スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民の意志は国際的に思ったより重要。

Japan set to reject genetically
engineered canola
日本は遺伝子操作された菜種の拒否に向かって準備が出来ている。


17 September 2009

http://www.truefood.org.au/newsandevents/?news=65

Australia’s canola exports are likely to be significantly impacted by the change of government in Japan. The Democratic Party of Japan has pledged to implement stringent GE labelling laws.
オーストラリアの菜種輸出は日本での政権交代により恐らく大きな影響を受けるだろう。日本の民主党は厳しい遺伝子操作食品表示法施行を誓約した。


pledge(名詞、自動詞、他動詞)担保、抵当、固く誓う(させる)、誓約する(させる)、

The Government's pledge reflects the overwhelming Japanese distrust of genetically engineered (GE) food.
日本政府の誓約は日本人のGE(遺伝子操作)食品に対する不信感を反映している。

distrust(名詞、他動詞)不信、不信感を抱く、信用しない。

The party has said it will establish a food traceability system and has repeatedly called for more stringent labelling of GE food. Japan already has mandatory labelling of some GE foods and it is expected that new labelling laws will extend to processed foods such as GE canola oil.
民主党は食品の原産地が追跡出来るシステムを制定すると発表し、そして度々より厳格なGE食品表示の必要性を呼びかけていた。日本には既に特定のGE食品についての表示義務が存在するが新しい表示規則はGE菜種油のような加工食品まで拡大される。


Greenpeace GE campaigner Michelle Sheather says the change in government in Japan and the new position on GE food labelling will have major implications for Australia: “This is highly significant, since Japan is a major export market for Australian canola,” Ms Sheather said. “Tighter labelling laws will likely lead to greater demand for GE-free canola products, and lower demand for food products that need to be labelled as containing GE ingredients.”
グリーンピースのGE(遺伝子操作)キャンペーン担当者ミッシェルシーザーは日本政府交代と其のGE表示に対する新しい姿勢がオーストラリアに与える大きな影響について『日本はオーストラリア菜種の大輸出市場なので此の事は非常に重要である。厳しい表示規則は恐らくGEを使っていない菜種製品需要増加とGE原料を含んでいるとの表示の必要な食品の需要減少に繋がるだろう。』と彼女は語った。

In Australia, GE canola is grown commercially in small quantities in NSW and Victoria, and Western Australia is currently reviewing the Act concerning its moratorium on GE crops. A number of Japanese groups made submissions to Western Australia’s Review of the Genetically Modified Crops Free Areas Act 2003. These include the Seikatsu Club Consumers’ Cooperative Union and the Consumers Union of Japan.
オーストラリアではニュー サウス ウエールズ(NSW)、ヴィクトリア、で少量が栽培されているが西部オーストラリアは現在GE穀物の一時栽培禁止についての条例を再検討している。多くの日本の団体が2003年の西部オーストラリアGMO非栽培地域条例(?)再検討について問い合わせをしてきた。これ等の団体は“生活クラブ”と言う消費者コワポラテヴ組合と日本消費者連盟が含まれている。

Seikatsu - an umbrella group of 29 Seikatsu Club Consumers’ Co-Operatives - and its oil crushers Okamura Oil Mill Ltd and Yonezawa Oil Co. Ltd - all have non-GE canola policies. The groups stopped importing canola from Canada after the introduction of GE canola, when contamination made it impossible to guarantee a non-GE supply.
生活クラブは生活クラブ消費者コワポラティヴ29団体の統括組織で、其の植物油製造会社の岡村製油株式会社と米沢製油株式会社、全てはGE菜種を使わないポリシーを持っている。此の(生活クラブ)グループはGE菜種の栽培が始まった後GE菜種の混入が原因でGE菜種供給源が保証できなくなった為カナダからの菜種輸入を停止している。

Seikatsu said in its submission: “[We] are concerned that we may be unable to buy non-GM canola from WA in the future…
生活クラブは其の問い合わせで『我々は将来西部オーストラリアからの(GE)遺伝子操作されていない菜種の購入が出来なくなる事を恐れている------------』と述べている。

