スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーギル:世界的食料危機のキープレイヤー。

Cargill: Key Player in Global Food Crisis
カーギル:世界的食料危機のキープレイヤー。

• Cargill: Key Player in Global Food Crisis
New Food & Water Watch Report Reveals the Damaging Impacts of Agribusiness Giant
Common Dreams, May 12, 2008

WASHINGTON, DC - May 12 - While millions of people around the world face severe hunger, the handful of agribusiness corporations that dominate the global agricultural market are seeing huge profits. One of the key players in the global food market, Cargill, is profiled in a new report released today by the national consumer group Food & Water Watch. The report, entitled Cargill: A Corporate Threat to Food and Farming, details Cargill's vast influence over international trade and how the company threatens consumers, family farmers, workers, the environment, and even  entire economies around the worl..

 ワシントンD.C.-5月12日-世界的に何百万人もの人々が過酷な飢餓に直面している間に、国際農産物市場を支配する極僅かな数の農業関連企業が利益を見ている。国際食料市場のキープレイヤーその中の一つのカーギルは、フード&ウオーターワッチ(食料と水の監視)と言う消費者グループの新しいリポートに今日、プロファイルが発表されている。カーギルと題されているリポートでは:食料と農業を脅かす企業とされ、カーギルの国際貿易に対する影響、どの様に消費者、農家、労働者、環境に対して脅威なのか詳細に示されている、そして世界経済全般に対しても……….

"Cargill is making enormous profit from the international trade system that is causing all this food instability around the world," stated Food & Water Watch Executive Director Wenonah Hauter. "This corporate behemoth is behind almost every aspect of the worldwide agricultural system with no accountability for consumer health, the environment or human rights."

 『カーギルは膨大な利益を国際貿易システムを通して得ているが其れは世界的な不安定な食料状態の原因となっている。』とフード&ウオーターワッチのエギュゼキュティヴダイレクターのエノーナ ハウターは述べている。続けて『この巨大怪物の企業は殆ど全ての国際農業システムの局面の背後に存在していながらも、消費者の健康、環境、若しくは人権に対して何も責任取る状態に無い。(取る意思が無い。)』

behemoth ビヒーモス、巨大怪物 no accountability 責任を全く取らない、

The name Cargill largely goes unnoticed by many consumers, yet their products appear on shelves in grocery stores and in menus at fast-food chains across the world. According to the report, Cargill has gained control over huge swaths of the world's agriculture processing, storage, transport and trade, operating numerous business sectors and divisions. Cargill produces and markets chicken and egg products to McDonald's in the United Kingdom and Western Europe, in addition to Pizza Hut, Burger King, and school cafeterias in the United States.

 カーギルと言う名前は多くの国で殆ど気付かれていない、然し、その製品は全世界の食料品店の棚、ファーストフードチェーン店のメニューに登場している。リポートによれば、カーギルは非常に幅広い、農産物加工会社、倉庫、輸送と貿易、数々のビジネスセクターと部門のオペレーション等の支配力を手に入れた。カーギルは鶏と卵の製品を、英国と西ヨーロッパのマクドナルドに生産販売sしている。其の上に、アメリカのピザハット、バーガーキングそして学校のカフェテリアにも販売している。

Cargill's meat and poultry divisions are just a fraction of the products they control. The company deals with oilseeds, wheat, corn, biofuels, oils, lubricants, salts, health and pharmaceutical products and animal feed and fertilizers -- products that have contributed to environmental degradation both in the United States and abroad.

 カーギルの食肉と鶏肉部門はこの会社がコントロールする製品のホンの一部に過ぎない。この会社は植物油用の種子、小麦、玉蜀黍、バイオフュール、オイル、潤滑油、塩、健康と医薬製品、動物用飼料、そして肥料等の製品、----それらはアメリカ国内に留まらず国外の環境破壊の要因となっている。

The report details the numerous threats Cargill's operations pose to air, water and rainforests. Cargill is responsible for spilling toxic chemicals into the San Francisco Bay, releasing hazardous compounds into the air, and clearing South American rainforests to expand its production of soy and palm oil.

 このリポートはカーギルの企業経営が空気、水、そして雨林に対する脅威である事を詳細に報告している。カーガイルは毒性化学物質のサンフラシスコ湾放出汚染、空気中に危険な合成物質の放出、そして大豆、ヤシ油の生産の目的での南米雨林の完全な伐採に付いて責任がある。

And it is not just controversies over global trade or environmental impacts that surround the company. Cargill is also linked to questionable food technologies such as irradiation, genetically modified foods, and the use of carbon monoxide to artificially enhance the color of meat long past its expiration date.

 そして、単に国際貿易若しくは環境問題に付いての論争が会社(カーギル)の周りを取り巻いているだけでなく、カーギルはイラディエイション、遺伝子操作食物,そして,使用期限の切れた肉の色を人工的に強化する為に使う一酸化炭素の様な疑問のある食品技術に関係している。

 Irradiation イラディエーション。放射線で殺菌をする方法。アメリカでは食肉の殺菌等の為に企業側によって提案されています。日本でもジャガイモの芽が出ない様に一時使われていたと思いますが。

The report recommends action by Congress and regulators to rein in this agribusiness giant, as well as telling consumers how to opt out of Cargill's model of industrial meat production.

 リポートは議会とレギュレイター(政府の企業を監視する部門。)によるこの巨大農業関連企業をコントロールする何らかの行動を勧告している。と同時に、消費者に対してはどの様にしてカーギル型の工業的食肉製造を見極めて避けるかを説明している。

To view the report Cargill: A Corporate Threat to Food and Farming, visit:
カーギルに付いてのリポートを見るのには:企業の食品と農業に対する脅威。下記にサイトを訪れて下さい。
http://www.foodandwaterwatch.org/food/pubs/reports/cargill

CONTACT: Food & Water Watch Patty Lovera or Erin Greenfield (202) 683-2457

この記事は下記のサイトからの訳です。食品、環境、政治に付いてのサイトです。
Organic Consumers Association 
オーガニック コンスーマー アソシエーション

ejnews: 日本の皆さん!日本の農家を応援しましょう!少し高くっても有機農耕で貴方の住んでいる最も身近で収穫されている食品を使いましょう!洗濯はインドのソープナッツを使いましょう!私もカリフォルニアで使っています。洗剤は石油製品なので農家が使う河川の水を汚染するのです。貴方の行動を良く見極めましょう!シャンプー、洗顔は私はDr.Broonner's Magic Soapを使っています。アメリカでは他社の製品は殆どが石油化学物質の洗剤なのです。河川を汚染するだけでなく、皮膚を通して直接体内に吸収されるので非常に危険です。日本で植物油だけで石鹸、シャンプーを作っている会社があれば是非其の会社の製品を使いましょう!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーサイト

養鶏用飼料に砒素!発癌の可能性!?

