スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露、南オセテシア、グルジア、米、NATO、オクトーバーサプライズ。

Russia: NATO interference means war
NATOのチョッカイは戦争を意味する。

presstv
Wed, 27 Aug 2008 22:09:45 GMT

http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=67757§ionid=351020602

Russia's ambassador to NATO has warned that any military interference in the Caucasus conflict will be considered as declaration of war.

NATOへのロシア大使は、どんな形のコーカサス紛争への軍事的介入は宣戦布告と受け止められるだろうと警告した。

In an interview with the Russian newspaper Vremya Novostei, Dmitry Rogozin, warned that any NATO attack on the Moscow-backed regions would "mean a declaration of war on Russia."

ロシアの新聞のインタヴューで、Vremya Novostei, Dmitry Rogozin,両氏はロシアが後押ししている地域でのNATOの攻撃は“ロシアへの宣戦布告”を意味するだろう。と警告した。

This is while the Russian President Dmitry Medvedev held talks with the Chinese President Hu Jintao in Tajikistan ahead of the summit of the Shanghai Cooperation Organization (SCO) which is taking place on Thursday.

此れは、木曜日に開かれる予定の上海協力機構(SCO)サミットに先立って、タジキスタンで開かれたロシア大統領Dmitry Medvedevドミトリメドベージェフと中国大統領Hu Jintaoフージンタオの会談の際での事である。

Medvedev, "informed his Chinese colleague about the situation in South Ossetia and Abkhazia," AFP reported. The two men also discussed regional and international issues.

Medvedevメドベージェフは“中国の同僚に南オセティアとアブカジアの状況に付いて報告した。”とAFPは伝えている。この2人の男は(両首脳は)地域的そして国際的な課題に付いて会談した。

The SCO is an intergovernmental organization which was founded in 2001 by the leaders of China, Russia, Kazakhstan, Kyrgyzstan, Tajikistan and Uzbekistan. Iran holds an observer status in the SCO. This year's summit will also be attended by the presidents of the above mentioned nations on August 28.

SCOは数カ国間の機構で、中国、ロシア、カザクスタン、キルギスタン、タジキスタン、そして、ウズベキスタンの指導者によって2001年に開設された。イランはSCOのオブザーヴァーの地位にある。今年のサミットも、8月28日に上記の国々の大統領の参加によって開催される。

SM/RE

と言うニュースの次に

US and Russian warships line up in dispute over Georgia
米露軍事艦艇グルジア紛争で配置に付く。


http://www.guardian.co.uk/world/2008/aug/27/georgia.russia1
· Ian Traynor in Brussels
· guardian.co.uk,
· Wednesday August 27 2008 19:19 BST
· Article history

US and Russian warships took up positions in the Black Sea today in a risky war of nerves on opposing sides of the Georgia conflict.

危険な神経戦が続く中で、アメリカとロシアの軍艦がグルジア紛争の対応する側の其々のポジションについた。

With the Russians effectively controlling Georgia's main naval base of Poti, Moscow also dispatched the Moskva missile cruiser and two smaller craft on "peacekeeping" duties at the port of Sukhumi on the coast of Abkhazia, the breakaway region that the Kremlin recognised as independent yesterday.

ロシアがグルジアの主要な海軍基地ポティを事実上コントロールしている中で、モスクワはミサイル巡洋艦“モスクワ”と他の小型の2隻の船舶を“平和維持”の為にアブカジア沿岸のスクーミ港に派遣した。
The Americans, wary of escalating an already fraught situation, cancelled the scheduled docking in Poti of the US Coast Guard vessel, the Dallas, and instead sent it to the southern Georgian-controlled port of Batumi, 200km (124 miles) from the Russian ships, where it delivered humanitarian aid.

アメリカ側は、既に危機の充満した状況が拡大する事を恐れ、予定されていた米沿岸警備隊船舶“ダラス”のポティ港への寄港予定をキャンセルし、変わってロシア艦船から200Km(124miles)離れた、グルジアがコントロールする南部のバツミ港に派遣し人道的救援物資を届けた。
以下省略

と言うニュースがあって

Russian analyst points to link between Georgian attack and Iran
ロシアの解説者はグルジアの攻撃とイランの関係を指摘する。


15:49 |
27/ 08/ 2008
Russian news & information agency Novosti
http://en.rian.ru/russia/20080827/116318584.html

MOSCOW, August 27 (RIA Novosti) - A senior Russian military analyst said on Wednesday that the U.S. and NATO by arming Tbilisi used the conflict in Georgia as a dress rehearsal for a future military operation in Iran.

モスクワ、8月27日(RIA Novosti)ロシアのシニアー軍事解説者は水曜日にアメリカとNATOはトビリシに軍事援助をする事でグルジア紛争を将来のイラン軍事作戦の本稽古の為に利用したと述べた。

Col. Gen Leonid Ivashov, president of the Academy of Geopolitical Studies, told a news conference at RIA Novosti, "We are close to a serious conflict - U.S. and NATO preparations on a strategic scale are ongoing. In the operation the West conducted on Georgian soil against Russia - South Ossetians were the victims or hostages of it - we can see a rehearsal for an attack on Iran. There is a great deal of "new features" that today are being fine tuned in the theater of military operations."

