スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAR IS A RACKET 戦争は詐欺だ!

WAR IS A RACKET
戦争は詐欺だ!


http://www.scuttlebuttsmallchow.com/racket.html

http://www.wanttoknow.info/warisaracket

ejnews: 今日の翻訳文は1933年の当時退役米海兵隊将軍だったスメドレイ バトラーの有名な戦争を利用して法外な利益を得る資本層を非難したスピーチでありまする。彼は当時最も有名な軍人の一人で海兵隊出の初めての将軍、退役後平和活動家としてアメリカ中で講演した事も有名でありまするが、A military-industrial complex (MIC)軍事産業複合体と言う言葉を使い軍需関係産業を非難したアイゼンハウワー大統領のテレビ放送スピーチは1961年であるのですからバトラーは殆ど30年前に既に企業が戦争の原因で有る事を警告していたと言う事でありまする。( 参考http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-166.html )此の『WAR IS A RACKET戦争は詐欺だ!』と呼ばれているスピーチは第一次世界大戦と第二次世界大戦の丁度中間期に為されている事を考慮に入れて読んで頂くと此のスピーチがより良く理解して頂けると重いまする。
 残念ながら、スメドレイ バトラー将軍の活動はヘレン ケラーがソシャリストだった事が全く現在のアメリカ人によって忘れ去られている様に(参照 http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-83.html  )其の他の多くの平和的、進歩的思想を持ち米社会改革に努力した人々同様(米社会の支配者層によって意図的に)一般大衆の記憶から抹殺されているのでありまする。




Foreword
序文


Excerpt from a speech delivered in 1933 by General Smedley Butler, USMC
米合衆国海兵隊将軍スメドレイバトラーの1933年に為されたスピーチよりの抜粋。


War is just a racket. There are only two things we should fight for. One is the defense of our homes and the other is the Bill of Rights. War for any other reason is simply a racket.
戦争は単なる詐欺だ。我々が戦わなければならない事は唯2つだけである。1つは国防であり他は権利章典である。其の他の物事が理由の戦争は単なる詐欺である。

It may seem odd for me, a military man to adopt such a comparison. Truthfulness compels me to. I spent thirty-three years and four months in active military service as a member of this country's most agile military force, the Marine Corps. I served in all commissioned ranks from Second Lieutenant to Major-General. And during that period, I spent most of my time being a high class muscle-man for Big Business, for Wall Street and for the Bankers.
私の様な軍人が疎の様な比較を受け入れる事は不思議な事かもしれないが、此れは真実の為せる業である。私は33年と4ヶ月間を海兵隊と言う最も俊敏な軍隊の一員として活動的軍務に費やした。少尉から少将までの全ての軍の階級に奉仕した。そして其の期間私は殆どの私の時間を大企業やワォール街、銀行屋達の為のマッスルマン(用心棒、暴力を利用し資本家の為に働くと言う意味)として過ごした。

I suspected I was just part of a racket at the time. Now I am sure of it. Like all the members of the military profession, I never had a thought of my own until I left the service. My mental faculties remained in suspended animation while I obeyed the orders of higher-ups. This is typical with everyone in the military service.
当時私自身は単なる詐欺の一部では無いかと私は疑っていた。今私は其れを確信している。全ての職業軍人と同様に軍務を去るまで私自身の事は考えた事が無かった。上層部の命令に従っている間は私の知能的活動は動きが止まっていた。此のことは軍務に服している者の間では典型的な事である。

I helped make Mexico safe for American oil interests in 1914. I helped make Haiti and Cuba a decent place for the National City Bank boys. I helped in the raping of half a dozen Central American republics for the benefits of Wall Street. I helped purify Nicaragua for the international banking house of Brown Brothers in 1909-1912. I brought light to the Dominican Republic for American sugar interests in 1916. In China I helped to see to it that Standard Oil went its way unmolested.
1914年には私は米石油利権の為にメキシコを安全にする手助けをした。ハイチとキューバをナショナルシティーバンクの小僧達の為に快適にする手助けをした。ワォール街の為に6カ国程の中央アメリカの共和国を侵略する手助けをした。1909年~1912年の間には銀行屋のブラウン兄弟の為にニカラグアの浄化を手伝った。1916年には砂糖利権の為にドミニカ共和国に光をもたらした。中国ではスタンダードオイルが妨害されずに商売出来る事を見届ける手伝いをした。

During those years, I had, as the boys in the back room would say, a swell racket. Looking back on it, I feel that I could have given Al Capone a few hints. The best he could do was to operate his racket in three districts. I operated on three continents.
それらの年月の間私は社会を背後で操る奴等が言う様な甘い汁を吸っていた。それらの月日を振り返って見ると私はアルカポーン(有名なイタリア系マフィアだったアルカポネ)に幾つかの(その筋の商売の)ヒントを与えてしまったかもしれない様に感じるのだ。奴が精一杯出来た事は彼の詐欺を3つの地区で行う事だけであったが、私は3つの大陸で行ったのだ。



WAR IS A RACKET
戦争は詐欺だ

~ Chapter One ~
チャプターⅠ


WAR is a racket. It always has been.
戦争は詐欺だ。其れは何時もそうだった。
It is possibly the oldest, easily the most profitable, surely the most vicious. It is the only one international in scope. It is the only one in which the profits are reckoned in dollars and the losses in lives.
戦争は最も古い可能性があり、疑いなく最も利益の出る、勿論、最も残忍な物である。戦争は国際的に唯一の物である。戦争は利益がドルと死者の数で計算できる唯一の物である。

A racket is best described, I believe, as something that is not what it seems to the majority of the people. Only a small "inside" group knows what it is about. It is conducted for the benefit of the very few, at the expense of the very many. Out of war a few people make huge fortunes.
多数の人々にとってはそうは思えないかもしれないが詐欺と言う言葉が戦争を説明する為には持って来いだと私は信じている。本の少数のインサイドグループのメンバーが戦争とは何かを知っている。戦争は極少数の人の利益の為になされ、そして大多数の人々の犠牲によって為される。少数の人々が戦争から巨額の利益を得る。

"inside" group 此処での“インサイドグループ”は当然戦争を起こし、其の理由を知っている、そして利益を得る企業や株主、政治家達のことです。

In the World War a mere handful garnered the profits of the conflict. At least 21,000 new millionaires and billionaires were made in the United States during the World War. That many admitted their huge blood gains in their income tax returns. How many other war millionaires falsified their tax returns no one knows.
国際的な戦争では極少数の人々だけが利益を蓄積出来る。第一次世界大戦中、少なくとも2万1千人の新しい百万長者や億万長者が生まれた。此れだけの人数が彼等の流血による巨額の利益を連邦税の確定申告書で認めたのである。他にどれだけの戦争百万長者が税金確定申告書で偽りの報告をしたのか誰も知らない。

How many of these war millionaires shouldered a rifle? How many of them dug a trench? How many of them knew what it meant to go hungry in a rat-infested dug-out? How many of them spent sleepless, frightened nights, ducking shells and shrapnel and machine gun bullets? How many of them parried a bayonet thrust of an enemy? How many of them were wounded or killed in battle?
此れ等の戦争百万長者の中で何人が実際ライフルを担いだのか(実際に戦ったのか)?何人がトレンチ(塹壕)を掘ったのか?彼等の中で何人が鼠がうようよしているダグアウトひもじい思いをする事の意味を知っていたのだろうか?彼等の中の何人が眠る事が出来ず恐怖に怯える夜を過ごし、砲弾、砲弾の破片、機関銃弾を伏せる様にして避けた事があるのだろうか?彼等の中で何人が敵の銃剣をかわした事があるのだろうか?彼等の中で何人が負傷若しくは戦死したのだろうか?

dug-outダグアウト:最前線で丘等に掘られた天井が木材と土等で保護された地下壕。通常前線に向かって窓があり外が見られる

Out of war nations acquire additional territory, if they are victorious. They just take it. This newly acquired territory promptly is exploited by the few – the selfsame few who wrung dollars out of blood in the war. The general public shoulders the bill.
戦争の結果国家は新しい領土を得る---------若し戦勝国になれば。彼等は単に奪い取るのだ。此の新しく得られた領土は少数の人間によって直ちに搾取され----------此の同じ少数の人間が戦争の流血からドルを搾り取るのだ。そして一般の庶民が此の勘定書を払うのである。

And what is this bill?
其れで此の勘定書とは何なのだ?

This bill renders a horrible accounting. Newly placed gravestones. Mangled bodies. Shattered minds. Broken hearts and homes. Economic instability. Depression and all its attendant miseries. Back-breaking taxation for generations and generations.
此の勘定書は悲惨な情景を描写している。真新しい墓石。ズタズタにされた身体(戦傷を負った兵士)。破壊された精神。傷ついた心と破壊された家庭。不安定な経済。鬱病と其れに付随する悲劇。幾世代にも続く過剰な課税。

For a great many years, as a soldier, I had a suspicion that war was a racket; not until I retired to civil life did I fully realize it. Now that I see the international war clouds gathering, as they are today, I must face it and speak out.
本当に長期に亘って兵士として私は戦争は詐欺だと言う疑いを抱いていたが通常の市民生活に引退するまで完全には気付かなかった。国際的な戦雲が渦巻いている現在、現在の状況では私は其れに直面しそれに対し発言しなければならない。

Again they are choosing sides. France and Russia met and agreed to stand side by side. Italy and Austria hurried to make a similar agreement. Poland and Germany cast sheep's eyes at each other, forgetting for the nonce [one unique occasion], their dispute over the Polish Corridor.
再び彼等はどちらに味方するか決め様としている。フランスとロシアは会合し同盟国になる事に合意した。イタリーとオーストリアは急遽同様の合意をしようとしている。ポーランドとドイツは御互いに羊の様な眼差し(恋をしているような眼差しで)で見つめ合い(ユニークな機会ではあるが)両国のポーランド回廊の領土争いを忘れている。

The assassination of King Alexander of Jugoslavia [Yugoslavia] complicated matters. Jugoslavia and Hungary, long bitter enemies, were almost at each other's throats. Italy was ready to jump in. But France was waiting. So was Czechoslovakia. All of them are looking ahead to war. Not the people – not those who fight and pay and die – only those who foment wars and remain safely at home to profit.
ユーゴスラヴィアのアレクサンダー王の暗殺が事を複雑にした。ユーゴスラヴィアとハンガリーは長きに亘る宿敵で御互いに襲い掛かろうとしていた。イタリーは何時でも戦いに飛び込む状態であった。然し一般の市民はそうではなかった-----------戦い税金を払い死ぬ市民はそうではなかった--------戦争を醸し出し安全に家に留まり利益を得る市民だけである。

There are 40,000,000 men under arms in the world today, and our statesmen and diplomats have the temerity to say that war is not in the making.
現在世界中で4千万人の男達が兵士であり、戦争は近づいていないと我々の政治家や外交官はぬけぬけと言っている。

Hell's bells! Are these 40,000,000 men being trained to be dancers?
なんてこった!此の4千万人の男達は踊り子になる訓練を受けていると言うのだろうか?

Not in Italy, to be sure. Premier Mussolini knows what they are being trained for. He, at least, is frank enough to speak out. Only the other day, Il Duce in "International Conciliation," the publication of the Carnegie Endowment for International Peace, said:
イタリーは確実にそうでは無い。ムッソリーニ首相は彼等が何の為に訓練されているのか知っている。彼は少なくとも本当の事を言うだけ正直である。つい数日前カーネギー基金による国際平和の為の刊行物“国際的和解”でイルドゥーチェ(ムッソリーニ)はこう言った:

"And above all, Fascism, the more it considers and observes the future and the development of humanity quite apart from political considerations of the moment, believes neither in the possibility nor the utility of perpetual peace... War alone brings up to its highest tension all human energy and puts the stamp of nobility upon the people who have the courage to meet it."
『何にもましてファシズムは人類の未来と発展をその場の政治的配慮から全く離れた考慮と観察をし永遠の平和の有用性だけでなく可能性も信じない-------戦争だけが其の最高の緊張感、全ての人間のエネルギーを引き出し、そして高貴さの印を戦争に直面する勇気を持つ者に押す。』

Undoubtedly Mussolini means exactly what he says. His well-trained army, his great fleet of planes, and even his navy are ready for war – anxious for it, apparently. His recent stand at the side of Hungary in the latter's dispute with Jugoslavia showed that. And the hurried mobilization of his troops on the Austrian border after the assassination of Dollfuss showed it too. There are others in Europe too whose sabre rattling presages war, sooner or later.
ムッソリーニは疑いなく彼が口にした事を本気で考えている。ムッソリーニの良く訓練された陸軍、偉大な空軍、そして海軍までも戦争の準備が整っている-------見かけでは待ち望んでいる様である。ムッソリーニの最近のハンガリー側に立ったハンガリーとユーゴスラヴィアとの間の紛争が其れを示している。そしてドルファス(オーストリア首相エンゲルベルトドルファス)の暗殺後のオーストリア国境での素早いムッソリーニの軍隊動員も其れを示している。欧州には好戦的態度が遅かれ早かれやって来る戦争の前兆を示している奴等がいる。

Herr Hitler, with his rearming Germany and his constant demands for more and more arms, is an equal if not greater menace to peace. France only recently increased the term of military service for its youth from a year to eighteen months.
ヒットラー氏の再武装しているドイツと彼の絶え間ない止まる事を知らない武器の要求は若し平和への脅威でなければ(上記の欧州の好戦的人々と)同等である。フランスはつい最近になってフランスの若者の兵役条件を1年から18ヶ月に増やしたばかりである。

Yes, all over, nations are camping in their arms. The mad dogs of Europe are on the loose. In the Orient the maneuvering is more adroit. Back in 1904, when Russia and Japan fought, we kicked out our old friends the Russians and backed Japan. Then our very generous international bankers were financing Japan. Now the trend is to poison us against the Japanese. What does the "open door" policy to China mean to us? Our trade with China is about $90,000,000 a year. Or the Philippine Islands? We have spent about $600,000,000 in the Philippines in thirty-five years and we (our bankers and industrialists and speculators) have private investments there of less than $200,000,000.
そうなのだ。各国は武器を手に準備を始めている。欧州の狂犬達は解き放された。東洋では動きはもっと微妙である。昔、1904年にロシアと日本が戦った時我々は古い友達だったロシアを蹴り出し日本を支援した。そして我々の気前の良い国際的銀行家は日本に出資した。現在、傾向は我々を日本に対抗させる様に我々を害している。中国への“オープンドア政策”とは我々にとってどの様な意味を持つのだろうか?我々の中国との貿易は約9千万ドルである。若しくは-----フィリピン諸島は如何だろうか?我々は35年間でフィリピンに約6億ドルを支出している。そして我々(我々の銀行家、実業家、投機家)の民間投資は2億ドルに達していない。

Then, to save that China trade of about $90,000,000, or to protect these private investments of less than $200,000,000 in the Philippines, we would be all stirred up to hate Japan and go to war – a war that might well cost us tens of billions of dollars, hundreds of thousands of lives of Americans, and many more hundreds of thousands of physically maimed and mentally unbalanced men.
そこで、約9千万ドルの中国貿易を救う為、若しくは2億ドル未満のフィリピンへの民間投資を守る為我々全ては日本を憎む様に熱狂させられ------其の戦争は何十億ドルもの費用と何百何千ものアメリカ人の命、そして又其れ以上の何百何千もの身体がズタズタにされ精神的に不安定な男達の犠牲と言う費用が必要かもしれない。

Of course, for this loss, there would be a compensating profit – fortunes would be made. Millions and billions of dollars would be piled up. By a few. Munitions makers. Bankers. Ship builders. Manufacturers. Meat packers. Speculators. They would fare well.
勿論、此の損失には其れを補う利益が存在する---------大金が稼ぎ出されるのだ。何百万ドル何十億ドルもの金が山積みされるのである。少数の人間によってである。弾薬製造業、銀行家、造船業、製造業、食肉加工業、投機家。彼等は上首尾である。

Yes, they are getting ready for another war. Why shouldn't they? It pays high dividends.
そうだ。彼等は次の戦争の準備をしているのだ。如何して彼等がそうしないで居られるのだろうか?戦争は高額の配当金を生み出すのだ。

But what does it profit the men who are killed? What does it profit their mothers and sisters, their wives and their sweethearts? What does it profit their children?
だが殺された男達には戦争はどんな利益をもたらすのだろうか?戦争は其の男達の母親と姉妹、妻達、そして彼らの恋人達の為にどんな利益をもたらすのだろうか?戦争は彼等の子供達の為にどんな利益をもたらすのだろうか?

What does it profit anyone except the very few to whom war means huge profits?
戦争が巨額の利益と同じ意味になる極少数の人間の他に戦争は一体誰にどんな利益を生み出すのだろうか?

Yes, and what does it profit the nation?
そうだ。そして戦争は国家にとってどんな利益を生み出すのだろうか?

Take our own case. Until 1898 we didn't own a bit of territory outside the mainland of North America. At that time our national debt was a little more than $1,000,000,000. Then we became "internationally minded." We forgot, or shunted aside, the advice of the Father of our country. We forgot George Washington's warning about "entangling alliances." We went to war. We acquired outside territory. At the end of the World War period, as a direct result of our fiddling in international affairs, our national debt had jumped to over $25,000,000,000. Our total favorable trade balance during the twenty-five-year period was about $24,000,000,000. Therefore, on a purely bookkeeping basis, we ran a little behind year for year, and that foreign trade might well have been ours without the wars.
我々自身の例を見てみよう。1898年までには我々は北米本土以外では何処にも領土を持って居なかった。当時我々の国家負債は10億ドルを少し超えていただけだったが、其処で我々は国際的に物事を考える様になってしまった。我々は建国の父のアドヴァイスを忘れたか脇に押し退けてしまったのである。我々はジョージワシントンの“複雑にこんがらがった同盟”についての警告を忘れてしまったのだ。我々は戦争を始めてしまった。我々は外に領土を獲得し、第一次世界大戦終了時には国際情勢を玩んだ直接の結果として我々の国家負債は250億ドルに飛び上がってしまった。25年間の我々の貿易収支の黒字全体は約240億ドルだった。と言う理由で単に簿記と言う観点からは我々は毎年少し赤字である。そして国際貿易は戦争をしなければ我々の物だったかもしれない。

It would have been far cheaper (not to say safer) for the average American who pays the bills to stay out of foreign entanglements. For a very few this racket, like bootlegging and other underworld rackets, brings fancy profits, but the cost of operations is always transferred to the people – who do not profit.
国際的ないざこざを避ける為に勘定を払う方が一般のアメリカ人にとっては非常に安く付く(安全である事は言うまでもない)筈だった。極少人数の人間にとって此の詐欺(戦争)は酒の密造や他の闇の世界の詐欺行為の様に素敵な利益をもたらすが、其の遂行の為の費用は戦争によって利益を得ない人々(庶民)に押し付けられる。

~ Chapter Two ~
チャプターⅡ

WHO MAKES THE PROFITS?
誰が利益を得るのか?