Chicken feed additive may pose danger
養鶏用飼料添加物は危険かもしれない。

Thursday, February 07, 2008
By Don Hopey, Pittsburgh Post-Gazetteピッツバーグポスト-ガゼット


A chicken feed additive containing arsenic and used to produce pinker, healthier, bigger-breasted birds could cause human disease, according to a study headed by a Duquesne University researcher.

 デュケンスン大学の研究員の主導により行われた研究によると、より健康そうなピンク色の、そして大きな胸肉の鶏を育てるために使われている砒素を含む養鶏用飼料添加物は人間に病気を起こす可能性あると言う。

The study is the first to link a human health risk to the feed additive that has been widely used since the 1960s by commercial chicken producers to control intestinal parasites, reduce stress, stimulate growth and improve the color of chicken meat.

 これは初めて人間の健康への影響と、腸内の寄生虫駆除、ストレス解消、成長助長、鶏肉の色の改善などの為に1960年代から養鶏企業で広く使用されている飼料添加物の関連を示す研究となる。

Dr. Partha Basu, the study's lead author and associate professor in Duquesne's Department of Chemistry and Biochemistry, said laboratory analysis reveals that the antibiotic arsenic compound roxarsone, which promotes the growth of blood vessels in chickens to produce pinker meat, does the same in human cell lines -- a critical first step in many human diseases, including cancer.

 デュケスン大学、化学と生物化学部の助教授でこの研究の首席著者であるパルサバス博士は実験室での分析で 抗生物質砒素化合物roxarsoneは鶏の血管の成長を助けてピンク色の強い肉を造り出す.同じ事を人間の細胞でもする。癌も含めて重要な病気の始まる第一段階である。

"This is a significant finding as it relates to potential human health effects from roxarsone," said Dr. Basu, who worked on the study with scientists from Thermo Fisher Scientific laboratories and the University of Pittsburgh's Department of Environmental and Occupational Health.

 Thermo Fisherセルモ フィシャー科学研究所とピッツバーグ大学の環境学部と労働衛生学部の科学者達とこの研究に参加した、バス博士は『これはRoxasoneが人間の健康に影響を与える可能性があると言う事に関しての重要な発見だ。』と述べている。

"We wanted to test if roxarsone, which increases pigmentation by forming more blood vessels in chickens, does the same in humans and the answer is yes," Dr. Basu said. "It's a process called angiogenesis, a common growth process, but also one that occurs in many diseases and cancers."

 『我々は、鶏の血管を増やし体内の色素を増加させるRoxsoneが、人体にも同様の影響を及ぼすのかテストして見たかったのだ。そして、その答は“Yes”だった。』そして、バス博士は『その過程はAngiogenesisアンジオジェネシスと呼ばれる、普通の成長過程なのだが、然し、他の多くの病気や癌にも現れる。』と述べた。

Results of the study have been published in Environmental Health Perspectives, an online journal of the National Institute of Environmental Health Sciences, which supported the study.

 研究の結果は環境ヘルス パースペクティブ誌に発表された。この研究を援助したナショナル インスティテュート オブ 環境健康科学のオンラインジャーナルである。

Although the effect of roxarsone on those who eat chicken is still undetermined, Dr. Basu said, chicken-farm workers are likely at risk because they could inhale dust containing arsenic from feed and waste. In addition, those who work with or use commercial fertilizers containing waste from chickens that were fed the arsenic additive could also be exposed by breathing the dust.

 鶏肉を食べた人へのRoxarsoneの影響は未だ解明されていないもののバス博士は“養鶏場の従業者は飼料や排泄物からの砒素を呼吸する可能性があるので、彼等は恐らく危険な状態に置かれている。それに加えて、添加された砒素を与えられた鶏からの排泄物を含む肥料と働く人々や肥料を使う人達も粉塵を吸い込む事で危険な状態に曝されている。”と述べた。

The National Chicken Council, a Washington, D.C.-based trade organization for the poultry industry, wasn't aware of the study but maintained that roxarsone is safe and is approved by the Food and Drug Administration.

 The National Chicken Council,(全国養鶏評議会)ワシントンD.C.に拠点を置く養鶏業者のトレード オーガニゼーション。はこの研究に付いては気が付いていなかったが、Roxarsoneは安全で食品薬品局(FDA)から認可されていると主張していた。

"The study is based on lab tests. There's nothing epidemiological about it," said Richard Lobb, a spokesman for the council, who emphasized that the study is not based on reports of actual illnesses. "It will need to be repeated and confirmed by other researchers."

 “研究は実験室のテストに基づいている。全く疫学的(な研究)ではない。”と評議会のスポークスマン,リチャード ロブは述べている。彼はこの研究は実際の病気を基にした物ではないと強調している。そして“研究結果は他の研究者に繰り返され確認されなければならない。”と続けた。

Alpharma Inc., the global specialty pharmaceutical company that makes roxarsone, declined comment.

 Roxarsoneを製造する、国際的な特別な薬品を特色とする製薬会社、アルファーマ インクAlpharma Inc.はコメントを控えた。

U.S. chicken producers use a total of 2.2 million pounds of roxarsone each year. About 70 percent of the 9 billion fryer chickens grown annually nationwide eat feed containing the additive, which also is used in turkey and pig feed.

 米国の養鶏業者は毎年2百20万ポンドのRoxarsoneを使用する。90億羽のフライヤーチキンの約70%が、毎年全国で七面鳥や豚の飼料としても使われている(砒素)添加物を含んだ飼料を食べて育っている。

More than 95 percent of the roxarsone fed to chickens is excreted unchanged in chicken waste, which is regularly applied as fertilizer on surrounding farm fields or used in commercial fertilizers. The arsenic from those applications could leach into surface and ground water supplies.  
  
 鶏に与えられた95%以上のRoxarsoneは変化せず排泄物として排泄され、それは肥料として養鶏場を取り巻いている地域の農園に使用されている。若しくは肥料として販売されている。この様な(砒素の)応用からは砒素が地上、地下水に流入する可能性がある。

The new study is a follow-up to one released by Dr. Basu and other Duquesne University researchers last March that found the organic arsenic feed additive is chemically transformed into inorganic arsenic, a known carcinogen, much more quickly than previously thought.