将軍レオニードイワショフ、地政学アカデミー学長、はRIA Novostiとのニュースコンファレンスで“我々は深刻な紛争に近づいている ----西側がロシアに対してグルジアで展開した作戦での、アメリカとNATOの準備は戦略的規模で続いている。-----南オセティアは其の被害者か人質である。----我々はイランに対する攻撃のリハーサルだと見ている。軍事的作戦行動で細部が調整されている、かなりの新しい特徴が発生している。”と述べている。

He said the likelihood of a war against Iran was growing with each passing day, "As a result, the situation in the region will become destabilized," and added "causing chaos and instability" was becoming Washington's official policy line.

彼は、対イラン戦争の可能性は日が過ぎる事に大きくなっている。“結果として、この地域の状況が不安定になる”そして“混乱と不安定の原因となる”事は、ワシントンの正式なポリシーとなって来ていた。と付け加えた。

Ivashov said it was difficult to predict how other countries would react to a conflict with Iran, but according to him, "old Europe" would be reluctant for events to develop and to some degree would become Russia's allies.

イワショフは、他の国がイラン紛争に如何対応するのか予想する事は難しいと述べたが、然し、彼によると、“古いヨーロッパ”はこの事件が進展する事に乗り気じゃないので、ある程度はロシア側の見方に付く可能性があるとの事である。

With regard to the Georgia-South Ossetian conflict, he said that one of the principal goals of NATO's "geopolitical operation" was to neutralize Russia as a global player.

グルジアと南オセティア紛争に付いて、NATOの“地政学的作戦行動”の重要な目的の1つはロシアの国際的主役の立場を中和させる事であると彼は述べている。

South Ossetia was attacked by Georgian forces on August 8. Hundreds of people died in the assault, and Russia subsequently launched an operation to expel Georgian forces from the republic. Moscow concluded its operation to "force Georgia to peace" on August 12.

南オセティアは8月8日にグルジア軍からの攻撃を受けた。攻撃により何百人もの死亡者が出て、其の事によってロシアは(南オセティア)共和国からグルジア勢力を排除する作戦を開始した。モスクワは8月12日に“グルジアに平和を強制する事”で作戦行動を終結させた。

President Dmitry Medvedev signed decrees on Tuesday recognizing Georgia's breakaway republics of South Ossetia and Abkhazia as independent states.

Dmitry Medvedev大統領は火曜日に、グルジアからの分離共和国、南オセティアとアブカジアを独立国家と認識する法令に署名した。

Western political leaders have condemned Russia's decision leading to fears of a renewed Cold War. U.S. President George Bush said in a statement on Tuesday: "Russia's action only exacerbates tensions and complicates diplomatic negotiations."

西側の政治的指導者達は、ロシアの冷戦に繋がるかもしれない恐れのある決定を非難した。アメリカ大統領ジョージブッシュは火曜日に声明で“ロシアの行動は外交交渉を唯緊張を悪化させ複雑にさせるだけだ。”と述べた。

となって、終にプーチンは

Putin accuses U.S. of orchestrating Georgian war
プーチンはアメリカがグルジア紛争を指揮していると非難する。


http://edition.cnn.com/2008/WORLD/europe/08/28/russia.georgia.cold.war/?imw=Y&iref=mpstoryemail
From CNN's Matthew Chance CNN マシューチャンス

同じニュースがタイムズでは

Vladimir Putin accuses Bush of provoking Georgia conflict to help John McCain
ウラジミア プーチンはジョン マケインを助ける為グルジア紛争を引き起こしているとブッシュを非難。


From Times Online タイムズオンラインより

と言う見出しになっていて
ejnews:やっぱりプーチンもグルジア軍の南オセティア侵略はアメリカ共和党の企んだオクトーバーサプライズだと考えているみたいです。
 所変わって、アメリカでは共和党マケイン陣営は副大統領候補に未だ20ヶ月位しか州知事を勤めていないSarah Palinと言う女性を選びました。ヒラリークリントンの支持層を味方につける計画だと言われていますが、彼女は知事になる前は人口9千人?位の市の市長をしていたそうで、若しマケインが病気になると彼女が大統領を勤めるわけです!!!!其の他にも、彼女は御主人の意向で州地方行政官を違法に首にした件で権力乱用の疑いで調べられているだとか、御主人がアラスカである会社の石油パイプラインの事業で何か怪しい役を演じたのではないかと言う疑惑もあり、最悪の場合は副大統領候補辞退と言う可能性もあると早くも心配の声も上がっています。
 面白い話は、マケインが彼女の副大統領候補発表する24時間前、Wikipediaの彼女の記事が突然何者かによって書き換えられ始めたそうです。勿論、良い方向に書き換えようとした訳ですが、逸早く気づいたWikipediaは彼女の記事を書き換えられないようにロックダウンしたそうですが、彼女の子供のニックネームで書き換えは行われ様としていたそうです。当然、其の時点でWikipediaは彼女が副大統領候補になると気づいたと言う事です。
 と言う事で、今日はこの辺で! Hasta Pronto!

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。
彼女達の事が記事として8月29日の読売朝刊、医療ルネサンスに出ました!

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

ビッグフット(サスクァッチ)発見!此れもオクトーバーサプライズの陰謀の一部?

Fur Real? Pair Say They Have Bigfoot
Body Reportedly Found in Georgia
毛皮は本物?2人はジョージアで死体が発見されたと報告されているビッグフットを手に入れたと言っている。

By Ashley Surdin
Washington Post Staff Writer
Saturday, August 16, 2008; Page A02
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/08/15/AR2008081503205.html

LOS ANGELES, Aug. 15 -- Bigfoot has been found in the Georgia woods and is being held in a cooler at an undisclosed location.

