スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケイン、モンサント、米帝国、支配。

When Cocaine and Monsanto's Roundup Collide, War on Drugs Becomes a Genetically-Modified War on Science
コケインとモンサントのラウンドアップ除草剤が衝突する時、麻薬に対する戦いは科学に対する遺伝子操作の戦いとなる。


http://blog.buzzflash.com/analysis/894

Submitted by meg on Mon, 08/31/2009 - 1:40pm.

BUZZFLASH NEWS ANALYSIS
by Meg White

At the intersection of cocaine and Roundup in rural South America, Monsanto and the U.S. government are struggling to keep up appearances. That's becoming more and more difficult as the unanticipated hazards of genetic modification become clearer.
南アメリカの田舎でコケインとラウンドアップ(モンサントの除草剤)が交差する時モンサントと米政府は表面を取り繕うのに苦労している。そして其れは予期していなかった遺伝子変性がより明らかになると共にもっと難しくなっている。

Back in April, Argentinean embryologist Andrés Carrasco gave an interview with a Buenos Aires newspaper describing his recent findings suggesting the chemical glyphosate, a chemical herbicide widely used in agriculture as well as in U.S. anti-narcotic efforts, could cause defects in fetuses in much smaller doses than those to which peasants and farmers in his country were already being exposed. Loud calls for a ban on the substance were issued by Argentinean environmental lawyers, and the country's Ministry of Defense banned the planting of glyphosate-resistant soya crops in its fields.
4月に遡り、アルゼンチンの胎生学者アンドレス カラスコは広く農業に使用され同時に米政府の対麻薬措置にも使用されている化学除草剤グリフォサートと言う化学薬品は彼の母国の小作人や農民が既に曝されている量よりも遥かに少ない量で胎児に異常を起こさせる可能性を示す最近の彼の発見についてブエノスアイレスの新聞のインタヴューに答えた。此の物質の(使用販売)禁止がアルゼンチン環境専門弁護士達により大々的に発表され、アルゼンチン国防省はグリフォサートに抵抗力を持つ大豆の栽培を禁止した。

Then came the backlash. An article in an Argentinean paper recently reported that Carrasco was assaulted in a way he described as "violent" by four men associated with agricultural interests:
其の後反発がやって来た。アルゼンチンの新聞に載せられた最近の記事によると、カラスコは----彼の説明によると“乱暴に”農業関連利権に関係する4人の男に暴行を受けたと報道している。:

Two of the men were said to be members of an agrochemical industry body but refused to give their names. The other two claimed to be a lawyer and notary. They apparently interrogated Dr. Carrasco and demanded to see details of the experiments. They left a card Basílico, Andrada & Santurio, attorneys on behalf of Felipe Alejandro Noël.
其の内の2人は農業化学企業団体のメンバーだと言われているが名前を明かす事は拒否している。他の2人は弁護士と公証人だと主張している。彼等はカラスコ博士を尋問し彼の実験の仔細を見せる様に要求したと言う事だ。彼等はフィリペ アレハンド ロノエルを代理するバシリコ、アンドラダ&サンツリオ弁護士(法定代理人)と言う名刺を残していった。

It's still unclear who these people are. But the interest in keeping such information quiet or discrediting Carrasco and his findings are strongest with Monsanto, the agricultural company who first patented a glyphosate product (sold as Roundup) and also created genetically-modified crops specifically to resist the herbicide.
彼等が誰なのか未だにハッキリしていない。この様な情報を隠したりカラスコ博士の信用や発見を傷つけたりする事によって受ける利益はモンサントが1番大きい。モンサントは(除草剤ラウンドアップとして販売されている)グリフォサート製品を最初に特許取得し、又、特に此の除草剤(ラウンドアップ)に抵抗力の有る遺伝子組み換え農作物を造り出した農業関連企業である。

GRAIN, an international non-profit supporting small-scale farmers and biodiversity in community agriculture, originally reported the story, evidently before the reports of threats against Carrasco were known. GRAIN has also done extensive reporting on Monsanto's genetically-modified soya crops in Argentina (which, according to the group, have increased five-fold since their introduction there, and have taken over more than half of Argentina's farmland) as well as on the use of glyphosate (which has increased fourteen-fold since its introduction, contrary to Monsanto's promises that its crop would decrease pesticide use). The so-called "Roundup Ready" crops have interbred with other plants, creating "superweeds" which in turn necessitate the use of other poisonous herbicides such as atrazine.
国際的に農業コミュニティーで小規模農家と生物学的多様性をサポートしている団体GRAINが元々此の記事を報告した。此のカラスコに対する脅しの記事の報告の前に此の事実は知られていた様だ。GRAINは又膨大な量のアルゼンチンでのモンサントの遺伝子組み換え大豆栽培に付いて報告している。(GRAINによると、アルゼンチンでのモンサントの遺伝子組み換え大豆栽培量は栽培が始まってから5倍増加し、同国の農作地の半分以上を占めている。)同様にグリフォサートの使用量も増え(遺伝子組み換え農作物は農薬の使用量を減らすと言うモンサントの約束とは反対に使用され始めてから14倍の使用量になった。)所謂“ラウンドアップレディー”農作物は他の植物と交配し“スーパーウイード(超雑草)”を造り出し“アトラジン”の様な毒性の有る除草剤の使用を必要とさせる。

The dangers of glyphosate are hotly debated. The U.S. Environmental Protection Agency does regulate the allowable amount in drinking water, but the data it has on the dangers of the chemical are all nearly two decades old, and many studies were sponsored by Monsanto. But rural agricultural workers across South America have been protesting the spraying for well over a decade, pointing to increases in local cancer rates and birth defects as proof.
グリフォサートの危険性は激しく議論されている。米環境保護局は飲み水に含まれる許可量を規制しているが危険な化学物質のデータは殆ど20年前の古いデータであり、多くの研究はモンサントがスポンサーとなっている。然し南アメリカ全土の地方の農業労働者は地方の癌や先天性欠損症の発生率を証拠と指し示しグリフォサートの噴霧に既に10年以上抗議している。

The Transnational Institute (TNI), a nonpartisan international group of scholars, has drawn attention to the inconsistencies and basic errors in studies refuting the dangers of glyphosate. This should come as no surprise, since Monsanto has been involved in several known cases of scientific fraud regarding the same chemical, wherein the EPA found multiple instances in which labs were paid to falsify preferred results for the company. Monsanto has also been charged in multiple jurisdictions for disseminating misleading information about its Roundup products.
ザ トランス ナショナル インスティチュート(TNI)と言う派閥的でない科学者の国際的グループはグリフォサートの危険性についてのチグハグナ研究と基本的な誤りについて人々の注意を促した。此の事は驚くにはあたらない、何故なら此の同じ化学薬品(グリフォサート)についてモンサントは幾つかの公になっている科学的不正行為に関係しているからだ。此の不正行為は複数の研究結果をモンサントに有利になる様に結果を偽る様に研究機関が金銭的支払いを受けている事をEPA(環境保護局)は突き止めたのだった。モンサントは又、ラウンドアップ製品の紛らわしい情報を流布している事で数件裁判に訴えられている。

Yet, glyphosate is still the top-selling herbicide around the world. And it's not just used to kill weeds, either. The U.S. military sprays glyphosate from airplanes onto drug crops as part of its worldwide anti-narcotic strategy. The best known example of such an effort was named Plan Colombia by the Clinton Administration and persists today.
然し,グリフォサートは未だに世界一売れている除草剤であり、そして其れは単に雑草を枯らすだけでもない。米軍は世界的な対麻薬戦略の一環として麻薬栽培の為の作物に飛行機からグリフォサートを噴霧している。其の努力の一番の好例はクリントン政権によるプランコロンビアと呼ばれ現在も続行されている。

