スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語、英語、スペイン語。

日本語、英語、スペイン語。

動詞現在形の変化。

日本語の場合。

私、君、貴方、彼、彼女、其れ、私達,君達、貴方達、彼等、彼女達、それら、が行く

日本語での人称に対応する動詞の変化はありません、“行く”と言う形がどの人称でも同じなのです。

英語の場合

I go.私は行く You go. 君は行く He goes. 彼は行くShe goes.彼女は行く It goes. 其れは行くWe go. 私達は行くYou guys go.君達は行く They go.彼等は行く They go. 彼女達は行くThose go.それらは行く

英語ではgogoesを覚えれば良い訳です。

スペイン語の場合

Voy. 私は行く Vas .君は行く Va. 貴方、彼、彼女、其れは行くVamos. 私達は行くVais.君達は行く Van.貴方達は行く、彼等は行く、彼女等は行く、それらは行く。

スペイン語では全ての人称で違った形なのです。


詰まり、動詞の現在形変化は英語では日本語の2倍覚えなければならない。スペイン語では6倍と言う事です。然も、スペイン語の動詞は過去形、未来形、等々全ての時制でこの6つの変化が何らかの形でついて回る訳です。此処で私が言いたいのは英語を勉強している貴方スペイン語の様なロマンス語と比べると英語は随分簡単な言語なのです。

例えば、過去形ですが、英語の“行った”はwentだけ覚えれば良い訳ですが、

I ,You, He, She, It, We, You, They,-- went .

スペイン語は

Fui,フイ-私は行った。 fuiste,フイステ-君は行った。 fue,フエ-貴方、彼、彼女行った。fuimos, フイモス-私達は行った。fuisteis,フイステイス-君達は行った。 fueron,フエロン-貴方達、彼等、彼女達、は行った。

となります。考えてみて下さい。スペイン語では単に“行った”と言う表現をするのに英語の6倍の記憶力を必要とするのです。(唯スペイン語の発音は日本語と良く似ていてカタカナで書いても英語ほど問題はありません。勿論、Fは英語と同じ下唇を噛む様に、Hは発音しない、Jは英語のHの喉の奥から強く押し出すような音、等々と違いますが)

と言う事で、英語を勉強されていられる皆さん!英語は頑張れば結構簡単な外国語なのです。

good Luck and Sweet Dreams !
にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

英語の勉強の仕方。

今日はトントンおばさんのリクエストにお答えさせて頂きます。英語の勉強の仕方に付いてです。

 私にとって最も重要な方法の一つは公式(文型?)を丸暗記する事でした。自分で声を出して何回も読み暗記して下さい。そうすると忘れません。(単語の発音はエレクトロニック辞書を持ってない方はdictionary.comを使ってください。このサイトで英単語を調べると意味が出てくるのですがスピーカーのマークがありますので、其処をクリックすると発音も聞けます。http://dictionary.reference.com/です。http://www.merriam-webster.com/も別のオンライン辞書です) 

例えば、

It is ~to~と言う形は。

It is good to go to school.
学校に行く事は良い事です。

It is easy to speak English.
英語を話す事は易しいです。

It was important to see that movie.
其の映画を見る事は重要でした。

It wasn’t so important to know how to use the computer those days.
当時コンピューターの使い方を知っている事はそれ程重要ではありませんでした。

の様に単語を置き換えると自由に色々な表現が出来ます。もっと例を挙げると

The more you read that book, the more you come to love the author.
其の本を読めば読むほど、其の作家を好きになる。

The easier it became, the more boring the task became as well.
簡単になれば成る程、其の仕事は詰まらなくなった。