The World War, rather our brief participation in it, has cost the United States some $52,000,000,000. Figure it out. That means $400 to every American man, woman, and child. And we haven't paid the debt yet. We are paying it, our children will pay it, and our children's children probably still will be paying the cost of that war.
一寸短いとも思える第一次世界大戦への我々の参加は米合衆国に520億ドルの費用をもたらした。考えてみろ!全てのアメリカの男、女、そして子供一人当たり400ドルと言う事に其れはなる。そして我々は其の負債を未だ払っていない。我々は払っている。我々の子供達も払うだろう。そして我々の子供達の子供達も恐らくあの戦争の費用を払うのだろう。

The normal profits of a business concern in the United States are six, eight, ten, and sometimes twelve percent. But war-time profits – ah! that is another matter – twenty, sixty, one hundred, three hundred, and even eighteen hundred per cent – the sky is the limit. All that traffic will bear. Uncle Sam has the money. Let's get it.
合衆国のビジネスコンサーンの普通の利益は6、8、10、そして時には12%である。然し戦時下での利益は------アー!其れは全く違った話だ-------20、60、100、300,そして1800%にもなる------青天井である。可能なだけ要求する。合衆国政府が金を持っている。取ってやろうぜ。

Of course, it isn't put that crudely in war time. It is dressed into speeches about patriotism, love of country, and "we must all put our shoulders to the wheel," but the profits jump and leap and skyrocket – and are safely pocketed. Let's just take a few examples:
勿論戦時にはそんな下品なやり方はしない。其れは愛国主義、愛国心、そして“全員が協力しなければならない”等の演説の衣装を着せられるが、利益は跳ね上がり、飛び上がりそしてロケットの様に空に届くほど高くなり--------------そして安全に誰かのポケットに入ってしまう。一寸幾つかの例を見てみよう。

Take our friends the du Ponts, the powder people – didn't one of them testify before a Senate committee recently that their powder won the war? Or saved the world for democracy? Or something? How did they do in the war? They were a patriotic corporation. Well, the average earnings of the du Ponts for the period 1910 to 1914 were $6,000,000 a year. It wasn't much, but the du Ponts managed to get along on it. Now let's look at their average yearly profit during the war years, 1914 to 1918. Fifty-eight million dollars a year profit we find! Nearly ten times that of normal times, and the profits of normal times were pretty good. An increase in profits of more than 950 per cent.
私達の友達デュポン、火薬家族だ-----奴らの一人が上院の委員会で奴等の火薬が戦争を勝利に導いたと最近証言しなかったかい?とか世界を民主主義の為に救っただとか?何とか?戦争中に奴等は如何だったのか?奴等は愛国的企業だった。然し1910年~1914年間のデュポンの平均収益は年間6百万ドルだった。其れほどの収益ではなかったが其れでもデュポンは何とか満足していた。さあ今度はデュポンの戦時下の1914年1918年間の年間平均収益を見てみよう。年間の利益は5千8百万ドルである事が理解される!殆ど平時の10倍で平時の利益は結構良かったのである。利益の増加は950%以上なのである。

Take one of our little steel companies that patriotically shunted aside the making of rails and girders and bridges to manufacture war materials. Well, their 1910-1914 yearly earnings averaged $6,000,000. Then came the war. And, like loyal citizens, Bethlehem Steel promptly turned to munitions making. Did their profits jump – or did they let Uncle Sam in for a bargain? Well, their 1914-1918 average was $49,000,000 a year!
愛国的に戦争の為の物資を生産する為にレールや橋桁や橋を作る事を止した小さな鉄鋼会社の一つを取って見よう。其れで-----1910年~1914年間の年間平均収益は6百万ドルであった------------が戦争が始まった。そして忠実な市民の様にベツレヘムスチールは即急に軍需品製造を始めた。奴等の利益は跳ね上がったのか--------若しくは奴等は政府に値段の交渉を許したのだろうか?如何だろう----------やつらの1914年~1918年間の平均は4千9百万ドルだった。

Or, let's take United States Steel. The normal earnings during the five-year period prior to the war were $105,000,000 a year. Not bad. Then along came the war and up went the profits. The average yearly profit for the period 1914-1918 was $240,000,000. Not bad.
若しくはユナイテッドステイツススチールを見てみよう。戦争以前の5年間の通常の利益は1億5百万ドルだった。そんなに悪くない。其処で戦争が始まり利益も上がってしまった。1914年1918年間の平均年収は2億で4千万ドルだった。悪くない。

There you have some of the steel and powder earnings. Let's look at something else. A little copper, perhaps. That always does well in war times.
此れで君達は幾つかの鉄鋼会社と火薬会社の収益を知った事になる。じゃあ他の何かを見てみよう。一寸銅何かは如何だろう?戦時下では銅は何時も利益になる。

Anaconda, for instance. Average yearly earnings during the pre-war years 1910-1914 of $10,000,000. During the war years 1914-1918 profits leaped to $34,000,000 per year.
例えばアナコンダを取り上げて見よう。戦前の1910年~1914年間の平均年間収益は1千万ドルだった。戦時中の1914年~1918年間の利益は年間3千4百万ドルに跳び上がった。

Or Utah Copper. Average of $5,000,000 per year during the 1910-1914 period. Jumped to an average of $21,000,000 yearly profits for the war period.
Let's group these five, with three smaller companies. The total yearly average profits of the pre-war period 1910-1914 were $137,480,000. Then along came the war. The average yearly profits for this group skyrocketed to $408,300,000.
それではユタカッパーは?ユタカッパーの1910年~1914年間の年間平均収益は5百万ドルだった。戦時下では年間平均収益は2千百万ドルに跳び上がった。
此の5社と3社の小規模企業を一つのグループにしてみよう。戦前の此のグループの全体平均年間収益は1億3千7百48万ドルだった。そこで戦争になってしまった。此のグループの平均年間収益は4億8百30万ドルとロケットの様に跳び上がってしまった。

A little increase in profits of approximately 200 per cent.
200%と言う一寸した増収である。

Does war pay? It paid them. But they aren't the only ones. There are still others. Let's take leather.
戦争は利益になるのか?彼等にとってはそうだ。然し彼等だけじゃない。他にも戦争で利益を上げる奴等がいるのだ。皮革業界を見てみよう。

For the three-year period before the war the total profits of Central Leather Company were $3,500,000. That was approximately $1,167,000 a year. Well, in 1916 Central Leather returned a profit of $15,000,000, a small increase of 1,100 per cent. That's all. The General Chemical Company averaged a profit for the three years before the war of a little over $800,000 a year. Came the war, and the profits jumped to $12,000,000. a leap of 1,400 per cent.
セントラルレザーカンパニーの戦前の3年間の総収益は3百50万ドルだった。其れは年間約1百16万7千ドルだった。処が1916年のセントラルレザーカンパニーの利益は1千5百万ドルで1100%と言う一寸した増収であった。唯それだけだった。ジェネラルケミカルカンパニーの戦前の3年間の年間平均収益は80万ドルより一寸多い位だった。そして戦争が始まり利益は1千2百万ドルに跳ね上がった。1400%と言う極端な増益である。

International Nickel Company – and you can't have a war without nickel – showed an increase in profits from a mere average of $4,000,000 a year to $73,000,000 yearly. Not bad? An increase of more than 1,700 per cent.
インターナショナルニッケルカンパニー-------そしてニッケル無しで戦争は戦えない-----は年間平均4百万ドルから7千3百万ドルへの利益の増加を見せている。悪くないだろう!1700%以上の増加だ。

American Sugar Refining Company averaged $2,000,000 a year for the three years before the war. In 1916 a profit of $6,000,000 was recorded.
アメリカ砂糖精製会社は戦争の3年前の年間平均収益は2百万ドルだった。1916年6百万ドルの利益が記録された。

Listen to Senate Document No. 259. The Sixty-Fifth Congress, reporting on corporate earnings and government revenues. Considering the profits of 122 meat packers, 153 cotton manufacturers, 299 garment makers, 49 steel plants, and 340 coal producers during the war. Profits under 25 per cent were exceptional. For instance the coal companies made between 100 per cent and 7,856 per cent on their capital stock during the war. The Chicago packers doubled and tripled their earnings.
上院の記録No.259に耳を傾けて見よう。第65回議会が企業収益と政府歳入について報告している。戦時下の122社の食肉加工処理会社、153社の木綿製造会社、299社の衣料会社、49社の鉄鋼業者、そして340社の炭鉱会社の収益を考慮している。25%以下の利益は例外である。例えば炭鉱会社は100%~7856%の利益を株式資本金によって戦時中に上げた。シカゴの食肉加工処理会社は彼等の収益を2倍3倍にした。

And let us not forget the bankers who financed the great war. If anyone had the cream of the profits it was the bankers. Being partnerships rather than incorporated organizations, they do not have to report to stockholders. And their profits were as secret as they were immense. How the bankers made their millions and their billions I do not know, because those little secrets never become public – even before a Senate investigatory body.
偉大な戦い(第一次世界大戦)に資金調達した銀行家達を忘れてはいけない。若し最高の美味い汁を吸った奴が居るとしたら其れは銀行家達だ。合法的法人組織ではなく共同経営(合名会社?)と言う事で銀行は株主達に報告の義務がない。そして彼等の利益は膨大であると同時に秘密である。銀行家達がどの様にして彼等の何百万ドル何億ドルと言う利益を上げたのか私は知らない。何故ならそれらの小さな秘密は公にはならいからである-------上院の調査委員会の前でもである。

But here's how some of the other patriotic industrialists and speculators chiseled their way into war profits.
然し、他の幾つかの愛国的企業家達と投機家達の戦争から利益える詐欺の方法を此処に御見せしよう。

Take the shoe people. They like war. It brings business with abnormal profits. They made huge profits on sales abroad to our allies. Perhaps, like the munitions manufacturers and armament makers, they also sold to the enemy. For a dollar is a dollar whether it comes from Germany or from France. But they did well by Uncle Sam too. For instance, they sold Uncle Sam 35,000,000 pairs of hobnailed service shoes. There were 4,000,000 soldiers. Eight pairs, and more, to a soldier. My regiment during the war had only one pair to a soldier. Some of these shoes probably are still in existence. They were good shoes. But when the war was over Uncle Sam has a matter of 25,000,000 pairs left over. Bought – and paid for. Profits recorded and pocketed.
例えば靴屋を見てみよう。奴等は戦争が好きだ。戦争は彼等にアブノーマルな利益をもたらす。奴等は外国の我々の同盟国へ靴を売る事で大儲けをした。恐らく軍需品製造業者と兵器製造業者と同様だろう、そして奴等は敵国へも売った。ドイツから来ようともフランスから来ようともドル紙幣はドル紙幣なのだからだ。然し奴等はアンクルサム(サム叔父さん。米政府の事)とも上手くやった。例えば奴等は靴底に釘を打った軍靴を3千5百万足をアンクルサムに売りつけたが兵士の人数は4百万人なのである。一人の兵士に8足の軍靴か其れ以上なのである。戦時中私の連隊では一人の兵士に僅か1足の軍靴しか持って居なかった。此れ等の軍靴のある部分は未だに何処かに存在しているのだろう。それらは良い軍靴だった。然し戦争が終わった後アンクルサムには2千5百万足の軍靴の残り物と言う事実が存在し、それらは購入されそして支払い済みである。利益は記録されそして誰かの懐に入れられたのである。

There was still lots of leather left. So the leather people sold your Uncle Sam hundreds of thousands of McClellan saddles for the cavalry. But there wasn't any American cavalry overseas! Somebody had to get rid of this leather, however. Somebody had to make a profit in it – so we had a lot of McClellan saddles. And we probably have those yet.
レザー(皮革)が未だ多く残っていた。其処で皮革関係業界はアンクルサムに何十万ものマックリーラン型の鞍を米陸軍騎兵隊に売りつけたのだが、然し(問題は)海外には米陸軍騎兵隊は全く派兵されていなかった!にも拘らず誰かが有り余っているレザーを片付けなければならなかった。誰かが有り余っているレザーを片付ける事によって利益を得なければならなかった。だから我々は多くのマックリーラン型の鞍を持たされる羽目になったのだ。そして未だに我々はマックリーラン型の鞍を何処かに(軍の倉庫)保管しているのだ。

Also somebody had a lot of mosquito netting. They sold your Uncle Sam 20,000,000 mosquito nets for the use of the soldiers overseas. I suppose the boys were expected to put it over them as they tried to sleep in muddy trenches – one hand scratching cooties on their backs and the other making passes at scurrying rats. Well, not one of these mosquito nets ever got to France!
其れから誰かが蚊帳(モスキートネット)を有り余るほど持っていた。そこで奴等は君達のアンクルサムに海外に派遣されている米兵士が使用する為に2千万の蚊帳を売りつけた。私の想像では兵士達は泥沼の塹壕で眠る努力をする為に此の蚊帳を被る筈だった-------一つの手は背中のダニを掻きながらもう一方の手は鼠を脅して追い散らしながら。処が此れ等のたった一つの蚊帳もフランスには到達しなかった!

Anyhow, these thoughtful manufacturers wanted to make sure that no soldier would be without his mosquito net, so 40,000,000 additional yards of mosquito netting were sold to Uncle Sam.
兎にも角にも、此れ等の思慮深い製造業者達は唯一人の兵士も蚊帳を持たない事がない様に念を入れたのだった。だから4千万ヤードの追加された蚊帳がアンクルサムに売り渡されたのだった。

There were pretty good profits in mosquito netting in those days, even if there were no mosquitoes in France. I suppose, if the war had lasted just a little longer, the enterprising mosquito netting manufacturers would have sold your Uncle Sam a couple of consignments of mosquitoes to plant in France so that more mosquito netting would be in order.
当時、蚊帳業界ではかなり良い利益があった---------フランスには蚊が居なかったのにも拘らず!私の想像では若し戦争がもう少し長引いていたら此の事業的蚊帳製造業者達はもっと多くの蚊帳の注文の為フランスに蚊を送り込む幾件かの委託販売をアンクルサムにしていたのであろう。

Airplane and engine manufacturers felt they, too, should get their just profits out of this war. Why not? Everybody else was getting theirs. So $1,000,000,000 – count them if you live long enough – was spent by Uncle Sam in building airplane engines that never left the ground! Not one plane, or motor, out of the billion dollars worth ordered, ever got into a battle in France. Just the same the manufacturers made their little profit of 30, 100, or perhaps 300 per cent.
飛行機とエンジン製造業者達も此の戦争から正当な彼等の利益を受けるべきだと感じたのだった。当然だろう!?誰もが利益を得ているのだから。と言う事で10億ドル------此の大金を数える事が出来るだけ長生き出来るならして下さい-------がアンクルサムによって飛行機のエンジンを製造する為に送られたのだが、それらのエンジンは地上を離れなかった。10億ドルで注文された一機の飛行機、若しくはモーターもフランスの戦場には到達しなかった。唯、同じ製造業者達が奴等の細々とした利益3万百ドル(3百1万ドルの間違い?)若しくは300%の利益を得たのだった。

Undershirts for soldiers cost 14¢ [cents] to make and uncle Sam paid 30¢ to 40¢ each for them – a nice little profit for the undershirt manufacturer. And the stocking manufacturer and the uniform manufacturers and the cap manufacturers and the steel helmet manufacturers – all got theirs.
兵士の為の下着シャツは製造に14セントの費用が掛かりアンクルサムは其の下着一つ一つの為に30セントから40セント支払った-----------下着製造業者には一寸した泡銭だった。そしてストッキング製造業者、制服製造業者、帽子製造業者、鉄兜製造業者、全てが奴等の利益を得た。

Why, when the war was over some 4,000,000 sets of equipment – knapsacks and the things that go to fill them – crammed warehouses on this side. Now they are being scrapped because the regulations have changed the contents. But the manufacturers collected their wartime profits on them – and they will do it all over again the next time.
何故なら戦争が終わった時ナップサックと其れに入る色々な道具である4百万セットの装備が此方側(大西洋を挟んでアメリカ側)の倉庫に詰め込まれていたのだった。そして現在軍の規則がナップサックの内容を変えた為これ等はスクラップにされるのである。然し製造業者達は其れによって戦時下の利益を既に得ていた-----------そして奴等は次の機会には同じ事を又繰り返すのだ。

There were lots of brilliant ideas for profit making during the war.
戦時中多くの素晴らしい利益を上げるアイデアが存在した。

One very versatile patriot sold Uncle Sam twelve dozen 48-inch wrenches. Oh, they were very nice wrenches. The only trouble was that there was only one nut ever made that was large enough for these wrenches. That is the one that holds the turbines at Niagara Falls. Well, after Uncle Sam had bought them and the manufacturer had pocketed the profit, the wrenches were put on freight cars and shunted all around the United States in an effort to find a use for them. When the Armistice was signed it was indeed a sad blow to the wrench manufacturer. He was just about to make some nuts to fit the wrenches. Then he planned to sell these, too, to your Uncle Sam.
一人の非常に器用な愛国者はアンクルサムに12ダースの48インチレンチを売りつけたのだった。勿論、それらは非常に素晴らしいレンチだったよ!唯一つの問題は此のレンチが必要なだけの大きさのナット(六角形の留めネジ)はたった一つだけ製造されただけだった。此のネジはナイアガラの滝の(水力発電所の)タービンを押さえているネジである。兎に角、アンクルサムが此れ等のレンチを購入し製造業者が利益をポケットに入れた後此れ等のレンチは貨物列車に載せられて使い道を探す努力の為にアメリカ中を引き回されたのだった。停戦条約が結ばれた時は此のレンチ製造業者にとっては悲しい衝撃だった。何故なら奴はもう少しで此のレンチのサイズに合うナットを製造する筈だったからである。其の後(勿論)それらのナットを売る計画でもあったのだ---------君達のアンクルサムへだよ!

Still another had the brilliant idea that colonels shouldn't ride in automobiles, nor should they even ride on horseback. One has probably seen a picture of Andy Jackson riding in a buckboard. Well, some 6,000 buckboards were sold to Uncle Sam for the use of colonels! Not one of them was used. But the buckboard manufacturer got his war profit.
まだまだ此の外にも大佐達は自動車だけでなく馬にも乗っていけないと言う素晴らしいアイデアを持っている奴が居たのだった。こいつは恐らくアンディージャックソン(アンドリュージャックソン?)が4輪馬車に乗っている写真を見たんだろう。其れで6千台の4輪馬車が大佐達が乗る為にアンクルサムに売りつけられたのだった!唯一台の馬車も利用されなかった!然し馬車製造業者は奴の戦時下の利益をポケットに入れたのだった。

The shipbuilders felt they should come in on some of it, too. They built a lot of ships that made a lot of profit. More than $3,000,000,000 worth. Some of the ships were all right. But $635,000,000 worth of them were made of wood and wouldn't float! The seams opened up – and they sank. We paid for them, though. And somebody pocketed the profits.
造船業者も此の仲間に加わるべきだと感じたのだった。奴等も大きな利益を出した多くの船を製造した。其れは30億ドル以上だった。幾つかの船は大丈夫だったが、6億3千5百万ドル分の船は木製でそれらは浮かばなかった!継ぎ目が開き沈没したのだった。でも我々は其のガラクタに金を払ったんだ。そして誰かが利益をポケットに入れたのだった。

It has been estimated by statisticians and economists and researchers that the war cost your Uncle Sam $52,000,000,000. Of this sum, $39,000,000,000 was expended in the actual war itself. This expenditure yielded $16,000,000,000 in profits. That is how the 21,000 billionaires and millionaires got that way. This $16,000,000,000 profits is not to be sneezed at. It is quite a tidy sum. And it went to a very few.
統計学者、経済学者、研究者達によって此の戦争は君達のアンクルサムに520億ドルの費用が掛かったと見積もられている。此のがくの中で390億ドルは実際の戦争の為に使われた。此の経費は160億ドルの利益を出したのだった。この様に2万1千人の億長者と百万長者が生まれたのだった。此の160億ドルの利益は馬鹿にできない。かなりの額なのだ。そして此の利益はホンの少数の人間のポケットに入ってしまったのだ。

The Senate (Nye) committee probe of the munitions industry and its wartime profits, despite its sensational disclosures, hardly has scratched the surface.
上院(ナイ議員の)委員会の軍需業界と戦時下の利益の調査のセンセーショナルな公開にも拘らず其れは問題の表面を引っ掻くにも足りないものだった。

Even so, it has had some effect. The State Department has been studying "for some time" methods of keeping out of war. The War Department suddenly decides it has a wonderful plan to spring. The Administration names a committee – with the War and Navy Departments ably represented under the chairmanship of a Wall Street speculator – to limit profits in war time. To what extent isn't suggested. Hmmm. Possibly the profits of 300 and 600 and 1,600 per cent of those who turned blood into gold in the World War would be limited to some smaller figure.
其れでも或る程度の効果はあった。国務省は暫くの間戦争から利益を排除する手段を研究している。戦争省(現在国防省と呼ばれている)は突然其れを開始する事は素晴らしい計画だと結論を下した。政府は或る委員会を-----------戦争と海軍省はワォールストリートの投機家を委員長とし巧みに紹介し----------戦時下での利益の上限を定める為に選んだ。どれ程の金額まで示されていないのか?恐らく世界大戦で血をゴールドに変えた奴等の300%そして600%そして1600%の利益が或る低い数字に抑えられると言うのだろう。

Apparently, however, the plan does not call for any limitation of losses – that is, the losses of those who fight the war. As far as I have been able to ascertain there is nothing in the scheme to limit a soldier to the loss of but one eye, or one arm, or to limit his wounds to one or two or three. Or to limit the loss of life.
然しながら、此の計画(戦時下での利益を抑える計画)では損失を抑えると言う事については提唱していない様に見受けられる-----------その損失とは戦争で戦った者の損失である。私が確認出来た範囲では此の企みでは片目だけ若しくは片腕、若しくは傷を一箇所若しくは2箇所。3箇所だけと限定する様な事は含まれて居ない。若しくは死者の数を限定する事も------------。

There is nothing in this scheme, apparently, that says not more than 12 per cent of a regiment shall be wounded in battle, or that not more than 7 per cent in a division shall be killed.
此の企みには連隊の12%以上は戦場で戦傷を負ってはいけないとか師団の7%以上は戦死してはならない等の様な事は全く含まれてはいない様に見受けられる。

Of course, the committee cannot be bothered with such trifling matters.
勿論、委員会は疎の様な詰まらない事に係わってはいられないのだ。

~ Chapter Three ~
チャプターⅢ


WHO PAYS THE BILLS?
誰が勘定を払うのか?