But punishment is meted out unequally. Because glyphosate is an herbicide and is not specifically targeted to work against drug crops (as is easily deduced by the fact that it's used against coca and poppy plants as well as against household weeds in the U.S.), the spray kills legitimate crops, too.
然し刑罰は不平等に与えられている。何故ならグリフォサートは除草剤で特に麻薬作物を対象に働く事が目的とされていないので(事実で容易に推論出来る様に其れはコカや芥子と同様にアメリカでは家庭の雑草に使用されている)此の除草剤の散布は合法的農作物も殺して(枯らして)しまう。

*此処での≪然し刑罰は不平等に与えられている。≫はグリフォサートが麻薬栽培に対して噴霧されているが貧しい一般農民の農作物に被害を与える事をさしている。

That is, unless you're growing Monsanto's specially-formulated "Roundup Ready" crops. The you can spray nearly unlimited amounts of the stuff, which is what it seems farmers (as well as the U.S. military) are doing.
モンサントの特別に計画され造られた“ラウンドアップレディー”農作物を栽培している場合は、殆ど無制限に此の代物(グリフォサート若しくはラウンドアップ)を散布する事が出来、其と同じ事をアメリカの農家(アメリカ軍も)がしている様に見える。

It seems that the whole operation may have backfired though, at least from the perspective of the governments that are promoting such a strategy. The effort has lead to coca growers cutting down national forests -- where such spraying is often against the law -- to produce their illicit crops. But Mother Nature may be rebelling against drug policy as well. coca plants appear to be either evolving on their own (or with the help of coca farmers' active selection) -- or they are possibly crossing with Roundup Ready crops already on the ground -- to produce a glyphosate-resistant crop known as Boliviana negra.
少なくともこの様な戦略を勧めている政府の視点に立ってみると此の作戦全体がバックファイヤー(逆効果)している様だ。此の作戦の努力はコカ栽培者を非合法農作物を栽培する為国営森林伐採に駆り立てる。(国営森林は多くの場合農薬散布が禁止されているから)然し、母なる自然も同様に麻薬政策に反抗しているのかも知れない。コカの木は其れ自身で進化しているか(若しくはコカ農家の積極的な選択による≪除草剤に抵抗力の有る木を選ぶ事≫助けで)------若しくは農地に栽培されているラウンドアップレディー農作物との交配している可能性も有る--------グリフォサートに抵抗力のあるボリヴィアネグラとして知られている種類を作り出している。

One TNI study looked at the political and commercial motives for continuing to spray the chemical on drug crops in South America regardless of findings that the effort is counterproductive at best:
この努力(グリフォサート散布)が良く見ても反効果的であるにも拘らず南米で麻薬作物に化学物資を散布し続ける政治的そして商業的動機を或るTNIの研究は調べている:

It is true that the United States is behind fumigation, backed by the economic interests of companies such as Monsanto and DynCorp, who share in this lucrative business -– which is one of the reasons it meets with opposition. But it is also true that the disastrous consequences of the current anti-drug policy, of which fumigation is but one component, are a reality that surpasses ideologies, and the nations that suffer its consequences firsthand must find a solution instead of becoming polarised...
儲けの多い商売を分け合うモンサントやダインクロップ等の企業の経済的利権によってバックアップされた合衆国が除草剤散布の陰に居る事は事実である----そして其の事が理由1つとして反対されるのである。然し又現在の除草剤散布が其の一部である反麻薬政策の生み出す破壊的な結果は現実であって、其れは主義(の違いを)を越えていて、其れにより先ず被害を被る国家は二極に分裂する代わりの解決策を見つけなければならない--------

Colombia would not fumigate if it weren’t for pressure from the US. It would be implementing other forms of eradication or offering alternative development programmes that provide income to the population.
コロンビアは若し米国の圧力が無ければ除草剤の散布はしない。(米の圧力が無ければ)コロンビア政府は他の方法のコカ撲滅を実施しているか若しくは住民に収入を与える代替の開発プログラムを提供しているだろう。

The group suggested that South American countries band together to refuse U.S. anti-narcotic spraying on environmental and human safety grounds, as has been done in Afghanistan.
此のグループはアフガニスタンで行われた様に、南米諸国が団結し環境と人間への安全と言う見地で米合衆国の反麻薬除草剤散布を拒否する事を示唆している。

In 2004, Joshua Davis had the Boliviana negra plant tested to determine its provenance for Wired Magazine. He concludes that the glyphosate-resistant coca plant he found in Colombia was most likely developed in the fields by farmers grafting on chance genetic mutations.
2004年、ジョシュア デイヴィスはワイアード誌の為にボリヴィア ネグラ種の起源を解明するテストをした。コロンビアで彼の発見したグリフォサートに抵抗力の或るコカの木は恐らく農園で農家によって遺伝的突然変異を期待した接木によって開発された物だと彼は結論付けている。

But the resulting article is perhaps most interesting for the taciturn response on all sides of the issue. Davis suggests that South American authorities don't want to talk about the situation because the revelation might cost countries that receive a large amount of U.S. aid to combat drug traffickers. The U.S. government doesn't want coca farmers who don't already know to find out about the new strain, because it can still eradicate old strains with glyphosate. And drug growers who do have the new strain certainly don't want the status quo to end, because currently the U.S. government is doing their weeding for free.
然し此の記事の結果として恐らく最も興味深い事は此の問題の全ての関係者の不機嫌な反応である。麻薬密輸業者と戦う為に巨額の支援を米国から受けている南米の権威者(政府)は現状態について話したくない。何故なら此の事実の発覚は国家にとって損失が高くつくかもしれないからだ(米からの支援が排除される可能性がある)。米国政府は新種のコカについて未だ知識の無い農家に知って欲しくない。何故ならグリフォサートで未だ在来種を撲滅する可能性があるからだ。そして新種の(グリフォサートに抵抗力の有る)コカの品種を所有している麻薬作物栽培者は現在の状態が終わって欲しくない。何故なら現在米政府が彼等の除草作業を無料でやってくれているからだ。(麻薬栽培者はグリフォーサートに抵抗力の或る新品種を栽培しているので、グリフォサートを使った除草剤を米政府の資金で散布されることはコカ畑に生える雑草を無料で退治してくれる事になる。)

*つまり、コケインと言う麻薬の使用はグリフォサートに抵抗力を持つコカの新品種が造られた事により非常に危険になったと言う事です。何故なら従来の農作物は除草剤を直接散布すると枯れるので農家は除草剤は農作物に直接使用しなかったのですが、ラウンドアップレディー品種等のラウンドアップに抵抗力の或る農作物は直接ラウンドアップ除草剤を散布されても枯れないので(農作物を避けてラウンドアップ除草剤を散布する作業をする必要がないので農作物に直接散布される)グリフォサートを吸収しながら成長するのですから!!!