“If a GM labelling system similar to Europe’s were implemented in Japan, a huge rejection of GM ingredients is anticipated. According to a poll conducted by the prefectural government of Hokkaido in October 2008, 80% of consumers feel anxious about eating GMOs. It has been claimed that GMOs are well-accepted in Japan, because Japan is the biggest importing country of Canadian GM canola but it is not true. In reality, a lot of Japanese consumers are eating oil derived from GM canola without knowing it.”
若しヨーロッパと同様のGM表示システムが日本で実施されれば大量のGM原料の拒否が予想される。北海道庁の行った調査によると80%の消費者がGMOに不安を感じている。カナダ産GM菜種の最大輸入国と言う事により日本ではGMOが不安無しに受け入れられていると主張されているが、其れは真実ではない。実際には多くの日本人はGM菜種から製造された油を其れとは知らずに摂取している。

A survey by the Pew Global Attitudes Project shows that Japanese consumers are overwhelmingly opposed to scientifically altered fruits and vegetables because of health and environmental concerns. A 2006 poll, by the Japanese Ministry of Agriculture, Fishery and Forestry (MAFF), found that 78% of Japanese consumers were uncertain about the impacts of eating GE food.
the Pew Global Attitudes Project(ピュー国際的傾向プロジェクト)によって為された調査は日本人消費者は科学的に変質された果物や野菜に対して健康や環境に関する不安から圧倒的に反対している事を示している。2006年の日本農林水産省(MAFF)の調査は78%の消費者はGE食品摂取の影響について確信が無い事を示していた。

In 2007, a group representing 2.9 million Japanese consumers travelled to Australia, urging state governments to extend their GE food crop bans.
2007年、2百90万人の日本の消費者を代表するグループがオーストラリアを訪れGE食品用農作物栽培禁止令の延長を各州政府に促した。

No GE crops are grown in Japan.
日本でGE農作物は栽培されていない。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ

ejnews:  H1N1スワインフルー(豚インフルエンザ)の記事ばかり続きましたので、今日は日本の民主党の食品についての態度の話でした。輸入食品の多くはGMOか其れが含まれている食品が多いのでstringent GE labelling laws厳しい遺伝子操作食品表示法は絶対必要だと全ての日本国民は同意していると思います。
 此の記事は“日本国民の意思は外国の政府にも影響力を及ぼす”と言う良い例だと思いませんか?
話し替わってアメリカではIrving Kristolアーヴィン クリストル(ネオコンサーヴティヴのゴッドファーザーと呼ばれた)が9月18日に亡くなりました。元々トロツキー主義者でしたが何時の間にやら保守派でもファシズムと変わらない超保守派ネオコン ムーヴメントの一番重要な人物の一人になってしまった人です。彼の息子William Kristolウイリアム クリストルもネオコンの重要なメンバーで、ジョージ ブッシュ政権に多くのメンバーが参加、ブッシュ8年間アメリカの政治を支配した“プロジェクト フォー ザ ニュー アメリカン センチュリー”と言うグループを1997年に結成した人々の1人です。此のグループは軍事力による世界制覇を唱え、イラクの石油の為のイラク侵略、カスピ海沿岸のオイルを運ぶ為のパイプライン建設の為のアフガニスタン侵略等を計画し、現在のアメリカの経済的破産の原因を作ったグループと考えられている様です。
 日本でも“愛国心”等とホザイテ防衛力強化なんて言っている人には注意しましょう。この様な人に限って外国人差別や外国を無意味に敵視し問題を引き起こす事が多いのです。彼等は子供の時頭を強打し後遺症で普通の思考が出来ないか、成長期に脳に何かの障害が起こった人の可能性が有りますから(冗談)。兎に角、この様な人はアメリカではサイコパスと呼ばれていて(Sociopaths are unable to experience emotional responses for other people outside of their own personal interests.サイコパスとは彼等自身の利害以外、他の人々の事を考える能力に欠けている。)精神異常とされています。ブッシュ政権や米企業のトップには--------------いいえ。何でもありません。一寸別の事を考えていました。