Who provides the profits – these nice little profits of 20, 100, 300, 1,500 and 1,800 per cent? We all pay them – in taxation. We paid the bankers their profits when we bought Liberty Bonds at $100.00 and sold them back at $84 or $86 to the bankers. These bankers collected $100 plus. It was a simple manipulation. The bankers control the security marts. It was easy for them to depress the price of these bonds. Then all of us – the people – got frightened and sold the bonds at $84 or $86. The bankers bought them. Then these same bankers stimulated a boom and government bonds went to par – and above. Then the bankers collected their profits.
誰が此の一寸した素敵な20%100%300%1500%そして1800%の利益を提供するのだろうか?我々皆が払うのだ--------税金と言う形で!!!我々が銀行屋からリバティーボンド(戦時中に政府によって発効された公債)を100ドルで買い其の同じリバティーボンドを銀行屋に84ドル若しくは86ドルで売った時に我々は銀行屋に奴等の利益を払ったんだ。此れ等の銀行屋たちは100ドルの上に利益を得たのだ。其れは単純な操作だった。銀行屋は証券市場を支配している。公債の値段を低くする事は奴等にとって簡単な事だった。そして我々皆----国民-----は震え上がり(彼等が100ドル出した)公債を84ドル若しくは86ドルで売ってしまったのだ!同じ銀行屋が其れを買い戻したのだ!其の後、同じ銀行屋達市場を刺激して好景気を作り出し政府公債の価値は膨れ上がり、そうして銀行屋達は利益を掻き集めたのだった。

But the soldier pays the biggest part of the bill.
然し兵士達は勘定の最も大きな部分を支払うのである。

If you don't believe this, visit the American cemeteries on the battlefields abroad. Or visit any of the veteran's hospitals in the United States. On a tour of the country, in the midst of which I am at the time of this writing, I have visited eighteen government hospitals for veterans. In them are a total of about 50,000 destroyed men – men who were the pick of the nation eighteen years ago. The very able chief surgeon at the government hospital; at Milwaukee, where there are 3,800 of the living dead, told me that mortality among veterans is three times as great as among those who stayed at home.
若し君が此の話を信じないのなら海外にある米国の墓地を訪れて見れば良い。其れとも合衆国内の退役軍人病院のどれでも訪れてみるが良い。此のパンフレットを書いていた最中で国内を巡回している間に私は18ヶ所の政府の退役軍人病院を訪問した。此の18ヶ所の病院には約5万人の廃人が収容されていた---------18年前(第一次世界大戦時)に国家の代表として選ばれた男達だった。3800人の廃人を収容するミルワォーキーの政府病院の有能な外科医主任は退役軍人の死亡率は国内に留まった者の3倍ほど高いと私に語った。

Boys with a normal viewpoint were taken out of the fields and offices and factories and classrooms and put into the ranks. There they were remolded; they were made over; they were made to "about face"; to regard murder as the order of the day. They were put shoulder to shoulder and, through mass psychology, they were entirely changed. We used them for a couple of years and trained them to think nothing at all of killing or of being killed.
平常な視力の若い男性達は農場、事務所、工場そして学校の教室から引っこ抜かれて部隊に入れられてしまった。そこで彼等は新しい型に嵌められ新しく作り変えられ、そして彼等は殺人として受け留められている当時の命令に直面する様に作り変えられたのだった。彼等は集団にされ群集心理を通して全く変えられてしまったのだ。我々は彼等を数年間の間利用し、殺したり殺されたりする事について何も考えない様に訓練されたのだった。

Then, suddenly, we discharged them and told them to make another "about face" ! This time they had to do their own readjustment, sans [without] mass psychology, sans officers' aid and advice and sans nation-wide propaganda. We didn't need them any more. So we scattered them about without any "three-minute" or "Liberty Loan" speeches or parades. Many, too many, of these fine young boys are eventually destroyed, mentally, because they could not make that final "about face" alone.
そして、突然我々は彼等を兵役から解除し新たな“人格改造”をしろと彼等に言った!今回は彼等は彼等自身の再調整を集団心理無しに、将校と助けと助言と国家の幅広いプロパガンダ無しにしなければならなかった。我々はこれ以上彼等を必要としなくなったのだ。と言う訳で我々は"3分間"若しくは"リバティーローン(政府からの戦時中の経済的援助?)”についての演説やパレード無しに彼等を国中に解放してしまった。多くの、多すぎる位の此れ等の素晴らしい若者達は最終的には精神的に廃人となってしまった。何故なら彼等は最後の精神的変化(社会への再順応)を(誰の助けもなく)一人でする事が出来なかったからだ。

In the government hospital in Marion, Indiana, 1,800 of these boys are in pens! Five hundred of them in a barracks with steel bars and wires all around outside the buildings and on the porches. These already have been mentally destroyed. These boys don't even look like human beings. Oh, the looks on their faces! Physically, they are in good shape; mentally, they are gone.
インディアナ州のマリオンにある政府の病院では1800人のこの様な元兵士達が小屋に入れられている!彼等の中の500人が建物とポーチが鉄柵と鉄の網で囲まれたバラックに収容されている。此れ等の下兵士達は既に精神的に廃人となってしまっている。此れ等の元兵士達は人間の様にはもう見えなくなっている。嗚呼!彼等の顔の表情!肉体的には彼等は良い状態なのだが精神的には元の彼等ではなくなっている。

There are thousands and thousands of these cases, and more and more are coming in all the time. The tremendous excitement of the war, the sudden cutting off of that excitement – the young boys couldn't stand it.
何千ものこの様なケースが存在し、徐々に膨れ上がる此れ等の被害者達が常に増えている。信じられない様な戦争の興奮、そして突然戦争の興奮を彼等から取り上げてしまうと-----------若者達は正常心を失ってしまったのだ。

That's a part of the bill. So much for the dead – they have paid their part of the war profits. So much for the mentally and physically wounded – they are paying now their share of the war profits. But the others paid, too – they paid with heartbreaks when they tore themselves away from their firesides and their families to don the uniform of Uncle Sam – on which a profit had been made. They paid another part in the training camps where they were regimented and drilled while others took their jobs and their places in the lives of their communities. The paid for it in the trenches where they shot and were shot; where they were hungry for days at a time; where they slept in the mud and the cold and in the rain – with the moans and shrieks of the dying for a horrible lullaby.
此れが戦争の勘定の一部なのだ。戦死者も彼等の払うべき戦争の利益の為に(犠牲を)払ったのだ其れだけが彼等の犠牲と引き換えに得たものだった。精神的に肉体的に傷ついた者に付いても同様で未だに彼等の払うべき戦争の利益の為に今尚払っている。然し他の人々も(犠牲を)払ったのだ---------‐彼等が既に(何処かの制服製造業者によって)利益が出された米軍の制服を着る為に友達から、家族から別れる事によって払ったのだ。彼等は軍事訓練所で軍隊化され訓練を受けている間に彼等の住んでいたコミュニティーでの仕事や地位を誰かよそ者によって取って代られると言う事で又別の犠牲を払ったのである。彼等は死に掛かっている兵士の呻きと叫びの子守唄と共に撃ったり撃たれたりし、昼夜飢えを感じ、寒さと雨に降られる泥の中で眠った塹壕で犠牲を支払ったのだ。

But don't forget – the soldier paid part of the dollars and cents bill too.
然し忘れてはいけない兵士達はドルやセントでの勘定の一部も払ったのだ。

Up to and including the Spanish-American War, we had a prize system, and soldiers and sailors fought for money. During the Civil War they were paid bonuses, in many instances, before they went into service. The government, or states, paid as high as $1,200 for an enlistment. In the Spanish-American War they gave prize money. When we captured any vessels, the soldiers all got their share – at least, they were supposed to. Then it was found that we could reduce the cost of wars by taking all the prize money and keeping it, but conscripting [drafting] the soldier anyway. Then soldiers couldn't bargain for their labor, Everyone else could bargain, but the soldier couldn't.
米西戦争も含めた頃まで我々は報奨制度が存在し兵士と水兵は金銭的報奨の為に戦った。南北戦争時には兵士達にはボーナスが払われた。かなり多くの場合彼等が戦場に向かう前に支払われた。政府、若しくは州は最高1200ドルまで入隊志願者に支払った。米西戦争時には報奨金が支払われた。船舶を拿捕した時には、少なくとも兵士達全員が彼等の分け前を得た。其れは当然の事であった。然し、其の後報奨金を無くし保管する事で戦争の費用を少なく出来る事が理解されたにも拘らず兵士は徴兵された。そして兵士達は彼等の労働について交渉出来なくなった。兵士以外誰でも交渉する事が可能だったにも拘らず兵士は出来なくなった。

Napoleon once said,
"All men are enamored of decorations...they positively hunger for them."
『全ての男達は勲章に魅了されている彼等は積極的に勲章を欲求する。』とナポレオンは言った。

So by developing the Napoleonic system – the medal business – the government learned it could get soldiers for less money, because the boys liked to be decorated. Until the Civil War there were no medals. Then the Congressional Medal of Honor was handed out. It made enlistments easier. After the Civil War no new medals were issued until the Spanish-American War.
と言う事でナポレオンの方法------勲章を与える行為-----を発展する事で政府はより少ない金額で兵士を雇える事を習った。何故なら兵士達は勲章を受ける事が好きだからだ。南北戦争まで勲章は存在しなかった。然し其の後、議会による栄誉勲章が与えられる様になった。其れによって徴兵が簡単に出来る様になった。南北戦争後新しい種類の勲章は米西戦争まで与えられなかった。

In the World War, we used propaganda to make the boys accept conscription. They were made to feel ashamed if they didn't join the army.
第一次世界大戦では我々は若者達に徴兵を受け入れさせる為にプロパガンダを利用した。若し彼等が陸軍に参加しなければ恥ずかしく感じる様に(プロパガンダで)彼等は作り変えられた。

So vicious was this war propaganda that even God was brought into it. With few exceptions our clergymen joined in the clamor to kill, kill, kill. To kill the Germans. God is on our side...it is His will that the Germans be killed.
此のプロパガンダは神が利用される程性質が悪かった。聖職者達の数人の例外以外は殺せ!殺せ!殺せ!の叫びに参加したのだった。ドイツ人を殺す為に神は我々の味方だ。ドイツ人が殺されるのは神の意志なのだ!

And in Germany, the good pastors called upon the Germans to kill the allies...to please the same God. That was a part of the general propaganda, built up to make people war conscious and murder conscious.
そしてドイツでは善良な牧師達がドイツ人に英米仏同盟国の兵士を殺せと呼びかけた-----同じ神を満足させる為に。其れは市民を好戦的にそして血に飢えた状態にさせる一般的なプロパガンダの一部であった。

Beautiful ideals were painted for our boys who were sent out to die. This was the "war to end all wars." This was the "war to make the world safe for democracy." No one mentioned to them, as they marched away, that their going and their dying would mean huge war profits. No one told these American soldiers that they might be shot down by bullets made by their own brothers here. No one told them that the ships on which they were going to cross might be torpedoed by submarines built with United States patents. They were just told it was to be a "glorious adventure."
戦場に死ぬ為に送り出される兵士達の為に美しい理想像が描かれた。此れは“全ての戦争に終結をつける”為の戦争であった。此れは“民主主義の為に世界を安全にする”戦争だった。兵士達が戦場に向かって行進している時に彼等の参戦と死は巨大な戦争による利益と言う意味であると誰も彼等に説明しなかったのだ。アメリカの兵士達は彼等の兄弟によってアメリカで生産された銃弾によって撃ち殺されるかもしれないと此れ等のアメリカの兵士達に誰も説明しなかったのだ。アメリカの兵士達が大西洋を渡る為に載っていく船が米合衆国の特許権によって建造された潜水艦の魚雷攻撃を受けるかも知れないと誰も彼等に説明しなかったのだ。彼等は単に其れは“輝かしい冒険”とだけ言われたのだった。

Thus, having stuffed patriotism down their throats, it was decided to make them help pay for the war, too. So, we gave them the large salary of $30 a month.
と言う訳で、彼等に愛国心を叩き込んで、其の上、彼等が戦争の為に払う事を援助する事が決定された。だから我々は彼等にベラ棒な給料である月給30ドルを与えたのだった。

All they had to do for this munificent sum was to leave their dear ones behind, give up their jobs, lie in swampy trenches, eat canned willy (when they could get it) and kill and kill and kill...and be killed.
此の気前の良い金額の為に彼等が為さねばならなかった事は、唯、愛する人を後に残し、仕事を諦め、ジメジメした塹壕に横たわり、ウイリー缶詰肉を食べ(手に入れる事が出来る時だけ)そして殺して、殺してそして殺される事だけだった。

canned willy キャンドウイリー:アルゼンチンから輸入された缶詰肉、製造される時に既に腐っている肉が使われた。

But wait!
然し、待てよ!

Half of that wage (just a little more than a riveter in a shipyard or a laborer in a munitions factory safe at home made in a day) was promptly taken from him to support his dependents, so that they would not become a charge upon his community. Then we made him pay what amounted to accident insurance – something the employer pays for in an enlightened state – and that cost him $6 a month. He had less than $9 a month left.
兵士達の給料の半分(国内で一日を安全に終える造船所のリヴェット職工又は軍需工場の労働者の給料から差し引かれる分より少し多い)は彼等の故郷で家族が地域社会の御荷物にならない様に即座に国の家族を支える為に差し引かれた。其の上我々は兵士達に--------啓蒙的州では雇用者が払う様な物である-------月額6ドルの事実上傷害保険を要求した。結果として兵士達の給料には月額9ドル以下が残る事になった。

Then, the most crowning insolence of all – he was virtually blackjacked into paying for his own ammunition, clothing, and food by being made to buy Liberty Bonds. Most soldiers got no money at all on pay days.
そして此の全ての内で最も傲慢な事はリバティーボンド(戦時公債)購入を強いられる事によって兵士達は事実上彼等の弾薬、衣服、食料の費用を脅迫されて支払う事になったのである。殆どの兵士達の月給には何も残らなかったのである。

We made them buy Liberty Bonds at $100 and then we bought them back – when they came back from the war and couldn't find work – at $84 and $86. And the soldiers bought about $2,000,000,000 worth of these bonds!
我々は兵士達に100ドルで戦時公債の購入を強制し彼等が凱旋し仕事を見つけられなかった時(元々兵士達に100ドルで売り付けた)其の戦時公債を84ドル~86ドルで買い戻した。兵士達は約20億ドルの価値の此の公債を購入していたのである。

Yes, the soldier pays the greater part of the bill. His family pays too. They pay it in the same heart-break that he does. As he suffers, they suffer. At nights, as he lay in the trenches and watched shrapnel burst about him, they lay home in their beds and tossed sleeplessly – his father, his mother, his wife, his sisters, his brothers, his sons, and his daughters.
其の通りだ!兵士達は此の戦争の勘定の大部分を負担しているのだ。兵士が此の勘定を支払っている様に彼の家族も同様に支払っている。彼が苦しむ様に彼の家族も苦しむ。夜間、弾丸の破片が飛び交う中彼が塹壕で横たわっている様に彼の家族も--------彼の父、母親、妻、姉妹、兄弟、息子、娘達--------故郷のベッドで寝返りを打ちながら眠れない夜を過ごす。

When he returned home minus an eye, or minus a leg or with his mind broken, they suffered too – as much as and even sometimes more than he. Yes, and they, too, contributed their dollars to the profits of the munitions makers and bankers and shipbuilders and the manufacturers and the speculators made. They, too, bought Liberty Bonds and contributed to the profit of the bankers after the Armistice in the hocus-pocus of manipulated Liberty Bond prices.
兵士が片目、足を失って若しくは精神障害を患って帰郷した時、兵士の家族も同様に時には兵士以上に苦しむ。其の通りだ!家族も軍需品企業、銀行屋、製造業、投機家達が得た利益に対しドルを支払って寄与したのだ。停戦合意後家族も又操られたイカサマの価値の戦時公債を購入する事によって銀行屋の利益に寄与した。

And even now the families of the wounded men and of the mentally broken and those who never were able to readjust themselves are still suffering and still paying.
そして今も尚戦傷者、精神障害を負った兵士、社会復帰の出来なかった兵士達の家族は苦悩し犠牲を払っている。

~ Chapter Four ~
チャプターⅣ

HOW TO SMASH THIS RACKET!
此の詐欺を破壊する手段!


WELL, it's a racket, all right.
そうだな!詐欺には違いない!
A few profit – and the many pay. But there is a way to stop it. You can't end it by disarmament conferences. You can't eliminate it by peace parleys at Geneva. Well-meaning but impractical groups can't wipe it out by resolutions. It can be smashed effectively only by taking the profit out of war.
少人数の為の利益そして大勢の人々が其の利益に対して支払う。然し此の詐欺を止める手段が存在する。此の詐欺は軍縮会議では終わらせる事は出来ない。ジュネーヴでの和平交渉では此の問題を廃除する事は出来ない。善意的だが現実的ではない集団の決議では此の問題を一掃する事は出来ない。戦争から利益を取り除く事だけによって効果的に此の問題は一掃出来るのである。

The only way to smash this racket is to conscript capital and industry and labor before the nations manhood can be conscripted. One month before the Government can conscript the young men of the nation – it must conscript capital and industry and labor. Let the officers and the directors and the high-powered executives of our armament factories and our munitions makers and our shipbuilders and our airplane builders and the manufacturers of all the other things that provide profit in war time as well as the bankers and the speculators, be conscripted – to get $30 a month, the same wage as the lads in the trenches get.
此の詐欺行為を一掃する唯一の手段は全国の男達を徴兵する前に資本、産業界、そして労働組織を徴用する事である。全国の若者達を政府が徴兵する1ヶ月前に資本と産業界そして労働組織を徴用しなければならない。兵器工場、我が国の軍需産業、造船業界、飛行機製造業界や其の他の全ての戦時下で利益を出す業界の役員、監督官、CEO、等を塹壕の若者達の同様の給料月額30ドルで徴兵同様の扱いをさせるのだ。

Let the workers in these plants get the same wages – all the workers, all presidents, all executives, all directors, all managers, all bankers –
此れ等の工場の労働者を-----------全ての労働者、全ての社長、全ての重役、全ての監督官、全ての支配人、全ての銀行屋達--------------均一の給料にさせるのだ。

yes, and all generals and all admirals and all officers and all politicians and all government office holders – everyone in the nation be restricted to a total monthly income not to exceed that paid to the soldier in the trenches!
そうだ!全ての将軍達、全ての海将達、全ての将校達、全ての政治家達、全ての政府の役員達、全国民の月給全てが塹壕の兵士達の月給を越えない事である。

Let all these kings and tycoons and masters of business and all those workers in industry and all our senators and governors and majors pay half of their monthly $30 wage to their families and pay war risk insurance and buy Liberty Bonds.
ビジネス界の王、タイクーン、支配者達、そして其の産業界の労働者達、そして上院議員、州知事、少佐達に月給30ドルの半分を彼等の家族の為に払わさせ、そして戦傷保険の為に払わさせ、又戦時公債を購入させるのだ。

Why shouldn't they?
如何して駄目なんだ!