ロサンジェルス、8月15日。ジョージアの森林でビッグフットが発見されある場所にクーラーに入れられて保管されている。

So say two self-proclaimed Bigfoot trackers, Matthew Whitton and Rick Dyer, who held a news conference in Palo Alto on Friday to publicize their claim of having found the elusive Sasquatch, or at least the body of one, in the northern part of the Peach State. The exact location is being kept secret, they said, to protect other Bigfoots still wandering there.

と存在がハッキリしないサスカッチ発見の主張、少なくとも一体の死体を桃の州北部に確保している事を宣伝する為、新しいニュースコンファレンスを金曜日にパロアルトで開いた、自称ビッグフット追跡者マシューフィットンとリックダイアーは述べた。正確な場所は未だ付近でうろついている他のビッグフットを保護する為秘密にされている。

the Peach State 桃の州、ジョージア州のニックネーム


The public was excluded from the conference, but a picture of the supposed 500-plus-pound dead biped was posted online at on http://www.searchingforbigfoot.com, looking like a mangy mound of fur, entrails and the pinched face of a close cousin to "Star Wars' " Chewbacca -- all crammed into a water-filled icebox. A second photo showed the proud captors, and Tom Biscardi, a fellow Bigfoot hunter and owner of the Web site, posed next to the wet heap of fuzz.

一般人はこのコンファレンスに入場は許可されなかったが、酷い状態の毛皮の塊、内臓と、スターワーズのチューバッカの近親の様な抓まれた様な顔をした500ポンド以上の2足歩行動物の死体が全て、水を張ったアイスボックスの中に押し込められているの写真はオンラインhttp://www.searchingforbigfoot.com,にポスティングされている。2番目の写真は自慢の捕獲者トムビスカルディ、と猟師仲間、とウエッブサイトの所有者が濡れた毛の塊の隣でポーズしている。

Some Bigfoot enthusiasts were less than convinced.

あるビッグフットに熱心な人々は納得してない様だ。

"It looks like a costume, a waterlogged costume that's been stuffed into a freezer," said Jeff Meldrum, an associate professor of anatomy and anthropology at Idaho State University, and one of the few PhDs conducting Bigfoot field work. "It just doesn't have the hallmark of a real corpse."

“コスチュームみたいだ、びしょ濡れのコスチュームが冷凍庫に詰め込まれているみたいだ。”と数少ないビッグフットの実地研究者で、アイダホ州の解剖学、人類学助教授のジェフメルドラムは述べている。“本物の死体の特徴が全くない!”

Ejnews: 上記はワシントンポストドットコムの記事の1部の翻訳です。最近は難しい記事ばかりの翻訳が続きましたので、一寸気分転換です。
 処で、グルジアロシア間の軍事衝突の話ですが、グローバルリサーチの8月14日の記事Global Research, August 14, 2008には、アメリカが国民の目を内政の大失敗から逸らせ海外の問題に注目させる為に企んだ可能性もあるとの見解を述べていて、同じサイトでは、イランに対する海上閉鎖の作戦が進んでいるのではとの憶測も紹介されています。米海軍の機動部隊がペルシャ湾、紅海付近に向かっている事が其の憶測の根拠の1部様です。ジョージアにロシア軍を引き止めておくとイランとの軍事紛争に発展した場合ロシアはイランに軍事支援をする事が難しくなると言う説明です。又、イラン、ロシア、中国の間には防衛協定の様な物が存在しているそうです。この記事ではアメリカによる核兵器での先制攻撃の可能性も米政府は仮定している可能性があるとの事です。テロリズムに対する戦いが其の理由になるとの事ですが、今日のCNNニュースでは、イランがイラク政府要人、米軍将校等の暗殺が目的の、暗殺者部隊をイラン革命衛兵やヘズボラの指導下でイラン国内で訓練している。と米政府の関係者が発表したと報道していました。イラク侵攻の前にも大量殺戮兵器をサダムフセインが隠し持っているだとか、イエローケークと言われる濃縮核物質をニジェールから買おうとしている、サダムとアルケイダが協力している等と偽りの情報を元にイラク侵攻を無理矢理実行した政権ですから、この殺人部隊のニュースもイランと軍事衝突を始める言い訳の始まりかな?と疑いたくなります。どちらにしてもこの様な情勢不安な状態が続くと共和党のマケイン候補が有利になるのです。彼の外交政策担当のマネージャーがグルジアと契約しているロビーイストで、其の会社の社長としての立場からは身を引いた物の未だ会社の所有者であるとのニュースがワォールストリートジャーナルで報道されています。詰まりマケイン候補とグルジア政府の間にはグルジ-アロシア軍事衝突の前から深い関係があると理解しても良いと思います。若しマケイン陣営がグルジアの大統領と南オセティア侵攻を条件に選挙後の何かの約束をしていたなら、此れは如何見てもオクトーバーサプライズのシナリオです。歴史的にもイランのホメイニ革命の初期アメリカの大使館を舞台にアメリカ人が人質に取られた時、運悪くカーター大統領が再選を賭けてレーガン共和党候補と選挙戦を戦かわなければならない状況に陥ったのです。レーガン陣営はイランのホメイニ側と人質解放に付いて選挙後まで開放を待つと言う秘密交渉をし、カーター大統領を無能な大統領と国民に思わせる戦略で大統領選挙に勝利した史実があり、此れは典型的なオクトーバーサプライズの例でした。他にも色々な理由が憶測されていますが、ブッシュ共和党政権は、ロシアはソヴィエト時代のアフガン侵略失敗後、欧米の利権の拘る地域での軍事的反撃には出ないとの状況の読み違いで、グルジア政府に南オセティア侵攻に対しOK!を出したのではと見る向きが多いようです。然しこの紛争の結果、ポーランドが米ミサイルの設置にOKを出し、其れに対してロシア軍の将軍が脅しをかける様な険悪な雰囲気も広がりつつあります。今日はこの辺で。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


オリンピック、ロシア-グルジア武力紛争、イラン核問題、米空母ペルシャ湾に移動、偶然?