 別の話、1995年にオクラホマ市の連邦政府ビル爆弾テロの警備用カメラのテープが爆発の瞬間の数分程カットされていると言う新しいニュースがあります。一つのカメラではなく4~5カメラのテープで同じ部分がブランクになっているそうです。此のテープはエディティングされていて米市民に知って欲しくない何かが写っていただろうと言うニュースです。そう言えば9/11でもペンタゴンを襲った飛行機が写っている筈の警備カメラのテープは部分的に政府がエディティングして発表していますよね!絶対何か変な事があって米政府は隠しているとしか思えない厭らしい米政府の行動ですよね!

最後に、インフルエンザや風邪予防にはビタミンDの多い食品を沢山食べると良いそうです。では又!
 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ > にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

遺伝子組み換え(操作、挿入)技術の悲劇。

The GM Genocide: Thousands of Indian Farmers are Committing Suicide After Using Genetically Modified Crops
遺伝子操作での虐殺:遺伝子操作された農作物を使った後何千人ものインドの農民が自殺をしている。


オルガニック コンスーマー アソシエイション
• By ANDREW MALONE
The Daily Mail, UK, November 3, 2008
ザデイリーメイルUK,11月3日

When Prince Charles claimed thousands of Indian farmers were killing themselves after using GM crops, he was branded a scaremonger. In fact, as this chilling dispatch reveals, it's even WORSE than he feared.

プリンスチャールズが遺伝子組み換え農作物を使った後何千人ものインドの農民が自殺をしていると主張した時、彼は人騒がせな奴と言う烙印を押されてしまった。この死亡率はゾッとするのだが事実は彼が恐れたよりもっと酷いのである。

The children were inconsolable. Mute with shock and fighting back tears, they huddled beside their mother as friends and neighbours prepared their father's body for cremation on a blazing bonfire built on the cracked, barren fields near their home.

子供達は宥められないほど悲しみ、ショックで口が効けなくなり泣かない様に努めていた。友人達や隣人達が父親の屍骸を火葬にする為の燃え盛るかがり火を家の近くの干割れた不毛の畑に準備している間に,子供達は母親にすがり付いていた。

As flames consumed the corpse, Ganjanan, 12, and Kalpana, 14, faced a grim future. While Shankara Mandaukar had hoped his son and daughter would have a better life under India's economic boom, they now face working as slave labour for a few pence a day. Landless and homeless, they will be the lowest of the low. Shankara, respected farmer, loving husband and father, had taken his own life. Less than 24 hours earlier, facing the loss of his land due to debt, he drank a cupful of chemical insecticide.

火葬の火が屍を焼き尽くしている間に12歳のガンジャナンと14歳のカルパナは冷酷な未来に直面していた。父親のシャンカラマンダウカルはインドの経済好景気で彼の娘と息子がより良い人生を送れる様に願っていたのだが、今ガンジャナンとカルパナは一日2~3ペンスの奴隷の様な労働者として働かなければならなくなってしまった。土地所有者でもなくホームレスになってしまった彼等は下層階級の中でも最も下層階級に属する事になってしまった。

Unable to pay back the equivalent of two years' earnings, he was in despair. He could see no way out.

2年間の収入と同額の借金が返済出来ず彼(父親のシャンカラマンダウカル)は絶望していた。逃げ道が彼には見つけられなかった。

There were still marks in the dust where he had writhed in agony. Other villagers looked on - they knew from experience that any intervention was pointless - as he lay doubled up on the ground, crying out in pain and vomiting.

砂埃の上には父親が死ぬ間際に苦しんでのたうち回った跡が今でも残っている。父親が地面の上で苦しみに身体を捻じ曲げて苦しみに泣きながら嘔吐している姿を村人達は見ていた。彼等は経験からどの様な救済も無意味な事を心得ていた。

Moaning, he crawled on to a bench outside his simple home 100 miles from Nagpur in central India. An hour later, he stopped making any noise. Then he stopped breathing. At 5pm on Sunday, the life of Shankara Mandaukar came to an end.