 バス博士の発表した研究の後を追った、他のデュケンスン大学の研究者の新しい研究では去年の3月、飼料添加物の砒素は、過去に考えられていたよりももっと早く、化学的に発癌物質として知られている無機砒素に変化する事を発見した。

Arsenic occurs naturally in the environment, but industrial discharges by coal-burning power plants, industries and some mining operations are closely regulated. Its use in pesticides and as a wood preservative has been banned due to health concerns and the difficulty in removing it from the environment.

 砒素は環境に自然に発生するが、工場や石炭発電所の工業排出物、そして鉱山経営などは厳しく規制されている。砒素は殺虫剤、木材保存剤としては人体への影響に対する心配や環境からの除去の困難さが理由で使用禁止となっている。

Chronic exposure to inorganic arsenic is known to cause cancer and has been linked to heart disease, diabetes and declines in brain functions.

 無機砒素の人体への長期汚染は発癌の原因として知られていて、心臓病、糖尿病、脳機能の低下等とも関係付けられている。

Other studies have found the arsenic feed additive in dust inside rural homes near chicken farms and in ground water.

 他の研究では砒素飼料添加物は養鶏場の近くの田舎の家屋内部や地下水の中に含まれる事が発見されている。

The study doesn't focus on the risks of eating chickens that were fed roxarsone, but Dr. Basu said there are reasons to be cautious.

 研究はRoxarsoneを与えられた鶏を食べる事の危険について焦点を合わしてはいないが、バス博士は気をつける理由があると述べている。

"A 2006 University of Minnesota study bought fast food chicken in California and Minnesota and found high levels of arsenic," Dr. Basu said. "It's hard to say which chicken product might contain arsenic, but if it does, one should be careful. But not all of them do."

 “2006年ミネソタ大学の研究でカリフォルニアとミネソタで買われたファーストフードの鶏肉の中に大量の砒素が発見された。”とバス博士は述べ“どの鶏肉製品が砒素を含んでいる可能性があるのかに付いて言うのは難しいが、若し含んでいるのなら、気を付けなければならない。然し全ての鶏肉製品が砒素を含んでいる訳では無い。”

The European Union declared the use of roxarsone undesirable in 1999, and its members no longer use it.

 欧州共同体は1999年にRoxarsoneの使用は望ましくないと宣言し、加盟各国は既に使用を中止している。

Scott Sechler, Pennsylvania's biggest chicken producer, sells a million birds a week and doesn't use roxarsone or any other arsenic additive. He markets his birds under the Farmers Pride and Bell & Evans labels, carried in Western Pennsylvania by Whole Foods and Giant Eagle.

 スコット シーラー、ペンシルバニアの最も規模の大きい養鶏業者で毎週100万の鶏を販売している。彼はRoxarsoneを,若しくは他の砒素添加物を使わない。彼の鶏はファーマーズプライド若しくはベル&エバンズと言うレイベルで、西部ペンシルヴァニア州のホールフーヅスやジャイアントイーグルで販売されている。

Tyson Foods, the nation's second biggest chicken producer stopped using arsenic additives in July 2004, and Perdue Farms, the nation's fifth biggest, stopped in April 2007.

 タイソン フーヅス、国内2番目に大きい養鶏企業は2004年7月に砒素添加物の使用を中止している。国内5番目に大きいペルデゥー ファームスも2007年4月に使用中止にしている。

"We just found we didn't need to use it any more," said Julie DeYoung, a Perdue spokeswoman. "We're relying on improved management programs to keep our birds healthy."

 “ 我々はもうそれを使用する必要が無い。”ペルデゥー ファームスのスポークスマン、 ジュリー デヤングは述べ“我々は改善されたマネージメント プログラムで鶏を健康に保っている”と続けた。

Don Hopey can be reached at dhopey@post-gazette.com or 412-263-1983.
First published on February 7, 2008 at 12:00 am

Ejnews: GEシュガー、皮下に発生する化学繊維、砒素arsenic。楽しい話題が続きます。アメリカでチキンを食べるときはオーガニックを食べましょう。(チキン、ポーク、ビーフ全ての肉類は気をつけて下さい。もう一度2008,2月23日のアメリカの家畜飼料の記事読み返して下さい。)ところで、日本にはアメリカの鶏肉輸出されていますか?この記事に出てくるタイソンフーヅス(タイソン食品?と言う訳ですかね。)ですが余り評判の芳しくない企業なのです。色々とニュースで見かけます。だから彼らが砒素を使ってないと言っても、何か別の怪しげな事をしているのではないかと勘繰ってしまいます。アメリカでは鶏の胸肉はコレステロールが少ないと信じられて女性に盛んに食べられていますが、アメリカのオーガニックで無い鶏の胸肉は牛肉よりもコレステロールが多いそうです。余談ですが、コレステロールが多い食品を食べたからと言ってコレステロールの問題が起こる訳ではないそうです。殆どの方が御存知だと思いますが、俗に言われるコレステロールの問題はマーガリン、ショートニングを食べる事によっての危険性が遥かに大きいのです。未だマーガリン、ショートニングを使っている人は早速ゴミ箱に捨ててしまいましょう!若し長い時間を掛けて動脈硬化等で、自殺を計画しているのなら別の話ですが。
ところで、日本の養鶏用飼料にはまさか砒素は許可されていませんよね!?中国ではどうなっているのでしょう?

Good Luck and Sweet Dreams !
ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

皮下にプラスチック線維増殖!?GE食物!?Morgellons!?

Morgellons Disease May Be Linked to Genetically Modified Food
モゲロン病は遺伝子組み換え食物と関係があるかも知れない。


by Barbara L. Minton  バーバラ ミントン著 


(NaturalNews) The Centers for Disease Control (CDC) has given care giant Kaiser Permanente over $300,000 to test and interview 150 to 500 patients suffering from Morgellons Disease. The study will be done in northern California where many Morgellons patients live.

(ナチュラル ニュース)ザ センター フォー ディジーズ コントロール(CDC)(病気の流行などを抑制する事が目的のセンター)は巨大医療機関カイザーパーマネンテに150人~500人のモルジェロンズ病に苦しんでいる患者にインタヴューし研究調査する為に30万ドル補助した。研究はモゲロンズ患者の多い北カリフォルニアで実施される。

Prior to this news, people had written off the disease as a hoax or the result of hypochondria. But recent evidence suggests that the disease is indeed real, and may be related to genetically modified (GM) food.