But on the larger cost-benefit analysis, the biggest winner is Monsanto. The more Roundup Ready crops there are out there, the more Roundup farmers need to get rid of the weeds, as is evidenced by the GRAIN research in Argentina. The real foe of Monsanto is not drug cartels or government entities. It's scientists.
然しもっと大きな目で見た費用と利益の分析では最も利益を得ている勝者はモンサントだ。より多くのラウンドアップレディー遺伝子組み換え農作物が南米で栽培される事は、アルゼンチンのGRAIN研究所による証拠で見られる様に、より多くのラウンドアップを農民が除草の為に必要とする。モンサントの本当の敵は麻薬密売組織や政府ではなく、其れは科学者なのだ。

When you put together the studies referenced above, which show that spraying glyphosate is harmful to humans and the environment and that it does not hamper the production of coca or weeds, the answer to almost everyone's problems is eliminating Monsanto.
若し貴方が上記で示されたグリフォサート散布は人体と環境に有害である事を示し、そしてコカ生産量や雑草を削減しないと言う研究調査を総合しすると、殆ど皆の問題の答えはモンサントを取り除くと言う事である。

So while there's no solid proof that the men threatening Andrés Carrasco belong to the same corporation that falsified lab results on the harm caused by glyphosate or the group that told lies about Roundup, there's no doubt in my mind that they belong in the same sick club.
アンドレ カラスコを脅迫している奴等がグリフォサートが原因の被害についての試験研究の結果を偽造している、若しくはラウンドアップについて嘘をついているグループと同じ企業に所属していると言う確実な証拠が無いにも拘らず、私の考えでは奴らは疑いなく精神病の同じ穴の狢なのだ。

ejnews: モンサントについては私のブログで特別に“モンサント”と言うカテゴリーを設けなければならない程危険な企業なのです。モンサントは1901年に設立され、最初の製品があの昔懐かしい“サッカリン”で1940年代には全米10位に入る化学薬品企業となりプラスティクや化学繊維、DDT,原爆開発のマンハッタン計画ではDayton Project デイトンプロジェクト等に参加(中でもモンサントによるフロライドの生産は原爆用のウラニウム、プルトニウム生産に必須化学物質で当時からフロライドの毒性は知られていて後に有り余る猛毒のフロライドの処理の為アメリカでは虫歯予防の為と偽り水道水にフロライドを添加し始めたのです。)ナチによるユダヤ人大量虐殺で悪名の高い毒ガス(ザイクロン-B)Zyklon-Bの生産企業IG Farbenの化学者達は戦後モンサントに目出度く就職、ヴェトナム戦争で悪名の高い除草剤2,4,5-T Agent Orange(エイジェントオレンジ)や殺虫剤DDT、最近では人工甘味料ニュートラスイート、recombinant bovine growth hormone (rBGH), と言う人工牛成長ホルモン(此の為にアメリカでは牛肉を食べるのは非常に危険な事なのです)recombinant bovine somatotropin (rBST),と言う人工ミルク生産増強ホルモン(現在はアメリカでは使用禁止)そして現在最も大きな問題の“遺伝子組み換え農作物”(Terminator seedターミネイターシード“収穫された種は翌年発芽しない技術”、ラウンドアップ“グリフォサートと言う毒性の強い化学物質が安全性を十分テストされないまま許可されている”と言う除草剤や其れに抵抗力の有るラウンドアップレディー遺伝子組み換え農作物)---------
 もっと例はあるのですが、兎に角、凄い企業でしょう!コロンビアではコカを枯らす為ラウンドアップを米政府の協力でヘリコプターから無差別散布し環境破壊、地方に住む住民への(癌や皮膚病等の)健康被害問題が続いているようです。ボリヴィアは原住民族のエボモラレス氏が大統領となり対米強行外交を進めているようですが、コロンビアは未だに親米政権が続いていてコロンビアの国民の中でも農民である原住民は特に苦しい状況の中で生活する事を強いられているようです。
 其の他にも最近のReutersのニュースによりますとモンサント、ダウケミカル、デュポンの3社がメキシコ政府に遺伝子組み換えコーンの実験栽培許可を要請しているとの事で若し許可されるとコーンの原産地メキシコで遺伝子汚染が起こるのは火を見るよりも明らかで、此れはGM農作物の特許権を所有している企業がメキシコでコーンの遺伝子汚染を起こし国際的に遺伝子組み換えコーンについての規制を無意味にする陰謀なのでしょう。アルゼンチンで過去に大豆で同じ事があり(政府のGM大豆規制にも拘らずいつの間にかGMコーンの遺伝子がアルゼンチン中に広がりGM大豆を規制している法律が事実上無意味となり、アルゼンチンの耕作面積の半分程がGMコーンで占められると言う状態に陥った)ましたが、大豆はアルゼンチンにとって文化的重要性は無かったのですが、メキシコにとってコーンは日本人にとっての米と同じ歴史的、文化的重要性を持っているのですからコーンの遺伝子汚染はアメリカによる文化侵略にもなるのです。稲米についても現在“ゴールデンライス”と言うバクテリアの遺伝子を挿入した稲の新種の開発実験が行われていますが中国で児童を使ったゴールデンライスの臨床事件が発覚し中国政府が実験中止を命令したと言う事です。環境、食の安全に付いては鈍感な中国政府が中止命令を出すほどですから本当に危険なのでしょうね。此のゴールデンライスが東南アジア等で栽培許可されると日本の米に遺伝子汚染が起こるのは時間の問題ではないでしょうか?食料の60%を輸入している日本人としても此のゴールデンライスについては騒ぎ喚き反対の意思表示をするべきでしょうね。

長くなりましたので今日は此れまで。Good Night and Good luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性。其の5

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。


• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日

Spray Drift 漂う散布(散布された農薬が風で漂う事)


Glyphosate spray drift from both ground and aerial applications has been measured from 400 to 800 meters from the target site. Studies have shown that Glyphosate drift will cause more severe and extensive damage than many other herbicides. This is because it is a broad spectrum, non-selective herbicide and it is transported throughout the plant causing damage to the unexposed parts. This damage, when it does not kill the plants, can last for many years.

地面と空中からの散布され漂い出たグリフォサイトは散布の目標地点から400~800メートル離れた所で測定されています。漂い出るグリフォサイトはその他の多くの除草剤よりもっと酷く、広範な損害を引き起こすでしょう。此れは、其れが幅広く無差別な除草剤であり、そして其れは植物中に広がり植物の除草剤に触れていない部分に被害を与えるのです。其れが植物を殺さない時にこの被害は長期間持続します。(例え植物が枯れなくても環境に与える害悪は、この殺虫剤が劣化分解しにくいので、長期間環境に残ると言う意味)

Glyphosate spray drift from both ground and aerial applications地面と空中からの散布され漂い出たグリフォサイト has been measured from 400 to 800 meters from the target site. 目標地点から400~800メートル離れた所で測定されていますStudies have shown研究は示します that Glyphosate drift will cause more severe and extensive damage漂い出るグリフォサイトはもっと酷いそして広い被害を引き起こします 、than many other herbicides.多くの他の除草剤よりも This is because it is a broad spectrum, non-selective herbicide此れは、其れが幅広く無差別な除草剤でありand it is transported throughout the plantそして、其れは植物全体に移動されます。 causing damage to the unexposed parts.其れは説明出来ない 期待されて無い被害を与えますThis damage,この被害 when it does not kill the plants,其れが植物を殺さない時 can last for many years.何年も持続する事が出来ます。

Drift that is one thousand times less than the usual application rates has been shown to damage surrounding vegetation, including the killing of wild plants. This is an important reason why it should not be used in national parks and environmentally sensitive areas for weed control.

この漂うグリフォサイトは普通の使用状態と比べると1000倍弱いレイトですが野生種の植物を殺す事も含めて、回りを取り巻く植物界に被害を与える事が示されています。この重要な理由で其れは国立公園や環境上微妙な場所で雑草駆除の為に使われるべきではないのです。

Drift that is one thousand times less than the usual application ratesこの漂うグリフォサイトは普通の使用状態と比べると1000倍弱いレイトです has been shown to damage被害を与える事が示されていますsurrounding vegetation, 回りを取り巻く植物界に including the killing of wild plants. 野生種の植物を含めて This is an important reason 此れは大切な理由ですwhy it should not be used何故使われてはならないのか in national parks国立公園で and environmentally sensitive areasそして微妙なバランスで保たれている環境で for weed control.雑草駆除の為



Genetic Engineering 遺伝技術

The use of glyphosate is expected to increase substantially in the next few years because several genetically engineered crops are "Roundup Ready" and will be grown by many farmers.