'2 US aircraft carriers headed for Gulf'
2隻の空母ペルシャ湾に向かう。


The Jerusalem Post
ザ ジェルサレム ポストより。


http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1218104233164&pagename=JPArticle%2FShowFull

By ADAM GONN, THE MEDIA LINE NEWS AGENCY
Aug 7, 2008 14:57 | Updated Aug 7, 2008 20:16

Two additional United States naval aircraft carriers are heading to the Gulf and the Red Sea, according to the Kuwaiti newspaper Kuwait Times.

追加された2隻の米海軍航空母艦がペルシャ湾と紅海方面に向かっている、とクエートのクエート タイムスは伝えている。

Kuwait began finalizing its "emergency war plan" on being told the vessels were bound for the region.

この船舶がこの地域に向かっているとの報告を受けてクエートは“緊急軍事行動計画”の完成を急いでいる。

The US Navy would neither confirm nor deny that carriers were en route. US Fifth Fleet Combined Maritime Command located in Bahrain said it could not comment due to what a spokesman termed "force-protection policy."

米海軍は空母がこの地域に向かっている事に付いて肯定も否定もしていない。バーレインに本部の在る合衆国第五艦隊統合司令部は、スポークスマンの言葉によれば“部隊保護ポリシー”により言及出来ないと述べている。

While the Kuwaiti daily did not name the ships it believed were heading for the Middle East, The Media Line's defense analyst said they could be the USS Theodore Roosevelt and the USS Ronald Reagan.

クエイト デイリーは中近東に向かっていると思われている船舶の名前は挙げなかったが、ニュースメディア関係の国防評論家はUSSシオドア ルーズヴェルトとUSSロナルド レーガン(の2隻の空母)の可能性があると言っている。

Within the last month, the Roosevelt completed an exercise along the US east coast focusing on communication among navies of different countries. It has since been declared ready for operational duties. The Reagan, currently with the Seventh Fleet, had just set sail from Japan.

先月内に、ルーズヴェルトは米東海岸での他国海軍との情報交換を主題にした演習を修了させている。其の後、実戦での作戦義務遂行の準備が完了したと宣言している。現在第七艦隊に所属しているレーガンは日本を出港したばかりである。

The Seventh Fleet area of operation stretches from the East Coast of Africa to the International Date Line.

第七艦隊の作戦行動範囲はアフリカ東海岸から国際日付変更線までを含んでいる。

Meanwhile, the Arabic news agency Moheet reported at the end of July that an unnamed American destroyer, accompanied by two Israeli naval vessels traveled through the Suez Canal from the Mediterranean. A week earlier, a US nuclear submarine accompanied by a destroyer and a supply ship moved into the Mediterranean, according to Moheet.

アラビア ニュース エイジェンシー “モヒート”は、7月下旬に米海軍の艦名不明の駆逐艦がイスラエル海軍船舶を伴い地中海方面からスエズ運河を通過したと報告している。其の1週間前には“モヒート”によると、米原子力潜水艦が駆逐艦と補給艦を伴い地中海に移動したとの報告である。

Currently there are two US naval battle groups operating in the Gulf: one is an aircraft carrier group, led by the USS Abraham Lincoln, which carries some 65 fighter aircraft. The other group is headed by the USS Peleliu which maintains a variety of planes and strike helicopters.

ペルシャ湾では現在2つの米海軍戦闘艦隊が作戦行動をしていて、1つは65機の戦闘機搭載のUSSエイブラハム リンカーンに率いられた空母艦隊、他の艦隊は、種々の飛行機と攻撃ヘリコプターを保有しているUSSペレリウに率いられている。

The ship movements coincide with the latest downturn in relations between Washington and Teheran. The US and Iran are at odds over Iran's nuclear program, which the Bush administration claims is aimed at producing material for nuclear weapons; however, Teheran argues it is only for power generation.

これ等の船舶の行動は最近のワシントンとテヘラン間の関係悪化に符合している。テヘランは電力目的の為だけだと議論しているが、ブッシュ政権は核兵器の材料を製造を目的としていると断言し、合衆国とイランはイランの核プログラムを巡り対立している。

Kuwait, like other Arab countries in the Gulf, fears it will be caught in the middle should the US decide to launch an air strike against Iran if negotiations fail. The Kuwaitis are finalizing details of their security, humanitarian and vital services, the newspaper reported.

他の湾岸アラブ諸国と同じくクエートも、若し交渉が失敗しアメリカがイランに対して空軍を使って攻撃した場合、其の間に挟まれる事を恐れている。クエートは防衛、人道的そして重要なサーヴィスの詳細に付いて最終的決定をしていると新聞は伝えている。

The six members of the Gulf Cooperation Council (GCC) - Kuwait, Saudi Arabia, Bahrain, Qatar, the UAE and Oman - lie just across the Gulf from Iran. Generals in the Iranian military have repeatedly warned that American interests in the region would be targeted if Iran is subjected to any military strike by the US or its Western allies.