They aren't running any risk of being killed or of having their bodies mangled or their minds shattered. They aren't sleeping in muddy trenches. They aren't hungry. The soldiers are!
彼等は殺されたり体が切り刻まれたり精神障害になる様な危険を冒している訳じゃない。彼等は泥だらけの塹壕で寝ている訳でもない。飢い思いをしている訳でもない。然し兵士達は此の全ての事を経験しているのだ。

Give capital and industry and labor thirty days to think it over and you will find, by that time, there will be no war. That will smash the war racket – that and nothing else.
資本家と産業界と労働者に30日間の考える余裕を与えると、30日経った其の時戦争は始まらない事に君達は気付くだろう。其れによって戦争詐欺が一掃される--------------そして其れだけなのだ。


Maybe I am a little too optimistic. Capital still has some say. So capital won't permit the taking of the profit out of war until the people – those who do the suffering and still pay the price – make up their minds that those they elect to office shall do their bidding, and not that of the profiteers.
多分私は少し楽観的過ぎるかもしれない。資本家は其れでも別の権力を持っている。苦しみ、そして利益の勘定に犠牲を払っている人々が彼等が選んだ政治家達に戦争で利益を貪る奴等の要求ではなく(苦しんでいる)人々自身の要求を実行させる様に決心するまで資本家は戦争から利益を削除する事を許さないだろう。

Another step necessary in this fight to smash the war racket is the limited plebiscite to determine whether a war should be declared. A plebiscite not of all the voters but merely of those who would be called upon to do the fighting and dying. There wouldn't be very much sense in having a 76-year-old president of a munitions factory or the flat-footed head of an international banking firm or the cross-eyed manager of a uniform manufacturing plant – all of whom see visions of tremendous profits in the event of war – voting on whether the nation should go to war or not. They never would be called upon to shoulder arms – to sleep in a trench and to be shot. Only those who would be called upon to risk their lives for their country should have the privilege of voting to determine whether the nation should go to war.
戦争詐欺を一掃する為の戦いのもう一歩は戦争が宣言されるかどうかの決定が限定された国民投票で為されると言う事である。全ての選挙民ではなく徴兵され戦いそして戦死する可能性の或る者だけによる国民投票なのである。76歳の軍需工場の老齢の社長や偏平足の国際銀行屋のボスや寄り目の制服製造工場の監督官の様な戦時に巨額の利益を夢見ているこれ等全ての奴等が国家が戦争するかしないかの是非を問う為に投票する事には余り意味が無いのではないか。奴等は塹壕で眠り銃撃される為に徴兵される事は絶対無いだろう。徴兵され国家の為に命を危険にさらす人々だけが戦争を始めるか否かを決定する投票の特権を持つべきである。

There is ample precedent for restricting the voting to those affected. Many of our states have restrictions on those permitted to vote. In most, it is necessary to be able to read and write before you may vote. In some, you must own property. It would be a simple matter each year for the men coming of military age to register in their communities as they did in the draft during the World War and be examined physically. Those who could pass and who would therefore be called upon to bear arms in the event of war would be eligible to vote in a limited plebiscite. They should be the ones to have the power to decide – and not a Congress few of whose members are within the age limit and fewer still of whom are in physical condition to bear arms. Only those who must suffer should have the right to vote.
投票よって影響を受ける人々の投票権を限定している前例は多く存在する。多くの州は有権者の投票権を制限している。最も多い例は投票の前に読み書きが出来る事が必要だと言うことである。或る州では土地を所有していなければならないと言う事だ。第一次世界大戦で為された様に毎年入隊年齢に達した男性が彼の住む地域で登録し身体検査を受けたと言う容易な事なのだ。それらの入隊資格を得そして戦時に入隊するだろう人々が限定的な国民投票に投票する資格がある。彼等が決定権を持つ人々でなければならず-----------年齢制限内(入隊適齢年齢)である人数が少なく又肉其の中で体的に入隊出来る人数はより少ない議会ではない。犠牲を払う人々だけが投票権を持つべきなのだ。

A third step in this business of smashing the war racket is to make certain that our military forces are truly forces for defense only.
戦争と言う詐欺を叩き潰す為の第三段階は我が国の軍隊完全に国防の為だけの軍隊だと明確化する事だ。

At each session of Congress the question of further naval appropriations comes up. The swivel-chair admirals of Washington (and there are always a lot of them) are very adroit lobbyists. And they are smart. They don't shout that "We need a lot of battleships to war on this nation or that nation." Oh no. First of all, they let it be known that America is menaced by a great naval power. Almost any day, these admirals will tell you, the great fleet of this supposed enemy will strike suddenly and annihilate 125,000,000 people. Just like that. Then they begin to cry for a larger navy. For what? To fight the enemy? Oh my, no. Oh, no. For defense purposes only.
議会が開かれるたびに海軍の予算割り当て額増加の問題が浮上する。ワシントンに居て回転椅子に座っている海将達は巧妙なロビーイスト(そして常に彼等はウジャウジャする程居る)なのだ。そして彼等は非常に頭が良い。彼等は『我々は此の国やあの国に対する戦争の為に多くの戦艦が必要だ』等と大声で叫んだりはしない。違うんだよ!そうではなく先ず最初に彼等はアメリカが偉大な海軍国家によって脅されている事を皆に知らせる。殆ど毎日此れ等の海将達は此の仮想敵国の偉大な船団が突然攻撃を仕掛け1億2千5百万人を殲滅すると君達に語るだろう。そんな様な事だ。其の後で彼等はもっと大規模な海軍の必要性を声高に要求し始める。何の為だって?敵と戦うため?トンでもない、違う違う。国防の為だけなのだよ。

Then, incidentally, they announce maneuvers in the Pacific. For defense. Uh, huh.
そして偶然彼等は太平洋で海軍の演習計画を発表する--------国防の為に。オヤオヤ!

The Pacific is a great big ocean. We have a tremendous coastline on the Pacific. Will the maneuvers be off the coast, two or three hundred miles? Oh, no. The maneuvers will be two thousand, yes, perhaps even thirty-five hundred miles, off the coast.
太平洋は広大な大きい海である。我が国は太平洋岸にトンでもなく長い海岸が存在する。此の発表された海軍の演習は200~300マイル沖の合衆国の沿岸で行われるのだろうか?トンでもない。此の海軍の演習は合衆国沿岸から2千マイル、否、恐らく3千5百マイルも離れた場所で行われる。

The Japanese, a proud people, of course will be pleased beyond expression to see the united States fleet so close to Nippon's shores. Even as pleased as would be the residents of California were they to dimly discern through the morning mist, the Japanese fleet playing at war games off Los Angeles.
誇り高い日本人は勿論日本沿岸にこれ程近い場所で米艦隊を見て表現の仕様の無い程喜ぶだろう。カリフォルニア州の住民が日本艦隊がロスアンジェルス沖で戦争ゴッコを朝霧を通して微かに見分けて嬉しがる事と同じ位である。


The ships of our navy, it can be seen, should be specifically limited, by law, to within 200 miles of our coastline. Had that been the law in 1898 the Maine would never have gone to Havana Harbor. She never would have been blown up. There would have been no war with Spain with its attendant loss of life. Two hundred miles is ample, in the opinion of experts, for defense purposes. Our nation cannot start an offensive war if its ships can't go further than 200 miles from the coastline. Planes might be permitted to go as far as 500 miles from the coast for purposes of reconnaissance. And the army should never leave the territorial limits of our nation.
見る事が出来る米海軍の船舶は特に法律で我が国の沿岸から200マイル以内に留まる様に限定されなければならない。1989年に此れが法律であったのなら戦艦メイン号はキューバのハバナ湾には行く事は絶対なかっただろう。戦艦メインは爆発する様な事は絶対なかっただろう。戦艦メインの乗組員の死亡者の為にスペインとの戦争は絶対無かっただろう。専門家によると国防の為には200マイルは充分だ。海軍の船舶が沿岸から200マイル以上出る事が出来なければ我が国は攻撃的戦争を始める事が出来ない。飛行機は偵察の目的で沿岸から500マイルまで行く事が許可されるかもしれない。そして陸軍は我が国の領土内から離れる事は絶対にない。

To summarize: Three steps must be taken to smash the war racket.
要点を述べると:戦争と言う詐欺を無くす為には3段階の過程が取られなければならない。

We must take the profit out of war.
我々は利益を戦争から除外しなければならない。

We must permit the youth of the land who would bear arms to decide whether or not there should be war.
我々は入隊する我が国の若者達に戦争をするべきかどうか決めさせなければならない。

We must limit our military forces to home defense purposes.
我々は軍隊を国防の目的だけに限定しなければならない。

~ Chapter Five ~
チャプターⅤ

TO HELL WITH WAR!
戦争なんか糞食らえ!


I am not a fool as to believe that war is a thing of the past. I know the people do not want war, but there is no use in saying we cannot be pushed into another war.
私は戦争は過去の物だと信じる様な馬鹿ではない。人々は戦争を嫌っていると私は知っているのだが『私達は戦争へと追いやられはしない!』と言っているだけでは何の役にも立たない。

Looking back, Woodrow Wilson was re-elected president in 1916 on a platform that he had "kept us out of war" and on the implied promise that he would "keep us out of war." Yet, five months later he asked Congress to declare war on Germany.
振り返って見るとウイドローウイルソンは1916年に“彼は我々を戦争に巻き込まなかった”そして其れは“彼は将来にも我々を戦争に巻き込まない”と言う約束が暗に含まれている選挙公約要綱で大統領に再選された。其れにも拘らずウイルソンは5ヵ月後にドイツに対する開戦宣言をする様に議会に求めた。

In that five-month interval the people had not been asked whether they had changed their minds. The 4,000,000 young men who put on uniforms and marched or sailed away were not asked whether they wanted to go forth to suffer and die.
其の5ヶ月間の間に人々は心変わりしたかどうか訊かれはしなかった。軍服を着、行進若しくは出帆して行った4百万人の若者達は戦場に行き苦しみ死にたいかどうか訊かれる事はなかった。

Then what caused our government to change its mind so suddenly?
其れなら如何して我々の政府はそんなにも突然心変わりしたのだろうか?

Money.
金だよ。

An allied commission, it may be recalled, came over shortly before the war declaration and called on the President. The President summoned a group of advisers. The head of the commission spoke. Stripped of its diplomatic language, this is what he told the President and his group:
米国の開戦宣言の直前同盟国の委員会の面々が米国にやって来て大統領を訪れた事が思い出される。大統領は顧問達を招集した。同盟国の委員会の親分が説明した。彼がウイルソン大統領と彼の顧問達に言った事は外交的言葉遣いを除外すると下記の事である。:

"There is no use kidding ourselves any longer. The cause of the allies is lost. We now owe you (American bankers, American munitions makers, American manufacturers, American speculators, American exporters) five or six billion dollars.
If we lose (and without the help of the United States we must lose) we, England, France and Italy, cannot pay back this money...and Germany won't.

So..."
『我々自身を騙し続ける事は最早何の役にも立たない。同盟国の大儀は失われた。我々は今貴方達(アメリカの銀行屋、軍需産業、製造業者、投機家、輸出業者)に50~60億ドルの借金だ出来てしまった。
若し我々が(米国の支援無しでは我々は絶対負ける)負けると我々英仏伊は借金を返済出来ず、そしてドイツも払わないだろう
だから------------』

Had secrecy been outlawed as far as war negotiations were concerned, and had the press been invited to be present at that conference, or had radio been available to broadcast the proceedings, America never would have entered the World War. But this conference, like all war discussions, was shrouded in utmost secrecy. When our boys were sent off to war they were told it was a "war to make the world safe for democracy" and a "war to end all wars."
若し戦争についての協議に秘密が違法とされていたなら、そして其の協議にニュースメディア(新聞記者)が招待されていたなら、若しくは協議の進展をラジオ放送出来ていたのならアメリカは第一次境大戦に参加する事は絶対に無かっただろう。然し他の戦争についての協議同様此の此の会談も最高の秘密に覆い隠されていた。我々の兵士達が戦場に送られた時、彼等は其れは“民主主義の為に世界を安全にする戦争”そして“全ての戦争を終わらせる戦争”だと聞かされた。

Well, eighteen years after, the world has less of democracy than it had then. Besides, what business is it of ours whether Russia or Germany or England or France or Italy or Austria live under democracies or monarchies? Whether they are Fascists or Communists? Our problem is to preserve our own democracy.
そうして戦争から18年経った今世界は当時よりももっと民主主義を失っている。其れよりもロシア、ドイツ、イギリス、フランス、若しくはオーストリアが民主主義か君主制であるべきか等はアメリカのチョッカイを出す事だろうか?彼等がファシストか共産主義者か?我々の問題は我々自身の民主主義を保護する事である。

And very little, if anything, has been accomplished to assure us that the World War was really the war to end all wars.
第一次世界大戦は本当に全ての戦争を終わらせる戦争だったと我々を納得させる事については若し為されたとするならホンの少ししか達成されなかった。

Yes, we have had disarmament conferences and limitations of arms conferences. They don't mean a thing. One has just failed; the results of another have been nullified. We send our professional soldiers and our sailors and our politicians and our diplomats to these conferences. And what happens?
確かにそうだ。我々は軍縮会議や兵器の限界についての会議を開いた。それらは意味が無かった。一つは単に失敗して、他の(会議の)結果は無効にされてしまった。我々は職業軍人や水兵、政治家、外交官を此れ等の会議に送った。其れで何が起こったのだろうか(結果は)?

The professional soldiers and sailors don't want to disarm. No admiral wants to be without a ship. No general wants to be without a command. Both mean men without jobs. They are not for disarmament. They cannot be for limitations of arms. And at all these conferences, lurking in the background but all-powerful, just the same, are the sinister agents of those who profit by war. They see to it that these conferences do not disarm or seriously limit armaments.
職業軍人や水兵達は武装解除はしたくない。軍艦の無い状態を好きな海将は一人も居ない。戦闘集団の存在しない状態が好きな将軍は一人も居ない。此の両方の意味する事は仕事が無いと言う事である。彼等は武装解除を支持しない。武装制限する事を彼等は支持出来ない。そして此れ等全ての会議の背景では全権力を握り同様に不吉な戦争によって利益を得る奴等の代理人達が潜んでいた。此れ等の会議は武装解除しないか本格的に軍備を制限しないと彼等は見ていた。

The chief aim of any power at any of these conferences has not been to achieve disarmament to prevent war but rather to get more armament for itself and less for any potential foe.
此れ等の全ての会議で全ての軍事強国は戦争を防ぐ為の武装解除が目的ではなく反対に自国には武装強化し全ての敵となる可能性のある国には武装制限する事が目的であった。

There is only one way to disarm with any semblance of practicability. That is for all nations to get together and scrap every ship, every gun, every rifle, every tank, every war plane. Even this, if it were possible, would not be enough.
何とか現実的に見える一つだけ武装解除する手段がある。其れは全ての国家が会合し全ての船、銃、ライフル、戦車、戦闘機を廃棄する事である。この方法が実行可能だとしても充分ではない。

The next war, according to experts, will be fought not with battleships, not by artillery, not with rifles and not with machine guns. It will be fought with deadly chemicals and gases.
専門家達によると次の戦争は軍艦では戦われず、砲撃ではなく、ライフルではなく、機関銃でも戦われない。其れは致死の化学薬品やガスで戦われるのである。

Secretly each nation is studying and perfecting newer and ghastlier means of annihilating its foes wholesale. Yes, ships will continue to be built, for the shipbuilders must make their profits. And guns still will be manufactured and powder and rifles will be made, for the munitions makers must make their huge profits. And the soldiers, of course, must wear uniforms, for the manufacturer must make their war profits too.
秘密裏に各国は敵を大量に殲滅させる新しくそしてよりゾットする様な手段を研究し完全性を高めている。そうだ!造船業者が利益を出さなければならない為に船は引き続き建造される。軍需産業が莫大な利益を得なければならない為に銃、火薬、ライフルは(引き続き)生産されるだろう。制服製造業者も戦争で利益を得なければならないので兵士達は当然制服を着用しなければならない。

But victory or defeat will be determined by the skill and ingenuity of our scientists.
然し勝敗は我々の科学者達の技能と才能によって決定される。

If we put them to work making poison gas and more and more fiendish mechanical and explosive instruments of destruction, they will have no time for the constructive job of building greater prosperity for all peoples. By putting them to this useful job, we can all make more money out of peace than we can out of war – even the munitions makers.
若し我々が科学者達に毒ガスとより一層悪魔的な機械と破壊の為の爆発物を生産させると彼等は全人類にとってより偉大な繁栄の為に建設的仕事をする余裕が無くなってしまう。科学者達を此の有益な仕事に就かせる事によって人類は我々が戦争から得る利益よりも平和からより多くの利益を出す事が出来る------------軍需産業であっても同様である。

So...I say,
TO HELL WITH WAR!
だから私は此の様に言う、
戦争なんて糞食らえ!



ejne: 如何でござりましたか?最も勇敢な兵士として称えられていた人物の批判ですから重みがあります。
 戦争の為に一般市民の支払う犠牲(然も非常に長期間に亘って市民の重荷となる)についてバトラー将軍は説明していた訳でありますが下記のニュースは日本でも紹介されたと思います。世界経済が不安定になると各国で外国を敵視する様な輩が現われて武力を行使する外交を提唱し始めるようでありますが軍事力拡大競争は常に市民の生活を犠牲にして行われ、其の上戦争で最も犠牲を払うのは戦争に税金がつぎ込まれ出兵し戦傷者となる我々一般市民ですから気をつけませう!




Germany finally pays off First World War debt
ドイツ遂に第一次世界大戦の負債(賠償金)を払い終える。


Published: 2:53PM BST 03 Oct 2010
2010年10月3日。

http://www.telegraph.co.uk/news/newsvideo/8039192/Germany-finally-pays-off-First-World-War-debt.html

Germany will finally pay off the last of its debts from World War One today, the 20th anniversary of German reunification, bringing the First World War officially to a close.
ドイツは遂に第一次世界大戦の負債の最後の支払いをドイツの再統一20周年記念の今日払い終え第一次世界大戦を公式に終結させる。
The final payment of £59.5 million writes off the last of the compensation payments imposed on Germany by the Allies 91 years ago.
最後の支払いの5千9百50万ポンドは91年前連合国によってドイツに課された賠償金の最後の支払いを終える。

The Treaty of Versailles in 1919 forced Germany to pay for reparations to the war-ravaged nations of Belgium and France and to pay the Allies some of the costs of waging what was then the bloodiest conflict in history, leaving nearly ten million soldiers dead.
1919年のヴェルサイユ協定は戦災の被害を受けたベルギー、フランスと同盟国に当時歴史上最も血生臭い戦争を始め殆ど1千万人の死者だした補償を払う事をドイツに強制し
The initial sum agreed upon for war damages was 226 billion Reichsmarks, a sum later reduced to 132 billion, £22 billion at the time.
最初に合意された戦争賠償金は2260億ドイツマルクだったが後に1320億、当時の金額で220億ポンドに引き下げられた。
Most of the money goes to private individuals, pension funds and corporations holding debenture bonds as agreed under the Treaty of Versailles, where Germany was made to sign the 'war guilt' clause, accepting blame for the war.
殆どの(賠償)金は戦争の責任を取りドイツが戦争責任条項に署名させられたヴェルサイユ協定で合意された様に個人、ペンションファンド、社債券、に与えられる。
France, which had been ravaged by the war, pushed hardest for the steepest possible fiscal punishment for Germany.
戦争で大被害を受けたフランスはドイツに対し可能性のある中で最も極端な財政的罰を激しく要求した
The principal representative of the British Treasury at the Paris Peace Conference, John Maynard Keynes, resigned in June 1919 in protest at the scale of the demands.
パリ講和会議での英国財務省の主席代表であったジョンメイナードケインズは要求の大きさに抗議し1919年に辞任した。
"Germany will not be able to formulate correct policy if it cannot finance itself,' he warned.
『若しドイツが自身で財政的に支払えないとドイツは正しい政策を構成する事が出来ない。』と彼は警告した。
When the Wall Street Crash came in 1929, the Weimar Republic spiralled into debt. Four years later, Hitler was elected Chancellor of Germany.
1929年にワォール街の暴落が起こるとワイマール共和国は財政赤字に転落した。其の4年後ヒットラーがドイツの総統に選出された。

と言う事で今日のミュージックはボブディランのブローイング イン ザ ウインド(風の中に舞っている)でありまする。懐かしいねえ---------。

Bob Dylan - Blowin In the Wind






Blowin' In The Wind
ブローイング イン ザ ウインド(風の中に舞っている)


How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
人は彼が人と呼ばれるまでに幾つの道を歩かなければならないのだろう?
Yes, ’n’ how many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?
そうだ、そして(平和の)白鳩は彼女が砂浜で寝る前に幾つの海を旅しなければならないのだろうか?
Yes, ’n’ how many times must the cannonballs fly
Before they’re forever banned?
そうだ、そして使用が永遠に禁止されるまでにどれ程の大砲の弾丸が飛び交わなければならないのか?
The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind
其の答えは、友よ!風の中に舞っている。其の答えは風の中に舞っている。

How many years can a mountain exist
Before it’s washed to the sea?
海に洗い流されるまで何年山は存在し続けるのだろう?
Yes, ’n’ how many years can some people exist
Before they’re allowed to be free?
そうだ、そして人は自由が許されるまで何年生きるのだろうか?
Yes, ’n’ how many times must a man turn his head
Pretending he just doesn’t see?
そうだ、そして気がつかない振りをして人は何回真実に背を向けなければならないのだろうか?
The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind
其の答えは、友よ!風の中に舞っている。其の答えは風の中に舞っている。


How many times must a man look up
Before he can really see the sky?
空が本当に見えるまで人は何回上を見上げなければならないのだろうか?
Yes, ’n’ how many ears must one man have
Before he can hear people cry?
そうだ、そして人々が泣いているのが聞こえるまで人は幾つの耳が必要なのだろうか?
Yes, ’n’ how many deaths will it take till he knows
That too many people have died?
そうだ、そして既に多過ぎる程の人々の命が失われた事に気がつくまでどれだけの死者が必要なのだろうか?
The answer, my friend, is blowin’ in the wind
The answer is blowin’ in the wind
其の答えは、友よ!風の中に舞っている。其の答えは風の中に舞っている。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーサイト

悪夢はこの様にして始まった。

ejnews: 60年代の公民権運動、ヴェトナム反戦運動、文化的にはヒンドゥーや仏教の東洋思想を取り入れたヒッピーに代表されるムーヴメントによってアメリカの民主主義が若しかすると本当の民主主義になるかのように見られた1970年代からアメリカ市民が徐々に保守化又は右翼化し始め(富裕層や資本層は何時も保守又は右翼的)、現在米最高裁判所は4人の右翼活動家裁判官と1人の保守裁判官よってコントロールされ、大学では保守及び右翼思想を持つ教授達が必要以上に多く、メディアは完全に企業によって支配され、社会に影響力を持つ(詰まり資金の豊富な)シンクタンクや財団と呼ばれる団体は殆どが企業や富裕層によって資金援助されている保守若しくは右翼組織と言う事になっている現在のアメリカなのですが、此の記事の“パウエルメモ”----元米最高裁判事だったパウエル裁判官が最高裁裁判官に任命される直前に友人に当てた覚書(メモランダム)-----は当時保守、右翼、資本層、富裕層が感じ、考え計画していた事を明快に表現している事で有名です。
 パウエル裁判官は最高裁の裁判官になる以前は米商工会議所の弁護士、タバコ会社のフィリップモーリス社の取締役のメンバー、又Tobacco Institute(タバコ協会:タバコに関する不利益な科学的論文や記事に対して反論をし、又タバコと病気の因果関係を疑問視する様な記事を記者に書かせる等していたタバコ業界の業界団体。1998年に解散)は彼の所属する弁護士事務所によって弁護されていた等と企業側の代弁者だった訳ですが----------兎に角、良く読んで下さい。此の所謂現在“パウエルメモ”と呼ばれている手紙は1971年に書かれている事に注目して下さい。以降アメリカと英国で保守右翼の巻き返しが盛んになり、ハイエク等のオーストリア経済学派やミルトン フリードマンのネオリベラリズム自由市場経済主義、アインランド等のリバタリアン思想、等が保守右翼著作家達によってメディアで頻繁に取り上げられる様になり、彼等保守右翼資本層や活動家達によって現在のアメリカの状況(アメリカだけではなく英国や日本の小泉に代表される自民公明政権での政策)が造り上げられているのです。

The Powell Memo
ザパウエルメモ
(パウエル覚書)

(also known as the Powell Manifesto)
(パウエルマニフェストとしても知られている)


原文:http://reclaimdemocracy.org/corporate_accountability/powell_memo_lewis.html

Introduction
イントロダクション

 1971年、当時企業の為の弁護士とし働き、又11企業の取締役会の委員だったルイスF.パウエルは彼の友人であった商工会議所の会長ユージーン シドノアーJrに宛てメモランダムを書き送った。メモランダムの日付は1971年8月23日でニクソン大統領によるパウエルの最高裁への指名の2ヶ月前であった。
 パウエルのメモランダムは彼の最高裁裁判官就任確定以後長くの間市民には公開されなかったが、此のメモをパウエルの司法での目的を疑問視する理由で引用し、其れ(メモ)についての社会の興味を搔き起こしたリベラル シンディケイト コラムニストであったジャック アンダーソンに漏洩した。パウエルは彼の最高裁での地位を利用してビジネスの利益の為に彼の思想を実社会で応用する可能性があるとアンダーソンは警告した。
 パウエルメモは唯一の影響では無かった物の米商工会議所と企業の活動家達は彼のアドヴァイスを真剣に受け止め公衆の態度や信条を数年間、そして何十年にも亘り変更するように考え出された強力で数多い組織を築き始めた。此のメモはHeritage Foundation(ヘリテッジ ファウンデーション)、Manhattan Institute(マンハッタン インスティチュート)、Cato Institute(カトー インスティチュート)、Citizens for a Sound Economy(正しい経済の市民)、Accuracy in Academe(教育会での正確さ)、そして他の強力な団体の創造に影響又は創造するインスピレイションを与えた。彼等の長期的な集中力はレーガン政権の“手出しをしない方針”とのコーディネイションによって1980年代に素晴らしい結果をもたらし始めた。
 此れ等の団体の中で最も特筆に値する事は普通対照的な目的を持つにも拘らず、教育、変化する価値観、そして我々が分かち合う目的に対する運動の構築、に対する彼等の集中力であった。我々の大きな不満の一つはプログレッシヴ(進歩的)な財団法人や其の創設者達が此れ等の企業機関(企業によって設立資金援助されている)による成功から学ばなかった事や、私達とそして我々と同様のフォーカスグループが構築し様と努力している民主主義的運動を開始する事を否定した事である。反対に彼等は、拡大する企業による支配と言う傾向を逆転させる為我々が必死に切望している全体的体系的変化に対し殆ど希望を与えない、彼等のイメージ回復、応急処置、短期間に得られる結果等に努力を集中したのである。
 我々には憂鬱になる様な少しの変化しか見えない。進歩的団体はウエブサイトやE-メイルの様な道具を我が国を進歩的方向に向かわせる希望として熱心に受け入れているが、然し彼等は成功する事は無い。其れ等は資金確保や人々をより効果的に動員する為(そして我々は彼等に大いに依存している)に使われる可能性のある、又そうであるべき道具あるのだが、道具と戦術は長期的視野と戦略の代用品には決してならない。
 其れで、パウエルの政治的視点は彼の司法的決定に影響を与えたのだろうか?証拠はどちらとも言えない。パウエルは確かに企業の特権を容認し米憲法修正第一条項・言論の自由条項による企業による投票案件への影響力の“権利”を事実上でっち上げた1978年の“ファーストナショナルバンクオブボストン対ベロッティ”裁判での多数意見を書いた。社会的問題では彼は穏健派であり度々彼の支持者達を驚かせた。

First National Bank of Boston v. Bellotti, 435 U.S. 765 (1978),
“ナショナル バンク オブ ボストン対ベロッティ”435U.S.765(1978)とは米憲法修正第一条項(言論の自由)での企業による政治的過程に影響を与える目的の資金援助を認めた米最高裁による5対4の決定。企業を個人として認めている幾つかの米最高裁での決定。企業に個人としての権利を与える事は、犯罪捜査での黙秘権、捜査の拒否権、などを企業に与え、結果として企業の資金力による政治の腐敗、労働条件の悪化、環境汚染等の原因を作っている。


Confidential Memorandum:
Attack of American Free Enterprise System
秘密の覚書:アメリカの自由事業システムへの攻撃。


DATE: August 23, 1971
TO: Mr. Eugene B. Sydnor, Jr., Chairman, Education Committee, U.S. Chamber of Commerce
FROM: Lewis F. Powell, Jr.
日付:1971年8月3日
ユージーン B.シドノアー ジュニア、米商工会議所教育委員会会長宛。
ルイスF.パウエル ジュニア

 此のメモ(覚書)は貴殿の要請により8月24日のブース氏と他の商工会議所のメンバーとの会談を元に提出されている。此のメモの目的は我々が面している問題を見極める事と将来を見通して此の問題に対する可能性の有る解決策を提示する事である。

Dimensions of the Attack
(自由企業制への)攻撃の範囲


 思慮の有る人でアメリカの経済システムが幅広い攻撃を受けていると言う事に疑いを持つ人は一人とし居る可能性は考えられない。此れは其の範囲、過激さ、使われている手段、そしてどれだけ公開されているかによって程度の差が存在する。
 常にアメリカ的システムに反対し、社会主義や他の国家体制主義?全体主義(共産主義やファシズム)を好む人々は存在してきた。そして又、妨害や破壊ではなく改善を目指す限りに置いて健全な建築的なシステムを批判をする批判者も居た。
 然し、今我々を心配させる物はアメリカの歴史の上ではかなり新しい物である。我々は比較的新しい、若しくは、孤立した、過激派の時たま起こる、其れにも増して少数派の社会主義者の重要人物からの攻撃を取り扱っている訳ではない。反して、自由事業システムに対する攻撃は幅広い支持があり持続している。自由事業システムに対する攻撃は勢いと同調者を増している。

Sources of the Attack
攻撃の源


 攻撃の源は種々あり広範に至っている。彼等の中にはは驚くべき事ではないが共産主義者、新しい左派、そして政治的経済的両方のシステム全てを破壊しようとしている革命派が含まれている。これ等の極左翼は非常に人数が多く資金源が多く、社会の他の要素から我々の歴史でされたより以上に益々歓迎され勇気付けられている。然し、彼等は規模の小さい少数派に留まり、未だ重要な懸念の原因にはなっていない。
 此の批判のコーラスに参加している最も不穏な声は大学のキャンパス、説教壇、メディア、知識人と文芸雑誌、芸術と科学、そして政治家等の完全に尊敬されている社会の一部から来ている。自由企業システムに反対するこれ等の殆どのグループはホンの少数派から参加している。然し、これ等のグループ多くの場合、最も的確で、最も主張力が有り、彼等の著作や講演に置いて最も活動的である。

 其の上、多くのメディアは種々の動機と“攻撃者(批判者)”の特殊な知名度に対する色々な程度の自発的合意をしているか、若しくは少なくとも批判者達にメディアを彼等の目的の為に利用させている。この状態はテレビで最も顕著で、現在テレビは我が国の民衆の考え方、態度、感情を形作る最も重要な役割を果たしている。
 我々の時代での当惑させる様なパラドックスの一つは企業システムの、若し参加してないとしても、自身の崩壊についての寛容さである。
(企業システムに対する)批判の多くが発生する大学は(i)殆どがビジネスによって作り出された税金の資金と(ii)企業によってコントロールされているか若しくはアメリカのビジネスによって作り出されている資金からの寄付によって支援されている。我々の大学の理事会のメンバーは圧倒的に此の企業システムのリーダーである男女によって構成されている。
 利益に頼り、事業システム生き伸びる為に公共テレビ放送システムも含めて殆どのメディアは企業によって所有されているか理論的には企業によってコントロールされている。

Tone of the Attack 
攻撃の音色


 此のメモランダムは攻撃の音色、性質若しくは強さの仔細を記録する場所ではない。下記の引用は一般的な攻撃の様子を説明する為に充分である。
 キャンパスで温かく受け入れられていて最近の学生間の統計では“最も尊敬する弁護士”としてリストに挙げられていているウイリアムクンストラーは聴衆を下記の様に煽り立てる
『君達は街で暴動を起こし銃を撃ち戦う事を習わなくてはいけない。資産所有者達が恐れている事をする様に習わなければならない。』クンストラーのアドヴァイスを聞く新左翼は益々行動を起こしている----------軍隊の募集事務所と軍需品製造会社に対してのみでなく、あらゆるビジネスに対してである。“1870年2月以降バンクオブアメリカの支店は39回攻撃されていて、爆発物で22回、そして火炎瓶若しくは放火で17回である。”新左翼のスポークスマン達は何千もの若者を過激化させる事に成功している物の、其れよりも大きな心配の種は立派な(尊敬されていている)進歩的改革派や社会改革主義者である。彼等の視点の集合と影響が企業システムを正に弱体化若しくは破壊する可能性があるのである。
 多くのキャンパスで何が教えられているかについての戦慄する様な説明スチュワートアルソプによって記述されている。
『イエール大学では、他の全ての主要な大学と同様に“絶望の政治”の実行者である多くの頭脳明晰な若者達を卒業させている。これ等の若者達はアメリカの政治的、経済的システムを軽蔑している彼等の心は完全に鎖されているかのようだ。彼等は伝統的な討論ではなく無意味なスローガンによって生きている。』最近の12校のキャンパスを代表するの学生の統計によると“殆ど半数の学生が米合衆国の基礎的産業を(社会主義化)国営化する事を歓迎している。”
 或る英国のロックフォード カレッジから訪問している教授はどの知的集団のメンバーが事業システムと西欧社会の価値観に対してイデオロギー戦争を戦っているかについてまで記録している“西欧社会に対するイデオロギー戦争”と題するシリーズの講義を行っている。其の講義の序文でシカゴ高名なミルトン フリードマン教授は“我々の自由社会の基礎は幅広い強力な攻撃に曝されている事は非常に明白であり、其れは共産主義者若しくは他の全ての陰謀によってではなく、御互いの意見をオウムの様に真似ている気付かずに意識的には彼等が同意支援しない目的達成の道具となっている道を誤った個人である。”と警告している。
 アメリカのビジネスに対しての最も効果的な敵対者は恐らくラルフ ネイダーであろう---------------彼は同時代の社会で伝説となり何百万人のもアメリカ人のアイドルとなった。フォーチュンの最近の或る記事はネイダーについて下記の様に語ってる。
 『彼の動機となっている情熱は---------彼は情熱的な人間であるのだが--------企業の権力と言う彼の憎しみの対象を木端微塵に打ち砕く事に向けられている。非常に多くの企業の重役達は怪しげな商品、化学添加物煮よる食品の汚染、不安全な製品の意図的な生産、による傷害や殺人によって刑務所に居るべきだとネイダーは考え又疎の様に非常に単刀直入に言っている。ネイダーは短期間だけぼろ儲けをして店仕舞いしてしまう様な詐欺会社について語っている訳ではなく、ブルーチップ ビジネス(有名な大企業)の最高上層部の事について語っていると強調している。』
 我々の政府、司法、自由事業システムに対する正面攻撃がイエール大学教授チャールズ ライシの昨冬出版され広く注目されている著書“グリーニング オブ アメリカ”によって為されている。
 前述の引用は幅広い散弾銃による様なシステム疎の物に対する攻撃が説明されている。民衆の自身を揺るがせ混乱に陥れる様なライフルで射撃する様な攻撃の無数の例が示されている。最近の最も好まれている攻撃の的は減価償却率や投資課税控除による税制優遇措置である。それらはメディアでビジネスへの利益の為の“税金逃れ”や“抜け道”若しくは“課税への利益(緩和)”と呼ばれている。ポストのコラムニストによって理解されている様に、それらの税金政策は大規模企業の経営者達“富裕層のみ”に利益を与えると捉えられている。

 落胆すべき事ではあるが多くの政治家達がこの様な税制は低所得層に利益を与えないでビジネスのみに利益を与えると言う同様の議論をしている。事実は此れは政治的扇動若しくは気を和らげる経済的無知のどちらかである。此れは市民に対するビジネスと言う形の“富裕層”の“低所得層”対立は最も安っぽいそして最も危険な種類の政治である。

The Apathy and Default of Business
ビジネスの無関心と怠慢


 基本的経済や其の哲学、其れ(ビジネスの)自身の行為を自身で継続する権利、そして、勿論其の完全性等についての大規模な攻撃に対してのビジネスの対応はどの様な物だったのだろうか?
 痛いほど悲しい事実は全ての種類の大小企業とビジネス団体の役員会と重役達は多くの場合------若し対応すればの話だが------懐柔策、無能そして無視で此の問題に対応した。勿論、此の全てを単純に説明する一般化には多くの例外もある。然し疎の様な反応の全体的な効果は殆ど目に付かないのである。
 公平を期して言うと、システムに対し密かに常にサボタージュをする者達に対してプロパガンダでゲリラ戦を戦う様にはビジネスマン達は訓練もされていず、能力も無いと言う事を認識しなくてはいけない。伝統的なビジネスの重役達の役割は管理、生産、販売、雇用を作り出す事、利益を作り出す事、生活水準の向上、地域の指導者、慈善団体や教育機関の理事会の為に働く事(メンバーになる事)そして一般的には善良な市民である事だった。彼等はこの様な任務を確かに非常に上手くこなして来た。
 然し、彼等(ビジネスマン)には彼等に対する批判家達を敵に廻して戦うだけの勇気も無ければ知的で哲学的な効果的に議論する技術も殆ど無い。
ウォール ストリート ジャーナルに掲載されたコラムは“GMへのメモ:如何して反撃しないのか?”と題されていて、GM宛に書かれているものの此の記事はアメリカのビジネスに対しての警告であったとコラムニストStジョンは語っている。
“一般的なアメリカのビジネス同様にジェナラルモーターズは知識的陳腐な決まり文句が其の確りとした知的視点の説明に取って代っていると言う事によって問題に巻き込まれている。”そしてSt ジョン氏はビジネスの指導者達による彼等の批判家と妥協し彼等を懐柔する傾向について語っている。彼はラルフネイダーがGMマネージメントから勝ち取った譲歩について語り『多くのビジネスマンが彼等の批判家たちに対して抱いている間違った意見』を引き合いに出している。彼は(ビジネスマンの批判家に対する反応)と同様の問題を多くの大学のアドミニストレイターの誤った手段に見出している。大学のアドミニストレイターは疎の様な懐柔策は言論の自由、学術研究や教育での自由、真のスカラシップを破壊すると言う事に気付くのが遅過ぎた。一つの大学での過激な要求が大学の指導陣によって同意され、其れは唯、新しい要求を生み出す事になり、そして全くの降伏に発展する要求に過激化していった。”

Stジョン氏の解釈全てに同意する必要は無い。然し、アメリカの現状を観察している人々は彼のメッセージの本質は正しいと言う事に同意すだろう。アメリカのビジネスは全く問題に陥っている“懐柔策も含めた幅広い種類の批判に対する対応は効果的ではない”。アメリカのビジネスの知識、創造性、資金力を其れを破壊しようとする者に対抗させる為統合する其の時は正にやって来た。遅過ぎる程である。

Responsibility of Business Executives
ビジネスの経営者や上級管理職の責任


 特に何が行われなければならないのか?最も重要な事は-------全ての効果的な行動以前に-----ビジネスマンとして此の問題に企業の経営者としての基本的な責任として対抗することである。
 ビジネスマンにとって最も重要な事は最終的な問題は存続の為の戦いだと言うことを認識する事である----------存続、我々が呼ぶ自由事業システムの存続である。そしてこれ等全ての意味する事はアメリカの国力と我々市民の自由なのである。
 主要企業のCEO(代表取締役)が企業の公的、社会的責任を充分に考慮に入れて、満足出来る利益の増加を確保しながら退任すると言う時代は遠の昔に過ぎ去ってしまった。若し我々のシステムが生き残るとするならば最高幹部指導陣はシステム自身の保護と保存を同等に心配しなければならない。此れは企業が長期間に亘り多額の資金を投資している2つの領域である“パブリック リレイション”若しくは“政府関係事項”へのより一層の重要視以上の物が関係しているのである。
 個々の企業の最も重要な第一歩の一つは取締役副社長(他の副社長のポジションからも)を事業システムに対する幅の広い攻撃に対する迎撃の責任の地位につける事である。PR部門(パブリックリレイション・広報)は取締役副社長の義務として割り当てられている根本的な機能になる可能性があるが此の任務は此のメモランダムで続けて引用されている種類の活動の或る種類を含んでいる。取締役副社長の予算は充分で彼の部下達は此の任務に対して充分の能力を有しているでべきである。

Possible Role of the Chamber of Commerce
米商工会議所の果たせる可能性のある役割


 然し、独自の、そして連携性のない個々の企業による確かに重要では在る活動は不十分だろう。権力は組織、注意深い長期的計画と其の実施、不特定期間の活動の安定性、協力した努力によってのみ協力調達が可能な此の様な規模の資金、そして統一された活動と全国規模の組織を通してのみ得られる政治的権力の中に見出される。
そして又、個々の企業にとって行き過ぎた行動を取り明白な攻撃の目標になる事に対する躊躇感も当然理解可能である。
この様な理由で全国的規模の米商工会議所の役割は非常に重要である。他の全国的な組織(特に種々の工業と商業団体)は此の活動に対して参加するべきでは在るのだが、他には商工会議所の様に良好なポジションに居る組織は存在しない様に見受けられる。商工会議所は素晴らしい評判と幅の広い支持により戦略的地位を謳歌している。そして----又此れは計り知れない利点なのだが-----重要な支援役を果たす事が可能な何百もの地方の商工会議所が存在している。
 どの様なプログラムに取り組むにしても事前に米商工会議所は(プログラムを推進する)可能である過程と活動を研究分析し、考えられる有効性と実現可能性両方に対する危険度を計らなければならない事は言うまでもない。費用についての考慮、メンバーによる資金と他の支持に対する保証、人材の適正と其れに似通った問題は全て最も熟考された考慮が要求される。