グリフォサイトの使用は次の数年間にかなり増加すると予期されています。何故なら幾種類かの遺伝子組み換え農作物は“ラウンドアップレディー”で多くの農家によって栽培されるからです。


The use of glyphosate is expected to increaseグリフォサイトの使用は増加すると予期されています substantiallyかなり in the next few years次の数年間because several genetically engineered crops are "Roundup Ready"何故なら幾種類かの遺伝子組み換え農作物は“ラウンドアップレディー”and will be grown by many farmers. で多くの農家によって栽培されるからです


This expected increase in use has resulted in an application for the MRL (residue level) for glyphosate to be increased by 200 percent. This need to increase the permitted residue levels is due to genetically engineered herbicide tolerant crops using more chemicals, not less as the proponents of GMO's claim. These crops cannot be legally sold in Australia under the present residue levels, as the increased number of sprays will mean higher residue levels.

予想されている(グリフォサイトの)使用の増加はグリフォセイトに対する最大残留レベルMRLの採用によって200%の増加となる結果となった。この残留量(農薬の)の許容値を引き上げる必要性は、GMO遺伝子組み換え生物の推奨者達が公言している(残留農薬は通常の作物の残留農薬より)“少ない”とは反対に、除草剤抵抗遺伝子組み換え作物はより多くの化学物質(農薬)を使用すると言う事に原因している。これ等の作物は(農薬の)散布の回数が増えると言う事は高い残留レベルを意味するので、現在の残留レベル下で、オーストラリアでは合法的に販売出来ない。

This expected increase in use予想されている(グリフォサイトの)使用の増加has resulted in an application for the MRL (residue level) for glyphosateグリフォセイトに対する最大残留レベルMRLの採用によって to be increased by 200 percent. 200%の増加となる結果となった。 This need to increase the permitted residue levels isこの残留量(農薬の)の許容値を引き上げる必要性は due to genetically engineered herbicide tolerant crops using more chemicals,遺伝子組み換えの除草剤でも枯れない作物はもっと化学物質を使うと言う事が原因 not less as the proponents of GMO's claim. GMO(遺伝子組み換え生物)の推奨者達が公言している“少ない”とは反対にThese crops cannot be legally sold in Australiaこれ等の作物はオーストラリアでは合法的に販売出来ない。 under the present residue levels, 現在の残留レベル下で as the increased number of sprays will mean higher residue levels. (農薬の)散布の回数が増えると言う事は高い残留レベルを意味するので

maximum residue limits (MRLs)最大残留上限


This need for a dramatic increase in residues demonstrates that this herbicide is residual. If it is rapidly degraded and leaves no residues as is commonly claimed, why is there a need for such a large increase on residues on the crop?

この残留(許可量)の劇的な増加の必要性は、この除草剤は残留性があると言う事を示している。若し一般的に公言されている様に短時間で劣化分解し残留物質を残さないとすると、何故、これ等の農作物の残留上限量をこの様に大幅に引き上げなけれならない必要があるのだろうか?

This need for a dramatic increase in residues demonstrates thatこの残留(許可量)の劇的な増加の必要性は示している this herbicide is residual. この除草剤は残留性があると If it is rapidly degraded若し短時間で劣化分解し and leaves no residues残留物質を残さないとするとas is commonly claimed, 一般的に公言されている様に why is there a need for such a large increase on residues on the crop? 何故、これ等の農作物の残留上限量をこの様に大幅に引き上げなけれならない必要があるのだろうか?

The persistent nature of these residues in genetically engineered food crops such as Soybeans, Corn and Canola is another reason why we need mandatory labelling of all GMO's. We need to have the freedom of choice to avoid foods that we believe will contain residues of toxic chemicals.

この、大豆、玉蜀黍、菜種のような遺伝子組み換え食用作物の残留物質の執拗な性質は、如何して強制的なGMOの表示が必要かと言う又他の理由一つです。我々は毒性のある化学物質が含まれていると信じられる食品を避けると言う選択の自由を持つと言う事が必要なのです。

The persistent nature of these residues in genetically engineered food crops遺伝子組み換え食用作物の残留物質の執拗な性質はsuch as Soybeans, Corn and Canola大豆、玉蜀黍、菜種のような is another reason why we need mandatory labelling of all GMO's. 如何して強制的なGMOの表示が必要かと言う又他の理由一つです We need to have the freedom of choice選択の自由を持つ事が必要なのです to avoid foods食品を避けるthat we believe will contain residues of toxic chemicals. 毒性のある化学物質が含まれていると信じられる


This is a very good reason for eating organic foods.
この事はオルガニック食品を食べるとても良い理由です。



Conclusion 結論。


Glyphosate is widely used in the mistaken belief that it is harmless, safe and readily breaks down leaving no residues. Consequently, it is sprayed in public areas while people are present and by operators without protective clothing. These people are exposed to the drift of this herbicide. The facts show that Glyphosate causes a range of health problems to humans, plants and animals, it causes environmental problems and that it is highly persistent. It is time that the widespread use of this toxic chemical on roadsides, footpaths, parks, gardens, schools, farms, forestry, national parks etc was stopped or highly restricted.

グリフォサイトは無害、安全、そして短期間で劣化分解し残留性が無いと言う間違った確信で広く使用されています。その結果として、人がいる公共の場で保護服を着けない作業員によって散布されるのです。これ等の人々は空気中を漂ってくるこの除草剤によって汚染されるのです。この事実はグリフォサイトが人間、植物、動物の健康上の問題を起こすと言う事を示し、其れは環境問題を起こし,そして非常に(環境で)持続すると言う事なのです。広範に使用されているこの毒性のある化学物質の道端、小道、公園、庭、学校、農園、森林、国立公園等での使用禁止、又は、強く制限する時なのです。

Glyphosate is widely usedグリフォサイトは広く使用されていますin the mistaken belief間違った確信で that it is harmless, safe and readily breaks down leaving no residues. 無害、安全、そして短期間で劣化分解し残留性が無いConsequently, その結果として it is sprayed in public areas while people are present人がいる公共の場で散布されand by operators without protective clothing.そして保護服を着けない作業員によって These people are exposed to the drift of this herbicide. これ等の人々は空気中を漂ってくるこの除草剤によって汚染されるのです The facts show that 事実は示していますGlyphosate causes a range of health problems to humans, plants and animals, グリフォサイトが人間、植物、動物の健康上の問題を起こすit causes environmental problems and that it is highly persistent. 其れは環境問題を起こし,そして非常に(環境で)持続するIt is time that ~をする時ですthe widespread use of this toxic chemical on roadsides, footpaths, parks, gardens, schools, farms, forestry, national parks etc was stopped or highly restricted. 広範に使用されているこの毒性のある化学物質の道端、小道、公園、庭、学校、農園、森林、国立公園等での使用禁止、又は、強く制限する


Acknowledgments and References 感謝と参考。

Most of the information for this article came from an excellent paper authored by Caroline Cox in the JOURNAL OF PESTICIDE REFORM, Fall 1998, Vol.18, No. 3.
この記事の殆どの情報はカロラインコックスの書いた優れた記事“JOURNAL OF PESTICIDE REFORM”の1998年、秋、Vol.18, No. 3.、から参照されています。

Updated 01-02, Northwest Coalition Against Pesticides, Eugene, Oregon.
アップデイテド01-02殺虫剤に反対するノースウエスト同盟、ユージン
オレゴン
Lehmann V. and Pengue W. (2000), Herbicide Tolerant Soybean: Just another step in a technology treadmill? Biotechnology and Development Monitor. September 2000.

Lehmann V. and Pengue W. (2000), Herbicide Tolerant Soybean:除草剤で枯れない大豆 Just another step in a technology treadmill?科学技術の踏み車へのホンのもう一歩? Biotechnology and Development Monitor. 生物学技術と発達の監視September 2000.

Nordstrom M. et al, (1998), "Occupational exposures, animal exposure, and smoking as risk factors for hairy cell leukaemia evaluated in a case-control study," BRITISH JOURNAL OF CANCER Vol. 77 (1998), pp 2048-2052.
ケースコントロール研究での毛状細胞白血病の要因としての職業による人体汚染、動物の汚染、そして喫煙の評価。“ブリティッシュ ジャーナル オブ キャンサー”Vol. 77 (1998), pp 2048-2052.