湾岸協力委員会(GCC)の6カ国、クエート、サウディアラビア、バハレーン、カタール、アラブ首長国連邦、そしてオーマン、は湾を挟んで直ぐ対岸に位置している。イラン軍の将軍達は、若しイランが合衆国か其の西欧同盟国からの、どんな形であろうとも、軍事的攻撃の対象になるとしたら地域のアメリカにとって重要な場所は標的になるだろうと繰り返し警告している。

Bahrain hosts the US Fifth Fleet, while there is a sizeable American base in Qatar. It is assumed the US also has military personnel in the other Gulf states, The Media Line's defense analyst said.

バハレーンは合衆国第五艦隊を受け入れている、かたや、カタールにはかなり大きな米軍基地が存在する。合衆国は他の湾岸諸国にも軍関係者を派遣していると創造されている。とメディア ラインの防衛アナリストは述べている。

Iran is thought to have intelligence operatives working in the GCC states, according to Dubai-based military analysts.

ドゥバイに本拠を持つ軍事評論家によると、イランは情報局員をGCCに属する国々で活動をさせることと言うことである

The standoff between the US and Iran has left the Arab nations' political leaders in something of a bind, as they were being used as pawns by Washington and Teheran, according to The Media Line analyst.

メディアラインのアナリストによると、ワシントンとテヘランの手先として使われたアラブ諸国のリーダー達は、合衆国とイランの睨み合いによって手を繋ぐような感じになっている。

Iran has offered them economic and industrial sweeteners, while the US is boosting their defense capabilities. US President George W. Bush and Iranian President Mahmoud Ahmadinejad have paid visits to the GCC states in a bid to win their support.

イランは彼等に経済的、工業的甘味料(援助)を提供し、合衆国は彼等の防衛能力を押し上げている。合衆国のジョージ W ブッシュ大統領とイラン大統領マハムッド アマディネジャドは支持を勝ち取る努力としてGCC諸国を訪問した。

このブログで翻訳されている記事は著作権がありますので記事の営利目的での使用は禁じられています


Ejnews: オリンピックに気を取られている間に欧米、イスラエルの支援するジョージア(グルジア)とロシアの軍事衝突。核開発を巡るアメリカを中心としたイランに対する新たな経済制裁の可能性。其れに加えてこの米海軍のニュース。何だか厭な雰囲気になって来ました。アメリカの大統領選挙前は何が起こっても変ではないのですOctober Surpriseオクトーバー サプライズと言う言葉がアメリカにはありますが、此れは大統領選挙が11月に実施される為10月に、相手候補にダメージを与える為に御互いの陣営が色々と陰謀を巡らし私生活、汚職、過去の犯罪の暴露や海外での武力紛争まで利用される可能性が在ると言う事を表している表現です。だから10月に米イラン間で米大統領選挙の投票を左右する様な、何等かの危機が起こる可能性が未だ残っているのです。共和党は近年、何時も軍事的にはアグレッシヴAggressiveな上、マケイン大統領候補はヴェトナム戦争時代に捕虜になり、英雄として多くの市民に考えられているので、若し軍事危機が起こるのなら選挙はマケインが有利になるでしょう。
 処で、上記の記事はイスラエルのザ ジェルサレム ポストからの翻訳です。Jerusalemは日本ではエルサレム、又はィエルサレムですが、英語ではジェルサレムと言います。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


石油、侵略,支配、ノーム チョムスキー 

It's the Oil, stupid!
石油だよ、馬鹿!


BY NOAM CHOMSKY
ノーム チョムスキー


mKhaleej Times Online >> News >> OPINION
http://www.khaleejtimes.com/Index00.asp

8 July 2008
The deal just taking shape between Iraq's Oil Ministry and four Western oil companies raises critical questions about the nature of the US invasion and occupation of Iraq ― questions that should certainly be addressed by presidential candidates and seriously discussed in the United States, and of course in occupied Iraq, where it appears that the population has little if any role in determining the future of their country.

イラク石油省と欧米の4つの石油会社の間で条件交渉が行われている取引は、アメリカのイラク侵略と占領の性格に付いて非常に重大な疑問を生み出している--------疑問---其れは勿論大統領候補者によって取り上げられ真剣に討議されなければならないし、言うまでも無く市民が国家の将来を決定する事に付いて殆ど役割が与えられてない様に見える占領下のイラクでも(議論されなくてはならない)。

Negotiations are under way for Exxon Mobil, Shell, Total and BP ― the original partners decades ago in the Iraq Petroleum Company, now joined by Chevron and other smaller oil companies ― to renew the oil concession they lost to nationalisation during the years when the oil producers took over their own resources. The no-bid contracts, apparently written by the oil corporations with the help of U.S. officials, prevailed over offers from more than 40 other companies, including companies in China, India and Russia.