 このニュース以前には,人々はこの病気を仮病とか異常な清潔癖の為だと科と言って無視して来た。然し、最近の証拠によると、病気は確かに存在し、遺伝子組み換え食物に関係がある可能性が示唆されている。

What is Morgellons Disease? モゲロンズ病とは何か?

On August 1, 2007, the CDC issued the following statement regarding Morgellons Disease: “Morgellons is an unexplained and debilitating condition that has emerged as a public health concern. Recently, the CDC has received an increased number of inquiries from the public, health care providers, public health officials, Congress, and the media regarding this condition. Persons who suffer from this condition report a range of coetaneous symptoms including crawling, biting and stinging sensations; granules, threads or black speck-like materials on or beneath the skin; and/or lesions (e.g., rashes or sores) and some sufferers also report systemic manifestations such as fatigue, mental confusion, short term memory loss, joint pain, and changes in vision. Moreover, some who suffer from this condition appear to have substantial morbidity and social dysfunction, which can include decreased work productivity or job loss, total disability, familial estrangement, divorce, loss of child custody, home abandonment, and suicidal ideation.”

2007年、8月1日、CDCはモゲロンズ病に関して以下の声明を発表した。:

 “モゲロンは説明不可能、症状は酷く公衆衛生の問題として問題となり始めた。最近、CDCは市民、医療機関、健康衛生関係の政府機関役員、議会、ニュースメディアよりこの病気に付いての増え続ける質問を受け続けている。この症状に悩む患者は、一様に種々の似通った症状を報告している。其れは、皮膚下に何か虫が這い回っている様な感覚、虫に噛まれている感覚,刺されている感覚、其の外に、何か粒状の物質、線維、黒い粒状の物質等が皮膚下に見出される。 そして、皮膚に現れる、傷、(発疹、触ると痛みを感じる部分)又、他の患者は疲労感、精神的混乱、一時的記憶喪失、関節痛、視覚の変化、等の人体の機能的症状。其の上に、この症状に苦しむ患者の中には高い死亡率や社会関係の困難が見られ、これ等は仕事上の非生産性や失業、完全な身体障害、家族からの疎遠、離婚、これ等の結果として親権を失う事や、(手入れが出来ないため)家の放棄、そして最後には自殺を考えるようになる。”

As of February, 2007, approximately 10,000 families had registered with the Morgellons Research Foundation (MRF) and felt they or a member of their family met criteria for Morgellons as defined by the MRF. Of the U.S. families in the MRF registry, 24% reside in California with geographic clustering in the San Francisco metropolitan areas.

 2007年2月時点では、約1万の家族がモゲロン研究法人(MRF)に登録した、そして彼等、若しくは彼等の家族の誰かがMRFによって示されたモゲロン症の基準に到達していると感じている。(モゲロン症として)MRFに登録しているアメリカの家族の24%はカリフォルニアのサンフランシスコメトロポリタン地域に地理的に集中している。

In New Science magazine, Sept. 15-21 edition, Daniel Elkan describes a patient who for years has been “finding tiny blue, red and black fibers growing from intensely itchy lesions on his skin.” These fibers appear like pliable plastic and can be several millimeters long. Some appear in a zig-zag pattern. These fibers can be as fine as spider silk, yet they are strong enough to distend the skin when pulled.

 ニュー サイエンス マガジン、9月、15-21編集号、ダニエルエルキン に拠ると、患者は長期間に及び小さな青、赤、黒の線維が、耐えられない程の痒さのある傷口に成長している事がが発見されている。そして、この物質は柔軟性のあるプラスチックで数ミリメーターの長さである。幾つかはジグザグのパターンの様に見える。この線維は蜘蛛の糸ほどの直径であるにも拘らず、この線維は引き抜こうとする時皮膚をひっぱて引き伸ばす程強い。

A May 18, 2006 story carried by KGW, a local news channel in Oregon, recounts the story of a family practice doctor experiencing the disease. She reported feeling like bugs were crawling under her skin. “If I fully tell people what has gone on with me medically, they think they’re in the twilight zone,” said Dr. Drottar who woke up with the feeling that fluid was flowing just below her skin. When black or blue hair-like fibers protruded from her skin, she reported thinking she had been exposed to asbestos. “I thought I was having asbestos fibers come out of my skin. I was pulling long, thin, small hair-like fibers that were extremely sharp that could literally pierce through my finger nail.”  

 2006年5月18日、KGWによって報道された、オレゴン州地方ニュースはファミリープラクティス医師の経験したモゲロン症を語っていた。彼女は虫が皮膚の下を這いまわっている感覚を報告している。“若し私が医学的に私に何が起こったかすべて話してしまうと、人々はトワイライトゾーンに迷い込んだ洋に思う事でしょう。”とドロッター医師は語る。彼女は皮膚の直ぐ下を液体が流れている感覚で睡眠から目覚めたのであった。皮膚から黒や青の髪の毛の様な線維が突き出ていた時、彼女は石綿公害を被ったのだと思い報告した。“私は石綿の繊維が皮膚を突き抜けているのだと思った。私は、爪も突き抜けるような長く鋭い細い髪の毛の様な線維を引っ張ていた。”

twilight zone トワイライトゾーン60年代のアメリカのテレビ番組。サイファイと呼ばれる種類の番組。

According to Dr. Drottar, these symptoms were accompanied by severe depression, chronic fatigue and a weakened immune system. This debilitating condition forced her to give up her medical practice.

 ドロッター医師によると、この症状は重度の鬱症状、常習的倦怠感、そして弱まった抗体と共に症状として表れる。この重度の症状は彼女が医師として働く事を諦めさせた。

Effective treatment for Morgellons suffers has been elusive. Doctors have claimed that this type of disease must be caused by a parasite, but even the strongest anti-parasitic medications have not helped. In the past, psychologists have insisted that this was a new version of delusional parasitosis, a form of psychosis in which suffers hold a delusional belief that they are infected by parasites.