Hardell L. and Eriksson M. (1999), "A Case-Control Study of Non-Hodgkin Lymphoma and exposure to Pesticides," CANCER Vol.85, No. 6 (March 15, 1999).

Hardell L. and Eriksson M. (1999), “非ホジキンリンパ腺腫と殺虫剤の人体汚染に付いてのケースコントロール研究” CANCER Vol.85, No. 6 (March 15, 1999).

Organic Producers Association of Queensland

ejnews: やっと終りました。処で、アメリカでは今トマトがマーケットから消えてしまっているのです。食中毒が原因で死亡者が出たりしているそうです。ニュースによると原因が分らないとの事ですが、私は若しかするとバイオソリッドが原因ではないかと思われるのです。バイオソリッドBiosolidsとは都市の下水処理場からの副産物、詰まり汚水の浄化過程で出て来る沈殿物です。此れは肥料として販売されているのです。今までこのバイオソリッドに付いては何冊もの本も出版されているほど問題があるのですが、未だに使用されているようです。ニューヨークなどの下水は工場、病院,家庭の下水が全部混じっているので、有毒化学物質だけでなく、病院からの危険な抗生物質に抵抗力を持った微生物が混じっているのです。バイオソリッドを肥料として使っていた人がこの抵抗力を持った微生物の為に死亡した事件も過去に報告されていながらも、未だに状況は変わってないようです。フロリダ州の農業ではこのバイオソリッドがよく使われているそうです。此れはアメリカだけでなく、カナダ、ヨーロッパのある国々でも同様だと言う事です。若し貴方がアメリカ、カナダを旅行している時に、好い風景の農園だからと言って安心して土いじりは一寸考え物かも知れません。
   では又!
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ



モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性。其の4

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。

• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日



Environmental Effects 環境への影響。

Glyphosate based herbicides have been shown to cause a significant decline of beneficial insect species in farms. Studies by the International Organization for Biological Control and other researchers have found that between 50 to 80 percent of beneficial insects are killed from exposure to residues of a Glyphosate herbicide.

グリフォサイトを主原料にした除草剤は益虫の種類のかなりの減少の原因になっている事が示されています。the International Organization for Biological Control(生物コントロール国際機構??)と他の研究者達によって為されたの研究によると、彼等は益虫の50%~80%が残留グリフォサイト除草剤からの汚染で死んでしまうと言う事を発見しました。

Glyphosate based herbicidesグリフォサイトを主原料にした除草剤は have been shown to cause減少の原因になっている事が示されています。a significant decline of beneficial insect species in farms. 益虫の種類のかなりの減少Studies by the International Organization for Biological Control and other researchers(生物コントロール国際機構??)と他の研究者達によって為されたの研究have found発見しました that between 50 to 80 percent of beneficial insects are killed from exposure to residues of a Glyphosate herbicide. 益虫の50%~80%が残留グリフォサイト除草剤からの汚染で死んでしまうと



Glyphosate is very toxic to fish and other aquatic organisms. Concentrations as low as 10 parts per million can kill fish. Daphnia, a very important part of the aquatic food chain, especially for fish, can be killed by as little as three parts per million. This is an important reason why it should not be used near waterways or in drains.

グリフォサイトは魚や他の水生生物に対して非常に強い毒性を持っています。10/1000000程まで薄められた濃度でも魚を殺す事が出来ます。Daphniaダフニアと言う、特に魚にとってとても大切な水中の食物連鎖の一部(の生き物)は最低3/1000000と言う低い濃度で死ぬことが可能です。此れは何故、水路や下水溝の近くで(この除草剤を)使用してはならないのかと言う非常に重要な理由です。

Glyphosate is very toxic to fish and other aquatic organisms. グリフォサイトは魚や他の水生生物に対して非常に強い毒性を持っています。 Concentrations as low as 10 parts per million 10/1000000程まで薄められた濃度can kill fish. 魚を殺す事が出来ます Daphnia, a very important part of the aquatic food chain, ダフニア、大切な水中の食物連鎖の一部(の生き物)especially for fish, 特に魚にとってとてcan be killed by as little as three parts per million. は最低3/1000000と言う低い濃度で殺される事が可能です。 This is an important reason此れは非常に重要な理由です why it should not be used near waterways or in drains. 如何して水路や下水溝の近くで(この除草剤が)使用されてはならないのかと言う

Glyphosate is extremely toxic to the soil life. One application can cause a dramatic plunge in the number of beneficial soil micro-organisms and arthropods. Studies show a reduction in the species that build humus, thus it contributes to the decline in soil organic matter.

グリフォサイトは土壌の生物に対して極端に毒性が強く。1回の散布は数々の種類の有益な土壌中の微生物と節足動物の劇的な減少の原因となるのです。腐植土を生み出す生物の減少は土壌の有機物質の減少に寄与していると研究は示しています。


Glyphosate is extremely toxic to the soil life. グリフォサイトは土壌の生物に対して極端に毒性が強く。 One application can cause 1回の散布は原因となるのですa dramatic plunge in the number of beneficial soil micro-organisms and arthropods. 数々の種類の有益な土壌中の微生物と節足動物の劇的な減少Studies show研究は示しています a reduction in the species生物の減少that build humus, 腐植土を生み出す生物thus it contributes toに寄与していると the decline in soil organic matter.  土壌の有機物質の減少


Glyphosate significantly reduces the activity of nitrogen-fixing bacteria. These bacteria transform soil nitrogen into forms that plants can use. Studies of Soybeans grown for nitrogen fixation showed a reduction in the number of rhizobium bacteria and the nitrogen they produce when Glyphosate was used for weed control.

グリフォサイトは窒素を定着させるバクテリアの活動を大きく低下させます。これ等のバクテリアは土壌の中の窒素を植物が利用出来る形に変化させるのです。窒素の定着の研究の為に栽培された大豆の研究で、グリフォサイトが雑草駆除の為に使用された時にrhizobium bacteria(豆類の根に住む窒素を植物が吸収出来る形に変えるバクテリア?)とそれらの作り出す窒素の量の減少が示されました。

Glyphosate significantly reduces グリフォサイトは大きく低下させますthe activity of nitrogen-fixing bacteria. 窒素を定着させるバクテリアの活動を These bacteria transform soil nitrogenこれ等のバクテリアは土壌の中の窒素を変化させるのです into forms that plants can use. 植物が利用出来る形にStudies of Soybeans grown for nitrogen fixation showed窒素の定着の研究の為に栽培された大豆の研究は示しましたa reduction in the number of rhizobium bacteria rhizobium bacteria(豆類の根に住む窒素を植物が吸収出来る形に変えるバクテリア?)の数の減少and the nitrogen they produce とそれらの作り出す窒素when Glyphosate was used for weed control. グリフォサイトが雑草駆除の為に使用された時に


Other studies show that Glyphosate herbicides increase the susceptibility of plants to diseases. This is partly because it reduces the growth of mycorrhizal fungi and other beneficial fungi that help plants absorb nutrients and help fight disease. However, plants suffer more disease, as there is an increase in the soil pathogens and a decrease beneficial species that control diseases after an application of Glyphosate.