彼は、中央インド、ナグプールから100マイルの距離にある簡素な家の外にあるベンチに呻きながら蹲った。1時間後彼は何の音も出さなくなり、そして呼吸をしなくなった。日曜日の午後5時シャンカラマンダウカルの一生は終わってしまった。

As neighbours gathered to pray outside the family home, Nirmala Mandaukar, 50, told how she rushed back from the fields to find her husband dead. 'He was a loving and caring man,' she said, weeping quietly.

近所の人々が祈りを捧げる為に一家の家の外に集まって来た。ミルマラマンダウカール50歳、彼女は畑から大急ぎで帰ってきたが死んだ彼女の夫を見つけるだけであった。『彼(私の夫)は愛情的で優しい人だった。』と涙を流しながら彼女は語った。

'But he couldn't take any more. The mental anguish was too much. We have lost everything.'

彼はもうこれ以上耐えられなかった。精神的苦悩は大きすぎた。私達は全てを失った。

Shankara's crop had failed - twice. Of course, famine and pestilence are part of India's ancient story.

シャンカラの作物は収穫できなかった……………2回も。飢饉や伝染病は古くからのインド(について)のお話(生活)の一部である。

But the death of this respected farmer has been blamed on something far more modern and sinister: genetically modified crops.

然し、この敬愛されていた農民の死のは何かもっと現代的で邪悪な物が原因だと非難されている。……………….遺伝子操作農作物。GMO!

Shankara, like millions of other Indian farmers, had been promised previously unheard of harvests and income if he switched from farming with traditional seeds to planting GM seeds instead.

シャンカラは、他の何百万人ものインドの農民と同様に、若し伝統的な種を植える換わりにGMの種に換えると其れまでには聞いた事も無いような収穫量と収入を約束されていた。

Distressed: Prince Charles has set up charity Bhumi Vardaan Foundation to address the plight of suicide farmers

悩んだプリンス チャールズは自殺した農民の苦境に対してブフミ バルダン財団を設立した。

Beguiled by the promise of future riches, he borrowed money in order to buy the GM seeds. But when the harvests failed, he was left with spiralling debts - and no income.

将来の富と言う約束に騙されて、彼(シャンカラ)はGMの種を買う為に借金をした。然し、収穫が出来なかった時彼には渦巻きに吸い込まれていくような借金だけが残った。………………そして、無収入。

So Shankara became one of an estimated 125,000 farmers to take their own life as a result of the ruthless drive to use India as a testing ground for genetically modified crops.

と言う事でシャンカラは、インドを遺伝子操作された作物の実験場として使う為の冷酷無情な駆り立てられるような動きの結果として自殺する他の125,000人のインドの農民の一人となってしまった。

The crisis, branded the 'GM Genocide' by campaigners, was highlighted recently when Prince Charles claimed that the issue of GM had become a 'global moral question' - and the time had come to end its unstoppable march.

キャンペイナーによって“GM民族大虐殺”と名前がつけられたこの危機は、プリンスチャールズが最近『このGM問題は“国際的倫理問題”となった、そしてこの止める事のできないマーチを止めさせる時に来ている。』と宣言した時に注目された。

全記事は下記のサイトで。
Full Story:   http://www.mailonsunday.co.uk/news/worldnews/article-1082...

Ejnews:遺伝子組み換えとか挿入技術で作られた作物は其れを食べる消費者が犠牲者になるだけでなく農民や自然も犠牲になるのです。自然や農民を守る為に我々消費者が出来る事はGMOで出来た食品を買わないと言う事です。


他のニュースを見てみると...................................。

Isikoff: Rove may testify in prosecutor's Attorneygate probe
イシコフ氏(ワシントンポストの記者:検事の検事事件に付いての事前調査で(カール)ローブは証言する可能性がある。

David Edwards and Nick Juliano
Published: Thursday December 4, 2008
http://rawstory.com/news/2008/Isikoff_White_House_may_not_prevent_1204.html

One of the biggest blockades to potential revelations regarding the Bush administration's politicization of the Justice Department has been the refusal of officials like Karl Rove and Harriet Miers to testify before Congressional committees investigating the matter.