エクソン モービル、シェル、トタル、そしてBP(ブリティッシュ ペトロリウム)-----数十年前のイラク石油会社のもともとのパートナーで現在はシェヴロンや他の小規模な石油会社と提携している-----の間で原油の生産者が彼ら自身の資源を取り返した国営化の時代に失った利権の回復交渉は進んでいる。明らかにアメリカ政府要員の援助の下に石油会社によって制作された入札過程無しの契約は中国、インド、ロシアの石油会社を含めた他の40以上の会社に勝ったのである。

イラク石油に付いての歴史説明
Iraq Petroleum Company イラク石油会社: 元々欧米の石油会社がオットマントルコ帝国内の原油を開発する目的で開設されたトルコ石油会社に起源を発する。第一次大戦後トルコ帝国が解体、イラクが国家として成立。其の原油を欧米の石油会社が独占する為にイラク石油会社を設立。其の後1972年にサダムフセインはイラクの石油を国営化し、それにより欧米のイラク原油の独占は一時後退。直後に起こったオイルショックでサダムフセインは石油販売で得た巨額の利益を道路、発電所、病院、義務教育、等の国家基盤の充実に当て中近東ではまれな社会保障、教育の拡充を通しイラクを中近東一の教育国家に育成。然し1991年のジョージH.W.ブッシュの対イラク戦争後欧米の対イラク政策によりイラクの国家基盤は徐々に崩壊。ジョージWブッシュのイラク侵略によりイラクは国家として完全に崩壊。アメリカのイラク侵略後欧米の同じ石油企業が再びイラク原油の支配を回復するが、今回はどういう訳かアメリカとイギリスの石油企業の支配が拡大している!?!?

"There was suspicion among many in the Arab world and among parts of the American public that the United States had gone to war in Iraq precisely to secure the oil wealth these contracts seek to extract," Andrew E. Kramer wrote in The New York Times.

アンドリューE クラマーはニューヨーク タイムズで“この様な契約が開発しようとしている石油資源の確保が目的で、合衆国は対イラク戦争を引き起こしたのではないか?と言う疑惑が多くのアラブ人達とアメリカ人の一部でとり立たされている。”と書いている。

Kramer's reference to "suspicion" is an understatement. Furthermore, it is highly likely that the military occupation has taken the initiative in restoring the hated Iraq Petroleum Company, which, as Seamus Milne writes in the London Guardian, was imposed under British rule to "dine off Iraq's wealth in a famously exploitative deal."

クラマーの言う“疑惑”とは一寸優しすぎる表現である。もっと言及すれば、シームスミルンがロンドンガーディアンに書いた様に、英国の支配下で“イラクを食い尽くす有名な搾取的契約”であったあの忌み嫌われていた“イラク石油会社”を復活させる為軍事占領がイニシアティヴをとったと言う事は非常に信憑性が高いと言う事である。

Later reports speak of delays in the bidding. Much is happening in secrecy, and it would be no surprise if new scandals emerge.

後の報告で入札を遅らせる事が書かれている。多くのことが秘密裏に起こっていて新しいスキャンダルが現れても何の不思議も無い。

The demand could hardly be more intense. Iraq contains perhaps the second largest oil reserves in the world, which are, furthermore, very cheap to extract: no permafrost or tar sands or deep sea drilling. For US planners, it is imperative that Iraq remain under U.S. control, to the extent possible, as an obedient client state that will also house major U.S. military bases, right at the heart of the world's major energy reserves.

需要はこれ以上激しくはなり様が無い。イラクは恐らく世界で2番目に多い石油の埋蔵量がありしかも非常に安価に採掘される。永久凍土層やタールの混じった砂や深海採掘を気にする必要は無い。合衆国の計画者達にとって従順な手先国家として、そして合衆国の軍事基地を世界のエネルギー源のど真ん中に受け容れるイラクが合衆国の支配下に居続ける事は絶対に必要な事である。

That these were the primary goals of the invasion was always clear enough through the haze of successive pretexts: weapons of mass destruction, Saddam's links with Al-Qaeda, democracy promotion and the war against terrorism, which, as predicted, sharply increased as a result of the invasion.

これ等は侵略の根本的なゴールである事は連続する大量破壊兵器、サダムとアルケイダとの関係、そして侵略の結果として極めて頻繁に使われるようになり予想されていた口実、“民主主義の拡大”と“対テロ戦争”等の口実の霞を通して常に明らかであった。

Last November, the guiding concerns were made explicit when President Bush and Iraq's Prime Minister Nouri Al Maliki signed a "Declaration of Principles," ignoring the U.S. Congress and Iraqi parliament, and the populations of the two countries.

昨年の11月、ブッシュ大統領とイラク首相ノウリ アル マリキが合衆国議会とイラク国会、そして両国民を無視して“主要事項宣言”にサインした時、主要な関心事が明確にされた。

The Declaration left open the possibility of an indefinite long-term U.S. military presence in Iraq that would presumably include the huge air bases now being built around the country, and the "embassy" in Baghdad, a city within a city, unlike any embassy in the world. These are not being constructed to be abandoned.

宣言は今イラク国内至る所で建設中の広大な空軍基地を含めると思われる、イラクでの合衆国軍事基地の期間の限られてない長期存在の可能性を残している。そしてバグダッドの大使館、世界中のどの大使館とも違って此れは都市の中の都市で、これ等は見捨てられる為に建設されているのではない。

The Declaration also had a remarkably brazen statement about exploiting the resources of Iraq. It said that the economy of Iraq, which means its oil resources, must be open to foreign investment, "especially American investments." That comes close to a pronouncement that we invaded you so that we can control your country and have privileged access to your resources.