 (何だか中学高校を思い起こしますね!私は授業中殆ど居眠りしていましたが)の様に、英語を覚える時は文型をそのまま覚えて、単語を入れ替えると言う方法が効果的です。本屋さんに“英語の公式と熟語”とか“重要な文型”とかそんな本があると思います。其の様な本を使って私は勉強しました。経済的な問題で英語学校等には行かなかったのですがラジオ、テレビ、新聞のニュースも良く利用しました。今はインターネットがあるので自分で英語を勉強するのも随分便利になりました。例えばAmy Goodman の Democracy Now !のサイトは映像、音声、記事が利用できます。Democracynow.orgでグーグルして下さい。テレビのマークをクリックすると映像と音声、スピーカーのマークをクリックすると音声だけと言う風に記事を読みながら英文が聞けますので(然も何回も繰り返して聞けます)英語のヒアリングには特に便利です。過去のショーを見たければホームの上の方にあるpast showsをクリックするとカレンダーが現れますので其処から過去のショーが選べます。彼女のショーはインタビューなので実際の話し方が読んで聞けるのです。ゲストが多く話し手によって話し方の癖が違ったりしますのでヒアリングの練習には持って来いです。其れとデモクラシーナウは企業側、政府の検閲を受けたニュースもどきの様なエンターテイメントではなく、本当のニュースなのです。

では今日はこれまで。トントンおばさん、皆さん頑張ってください。

Good Luck and Sweet Dreams!
にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

マスサイコロジーと教育: 科学の社会に与える影響

Mass Psychology and Education The Impact of Science on Society Part 4
マスサイコロジーと教育: 科学の社会に与える影響

Brent Jessop - Knowledge Driven Revolution.com February 4, 2008
知識で動かされる革命.com

"For some reason which I have failed to understand, many people like the system [scientific totalitarianism] when it is Russian but disliked the very same system when it was German. I am compelled to think that this is due to the power of labels; these people like whatever is labelled 'Left' without examining whether the label has any justification."- Bertrand Russell, 1952 (p56)

 私の解らない何かの理由で人々はロシア人が信じているシステム(科学全体主義)を好んでいる様だ。然し全く同じシステムをドイツ人が信じると人々は其れを嫌う。私はこの現象をラベル、レッテル、(表示)の魔力(力)だと考えさせられる様になった。この様な人々はそのレッテルが真実を反映しているかどうか調べないで、いかなる物でも“左翼”とレッテルを貼られると好きになる。

What exactly is the purpose of education? Does the government want to teach young people how to think and reason for themselves or is it a form of mass psychology aimed at propagandising the young? These questions are examined through Bertrand Russell's 1952 book entitled The Impact of Science on Society*.

 教育の本当の目的は正確に言うと何だろう?政府は若者達に彼等自身で考えて理論的に論議が出来る様に教育したいのだろうか、其れとも若者達をプロパガンダで洗脳するある形式のマスサイコロジーなのだろうか?この様な疑問はバートランドラッセルの1952年出版のThe Impact of Science on Society“科学の社会に与える影響”と言う題の著書で問いただされている。

Bertrand Arthur William Russell, 3rd Earl Russell (1872-1970) was a renowned British philosopher and mathematician who was an adamant internationalist and worked extensively on the education of young children. He was the founder of the Pugwash movement which used the spectre of Cold War nuclear annihilation to push for world government. Among many other prizes, Russell was awarded the Nobel Prize in Literature in 1950 and UNESCO’s (United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization) Kalinga prize in 1957.

 バートランド アーサー ウイリアム ラッセル, ラッセル家第3代伯爵(1872~1970)彼は高名な英国の哲学者、数学者、頑固なインターナショナリストで広範囲に亘って子供達の教育の為に努力を尽くした。彼は冷戦下での核兵器地球破壊の地獄の様なイメージを訴えて世界的に各国政府に働きかけたパグワッシ運動の創始者でもある。数々の受賞の中に1950年ノーベル文学賞、1957年ユネスコカリンガ賞も含まれている。

Part 1 of this series examines the impact of “scientific technique” on society. The second part explores Bertrand Russell’s views on the stability of a worldwide scientific society. Part 3 deals with population control and the scientific breeding of humans.

 この研究のパート1は“科学的方法、手段”の社会に与える影響を問いただし、パート2はバートランドラッセルの安定した世界科学界付いての見解、パート3は人口増大の制御と人類の科学的品種改良(繁殖)。について述べられている。Education, a Modern Method of Propaganda 教育、プロパガンダの現代的な方法。From Bertrand Russell's The Impact of Science on Society:
バートランドラッセル著“科学の社会に与える影響”より。

"I think the subject which will be of most importance politically is mass psychology. Mass psychology is, scientifically speaking, not a very advanced study... This study is immensely useful to practical men, whether they wish to become rich or to acquire the government. It is, of course, as a science, founded upon individual psychology, but hitherto it has employed rule-of-thumb methods which were based upon a kind of intuitive common sense. Its importance has been enormously increased by the growth of modern methods of propaganda. Of these the most influential is what is called 'education'. Religion plays a part, though a diminishing one; the Press, the cinema and the radio play an increasing part.