 効果的なモゲロン症の治療は未だ見つかっていない。過去に、精神科医はこれは新しい型の寄生虫病妄想だと断言していた。この精神病の患者は彼等が寄生虫に寄生されているとの妄想を信じている。

The Morgellons, GM Link モゲロン、と遺伝子組み換えの関係。

According to the CDC statement, the etiology of Morgellons is unknown, and the medical community has insufficient information to determine whether persons who identify themselves as having the disease have a common cause for their symptoms. In April, 2006, the CDC recommended an epidemiological investigation. It was not until January 16, 2008 that the care grant to Kaiser Permanente was announced.

 CDCの声明によると、モルゲン病の起源は不明、そして医療機関、医学会はモルジェランに罹っていると訴えている患者が何か一般的な病気から原因しているのか見極めるには極僅かの情報量しか持っていない。2006年4月、CDCは伝染病(流行病)の調査を勧告した。然し、(モゲロン医療研究)補助金がカイザーパーマネンテに与えられるのは2008年1月16日まで待たなくてはならなかった。

In the meantime, a research team from Oklahoma State University lead by Dr. Randy Wymore, studied some of the fibers sent to them by Morgellons patients. They discovered that fibers from different people looked remarkably similar to each other and yet seemed to match no common environmental fibers. 

 その間、ランディー ワイモア医師に率いられたオクラホマ州立大学の研究チームは患者から送られた繊維を研究していた。彼等は異なる人々からの線維は驚くほど似通っているが、然し普通の自然の線維とは一致しない事実を発見した。

Ahmed Kilani, a specialist in infectious disease detection, claimed to have broken down two fiber samples and extracted their DNA. He found that they belonged to a fungus.

 アフメッド キラニ、伝染病探知の専門家、彼は2つの線維のサンプルを解析し遺伝子(DNA)を抽出したと宣言している。彼によるとこの遺伝子は茸、菌類に属するとの事である。

In an even more provocative finding, Vitaly Citovsky, Professor of Biochemistry and Cell Biology at Stony Brook University in New York, discovered that the fibers contained the substance Agrobacterium, a genus of gram-negative bacteria capable of genetically transforming not only plants, but also other eukaryotic species, including human cells.

 もっと刺激的な発見はニューヨークのストーニー ブルーク大学の、生物化学、細胞生物学の教授、ビッタリー シトフスキーの発見である。其れによると、この線維は農業用のバクテリアの物質を含んでいて、其れは、遺伝子的に他の植物に変化出来るばかりでなく、人間を含めた他の真核生物種に変化できる、グラム陰性の種に属するバクテリアであると言う発見である。

Anonymous samples were provided to Professor Citovsky by the Morgellons Research Foundation to use in investigating the potential presence of Agrobacterium in biopsies from Morgellons patients. Control reactions included samples provided by healthy donors. Only Morgellons, not healthy subjects, tested positive in these studies.

 モゲロン患者の生体組織検査サンプルの中に農業用バクテリアの存在を調査する為に、匿名のサンプルがモゲロン研究財団より、シトフスキー教授に与えられた。反応検査では正常な個人のサンプルも含まれていた。この反応検査では健康な個人ではなく、モゲロン患者だけが陽性と認知された。

According to a statement issued by Professor Citovsky, this observation does not imply that Agrobacterium causes Morgellons or that Morgellons is indeed an infectious disease. However, it does encourage future studies to determine (1) statistical significance of data, (2) whether Agrobacterium is not only present extracellularly, but also causes genetic transformation of the infected tissues, and (3) whether infection of laboratory animals with Agrobacterium can recreate symptoms of Morgellons.

 シトフスキー教授の声明によれば、この観察は農業用バクテリアがモゲロン病の原因であるとか、モゲロン病は伝染病であるとかは示唆していない。然しながら将来の研究を勧告している。其の勧告とは(1)データの統計上の重要性。(2)農業用バクテリアは細胞外だけに存在しているか如何か。其れだけでなく、感染した細胞組織が遺伝子的変化を起すかどうか。(3)農業用バクテリアに感染した生体実験用の動物がモゲロン病の症状を起すかどうか。この3つである。


Sources: 以下はこの記事のソース。

“Background information on the involvement of the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) in the investigation of Morgellons disease in the U.S.", published by the CDC.

“Skin Disease May Be Linked to GM Food”, Whitley Strieber’s Unknown Country, Oct. 12, 2007.

“Serious Study of Mystery Disease” Whitney Strieber’s Unknown Country, Jan. 31, 2008.

“GMO Disease Epidemics: (10) Bt-cotton Fiber Disease”, Myron Stagman, Ph.D., Portland independent media center

Morgellons Watch, "Clarification from Vitaly Citovsky"
About the author 著者に付いて。
Barbara is a school psychologist, a published author in the area of personal finance, a breast cancer survivor using "alternative" treatments, a born existentialist, and a student of nature and all things natural.

 バーバラは教育精神科医で、個人的ファイナンスについての著書を発表している。乳癌を西洋医学以外の方法で克服し、生まれながらの実存主義者で、そして自然と自然なる物全てから習い続ける個人である。

alternative  既成ではない別の方法。Alternative Medicine オルタネティヴ メディスン  は西洋医学ではない、例えば、漢方、アメリカインディアンの医学、等の事を指すことになります。

existentialist  実存主義者。若者達!知っているかい!サルトル。ハイデッガー。カミュ。!?