この宣言はイラク資源の搾取に付いて驚くような図々しい声明を含んでいる。其れによればイラクの経済-----此れはオイルの事ですが-----は外国の投資に対して開放されなければならない。“特にアメリカの投資に対して。”其れは“我々はお前の国を支配する為に、そして資源利用への特別な権利を持つ為に侵略した。”と言う声明に近い物である。

The seriousness of this commitment was underscored in January, when President Bush issued a "signing statement" declaring that he would reject any congressional legislation that restricted funding "to establish any military installation or base for the purpose of providing for the permanent stationing of United States Armed Forces in Iraq" or "to exercise United States control of the oil resources of Iraq."

この公約の重大性は1月にブッシュ大統領が発表した“イラクに合衆国軍を恒久的に駐屯させる事を提供する目的の軍事施設、又は基地の設置に付いて、若しくは、合衆国によるイラクの石油支配を実行する為の財源を制限するどの様な議会の法令も拒否する”と言うサイニング ステートメントによって強調された。

signing statement サイニングステートメント。議会の決議した法令を大統領が好まない場合、大統領の署名を付けて大統領が法令の好まない部分は大統領の裁量により変更出来るシステム。ブッシュ程サイニングステートメントを多用した大統領は居ない。

Extensive resort to "signing statements" to expand executive power is yet another Bush innovation, condemned by the American Bar Association as "contrary to the rule of law and our constitutional separation of powers." To no avail.

アメリカ法曹協会によって“法律の支配と我々の憲法下の権力分離に反する物である”と言う非難にも関わらず、サイニング ステートメントの多用に頼る大統領権限の拡大は又、ブッシュの新しく考案した物である。

Not surprisingly, the Declaration aroused immediate objections in Iraq, among others from Iraqi unions, which survive even under the harsh anti-labour laws that Saddam instituted and the occupation preserves.

驚く事には当たらないが、この宣言はイラクでの即時の反対を引き起こした、其の中でもサダムが規定し占領軍が保存した過酷な対組合法を生き残ったイラク組合が即時の反対を引き起こした。

In Washington propaganda, the spoiler to US domination in Iraq is Iran. U.S. problems in Iraq are blamed on Iran. US Secretary of State Condoleezza Rice sees a simple solution: "foreign forces" and "foreign arms" should be withdrawn from Iraq ― Iran's, not ours.

ワシントンのプロパガンダである、合衆国の支配を邪魔しているイラン。合衆国のイラク問題はイランが(原因であると)非難された。合衆国国務長官コンデリッサ ライスは簡単な解決法を見た。“外国の勢力と外国の武器はイラクから駆逐されるべきだ、(其の外国は)イランの勢力、武器で我々の物ではない”と。

The confrontation over Iran's nuclear programme heightens the tensions. The Bush administration's "regime change" policy toward Iran comes with ominous threats of force (there Bush is joined by both US presidential candidates). The policy also is reported to include terrorism within Iran ― again legitimate, for the world rulers. A majority of the American people favours diplomacy and oppose the use of force. But public opinion is largely irrelevant to policy formation, not just in this case.

イランの原子力プログラムに付いての対立は緊張感を高めている。ブッシュ政権の“政権交代”と言う対イラン政策は不吉な脅威的勢力と共同している。(両大統領候補はブッシュの政策に同意している)この政策はイラン国内のテロリズムも含んでいると報道されている------又此れは世界の支配者達にとって正当な(行為である)。多数のアメリカ人は外交(での解決)を支持し軍事力の使用に反対している。然し市民の意見は政策がどの様に形作られるかに付いて無関係である。其れはこのケースだけではない。

again legitimate, for the world rulers又此れは世界の支配者達にとって正当な
此れは、アメリカ政府が中央情報部などを使って外国に対してテロ行為をするのは平気なのだが、外国が同じ事をすると犯罪とするアメリカ政府の利己的行動を皮肉っている。


An irony is that Iraq is turning into a US-Iranian condominium. The Maliki government is the sector of Iraqi society most supported by Iran. The so-called Iraqi army ― just another militia ― is largely based on the Badr brigade, which was trained in Iran, and fought on the Iranian side during the Iran-Iraq war.

皮肉な事はイラクが米-イランの共同統治に成りつつあるという事だ。マリキ政府はイラク社会で最もイランから支援を受けているセクターである。所謂イラク陸軍と呼ばれる物は-----他の単なる武装自衛団なのだが------イランイラク戦争でイラン側に付いて戦い、訓練もイランで受けたバドール師団が中核になっている。

Condominium 共同統治。アメリカの日常会話ではこの単語は分譲アパート、所謂日本のマンションを意味する。コンドーと言われている。

Nir Rosen, one of the most astute and knowledgeable correspondents in the region, observes that the main target of the US-Maliki military operations, Moktada Al Sadr, is disliked by Iran as well: He's independent and has popular support, therefore dangerous.

この地域で最も鋭く知識もある派遣記者の一人であるニールローゼンは、米-マリキ軍事作戦の主な的であるモクタダ アル サドルはイランからも嫌われている。彼は独立していて人気も有る、だから危険なのである。

Iran "clearly supported Prime Minister Maliki and the Iraqi government against what they described as 'illegal armed groups' (of Moktada's Mahdi army) in the recent conflict in Basra," Rosen writes, "which is not surprising given that their main proxy in Iraq, the Supreme Iraqi Islamic Council dominates the Iraqi state and is Maliki's main backer."