ブッシュ政権の米司法省政治化の真実公開の可能性に対して、カールローブやハリエット マイヤー等の政府役員の議会委員会の調査に対する拒否が最も大きな障害になっている事の一つになっていた。

That stonewalling may soon end, now that an independent federal prosecutor is probing the dismissal of nine US Attorneys, among other facets of the Justice Department scandal.

今政治的に独立した連邦検事が、他に数々ある司法省のスキャンダルの中で9人の合衆国検事解雇について事前調査を始めた事により、この妨害は直ぐに終わる可能性が有る。

Ejnews:現在色々な人々によってブッシュ政権の犯罪の追及が行われていますが、此れも其の一つで若しローブ達が証言すると政権を法的に起訴する糸口になりますから此れは大きいですね。

Blackwater Plans Effort Against Piracy
ブラックウオーター対海賊策計画する。

By AUGUST COLE
http://online.wsj.com/article/SB122826117332273945.html

Private security firm Blackwater Worldwide began holding meetings in London on Tuesday with potential clients for a new business venture -- protection from pirates.

民間セキュリティー企業ブラックウオーターワールドワイドは新しいビジネスベンチャー……….海賊に対する警備の為の可能性のあるクライアントと火曜日にロンドンで会議を開いた。

Ejnews:イラク紛争で悪名の高い“ブラックウオーターワールドワイド”、一般に“ブラックウオーター”と呼ばれている庸兵派遣会社を御存知の方も多いと思いますが,このブラックウオーター、新しく出来るイラク米間の取り決めで現在までしてきた無法行為が犯罪として取り扱いされる可能性が高くなって来たので、新しい市場を求めて頻発する海賊問題に対する船団護衛ビジネスに触手を伸ばす努力を始めたようです。然し、船上に武装した庸兵を見た海賊が今までとは違い最初から武器で攻撃してくる可能性があり、此れは損害を高め同時に保険料も高額になるとの予測がありどれだけクライアントが集まるかは不明だそうです。
 しかし!もう12月!アー!この1年は何処に消えてしまったのだろ~?又1年が過ぎ去ってしまう~!




この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

デイヴィッド スズキ;遺伝子導入農作物に警戒

David Suzuki: Keeping An Eye On Transgenic Crops
デイヴィッド スズキ;遺伝子導入農作物に警戒


訳者注: デイヴィッド スズキは色々なテレビ番組の製作も含めて多岐にわたる活躍をしている有名な日系カナダ人の動物学者です。


By David Suzuki The Rocky Mountain Outlook (Canada), June 14, 2007
デイヴィッドスズキ 著
ザ ロッキー マウンテン アウトルック (カナダ)
2007年 6月14日Straight to the Source


Did you know that genetically modified, or "transgenic" crops are now commonplace on North American farms? According to a recent survey in the United States, the majority of Americans have no idea just how pervasive this technology has become. In fact, North Americans have been eating transgenic foods and using products made from their crops for over a decade. So, what kind of effect, for better or for worse, are these crops having on the environment?

 今、北アメリカの農場で遺伝子組み換え、若しくは遺伝子導入された作物は当たり前の事になっているのを知っていますか?最近の合衆国での調査に拠ると大部分のアメリカ人はどれだけこの技術が広がっているか全く気が付いていないと言う調査結果が出ています。実はアメリカ人は10年以上前から遺伝子導入使用の食品を食べたり、この技術で栽培された作物から出来た商品を使っています。そこで、良いにつけ悪いにつけどの様な影響をこの様な作物は環境に与えているのでしょうか? 

