の金融機関、国家財政への影響が明らかにされています。
もう一つ目に付いたのは、生物兵器のアンソラックス菌が手紙で政治家、ジャーナリストに郵送され、5人の死者、18~20人の被害者を出した事件が7年前にありましたが、7年間、当局は1人の全く関係ない人を犯人扱いし結局は全くの出鱈目な捜査だったので彼に慰謝料を払うと言う失態を犯してしまったのですが、(私は失態ではなく市民の目を逸らす作戦だったのではないのかと疑っています。)其の後に、新しい容疑者とされる人が自殺(こんな事件の中心人物はアメリカでは良く自殺死体で発見されるのです????)したそうです。元々この犯罪に使われたアンソラックス菌は米生物兵器に使われている菌と遺伝子が似ているとの報告もありました。面白い事実はこの人、米国防生物兵器研究所で研究者として18年間働いていたそうです。アンソラックスが郵送される直前に議会では9/11テロ後に提案されていたパトリオット アクト(愛国条例)が法律にされるべきか如何かが議論されていました。民主党のトム ダッシェル議員とパトリック レイヒー議員は共和党からこのパトリオットアクトが法律として成立する為の障害だと思われていました。何故なら彼等はこのパトリオット アクトはプライヴァシーの侵害をするので、もっと議論をするべきだと言う立場をとっていたからです。もう解かるでしょう。そうです政治家でアンソラックス菌を郵送された政治家とはこの2人だったのです。其の後パトリオット アクトは当然法律となりましたが、話は其処では終らないのです。ブッシュ政権は生物兵器テロに備えて56億ドルの予算でアンソラックスに対するvaccineワクチンを備蓄するプロジェクト バイオ シールドと言う計画を発表しました。このワクチンを政府に納める為に2つの会社が死闘を繰り広げたのですが、副大統領の元アシスタントだった人物も含めて50人のLobbyistロビーィストを雇った会社がこの政府との契約を結んだのでした。この話はブッシュ政権が徐々に色々な方面で瓦解している中、もっと面白い話が近いうちにニュースを賑わす事だと思います。金と政治と権力。何処でも御馴染のお話ですが、アメリカは国が大きく現代の世界帝国なのでスケールも大きいのかな?日本では如何ですか? 

Lobbyistロビーィストは企業に雇われ政治家に企業の為に働きかける仕事をする人々。多くの元政治家はこのロビーィストになって議員時代のコネを使ってお金を儲けるのが政治家引退後の仕事。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。