“イランは最近のバスラでの紛争で彼等が違法武装集団と呼ぶ(モクタダのマハディ陸軍)に反して、明らかにマリキ首相とイラク政府を支援していた。其れは彼ら(イラン)のイラクでの代理人である最高イスラム評議会がイラク国家を支配しそしてマリキの主要な支持者である事を考慮に入れると不思議ではない”とローゼンは書いている。

"There is no proxy war in Iraq," Rosen concludes, "because the U.S. and Iran share the same proxy."

“イラクでは代理戦争は無い。何故なら合衆国とイランは同じ代理人を分かち合っているからだ”とローゼンは締め括っている。

Teheran is presumably pleased to see the United States institute and sustain a government in Iraq that's receptive to their influence. For the Iraqi people, however, that government continues to be a disaster, very likely with worse to come.

テヘランはイラクで合衆国が設立し維持する政府がイランの影響下にある事を見て恐らく満足している事だろう。

In Foreign Affairs, Steven Simon points out that current US counterinsurgency strategy is "stoking the three forces that have traditionally threatened the stability of Middle Eastern states: tribalism, warlordism and sectarianism." The outcome might be "a strong, centralised state ruled by a military junta that would resemble" Saddam's regime.

現在の合衆国の対叛乱対策は伝統的に中東の国家の安定を脅かしていた3つの勢力、部族勢力、軍閥勢力、そして宗教派閥勢力に肩入れする事である。そして其の結果は、サダム政権に似た軍部によって支配される強力な中央集権国家となるのかも知れない。とスティーヴン サイモンは雑誌“外交”で指摘している。

If Washington achieves its goals, then its actions are justified. Reactions are quite different when Vladimir Putin succeeds in pacifying Chechnya, to an extent well beyond what Gen. David Petraeus has achieved in Iraq. But that is THEM, and this is US. Criteria are therefore entirely different.

若しワシントンが目標を達成するとこの行動は正当化される。ウラミディール プーチンがチェチニアの平定に成功した時とは反応は非常に違った物になるだろう。其れはデイヴィッド ぺトレイヤス将軍がイラクで達成した成功を遥かに超えた物になるだろう。然し、其れは彼らの問題で、此れは合衆国の問題である。それ故、判断の基準が全く違うのである。
In the US, the Democrats are silenced now because of the supposed success of the US military surge in Iraq. Their silence reflects the fact that there are no principled criticisms of the war. In this way of regarding the world, if you're achieving your goals, the war and occupation are justified. The sweetheart oil deals come with the territory.

合衆国では成功だと言われているイラクでの米軍の反撃によって民主党は沈黙させられている。彼等の沈黙はこの戦争に対する重要で根本的な批判が存在しない事を反映している。国際社会によれば、この様に若し目的を達成していれば戦争と占領は正当化される。この馴れ合い石油取引はこの領地と共にやって来るのである。

In fact, the whole invasion is a war crime ― indeed the supreme international crime, differing from other war crimes in that it encompasses all the evil that follows, in the terms of the Nuremberg judgment. This is among the topics that can't be discussed, in the presidential campaign or elsewhere. Why are we in Iraq? What do we owe Iraqis for destroying their country? The majority of the American people favour US withdrawal from Iraq. Do their voices matter?

事実, -----他の戦争犯罪とは違い其れが引き起こす結果としての全ての悪も含めて,ニュールンベルグ判決の用語に従えば全く最高の国際犯罪で------この侵略全ては戦争犯罪なのです。此れは大統領選挙キャンペーンだけでなく他の何処でも討論出来る主題の一つである。如何して我々はイラクにいるのか?我々は国を破壊した事に対してどの様にイラク国民に贖うべきか?大多数のアメリカ人はイラクからの合衆国の撤退に賛成している。彼等の声は重要なのか?

Noam Chomsky's writings on linguistics and politics have just been collected in "The Essential Noam Chomsky," edited by Anthony Arnove, from the New Press. Chomsky is emeritus professor of linguistics and philosophy at the Massachusetts Institute of Technology in Cambridge, Mass.

ノーム チョムスキーの言語学と政治に付いての著述はニュープレスから“エッセンシャル ノーム チョムスキー”としてアンソニー アーノブによって編集されました。
チョムスキーはマサチューセッツ州、ケンブリッジのマサチューセッツ インティスチュート オブ テクノロジーの言語学と哲学の名誉教授です。

Ejnews:  Noam Chomskyは世界で最も有名な言語学者、哲学者、社会政治批評家ですが(世界で一番引用されている学者だそうです)、ラジオのPacifica NetworkパシフィカネットワークやDemocracy Now! デモクラシーナウ等を除き、アメリカのテレビ、ラジオには全く出演していません。企業報道機関は真実が嫌いなので彼に出演を要請しないのです。数年前にベネズエラのウーゴチャべス大統領が国連で演説した時に、(壇上でのあの有名な『硫黄の臭いがする。此処に悪魔がいたに違いない!アッハーン!ブッシュが此処に立っていたのか!』とか何とかで有名なあの演説)『アメリカ人はノームチョムスキーの本を読まなければならない』と言い、突然ノームチョムスキーの名が一般のアメリカ人にも知り渡りました。勿論彼の本は飛ぶ様に売れたそうです。


これ等の写真は上の記事と何の関係もありません。


サンフランシスコの南ビッグサーとサンタクルーズ辺りの海岸。

san-francisco-1.jpg
サンフランシスコの中華街で。

little-italy.jpg
サンフランシスコの中華街からイタリア人街へ向かう所。

beach.jpg
モントレーの海岸。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。