他の研究ではグリフォサイト除草剤は植物(農作物)が病気になる確率を高くする事を示しています。此れは理由のある部分は(グリフォサイト)が栄養の吸収や病気と戦う事を助けるmycorrhizal fungi マイコラハイゾル菌や他の有益な菌の成長を抑制からです。然し、グリフォサイトの散布後、土壌中の病原菌の増加や病気を抑制する有益な種類(の微生物)の減少が起こる為、植物はもっと病気を被る事になります。

Other studies show他の研究は示していますthat Glyphosate herbicides increaseグリフォサイト除草剤は 増加させるthe susceptibility of plants to diseases. 植物が病気になり易くなる事This is partly because此れは理由の一つとして it reduces the growth of mycorrhizal fungi and other beneficial fungi マイコラハイゾル菌や他の有益な菌の成長を抑制からです that help plants absorb nutrients and help fight disease. 植物の栄養の吸収や病気と戦う事を助ける However,然し plants suffer more disease,植物はもっと病気を患います asと共に(or事によって) there is an increase in the soil pathogens土壌中の病原菌の増加が起こるand a decrease beneficial species that control diseasesそして病気を抑制する有益な種類(の微生物)の減少after an application of Glyphosate. グリフォサイトの散布後


Glyphosate exposure damages or reduces the populations of earthworms. A New Zealand study showed that 5% of the usual application rate caused delayed development and increased death in earthworms.

グリフォサイト汚染はミミズに傷害を与えるか又は数を減らします。ニュージーランドの研究は普通の使用の5%の量でミミズの発達を遅らせ死亡率も高める事を示しています。

Glyphosate exposure damagesグリフォサイト汚染は傷害を与える or reduces the populations of若しくは、数を少なくする earthworms. ミミズの A New Zealand study showedニュージーランドの研究は示しました that 5% of the usual application rate caused普通の使用の5%の量で示しました delayed development発達を遅らせたand increased death in earthworms.ミミズの 死亡率も高めました。

Glyphosate reduces populations of small mammals and birds by damaging the vegetation that provides food and shelter for these animals. The populations of all of these living organisms can take years to recover due to Glyphosate's persistence in the soil.

グリフォサイトは食料と住処を提供する植物界を破壊する事により小動物や鳥の生息数を減少させます。グリフォサイトの土壌での残留期間の長さの為、これ等全てのいきている生物の生息数の回復には何年もかかる可能性があります。

Glyphosate reduces populations of small mammals and birds グリフォサイトは小動物や鳥の生息数を減少させますby damaging the vegetation植物界を破壊する事により that provides food and shelter for these animals. この様な動物に食料と住処を提供するThe populations of all of these living organismsこれ等全てのいきている生物can take years to recover due to Glyphosate's persistence in the soil. の生息数の回復には何年もかかる可能性があります


ejnews: この記事は後一回で終わりです。環境問題の記事が続いたので、次の記事は違った種類の物をと考えています。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性。其の3

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。


• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日


Residual 残留

The proponents of Glyphosate herbicides promote them as environment friendly or benign. They say that they breakdown very quickly in the environment. 

グリフォサイト除草剤の推奨者は(グリフォサイトは)環境に優しく害が少ないと推奨しています。彼等は(グリフォサイト)其れは外界(環境)で短期間に分解すると言っています。

The proponents of Glyphosate herbicidesグリフォサイト除草剤の推奨者は promote themそれらを推奨していますas environment friendly or benign. 環境に優しく害が少ないとして They say that彼等は其れを言う they breakdown very quickly in the environment. 其れ等は外界(環境)で短期間に分解する

The facts show otherwise. A report from The United States Environmental Protection Agency states that Glyphosate is 'extremely persistent under typical application conditions'. It is one of the most residual herbicides, with studies in Sweden showing that one application can last up to 3 years.

実は反対の事を示しています。合衆国環境保護局の報告はグリフォサイトは典型的な使用条件下で極端に持続性が高いと述べています。スエーデンの研究が示す様に、其れ(グリフォサイト)は最も残留性の高い除草剤で、1回の散布で最長3年間(環境、土壌に)残ります

The facts show otherwise. 実は反対の事を示しています A report from The United States Environmental Protection Agency states that合衆国環境保護局の報告は述べています Glyphosate is 'extremely persistentグリフォサイトは極端に持続性が高いと under typical application conditions'. 典型的な使用条件下でIt is one of the most residual herbicides, 其れ(グリフォサイト)は最も残留性の高い除草剤with studies in Sweden showingスエーデンの研究が示す様に that one application can last up to 3 years. 1回の散布は最長3年間(環境、土壌に)残ります。(1回の散布でのグリフォサイトは最長3年残る。と言う意味)


In warmer climates, it can take less than a year per application for Glyphosate to degrade. However, when it breaks down it does not disappear into harmless basic elements. It degrades into an even more residual compound called aminomethylphosphonic acid (AMPA). While AMPA has a low acute toxicity, the studies conducted on this compound show that it damages the livers and bladders of rats. Unfortunately, very few long-term health and environmental studies are conducted on the breakdown products of synthetic chemicals.

暖かい気候では、1回の散布でのグリフォサイトは1年以内で劣化分解します。然し、分解した時、無害な基本的物質となって消え去る訳では無いのです。もっと残留性のあるaminomethylphosphonic acid(AMPA)と言う合成物として劣化分解して行くのです。AMPAの急性的毒性は低いのですが、この化合物に付いて為された研究によると鼠の肝臓と膀胱に傷害を与えるとが提示されています。残念な事に、化学物質の分解によって出来た物質に付いて長期間の健康、環境上の研究は殆んど為されていないのです。

In warmer climates, 暖かい気候では it can take less than a year per application for Glyphosate to degrade. 1回の散布でのグリフォサイトは1年以内で劣化分解します However, 然し when it breaks down分解した時it does not disappear into harmless basic elements. 無害な基本的物質となって消え去る訳では無いのです It degrades into an even more residual compound called aminomethylphosphonic acid (AMPA). もっと残留性のあるaminomethylphosphonic acid(AMPA)と言う合成物として劣化分解して行くのです。While AMPA has a low acute toxicity, AMPAの急性的毒性は低いのですが the studies conducted on this compound show thatこの化合物に付いて為された研究は示すit damages the livers and bladders of rats. 鼠の肝臓と膀胱に傷害を与える Unfortunately, 残念な事に very few long-term health and environmental studies are conducted 大変少ない長期間の健康と環境の研究が為されているon the breakdown products分解した製品に付いて of synthetic chemicals.人工化学物質の

Residues of Glyphosate have been found in a variety of fruits and vegetables. This is because it readily moves into all parts of a plant. As it is inside the plant tissues, it cannot be washed off.

残留グリフォサイトは色々な果物と野菜の中に見つけられています。これは其れ(グリフォサイト)が植物の全ての部分に簡単に流れ込むからです。植物の細胞組織の中にあるので、其れは洗い流せないのです。

Residues of Glyphosate have been found in a variety of fruits and vegetables. 残留グリフォサイトは色々な果物と野菜の中に見つけられています This is because it readily moves into all parts of a plant. これは其れ(グリフォサイト)が植物の全ての部分に簡単に流れ込むからです As it is inside the plant tissues, it cannot be washed off. 植物の細胞組織の中にあるので、其れは洗い流せないのです。



Residues can be detected long after glyphosate treatments have been made. One study showed that lettuces contained residues five months after the field was treated with glyphosate. The disturbing thing about this research is that the lettuce seedlings were planted four months after the field was sprayed for weeds. The seedlings absorbed the glyphosate from the soil residues.

残留しているグリフォサイトは其れが散布されて随分時間が経った後にも探知されます。ある研究によると、グリフォサイトの散布5ヶ月後レタスに残留している事が示されています。この研究でゾッとさせる事は、雑草の為に農地に除草剤が散布された4ヵ月後にレタスの種が植えられたと言う事です。種はグリフォサイトを土壌に残留している除草剤から吸収したのです。

Residues can be detected残留(しているグリフォサイト)は探知されます long after glyphosate treatments have been made. グリフォサイトが散布されて随分時間が経った後にも One study showed thatある研究は示しました lettuces contained residuesレタスが残留(除草剤)を含んでいた five months after the field was treated with glyphosate. 農地のグリフォサイトでの散布5ヶ月後The disturbing thing about this research is thatこの研究でゾッとさせる事は the lettuce seedlings were plantedレタスの種が植えられた four months after the field was sprayed for weeds. 雑草の為に農地に除草剤が散布された4ヵ月後に The seedlings absorbed the glyphosate from the soil residues. 種はグリフォサイトを土壌に残留している除草剤から吸収したのです。


A World Health Organisation study revealed significant Glyphosate residues in wheat after harvest. Milling did not remove it, as it moves into the plant and the wheat seed. The study showed that cooking does not break down Glyphosate.