The Campus
大学・キャンパス


 事業システムに対する攻撃は数ヶ月間に始まった訳ではない。其れは過去20年間に徐々に発展して来たのである。其れが始まった時期には殆ど感知されず、其の漸進性により反応だけでなく殆ど注目を集めない事により恩恵を受けている。
 起源、源流と原因は複雑で関連していて、明らかに注意深い能力無しには見極めるのは困難ではあるのだが、大学のキャンパスが一つの最もダイナミックな起源だと言う事を信じる理由が存在する。社会科学の教授陣は一般的に(アメリカの)事業システムに賛同しないメンバーを含んでいる。彼等はカリフォルニア州立大学サンディエゴ校のマルキシストの教授メンバーで信念を持った社会主義者であるハーバート マークーザから、賞賛するよりも非難する傾向のある態度のハッキリしないリベラルな批評家まで幅広い。疎の様な教授陣のメンバーは多数者である必要はない。彼等は多くの場合個人的には魅力的で人を引き寄せる力がある。彼等は刺激的な教育者で彼等の引き起こす議論は学生を惹き付ける。彼等は多産な著作家で又講演者である。彼等は多くの教科書を書き彼等の同僚と学界で--------彼等の人数とは全く比例しない--------巨大な影響力を行使する。
 社会科学の教授達(政治学、経済学、社会学そして多くの歴史家達)は左翼が存在しなくともリベラルに向かう傾向がある。リベレルな思想が均衡の取れた視点に取って不可欠である事によって此の事だけでは非難には値しない。問題は、比較的に少数の教授達が保守的か穏健派でそして此の比較的少数派は多くの場合宗教戦争を戦っている様な(左翼やリベラルな)同僚と比較すると曖昧で攻撃的ではない事によって此の“均衡”は多くの大学で明らかに存在しないと言う事である。
 随分過去に遡り不均衡が徐々に悪化している此の状況はアメリカの若い学生達に巨大な衝撃を与え続けて来たのである。如何して疎の様に多くの若者達が革命家になりそうな程不満を抱いているのかと言う問いの答えを求めた“バロンズウイークリー”の記事によると『何故なら彼等は疎の様に教えられたからだ。』、若しくは、其れはコラムニストのスチュワートアルソプが母校(イエール大学)について書いた様に『イエールは他の全ての主要大学の様にアメリカの政治的そして経済的システムを軽蔑している多くの明晰な若者達を卒業させている。』である。
 疎の様な明晰な若者達は全国の大学のキャンパスから彼等が真っ向から軽蔑するのでなければ疑う様にと教えられたアメリカのシステムを変化させる機会を求めている。--------彼等は我が国の事実上の権力と影響力の中心に雇用先を求める。其れは(職種の)名前を挙げると:()報道機関、特にテレビ、()政府の職員と種々の段階のコンサルタント、()政治家として、()講演者と著作家として、()種々の段階の教育機関での教育者として。
 彼等の多くは事業システム-----ビジネスと専門職------に就職し殆どの場合彼等の受けた教育の誤りをすぐさまに理解する。然し、彼等の中でシステムの主流を避けている者達は多くの場合民意を形作り多々政府の行動に影響を与える重要なポジションに留まる。多くの例ではこれ等の“インタレクチュアル達”は彼等が信用していないビジネスシステムに対し多大な権力を持つ政府の規制機関や政府省庁に落ち着く事になる。
 若し前述の分析がおおよそ正しい物であるとすればビジネス界の最も重要な任務は-------そして米商工会議所の様な機関の--------此の(事業システムに対する)敵愾心の源流である大学のキャンパスに対処する事である。アメリカの社会では“教育の自由”以上に神聖化されている物は少ない。此の原則を攻撃する事は致命的(な行為)である。若し教育の自由が知識的重要性の必須条件である“開放性”や“公正さ”と“均衡”を保持するのなら其処には建設的活動の偉大な機会が存在する。疎の様な活動による突き上げは前述した教育界についての質を回復する筈である。

What Can Be Done About the Campus
学校のキャンパスについて何が為されるべきか


 最終的な(大学の)キャンパスでの知識的完全性の責任は我々の大学の経営陣や教師に留まるべきだ。然し、商工会議所の様な組織団体があらゆる面で建設的な改革を援助活性化する事が可能である。以下は疎の様な可能性を含む。

Staff of Scholars
学者達(教授)の陣容


 商工会議所は社会科学の分野で(自由企業)システムを信奉する充分な資格の或る学者を(キャンパスの)陣容として確立する事を考慮するべきである。其れは反対意見が存在しても、著作家としてが広く尊敬されて幾つかの国内的な評価を含んでいなくてはならない。

Staff of Speakers
スピーカー(発言者)の陣容

(声明、演説、PR等で主義を宣伝擁護する専門職)

 又、最も有能なスピーカー陣容の存在があるべきである。これ等の陣容には当然、商工会議所の為に学者達の著作や思想等を的確に説明出来る学者達が含まれるだろう。

Speaker's Bureau
スピーカー(発言者)の事務局


 フルタイムの職員に加え米商工会議所はアメリカのビジネス界の最高の階層からさい最も有能で効果的な提唱者を含むべき発言者の事務局を持たなければならない。

Evaluation of Textbooks
教科書の評価


 学者の団体が(何処にも所属しない学者による委員会が出来れば好ましい)社会科学の教科書を評価すべきで、其れは特に経済、政治科学、そして心理学においてである。此れは継続するプログラムであるべきだ。
 この様な評価の目的は真の教育の自由に取って必須である均衡の回復に向かわせなければならない。此れは我々の政府のシステムと事業システム、其の業績、個人の権利と自由に対する其の基本的関係、そして、社会主義、ファシズム、共産主義との比較に対する公平で事実に基づく扱いの保証を含めている。殆どの既存の教科書は何らかの比較が掲載されているが多くの場合表面的で偏見があり不公平である。
 公民権運動が我々の大学や学校の多くの教科書の書き換えを強く要求した事を見てきた。労働組合も同様に教科書が組合労働団体の視点にとって公平である様に強く要求した。他の興味のある市民団体は教科書と授業用素材の批評、研究、批判に躊躇しなかった。民主的社会では此れは建設的過程で真の教育の自由の補助であり教育への場違いな出しゃばりではない。
 若し教科書の著者、出版社、そして教科書の使用者がアメリカのシステムを信じている有名な学者達によって彼等が正直で公平で完璧な評価と批評の対象になる事を知って居るのならより論理的な均衡の回復が期待できるだろう。

Equal Time on the Campus
大学のキャンパスでの(ビジネスと進歩派の為)平等に振り分けられた時間


 米商工会議所は大学での講習会等での(ビジネスと進歩派に割り当てられた)時間を同等にする事を強く要求するべきである。連邦警察は共産主義者と公言している人によって為された演説や講演のリストを毎年出版している。1970年にはその数は100人を超している。其処には勿論、此のメモランダムの始めに示した種類の視点を呼びかける左翼や極リベラルの何百回もの演説や講演が記録されている。其処にはアメリカのビジネス界、若しくはアメリカ政府のシステムとビジネスを支援する様に見受けられる個人や組織による応答を代表する物は存在しない。
 どの大学にも正式なそして非正式な講演者を招待するグループが存在する。個々の法学部も同様である。多くの大学やカレッジは正式に講演や講習会のプログラムのスポンサーとなっている。この様なプログラムでのビジネス野代表が不足している事は我々全ては承知している。
 商工会議所を代表する講演者に対しての招待状は少ないと言われるだろう。商工会議所が其の主張が聴かれる様に-------結果として“同等の時間”を非常に強く要求しない限り此れは疑いなく事実である。大学の運営役員と大多数の学生達のグループと委員会はフォーラムでの視点の多種多様性を公に拒否する状況に追い込まれる事を歓迎しない。(多種多様性とは)確かに此れは共産主義者の講演を許可する古典的な言い訳である。
 2つの必須要素は(i)魅力的で、広い見識を持ち(ii)講演やスピーチの機会を確実にする為に必要な如何なる程度の圧力---------公にそして個人的にも-------をも行使する事である。

Balancing of Faculties
教授陣の思想的均衡


 恐らく最も基本的な問題は多くの(大学の)教授陣の(思想的)不均衡である。此れを矯正する事は確かに長期で困難なプロジェクトである。然し、プログラム全体的の一部として其れは為されるべきである。此れは大学の経営陣と理事会に教授陣の(思想的)均衡を要請すると言う意味になるのである。
 雇用される為のメソッドは綿密な考えが要求され、そして明らかな落とし穴は避けられなければならない。然し、若し適正に理事会に書面やスピーチで提示され、そしてOB会と同窓生団体への働きかけが行われるのなら基本的な均衡、公平、そして真実についての概念受け入れに抵抗する事は困難である。
 此れは長期戦であり意気地無しが試みる物ではない。然し、非の打ち所の無い完璧さと確信を持って遂行されるのなら、其れはアメリカ合衆国を全ての社会の内で最も生産的な社会に造り上げたキャンパスでの教育の自由と価値観を強化させる事に導くであろう。

Graduate Schools of Business
ビジネススクールの大学院


 米商工会議所は益々影響力の強くなるビジネススクールの大学院との特別な親密な関係を享受すべきである。上記に多くが示唆されている事は疎の様な大学にに適応される。
 此のメモによって提示された問題の全ての領域を取り扱う為の特別なクラスを米商工会議所が疎の様な大学に要請してはいけないのだろうか?此れは今将来の重役達にとって不可欠な訓練なのだ。

Secondary Education
2次的教育


 最も重要な優先事項は大学レベルなのだが、上記で触れられている傾向は益々高校(教育)で明らかになっている。高校の為に特別に考え出された活動プログラムや既に述べられている其れに似通った物が考慮されなければならない。故に(この様なプログラムの)実施は地方の商工会議所の大規模なプログラムになる可能性があるが、コントロールと指揮-------特に質をコントロールする事-------は米商工会議所によって維持されなければならない。

What Can Be Done About the Public?
大衆について何が為されなければならないのか?


 大学や2次的教育機関へ影響力を及ぼす事は長期的に非常に重要である。大衆に影響力を及ぼす事は恐らく短期的にはもっと重要であるかもしれない。1番重要な要点は思考をし分析をし著作活動と講演を行う有名な学者達、著作家、講演家によるスタッフ(職員、メンバー)を創り出す事である。この様なスタッフのメンバーはメディアと最も有効な大衆とのコミュニケーション手段に精通している事も又必須条件である。そして、より明快な手段に含まれる物は下記に続く。

Television
テレビ


 国営テレビ放送ネットワークは教科書が常に監視されている同様の方法でモニターされるべきである。此れは所謂教育番組(“国防省を売る”の様な)と呼ばれる物だけに適用されるのではなく、毎日放送される事業システムに対する最も執拗な批判が頻繁に含まれている“ニュース分析”にも適用される。此の批判が敵愾心から来る物なのか経済的無知に基づく物なのかに関係なく、その結果は徐々に起こる“ビジネス”と自由事業の自信の浸食である。
 此のモニターが効果的である為には常に番組の適切な量のサンプルの検査が必要である。番組が不公平であったり不適格な場合は-------メディアと連邦通信委員会へ---------苦情(不満)は敏速に厳重に為されるべきである。
 適切な時期に同じ量の放送時間が要求されるべきである。(“ツディショー”や“ミーツザプレス”等の様な)フォーラム型の番組が少なくともアメリカのシステムを攻撃する人々にすると同様にアメリカのシステムの支持者達が参加出来る機会を持てるかどうか試す為の努力が為されるべきである。

Other Media
他のメディア


ラジオや新聞の様な出版物も又重要で、マイノリティー優遇措置についてメディアで取り上げる事と同様に、不公平な攻撃に挑戦し反論する為の可能な限りの手段が採用されるべきである。

The Scholarly Journals
学問的雑誌


 米商工会議所の教授達が何かを出版する事は特に重要である。リベラルや左派の教授陣メンバーの成功の一つの鍵は彼等の出版と講演に対する情熱である。同様の情熱が米商工会議所の学者達の間でも存在するべきである。

 アメリカのシステムを信じている思想的に独立している学者達がもっと出版物を生み出す様に誘導する刺激策が考え出さなければならない。
 かなり安定した量の学問的記事が常に幅広い種類の雑誌や定期刊行物-----------一般的な雑誌(ライフ、ルック、リーダーズダイジェスト等々)からより知識的な物(アトランティック、ハーパーズ、サタディリヴュー、ニューヨーク等々)に亘るまで、そして種々の専門家の定期刊行物に至るまで---------で発表されなければならない。

Books, Paperbacks and Pamphlets
本、ペーパーバック、そしてパンフレット


 新聞売店----------空港、薬局、そして他の場所-----------は革命からエロティックなフリーラヴを提唱しているパンフレットやペーパーバックで溢れている。我々の立場のパンフレットやペーパーバックで魅惑的で良く書かれている物は殆ど見られない。エルドリッジ クリーヴァーやチャールズ ライヒ等と読者の注目を巡って競争する事は困難であるが、努力--------ある程度の成功が保証される適切な想像力を伴った充分な規模の----------が為されない限り一般大衆を教育する機会は失われ二度とやって来ない。

Paid Advertisements
有料宣伝


 ビジネスは何百万何千万ドルと言う金額を広告の為にメディアに支払っている。此の殆どが特定の商品を宣伝する為で、又殆どが組織のイメージ作りの為で、其の中の極一部が実際には米事業システムの為に使われている。然し後者は事実上脈絡が無く、殆どアメリカ市民に情報を絶え間なく与え啓蒙する大規模な努力の一部では無い。
 若しアメリカのビジネスが年間広告経費の僅か10%を此の全体的な目的の為に充てると、其れは政治家(に使われている)の様な支出となるだろう。

The Neglected Political Arena
無視されている政治的競技場


 最終的分析では、見返り --------革命とまでは行かないが-------は政府の行動である。ビジネスは多くの政治化にとって長年彼等の最も好む鞭打ちされる男の子であった。然し此れがどれだけ増大したかを見る計りは恐らく数人の主導的米大統領候補の表現する反ビジネス感情の中に最も良く見かけられる。
“資本主義者”諸国は大企業によって支配されていると言う表現は未だにマルクス主義のドクトリンである。此のドクトリンは常に世界中で左派のプロパガンダの一部であり、アメリカの市民に広く信奉されている。
 全ての事業経営者達が知っている様に米ビジネスマン、企業、若しくは何百万人の企業の株主の様に米政府に対し最小限の影響力しか持っていない集団は米社会では極稀である。若し誰かが此のことについて疑問を持っているのなら其の人に議会委員会でビジネスの視点でロビーイストの役割をして貰えば良い。同様の状況が殆どの州や主要な大都市の議会で起こっている。立法過程と政府の行動に関しての政治的影響力と言う事についてはアメリカの事業経営者達は本当に“忘れられた存在”であると言っても言い過ぎではない。
最近のビジネスの無能の例と殆ど軽蔑的に見られているビジネスの視点は消費者主義若しくは環境に関係している立法行為を支持している政治家達に踏み潰されている。
政治家は彼等の選挙区民の多数意見であると彼等が信じている物を反映している。それは殆どの政治家達は大衆はビジネスマン若しくはビジネスマンの視点に殆ど同意していないと判断している証拠である。
 上記で示唆された様に其の教育の内容は大衆の考えを啓蒙する様に構成される可能性がある-----------其れはビジネスマンと彼の個人の役割についてよりも我が国が依存している彼が管理するシステムと其れが創り出す製品、サーヴィスそして雇用に付いてである。
 然し教育と情報によって影響される大衆の意見の緩慢な変化を待っている間により多くの直接的政治活動を遅らせてはいけない。遠い昔労働組合組織や他の自身の利益を追求する団体が習った様にビジネス(資本家、企業)も教訓を習わなければならない。此れこそは政治的パワーが必要だと言う教訓である。疎の様なパワーは熱心に育てられなければならない。そして疎の様なパワーはアメリカのビジネスの特徴である疎の様なパワーを使う事を恥ずかしく思う事や躊躇をする事をせず必要な時には積極的に目的を持って使用されなければならない。
 米商工会議所にとっては歓迎される事ではないのかも知れないが商工会議所は政治の場での幅広くより活動的な役割をこなす事を考慮しなければならない。

Neglected Opportunity in the Courts
無視されている裁判所での機会


 アメリカのビジネスと事業システムは政府の行政、立法から影響を受けるの同様に裁判所からも影響を受けている。我々の憲法のシステム下で、特に政治的活動家的な最高裁判所では司法は最も重要な社会的、経済的、政治的変化への手段であるかも知れない。
 他の組織や団体は此の事を認識しアメリカのビジネス界よりも法的措置を有効に使う事に抜け目が無い。恐らく最も有効に司法システムを利用しているグループは政治的傾向ではリベラルから極左翼である。
 アメリカン シヴィル リバティー ユニオン(米自由人権協会)は其の一例である。此の団体は多くの訴訟を毎年始めるか若しくは仲裁し、そして第三者として意見陳述所を数多くの訴訟で最高裁判所に提出している。労働組合、人権擁護団体そして今公益法を扱う弁護士事務所等は政治の場で極めて活動的である。多くの場合ビジネスを犠牲にして成り立っている彼等(リベラル、左翼の)の成功は重要度が低い訳ではない。
 若し米商工会議所が進んでアメリカのビジネス界の代弁者としての役割を果たし其れと交換にアメリカのビジネス界が進んで資金を提供するならば此れは米商工会議所にとって非常に幅の広い分野での機会である。
 学者達と講演(代弁者)者達については米商工会議所は非常に有能な弁護士が必要である。特別な状況では全国的に有名で評価されている其れ等の弁護士達は最高裁で第三者の法廷弁護士として活動する事が許されるべきである。裁判で争われるどの件に参加するか若しくはどの件が組織に似合っているか選ぶ為に最大の注意が払われるべきである。然しこの様な機会は必要な努力を払うだけの価値がある。

Neglected Stockholder Power
無視されている株主のパワー


 ビジネスとは非人間的な企業としての存在の極富裕層に所有され必要以上に報酬を受けている重役によって管理されていると平均的な大衆の一員は考えている。ビジネスは実際にはあれやこれやで殆どのアメリカ市民を受け入れると言う事を感謝する事について事実上完全な失敗がある。ビジネスが雇用する人々はかなり明瞭な社会階層よって構成されている。然し2千万人の株主達は----------其の殆どは裕福とは言えないが----------我々のシステムでは彼等が真の所有者で、真の実業家、真の資本家なのである。彼等が全ての歴史上で最高の生活水準を生み出した経済システムの燃料となった資本を供給しているのにも拘らず株主達はビジネスの経営者として我々のシステムを真に理解させる為に、又は政治的影響力の行使には効果的ではない。
 此処で最も完璧な調査に値する問題は株主達(投資者)の存在感や影響力-------2千万人の投票権-------を教育プログラムや政治的活動の為のプログラムの為に動員出来るのかと言う事である。
 個々の企業は現在株主達への数多くの報告を義務付けられている。多くの企業は社員と株主に送られる非常に規模の大きいニュースマガジンを配布している。この様なコミュニケーションの機会はもっと効果的に教育的メディアとして利用出来る。
 企業自体は政治的活動を行う場合慎重に行動しなければならず、勿論、適用される法に従わなければならない。然しながら----------米商工会議所の関係団体や関係者であるかないかは別にして-------------全国的な米国の株主組織を設立し其の団体に充分な影響力を与える事は実行可能な事ではないのだろうか?

A More Aggressive Attitude
より攻撃的な態度


 特に政治的活動の分野においてはビジネス界は-----------特に大企業と全国的な業界団体は----------(彼等の存在が)目に付かない様に心掛けて来た。
 ウォールストリートジャーナルの記事で示唆されている様に一般の事業経営者(や企業幹部)は彼等の企業やシステムを攻撃する者たちに対して-------少なくとも公には-------寛容である事が(現在まで)一般的特徴であった。
 ビジネス界は政治的対立を避けてきた。ビジネス界はあらゆる種類の特殊利益団体による交渉の余地の無い多くの要求によって----充分理解出来る話ではあるのだが------嫌悪感を抱いていたのである。
 責任感のあるビジネス界(のメンバー)若しくは米商工会議所が無責任な或る圧力団体の戦術に応戦する事は無いが事業システムの代弁者達は過去にそうであったよりも----------全ての段階でそして全ての機会に---------遥かに攻撃的であることが必須である。
 公に我々のシステムの崩壊を狙っているラルフ ネイダーやハーバート マルクーザの様な者達や他の其の様な連中を攻撃する事に躊躇があってはならない。全ての政治的競技場で事業システムを強く圧倒する様に支持する為に少しでも躊躇があってはならず、又、(我々のシステムに)対抗する者を政治的に罰する事に対する躊躇も在ってはならない。
 此の事に関しては労働組合から教訓を学ぶべきである。AFL-CIOの指導者は最も愛すべき、若しくは公共の利益を考える市民としてビジネスマンには捉えられないかも知れない。然し長年、全国規模の労働組織の指導者達は報酬を貰っている仕事を非常に効果的にこなして来た。彼等は愛されて来なかったかも知れないが彼等は-------最も重要である-------政治家達、キャンパスで、そしてメディアから尊敬されて来た。
 アメリカのビジネス界--------最大の生産能力と消費者の選択に対する影響力を示してきた---------にとって其の偉大な能力を事業システム其の物の保護の為に精力的に使う時がやって来た。

The Cost
其の費用


 上記に説明されているタイプのプログラム(広域に亘る分野での教育と政治活動のコンビネーションを含む)が若し長期間行われそして充分に人員が確保されるとすれば米商工会議所は過去に受けた米企業からの経済的支援を遥かに超える気前の良い経済支援を必要とするだろう。米商工会議所の関わる問題には高いレベルの運営能力も又要求されるだろう。
 米商工会議所は最高の能力を達成し又其れを維持した職員(人員)が大幅に増加されなければならないだろう。彼等のサラリーは重要な企業幹部と最も高名な教職員に支払われている其れと完全に同等であらなければならないだろう。広告宣伝業界とメディアで働いている偉大な能力を持った専門家、講演者、弁護士、そして他の専門家達がリクルートされなけらばならないだろう。
 米商工会議所の組織自体が(専門家の)リクルートから恩恵を受ける事は可能である。例えば労働組合の経験が示唆する様に米商工会議所の会長職は専任の専門職であって良い筈である。最大の効果と継続性を保証する為には米商工会議所のCEOは毎年違う人物に代わってはならない。米商工会議所の委員長(プレジデント)によって為されている機能は取毎年メンバーによって選ばれる締役会長に委譲する事が可能である。理事会は勿論、(今までの様に)方針決定権を行使し続ける。

Quality Control is Essential
質の維持は必須である


 此の全体のプログラムの必須構成要素は責任と“質の維持”でなくてはならない。出版物、記事、講演、メディアでのプログラム、宣伝広告、裁判所に提出される弁論趣意書、そして司法委員会での証言--------これ等全ては最も厳格な水準の正確さと専門職の優秀さで対応されなければならない。表現された視点に人が同意するか否かは別にして、彼等のレヴェルの公的責任感と学識への敬意を評価しなければならない。