 
以降はgenetically modified は“遺伝子組み換え”
transgenic は“遺伝子導入”と言う言葉で表現します。》
Gmとtransgenicが日本でどの様に訳されているのか資料が無いのでご存知の方はコメントして下さい。
Majority 大多数、多数派、の反対は minority で少数者、少数民族という意味で使われます。
pervasive は wide spread と言い換えると口語的になります。
In fact  は実を言うと、実際は、
Environment 環境



One of the major concerns many ecologists had a decade ago was that transgenic organisms could inadvertently disrupt ecosystems by harming other organisms. Some transgenic crops, for example, have been engineered to resist certain types of herbicide. This allows farmers to liberally spray their fields with the herbicide, knowing it won't harm their target crop


 生態環境学者が10年程前に抱いていた大きな心配の一つは、遺伝子導入の生物が他の生物に危害を加える事によって予期せぬ理由で生態系を混乱させる事があるのかどうかと言う事でした。例えばある種の遺伝子導入の作物はある特定の除草剤に耐え得る様に作られています。この事は栽培されている遺伝子導入作物には除草剤の被害が無い為、農家が除草剤をふんだんに使える事を可能にします。


Major concerns 大きな心配事 Decade  10年間 Harm 名)害、損害,(動 )害する、傷つける、 liberally 自由に、気前良く、沢山、 liberal (形)自由主義の、進歩的な、(名)改進、進歩主義者、



These concerns were apparently warranted, as farm-scale evaluations two years ago in the UK of some transgenic crops found that vigorous application of herbicides was also damaging to the diversity of other life forms around farms. That's because many of the weeds killed by the herbicides were important for butterflies and bees. Populations of these beneficial pollinators on the test farms fell, possibly having other, more wide-ranging implications up the food chain for birds and mammals. 


 この様な心配は明らかに正しかったと言う事が分かってきました。2年前の英国でのある遺伝子組導入作物の農場規模での検査の結果、頻繁な除草剤の散布は農場付近の生態系の多様性を損なっていると言う結果が判明しました。理由は除草剤で駆除された雑草は蝶や蜂にとっては重要な存在なのでした。この試験農場での受粉をする益虫の数は少なくなりました、恐らく食物連鎖の上の方の鳥や哺乳動物までも含めて広範囲に亘っての影響が考えられます。


Apparently  明らかに Warrant  (名)根拠、正当な理由、保証書、(動)保障する,正当であるとする。 (類義語)Warranty  (名)電化製品などについてくる保証書。 Evaluation  評価 Vigorous  旺盛な、活発な、強力な、 Application  応用、適用、申込書、(薬、手段などの)使用, Herbicide  除草剤 Beneficial  有益な Wide ranging  広い範囲の implication  関与、関わりあう事、含み、


Another common type of transgenic crop has an insecticide "built-in." These crops have been genetically engineered to produce an insecticidal toxin that wards off pests. One of the most well-known has been engineered using a certain kind of bacterium called Bt. The advantage, in theory, is that Bt crops do not need to be sprayed with an insecticide to kill pests, and thus could be potentially cheaper and more environmentally friendly than their contemporary non-transgenic counterparts. 


 他の良く見かける遺伝子導入作物は殺虫剤が組み込まれている作物です。この様な作物は遺伝子操作技術で殺虫作用のある毒物を作り出し害虫を寄せ付けないようにように作られています。この種類の最も有名な作物の例の一つはある種のBtと呼ばれるバクテリアを使って作り出されています。此れがどの様に有利に働くかについての論拠は、Bt作物は殺虫剤を使用し害虫を駆除する必要が無いので、可能性として結果的に経済効率が良い、そして既存の遺伝子導入されてない種類よりも環境に優しいと言う理論です。


Concerns were raised, however, when lab tests showed that pollen from Bt crops could be potentially harmful to non-target insects, making them grow more slowly or reproduce less often. However a new meta-analysis of the effects of Bt cotton and Bt maize on non-target insects in the field has found that these types of crops appear, at least on the surface, to be less harmful to insects than farming methods that use insecticides. 