収穫後の麦に含まれるかなりの量の残留グリフォサイトを世界保健機構の研究は明らかにしています。其れは植物と麦の実に入込むので、製粉(過程)では其れを取り除きませんでした。研究は料理はグリフォサイトを分解しない事を示しました。

A World Health Organisation study revealed世界保健機構の研究は明らかにしています significant Glyphosate residues in wheat after harvest. 収穫後の麦に含まれるかなりの量の残留グリフォサイト Milling did not remove it, 製粉(過程)では其れを取り除きませんでしたas it moves into the plant and the wheat seed. 其れは植物と麦の実に入込むので The study showed that cooking does not break down Glyphosate. 研究は料理はグリフォサイトを分解しない事を示しました。


to be continued  続く! 

ejjnews: この記事はもう少し続きます。厭きないで続けて読んで下さい。英語の勉強にもなりますから。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ

モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性。其の2.

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。


• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日

Health Problems - so safe that you can drink it.
健康上の問題------飲める程安全。

Japanese researchers analyzing suicides have found that drinking 3/4 of a cup (200 milliliters) of commercial glyphosate products is fatal.

自殺を分析している日本の研究者達は3/4カップ(200ミリリットル)の市場販売用のグリフォサイトを飲む事は死に至ると言う事を発見している。

Japanese researchers analyzing suicides have found that自殺を分析している日本の研究者達は発見している drinking 3/4 of a cup (200 milliliters) of commercial glyphosate products is fatal. 3/4カップ(200ミリリットル)の市場販売用のグリフォサイトを飲む事は死に至る


Survivors (those who consumed less than 3/4 of a cup) suffered a range of severe health problems. These problems included intestinal pain, vomiting, erosion of the gastrointestinal tract, excess fluid in the lungs, pneumonia, lung dysfunction, clouding of consciousness, destruction of red blood cells, abnormal electrocardiograms, low blood pressure, kidney damage and damage to the larynx. It is important to note that damage to the kidneys and the lungs is usually permanent. These body tissues do not repair themselves, instead forming scar tissue that does not function to help filter toxins from the blood or breathe oxygen.

生存者達(3/4カップ以下の量を飲んだ人)は幅広い重症の健康上の問題を患っている。問題とは腸の痛み、嘔吐、消化器官のタダレ、肺の必要以上の水分、肺炎、肺機能の不調、思考がボンヤリする、赤血球の破壊、心電図の異常、低血圧、腎臓障害と喉頭の障害等を含んでいる。腎臓と肺の障害は治療不可能である事は注意に値する。これ等の人体細胞組織は自己再生しない、その代わりに傷跡を残し其れは血液の毒物を濾過したり、酸素を呼吸する事を手助け出来ない。

Survivors生存者達(those who consumed less than 3/4 of a cup) (3/4カップ以下の量を飲んだ人) suffered a range of severe health problems. は幅広い重症の健康上の問題を患っている。 These problems included問題は含んでいるintestinal pain, 腸の痛み vomiting, 嘔吐erosion of the gastrointestinal tract, 消化器官のタダレexcess fluid in the lungs, 肺の必要以上の水分pneumonia, 肺炎lung dysfunction, 肺機能の不調clouding of consciousness, 思考がボンヤリする事 destruction of red blood cells, 赤血球の破壊abnormal electrocardiograms, 心電図の異常low blood pressure, 低血圧kidney damage腎臓障害and damage to the larynx. と喉頭の障害等It is important to note that注意に値する。 damage to the kidneys and the lungs is usually permanent. 腎臓と肺の障害は治療不可能であるThese body tissues do not repair themselves, これ等の人体細胞組織は自己再生しないinstead forming scar tissueその代わりに傷跡を残し that does not function to help filter toxins from the blood or breathe oxygen. 其れは血液の毒物を濾過したり、酸素を呼吸する事を手助け出来ない


In California, where there is a mandatory system of reporting pesticide poisoning, Glyphosate is the third most common cause of pesticide illness in farm workers. It is the most common form of reported pesticide poisoning in landscape gardeners.

殺虫剤中毒の報告が義務付けられているカリフォルニアでは、グリフォサイトは農場労働者間の第3番目に頻繁に起こる農薬による病気の原因です。其れは庭園園芸家間で普通に最も多く報告されている種類の農薬中毒です。

In California, カリフォルニアでは where there is a mandatory system of reporting pesticide poisoning, 殺虫剤中毒の報告が義務付けられている Glyphosate is the third most common cause グリフォサイトは第3番目に頻繁に起こる原因ですof pesticide illness農薬による病気の in farm workers. 農場労働者間の It is the most common form其れは普通に最も多い形(種類)of reported pesticide poisoning報告されている農薬中毒です in landscape gardeners. 庭園園芸家間で


Two separate studies in Sweden have linked exposure to Glyphosate to Hairy Cell Leukemia and Non Hodgkins Lymphoma. These types of cancers were extremely rare, however non-Hodgkins lymphoma is the most rapidly increasing cancer in the Western world. It has risen by 73% in the USA since 1973. Another study has found a higher incidence of Parkinson disease amongst farmers who used herbicides, including glyphosate.

スエーデンでの2つの互いに関連の無い研究ではグリフォサイトの人体汚染はHairy Cell Leukemia毛状細胞白血病? and Non Hodgkins Lymphoma.非ホジキンリンパ腫と関連付けられている。これ等のタイプの癌は非常に珍しいにも拘らずnon-Hodgkins lymphoma非ホジキンリンパ腫は欧米社会で最も増え続けている癌です。其れは1973年から73%増加しました。他の研究は、グリフォサイトを含めた除草剤を使用した農民の間での高い率のパーキンソン病を見出しました。


Two separate studies in Swedenスエーデンでの2つの互いに関連の無い研究have linked exposure to Glyphosate to Hairy Cell Leukemia and Non Hodgkins Lymphoma. グリフォサイトの人体汚染はHairy Cell Leukemia毛状細胞白血病? and Non Hodgkins Lymphoma.非ホジキンリンパ腫と関連付けられている These types of cancers were extremely rare, これ等のタイプの癌は非常に珍しいにも howeverにも拘らず non-Hodgkins lymphoma is the most rapidly increasing cancer in the Western world. non-Hodgkins lymphoma非ホジキンリンパ腫は欧米社会で最も増え続けている癌です。 It has risen by 73% in the USA since 1973. 其れは1973年から73%増加しました Another study has found a higher incidence of Parkinson disease他の研究は高い率のパーキンソン病を見出しました。amongst farmers who used herbicides, 除草剤を使用した農民の間でのincluding glyphosate. グリフォサイトを含めた

Other studies show that Glyphosate and commercial herbicides containing Glyphosate cause a range of cell mutations and damage to cell DNA. These types of changes are usually regarded as precursors to cancer and birth defects.

他の研究は、グリフォサイトとグリフォサイトを含んだ市場で販売されている除草剤は、色々なレンジの損傷を細胞と細胞のDNAに与えると示している。これ等の変化は通常、癌と奇形の前触れと認識されている。

Other studies show that他の研究は示している Glyphosate and commercial herbicides containing Glyphosateグリフォサイトとグリフォサイトを含んだ市場で販売されている除草剤は cause a range of cell mutations and damage to cell DNA. 色々なレンジの損傷を細胞と細胞のDNAに与えるとThese types of changes are usually regardedこれ等の変化は通常認識されているas precursors to cancer and birth defects. 癌と奇形の前触れとして




Reproductive Effects 生殖機能への影響。


Studies show that exposure to Glyphosate is associated with a range of reproductive effects in humans and other species. Research from Ontario, Canada found that a father's exposure to Glyphosate was linked to an increase in miscarriages and premature births in farm families.