Morgellons モゲロン、モジェロン、モーゲロンとか発音されていています。



Ejnews: 母の日は楽しく過ごされましたか? 今日もUP Liftingな話題でした。ハハハ!(up liftingアップリフティン精神を高揚する、)
しかしサン フランシスコは変な事が多いので長く住むのには如何でしょうかねえ?北方のマリン カウンティー(郡)は乳癌の患者が異常に多いとか、(どうして乳癌がマリンカウンティーに集中しているのか、原因は解っていないそうです。)数ヶ月前の事ですが、蚊の発生を抑止する為とか言う理由で殺虫剤を飛行機で散布するとかしないとかしていましたが、サンフランシスコを含めた広い地域です。子供や病人が外に居る訳ですよね!インターネットで全く別の事を調べていて、この事実に遭遇したのです。早速サンフランシスコの知人などにメイルしたところ、返事が『ああ!そう言えば、モントレーとサンフランシスコ間はもう散布してたよ、夏までに何回か散布するんだって。』と言うのです。『政府がする事だから止める訳にもいかないし………….』と言う様な返事でした。そもそも如何して蚊が大発生するのかと言うと、蝙蝠を皆殺しにした事が原因だそうです。(人伝えなので本当かどうか疑問ではありますが。)一時、蝙蝠は狂犬病の菌を持っていると言われていたので、其れが理由だと思いますが。確かに狂犬病は野生の動物には付き物ですが、それでも皆殺しにすると言う所が何とも言えず狂気染みていますよね。
 其の他にも、Contrailコントレイル(Condensation Trailコンデンセイショントレイルの略。)と言って、政府が化学物質を飛行機で散布して人体実験、天気のコントーロール等を秘密裏に行っているのでは無いかと言う噂が絶えません。此れはサンフランシスコに限った訳ではありませんが、兎に角、サンフランシスコは色々ある所です。
 若し、contrailコントレイル 若しくはChemical trailケミカル トレイルに興味が有る御方は
www.carnicom.com/contrail.htmでグーグルしてみて下さい。Aerosol Operation Crimes &Cover-Up.というサイトです。
此れはコンスパイラシー セオリーconspiracy theoryの域を出ていない感じですがアメリカは中央情報局、軍部、ホームランドセキュリティー、過去に遡ればトスキギ梅毒人体実験(Tuskegee Syphilis Experiment)、プロジェクトMKウルトラProject MKULTRA、等々と秘密の多い国ですから,        フーム!?………………………?と言った感じです。 では!

Good Luck and Sweet Dreams !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

警告:遺伝子組み換えキャンディーを母の日に!

ALERT: Genetically Engineered Candy for Mothers Day
警告:遺伝子組み換えキャンディーを母の日に!


This Mothers Day may be the last time you can buy mainstream candy for Mom on Mothers Day that isn't made from genetically engineered (GE) sugar.

(scroll to the bottom of this page to take action)

 今回の母の日が、遺伝子組み換え砂糖を使ったキャンディーではない普通のキャンディーを、お母さんに買う最後の母の日になるかもしれない。

(このページの一番下までスクロールして、行動しよう!)
意味はこのページの下までスクロール(巻くと言う意味)すると反対運動に参加出来る欄があるという事です。此処では省きました。

Genetically engineered “遺伝子的に技術処理された”と言う様な直訳になりますが、遺伝子組み換えの事です。略してGE。

Background Information:

American Crystal, a large Wyoming-based sugar company and several other leading U.S. sugar providers have announced they will be sourcing their sugar from genetically engineered (GE) sugar beets beginning this year and arriving in stores in 2008. Like GE corn and GE soy, products containing GE sugar will not be labeled as such.

バック グラウンド インフォメーション:

 アメリカのワイオミングに拠点を持つ大砂糖会社“クリスタル”を含む幾つかの主要砂糖供給会社は『今年から遺伝子組み換えシュガービーツを砂糖の供給源にし始め、製品は2008年に店頭に並ぶ。』と発表した。GEコーンやGE大豆の様に、GEシュガーを含む製品には(GE植物が使用されていると)その様にラベルに表示される事は無い。

Since half of the granulated sugar in the U.S. comes from sugar beets, a move towards biotech beets marks a dramatic alteration of the U.S. food supply. These sugars, along with GE corn and soy, are found in many conventional food products, so consumers will be exposed to genetically engineered ingredients in just about every non-organic multiple-ingredient product they purchase.

 合衆国のグラニュー糖の半分がシュガービーツが原料と言う訳だから、バイオテックビーツに向けての転換は合衆国の食品供給に劇的な変更を示す事になる。これ等の砂糖は、GEコーン、大豆と同様一般の食品の中に見出される。とっ言う事で、消費者は殆ど全部のノン オーガニックで、複数の原材料で製造されている製品に使用されている、遺伝子組み換えで作られた材料に曝されると言う事になる。

The GE sugar beet is designed to withstand strong doses of Monsanto's controversial broad spectrum Roundup herbicide. Studies indicate farmers planting "Roundup Ready" corn and soy spray large amounts of the herbicide, contaminating both soil and water. Farmers planting GE sugar beets are told they may be able to apply the herbicide up to five times per year. Sugar beets are grown on 1.4 million acres by 12,000 farmers in the U.S. from Oregon to Minnesota.

 GEシュガービーツは、多種多様の議論の種になっているラウンドアップと言う除草剤の、大量散布に耐え凌げる様にデザインされて作られている。調査研究によると“ラウンドアップレディー”コーン、大豆を栽培している農家は大量の除草剤(ラウンドアップ)を散布し、土壌と水を汚染していると言う事だ。GEビーツを栽培している農家は年間5回まで除草剤(ラウンドアップ)を散布する事が出来るだろうと指導されている。シュガービーツはオレゴンからミネソタまで1万2千の農家によって1千4百万エーカー栽培されている。

Meanwhile candy companies like Hershey's are urging farmers not to plant GE sugar beets, noting that consumer surveys suggest resistance to the product. In addition the European Union has not approved GE sugar beets for human consumption.

 一方、ハーシーの様な菓子会社は、消費者調査の結果として消費者の製品の対する抵抗を理由に、GEビーツを栽培しない様にと農家に勧めている。それに加えて、ヨーロピア ンユニオンは人間に対するGEビーツの使用を承認していない。

Organic Consumers Associationオーガニック コンスーマーズ アソシエーションのサイトの記事より。


Ejnews: アメリカでは有機農耕で真面目にヒッピーの時代から頑張っていられる人々や、有機農耕を大規模に経営している農家と様々です。オーガニックの消費は増加していて、あのウォールマートでもオーガニックの食品を売っている位です。(勿論、私はウォールマートなんか行く事もないし、あそこのオーガニックは全くの眉唾物だと思います。)問題はモンサントMONSANTOの様なアグロビジネスが政府に影響力を持ち過ぎていて問題です。モンサントは日本でも悪名が高いと思いますが、又、何時かモンサントの記事を訳してみます。甘味料のサッカリン、ニュートラ スイート、ヴェトナム戦争時代に使われた枯葉剤エージェント オレンジ(Agent Orange) ,PCB, 人工牛成長ホルモンBST、遺伝子組み換え農作物、そして、其の遺伝子組み換え農作物に使う除草剤ラウンドアップ(Roundup) etc,一寸恐ろしい企業です。
 問題は砂糖ですから色んな物に添加されているでしょう!本当に気を配ってショッピングしないといけない世の中になりました。
 ではそう言う事で、母の日、お母さんに遺伝子組み換えの御菓子プレゼントしない様に!

Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログランキング

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

若しアメリカに長期滞在、赴任、留学等の羽目に陥った時に、絶対知っていなくてはならない事。その1:

若しアメリカに長期滞在、赴任、留学等の羽目に陥った時に、絶対知っていなくてはならない事。その1:
今日は忙しくって翻訳する時間が無かったので申し訳ありません。

 日本でお馴染みではないかも知れませんが、アメリカの水道水は絶対に飲料水、炊事には使わない事。理由は、フッ素(Fluoride)が添加されているからです。フッ素は元々原子爆弾製造過程の副産物で、猛毒物質です。マンハッタン プロジェクト聞いた事があるでしょう!そうです、第二次世界大戦中原子爆弾を開発する為に国家総力を挙げて進めたプロジェクトです。其の、最初の犠牲者が、日本の広島、長崎の住民でした。でもそれ以前に、原子爆弾開発の犠牲になっていた人々がいるのです。其れは、マンハッタン プロジェクトの為に働いた工場労働者達でした。ウラニウムの抽出には大量のフッ素が必要で其の為に当事、世界で一番大きい工業建築物を建造しフッ素を生産したのですが、問題は工業フッ素は肺、リンパ腺に多大な悪影響を与えるのです。この工場で働いた労働者は勿論、公害を被った訳ですが、米政府は、研究の結果を握り潰してしまったのです。公害訴訟の賠償金が莫大な金額に上るからです。其の上、若し問題が明るみに出た場合に備えてフッ素を“子供の歯の健康の為だと偽って水道水に添加すると言う企みでした。(fluoridation“フッ素添加”この単語を見ると恐怖心を憶えて下さい!)健康に良いのなら批判的な意見も押し留められると言う計算です。成功したかって!?勿論、しました。今アメリカの殆どの水道水はフッ素が添加されています。最近のニュースでは,老人の骨折の原因は水道水に添加されているフッ素が原因の可能性がある。とか、その他の癌の原因だとか色々です。そもそも、この工業副産物であるフッ素は鼠を殺す劇薬としてしか認められていなかったのです。現在のフッ素はアルミの生産過程での副産物です。アメリカでも50年代からフッ素の水道水添加反対運動があるのですが、政府のプロパガンダマシーンに対してなかなか効果的ではないようです。然し、少ないながらも幾つかの地方政府がフッ素の水道水添加を中止しているそうです。兎に角、フッ素は猛毒です。フッ素入り練り歯磨き等は絶対に使用しない様に!
 アメリカでの水道水利用の原則は信用出来る会社のフィルターを使って水道水を濾過して使う事です。

 以下は、アメリカでも最も尊敬されているジャーナリストの一人、AMY GOODMAN:エイミー グッドマンのDemocracy Now “デモクラシーナウ”フッ素に付いてのCHRISTOPHER BRYSON クリストファー ブリソンとのインタヴューです。
 Democracy Nowデモクラシー ナウはラジオ、テレビニュース番組でインターネットでも聞けます。世界の民主主義を、そして平和を守る為にもDemocracy Nowを聞いて下さい!
 彼女、エイミーグッドマンは何冊か本も書いています。(日本語に翻訳されているのかな?)
 Christopher Bryson は“The fluoride Deception ”(フッ素の嘘)の著者です。

The Fluoride Deception: How a Nuclear Waste Byproduct Made Its Way Into the Nation’s Drinking Water