Relationship to Freedom
自由への関係


 事業システムへの脅威は単なる経済の問題だけではない。其れは又個人の自由への脅威でもある。
 其れは--------現在、新左派と多くの進歩派の議論によって水没してはいるが---------此のプログラムが意味のある存在である為に再主張されなければならない偉大な真実である。
 余り認識されていない様に見受けられるのだが、自由事業システムに代わる唯一の物は色々な種類の個人の自由に対する御役所仕事的な規則--------寛容な社会主義から若しくは共産主義やファシズムの鉄のブーツの踵による独裁主義------なのである。
 必要性と広大な都市社会の複雑性が要求する種類の初期の社会では全く不必要だった規則やコントロールによってアメリカは確かに或る種類の国家社会主義に向かって既にかなり進んでいる。或る分野では其の様な規則とコントロールは既にビジネスと労働者の、そして確かに一般的に言って公共生活の自由を大きく傷付けている。然し主要な自由の殆どは未だ残っている:(其れは)私的所有、個人的利益、労働組合、集団交渉、消費者の選択、主に競争が決定する価格、商品の質、種類、そして消費者に対するサーヴィスが存在する市場経済である。
 思想主義的なアメリカのシステムに対する攻撃に加えて(此のメモランダムで語られている)其の基幹的存在(資本層、富裕層、株主etc,)は不公平な課税によって危機に曝されている。そして、より最近は(アメリカのシステムの基幹的存在は)--------コントロール出来ない様に見えるインフレーションによって危機に曝されている。然し何が経済的自由の収縮の理由であったとしても自由が概念であると言う真実は不可分である。社会主義と全体主義国家を通しての経験では経済的自由の縮小や否定は他の分野の重要と捉えられている権利の政府による制限と言う事で必然的に取って代られる。他の他の全て以上にアメリカ人に本当に理解して貰わなければならないメッセージが此れである。

Conclusion
結論


 上記で説明された視点は仮説で示唆的である事は言うまでもない。最初の一歩は徹底した研究である。然し、米商工会議所の理事会が此のメモの根本的な前提であるビジネスと事業システムは困難な問題を抱えていて手遅れであるかも知れないと言う事を受け入れないとすれば此のメモで説明された実行すべき事は結実しない無駄な挙行である。

ejnews:良く読んで頂けましたか?此のメモランダムで資本家、ビジネス、保守派、及び彼等の関係する団体組織がアメリカをコントロールする為には何をするべきであるのかをパウエルが書き示した事の殆どは資本層、富裕層、保守派、右翼によって莫大な資金源を利用して計画的に実現され、民衆の労働運動、其れを支援する進歩派によってカーター政権時代までに達成された一般市民の為の法律や行政システム、教育システム等、アメリカ的であると世界中から受け留められていたアメリカ社会の理想となっていた全ての習慣、法律、物の考え方、幅の広いミドルクラスによって支えられた民主主義、特に50年代後半~60年代の進歩派や若者達による民主化運動の成果等が保守資本層(ビジネス)によって全く逆転され、70年代からアメリカのミドルクラスの収入は減少し続け企業による工場の海外移転、安価な頭脳労働者をインド等からHIヴィザで輸入、富裕層、企業に対する減税、経済活動に対する規制排除等の結果としてアメリカだけでなく世界中を巻き込む経済、社会、環境問題、を引き起こしてしまったのです。

パウエルメモを忠実に実行している一例は、科学者達の間で随分昔から人間が引き起こしたと言うデータが得られていて、温暖化が進むと気温の上昇により海からの水分の蒸発の増加によって台風、ハリケーン、サイクロン等の激しさが増大し異常旱魃、集中豪雨等の局地的異常気象が頻発すると元々予言され、又現在地球は疎の様な状態に至っているのですが、此の科学的分析を好まない例えば---------コーク兄弟の様な、勿論BP,シェヴロン全ての石油業界-----------石油石炭天然ガス業界(化石燃料業界)や其れに関係する資本層、ビジネスは“パウエルメモ”で示されているプロパガンダ手段を忠実に実行し保守、リバタリアン、若しくは右翼シンクタンク、財団、フロントグループを設立し、多大な資金援助によって保守、右翼思想を持つ種々の人材、例えば似非科学者等を雇用しイカサマ論文を発表させ、疎の様な似非論文等がメディアによって報道され現在多くの人々が地球温暖化は自然現象だと信じる様になってしまっている(------若しそうでなければ多くの何も知らない庶民は少なくとも地球規模の異常気象は地球の自然のサイクルであり人間の活動が原因と言う説に懐疑的になっている。(http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-223.html参照)“地球温暖化問題”であったり、ネオコンの支持しているハイエクやフリードマンのレーゼーフェア自由市場経済を右翼、リバタリアン等の著作家、批評家によって宣伝させる等があり、それらは現在社会で企業メディアによって資本層に都合よい話がニュースとして報道され、其のニュースの元になる情報や基本的な考え方は保守、右翼、リバタリアンシンクタンク、財団や団体組織によってでっち上げられているのです。有名な“ティーパーティー”の参加者達の多くもこの様な企業メディアだけが唯一の情報源になっているアメリカ人達なのです。
そして世界最大の軍事力を背景とし又世界の市場としての保守、右翼アメリカの影響力で現在までパウエルが主張した企業による“社会の秩序”についての思想は世界各国の政治をも左右して来ているのです。
此のパウエルメモを紹介しているイントロダクションにある保守、右翼、リバタリアン団体は下記の様にパウエルメモが書かれた後で設立されています。


Heritage Foundation(ヘリテッジ ファウンデーション)1973年
Manhattan Institute(マンハッタン インスティチュート)1978年
Cato Institute(カトー インスティチュート)1977年
Citizens for a Sound Economy(正しい経済の市民)1984年~2004年、其の後FreedomWorksとAmericans for Prosperity (AFP)に分かれる。
Accuracy in Academe(教育界での正確さ)1985年


其の他にも保守、右翼、リバタリアン系のシンクタンク、財団、等の団体組織は多く存在し、其の多くはパウエルメモ以降に設立されています。下記は其の一部です。
Right Wing Watchより。
Accuracy in Academia
African-American Life Alliance
1991年、宗教を元に人口中絶に反対し、性行為を道徳と言う言葉でコントロールする事が目的の団体。
All Children Matter Inc.
2003年、アメリカのヴァウチャーシステム教育を支持する政治家の為に資金を集める団体。
Alliance Defense Fund
1994年、右翼やキリスト教を支持する団体の擁護団体。
American Center for Law and Justice
1990年、悪名高きパットロバートソンの団体。保守、右翼団体を擁護し、ブッシュ政権と繋がりが強く右翼活動家最高裁判所裁判官ロバーツとアリトの就任の為に活動した事でも有名。
American Civil Rights Institute
1997年、政府による全ての人種的少数民族優遇措置反対する保守、右翼団体。
American Conservative Union
1964年、アメリカで最も古い右翼ロビーグループ
American Enterprise Institute
1943年、アメリカで最も古い右翼シンクタンク。ブッシュ政権と繋がりが深くネオコン思想の中心的存在。

American Family Association
1977年、道徳的伝統と言う言葉で非常に保守的なキリスト教に基づく道徳観を社会に押しつける事が目的の団体。ホモセクシュアルに対しての攻撃で道徳的ではないと判断されたテレビ番組のスポンサーのボイコット等で有名。
American Legislative Exchange Council

• American Life League
• American Society for Tradition, Family and Property
• Americans for Tax Reform
• Arlington Group
• Black America's Political Action Committee
• Lynde and Harry Bradley Foundation
• Campaign for Working Families PAC
• Catholic League for Religious and Civil Rights
• Cato Institute
• Center for the Study of Popular Culture
• Christian Coalition of America
• Christian Legal Society
• Club for Growth
• Collegiate Network
• Coalition for a Fair Judiciary
• Committee for Justice
• Concerned Women for America
• Eagle Forum
• Eagle Forum Collegians
• Family Research Council
• Federalist Society for Law and Public Policy Studies
• Focus on the Family
• FRCAction
• Free Congress Research and Education Foundation
• FreedomWorks
• Heritage Foundation
• High Impact Leadership Coalition
• Hispanic Alliance for Progress Institute
• Hoover Institution on War, Revolution, and Peace
• Independent Women's Forum
• Institute for Justice
• Intercollegiate Studies Institute
• Judeo-Christian Council for Constitutional Restoration
• Judicial Confirmation Network
• Landmark Legal Foundation
• Leadership Institute
• Mackinac Center for Public Policy
• Madison Project
• Manhattan Institute for Policy Research
• National Association of Scholars
• National Center for Policy Analysis
• National Right to Life Committee
• National Taxpayers Union
• New Coalition for Economic and Social Change
• Pioneer Institute for Public Policy Research
• State Policy Network
• Students for Academic Freedom
• Toward Tradition
• Traditional Values Coalition
• WallBuilders
• Young America's Foundation

------------と言う事で経のミュージックはCesaria Evoraセサリア エヴォラのAngolaアンゴラでござりまする。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



Halloween ハロウィーン

Halloween
ハロウィーン

From Wikipedia, the free encyclopedia

Halloween, or Hallowe’en, is a holiday celebrated on the night of October 31. Halloween activities include trick-or-treating, ghost tours, bonfires, costume parties, visiting "haunted houses", carving Jack-o'-lanterns, reading scary stories and watching horror movies. Irish immigrants carried versions of the tradition to North America in the nineteenth century. Other western countries embraced the holiday in the late twentieth century. Halloween is celebrated in several countries of the Western world, most commonly in the United States, Canada, Ireland, Puerto Rico, Japan, New Zealand, and occasionally in parts of Australia and the United Kingdom, . In Sweden the All Saints' official holiday takes place on the first Saturday of November.

Halloween, 若しくは Hallowe’en10月31日のよる祝われる祝日です。ハロゥィーンの夜はトリック オア トリーティング、ゴーストツアー、ボーンファイアー、コスチュームパーティー、幽霊屋敷を訪れる、ジャックオーランタンを作る、怖い話をを読み、ホラームーヴィーを見る等します。19世紀にアイルランド移民は彼等のヴァージョンの伝統を北アメリカに伝えました。他の西側の国々も20世紀後半にこの祝日を受け入れました。ハロウィーンは他の幾つかの西側の国々でも祝われています。最も一般的なのは、アメリカ合衆国、カナダ、アイルランド、プエルトリコ、日本(日本!!!本当???)ニュージーランド、そして時々オーストラリアとイギリスで祝われます。スエーデンではオールセイントデイの国で定められた祝日は11月の一番最初の土曜日です。

ハロウィーンを祝う国の中に日本の名前がありますが、最近は日本でもハロウィーンをするんですか?

History

Halloween has its origins in the ancient Celtic festival known as Samhain (Irish pronunciation: [ˈsˠaunʲ]; from the Old Irish samain).[1] The festival of Samhain is a celebration of the end of the harvest season in Gaelic culture, and is sometimes [2] regarded as the "Celtic New Year".[3] Traditionally, the festival was a time used by the ancient pagans to take stock of supplies and slaughter livestock for winter stores. The ancient Gaels believed that on October 31, now known as Halloween, the boundary between the alive and the deceased dissolved, and the dead become dangerous for the living by causing problems such as sickness or damaged crops. The festivals would frequently involve bonfires, into which bones of slaughtered livestock were thrown. Costumes and masks were also worn at the festivals in an attempt to mimic the evil spirits or placate them.[4]

ハロウィーンの起源はSamhainソーインとして知られている古代のケルト人のお祭りです。Samhainのお祭りはケルト文化で収穫期の最後を祝うお祭りです。そして時々ケルトのお正月と受取られています。伝統的にはお祭りは古代異教徒によって冬季用に必要な物を保存し、家畜を屠殺為の時期として利用されていました。(キリスト教以前のヨーロッパ)古代ゴールは(フランスのケルト、シーザーと戦い征服された)今ハロウィーンとして知られている10月31日は生きている世界と死者の世界の境界が曖昧になり、そして死者は病気や収穫物に被害を与えるなどして問題を起こし、生きている人々に危険な存在となると信じていました。お祭りは頻繁にかがり火が使われ、其の中に殺された家畜の骨が投げ込まれました。お祭りでは、邪悪な魂を真似たり、宥める為コスチュームやマスクも着用されました。

Halloween history
ハロウィーン歴史
http://www.halloweenishere.com/history.html


The custom of trick or treating probably has several origins. During Samhain, the Druids believed that the dead would play tricks on mankind and cause panic and destruction. They had to be appeased, so country folk would give the Druids food as they visited their homes.

トリック オア トリーティングの風習のには恐らく幾つかの起源があります。ソーインのお祭りの期間中にドゥルーイッドは死者が人間に悪戯をしパニックや災害を引き起こすと信じていました。彼等は宥められなければなりません。だから、田舎の人々はドゥルーイッドが彼等の家を訪れた時食べ物を与えたのです。

Druidsドゥルーイッドはケルト人の知識、僧侶階級

An old Irish peasant practice called for going door to door to collect money, breadcake, cheese, eggs, butter, apples, etc., in preparation for the festival of St. Columb Kill.

昔のアイルランドの農民は家から家へと訪れお金、ブレッドケーク、チーズ、卵、バター、林檎等をセイント コルン キルのお祭りの準備の為集めました。

Also a ninth-century European custom called souling. On November 2, All Souls Day, early Christians would walk from village to village begging for "soul cakes" made out of square pieces of bread with currants. The more soul cakes the beggars would receive, the more prayers they would promise to say on behalf of the dead relatives of the donors. At the time, it was believed that the dead remained in limbo for a time after death, and that prayer, even by strangers, could expedite a soul's passage to heaven.
其れと、ソウリングと呼ばれる19世紀のヨーロッパの習慣で、11月2日、オールソウルスデイ、キリスト教徒は村から村へと四角いカラント入りのパンで作られたソウルケークを貰って歩きました。ソウルケークを貰う量が多いと其れに応じてソウルケークを与えた家の亡くなった家族のために祈りを揚げると約束しました。当時は、死者は死後地獄の辺土に留まるので、身しらずの他人の祈りでも死者の魂が地獄の辺土から天国へ行く事を早くしてくれると信じられていました。

Bobbing for Apples:
ポコポコ盥の中の水に浮いている林檎を手を使わないで口で取るハロウィーンのゲーム。

When the Celts were absorbed by the Roman Empire, many rituals of Roman origin began. Among them was the worship of Pomona, goddess of the harvest, often portrayed sitting on a basket of fruits and flowers. Apples were the sacred fruit of the goddess, and many games of divination involving them entered the Samhain customs.

ケルト人がローマ帝国に併合された時多くのローマが起源の宗教儀式が始まりました。其の中でも良く果物や花の入っているバスケットに座っている姿で表されている収穫の女神、ポモナ女神を祭る事で、林檎は女神の神聖な果物でした。そして、多くのポモナ女神に関わる占いが含まれたゲームがソーインの風習の中に入り込んでいきました。

The Witch's Broomstick:
魔女の箒の柄


The witch is a central symbol of Halloween. The name comes from the Saxon wica, meaning wise one. When setting out for a Sabbath, witches rubbed a sacred ointment onto their skin. This gave them a feeling of flying, and if they had been fasting they felt even giddier. Some witches rode on horseback, but poor witches went on foot and carried a broom or a pole to aid in vaulting over streams. In England when new witches were initiated they were often blindfolded, smeared with flying ointment and placed on a broomstick. The ointment would confuse the mind, speed up the pulse and numb the feet. When they were told "You are flying over land and sea," the witch took their word for it.

魔女はハロウィーンの中心的シンボルです。名前はサクソン語のウィカが起源で聡明な人と言う意味です。サバッス(安息日)の為に出かける時に魔女達は神聖なクリームを肌に擦り込みます。此れは魔女達に空を飛んでいる様な感じを与え、若し彼女達が断食していれば彼女達はもっとフワフワした感じになります。ある魔女達は馬に乗りましたが、貧乏な魔女達は小川を跳び越す助けに使う箒や棒を持って歩いて行きました。イングランドでは新しい魔女が仲間に入る時の儀式ではよく目隠しをされ、空を飛ぶクリームを擦り込まれ箒の柄に座らされました。クリームは精神を混乱させ、脈拍を早くさせ足を痺れさせ、彼女達が“貴方は陸と海の上を飛んでいます“と言われると魔女達は其の言葉を信じたのです。

Jack-O-Lanterns:
ジャック-オー-ランタンズ


Irish children used to carve out potatoes or turnips and light them for their Halloween gatherings. They commemorated Jack, a shifty Irish villain so wicked that neither God nor the Devil wanted him. Rejected by both the sacred and profane, he wandered the world endlessly looking for a place to rest, his only warmth a glittering candle in a rotten turnip. Read about Jack in the 'Legend of the Jack-O-Lantern' short story.

神も悪魔も引き取らない狡賢いアイルランドの悪役ジャックを記念して、アイルランドの子供達はハロウィーンの集まりの為ジャガイモやカブラに彫刻し其の中に灯を燈すことが習慣でした。聖なる者にも不敬な者にも拒否されジャックは安息の場所を探して世界中を彷徨い、彼の唯一つの暖かい場所はキラキラ光る腐ったカブラだったのです。ジャックについては短編“ジャック-オー-ランタンの伝説”を読んで下さい。

Did You Know...
知ってる?

• The Irish Potato Famine (1845-50) prompted over 700,000 people to immigrate to the Americas. These immigrants brought with them their traditions of Halloween and Jack o'Lanterns, but turnips were not as readily available as back home. They found the American pumpkin to be a more than an adequate replacement. Today, the carved pumpkin is perhaps the most famous icon of the holiday.

• アイルランドのジャガイモ飢饉(1845-50)は70万人以上のアイルランド人のアメリカへの移民を誘発しました。この移民達はハロウィーンとジャックオーランタンの伝統を(アメリカ)へ持ち込みましたがカブラは故郷での様に簡単に手に入りませんでした。彼等はアメリカのパンプキンが満足できる以上の代替物である事を発見しました。今ではレリーフされたパンプキンは最も有名な祝日のアイコン(イコン)になっています。

Ejnews: もういーくつねるーとハロウィーン~!其の4日後に大統領選挙。アメリカ経済はブッシュチェイニー政権の素晴らしい指導力が功を奏し、サブプライム住宅問題が発端の世界を巻き込んだ金融危機に陥り、其れに加えて金融機関だけで無くGM,クライスラー等の企業の経営難。ニュースを読むのが一寸厭になる此の頃です。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ヘッドライン Head Lines

Local and national outbreak of grave robbing
地方でも全国的にも大発生している墓泥棒。

By Nicholas J.C. Pistor
ST. LOUIS POST-DISPATCH
06/30/2008

Grave robbing has become an above-ground affair.
墓泥棒が地上の行動となりました。

 Gone are the days when enterprising thieves would dig up an old grave and pillage for gold teeth and rings. Today, it's mostly the bronze markers and flower vases that draw their attention.
商売熱心な泥棒達が古い墓を掘り起こし金歯や指輪を略奪したのは昔の話となり、今日では青銅の墓標や花瓶が彼等の注目を引く様になりました。

Rising scrap metal prices, coupled with the lagging economy, have triggered a string of cemetery thefts both locally and across the nation.
スクラップメタルの値上り、と同時に経済の停滞が立て続きに墓泥棒を地方と全国的に引き起こしています。

"I can't think of anything lower," said David Evans, general manager for Valhalla Gardens of Memory in Belleville. "Nothing's worse than stealing from the dead."

“これ以上低級なのは考えられないよ”とベルビルのヴァルハラ霊園の総支配人デイヴィッド エヴァンズ氏は言っています。“死者から盗む事以上悪い事はありません。”


http://www.stltoday.com/より。

Mandela taken off US terror list
マンデラ氏、テロリスト名簿から除外。

BBC News

US President George W Bush has signed a bill removing Nelson Mandela and South African leaders from the US terror watch list, officials say.