 然し、試験場の試験結果としてBt作物は標的にされていない昆虫の成長を遅れさすとか繁殖力の低下を起すなどの害がある可能性示唆され、懸念が表明されました。ところが,新しいBtコットンとBtコーンの標的外の昆虫への影響についての農園でのメタアナリシス《メタ分析》で、少なくとも表面的には殺虫剤を使用する農法よりも悪影響が少ないという結果が得られたのです。


Concerns were raised  懸念が持ち上がった


This report, recently published in the journal Science, looked at 42 field experiments and found that fields of Bt cotton and maize contained more non-pest insects than did those that used insecticides to control pests. Of course, insecticide-free control fields still had the greatest number of insects overall. The authors point out that further studies to examine the impact on specific species of insects, rather than just all invertebrates, are essential to better understand the environmental impact of these crops. 


 ジャーナル サイエンスで最近発表されたこのリポートでは、42の農場実験で、Btコットン Btコーンの農場では、害虫以外の昆虫の数が殺虫剤で害虫をコントロールしようとした農場より多いと言う結果が出ました。勿論、全体から見て、害虫コントロールの為に殺虫剤の使用されていない農場での昆虫の数が一番多かったのですが。この研究の著者は遺伝子導入作物の環境への影響のより良い理解は、今後の特定の昆虫についての影響を研究する事が、単に無脊椎動物一般についての観察よりも必要であると指摘しています。


Disturbingly, the researchers had to resort to obtaining much of their information on Bt crops through the U.S. Freedom of Information Act, because the companies that produced them did not publicly disclose it. The researchers also note that the debate around transgenic crops has been a heated and emotional one, "However, in the case of GM crops, scientific analyses have also been deficient. In particular, many experiments used to test the environmental safety of GM crops were poorly replicated, were of short duration, and/or assessed only a few of the possible response variables. Much could be learned and perhaps some debates settled if there were credible quantitative analyses of the numerous experiments that have contrasted the ecological impact if GM crops with those of control treatments involving non-GM varieties."


 心配なのは、Bt作物の殆どの情報は研究者が“合衆国情報の自由条例”という法律に頼って入手しなければならない事です。と言うのは、遺伝子導入作物を開発している企業は情報を公開しないからです。其れと、この研究者(ジャーナルにリポートを書いた研究者)は遺伝子導入作物についての議論は過熱していて感情的である事も指摘しています。然し、遺伝子の作物については科学的分析は不足していて、特に、遺伝子組み換え作物の環境に対する安全性について行われた多々の実験の確認の為の再実験がぞんざいで、短期間、そして、若しくは、想定出来る反応の種類の内の非常に少ない件数しかアセスメントしかされていません。もっと多くの事が理解される可能性が有るのです、そして恐らく、幾つかの議論は、若し数々の実験についての信頼出来る量的な分析が存在していれば、遺伝子組み換え作物の生態系への影響が遺伝子組み換え作物と遺伝子組み換えされてない作物の環境へのcontrol treatment《既知の影響》との比較で解決されることでしょう。


Transgenic crops are not simple products like widgets, ipods or even automobiles. They are living organisms that can interact with other creatures in the environment in myriad ways. Nature is complicated. When you modify an organism at a genetic level, it shouldn't surprise anyone that the results are also complicated, and often unexpected. Transgenic crops are, in many ways, radically new and should be subject to the greatest of scientific scrutiny, not suppressed by proprietary concerns. 


 遺伝子導入作物は例えばアイポッドとか自動車の様な物まで含めて、一寸した小道具の様な簡単な製品ではないのです。彼らは環境の中で他の生き物と無数の方法で関係を持つ生きた有機体なのです。自然は複雑に出来ています。生物を遺伝子レヴェルで組み換えた時、結果が複雑で、然も、頻繁に期待していない結果になる事は驚くべき事ではないのです。遺伝子導入作物は色々な面で過激的に新しく、利害関係のある所有者(開発した企業等)によって情報発表を抑圧されるべきでなく、徹底した科学的、精密な検査の対象であるべき物です。


Take the Nature Challenge and learn more at www.davidsuzuki.org潤・2007 The Rocky Mountain Outlook

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。