Journalist Christopher Bryson claims in his new book “The Fluoride Deception” that the post-war campaign to fluoridate drinking water was less a public health innovation than a public relations ploy sponsored by industrial users of fluoride–including the government’s nuclear weapons program
Hailed as a harmless chemical that would prevent tooth decay, new evidence shows how fluoride could be linked to serious health problems.
Fluoridation was first advanced in the US at the end of the second World War. Proponents argued that fluoride in water and toothpaste would help to protect teeth and prevent decay. Over the following decades, fluoride was added to public water supplies across the country.
While the benefits of fluoridation have been held to be unquestionable, accumulating evidence points to a frightening prospect: that fluoride may have serious adverse health effects, including infant mortality, congenital defects and IQ.
Now a new book, titled “The Fluoride Deception” by Christopher Bryson examines the background of the fluoridation debate. According to Bryson, research challenging fluoride’s safety was either suppressed or not conducted in the first place. He says fluoridation is a triumph not of medical science but of US government spin.
· Christopher Bryson, has reported science news stories for many media outlets including the BBC, Christian Science Monitor and the Discovery Channel. He was part of an investigative team at Public Television that won a George Polk Award for “The Kwitny Report.”
AMY GOODMAN: Today we will talk about this new book “The Fluoride Deception” by Christopher Bryson. It looks at the background of the fluoride debate. According to Chris, research search changing fluoride safety was either suppressed or not conducted in the first place. He says it is a triumph not of medical science, but of U.S. Government spin. He joins us in the studio. Welcome to Democracy Now!
CHRISTOPHER BRYSON: Thank you for having me.
AMY GOODMAN: Can you just give us the history? Is it all over this country and why is it there?
CHRISTOPHER BRYSON: It’s in about two thirds of the water supply in the united states. However, the united states is virtually alone in the addition of fluoride to its water supplies and 98% of western Europe, for example, don’t add fluoride to the water supplies in many communities. Country there is who have fluoride in the water have taken it out. The theory behind fluoride is that the addition of fluorides to water supplies will give you less cavities in your mouth. And that’s been the prevailing wisdom of the public health establishment since 1950 when they signed off on that. My book “The Fluoride Deception,” challenges you or requires you to think of fluoride differently. The book under the secret history of this book is premised on 10 years of investigative work going into the archives of the United States Manhattan Project, going into—
AMY GOODMAN: The making of the atomic bomb.
CHRISTOPHER BRYSON: Yes, the Manhattan Project with the World War II, very secret project to make the atomic bomb. I went to industry archives, a very large, significant industry archive out at the University of Cincinnati and found that the very same health researcher , Dr. Robert Kehoe who headed up the laboratory at the University Of Cincinnati, he spent his entire career telling the United States ‘S public health community that adding lead to gasoline was safe. That’s now being discredited. He was also one of two leading public health scientists saying that adding fluoride to water was safe and good for children. So, that’s the—some of the material that this book gets into.
JUAN GONZALEZ: The common understanding that many of us have in this country is that there’s been sort of a persistent, anti-fluoridation move independent this country, but it has been considered like the fringes of American society. Could you talk a little bit about how the development of the atomic bomb would involve in the whole fluoride campaign?
CHRISTOPHER BRYSON: Absolutely. Yeah. I mean, that’s—it’s a media swirl, Juan, as the grassroots citizen movement against water fluoridation of t hat fact came into being almost immediately …. the public health service had been against adding fluoride to water for years. In 1950, they did a complete about-face, a flip flop. And the citizens across the country were outraged that this rat poison was going to be added to the water supplies. Today the fluorides that goes in our drinking water is almost exclusively raw industrial pollution from the Florida Phosphate Industry. It’s a waste that’s scrubbed from the smokestacks and trucked in tankers and dumped into reservoirs. That is a raw industrial poison.
AMY GOODMAN: Wait a second. Rat poison?
CHRISTOPHER BRYSON: Yes. Sodium fluoride is used as a rat poison for a long time.
JUAN GONZALEZ: But, again, the connection to the atom bomb.
CHRISTOPHER BRYSON: Sure. Atom bomb. Yeah. Sure. Let me get back to the—in fact, the movement against fluoridation is a precursor to the movement of today. It has many political hues, many different groups, conservatives, liberals, republicans across the board and it was led not by nut cases, but by scientists and doctors with long-established pedigrees safe guarding public health . The leading scientist opposing water fluoridation was a man by the name of Dr. George Waldbott. He warned the United States about the dangers of cigarette smoking and the allergic reaction to penicillin. This is the background. It is not a fringe movement. It is being marginalized by the media and hasn’t been well reported on. My book attempts to address that. The Manhattan Project, I mentioned one leading fluoride researcher, scientist, Robert Kehoe, the second was the name, a fellow a scientist by the name of Dr. Harold Hodge. For most of the Cold War , Dr. Hodge was the leading scientist assuring the nation of the safety and effectiveness of adding fluoride e to water supplies. Dr. Hodge had his public hat, he had his private hat. He was the senior toxicologist for the Manhattan Project to build the world’s first atomic bomb. Fluoride is a key ingredient in industry used for making aluminum. It’s used for making steel. It is used for producing high-octane gasoline, to name a few industries the dental story is a minor story. The real issue is pollution outside these industrial plants and pollution inside the plants. Industries are on the hook for millions and millions of dollars for potential damage for injuries to workers. There’s a medical study commissioned by industry at the University Of Cincinnati . In the 1950’s which shows that fluoride is profoundly injurious to lungs and lymph nodes in experimental animals. That study was buried. The significance of that study, had it been shown to the standard setters, the fluoride that men and women workers in these industrial plants breathe, the threshold levels would have been set much lower. That is a crime. What that means is that tens of thousands of workers in factories have been injured as a result of this suppression of this medical information. Anyway, to return to your question. The Manhattan Project needed fluoride to enrich uranium . That’s how they did it. The biggest industrial building in the world, for a time, was the fluoride gaseous diffusion plant in Tennessee the Manhattan Project and Dr. Hodge as the senior toxicologist for the Manhattan Project, were scared stiff less that workers would realize that the fluoride they were going to be breathing inside these plants was going to injury them and that the Manhattan Project, the key—the key of U.S. Strategic power in the Cold War Era, would be jeopardized because the Manhattan Project and the industrial contractors making the atomic bomb would be facing all these l lawsuits from workers, all these lawsuits from farmers living around these industrial plants and so Harold Hodge assures us that fluoride is safe and good for children. Very hard to get a public doctor, an expert witness in a court to say if it’s good for children. How can it be harmful for workers?
JUAN GONZALEZ: In essence, the uranium and fluoride that was necessary for enriching of the uranium and produced this by-product and obviously this waste of fluoride in my mind it sounds very similar to the issue of depleted uranium , again, being a by-product of the nuclear industry and the need then to sanitize these waste products from our nuclear industry, for the public to get rid of them in other words , right? So, it’s—could you talk a little bit about the role of Edward Bernays, ,the father of propaganda or public relations in America in convincing the public about this?
CHRISTOPHER BRYSON: Yeah. Edward Bernays is a legendary figure in the 20th century. He was Sigmund Freud’s nephew and Bernays, he was married to a feminist and he was very attune to the liberal currents in the 20th century and he was a Machiavellian genius. He is the father of public relations. He understood that you could harness that liberal sentiment for commercial gain and he had women march in 1916, he had Suffragettes march in The 1916 Easter Parade In New York City holding cigarettes as torches of liberty. He was working for the American Tobacco Company and George Hill. He was—so, my book “The Fluoride Deception,” uncovers for the first time correspondence between Bernays and the New York City Health Commissioner, Dr. Leona Baumgartner in which he says that helping out on the fluoride campaign in New York in the early 1960’s interested him because it related to problems of engineering consent. So he was the Wizards of Oz behind the curtain.
AMY GOODMAN: We only have a minute to go. I wanted to ask how fluorides ended up in the water of each community where did the decision get made and how did those debates play out?
CHRISTOPHER BRYSON: The public health service endorsed it in 1950 and by and large, it is not given over to referendum. This is a democracy issue. When it is submitted to the votes, far more often than not, voters give it the thumbs down. Mostly it is by fiat or dictate. In New York City, for example r it was the board of estimates that signed up for it, that gave it the green light. So, that’s—
AMY GOODMAN: Where does it come from?
CHRISTOPHER BRYSON: Fluoride?
AMY GOODMAN: Where do they ship it in from? Do they have to dump it on a regular basis in the reservoirs?
CHRISTOPHER BRYSON: Yeah the fluoride comes up—we were talking about 9/11. Since 9/11, there has been a lot of concern about the safety of these fluoride tankers. So toxic are the contents of the fluoride tankers coming from the Florida Phosphate Industry to New York City or all over the country that there is a fear that the tankers high jacked.
AMY GOODMAN: Christopher Bryson, we have to leave it there. Author of “The Fluoride Deception.” This is Democracy Now!


 英語日本語ニュースにコメントされた方,又訪問して下さった方有難うございます。御存知の様にこのブログは情報拡散の為のブログで経済的利益は皆無です。唯、日本人で何も知らずにアメリカに長期滞在される方々や、政治的に日本はアメリカからそれ程影響を受けていないと思っていられる方、アメリカの輸入品を日本で購買される方にはとてもinformativeなブログです。今後とも宜しく御願いします。そして、若しこのブログの情報が誰かの為になるのなら、是非"日本語英語ニュース”を訪れるように勧めて下さい。では今日は此れで。
Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。