 政治的に最も重要なこれからの主題は集団心理学だと思う。集団心理学科学的に言って、それほど進化した学問ではない…………..この学問は金持ちになりたいとか政府を我が物にしたいとかの、実践的な人にとっては非常に有用である。勿論、 個人の心理学に基づいた科学であるが今迄の所直感的常識とでも言う様なものに基づいた目分量で測る様なやり方を活用している。その重要性は現代のプロパガンダ方式の成長により非常に増大した。これ等の中で最も影響力のあるのは“教育”と呼ばれている。宗教の役割は減少しているとはいえこの一部であり、報道機関、映画、ラジオ等の役割は増大している。



What is essential in mass psychology is the art of persuasion. If you compare a speech of Hitler's with a speech of (say) Edmund Burke, you will see what strides have been made in the art since the eighteenth century. What went wrong formerly was that people had read in books that man is a rational animal, and framed their arguments on this このhypothesis. We now know that limelight and a brass band do more to persuade than can be done by the most elegant train of syllogisms. It may be hoped that in time anybody will be able to persuade anybody of anything if he can catch the patient young and is provided by the State with money and equipment

 何が集団心理学の真髄かと言うとそれは説得と言う芸である。若しヒットラーの演説と(例えば)エドモンド ブルックの演説を比較すると、18世紀以降どの様な進歩がこの芸になされたか見ることが出来る。以前に何が問題だったかと言うと、人間は論理的な動物だと言う事を人々は本で読み、この仮説を元に意見、論議を組み立てていったと言う事である。ライムライトやブラスバンドの方が最も優雅な一続きの演繹法よりも説得力があることを私達は今知っている。その内に国家が資金と施設を提供し若者を捕まえると、誰でも何についても誰を対象にしても説得出来ると期待されるかもしれない

This subject will make great strides when it is taken up by scientists under a scientific dictatorship. Anaxagoras maintained that snow is black, but no one believed him. The social psychologists of the future will have a number of classes of school children on whom they will try different methods of producing an unshakeable conviction that snow is black. Various results will soon be arrived at. First, that the influence of home is obstructive. Second, that not much can be done unless indoctrination begins before the age of ten. Third, that verses set to music and repeatedly intoned are very effective. Fourth, that the opinion that snow is white must be held to show a morbid taste for eccentricity. But I anticipate. It is for future scientists to make these maxims precise and discover exactly how much it costs per head to make children believe that snow is black, and how much less it would cost to make them believe it is dark grey." [emphasis mine] - 40

 この主題は科学者によって科学独裁の元で扱われるとは偉大な進歩を遂げる。アナクサゴラスは雪は黒いと言い続けた、然し誰も彼を信じなかった。将来の社会心理学者は、雪は黒いと言う揺ぎ無い信念を待たせる為の色々な違った方法を試す数多くのクラスの子供達を学校で持つ事だろう。色々な結果が直ぐに得られるだろう。先ず最初(結果)は,家庭の影響は障害だと言う事、第二に、10歳になる前に洗脳を始めないとその後では手遅れだと言う事。第三に、詩に曲を付けて繰り返し詠唱する事は非常に効果的だと言う事。第四に、雪が白いと言う意見は、ゾッとする様な偏執狂の趣味であると大衆には見せなければならない。然し、この指針を正確に(実行)するのは未来の科学者で、彼等は子供一人を雪が黒いと信じさせるには幾ら費用が掛かるか、そして若し濃い灰色だと信じさせようとするとどれだけ経費が少なくて済むかと言う事に気が付くだろうと私は予想している。