合衆国大統領ジョージ W ブッシュはネルソン マンデラと南アフリカの指導者達を合衆国テロ監視リストから除外する法令に署名をしたと政府関係者は述べた。


Ejnews:   今日は見出し、ヘッドラインです。1番目の記事に付いては日本でも電線、工事用鉄板等が盗まれているそうですから、何処でも起こりそうな話ですが、2番目の記事には一寸憤慨しませんか?マンデラ氏が南アフリカの大統領になったのは1994年だったでしょう!今まで彼はアメリカに来るとき毎回特別ビザの要請をしないとアメリカに入国出来なかったそうです。イスラエルとコロンビアこの2つの世界で最も、殺人的、差別的、破壊的、暴力で弱者を支配する国の政府に、アメリカは経済援助として最大額の資金をアメリカ人の税金から与えています。反対にネルソン マンデラ氏の様に自由平等の為に活躍する人々はテロリストとして犯罪者扱いするのです。然し、彼が大統領になってから14年も待たないといけないのでしょうか!?
 でも考えてみると、ボストンには2005年まで、アメリカ原住民は市内に入れない。ボストン市内に入る時は警察2人が同行しないとアメリカ原住民は市内に入れないと言う様な法律がありましたが(勿論機能していた法律ではなかったのですが)其の法律は2005年の時点で330年の伝統を持つ法律でした。この法律の無効が決まった理由は有色人種の団体がボストンでコンヴェンションを開催しない可能性があり、ボストン市にとって不利益になると考えられたからだそうです。人権より利益が大切と言う事です。日本でアイヌは札幌市内に入れない等と言う法律が存在していたとして、其れが無効にされないで放置されている事と同じなのです。
 この外にも、sundown townサンダウン タウンと言う習慣が1970年代頃まで存在していて(此れはアメリカの特に北部リンカーンの内戦で奴隷解放側だった地域に多かったのですが、勝利した側だったので法律で余規制されなかった為)サンダウン タウンと呼ばれる町は日暮れ後は黒人は街から出て行かなければならないと言う町の事でした。若し黒人が町の中に居ると罵倒される事は勿論、リンチの対象になったそうです。内戦後、黒人と同じ町に居住するのを嫌った白人は、至る所で町から黒人を追い出してしまったのです。この様な町では見張り台があり黒人が町に接近すると鐘や笛で住民に知らせたと言う事もあったようです。 カリフォルニアのホーソンHawthorne, Californiaと言う町の1930年の記録では "Nigger, Don't Let The Sun Set On YOU In Hawthorne" “黒ンボ!ホーソンじゃお前が居る内は日を沈ませない方がいいぜ!”とでも訳した方が良い看板が町の入り口に架かっていたそうです。(ホーソンはロサンジェルスの南にある今は市に成っている地域で、現在ではサンダウン タウンの面影は全くありません)このサンダウン タウンと呼ばれる町は黒人だけでなく有色人種全般に対しての差別行動でした。本田自動車がインデアナ州グリーンズバーグと言う元サンダウンタウンだった町に工場建設を決定した時に、町の歴史を知らなかったのでしょう、グリーンズバーグの事を“傑出した住民による地域社会” "outstanding community of people." と褒め称えたそうです。サンダウンタウンは1960年代の黒人市民権運動で人種差別が違法になった事(Civil Rights Act of 1968市民権条令1968年)でサンダウンタウンとしての表面的な差別は無くなって行く事になったのですが、未だ半世紀も経ってない訳ですからホンダ自動車がグリーンズバーグ市を褒めた時に、アメリカの黒人市民はどの様に本田自動車の発言を捉えたのでしょうか?

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

独立記念日、Independence Day 、the Fourth of July

Independence Day (United States)
独立記念日。the Fourth of July



From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、フリー百科事典より。

In the United States, Independence Day commonly known as the Fourth of July is a federal holiday commemorating the adoption of the Declaration of Independence on July 4, 1776, declaring independence from the Kingdom of Great Britain. Congress approved the wording of the Declaration on July 4 and then sent it to the printer. Whether John Hancock, as the elected President of the Second Continental Congress, or anyone else signed the document that day is unknown, because that document has been lost — presumably destroyed in the printing process.[1] On August 2 in the following month, an engrossed document[2] was signed by Hancock and other delegates.

合衆国では、独立記念日、大英帝国からの独立を宣言した1776年7月4日の独立宣言の採択を記念している、一般的にザ フォース オブ ジュライとして知られていている連邦政府の制定した休日です。議会は宣言の用語を7月4日に承認し印刷所に送った。第2回大陸議会で選出された大統領、ジョンハンコックが、若しくは、他の誰かが其の日ドキュメントに著名したのかは不明である。なぜなら其の(オリジナル)ドキュメントは失われたからである。…………印刷過程で破れたのだろう。翌月8月2日公式のドキュメントはハンコックや他の下院議員によって署名された。

Independence Day is commonly associated with fireworks, parades, barbecues, carnivals, picnics, baseball games, and various other public and private events celebrating the history, government, and traditions of the United States, but is often also viewed as simply a summer festival, apart from its patriotic overtones.

独立記念日は一般的に、合衆国の歴史、政府、伝統を祝う、花火、パレード、バーベキュー,カーニバル,ピクニック,ベイスボールゲーム、や他の色々な公共、家庭での行事と共に連想されます。然し、頻繁に愛国的な音調から離れて、唯の夏のフェスティヴァルとしてだけ見られることも有ります。

Ejnews: わー!あっと言う間に1年の半分が過ぎ去ってしまった。もう独立記念日!又、何もせずこの1年も過ぎ去ってしまうのだろうか?
処で、(もう歳だから落ち込んでいる時間は37秒位しか無いのです。)合衆国の独立の始まりは、あの有名な“ボストン ティー パーティー”だと歴史の時間に習いましたよね!?でも如何して当時のボストンの英国人がアメリカ原住民に変装して御茶をボストン湾に投げ込んだのでしょう?歴史の時間を覚えている人居ますか???長い話を短くすると、フランスと植民地、世界市場の覇権を争っていた英国は物凄い借金を英国とオランダの銀行からして7年戦争に勝利したのですが、借金の返済をするために、北米植民地の色々な税金を引き上げたのです。英国政府としては植民地で商売をしている英国植民地住民の市場を確保する為に戦争をしたのだから、北米の植民地に住む英国国民は戦争の借金返済のためモット税を払うのは当然だ(砂糖、タバコ、塩、ビール、蒸留酒に対しての税。酒の税金を増やすのは間違いだったね!誰だって反乱を起すよね。)と言った考えだったのでしょう。北米植民地住人は其の様には当然考えなかったのです。不満が増えていきます。ニューヨークがニュー アムステルダムと言われていた当時ニュー アムステルダムのオランダ人達は御茶を当時の英国全土で消費されていた以上に飲んでいた位、北米には御茶好きの伝統があったのです。北米が英国領になってからも御茶の消費は増え続け英国政府に税金を払わない御茶の輸入が頻繁に北米人によってなされていました。(税金を払わない輸入?密輸入とも呼ばれています。フーム!殆どの国で重罪です。)合衆国独立宣言に署名したジョン ハンコック、サミュエル アダムス、達も其の税金を払わない御茶の輸入業をしていました。其れだけではなく、ジョン ハンコックはフランスの植民地からモラセス(砂糖になる前の液体、此れからラム酒なんか出来るんじゃないの!?)の税金を払わない輸入もしていたのです。密輸業者とも呼ばれます。其処に、経済的に逼迫していた、東インド会社と歴史の古いジョンカンパニーが合併し、アジアからの御茶の輸出を税金を払わないでしても良いという認可を英国政府から受けたのです。困ったのは御茶の密輸で利益を得ていた北米の商人達です。あの強大なジョン カンパニーと東インド会社が統合し、然も彼らはお茶の輸出に税金を払う必要が無いとなると、北米での御茶の密輸業者は商売が成り立たなくなるのです。フーム!此処まで言うと、如何して御茶がアメリカ合衆国の独立運動の契機になったか御分かりになりますか?新しく台頭してくる地方勢力と既成勢力の争いですよね。つまり、自由平等、中央政府政治参政権だけではなく、利益の自由平等と言う事かな?この利益を得ている人々は大衆ではないよね!アメリカ独立宣言当時は、地主、密輸業者、等の地方ブルジョアですよね。
 独立後何が起こったかと言うと、独立以前より税金は高くなり、独立戦争の英雄達も税金が払えず僅かながらの土地を手放さなくてはならなくなり、新たな反乱が起こりました。此れはDaniel ShaysのShay’s Rebellion“シェイの反乱”に代表されています。彼はmarquis de La Fayette有名なラファイエットから戦功の為に授与された剣も借金の為に売らなくてはならない程困窮していたのです。自由平等の独立戦争後、アメリカの原住民は徐々に母国を失い荒地の居留地区に閉じ込められ、黒人奴隷制度はリンカーンの内戦まで続き、その後も黒人、東洋人、有色人種に対しての人種差別は今でも続いています。イラクは石油企業を国営にした事が侵略される原因となりましたが、イラク国民がアングロ-サクソンの様な白人だったらアメリカは侵略したでしょうか?独立記念日おめでとう。アメリカ!誕生日おめでとう!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

日本では端午の節句、カリフォルニアではシンコ デ マヨ。

Cinco de Mayo シンコ デ マヨ 5月5日
シンコ デ マヨはスペイン語で"5月5日"と言う意味です。

Cinco de Mayo is a date of great importance for the Mexican and Chicano communities. It marks the victory of the Mexican Army over the French at the Battle of Puebla. Although the Mexican army was eventually defeated, the "Batalla de Puebla" came to represent a symbol of Mexican unity and patriotism. With this victory, Mexico demonstrated to the world that Mexico and all of Latin America were willing to defend themselves of any foreign intervention. Especially those from imperialist states bent on world conquest.

 シンコ デ マヨCinco de mayoはメキシコ人社会とチカノ社会では重要な意味を持つ日です。此れはメキシコ軍がフランス軍をプエブラの戦いで破った日なのです。最終的にはメキシコ軍は敗れたのですが、Batalla de Pueblaはメキシコの統一と愛国心の象徴を代表する物となったのです。
この勝利でメキシコは、メキシコと全てのラテンアメリカは世界制覇の傾向を見せる、特に海外の帝国主義国家に対して自己防衛のために戦う意思表示をして見せたのでした。

chicano チカノ メキシコ系アメリカ人

Cinco de Mayo's history has its roots in the French Occupation of Mexico. The French occupation took shape in the aftermath of the Mexican-American War of 1846-48. With this war, Mexico entered a period of national crisis during the 1850's. Years of not only fighting the Americans but also a Civil War, had left Mexico devastated and bankrupt. On July 17, 1861, President Benito Juarez issued a moratorium in which all foreign debt payments would be suspended for a brief period of two years, with the promise that after this period, payments would resume.

 シンコデマヨの歴史はフランスによるメキシコ支配に起源を持ちます。フランスのメキシコ支配
は1846~1848年のメキシコ-アメリカ戦争の後始まりまり、メキシコは1850年代国家危機の状態に陥りました。この時期はアメリカに対して戦うだけでなく、内乱もメキシコを破壊し破産させてしまい、1861年7月17日、ベニトフアレス大統領は、2年後に支払いは再開されるという約束で、全ての外国に対する責務に付いて2年間の支払猶予期間を発表しました。

The English, Spanish and French refused to allow president Juarez to do this, and instead decided to invade Mexico and get payments by whatever means necessary. The Spanish and English eventually withdrew, but the French refused to leave. Their intention was to create an Empire in Mexico under Napoleon III. Some have argue that the true French occupation was a response to growing American power and to the Monroe Doctrine (America for the Americans). Napoleon III believed that if the United States was allowed to prosper indiscriminately, it would eventually become a power in and of itself.

 英国、スペイン、そしてフランスはフアレス大統領の決定を拒否し、その代わりにメキシコに侵略しどの様な手段を用いても支払いをさせる決断を下しました。スペインと英国は最終的に撤退しましたが、フランスは撤退を拒否しました。フランスの意図はナポレオン3世の下でメキシコの帝国を建国する事でした。ある人々は、フランス統治はアメリカの拡大する勢力、そしてモンロー宣言(アメリカはアメリカの為)に対する反応であると議論していましたが、ナポレオン3世は若しアメリカが制限なしに発展する事を許されたなら、最終的にそれ自身、強力な盛力になると信じていたのです。

In 1862, the French army began its advance. Under General Ignacio Zaragoza, 5,000 ill-equipped Mestizo and Zapotec Indians defeated the French army in what came to be known as the "Batalla de Puebla" on the fifth of May.

 1862年、フランス軍は進軍を始め、5月5日、イグナシオ ザラゴサ将軍以下5000人の兵器もろくに持たないメスティソそして ザポテック インデアン達が、現在“バタリャ デ プエブラ”として知られている戦いで勝利を収めたのです。

Batalla dePuebla バタリャ デ プエブラ  “プエブラの戦い”英語でBattle of Puebla.プエブラ市で戦われたのでこの名が付いた。

In the United States, the "Batalla de Puebla" came to be known as simply "5 de Mayo" and unfortunately, many people wrongly equate it with Mexican Independence which was on September 16, 1810, nearly a fifty year difference. Over, the years Cinco de Mayo has become very commercialized and many people see this holiday as a time for fun and dance. Oddly enough, Cinco de Mayo has become more of Chicano holiday than a Mexican one. Cinco de Mayo is celebrated on a much larger scale here in the United States than it is in Mexico. People of Mexican descent in the United States celebrate this significant day by having parades, mariachi music, folklorico dancing and other types of festive activities.

 アメリカ合衆国では“バタリャ デ プエブラ”は唯、単に“シンコ デ マヨ”として知られるようになりましたが、残念ながら多くの人々は殆ど50年も離れている、1810年9月16日のメキシコ独立記念日と同じだと理解している様です。月日が経つうちにシンコ デ マヨはコマーシャル化され、多くの人々はこの祝日をダンスと楽しく過ごす日と見る様うになりました。不思議な事にシンコデマヨはメキシコの祝日と言うよりもチカノの祝日になってきました。シンコデマヨはアメリカ合衆国での方が本国メキシコよりも大々的にお祝いされています。メキシコ人の子孫達はパレード、マリアッチ音楽、民族ダンスや他の陽気な行事でこの重要な日をお祝いします。


ejnews: と言う事です。 ¡VIva Mexico! ビバ メヒコ!Long live Mexico!メキシコ万歳!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
読んだ後で此処をクリックして下さい。宜しく!

May Day メーデー(メイ デー)

May Day メーデー (メイ デー)

From Wikipedia,  ウィキペディアから

この訳文はウィキペディアのメーデーに付いてのホンの一部分の翻訳です。 

May Day occurs on May 1 and refers to any of several public holidays in many countries.[1] May Day is cynonymous with International Workers' Day, or Labour Day, which celebrates the social and economic achievements of the labor movement. As a day of celebration, however, the holiday has ancient origins and can relate to many customs that have survived into modern times. Many of these customs are due to May Day being a cross-quarter day, meaning that it falls approximately halfway between a solstice and an equinox.

 メーデーは5月1日に当たり、各国では種々の公共の祝日とされています。メーデーは労働運動が社会的、経済的に達成した成果を祝うInternational Workers' Day, “国際労働者の日”若しくは、Labour Day,“労働の日”と同義語です。祝日としては起源が古く、現代まで生き残った多くの風習と関係があります。この様な多くの風習はメーデーがcross-quarter day,クロス クォター デーと言う、夏冬至(この場合夏至)と秋春分の日(此処では春分の日)の約中間に当たる日に由来しています。

Synonymous 同義語
The summer solstice 夏至
The winter solstice 冬至
Autumnal equinox 春分の日
Vernal(spring) equinox 秋分の日
approximately 約



International Workers' Day 国際労働者の日

May Day also refers to various labor celebrations conducted on May 1 that commemorate the fight for the eight hour day. May Day in this regard is called International Workers' Day, or Labour Day, and the choice of the 1st of May is a commemoration by the Second International for the working Americans involved in the 1886 Haymarket affair in Chicago, Illinois. As the culmination of three days of labor unrest in the United States, the Haymarket incident was a source of outrage and admiration from people around the globe. In countries other than the United States and Canada, residents sought to make May Day an official holiday and their efforts largely succeeded. For this reason, in most of the world today, May Day has become an international celebration of the social and economic achievements of the labor movement. In some European countries, working people continue to use May Day parades as an opportunity to show disapproval with the government or to protest cuts in social programs. Although May Day had its origins in the United States, the U.S. Congress designated May 1 as Loyalty Day in 1958 due to the day's appropriation by the Soviet Union.[4] Alternatively, Labor Day traditionally occurs sometime in September in the United States. However some conservative countries like Kuwait do not celebrate May day

 メーデーは又、1日8時間(労働時間)を巡っての戦いを記念して5月1日に行われる種々の労働の御祝いを示してています。この意味でメーデーは“国際労働者の日”若しくは“労働の日”と呼ばれていて、最初のメーデーが5月1日がメーデーに選ばれた理由は、第2回インターナショナルで、1886年のアメリカ、イリノイ州、シカゴのヘイマーケットアフェアーに参加した労働者を祝った事によるものです。アメリカでの3日間の労働争議の頂点として、ヘイマーケット事件は全世界の人々の怒りと賞賛の的となっています。アメリカ、カナダ以外の国々では、国民のメーデーを国家の祭日にする努力は、大部分の国々で成功しています。この理由で大部分の国際社会ではメーデーは労働運動の社会的、経済的達成を祝う日となっています。幾つかのヨーロッパの国々では、労働者によって、メーデーパレードは今でも政府に対する反対の意思表示、又、国家のサーヴィスの削減に対する反対の意思表示の為の手段になっています。メーデーの起源はアメリカにありながらも、メーデーのソ連による専有が原因で、米議会により1958年に5月1日はLoyalty Day“忠誠の日”と制定されています。代わってアメリカでは伝統的に“労働の日”は9月のある日に行われます。然しながら、クエートの様な保守的な国ではメーデーは祝われていません。

commemorate 記念する、祭る、祝う、
culmination 頂点

outrage  怒り

admiration 賞賛



ejnews: アメリカはソ連が大々的にメーデーを祝い、世界的にソ連のメーデーは有名になったので、冷戦下で、共産主義国家のボスであったソ連と同じ祝日を同じ日に祝いたくなかったのでしょう。(アメリカの支配階級は社会主義、共産主義、アナキズム、の様な社会を平等にしようと言う思想はお好きじゃないみたいです。でも道教Taoismは名前も知らないので安全です。支配階級の話です。)ブッシュ政権下でフランス政府がイラク戦争に反対していた時、共和党がフレンチ フライズFrench friesをフリーダム フライズFreedom fries(フライドポテトの事ですが、 fried potatosは和製英語)と名前を変えて呼ぼうとしたり、国の大きさにしては小さい事が気になる御国柄の様です。
 所で、私がメーデーを記事として取り上げたり、資本主義に懐疑的な事を書いているからと言って、社会主義者、とか共産主義者、アナキストと言う訳ではありません。その様な古いヨーロッパに起源を持つ政治哲学ではなく、私の思想はどちらかと言うと“Taoist”(道教を信奉する人)に近い物です。(もっと古いか)“竹林で7人のお友達とお酒を飲んでいい加減な事を話している人達”の事です。人間社会は堅苦しく古臭いヨーロッパ型の考え方では捉えきれないのです。
 だから花見に一杯、月見に一杯と心を自由にして仲良くしましょう!人生はダンスの様な物なのです。ダンスではA地点からB地点までどれだけ早く到着するかと言う競争ではなく、A地点からB地点までダンスをしている間、全てを楽しむ事が目的でしょう?誰か、よーいどん!でなるだけ早くダンスを終わらそうとしている人、見た事ありますか?居たら滑稽ですよね。まあ、そう言う人も其れなりに楽しんでいるとは思いますが..................................。

頑張れ!Comrades ! 同志達! ところで、同志達コメントあればして下さるか!
今まで訪問して頂いた方々コメントして戴いた方々真に有難うござりまする。

インターナショナルの歌詞

Debout, les damnés de la terre
Debout, les forçats de la faim!
La raison tonne en son cratère
C'est l'éruption de la fin.
Du passé faisons table rase
Foules, esclaves, debout, debout
Le monde va changer de base
Nous ne sommes rien, soyons tout!

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Il n'est pas de sauveurs suprêmes
Ni Dieu, ni César, ni tribun,
Producteurs, sauvons-nous nous-mêmes
Décrétons le salut commun
Pour que le voleur rende gorge
Pour tirer l'esprit du cachot
Soufflons nous-mêmes notre forge
Battons le fer quand il est chaud.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

L'état comprime et la loi triche
L'impôt saigne le malheureux
Nul devoir ne s'impose au riche
Le droit du pauvre est un mot creux
C'est assez, languir en tutelle
L'égalité veut d'autres lois
Pas de droits sans devoirs dit-elle
Egaux, pas de devoirs sans droits.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Hideux dans leur apothéose
Les rois de la mine et du rail
Ont-ils jamais fait autre chose
Que dévaliser le travail
Dans les coffres-forts de la bande
Ce qu'il a crée s'est fondu
En décrétant qu'on le lui rende
Le peuple ne veut que son dû.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Les rois nous saoulaient de fumées
Paix entre nous, guerre aux tyrans
Appliquons la grève aux armées
Crosse en l'air, et rompons les rangs
S'ils s'obstinent, ces cannibales
A faire de nous des héros
Ils sauront bientôt que nos balles
Sont pour nos propres généraux.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Ouvriers, paysans, nous sommes
Le grand parti des travailleurs
La terre n'appartient qu'aux hommes
L'oisif ira loger ailleurs
Combien, de nos chairs se repaissent
Mais si les corbeaux, les vautours
Un de ces matins disparaissent
Le soleil brillera toujours.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
(Contributed by Riccardo Venturi)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。