研究によると、グリフォサイトに曝される事は、人間や動物の種々の生殖機能への影響への関係が示されている。カナダのオンタリオでの研究は農家での父親のグリフォセイト汚染は流産と早産の増加と関連付けられている。

Studies show that 研究は示すexposure to Glyphosate isグリフォサイトに曝される事は associated with a range of reproductive effects種々の生殖機能への影響への関係in humans and other species. 人間や動物のResearch from Ontario, Canada found thatカナダのオンタリオでの研究は a father's exposure to Glyphosate was父親のグリフォセイト汚染は linked to an increase in miscarriages and premature births流産と早産の増加と関連付けられている in farm families. 農家での

Glyphosate caused a decrease in the sperm count of rats and an increase in abnormal and dead sperms in rabbits. Pregnant rabbits exposed to Glyphosate had a decrease in the weight of their babies.

グリフォサイトは鼠の精子の数の減少と兎の異常なそして死んだ精子の増加の原因となっています。グリフォサイトに汚染された妊娠した兎は体重の少ない子兎をうみました。

Glyphosate caused グリフォサイトは原因となっていますa decrease in the sperm count of rats鼠の精子の数の減少and an increase in abnormal and dead sperms in rabbits. と兎の異常なそして死んだ精子の増加Pregnant rabbits exposed to Glyphosate グリフォサイトに汚染された妊娠した兎had a decrease in the weight of their babies. 体重の少ない子兎をうみました


to be continued. 続く。


ejnews: グリフォサイトが主成分の除草剤はラウンドアップという名前で販売されています。問題は“ラウンドアップレディー農作物”と呼ばれる遺伝子組み換え技術で創られた農業用の作物(当然此れもモンサントによって開発、販売されているのですが)はこのグリフォサイトが主成分の除草剤で枯れないように作られているのです。詰まり、農家はこの除草剤を直接農作物の上に散布してもラウンドアップレディーGM作物は枯れないのです。と言う事は、これ等のGM作物は除草剤を大量に吸収しながら成長し実をつけるのです。そして、動物の飼料や、我々人間の食料になるのです。特に危険な事は、食肉は動物の飼料に含まれている化学物質が凝縮されているので、オルガニックで無い食肉を常時食べることは種々の化学物質を一度にまとめて食べていると言う事なのです。
 食生活には繊細な注意が必要な時代です。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ

モンサントの除草剤“ラウンドアップ”の原料とGM農作物の安全性

Monsanto's Toxic Herbicide Glyphosate: A Review of its Health and Environmental Effects 
モンサントの有毒除草剤グリホサート(グリフォサイト):其の健康と環境に対する影響の評価。


• By Andre Leu
Organic Producers Association of Queensland, May 15, 2007
• クイーンズランド有機農耕生産者連盟、2007年5月15日

Glyphosate is the active ingredient of some of the most common herbicides used in farming and gardening. These products have been promoted as quickly biodegradable and non toxic. People believe that they are so safe that you can drink a cup of these herbicides without any ill effect.

グリフォサイトは園芸や農業で最も一般的に使用されている幾つかの除草剤の主要原材料です。これ等の製品は短期間で生物分解され無毒であると推奨されています。人々はこれ等の除草剤を一杯飲んでも何の悪影響を及ぼさない程安全だと信じています。

Glyphosate is the active ingredient of some of the most common herbicidesグリフォサイトは最も一般的な幾つかの除草剤の主要原材料です used in farming and gardening. 園芸や農業で使用されているThese products have been promotedこれ等の製品は推奨されています as quickly biodegradable and non toxic. 短期間で生物分解され無毒であると People believe人々は信じていますthat they are so safe that you can drink a cup of these herbicidesはこれ等の除草剤を一杯飲んでも~程安全 without any ill effect. 何の悪影響を及ぼさない



Consequently, it is sprayed on roadsides while people are driving, on footpaths when people are shopping and in schoolyards and sports fields, exposing children to drift and residues. People buy it from supermarkets or garden shops and use it without any protective clothing because it is deemed 'safe'. It is sprayed in national parks and other environmentally sensitive areas in the belief that it is not toxic and or residual.

此れにより、其れは人々が車を運転している道端に、人々が買い物をしている小道に、校庭とスポーツフィールドに散布され、子供達を漂っている(除草剤)と残留(除草剤)に曝します。人々は其れをスーパーマーケットや園芸用品店で購入し安全と見なされているので、防護服を着けずに使います。其れは無毒で残留しないと信じられている事によって国立公園や他の環境的に敏感な場所で散布されています。

Consequently, 此れにより it is sprayed其れは散布され on roadsides while people are driving, 人々が車を運転している道端に on footpaths when people are shopping人々が買い物をしている時小道にand in schoolyards and sports fields, そして校庭とスポーツフィールドに exposing children to drift and residues. 子供達を漂っている(除草剤)と残留(除草剤)に曝します People buy it from supermarkets or garden shops人々は其れをスーパーマーケットや園芸用品店で購入しand use it without any protective clothing防護服を着けずに使います because it is deemed 'safe'. 安全と見なされているのでIt is sprayed in national parks and other environmentally sensitive areas国立公園や他の環境的に敏感な場所で散布されています。
in the belief that it is not toxic and or residual. 。其れは無毒で残留しないと信じられている事によって



I continuously hear Primary Industries officers and other agricultural specialists telling farmers that it is not necessary to wear any protective clothing because it is harmless.

私は何時も主要業界の役員や農業専門家達が農家の人々に無害なので防御服を着ける必要は無いと言っているのを聞きます。

I continuously hear 私は(続けて、止める事無く、)何時も、聞くPrimary Industries officers and other agricultural specialists telling farmers主要業界の役員や農業専門家達が農家の人々に言っている that it is not necessary to wear any protective clothing防御服を着ける必要は無いと because it is harmless.無害なので

Unfortunately, the facts show that this is not the case. While pure Glyphosate has a low acute toxicity (the amount needed to cause death), when it is sold as a commercial herbicide it is combined with surfactants and other ingredients to make it more effective at killing plants. Studies show that the commercial products, such as Round Up, can be three times more toxic than pure glyphosate.

残念ながら、事実はそうではない事を示しています。純粋なグリフォサイトは急性の中毒性(致死量)は低いのですが、其れが市場で除草剤として販売される時は植物を枯れさせる作用をもっと効果的にするために表面活性剤や他の成分と混合されます。ラウンドアップの様な市場で販売用の製品は純粋のグリフォサイトよりも3倍毒性が高いと研究は示しています。

Unfortunately, 残念ながら the facts show that this is not the case. 事実はそうではない事を示しています。While pure Glyphosate has a low acute toxicity (the amount needed to cause death), 事実はそうではない事を示しています。 when it is sold as a commercial herbicide其れが市場で除草剤として販売される時it is combined with surfactants and other ingredients表面活性剤や他の成分と混合されます to make it more effective at killing plants. 植物を殺す作用をもっと効果的にするために Studies show研究は示していますthat the commercial products, such as Round Up, ラウンドアップの様な市場で販売用の製品はcan be three times more toxic than pure glyphosate. 純粋のグリフォサイトよりも3倍毒性が高いと

to be continued 続く!

ejnews: この記事はオーストラリアの記事です。去年の記事ですので、世界の穀物生産量の中のGM農作物の占める比率はこの記事が書かれた時と比べるともっと多くなっています。と言う事は我々が毎日食べる食品の中にモンサントの残留除草剤が多くなっていると言う事になります。気をつけてください。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。