The Intended Result of Education

計画(期待)されている教育の結果。

"The completeness of the resulting control over opinion depends in various ways upon scientific technique. Where all children go to school, and all schools are controlled by the government, the authorities can close the minds of the young to everything contrary to official orthodoxy. Printing is impossible without paper, and all paper belongs to the State. Broadcasting and the cinema are equally public monopolies. The only remaining possibility of unauthorised propaganda is by secret whispers from one individual to another. But this, in turn, is rendered appallingly dangerous by improvements in the art of spying. Children at school are taught that it is their duty to denounce their parents if they allow themselves subversive utterances in the bosom of the family. No one can be sure that a man who seems to be his dearest friend will not denounce him to the police; the man may himself have been in some trouble, and may know that if he is not efficient as a spy his wife and children will suffer. All this is not imaginary, it is daily and hourly reality. Nor, given oligarchy, is there the slightest reason to expect anything else." [emphasis mine] - 58

 (人々の)意見を統制する事に付いての結果の完全性は種々の科学的方法によって左右される。子供達全員が学校へ行き学校は政府によってコントロールされている所では、権力者は子供達の精神を政府の正統思想以外の物に対して閉ざす事が出来る。印刷は紙が無くては不可能で、そして全ての紙は政府が所有している。放送と映画は同様に国によって独占されている。この様な状況で唯一つ残されている国によって許可されていないプロパガンダは個人から個人への囁きだけである。然しこれはスパイ技術の改善によりゾッとするほど危険な行為である。若し親達が家庭で革命的なことを発言していたら子供達はそれを弾劾する事を学校で教えられる。あなたの最も親しいと思っていた友達が警察にあなたを告発しないとは誰も言えない、その人自身何かの問題を抱えていて、彼は彼が効果的なスパイでない時は彼の妻や子供達が被害を被ると気付いているかも知れない。これ等の事は幻想ではない、これは毎日、毎時に起こっている現実である。若しくは、寡頭政治では、他の如何なる物を期待する少しの謂われも無い。

"Scientific societies are as yet in their infancy. It may be worthwhile to spend a few moments in speculating as to possible future developments of those that are oligarchies.

 科学的社会は未だ幼児期である。少しオリガルキーと呼ばれる社会の予想される未来の発展を創造するのも価値があるかもしれない。

It is to be expected that advances in physiology and psychology will give governments much more control over individual mentality than they now have even in totalitarian countries. Fichte laid it down that education should aim at destroying free will, so that, after pupils have left school, they shall be incapable, throughout the rest of their lives, of thinking or acting otherwise than as their schoolmasters would have wished. But in his day this was an unattainable ideal: what he regarded as the best system in existence produced Karl Marx. In future such failures are not likely to occur where there is dictatorship. Diet, injections, and injunctions will combine, from a very early age, to produce the sort of character and the sort of beliefs that the authorities consider desirable, and any serious criticism of the powers that be will become psychologically impossible. Even if all are miserable, all will believe themselves happy, because the government will tell them that they are so." [emphasis mine] - 61

 生理学と心理学の進歩は、個人の精神を支配する力を現在の全体主義国家が持っているより多くの支配力を政府に与える事が予想されている。フィヒテは“生徒達が卒業した後一生、校長が希望した以外の事は考える事も行動する事も出来ない様に、教育は自由精神を破壊する事を目標にするべきだ。”と???・・然し、彼の生きた時代この様な事は現実不可能な事だった。彼が最も良いと考えた今あるシステムはカールマルクスを生み出した。将来その様な失敗は独裁者がいる所では恐らく起こらないだろう。食事、注射、そして命令が年少時から権力に望まれている種類の性格、信条などを作り出すように組み合わされて、権力に対する真剣な批判は精神的に不可能になる。若し人民全体が悲惨でも,彼等は自分達自身は幸せだと信じるだろう。なぜなら政府が彼等は幸せだと言うからだ。

That is really worth repeating.

これは繰り返して言うだけの価値がある。

"Diet, injections, and injunctions [a command, admonition, etc.] will combine, from a very early age, to produce the sort of character and the sort of beliefs that the authorities consider desirable, and any serious criticism of the powers that be will become psychologically impossible."

食事、注射、そして命令(命令、警告)が年少時から権力に望まれている種類の性格、信条などを作り出すように組み合わされて、権力に対する真剣な批判は精神的に不可能になる。

Some Miscellanemous Uses of Education

教育の雑多な利用法

"...result from the elimination of war [and the establishment of a world government]. A great deal, also, is to be hoped from a change in propaganda. Nationalist propaganda, in any violent form, will have to be illegal, and children in schools will not be taught to hate and despise foreign nations. Active instruction in the evils of the old times and the advantages of the new system would do the rest. I am convinced that only a few psychopaths would wish to return to the daily dread of radioactive disintegration." - 108

………………….戦争の撲滅の結果(そして世界政権の設立)として、凄い事がプロパガンダの変化から期待される。国粋主義者のプロパガンダの中で暴力は、どんな形でも違法となり、学校で子供達には外国に対して憎しみの感情を抱く事や軽蔑する事を教えられない。古い時代の悪についての積極的な指示や新しいシステムの優越性が他の事は片付ける。私はほんの一握りの狂人が放射線を放つ様な社会の崩壊の帰還を望むだろう確信している。

"The nations which at present increase [their populations] rapidly should be encouraged to adopt the methods by which, in the West, the increase of population has been checked. Educational propaganda, with government help, could achieve this result in a generation." [emphasis mine] - 116

 現在人口が急速に拡大している国々は西洋の国々で人口増加を抑制する為に使われている方法を採用する様に薦められなければならない。教育的プロパガンダが政府の援助で1世代で結果(人口増加抑制)を達成出来るだろう。[強調している部分は私が注目して欲しい所。]

The idea of using education or rather sex education to reduce the population of the west was further promoted in 1968 by Paul Ehrlich in his book The Population Bomb**:

 西洋で人口増加抑制の為に教育、若しくは性教育を使うと言う発想は1968年に発行されたPaul Ehrlich著の“人口爆弾”によってもっと詳しく推奨されている。

"We need a federal law sex education in schools - sex education that includes discussion of the need for regulating the birth rate and of the techniques of birth control. Such education should begin at the earliest age recommended by those with professional competence in this area - certainly before junior high school.

 私達は学校での性教育を要求している連邦法が必要で-この性教育は出生率の抑制の必要性についてと避妊法の方法についての討論を含めている。その様な教育はこの分野の有能な専門家の推薦する最も若年の生徒から始めなければならない。-勿論中学生になる前には始めなければならない。

By "sex education" I do not mean course focusing on hygiene or presenting a simple-minded "birds and bees" approach to human sexuality. The reproductive function of sex must be shown as just one of its functions, and one that must be carefully regulated in relation to the needs of the individual and society." - 133

 私の言っている性教育と言う意味は衛生面を主題にしたり単純な鳥と蜂を使って人間の性を説明したりする事ではない。性の生殖機能はその機能の一つとして示されなければならない。そして生殖(出生率)は個人と社会の必要性と対比して注意深く調整されなければならない。

For more on Paul Ehrlich's views on the use of education and other means of population control please read this previous article, Population, Religion and Sex Education.



The Governing Classes Only

支配階級のみ

Most people reading this article are the products of a state run educational system. If the above is not enough to make you reflect on the merits of universal education and on all of the things you were 'taught' as a child (and since then), hopefully the following quote will.

 この記事を読んでいる殆どの人が公立学校の教育を受けている。若し上記の事が全国統一された教育の徳性やあなたが子供として、又その後習った全ての事について考えさせないのなら、下記の引用がさせると望んでいる。

"Although this science will be diligently studied, it will be rigidly confined to the governing class. The populace will not be allowed to know how its convictions were generated. When the technique has been perfected, every government that has been in charge of education for a generation will be able to control its subjects securely without the need of armies or policemen..." [emphasis mine] - 41

 この科学は勤勉に研究されるのだが、それは融通が利かない程支配階級の物であり、一般市民はどの様にこの信念が作り出されているのか知る事を許されていない。技術が完成された時、一世代の教育を支配している全ての政府はその国民を軍隊や警察の必要性なしに支配する事が出来る。

*Quotes from Bertrand Russell, The Impact of Science on Society (1952). ISBN0-415-10906-X
**Quotes from: Paul R. Ehrlich. The Population Bomb: Revised & Expanded Edition (1968, 1971). SBN 345-24489-3-150.

Note: I first heard about this book from talks given by Alan Watt at Cutting Through The Matrix.com, an individual well worth looking into.

にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : 教育問題について考える - ジャンル : 学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。